PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
某私立学園。
ゆる~い校則に自由な校風、そして可愛い制服と。
そんな学園の図書館ではいつものように制服姿の男子女子達がエッチを楽しんでいたり。

最初は秘密の部活動だったのに噂が広まって、殆どの生徒が知っているヤリ場になってしまった図書館。

たまに真面目な生徒が注意に来るけど、そんな彼彼女達も巻き込まれたり。
そんな酷い目にあったのになぜか何度も何度もしつこく注意しに来るMな子達もいるわけです。

中には図書館での出来事が忘れられずに教師になって母校へ戻ってきた先生なんかも参加してるそうで。
童貞君の筆おろしを楽しむ女性教師や、嫌がる真面目な女子生徒さんに毒牙を剥く鬼畜教師さん。

朝から下校時間まで、いやいやそれが過ぎて夜になっても夜中になっても利用している人がいたりして。
鍵なんて誰かが壊して24時間いつでも入れちゃいますから。

まあそんな学園の図書館が舞台です。

入室の際には在校生か先生役で。
生徒は「姓名+性別記号+学年」
教師は「姓名+性別記号+年齢+教師」
とHNに記入してお願いします。
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、保原 雄太♂3年さんが自動退室しました。  (9/24 02:22:43)

保原 雄太♂3年【こんばんは】   (9/24 01:45:03)

おしらせ保原 雄太♂3年さん(157.192.***.1)が入室しました♪  (9/24 01:35:09)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、保原 雄太♂3年さんが自動退室しました。  (9/23 19:17:32)

保原 雄太♂3年(アルバイトの帰り道図書館の前を通り)このまま帰っても暇だし少し寄ってみるかな(夏制服姿で薄暗い図書室へ入り周りを見ながら明かりをつけ)誰も居ないから静かだな(ドアを閉め静かに室内を歩き回りながら本棚を眺める)   (9/23 17:29:42)

保原 雄太♂3年【こんばんは】   (9/23 17:06:23)

おしらせ保原 雄太♂3年さん(157.192.***.1)が入室しました♪  (9/23 17:03:32)

おしらせ深見 陽♂2年さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (9/23 16:33:22)

深見 陽♂2年【こちらも退室します。お部屋ありがとうございました。】   (9/23 16:33:18)

深見 陽♂2年いや、苺って身体紅くするの大変だしさ。わかった、おれが莉緒ちゃんの肥溜めになる。全部汚れの仕事はおれが引き受けるから…(野菜の話をすると、心が落ち着く。苺色に染まっていった鼻も、薄くなり地肌の土色が現れる。瞼を落として、瞼の向こうにいるであろう相手に訴えた。)だから、今度肥料いっしょに選ぼ…って、いない…はぁ…。(瞼を開けるといると思っていた同級生は、出口から去っていたようで。抱えていた本は、なんだったのだろう、返しに来たのではなく…?と、変に冷静な自分に気づくと、立てていた本をパタンと音を立てて閉じた。慣れない女子との夢の時間の後、帰宅し残っていた土作りを一人でするのでした。鍬を上げた時、彼女の名字を思い出し。いちのせのイチ繋がりで、イチゴ好きだったのかな…。と、3連休の真ん中の1日は終わっていった。)   (9/23 16:32:46)

おしらせ一ノ瀬 莉緒♀2年さん(Android SoftBank openmobile)が退室しました。  (9/23 16:24:22)

深見 陽♂2年(いえいえこちらこそ、へんなキャラのお相手していただいて、恐縮でした。こちらも軽くシメロル落として帰るのでお見送りしまーす。】   (9/23 16:24:15)

一ノ瀬 莉緒♀2年【と、ごめんなさい。ぎりぎりなので落ちます。お付き合い下さりありがとうございました。】   (9/23 16:24:12)

一ノ瀬 莉緒♀2年【背後の時間迫っていることもあり、〆てしまいました。ごめんなさい。】   (9/23 16:23:13)

