PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介ここは人外と人間が共存する街・OOMAGA――
そこには人外と人間が時に争い、時に協力し、時に番いとなる
荒ぶる心のまま戦うもよし、性交するもよし、友情を育むもよし
基本的に自由です

ロール重視。ロール中はPL発言は控えめに
ロール前の相談、ロール後の会話は自由にどうぞ
豆文NG。セリフのみ短文NG。短文以上で
漢文、確定ロルも非推奨

入室者はプロフに種族や見た目などを記載し、名前+下記の記号をつけて入室
△=タチ ▼=ウケ □=リバ 〇=エロ不可
※キャラが決まっていない場合は未定で入室も可
背後の会話は【】をつけて。ロール中は背後雑談NG

過度の最強キャラや誰からもモテたりするメアリー・スーは禁止
楽しく遊べるように、お互いを尊重して下さい

18歳未満(高校生含む)は入室禁止。二窓禁止(関連部屋はOK)
ルブルの規約に準じます。チャットマナーは守りましょう

初めての方、ちょっと入って見ただけでも歓迎しますのでお気軽にどうぞ
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、ラピス□さんが自動退室しました。  (2/19 19:26:08)

ラピス□(ポツポツと雨の降る空の下、雨を凌ぐ場所を求め地面を蹴り水たまりに足をつければバシャリッと水のはじける音がした。水を吸って少し重くなった髪とマフラーを邪険にするように白く細い手で払う幼くも整った一見女性にも見える綺麗な顔立ちの男の半獣 ピンとはった黒い兎耳は兎の半獣だということを主張し高い位置で二つに結ばれた水色の髪は一際人の目をひく。ほどよく筋肉の付いたすらりとした体にべたりと貼りつく少し裾の長い大きな黒いYシャツ、其処からすける薄めの黒いタイツ、後ろからはふわりとした兎の尻尾とバックが開いたタイツだということが覗える)あー、降られた降られた……これじゃ寒くて適わないな(はあ、と吐いた息は白く見えやっと辿り着いた雨宿り場は静かとは言えない少し騒がしい酒屋だった。扉を開ければ明るい光が容赦なく刺し込んできて赤い瞳を隠すよう目を細めながらカウンター席へと水をひたひたとたらしながら歩き進んで椅子に座った)   (2/19 18:03:46)

ラピス□【御部屋お邪魔致します、こんにちは。待機ロルの準備をしつつの待機とさせて頂きます。低身長及び短文以外の方で人間.人外問わずお相手募集です。】   (2/19 17:49:16)

おしらせラピス□さん(211.128.***.28)が入室しました♪  (2/19 17:48:08)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ラピス□さんが自動退室しました。  (2/19 01:20:36)

ラピス□【夜分遅くに御部屋お邪魔致します。こんな時刻ですが、低身長及び短文以外で、人間、人外問わずお相手募集です。】   (2/19 00:30:27)

おしらせラピス□さん(211.128.***.28)が入室しました♪  (2/19 00:29:22)

おしらせマキス▼さん(60.35.***.49)が退室しました。  (2/18 22:55:08)

おしらせ朽縄□さん(101.96.***.194)が退室しました。  (2/18 22:54:59)

朽縄□【もちろんです。それでは短時間だけど楽しかったです! また!】   (2/18 22:54:54)

マキス▼【こちらこそーではまた遊んでやってくださいー!】   (2/18 22:54:20)

朽縄□【もうちょっと早く来れればよかったんですがねw また遊びましょう】   (2/18 22:53:52)

マキス▼【ですねーお付き合いいただきありがとうございますー!】   (2/18 22:53:15)

朽縄□そんなことはございませんよ? やつがれの手練手管が勝ったという事だけで――ああ、猿股はぴったりだと思ったんですがねぇ? そちらも窮屈そうで寸法が合わないご様子(くつりと笑って折った糸をあっという間にズボン、シャツなどに仕立てて行けば)猿股の方は今度サービスで直して差し上げますよ? まぁ、道端じゃなく、褥でお願いしたいところですがね? (自分の糸と相手の服を合わせて整えた衣服は見事に寸法通りで) やつがれは朽縄。覚えておいてくださいまし(夜風が吹く。同時に人間に似た姿から一枚の布になってふわりと舞い上がって、墨を引く夜の空へと)    【お互いそろそろタイムアップかな?】   (2/18 22:52:31)

