PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
※生徒、先生、誰でもいらして下さい。
※豆文禁止、中文推奨。
雑ロル、エロルに御使い下さい。
※PLは【】ロルは()付きの描写必須でお願い致します。
※他への誘い出し、レイプ、複数は不可で、相手が本当に嫌がっている行為は禁止、どうしてもやめてくれない場合はPL発言にて拒否することを推奨します。
待ち合わせの場合以外は、待機ロル必須でお願い致します。
旧校舎なので使用される頻度は低いですが
耐久性、耐震性は安全です。
自動販売機、ベンチなどの設備なども多々あり(PL様の御嗜好で、お好きに変更可)


※入室の際には、
[姓名+性別(♂or♀)+学年]
先生の場合は[姓名+性別+年齢]
プロフ欄には部活や容姿等、簡単なプロフィールを記入して下さい。

〓男子の例〓
山田太郎♂1年
175cm(身長)/野球部(部活名)/黒髪短髪(髪型)/耳にピアス(アクセサリー)

〓女子の例〓
鈴木花子♀2年
168cm/83-62-80(3サイズ)/C(胸のサイズ)/茶髪ポニテ/
〓教師の場合〓
佐藤一郎♂30
180㎝/75㎏/茶髪短め、天パ/水泳部顧問/体育教諭

〜それでは、楽しい学園生活を〜
 [×消]
おしらせ杉浦 純一♂2年さん(Android docomo spモード)が退室しました。  (5/29 23:03:52)

杉浦 純一♂2年【駄文の部屋汚しご免なさいw色々と無駄が多いな…では失礼します】   (5/29 23:03:47)

杉浦 純一♂2年(チビチビと飲んでいる内に舌が慣れてきたのかマヒしてきたのか、いつの間にか半分以上飲んでいた。上空を飛んでいる飛行機のネオンがチカチカと光り)…子供の頃、あれを「UFOだ!」ってテンション上がった事あったよな(遠い記憶を思い起こし淋しげに笑みを浮かべれば)…俺がここに来なかったらずっと閉められたままだったのかもな(缶コーヒーを煽るよう真上に持ち上げ一気に飲み干せば、やはり苦味の方が勝っており)ケホ!ケホ!…やっぱカフェオレにしとくんだった(目尻に涙を浮かべラベルを食い入るように見れば「苦味倍増」の文字)ん~ダメだな・・・これは二度と買わない(項垂れ落とした肩を引きずり出口へと向かう足取りは名残惜しさも相まって重く)…また、今度は良い人と一緒に…(誰に対しての約束でもなく、一見無意味に思える誓いを立て再び扉を開けた)〆   (5/29 23:02:35)

杉浦 純一♂2年(ポケットから取り出した缶コーヒーをプシュっと開け小さく一口、喉を潤し)…苦…(しかめた顔、間違えて買ったブラックはまだお子ちゃまのお口には合わず、それでも大人への一歩としてあえて購入してみた)いつか「旨い!!」と思える日が来るのかなぁ…(クルリ反転し手摺に背もたれ、そのまましゃがみこむ。遠くに聞こえるクラクションが無ければ浮世離れした異空間に居るものと錯覚を起こしそうな)…せっかく教えて貰っても連れて来る人がいないんだよね…(見上げた夜空に浮かぶ月に話し掛け)   (5/29 22:47:49)

杉浦 純一♂2年(あまり使われていない旧校舎の屋上。錆びが浮き出て扉を開けるのにも少し力加減とコツが必要で)…ふん!…で、ここを捻りつつ…よっ♪(手間取りながらドアノブを調節し、ようやく開けばフワリと優しげな微風と共に広がる煌びやかな夜景が飛び込んでくる)ふぁ~♪スゲー…(先輩より伝えられた穴場スポットの一つ。言葉が上手く形容出来ず目を奪われしばし放心した後)…見る価値は充分です…(埃の浮いた手すりを拭って頬杖を付けば流れる心地好い風)   (5/29 22:38:29)