一ノ瀬 莉緒♀2年(此方がフリーズしている間にも彼の言葉は続いていたらしい。いやに具体的な妄想が、ようやく遅れて届く頃には此方のツッコミも彼に届いたらしい。恐ろしく早いスピードでめくられる頁の音が止んで。けれど其処から返って来た言葉は思いもよらない方向へ。)……肥料?土?(彼の言いたい事はなんとなく、伝わった。が、浮かんだのは思わず茶色の肥料の自分。ふるふると首を振ると、立ち上がって。)…肥料というより、苺の方が良かった、かも?(可愛らしい苺に見立てられるのならばまた結果は違ったかもしれない。ニコ、と笑みを浮かべるとまたね、と手を振って。図書室を後にして。その後手に持った侭の本に、動揺し過ぎて本を返し忘れた事に気付くのは校舎を歩いて暫く後の事。〆)   (9/23 16:21:59)

深見 陽♂2年【お気になさらずごゆっくり〜】   (9/23 16:05:04)

一ノ瀬 莉緒♀2年【学習能力無く、本当に申し訳なく。紡ぎます】   (9/23 16:01:58)

おしらせ一ノ瀬 莉緒♀2年さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (9/23 16:01:07)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、一ノ瀬 莉緒♀2年さんが自動退室しました。  (9/23 16:00:22)

深見 陽♂2年イチゴちゃんだったらさ、ほら、男の子でも女の子でも使えるじゃん…一吾くんとか、いちごちゃん…。(止まらない暴走…いろんな思いが駆け巡る脳内なのに、口から出るのは、暴走した言葉。背後からの相手の呼吸音が、こちらの心臓音をどくどくと速めていく。読みもしないページをめくる音。速まる心臓音と同じ速さで、速読のようにめくり続けられる紙の音が響く。と、めくっていたページを止めると、やっと背後の相手からのつっこみらしき答えが聞こえてきて。)や、そういうことしてなくてもさ。イチゴって土作り大切だし、収穫まで時間のかかる野菜だからさ。そ、今日はイチゴ記念日…。まずはおれの肥料になってください…。(冷静に答えてくる女子にこちらも懸命に手段を探す。そう…野菜と思えばいいんだ、そう思いを脳内によぎらせると、答えた声色は先ほどより上がる。振り向けなかった首を背に向けると、白い夏制服の背中が見えた。ガラス張りになっている貴重な書物を置いている本棚に、猫っ毛の茶色がぼんやりと見える。振り向いた自らの鼻が、イチゴのように紅く染まり、鼻先の茶の粒もぼんやりと映るガラスに見えた。)   (9/23 15:52:03)

一ノ瀬 莉緒♀2年いちご?いいね、美味しいし。好き。あれ、でも野菜じゃなくて果物…?(思わず浮かんだ疑問を口に乗せるもきっとそう大した問題ではないのだろう。紅く艶々と色めいて瑞々しい実を思い浮かべてみて。寮の部屋のベランダで自分も育ててみようかと思いついて考えを巡らせてみる。同室の友人の許可はきっといるだろうが、彼女もプランターに映える小さな白い花や、その後に実る可愛らしく赤い実はきっと好きな筈だ。うん、そうしよう、と脳内会議を終えたところで、静かな室内に降ってわいた言葉。)…へ?え、こ、ども?(風の悪戯か、もしくは自分の聞き違いだろうと思って振り向くが、きっと此方の動揺に気付いているだろう彼の耳は先程まで話題に上っていた苺の様に赤い。聞き違いではなかった、とすれば。)え、と、そういうこと、してないのに其れはできないでしょ?(思わず、といった様子で冷静につっこんでみて。)   (9/23 15:40:09)

深見 陽♂2年【はーい】   (9/23 15:28:45)

一ノ瀬 莉緒♀2年【更新忘れてました。アセアセ。続き消えてしまったので書き直します。しばしお待ちを。】   (9/23 15:28:14)

おしらせ一ノ瀬 莉緒♀2年さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (9/23 15:27:13)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、一ノ瀬 莉緒♀2年さんが自動退室しました。  (9/23 15:26:54)