マキス▼ん、は、……ぜ、善意、そうか、善意だよな……悪、いッ!? (胸囲や胴回りまではいいとして、尻の割れ目まで事細かに測る必要はあるのだろうか、と内心首を捻っていたところに、乳首への刺激。糸を巡らされ、締め付けられた乳首はぷっくりと腫れ上がる) い、今のは絶対必要なかったよな……!? う、ぁ……ッ (身体をまさぐり続ける『寸法』の手に、性器は徐々に熱を持っていく。しかし、更なる刺激への期待とは裏腹に、男はマキスの身体の上に服を織り上げていく) な、なんか俺……バカみたいだな……   (2/18 22:45:01)

朽縄□おやまぁ、善意を悪し様に思うのは感心しませんね? やつがれとて、寸法が分らねば仕立て直しなど無理難題でしてね? (まるで糸の蛇。それらがうねりうねりと逞しい胸筋を這い、脇腹を滑り、尻の厚みを覚え――疑われた仕返しとばかりに、外気に晒された乳首をキュツと糸で搾り上げれば)好意を無碍にされちゃぁ、やつがれも怒りますよぅ? (キュ、キュキュと乳首を絞りつつ、反対側の指を解いて男が着ていた服に糸を足して、見る間に布へを織っていけば)   (2/18 22:36:01)

マキス▼うわっ!?仕立て直しってここでするのか!? (男の指の動きに合わせて、着ていた服がはらはらと繊維へ解けてゆき、身体から剥がれ落ちる。ワイシャツの中へ窮屈に押し込められていた胸筋、スラックスが破れそうな程張り詰めていた尻肉が布から解放され、微かに揺れる) す、寸法、測ってるんだよな……なんか、触り方ヘンじゃ、ないか……? (細い糸の集合と化した男の掌が肌を這い回る感触に思わず身震いする。心なしかこの男、何かに怒っているような……)   (2/18 22:30:35)

朽縄□ええ、やつがれは布の妖怪でしてね? 布や糸が哀れなのは見過ごせませんのさァ(まったく人間も魔物も、多くの者は布を身に纏って大事なモンを隠しているのに感謝がたりない――裸が正装、服は枷と抜かすどこぞのゲスい淫魔は論外だが――布をあてて」大事に切るのは善き事、ついでまぁ、布を大事にしなかった巨漢にはちょいと仕置きは必要だけれど。指の糸も、それに呼応した相手が着ていた服も糸になってするすると解ける)なに、あっという間に織り直すんで? ちょいとばかり我慢してもらいますよ……ああ、お前様の寸法を測らないとねェ(小指の糸が生きものように褐色の肌を這えば)   (2/18 22:24:06)

マキス▼おわっ!? (翳された掌が糸へと解けていく様を目の当たりにし、目を見開いて驚く。魔物の珍しくない街ではあるが、人間かと思っていた相手が本性を表すのには未だに慣れない。弾け飛んだボタンがすいすいと縫い付けられていくのを見届けると、小さく礼を言う) ど、どーも……なんだ、アンタ妖怪か。ビックリしたな……布の妖怪ってあんま聞いたことないけど……寸法?直してくれんならありがたいけど…… (相手の申し出に思わずまごつく。店長に言い出しづらい手前、直してもらえるのは有難いが初対面の相手に頼るのもどうか、などと考えを巡らせる)   (2/18 22:16:50)

朽縄□(大柄な体躯はこの薄暗がりでは怯むものも多かろう。しかしたなびく布のような柔らかさを持つ性根は、それくらいで怯む事もなく)……やつがれは客ってほどもモンじゃありませんがねェ……おやまぁ、糸が可哀想だ(弾けてとんだボタンはきれいさっぱり無視し、切れてを糸を哀れに思うって眉を顰めれば)お前様が見苦しいのはいいんですがねェ。身に纏う布が貧相に見えるのはどうもいけませんや(ひらりと手を翳せば、五指の全てが解けて糸の状態になり。そのまま弾け落ちたボタンを糸が広い、先端だけ針のように固くなったかと思うと、あっと言う間にボタンを縫い付け)……布が可哀想なのはいけませんや……やつがれがお前様の寸法に合うよう直してあげましょうか?   (2/18 22:08:54)