杉浦 純一♂2年【こんばんは。お邪魔します】   (5/29 22:29:10)

おしらせ杉浦 純一♂2年さん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (5/29 22:28:47)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、鬼頭和華女2年さんが自動退室しました。  (5/18 14:13:43)

おしらせ月島 蓮♂2年さん(Android 110.165.***.46)が退室しました。  (5/18 14:10:01)

月島 蓮♂2年(暫く思案したものの、此れといった答えも出ない。かといっていつまでも此処にいる訳にもいかないのだ。)...部室に寄ってくかな...。(ぽつりと呟けば、ぐうっと背伸びをして、はぁっと息を吐き出し。気持ちを切り替えた。のんびりした気持ちになるのは旧校舎の屋上の雰囲気のせいか...彼女を一瞥し、屋上の出入口の扉を開ければ...屋上から立ち去り。)【背後のためこれで失礼します。お部屋ありがとうございました。】   (5/18 14:09:55)

月島 蓮♂2年(背後に人の気配を感じて、その方向へと視線を向ければ...。一人の学生がいて。彼女も風にあたりに来たらしい。此方に気付いた様子もないので視線をまた遠くへと向き直して...。さて、此れからどうしようかと思案...。)   (5/18 13:57:26)

鬼頭和華女2年【風が気持ちいいわ】   (5/18 13:53:36)

月島 蓮♂2年(普段誰も立ち入らないであろう旧校舎の屋上。最近は暑いので人も少ない。その為か閑散したとした雰囲気はよりいっそう醸し出されていて)...暑いな。(そう呟いて校舎から遠くの風景を見渡すのだった。)   (5/18 13:53:24)

おしらせ鬼頭和華女2年さん(58.5.***.2)が入室しました♪  (5/18 13:53:04)

おしらせ桐島和華女2年さんが部屋から追い出されました。  (5/18 13:53:03)

桐島和華女2年風が気持ちいいわ   (5/18 13:52:08)

おしらせ桐島和華女2年さん(58.5.***.2)が入室しました♪  (5/18 13:51:34)

月島 蓮♂2年【お部屋お借りします。】   (5/18 13:50:48)

おしらせ月島 蓮♂2年さん(Android 110.165.***.46)が入室しました♪  (5/18 13:50:25)

おしらせ中島弘♂2年さん(116.91.***.240)が退室しました。  (5/18 02:21:53)

おしらせ鹿谷あき♀2年さん(121.3.***.145)が退室しました。  (5/18 02:21:49)

鹿谷あき♀2年【いえ、こちらこそ。おやすみなさい。】   (5/18 02:21:46)

中島弘♂2年【お子様みたいなロルに付き合ってくださり、ありがとうございました。おやすみなさい】   (5/18 02:21:28)

鹿谷あき♀2年【あるあるですよー。お疲れさまでした。では、失礼しますね。】   (5/18 02:21:25)

中島弘♂2年【焦って、フライングのように、はじめの部分を発言しました】   (5/18 02:20:56)

中島弘♂2年(自分が着ていたウインドブレーカーを、鹿谷さんがはおってくれている。それだけで、とてもうれしくなってしまい、胸がいっぱいになってしまうのだった。月の光に照らされた鹿谷さんを、そっと見つめるだけで、いつも何もできなくなってしまうのだ。でも、今夜はウインドブレーカーをかけてあげることができたから、一歩前進だ。しかし、手をつなぐまでに、あと何回ロルしないといけないんだろう。そんなことを考えながら、夜空を見上げると、きれいな月が出ていた。漱石はアイ・ラブ・ユーを「月がきれいですね」と訳したという。それに倣って、気づかないと思うけど、ちょっと真似してみよう)今夜は月がきれいですね。では、おやすみなさい。(鹿谷さんがベンチを立つ前に、そそくさと屋上から帰っていく)〆です。   (5/18 02:20:23)

中島弘♂2年(自分が着ていたウインドブレーカーを、鹿谷   (5/18 02:14:18)