深見 陽♂2年うん、おれはイチゴがいいと思うんだけど…。…(普段、あまり会話することのない女子からの言葉に、熱量が上がってくる。緊張と緩和、緩和がないこの空間で頭が野菜野菜していた中に、免疫のない女子からの言葉に、秋風で涼しく感じていた半袖が寒いのか、土の香りのする腕には、鳥肌が浮いた。そして気がつけば相手は背を向けて隣り合う席に。あまり普段関わり合うことのない異性に心臓音が高まるのを抑える。どくどくとする鼓動音を聞かれまいと、こちらも相手に合わせて努めて、抑え目に答える。と、それとは対照的に腕の鳥肌の数は増すばかり。落ち着かせようと一息ついた後に返した言葉。)おれたちの子供の名前もさ、イチゴちゃんとか……。(背後の同級生女子に答えた言葉。意図せぬ言葉に、顔が硬直し、頬も急激に紅く染まるも、視線も合わせれないその背後の女子に、先ほどの言葉の強さのままで。静寂に包まれる図書室にまた風が吹き込む。声の響きよりも虚しくも感じる風の音が耳に響いた。)   (9/23 15:13:42)

深見 陽♂2年【りょーかいす、のんびり返しますのでしばしお待ちを…】   (9/23 15:07:21)

一ノ瀬 莉緒♀2年【そうですそうです。書き方に悩んで後ろの席、と言いたかったのですが捉え方によって違ってしまう、と思ったらこんな感じに。分かりづらくてごめんなさい(土下座)】   (9/23 15:06:50)

深見 陽♂2年【ごめんなさい、背を向けては、背後に座ったということでいいですか?読解能力なくてごめんなさい。】   (9/23 15:03:33)

一ノ瀬 莉緒♀2年(1歩後退しようとする前に呆気なく彼が顔をあげて此方をはっきりと捉えて。此方も思わず、といった風情で自分の名前を口にした。あ、名前知ってくれてるんだ、と微かに安堵するが何故か気まずそうに黙られてしまい。ものは試し、と歩みを進めれば漸く、といった感じだろうか。ぽつり、と彼が『野菜、何植えよ』と呟くのが聞こえた。ちらり手元にある本に目を走らせれば、園芸関係、と思しき本。先程の呟きは其れに類するものだろう、と辺りをつけて。)何、植えるの?野菜?(辺りに人は居ないとはいえ、声を努めて抑えて。此処良い?、なんて聞きながら彼とはちょうど背を向けて隣り合う席に腰掛けてみて。)   (9/23 14:59:12)

深見 陽♂2年迷うな…。土作りもあるし…んー。(一人の図書室で抜けていく風が何度か素通りする。その間も頰杖をついたままで、支えにしている指の部分を、親指にしたり、人差し指にしたりと変えながらゆっくりとページをめくる。親指に残った土の香りが、野菜作りへの集中力を上げる。と、その時不意に入口の扉が鳴る音が聞こえた気がする。が、上げた集中力を下げまいと、本に再び集中して視界は本のみに。…が、不意に自分の名前を呼ぶ声、親指で支えていた顎を上げ、声のする方へと視線を向けた。)あ、莉緒ちゃん…?(視線を向けた先に、直接面識はなかったが、名前は知っている別のクラスの女子が、こちらを向いて手を塞いでいる。うっかり下の名前を呼んでしまった自分に、涼しげに感じていた体温が上がる。地黒の肌に、汗が一筋垂れるも、少し前までの脳内の想いがうっかり口からこぼれ落ちた。言葉尻は疑問形のように上がるか中途半端。その二つ目の相手への言葉の後、二人の間に、曇り空からの風が、窓の隙間から静まり返った図書室に抜けていく音が聞こえる。疑問形とも取れる言葉のあと、何か言うわけでもなく、そのまま入ってきた相手を見つめて。)野菜、何植えよ…。   (9/23 14:42:18)

深見 陽♂2年【いえいえ、とりあえずこちらものんびり返すますのでお互いマイペースで(笑)】   (9/23 14:30:57)