マキス▼んえ?ああ、お客サンか。こっちは従業員用の裏口ですよ、お客様用はアッチ (ふと掛けられた声に少し面食らいつつも、気怠げに客用の入り口を指し示す。勤務時間外にまで振りまく合いそうはない――勤務中もそこまで愛想がいい方ではないのだが) あー、コレ?やっぱ見苦しいスかね……でもサイズ合わないからってわざわざ作ってもらったばっかりなんですわ……、おっと!? (どこか掴みどころのない雰囲気の男の指摘に、困ったように顔を掻く。と、ぶちりと音を立ててワイシャツのボタンが弾け飛ぶ。シャツの隙間から露わになる、豊かな褐色の胸板) あちゃー……すんませんね、見苦しいとこお見せして   (2/18 22:00:56)

朽縄□おやまぁ……糸が悲鳴を上げているからどうしたものかと思えば……そこな御仁。お前様にその服は窮屈じゃァないかい? 糸も布も悲鳴をあげてらぁな(ふらりふわりと夜を漂えば、聞こえたのは張り詰めた筋肉で悲鳴を上げる糸の軋み。布の妖怪である自分には、同族が無体を強いられているようにも思え)自分に合った服を着るのが、布への礼儀ってェもんですよゥ?   (2/18 21:53:18)

朽縄□【改めてよろしくです。ではロルに続くので暫しお待ちを】   (2/18 21:49:20)

おしらせ朽縄□さん(101.96.***.194)が入室しました♪  (2/18 21:48:46)

おしらせ未定さん(101.96.***.194)が退室しました。  (2/18 21:47:34)

未定【了解ですー! ではキャラ変えてきますね】   (2/18 21:47:30)

マキス▼【そうですねー雑談系か軽くエロでも……では下の方に続けてもらえるとありがたいですw】   (2/18 21:46:36)

未定【時間も時間ですし、下のロルに続けましょうか? 雑談系かエロ系かバトル系でキャラが違うんですけど。時間的にバトルは難しいかな?】   (2/18 21:44:11)

マキス▼【よろしくお願いしますーそちらのお好みで!導入とかどうしましょうか?】   (2/18 21:42:43)

未定【何のことでしょう?w よろしくお願いします。希望とか、指定のキャラとかいますか?】   (2/18 21:41:34)

マキス▼【こんばんはですーとても知っている人の予感……!ww】   (2/18 21:40:35)

未定【こんばんはーっ!】   (2/18 21:39:57)

おしらせ未定さん(101.96.***.194)が入室しました♪  (2/18 21:39:22)

おしらせマキス▼さん(60.35.***.49)が入室しました♪  (2/18 21:17:15)

おしらせラピス□さん(211.128.***.28)が退室しました。  (2/18 20:23:41)

ラピス□【御部屋お邪魔致しました。】   (2/18 20:23:38)

ラピス□【再度御部屋お邪魔致します、今晩は。低身長及び短文以外で人間.人外問わずお相手募集です。】   (2/18 18:52:53)

おしらせラピス□さん(211.128.***.28)が入室しました♪  (2/18 18:52:13)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ラピス□さんが自動退室しました。  (2/18 17:56:50)

ラピス□(青い空が広がる空の下、太陽が街を照らし明るい世界を作り出している時刻。小さな子供達に、談笑をする女性達に、多くの生命体に、時刻をしらせる鐘が鳴る街で建物と建物の隙間でポタポタと何かが滴る音が。まだ日を浴び暖かい街と比べ冷え切ったその隙で一筋の光に反応する様きらりと輝くビンとその中にある白い液体を飲み干す者の姿がうっすらと見えてくる)……っ、ん(白い肌を伝う白い液体に、時折気まぐれに動く黒くピンとはった兎の耳。地につくほどのサラサラとした水色の髪を高い位置で二つにまとめ 黒く大きなマフラーを首元にゆるりとまきつけ、黒いYシャツに動くたびに皺を寄せる。一見幼く整った顔から女性かと思わせる姿だがYシャツから透ける上半身には女性のふっくらとしたふくらみは無くほどよくついた筋肉にすっきりとした腰が見えてくる)…、この時間はひっかけやすいやつがいなくて退屈だな(少しぶかとした大きなYシャツから出るすらりと出る細い黒タイツをはいた足、黒いパンプス同士がぶつかればコツンという音が響く。水色の爪がついた手で持っていた瓶は既に中身はからっぽ、適当に地に落とせばパリン、という虚しい音を鳴らして砕け散った)   (2/18 17:24:04)

