PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
ここは学園中央にある中庭。そこは四季折々に花が咲き乱れ、鳥や昆虫たちも集う場所。

春の桜、夏には向日葵、秋になれば紅葉した葉が彩ってくれる。
しかし一番に集うのは学生達で、ベンチに座ってランチを取る人もいれば放課後に読書しに来る人も。
一番人気なのは中庭の中心となる東屋で、夏場は冷たい水が流れ、冬には温かな湯が流れている足湯。
今日も楽しい一時を過ごせますように。

【以下ルール厳守!】

入室時の名前は「姓名フルネーム+♂♀+学年(教師の場合は担当教科)」とすること。

待機・待ち合わせなど自由にご利用ください。ただし、待機の際は待機ロル必須。無言で在室していてはロルは始まりませんよ?
ロルは描写必須。台詞のみでは中庭の情景を表現しきれません。
 [×消]
おしらせ間宮 藍♀27美術さん(iPhone au)が退室しました。  (11/15 17:36:39)

間宮 藍♀27美術【ありがとうございました。】   (11/15 17:36:34)

間宮 藍♀27美術(美術科目の非常勤講師、関わり合う生徒はあまり多くない。学園自体がやたらと広く、在籍する生徒の数だって詳しくは知らないけれど多い筈で。正直いまだに、名前と顔が一致する生徒がいるかどうかが怪しい。そんな風に思案する様は、異様だったかもしれないが既に薄暗い中庭。配置された灯りが淡く橙色に照らし始めれば、その表情を捉えるのは近寄らなければ困難だろう。)……準備室、いや、職員室に戻りましょうか。どなたかいらっしゃれば良いのだけれど。(氷のように冷えていた指先も幾分かマシになり、外風の寒さに身を震わせれば傍らの鞄を抱え立ち上がる。小さくくしゃみをしながら、足早に校舎の方へと歩いて行った。)   (11/15 17:36:16)

間宮 藍♀27美術……ん?(いつの間にか、時刻は放課後のようで物語にのめり込んでいた意識に子供たちの話し声が混じってくる。俯いていた面を上げ、手首を傾け腕時計の文字盤を確認してみれば成る程と内心頷いた。読み掛けの文庫本へ栞を挟みカバンへ片付け、ぐーぱーぐーぱーとすっかり冷えてしまった手指を握っては開く、悴んでしまったらしい。体温の高い首筋へ両手をぴとりと添えてみれば、その温度差に息を呑み、じわ、じわ、ほどけてゆく冷たさと暫くの沈黙。)──ふ、ぅ。(そんな、奇妙な格好で中庭を歩く生徒の姿を不審に思われない程度に眺めて。)   (11/15 17:17:35)

間宮 藍♀27美術(陽が傾き始めた時間帯、とある学園の中庭にいくつかあるベンチへ腰掛ける女の姿があった。袖のボリュームがふんわりとしたリブニットから覗く手首にはシンプルな腕時計が巻き付けられ、手元には一冊の文庫が収まっているようで。ざっとページは中程、どのくらい過ごしているのか。もぞ、と身動いだと思えば長さのあるスカート内で脚を組みかえる。──明らかに学生ではない年齢と格好をしたその女ではあるけれど、ゆとり感のあるボトルネックから胸元辺りにゆらゆらとIDカードが下がっている。そこには、女がこの学園の非常勤講師という身分を所持している事や名前などが記載されているのだった。)──……。(少し離れた校舎の方から、鐘の音が微かに。)   (11/15 17:02:08)

間宮 藍♀27美術【こんばんは、お部屋お借りします。ペースゆっくり気味なので滞在予定短め、久しぶりなので雑ロルで可能な方。男女は特に希望ありません、とりあえず待機ロル書いてます。】   (11/15 16:52:49)

おしらせ間宮 藍♀27美術さん(iPhone au)が入室しました♪  (11/15 16:49:11)

おしらせ東堂裕也♂33数学さん(123.226.***.243)が退室しました。  (11/13 23:10:16)

東堂裕也♂33数学さてと…(二つに割ったあんまんに齧りつくと、温かさと甘さで顔が綻んだ。あんまんを齧りながら口元を綻ばせている大人の姿は、あまり人に見せたくないもの。二口で半分を貪り、もう半分にも齧りついた。あっという間に両手から消えたが、身体と心が少し温まったようだ。宙に吐く息が薄っすら白く変わるのも、あんまんのせいに違いない。夜の冷気で身体がまた強張る前に、と餡子の付いた指を舐めながら立ち上がった。ポケットに突っ込んだ袋が音を立てる…再度白い息を宙に吐き出し、校舎に向かう。……ベンチの回りには、あんまんの香りが少し残っているだろう)【お部屋ありがとうございました】   (11/13 23:10:12)

