PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
メタルヒーローを敗北させるなりチャです。


エロ、リョナ、雑談等、内容は参加者でご相談の上、
お楽しみ頂きたく思います。
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、ブルーナイトさんが自動退室しました。  (11/25 22:52:14)

ブルーナイト(これ以上射精してはいけないような状況で苦痛と快楽責めにしてやってください!)   (11/25 22:31:23)

ブルーナイト(もっともっと搾り取ってやってください!守のエナジーでサイノイドやマッドガルボが更に強化されるというような設定もいいと思います!)   (11/25 22:30:24)

ブルーナイトそして目の前に立ったマッドガルボは守の極限まで勃ち上がった肉棒を口に含むと口の中でゆっくりと扱き上げていく。更にサイノイドの中指が未だ侵されたことのない守の秘孔を力づくでこじ開けようとしていく。無意識ながらも抵抗し穴を締めようとする守。だが半ば意識が持っていかれている状況でそんな抵抗が続くわけもなく….『ドブルッッッ!!』ついに白濁の精エナジーをサイノイドの口の中へ放ってしまった!*   (11/25 22:24:10)

ブルーナイト「はぐっ!はぅっ!んぁぁっ…」ときより喘ぎ声を漏らしながらも目の前のマッドガルボを鋭く睨みつけている守。だがそこへ更なる追撃が…「あぎゃぁぁぁっっっっっ!!!あぐぁぁっっっっっ!!!」貫かれたツノから放たれる苛烈な破壊電流!!生身の身体を内側からも外側からも焼かれていく守!ラガシャツもラグパンもボロボロに破け日に焼けた守の肌が露わになっていく。あらゆる傷に塗れたその身体に更に火傷の跡がくっきりと刻まれていく。放電が停止されても守は白目を剥き意識が半分持っていかれていた。   (11/25 22:20:47)

おしらせブルーナイトさん(iPhone au)が入室しました♪  (11/25 22:11:12)

おしらせサイノイドさん(49.176.***.141)が退室しました。  (11/23 03:03:32)

おしらせブルーナイトさん(iPhone 220.218.***.129)が退室しました。  (11/23 03:03:18)

ブルーナイト(はい、こちらも大興奮でした!それではまた次の機会を楽しみにしております。失礼いたします)   (11/23 03:03:14)

サイノイド【今日も激しく燃え上がる正義の闘魂を剥き出しにカッコいい姿を御披露頂きどうもありがとうございました!】   (11/23 03:02:29)

サイノイド【そうですね、もう結構な時間ですもんね。続きはまたお時間のあります時に置きレスでお願い致します。】   (11/23 03:01:37)

サイノイド(ようやく放電が停止すると、待ってましたとばかりにマッドガルボが再び接近してきて剥き出しで脈打つ守の陰茎を口に含んでしまった!ねっとりとした熱い悪魔の舌が裏筋に密着して鈴口を丁寧に愛撫する!そしてサイノイドは中指を立てると…大きく発達した守の大殿筋双丘の谷間に潜り込ませてゆき、ギュッと締められたヴァージン秘孔に宛がい力尽くで抉じ開けようと指先をうごめかせていく!)*   (11/23 03:00:57)

ブルーナイト(すいません、大変いいところなんですがそろそろ眠気が…)   (11/23 03:00:27)

サイノイド(大量に発生した稲妻により僅かに上半身に残っていたラグシャツも、下半身を包んでいたラグパンもズタズタにされて守の肉体から飛び散っていく!そして傷だらけの守の筋肉も感電させられながら破壊され小麦色の皮膚が所々赤黒く焼け爛れていく!ほぼ全裸状態にされた守!それまでパツパツのラグパンの中に窮屈に収められているいた勃起雄棒が力強く天空に向けてそそり立っている!)   (11/23 02:58:43)

サイノイド(陽輔の予想どおりサイノイドは守に超高圧暗黒破壊電流攻撃を仕掛けていった!)バジッ…バジバジバジバジバジィイイイイイイイイッ…ビリビリビリビリビリィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイッ!!(腹部を串刺しにしている角が激しくスパークしながら守を邪悪閃光が包み込んでいった!)   (11/23 02:56:13)