ラピス□【お邪魔します、待機ロルの準備をしつつの待機とさせて頂きます。低身長及び短文以外で人間、人外問わず御相手募集です。】   (2/18 16:58:37)

おしらせラピス□さん(211.128.***.28)が入室しました♪  (2/18 16:57:18)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、マキス▼さんが自動退室しました。  (2/18 12:49:18)

マキス▼ふー…… (シフトを終え、仕事着であるウェイター服姿のまま煙草をくゆらせる。特に喫煙を好んでいる訳ではないが、いつの頃からか仕事終わりの一服は習慣となっていた。マッチ箱を胸のポケットにしまうと、布地がぎしりと軋む音が聞こえた) やっぱキツくなってきたよなぁ……つっても、この前サイズ変えてもらったばっかだしなぁ…… (オーガの血を引く身体は成人を迎えた今も僅かずつ成長するようで、よく服のサイズを変える羽目になる。非経済的だと思うが、折り合いをつけていくしかない)   (2/18 12:28:30)

マキス▼【マキス:194cm/101kg/毛量の多い赤茶髪、褐色肌、額に2本の小さな角。筋肉質/オーガと人間の混血。年齢は人間でいうと20代前半で、穏やかな性格だが真面目という訳でもない。流されやすい上に惚れっぽく、やや股が緩い。喫茶店兼バーでアルバイトをしている】   (2/18 12:11:25)

おしらせマキス▼さん(60.35.***.49)が入室しました♪  (2/18 12:10:21)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、フィヴィス▼さんが自動退室しました。  (2/17 14:02:07)

フィヴィス▼…うまい(少ない所持金を使って買ったパンを路地に座り込んでもそもそと食べていた。いくら稼いでも絡まれて持って行かれて自分の手元に残るのは少額の生活にいい加減嫌気が差しつつあるが、それで盗みを働くようなマネは決してしないと決めていた。ただ、今回はパンを買って所持金が全て無くなってしまい流れ者の自分には泊まる所がない。この時期に野宿はキツいと、吹いた風にふるりと身を震わせ今日のことを考えていて)   (2/17 13:21:02)

おしらせフィヴィス▼さん(210.170.***.63)が入室しました♪  (2/17 13:15:27)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、フィヴィス▼さんが自動退室しました。  (2/17 05:40:44)

フィヴィス▼くっそ、また金取られたー!(人型のスライムはとにかく目立つ。またスライム=弱いという先入観のせいかたちの悪い人物に絡まれることが多く、今日もチンピラらしき男たちに絡まれて所持金を持って行かれてしまい。若干の怪我を負いながら、どうしようとふらふら街を歩いていて)   (2/17 04:41:09)

フィヴィス▼【こんな早朝に人が来るかはわかりませんが一応待機させていただきます】   (2/17 04:32:21)

おしらせフィヴィス▼さん(210.170.***.63)が入室しました♪  (2/17 04:32:04)

おしらせエリック□さん(115.36.***.189)が退室しました。  (2/15 15:57:57)

エリック□あっ、んうぅっ…く、くっそ…(悔しそうに顔を歪めるも、直ぐ様顔が快楽に緩んでしまう。最早我慢などせず、というか出来なく、ただただ足の動きに合わせていたが。足の動きが止まると、ついには自ら押し付ける様に腰を動かして刺激を創り出していった)はっ、はぁっ、くそ、腰止まんな…ッ!あっ、くぅぅっ、は、はぁ…あっ!(ついには自らの押し付けで限界に達し、ビクビクと体を引く付かせ、二度目の射精をスパッツの中へとぶち撒けて。その後もリッキーが満足するまで魔力は止まらず全て出し切るまで開放されなかったとか。)(おしまい   (2/15 15:57:48)

おしらせリッキー△さん(101.96.***.194)が退室しました。  (2/15 15:52:08)

リッキー△【返り討ち。ククク。じゃあ、またね!】   (2/15 15:52:01)

エリック□【お仕事Fightですー!また遊びましょうー!】   (2/15 15:51:57)