東堂裕也♂33数学(残業が終わり、職員室に戻る前にコンビニに抜け出した。購入したのは「あんまん」…普段あまり食べないが、舌があんまんを無性に欲っしたのは、疲れか、ブラックの珈琲ばかり飲んでいたからか。ケースに残っていた最後のあんまんを慌てて注文し、袋に入れて持ち帰った。職員室に戻る途中の中庭のベンチで、ふと足を止める。普段は生徒たちに占領されている中庭は、流石に閑散としており夜風が冷たい。所々光っている灯りの下でどこか幻想的。校舎を見上げると、所々の窓から光が漏れていた。その景色を眺めているうちに空調の利いた室内より、肌寒い屋外で熱々を食べたほうが数倍美味しいはずと思い立ち、ベンチに腰を下ろした。……厚手のカーディガンを羽織ってはいるが、夜風が肌に染み込んで躰を強張らせていく。袋の音を立てて取り出すと、両手で掴んで二つに割った。熱々の餡子が出現し、湯気と甘い香りが立ち昇る。鼻を寄せて匂いを嗅ぐと、湯気で眼鏡のレンズが曇る。慌てて顔を遠ざけ、左右どちらから齧り付こうか少し思案。余り拘りはないが、少し勿体ぶってしまった。そして心の声を両手のあんまんに囁いた)誰が何と言おうと今日は、あんまん   (11/13 22:48:04)

東堂裕也♂33数学【二回は来ないと思いたい、笑。一応書いてから入室しましたが、文字数がおかしく手間取る段取りの悪さ…】   (11/13 22:47:44)

おしらせsexさん(209.95.***.53)が退室しました。  (11/13 22:45:33)

sexセックスチャットサイト http://lco.jp/kDS   (11/13 22:45:29)

おしらせsexさん(209.95.***.53)が入室しました♪  (11/13 22:45:26)

東堂裕也♂33数学【こんばんは、雑ロルでお邪魔しますー。長考遅筆駄文と三拍子ですが、合うようでしたらどなたでも宜しくお願いします。導入書きます。】   (11/13 22:39:47)

おしらせ東堂裕也♂33数学さん(123.226.***.243)が入室しました♪  (11/13 22:36:30)

おしらせ紀見 野那波♂2年さん(Android 150.66.***.179)が退室しました。  (11/1 00:02:48)

紀見 野那波♂2年【お邪魔しました~良い夜を♪happyHalloween♪v(*'-^*)^☆】   (11/1 00:02:43)

おしらせ間宮 琴寧♀2年さん(docomo spモード)が退室しました。  (11/1 00:01:39)

間宮 琴寧♀2年【〆ありがとうございまーす。姫に昇格した夜でしたね。ここは退散ということで.......お部屋ありがとうございました。】   (11/1 00:01:27)

紀見 野那波♂2年【とりあえず〆にしたよ(⌒‐⌒)】   (11/1 00:00:24)

紀見 野那波♂2年今日のチョコはオシマイでーす♪(差し出された手を繋ぎ、ベンチから腰を上げれば)ピヨーン♪さ、少し冷えて来たから皆の処に合流しよっか?エスコート致しますよ(その手を引き彼女の身体を胸元に寄せ…軽く抱き締めた)間宮姫♪(耳元で囁けば、間宮の頬を唇が掠めた)さ、来年のハロウィンが楽しみだね?(その手を繋いだまま、何事も無かったかのように歩き出す。ドキドキをひた隠しながら…)【〆】   (10/31 23:59:22)

間宮 琴寧♀2年なるほど、なるほど。(頷きながら残りの半分を頬張りながら、綺麗に弧を描いて見事に吸い込まれるように口に入っていったチョコを見て目を見開いた。) すごぉー。ん?合流?出来るといいねぇー。(ピーチ姫という言葉に気を良くして綻ぶ顔は、クッパという言葉と共にムッとささて、宙に投げ上げられたチョコへ向かって大きく口を開き中腰しになって彼の前に出た。彼のように上手に口の中には入らなかったチョコは、頬に当たりそのまま転がっていく。それを追いかけては片手伸ばし拾い上げると、残念そうな顔をして、もう1個とばかりに手を差し出した。)   (10/31 23:49:39)

紀見 野那波♂2年そのコインは限定なんだぞ?なんと100枚集めたら1UPするんだからね?(コチラも頂いたチョコを開け空中に投げれば綺麗な弧を描き口でキャッチ)来年はそっちと合流するからさ~良かったらピーチ姫やってくれない?(少しだけ身体を寄せ、上目遣いに覗いて)ひょっとしたらピーチよりクッパの方が似合うかもね♪ぷぷ♪(意地悪な笑みを浮かべチョコをもうひとつ空中に投げた)   (10/31 23:42:38)