サイノイド陽輔:『あっ…ヤベぇっ、あれはもしかしてさっきブルーナイトが喰らっていたビリビリ攻撃じゃないか?変身解除に追い込まれた守が喰らってしまったら…。頼む死なないでくれ守!!』   (11/23 02:50:36)

サイノイド「こいつ変身強制解除に追い込まれてもそう簡単には射精しそうにも無いぜ…相当強情みたいだからな。ココはもう一発強烈なのを見舞ってやらないと駄目だ。マッドガルボ、離れていろ。」(マッドガルボが守の乳首から手を放し、促されるままに後退していった。)   (11/23 02:50:27)

サイノイド【潔いですね!では遠慮なく!】   (11/23 02:46:35)

ブルーナイト(大丈夫ですよ!たっぷりと責めてやってください!'   (11/23 02:46:10)

サイノイド【守の精の大ピンチですね!アナルはどうしましょうか?責めますか、NGですか?】   (11/23 02:41:36)

ブルーナイト 「!?」突如として守のラグパンを撫で始めるゴツゴツとしてサイノイドの手!その荒々しい見た目とは裏腹に丁寧に睾丸から陰茎、そして裏筋にかけて守の股間をこねくり回していく。「はぐっ!あぅぁっ!や、やめろ…こ、こんなこと…んぁっ!!」宇宙刑事として痛みに対する耐性は人の何倍も強いものの性的な責めに対する耐性はほとんどゼロに等しい守!その股間は溢れ出る先走りにぐちゃぐちゃに濡れ精エナジー放出も時間の問題であった。そしてマッドガルボによる更に激しい陵辱攻撃!守の乳首を掴んだまま催淫電撃を流し始める!「はぐっ!んぁっあぅっっ!!」耐えきれなくなった守の股間から『ピュルッッ』と先ほどよりも明らかに濃い先走りが漏れ始めていた*   (11/23 02:39:52)

おしらせブルーナイトさん(iPhone 220.218.***.129)が入室しました♪  (11/23 02:39:48)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ブルーナイトさんが自動退室しました。  (11/23 02:38:21)

サイノイド(守の乳首を軽く抓んで爪の先で転がしていたマッドガルボが刺激的なエロ凌辱攻撃に移行した!)ギュッ…ギュギュッ…ムンギュゥウウウウウウウウッ!!(強く抓られる乳首!その上左右に捩じり回されていくと、胸元から全身に掛けてまるでエロ電流を流された様な衝撃が守を襲う!)*   (11/23 02:31:00)

サイノイド陽輔:『守のチンコがギンギンに勃起しちゃって…このまま射精に追い込まれたら…守の命はいったいどうなっちまうんだよ!耐えろ…お願いだ、耐えてくれ守!』   (11/23 02:30:47)

サイノイド(白濁した精が大量に秘められている守の双睾丸が転がされ、陰茎の根元から歪曲しながら先端を目指して這い上がっていく指先!裏筋が撫でられると先走りの量が一気に増した!亀頭を大きな掌で完全に包み込まれると先走り汁が潤滑液のかわりとなって激しく捏ね繰り回されて、守が感じたことも無い強烈な射精感が脳内で大津波となって何度も押し寄せる!)   (11/23 02:26:33)

サイノイド「性感帯は乳首だけではあるまい?サイノイド、お前にはブルーナイトの股間を凌辱させてやる…エナジータンクである睾丸も、陰茎も、裏筋も、そして鈴口も丹念に指先で甘く優しく愛撫してやるがいいっ!」(マッドガルボによる乳首攻撃が続けられている中、サイノイドのゴツゴツとした大きな指が守の勃起をラグパンの上から丹念に這い回る!)   (11/23 02:22:49)

ブルーナイト ツノで貫かれた激痛に呻きながらも類稀なる生命力により意識を失うことも出来ない守。そんな守を更に痛めつけようとマッドガルボは鋭利な剣で守を切り裂いていく。「ぐぁぁっ!んががっ!あぐぁぁっっ!!」切り裂かれるたびに守の身体からは鮮血が飛び散り声変わりしたての掠れた悲鳴があたりに響く。試合用の紅白のラグユニはみるも無惨に切り裂かれ守の鍛え抜かれたボロボロの上半身が見えていた。「あぐんっっ!んぁぁっ!あぅっっ!」突如として身悶えする守。ラグパンを押し上げる肉棒が拍動して先走りがラグパンを汚していた。そこへ迫る性感帯への責め!「あぅぁっぅ!や、やめろ…お、俺は…正義の …宇宙…刑事だ!こ、こんな…あぅっ!責めには…んぁっ!く、屈しないぞ!」性感帯である乳首への責めに必死で反抗するもところどころに喘ぎが混じる…*   (11/23 02:18:16)