鹿谷あき♀2年【量→寮】   (5/18 02:14:06)

鹿谷あき♀2年【キリが良さそうなので、ここでこちらは〆としますね。ありがとうございました。】   (5/18 02:13:04)

鹿谷あき♀2年(彼のぬくもりの残る服を肩にかけられて、初めてそれなりに冷えていたのだと気が付いた。それから、最後の最後で、こんなに一杯喋る人だったのだ、と知った。だから、彼が引き上げると言った時も、彼の台詞の流れの中にあったから、座ったままで「うん」と頷いた。きっとこのまま量に帰って、借りたウインドブレーカーを返すのを忘れるのだろう。)   (5/18 02:12:44)

中島弘♂2年(はおっていたウインドブレーカーをぬいで、鹿谷さんの肩の上からかけて)……夜の中でおしゃべりしてると、風の音とか、虫の声とか、それから電球がジジッと音を立てるのも聞こえて、なんだか楽しい。でも、いつも明るいところばかりにいるから、ときには暗いところで、猫みたいに夜空を見つめてもいいんじゃないかと思う。目も少しは休まるしね。風邪を引かないうちに、寮に戻って休んだほうがいいよ。こっちもそろそろ引き上げるね。   (5/18 02:08:55)

鹿谷あき♀2年……やっぱり、価値のあるなしなんてわたしはあんまり考えたくないな!……って、裏……え?何言ってんの……(突然出てくる下品な言葉を理解すれば、軽く身を引いた。何となく、図書館の大人しい人、のイメージだったからまたもや驚かされた。)な、中島くんも、男子高校生っぽいこと言うんだ……。そうだね、そろそろ寝ないと明日の授業マズいかも……(そこで夜風が強く吹いてきた。髪がぶわ、と顔を覆って、鼻先をくすぐるから、くしゅん、とくしゃみを一つ。)   (5/18 02:05:12)

中島弘♂2年価値があるものの裏側にも、やっぱり価値があるものがあるのかもね。だけど、裏筋にどんな価値があるのかは、わからない。(急に下ネタを振ってみる。成績とかお金とかにこだわらないように見せても、やっぱり大切なものだから、単なる負け犬の遠吠えぐらいにしか聞こえないんだろうな。でも、こんなに近くに座って、ふたりきりで話したのはひさしぶりだったから、緊張したけど、とっても楽しい)明日とか、早起きしなくて平気?   (5/18 01:58:26)

鹿谷あき♀2年んー、大切なものはあると思う。でも、価値があるなし、って考えたことなかったから。大切なものがあるってことの裏側には、大切じゃないものがあるって感じはしないのに、価値があるって言葉の裏には、価値のないものが存在するような気がして、変な感じって思うだけ……うーん、なんかこう、上手く言えないなぁ。(足を動かしながら、首をひねって自分の中にある何かを伝えてみたいのだけど、残念ながらそれをアウトプットするだけの言葉が今は見つからない。違和感だけが、澱のように胸の奥に溜まるようだ。そこから意識が逸れたのは、彼に寒さを聞かれたから。)え? あ、う、ううん、まだ大丈夫。長袖だし……   (5/18 01:54:04)

中島弘♂2年ほら、星の王子さまが「本当に大切なものは、目に見えないものだよ」って言うじゃん。あれと同じで、数値化できるものなんか、たいしたことないよ。(鹿谷さんがうなずきながら、足元を交差させている。いつも動いてる印象があるのは、きっと運動神経がいいせいもあるんだろう。鹿谷さんの方を向いて)上着なしのブラウスだけって、この時間になると、寒くない?   (5/18 01:48:28)

鹿谷あき♀2年天邪鬼なのか……(ふうん、と頷いてから、同じように遠くを見た。空は相変わらず暗いけど、地上の明りの方はいつもと同じだ。繁華街だろうか、あっちはぼんやりと明るい。あっさりとこちらの言葉を肯定するから、少しの間沈黙が生まれた。しばらく何も言わずにいるのは、人の価値とか、考え慣れないものを考えているからだ。)本当の価値かぁ……(彼の言葉を、独り言のように繰り返しながら、ベンチの下で足を交差させた。ふくらはぎと脛を合わせるように。)   (5/18 01:44:27)