エリック□【こちらこそー、久々に遊べてよかったですー!折角李家出したんで、今度は坊っちゃんでリッキーにいちゃもんつけにいきますw】   (2/15 15:51:35)

リッキー△【それじゃ用事があるのでまたね。また遊びましょう。ではでは!   (2/15 15:51:27)

リッキー△【お疲れ様でしたー! 午後から仕事が休みになったんでナイスタイミングでしたw】   (2/15 15:50:25)

エリック□【了解ですー!お相手ありがとうございましたー!】   (2/15 15:49:18)

リッキー△ナイフでリンゴの皮も魔物の皮も剥くでしょ? 使い方次第じゃない。固いのは股間だけで頭は柔軟でいいのよ? (あ、でもまたすぐに柔らかくなるけどねと笑いながら、快楽の溺れつつある頑強な肉体をつま先で弄り、存分に高めてから足の裏全体を使って大きな陰茎が腹につくほどぎゅうっと押し付けて)はい、足はもう動かさないから、最後の射精は自分で腰を動かして頑張って? (足で股間を押し踏みながら、残っていたマグカップのお茶を啜り。いい情報のお礼に後でもっと鉱石を弾もうと、唐になったマグカップ同様、陰嚢の中も空っぽにすべく、五感と反芻の術に魔力を流し続けるのだった)      【ごめんね、時間なのでこちらのロルはこれで終わりで】   (2/15 15:47:59)

エリック□はぁっ、はぁっ、こ、こんな使い方するの、お、お前だけだ…ッ。つ、作った魔女もこんな使い方されるとは思っても…ッ!?だ、だから、や、やめっ、足動かすな…っ(イッた事で少し冷静さが戻ってきて、息を荒げながらも文句を言おうとしたが、足はまだ股間を弄っている。またもや快感が押し寄せてきて、んあっ、と口から吐息が漏れてしまう)こ、こんなの礼のウチに入る…かぁっ!あっ、ひっ…!?(味覚、嗅覚はまだいい。前言撤回。むしろ、自分の出した精液の匂いが五感が開いたせいでむせ返る程の濃厚な物に変わる。味も…言わなくてもわかるか。もう。精液の匂い、味のお陰で体がどんどん出来上がってしまい、体も快感を求めてしまう)   (2/15 15:40:41)

リッキー△三擦りまでもたないとか……後輩が効いたら喜びそうだけど――李家のうざったい猿が知ったら、“坊ちゃんに悪影響だワ”とかページを破り捨てそうだなぁ……勿体ない(まるで雑談のような口調のまま、組んだ足を解いて乳首からつま先を外し、ヒクつく睾丸部分を押し揉みながら、もう片方のつま先で射精したばかりで痙攣する陰茎を擦るように上下し)ついでだから、全部出しちゃえ。見せてくれたお礼に、スッキリした気分にさせてあげるし? (それは傍迷惑というのだが、本人は真面目に好意だと思っている辺り尋常ではなく質が悪い。スパッツに仲から響く音は、さらに大きく淫猥になり)あ、こんな術もあったから、試しに使ってみようか? (ページに有った反芻の術。本来は薄まった匂いや味をクリアに再現する術らしいが……五感を開いた状態で反芻などすればどうなるか、分かり切ったことだろう)   (2/15 15:31:52)

エリック□あっ、あっ…(聴覚もヤバイ。まるで耳元から直に聞こえる様に自分の体から発するイヤラシイ音がダイレクトに聞こえてくる。クチュクチュと足で扱かれる音からスパッツの擦れる音とか、全ての音が快感へと繋がるかの如く。)はぁっ、くぅぅっ、こ、こんなの、我慢っ、で、できっ、るかぁ…うぁっ、あっ、、、だ、ダメだ、ダメだっ、も、もうっ…!(絞り出すかのように口から吐息と共に漏れた声は熱を帯びすぐにでも達してしまいそうな程に震えていた)はぁっ、はぁはぁっ、んぅぅぅっ!?(我慢の限界。歯を食いしばり、顎を突き出して仰け反ると、スパッツの膨らみが大きくひくついた。そしてじわぁっと染みが大きく広がっていき…我慢していた体から力が抜け、呆けた様な顔で射精の余韻に浸ってしまう。ビクンッビクンッと体を震わせて…)   (2/15 15:22:24)