おしらせブルーナイトさん(iPhone 220.218.***.129)が入室しました♪  (11/23 02:14:24)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ブルーナイトさんが自動退室しました。  (11/23 02:12:15)

サイノイド(爪で抓んで優しくコロコロ転がし刺激を与えられていく守の乳首!)「右と左…どっちの方がもっと敏感なんだ?気持ちいいのか?ラグパンが内圧によって破れてしまいそうな程にパンパンに怒張しているぞ!」*   (11/23 02:09:59)

サイノイド(催淫効果により肉体が滅多斬りにされる激痛ですら守の脳内で性的刺激と撹乱されズタボロラグパンのフロント部分はパンパンに怒張して先走りでぐっちょりドロドロ状態!)「傷め付けるだけが脳じゃないよな…初心な若武者にはこっちの方がもっと耐え難く屈辱的であろぅ?特にこれだけ大勢のギャラリーの前だとな…」(陰険に呟きながら邪念で汚れ切った毒々しい指先の鋭い爪で露わにされてしまった守の分厚く逞しいラガー胸板の頂点で君臨している乳首を抓んだマッドガルボ!)   (11/23 02:07:04)

サイノイド「とうとう変身を維持できなくなったかブルーナイト…。もう二度と変身できない様に命を奪ってやる!」(最早肉体を防護するメタルアーマーの欠片さえ無くなった守をマッドソードで滅多斬りにしていく残忍なマッドガルボ!上から下に、下から上に、右に左に斜めにマッドソードが振り回される!)ザシュッ!ザグッ!ザシュッザシュッザシュッザシュッ!(斬撃により斬り裂かれたラグユニが宙を舞い傷だらけの守の小麦色の素肌の露呈面積が広がっていく!)   (11/23 02:01:45)

サイノイド陽輔:『ぶっ…ブルナイトが…負けた!?』(胸板を貫かれ強制変身解除に追い込まれたブルーナイト!守の姿に戻ったもののそのラグユニは見るも無残なまでにズタズタで血塗れ。ガタイを角で貫かれているせいで倒れることすら許されずに命の源である精が悪の凌辱攻撃を受けて奪われようとしていた…)   (11/23 01:57:21)

サイノイド【若くて精力旺盛ながちむち少年ラガーの守をとことん凌辱して白濁エナジー噴き上げさせます!】   (11/23 01:53:30)

ブルーナイト(でしたらよかったです!ではこのまま陵辱しちゃってください!)   (11/23 01:52:07)

サイノイド【串刺し状態での強制変身解除…衝撃の大興奮です!】   (11/23 01:50:29)

ブルーナイト(串刺しにされたままでよかったでしょうか?)   (11/23 01:49:35)

ブルーナイトそしてその背中を再びサイノイドの角が貫く!「あぐぁっっ!!!」激痛とともに快感が守の身体を駆け抜ける!アンダーアーマーには漏れ出た先走り液でジワッと滲みが出来ていた。そこへ迫りくるマッドガルボの突き!その突きは正確にブルーナイトの胸元の電子版を貫いた!その瞬間アーマーが大爆発を起こすとともにエナジーに還元されていく。そして煙が晴れるとそこには…ズタボロのラグビー少年がサイノイドのツノに腹部を串刺しにされ苦悶している姿があった。しかし激痛に苦しむ顔とは裏腹にラグパンの股間部分は大きく盛り上がり濃厚なエナジーを噴き出そうとしていた*   (11/23 01:48:08)

ブルーナイト「がはっ!!ごほっっ!!んががっっ!!」血を吐き出しながらも闘志を剥き出しにして2体の巨悪に立ち向かおうとするブルーナイト。だがそこへ更に残虐な攻撃が…「んぐぐっ!がぁっっ!な、なにを…んぎゃっっ!!あぐぁぁっっっ!」サイノイドの角がダークエナジーに還元され守の肉体を蝕んでいく。「あぐあっっ!んぁぁっ!あぅぅっ!ぁぅぁっ!!」ラグビーと日々の鍛錬で鍛え抜かれた守の肉体が破壊されていくとともにその雄本能が刺激されアンダーアーマーの股間が思いきり勃ち上がってしまった!   (11/23 01:40:21)