一ノ瀬 莉緒♀2年【書き出し、うっかり長くたらたら書きすぎました。もう少し文量調整します。ごめんなさい】   (9/23 14:29:05)

一ノ瀬 莉緒♀2年(のんびりとした昼下がり。寮の部屋で部屋の掃除をしていれば借りっぱなしの図書館の本を見つける。慌てて貸出カードを確認すれば期限は明日。)…明日返しても良いのだけれど、やるべきことは先に片付けておいたほうがきっといいよね(そう独り言を呟いて。制服に着替えると、寮の部屋を出て図書館へ向かう。休日ということも手伝って、校舎内は閑散としていて。廊下を歩く自らの足音がいやに響いて聞こえた。きっと今日は久々の晴れ間、外に出ている人も多いのだろう。そんな中図書館に行こうという奇特な人間は珍しいに違いない。誰も居ない静まり返った室内を予想して目当ての部屋の扉を開ければ思わぬ先客が居た。此方に背を向けて窓近くの席に陣取る男子生徒は余程熱中しているのか、未だ気づく様子もなく。そっと扉を閉めると、さり気なく書棚の方へ回り込むようにして誰かなのかを見ようとしてみて。)……深見、くん?(ぽつり呟いた。クラスは別だが名前は知っている。思わず漏れた声。しんと静まり返る図書室に其れは思ったよりも響いて。慌てて口を空いた手で塞いで)   (9/23 14:27:35)

深見 陽♂2年【お願いします、こちらも亀亀なのでお気になさらずです。では待ってますねー。】   (9/23 14:12:01)

一ノ瀬 莉緒♀2年【こんにちは。とても亀ですが続けてもいいですか?】   (9/23 14:11:22)

おしらせ一ノ瀬 莉緒♀2年さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (9/23 14:10:23)

深見 陽♂2年なに植えよっかな…(日曜日の学園の図書室で、半袖の制服の肩を書きながら、机に置いた本のページをめくる。午前中は自宅の畑。夏野菜が緑から薄茶色に変わってしまったその茎たちを抜き、周りに生え始めた雑草を抜いて終わった午前中。午後から、これからの計画をと、やってきた図書館。椅子に座り、ページをめくると、窓から入ってくる秋風が午前中に畑で汗に塗れた黒髪に心地よく吹き抜けていく。自分のほかに人の気配のない図書室に吹き抜ける風が、カーテンを揺らし、ときにめくっていく本のページの後押しにも感じられて。そっと風が止んだとき、本を立てて右手で頬杖を作って、読み進めていく。立てた本の背表紙に書いてあるのは「野菜作り入門」。)家族と相談かな…。迷う…な?   (9/23 13:59:39)

深見 陽♂2年【こんにちは、待機ロル落としますが、とても遅筆なのでそれでもいい方…汗。】   (9/23 13:59:07)

おしらせ深見 陽♂2年さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (9/23 13:58:32)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、保原 雄太♂3年さんが自動退室しました。  (9/23 12:32:59)

おしらせ保原 雄太♂3年さん(157.192.***.1)が入室しました♪  (9/23 12:11:48)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、保原 雄太♂3年さんが自動退室しました。  (9/23 12:10:41)

おしらせ保原 雄太♂3年さん(157.192.***.1)が入室しました♪  (9/23 11:33:04)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、保原 雄太♂3年さんが自動退室しました。  (9/23 02:13:23)

保原 雄太♂3年【こんばんは】   (9/23 01:53:20)

おしらせ保原 雄太♂3年さん(157.192.***.1)が入室しました♪  (9/23 01:37:45)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、保原 雄太♂3年さんが自動退室しました。  (9/23 00:55:00)

おしらせ長谷川 乃亜1年生♀さん(Android 182.168.***.63)が退室しました。  (9/23 00:35:10)

保原 雄太♂3年(いきなり振り向き)俺は責任取らんからな(向き合うと抱き付き唇にキスをする)   (9/23 00:34:55)

長谷川 乃亜1年生♀ふェ?(何を言ったか聞いておらずササッ)   (9/23 00:34:00)