リッキー△えー。もしかして、突いただけで先っぽ濡れちゃってる? 鍛冶には忍耐が必要とか言ってなかったぁ? 我慢強くないのね? (妻先の裏側でスパッツ越しに形を変えた逸物に圧を加えて押し込めば)踏むのはノーカウントかな? 今度、後輩に聞いてみないとね?(陰嚢の形までわかる部分をも軽く押し込み、ジワリと時間をかけて下から張り出した亀頭まで足で撫で上げ)……一回目。まだかなー? まだ我慢できちゃう? ほら、耳もよくなって、すごくヤラシイ音まで拾えちゃうんじゃないの? (スパッツと皮膚の間に滲み出した我慢汁をクチュクチュと響かせ。組んだ足の下側を股間に、上側でタンクトップの上から乳首を突いて押しつぶし)   (2/15 15:14:02)

エリック□な…っ、だ、だってこれ、生成魔術の魔術書じゃ…そんな魔術載って…(あ、後半か。後ろのページを読んでなかった。前半、中盤が図鑑ぽくておもしれーなー位しか。自分の脳筋っぷりを後悔しつつも、鋭くなった五感の感覚に、体が震え始める。視覚、嗅覚、聴覚 味覚はまだいい。触覚なんて開かれたら、たまったもんじゃない。)あ、アホか、その後輩…ッ!くっ、は…っ、や、やめ…(その後輩とやらの顔と自分の知ってるヤツの顔が合致した。あいつ今度あったら覚えておけよ…とその場に居ない男に恨み言を呟きながら。いつもより敏感な股間に足を入れられてしまっただけで、体が大きく跳ね上がってしまう)   (2/15 15:06:28)

リッキー△なにって、使ってみないと分かんないし? お前、李家にお試しもせずに売っちゃう気だったの? そこは“自分でも試した”って信用をつけないとさぁ? (くるんと器用に尻を使ってカウンターで回転し、体の位置を向かい合うようにすれば)うちの後輩が“三擦り半は男の挑戦っす!”とか言ってたし? 五感を開くと三擦りとかでイケちゃう? (逞しい太ももからゆっくりとつま先でスパッツに包まれた股間に足を延ばせば)   (2/15 14:58:29)

エリック□ふーん、やっぱね。俺も試してみたけど、俺の微々たる魔力じゃ蝶々位しか創れなかったな。まぁ、それも1分位で消えちまったけどな(こんな事ならもうちょい魔術の勉強しとくんだったかな、と苦笑い。ふと、リッキーの顔みれば、なんとも言えない笑みを浮かべたのが目に入る。あ、この顔知ってる。何かものすごく嫌ーな感じ…)へ?カラダ?…あっ、お前、何した…ッ!(その言い回しを聞くや、ヤられた…。後ろを向いた数分の間、きっとヤツの事だから、その数分の間の数秒で何かを仕掛けたか…。警戒するように周囲を見るが、どこも怪しく見えてしまう)   (2/15 14:54:00)

リッキー△んー、生物なんかは魔力がいるみたいだけどね。そうじゃないと簡易召喚とか可能になりそう。あといろんなものも仕込みやすい。毒とか麻痺とか範囲結界に組み込むとかさー……ところで(マグカップのお茶で舌と喉を湿らせてから、撓らせた弓のように口角を吊り上げて笑い)……カラダ、なんか変化ない? (通常の瞳には映らない、“魔眼”が見たものは、椅子に掛けた五感を開く術が、まさに褐色の肌に吸い込まれていくところで)   (2/15 14:44:43)

エリック□…?はいよ、おまたせ。(コトリ、とマグカップをリッキーの前に置き、ちらりと相手の顔見て何やら違和感を覚えた。きっと何か良からぬ事でも考えているのか…、邪推してみたが、そんな簡単に尻尾を掴ませる相手じゃないのも知ってるし…。きっと自分の気のせいだ、と考えるのを諦めた。そして椅子に座ってしまう。)で、使えそうなモン?お前的に…   (2/15 14:39:21)