中島弘♂2年そもそも天邪鬼だよ。だから、好きな人がいても、たいていは逆の態度を示しちゃう。まあ、理解されるはずがないよね。(鹿谷さんが、きょとんとした顔をしてる。なんか、今まで見たことのない鹿谷さんばかりだ。こちらを覗き込んでるみたいだけど、やっぱり恥ずかしくて、覗き返すことができない。遠くの夜景を見ているようなふりをしながら)数字にできないものにこそ、本当の価値があるんだと思う。   (5/18 01:38:58)

鹿谷あき♀2年まあ、そこに価値があるとしてもよ、それってさ、成績みたいに数字にできないから比べようがないと思うけどねー…(人間の価値など比べようとか思ったこともないから、彼の発想に少し目を丸くして驚いた。驚いた、と言えばそれに続いての発言にもわりと驚いた。ぱちぱち、と瞬きをしてから、また笑う。一度きょとんとしてから、笑みを深める感じだ。)あー、中島くんてさ、思ったよりもひねくれたこと言うんだね。知らなかった。(両手を太ももの両脇、ベンチの上に置いて少し前かがみな恰好で彼の顔を覗き込んだ。冗談で言っているのか、本気で言っているのか、その真顔を観察するためだ。まあ、よくわからなかったけど。)   (5/18 01:34:08)

中島弘♂2年【本の一部→ほんの一部、です】   (5/18 01:28:06)

中島弘♂2年(真面目な顔をして)成績なんか、人間の価値の本の一部だよ。それより、優しかったり、大らかだったり、朗らかだったりする人間の方が、何倍も価値があると思う。図書館にいても、ほとんどの人は本なんか読んでないと思うな。そもそも本読んでいい場所で、本を読んでるやつの気がしれないよ。本を読んじゃいけない場所で読むから、楽しいんじゃん。(いつも笑わそうと思っても、ぜんぜん笑ってくれないのに、笑わすつもりでないときに、鹿谷さんは笑ってくれる。笑うと、えくぼができるような気がしたが、気のせいかもしれない)   (5/18 01:26:16)

鹿谷あき♀2年……(ぶっ、と噴き出した。真面目な顔して何を言い出すかと思えば。)……いいやつかどうかで測ってたら、わけわからなくなるし。面白いこと言うね。頭がいいのって大事でしょ。学校だって、進学や就職が良くないと評判落ちるし。……ほら、何となく、図書館にいる人って頭いいんだと思ってた。本をよく読むだろうし。(笑ってしまったから、少し声の調子が明るくなる。何故か扇風機の前に座って、風を顔面に受けている彼の姿を想像しながら。)   (5/18 01:21:28)

中島弘♂2年空調があるのはいいな。扇風機でいいから欲しいよ。(自分の隠れ家を思い浮かべると、本が所狭しと積んであり、寝るときには机の上に移動させて、ようやく布団をひいて寝ているありさまだ)頭なんか、ぜんぜんよくないよ。それに、成績で優遇するなんて、やっぱりいやだな。そいつがいいやつかどうかで、優遇するべきだよ。鹿谷さんは、すごくいいやつだから、特別室でもいいんじゃない?(そう言いつつも、ふた部屋あったら、もっともっと本とDVDが置けると、一瞬だが頭をよぎった)   (5/18 01:16:41)

鹿谷あき♀2年そうなの。なんでもね、上級生や、特待生になると、エアコン使い放題、部屋数も収納も多めの広い部屋に行けるらしいんだよね。(自分の部屋は、平凡な量の一室。狭く、必要最小限のものを置いたらそれで一杯になってしまうような部屋。彼の反応からして、きっと彼も同じような、ありふれた部屋に押し込まれているに違いない、と勝手に思った。ふと、こちらに視線が向いていると気が付いて、空を見上げるのをやめた。彼の方へと顔を向けて、右手の人差し指を一つ立てる。)中島くんさ、頭よさそうだから、特待生狙ってみたら?あれって、成績上位になれば、いろいろ優遇されるんでしょ?   (5/18 01:13:04)