おしらせブルーナイトさん(iPhone au)が入室しました♪  (11/23 01:25:34)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ブルーナイトさんが自動退室しました。  (11/23 01:21:46)

サイノイド(電子基板が完全破壊されると守の肉体に纏われていた半スクラップ状態のメタルアーマーがメタリックブルーのエナジー粒子に還元されながら守の肉体から強制霧散していく!)*   (11/23 01:20:56)

サイノイド(串刺しにされ身動きとれないブルーナイトに斬り掛かっていくマッドガルボ!狙われていたのは変身を維持するのに必要不可欠な胸部の電子基板!)ガッシャァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアンッ…バッリィイイイイイイインッ…ズゥブゥウウウウウウウウウウウウッオォオオオオオオッ!   (11/23 01:20:34)



サイノイド(守のガタイとピッタリフィットの硬質なコンバットスーツの蒸れ蒸れで窮屈な股間部分では守自身ですら経験したことも無い痛い程の熱く硬い勃起が!マッドガルボと前後を入れ替えたサイノイドがブルーナイトの正面から猛突進!)ズッヴゥオォオオオオオオオオオオオオオオオッ…グッザァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!(またしても角の餌食にされてしまったブルーナイト!)   (11/23 01:15:20)

サイノイド(背中に突き刺さっていた角が完全に超高圧暗黒破壊電流を放ち終えた。だが角の攻撃がココから第二形態へと移行していく!角が淡い光に包まれ…邪悪エナジー粒子に還元されてブルーナイト/守の体内に侵入開始!それは正義の為に極限まで逞しく鍛え抜かれた若きがちむちラガーの筋肉組織を超高圧暗黒破壊電流の数倍もの威力で蝕むと同時に若い雄本能を暴走させていく恐ろしいい催淫効能が秘められていた!)   (11/23 01:11:26)

サイノイド陽輔:『もうやめてくれ!これ以上闘ったら守が…俺達の大切な守が死んじゃう!』(2体の残忍な巨悪に前後から挟み撃ちに遭い、その間を彷徨いながらズタズタにされ続けるブルーナイト!突き刺されても、斬り付けられても、引っ掻かれても、よろめくだけで決して倒れようとしない!それは陽輔を、そして人々を少しでも安心させようという守の優しさ!)   (11/23 01:07:18)

サイノイド【守のラグユニ姿はエロですよね!それも血塗れでズタボロで裂け目からラグビーで鍛えた若武者の傷付いた小麦色の素肌が見え隠れしていたりしていると考えるとヤバいです!ラグユニ姿の守がギャラリーの前で敗北射精、是非是非!】   (11/23 01:03:27)

ブルーナイト(ギャラリーの前で無様に射精させてエナジーを噴き出させてやってください)   (11/23 01:01:34)

ブルーナイト)(返信が遅れてすいません!アンダーアーマー姿もいいですがやっぱりラグユニ姿で苦しめていただけたらと思います)   (11/23 01:00:24)

サイノイド【ブルーナイト/守の苦しむ姿もう完全にヤバいです!そろそろ変身強制解除に追い込みましょうか?半スクラップ状態とはいえブルーナイトに変身しているからこそ辛うじてコンバットスーツにより肉体が防護されている訳ですが、それすら失ってしまったら守はもうどうなってしまうことか!?それとも途中に肉体に密着する血塗れのアンダーアーマー姿も織り込んでおきますか?】   (11/23 00:52:00)

ブルーナイト(残忍な攻撃すぎてヤバいです!もう興奮もmaxですが更に守の肉体を破壊しちゃってください!)   (11/23 00:48:18)