保原 雄太♂3年そんな事してどうなっても知らんぞ(周りを見ながら耳元で囁き薄暗い場所のソファーに近付く)   (9/23 00:31:48)

長谷川 乃亜1年生♀別に…どうなるかなー?って感じよ、(ニヤニヤ)   (9/23 00:30:25)

保原 雄太♂3年(勉強と呟く乃亜に)そんなに唱えて俺をどうするつもりなんだい?(振り向き耳元で囁く)   (9/23 00:25:19)

長谷川 乃亜1年生♀勉強勉強宿題宿題(ついて行きながらブツブツ唱え)   (9/23 00:23:50)

保原 雄太♂3年勉強と言う言葉とか嫌いなんだよね(身体を掻きながら奥のソファーに静かに向かう)   (9/23 00:11:23)

長谷川 乃亜1年生♀...どうかしましたか?(本を探しながら声を、)   (9/23 00:10:33)

保原 雄太♂3年破廉恥な事?(勉強と聞き身体が拒絶反応を起こし痒みが走る)   (9/23 00:07:40)

長谷川 乃亜1年生♀っ?いや、ちょっと分からない勉強があって…破廉恥なことでは来てないんですが...(汗、)   (9/23 00:05:40)

保原 雄太♂3年(名前を知り本を探す姿を見つめながら)こんな時間に読書かい?(耳元で囁き周りを見渡す)   (9/23 00:03:41)

長谷川 乃亜1年生♀あー ッ 1年の長谷川です、(ぺこりと挨拶をすれば本を探し始め)   (9/23 00:02:43)

保原 雄太♂3年(姿を見ると挨拶をされ)こんばんは(軽く会釈をし)俺は三年の保原 雄太だよ 君は?(見つめながら聞く)   (9/23 00:01:06)

長谷川 乃亜1年生♀(誰かが向かってきて、/明らかに先輩っぽいので挨拶ぐらいは…と。)こんにちは、先輩?   (9/23 00:00:02)

保原 雄太♂3年(奥のソファーで雑誌を見ているとドアが開く音が響き)誰か来たのかな(雑誌を置き入り口へと向かう)   (9/22 23:58:13)

保原 雄太♂3年(   (9/22 23:56:57)

長谷川 乃亜1年生♀(ガチャりと図書館のドアを開け、)失礼しまぁーす   (9/22 23:55:40)

保原 雄太♂3年【こんばんは】    (9/22 23:54:38)

長谷川 乃亜1年生♀【 おじゃましますっ、】   (9/22 23:54:11)

おしらせ長谷川 乃亜1年生♀さん(Android 182.168.***.63)が入室しました♪  (9/22 23:53:54)

おしらせ保原 雄太♂3年さん(157.192.***.1)が入室しました♪  (9/22 23:42:38)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、保原 雄太♂3年さんが自動退室しました。  (9/22 22:16:34)

保原 雄太♂3年(奥のソファーに座り道具を床へ置き)雑誌でも読むか(カバンから本を取り出しページを捲りながら眺める)   (9/22 21:56:24)

保原 雄太♂3年(   (9/22 21:54:54)

保原 雄太♂3年(アルバイトの帰り道図書館の前を通り)このまま帰っても暇だし少し寄ってみるかな(夏制服姿で薄暗い図書室へ入り周りを見ながら明かりをつけ)誰も居ないから静かだな(ドアを閉め静かに室内を歩き回りながら本棚を眺める)   (9/22 21:40:16)

保原 雄太♂3年【こんばんは】    (9/22 21:27:21)

おしらせ保原 雄太♂3年さん(157.192.***.1)が入室しました♪  (9/22 21:22:43)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、西藤 拓海♂2年さんが自動退室しました。  (9/22 20:53:23)

西藤 拓海♂2年【誰か来られませんか^^】   (9/22 20:33:18)

おしらせ西藤 拓海♂2年さん(58.191.***.211)が入室しました♪  (9/22 20:33:06)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、西藤 拓海♂2年さんが自動退室しました。  (9/22 20:32:27)


更新時刻 08:26:52 | 過去ログ | ルーム管理