中島弘♂2年え? そうなの?(自室のことを、ランク付けしてる人がいることは知っていた。でも、勝手にそう言ってるだけだと思っていた。そもそも自分の部屋は、学園の隠れ家だから、寮ですらない。しかも、だれも遊びに来ない閑散としたところだ。そう思いながら、鹿谷さんの方を見ると、いつものような感じに戻っている。空を見上げながら、ゆっくりと話してくれる横顔を見て、顎のラインがとてもきれいなことに気づいた)   (5/18 01:09:49)

鹿谷あき♀2年【お疲れさまでした。】   (5/18 01:03:57)

鹿谷あき♀2年(彼のぽつぽつとした喋り方は、夜のせいだと思った。静かだし、昼間みたいに大きな声を出す必要など何もない。)冷えすぎて、寒くなったら部屋に帰ると丁度いいかもしれない、って思わない?ところでさ、学生の寮に格差があるって知ってた?(太ももの上にだらんと両手を置いて、背もたれにもたれかかった。足を広げただらしない恰好はさすがにしないが、別に緊張するような相手ではないから、くつろいだ姿勢にはなる。ちらりと彼の横顔を見てから、空に視線を向けて、同じようなトーンで話し出す。)   (5/18 01:03:49)

中島弘♂2年【お疲れさまです】   (5/18 01:01:33)

おしらせ春日早希♀1年さん(iPhone 133.206.***.160)が退室しました。  (5/18 01:00:18)

春日早希♀1年また来ます   (5/18 01:00:13)

春日早希♀1年【あっ️ごめんなさい!お邪魔しました】   (5/18 00:59:16)

中島弘♂2年【こんばんは】   (5/18 00:58:44)

中島弘♂2年……う、うん……(なんだかふつうに話しかけられると、すこし緊張してしまう。いつものやんちゃな鹿谷さんとはうって変わって、足を揃えて、スカートの裾も整えている。満月の夜に狼男は変身するというが、鹿谷さんは夜になると別人になるのだろうか)……昼間は汗ばむくらいだったけど、日が暮れると、やっぱりまだ風はひんやりするね。(こんなにお行儀のいい鹿谷さんを初めて見た。半渇きの髪もとても魅力的だ)   (5/18 00:58:36)

鹿谷あき♀2年【こんばんは。】   (5/18 00:58:29)

春日早希♀1年こんばんは   (5/18 00:57:46)

おしらせ春日早希♀1年さん(iPhone 133.206.***.160)が入室しました♪  (5/18 00:57:40)

鹿谷あき♀2年(目で彼の動きを追っていたが、視線だけでは追いつけないところにまで移動するから、上体を起こしてきちんとベンチに座り直した。広げていた足もそろえて、スカートの裾を指先で引っ張って整える。)そう。寮の部屋ってさ、狭いし蒸し暑いし、時々たまらなくなるよね。夜風に吹かれてる方がずっと気持ちいいよね。   (5/18 00:53:43)

中島弘♂2年(いつもおさげ髪しか見たことがないから、髪をほどいたままだと、やけに大人っぽく見える。しかも、すこし濡れているようで、非常灯の明かりをぼんやりと反射している。鹿谷さんって、こんなに色っぽかったっけ? そう思いながら、すこし距離をあけてベンチに座る)……ちょっと夜の風に吹かれようと思って。(目が疲れたから、星でも見上げようと思ってきたのだが、ぜんぜん思ってもいないセリフが飛び出した)   (5/18 00:50:00)

中島弘♂2年(itumo   (5/18 00:46:54)