ブルーナイト全身に走る激痛に立ち上がることができないブルーナイト。だがそんなブルーナイト・守の元へ陽輔や街の人々の声援が届く!その声を聴き改めて守るべき存在があることを自覚したブルーナイトは痛みに耐えながら立ち上がる。だがそんなブルーナイトを見ながらマッドガルボは勝ち誇った笑みを浮かべていた。そして…「あぐぁぁっっっ!!!んががががっっっ!!!」アーマーの内側から超高圧電流が放たれ守の身体を貫いた!全身の筋肉を硬直させ身体中を蒸し焼きにされるような痛みに耐え続ける守。そんな守を嘲笑うかのように正面からマッドガルボのソードがブルーナイトのコンバットスーツを斬り裂く!強烈に火花を挙げながら後退したブルーナイトの背中をサイノイドの爪が引っ掻く!『バチバチバチバチバチッッッッ!ポゴォン!ズゴォォッッ!ザシュゥゥッッ‼︎』スーツから火花と白煙を挙げながら2体の巨悪の間を彷徨うブルーナイト。守の精悍な顔は苦しみに濡れ鼻や口からは絶え間無く血が流れ出していた…*   (11/23 00:47:33)

おしらせブルーナイトさん(iPhone au)が入室しました♪  (11/23 00:39:21)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ブルーナイトさんが自動退室しました。  (11/23 00:37:18)

サイノイド(全身至る個所から連続して起こる爆発!火花を噴き上げながら前後の強敵の間を往復しながら交互に残忍な攻撃が続けられボロボロにされていくブルーナイト/守!)*   (11/23 00:32:47)


サイノイド(地面に突き刺さっていたマッドソードを引き抜いたマッドガルボが正面から斬り掛かってきた!)ザッシュゥウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウッ!(斬り付けられ感電しながらヨロヨロと背後へよろめくブルーナイト!それを待ち構えていたサイノイドが右腕を振り上げ…)ザグゥウウウウウウウウウウウウウウッ!(鋭い爪でブルーナイトを引っ掻く!)   (11/23 00:30:31)

サイノイド(ブルーナイトの背中に突き刺さった3本の角が一斉に放電開始!超高圧暗黒破壊電流に貫かれていく!)バジジジジジジジジジジジジジジジジジジッ…シュパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパパ…ジィイイイイイイイイッ!!(全身の筋肉が一瞬にして硬直して焼かれる様な苦しみが守を襲う!)   (11/23 00:30:18)

サイノイド(立ち上がったブルーナイトにサイノイドから送られる冷酷な忠告…)「よくも俺様を駆動停止に追い込んでくれたな…この恨みは高く付くぜブルーナイト!お前が受けた角ミサイルはこれまでのとは別物で爆発はしない。もっと恐ろしいことが起こるのだ。そろそろ時間だぜ…5…4…3…2…1…」(サイノイドのカウントダウンが終了すると…)   (11/23 00:28:57)

サイノイド(前のめりに倒れていたブルーナイトの四肢が人々の声援を受けてピクピクと動く…。四つん這いになったところで、バッタリと再び地面に崩れ落ちる!それでもブルーナイト/守は諦めない。崩れ落ちながら、よろめきながら、人々の希望を糧にして立ち上がった!!)   (11/23 00:27:03)

サイノイド陽輔:『守!立て!立ってくれ!絶対に負けるな!』(精一杯の声を張り上げ守を応援する陽輔!それに続く様にタワーマンションのベランダからも、物陰に隠れていた人々もブルーナイト/守への声援が惜しみなく送られていく!)『ブルーナイトのお兄ちゃん、頑張って!』『お願い、ブルーナイトが破れたらこの地球はオシマイだ!』『神様、仏様、ブルーナイト様!!』   (11/23 00:24:01)

ブルーナイト マッドソードを構え突進してくるマッドガルボに対してサイノイドのツノで応戦するブルーナイト。慣れている武器でないとはいえそのパワーはブルーソードと遜色なく守自身の剣術の腕も相まってマッドガルボを圧倒していく。そしてついにマッドガルボの手からマッドソードを弾き飛ばした。その瞬間命乞いをするマッドガルボであったが自分たちの友情を踏み躙るような卑劣な罠を仕掛けた輩への怒りが消えることはなかった。そのまま手を振り上げるブルーナイト。しかしその背後でサイノイドの生命反応が急激に上がっていくことに気づかないブルーナイト!そして…「がぐぁっっ!ぐはっっ!!ぐがぁぁっっ!!」突然背中に激痛を感じる守。そのまま勢いあまり前のめりに倒れてしまう*   (11/23 00:16:53)

おしらせブルーナイトさん(iPhone au)が入室しました♪  (11/23 00:12:40)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ブルーナイトさんが自動退室しました。  (11/23 00:09:42)