リッキー△詳しい部分んは精査しないとだけど、比較的単純なモノならね。ダンジョンのトラップ解除や結界解除に通じるものがあるしねぇ。……例えば……ああ、これは五感を開く術か。汎用性あるよな、こういうの。――よっと(名うてのダンジョンシーカー……または、コソ泥神父と名高い男。お茶を淹れに背を向けた隙に、鍛冶屋が座っていた椅子に“五感を開く”術を掛け見れば。わずかな限定範囲で一時的な物、それなら自分の魔力で事足りる。あとはうっかりその椅子に座った男の観察だが……)   (2/15 14:32:00)

エリック□自分で言うなよ、自分で…(呆れた顔でカウンターに片肘付いて、リッキーが魔術書を「視る」仕草をぼんやりと眺めつつ。いつもと違う顔に少し新鮮味を感じ、こんな顔もするんだなーと心の中で思う)ふーん、すげぇな、もうわかっちまったんだ。なら詳しい説明はいらないみたいだな?(しょうがねぇな…と不用心にも魔術書をカウンターの上に置くと店の奥へと茶を取りにいってしまった…)   (2/15 14:26:24)

リッキー△うん。“視る”だけだし? このタイミングの良さは、俺が普段どれだけイイコかわかるってもんだよね(やはり鉱石を出して正解だ。普段はともかく、鍛冶屋としての矜持や真摯な姿はよく知っている。鉱石に匹敵する金銭を提示したなら、ここまであっさりと魔術書を見せなかっただろう)えーっと…………(左の眼帯をずらして、魔眼を発動させる。視線そのものに攻撃性は皆無だが、“読み解く”能力には優れている。魔術書の文字と、文字以外に残された魔力を読み解けば)……へえ、うん。なるほどね。結構面白い使い方出来るかも。あ、鍛冶屋、お茶淹れてくんない? (真剣に魔術書を読み漁ったため、喉が渇いてしまい)   (2/15 14:19:54)

エリック□…。(くそ、李家の提示した金額よりも遥かに高額な鉱石だ。ちょうど欲しかった物でもあったために少し迷ってしまう。)…見せるだけ、見せるだけだからな?ほんとお前タイミングいいよな…。(今まさに奥の工房で保管しようと思っていたのか、カウンターの下に隠していた魔術書をリッキーに見せて)   (2/15 14:11:43)

リッキー△やぁだ、俺、使うところには金を惜しまない主義よ? じゃ、これ、拝観料替わりね(腰かけたカウンターに転がしたのは、それなりに希少な鉱石。本来はこれを課金にしに来たのだが、面白いものが見れるなら惜しくはないと。そもそも自分の装備と相棒に役立つもの以外に金品を溜め込む方ではなく) ほら、早く早く。お前だって中身が知りたいでしょー?   (2/15 14:06:24)

エリック□はいはい、いらっしゃいませぇー(言われて、満面の笑顔で接客しなおすも、声は普段のやる気のない声で)いや、お前と一緒。どこで聞きつけたかしんねーけど、貴重な魔術書らしいから保管したいんだと。ま、俺には使えないし、金も結構貰えるみたいだし?(金額次第では…なんて含みのある言い回しをしながらチラリと相手見て)へぇ…気前いいねぇ、お前にしては。どーすっかな?   (2/15 14:02:08)

リッキー△一応、客よ、俺? お客にそんな態度取っていいの? そんなんだから賭けに負けるんだよ。――李家かー……東はメンドイんだよなぁ。――で、お前、李家に借金でもしたの? 主に賭けで負けた分とか? (愛想笑いも浮かべない店主に細引きの眉を跳ね上げ、カウンターを椅子代わりに腰かけて足を組み)その口ぶりじゃまだ預けてないんだよねえ? んじゃ、見せて。拝観料なら払ってもいいし? (革手袋に包まれた手を差し出してにんまりと)   (2/15 13:54:12)

エリック□いらっしゃ…ってなんだお前か…。相変わらず耳の速い…(店の入り口のドアが開けば反射的に営業スマイルを浮かべたが…顔を見るや、「ゲッ…」と小さく呟きいつものやる気のない顔へと戻る)残念だったな、ありゃー売りモンじゃねぇ。それにもう預けるとこも決めちまった。たしか…東華の李家だっけかな?(ニヤリと笑みを浮かべ、相手の悔しがる顔でも見てみようかと更にニヤニヤしながら相手の反応を伺ってみる)   (2/15 13:49:29)


更新時刻 15:01:04 | 過去ログ | ルーム管理