鹿谷あき♀2年(とても静かだ。風が下の方にある木々を揺らす音がするくらい。だから、誰かが建屋の扉を開けて屋上に上がってくるのならば、すぐに気が付いた。これと言って星の見えない空を見上げていた頭を、さらにのけぞらせる。逆さまに見えたのは、図書館によくいる同級生だ。)……たまにはひとりで静かに充電中。そっちこそ、なにしにてんの?(食事もお風呂も済ませたのに、わざわざ制服に着替えてここにいる。洗い立ての髪だから、いつもみたいにおさげに結わないで、そのままにしてある。)   (5/18 00:44:10)

中島弘♂2年(だれもいないはず旧校舎の屋上は、もの寂しい。いま使われている校舎の屋上には、自販機があり、それなりに人がいることも多いが、旧校舎はだれもいないし、いるとしたら、タバコを吸いにきた生徒くらいのものだ。だが、そんな寂れた感じの場所にぽつねんといることが気に入っていて、ときどきやってくる。日が暮れて、風がすこし冷たい感じがする。だれもいないと思ったら、制服姿の鹿谷さんがベンチに腰掛けていた)こんばんは。こんな時間にひとりで何してるんですか?   (5/18 00:40:12)

鹿谷あき♀2年【こんばんは。よろしくお願いします。】   (5/18 00:35:58)

中島弘♂2年【こんばんは】   (5/18 00:35:44)

おしらせ中島弘♂2年さん(116.91.***.240)が入室しました♪  (5/18 00:35:23)

鹿谷あき♀2年(使われていない校舎の屋上はとても寂しい。学園である以上、広さなどどの建物だって似たり寄ったりのはずなのに、やたらと暗くて広く感じる。屋内へと繋ぐ四角い建物の扉の上には緑色の非常灯が一つ、明りらしい明りと言えばそれだけだ。それもところどころ色がくすんでいて、やっぱり寂れた感じがする。それを背景に、置き去りにされたように中央にぽつんと残る青いベンチに一人腰かけていた。浅く座って、両足を地面に投げ出し、両肘を背もたれに乗せて、ぽかん、と空を見上げている。湿りけを含んではいるが、夜風が髪を揺らして吹き抜けるのが心地よかった。)   (5/18 00:32:19)

おしらせ鹿谷あき♀2年さん(121.3.***.145)が入室しました♪  (5/18 00:29:40)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、長浦 優♀29さんが自動退室しました。  (5/17 10:54:46)

おしらせ桐生ナイト♂2年さん(3DS 106.181.***.210)が退室しました。  (5/17 10:50:33)

桐生ナイト♂2年【すみません。失礼しますね。】   (5/17 10:50:26)

桐生ナイト♂2年【あれ?居ます】   (5/17 10:46:18)

桐生ナイト♂2年・・・(コンコン。扉をノック)   (5/17 10:35:34)

長浦 優♀29【こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。】   (5/17 10:34:18)

桐生ナイト♂2年【至らぬ点があるかもですが、よろしくお願いします】   (5/17 10:33:59)

長浦 優♀29【おはようございます。】   (5/17 10:32:59)

桐生ナイト♂2年【どうも!】   (5/17 10:32:21)

長浦 優♀29(この学園は生徒たちの特性、個性を伸ばすことに主眼を置いているため、学力という観点からみるととてもバラエティに富んだクラス分けとなっている。今、自分が担当しているクラスは特進クラスの中でも特Aのクラスであるため、試験問題も標準的な入試問題レベルでは全員が易々と満点をゲットしてしまう生徒ばかり)   (5/17 10:31:51)

おしらせ桐生ナイト♂2年さん(3DS 106.181.***.210)が入室しました♪  (5/17 10:31:44)

長浦 優♀29【戻りました】   (5/17 10:27:52)

おしらせ長浦 優♀29さん(106.154.***.87)が入室しました♪  (5/17 10:27:39)

おしらせ長浦 優♀29さん(106.154.***.87)が退室しました。  (5/17 10:03:24)

長浦 優♀29【少々、珈琲タイムです。一旦退室いたします(笑)】   (5/17 10:03:19)


更新時刻 13:58:22 | 過去ログ | ルーム管理