サイノイド(サイノイドの角を振り上げていたブルーナイトの背中に、サイノイドの角ミサイルが3本撃ち込まれてしまっていたのだ!エナジーコアが冷却され再起動したサイノイド!再び前後からの巨悪に挟み撃ち状態のブルーナイト!)*   (11/22 23:52:03)

サイノイド陽輔:『守!!!!!!!』   (11/22 23:51:29)

サイノイドズボッ!ズボッ!グッザァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!(3連続で角が突き刺さる音!)   (11/22 23:51:22)

サイノイド「わっ…悪かった…頼む…命だけは助けてくれ!何でも言うことは聞くから…。くっ…来るな!来るなぁああっ!」(サイノイドの角を構えて物凄い気迫で右脚を引き摺りながら迫り来るブルーナイトに怯え、慌てふためくマッドガルボ!守はサイノイドの角を両手で掴んで腕を大きく振り上げた!)   (11/22 23:51:11)

おしらせブルーナイトさん(iPhone 220.218.***.129)が入室しました♪  (11/22 23:49:08)

サイノイド(暫く受け身ばかりを取っていたブルーナイトに訪れた反撃の大チャンス!)陽輔:『よし、いいぞ守!ココから一発大逆転だぁああっ!』(鼻息を荒げ興奮する陽輔!)   (11/22 23:43:23)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ブルーナイトさんが自動退室しました。  (11/22 23:42:57)

サイノイド(守が咄嗟に取った判断は正しかった…頑丈なブルーナイトのメタルアーマーでさえ簡単に貫通させてしまうサイノイドの角は正義の為に使用すれば悪を打ち砕く武器となるのだ!振り下ろされ、突き出されてくるマッドソードを弾き返しジリジリとマッドガルボを劣勢に追い込んでいく!)カッキィイイイインッ!!(マッドソードを角が強く弾き返した拍子にマッドガルボの手からソードが離れて数メートル先の地面に突き刺さった!)「マッドソードがぁっ!えぇえええいっ、小癪な…。サイノイドの奴、とんでもない失態をしてくれたもんだ!」   (11/22 23:41:01)

サイノイド陽輔:『あんなにズタズタにやられちゃってるのに…守…すげぇ頑張ってる!信じてるぜ守…最後は絶対に正義が勝つって!』   (11/22 23:35:23)

サイノイド(マスクを失ったことにより視界を塞ぐ警告メッセージから解放されいつもの守の動体視力が戻り、ウイルスにおかされていたメタルアーマーによって動作が制限されていたが、それも大幅に破壊されたことにより元々の守の機敏な動きができる様になっていた!傷の痛みと、出血多量からくる倦怠感はあるもののマッドガルボと互角以上の闘いをするブルーナイト!)   (11/22 23:34:22)

サイノイド「メタルアーマーも半分以上剥がれ落ち、全身傷だらけで血塗れ。マスクすら失ったその状態で最早どんな闘いができると言うのだブルーナイト!?マッドソードの露となるがいいっ!死ねぇえええええっ!」(テレポーテーションすらしないで正面から突進してくるマッドガルボ!素早い剣さばきでマッドソードがブルーナイトに襲い掛かるが、それを次々にサイノイドの角が弾き返す!)   (11/22 23:31:08)

ブルーナイト 「んぐぐつ!!!んががっっっ!!!」陽輔や他のギャラリーの人々をこれ以上不安にさせないために暗黒破壊電流を喰らい続けても歯を食いしばり悲鳴を堪える守。そんな守の不屈の闘志によりサイノイドのツノがオーバーヒートしサイノイドが一時的に動きを止める。「がぐあっっっ!!ぐぉぉっっっ!!!」獣のような叫びをあげ激痛に耐えながらサイノイドのツノを引き抜き剣として構えるブルーナイト!ツノに貫かれた腹部の傷は未だ激痛が疼き邪悪な剣に貫かれた右脚は少し動かすだけでも鋭痛が走る。そんなボロボロの状態であっても守の目には闘志の光がランランと輝いていた*   (11/22 23:22:48)

おしらせブルーナイトさん(iPhone 220.218.***.129)が入室しました♪  (11/22 23:15:21)


更新時刻 10:38:41 | 過去ログ | ルーム管理