間宮 琴寧♀2年男子だけだったのー?やぁだー、それって寂し過ぎじゃーん。(思った事をそのまま口にして、苦笑いを浮かべた彼を見てあっ!というように片手で口を覆い隠し、代わりに軽く頭をさげた。話題もその雰囲気を察したように変えてくれた彼に応えるかのように立ち上がり、軽く突き出した腰、片手でお尻を撫でては最後にポンと自ら叩いてみせる。)そ、そうかしらぁー?このお尻を強みにゲーム終了なんて簡単かしらー?現実はそうはいかないけどねー。(叩いた拍子に軽くスカートの裾翻しては、太腿に巻いた包帯の端を見せる。再度、腰を降ろして軽く脚を組んでは、貰ったコインの包みを剥いてパリンと音を立てて口に含んだ。) さすがぁー、特別なチョコなだけあるね。美味しいー   (10/31 23:34:09)

紀見 野那波♂2年所詮、男しか集まらなかったグループだからね(コメカミをポリポリ…苦笑いを浮かべ、チラッと見えた生足から視線を外す。雰囲気を変えようとパッと思い付きで喋りだし)でもさ~お尻の破壊力は…間宮さんの方が凄そ(不意に出掛かった言葉を慌てて自ら両手で口を塞いだ)な、何でもない…アハハ♪   (10/31 23:24:11)

間宮 琴寧♀2年でしょー。(メイクを褒められると自慢気に目をむき、口を開けて首を前に出し脅す真似をした。いつもとは違うグレーのコンタクトが生気の無さと雰囲気を強くさせる。それも差し出されたコインチョコにニコリと笑顔に変わると、そのキャラの真似をする彼に膝を上げて全身で現した笑い。)んぅー、まだまだって感じよ?そっちはもう終わりなの?夜はまだまだなのにぃー。   (10/31 23:19:16)

紀見 野那波♂2年本当はジャンプしてブロック壊さないと貰えないんだぞぉ?(ゲームキャラの動きを模写してジャンプ。「ピヨーン♪」の効果音も付けて)そっちのパーティーは、そろそろお開きな感じ?   (10/31 23:13:32)

紀見 野那波♂2年【あ、途中送信wちょい待ってね】   (10/31 23:10:56)

紀見 野那波♂2年やっぱ女の子が参加してるようなパーティーはレベルが違うね…(苦笑いを浮かべ、隙間を空けてベンチに腰かけた。破れたスカートから覗く生足をチラッと見ながらお菓子を頂く)ん?お返し?ちょっと待ってね…(胸のポケットをまさぐり、取り出したコインを型どったチョコレート)はい♪どうぞ~ほんとは   (10/31 23:10:31)

間宮 琴寧♀2年わぁっ!(男子生徒の声に驚いて身体が跳ねる。振り返ると見知った男子生徒の顔、赤い帽子からつま先まで見下ろして指を指して声をあげた。) 紀見マリオぉー!(そのまま込み上げる笑いは誤魔化しようもなく中庭の空に響き渡り出す。)あ、ごめんなさい。似合ってるよ?似合ってる...。ぁ、えっとー、トリック オア トリート !(スカートのポケットの中のパンパンに入ったお菓子の中からキャンディとチョコレートを取り出せば、お返しをちょうだい、ともう片手の掌を上に向けて差し出した。)   (10/31 23:07:37)

紀見 野那波♂2年(男同士の悲しきハロウィンの集りは盛り上がりに欠け、一人また一人と哀愁漂う背中を見せつけながらの解散となった。細い月が妖しく光る夜、中庭を通り掛かればゾンビ娘に遭遇)わ!本格的じゃん!(リアルなメイクに驚き仰け反った身体)ん?間宮さん?こんばんは…トリック オア トリートです//(自分のコスプレの完成度の低さが恥ずかしく、小さな声で挨拶)   (10/31 23:00:17)

間宮 琴寧♀2年(友達と集まって賑やかなハロウィンパーティに些か人当たりがしてきた。新鮮な冷たい空気を求めて中庭に出ると、カサカサと直に色付き始めるであろう木がお迎えしてくれる。制服のあちこちに飛ばした血糊、白い顔に数箇所施す傷のメイクは念入りにメイク道具を使って友達と描きあげた。自慢の黒髪も逆毛にして乱したまんまの姿。) ふぅー、熱いあつい。...って、誰にも会いませんように。(自販機で1本冷たいお茶を買うとベンチに腰を降ろして空を見上げた。)   (10/31 22:54:34)

紀見 野那波♂2年【こんばんはです。お部屋をお借りしてプチハロウィンさせて頂きますね~】   (10/31 22:49:54)

間宮 琴寧♀2年【こんばんはー。お部屋小一時間ほどお借りします。よろしくお願いしますー】   (10/31 22:49:19)

おしらせ紀見 野那波♂2年さん(Android 150.66.***.179)が入室しました♪  (10/31 22:48:55)

おしらせ間宮 琴寧♀2年さん(docomo spモード)が入室しました♪  (10/31 22:48:23)

おしらせ烏丸 鈴♀2年さん(iPhone au)が退室しました。  (10/24 00:21:32)

烏丸 鈴♀2年【 お部屋ありがとうございましたー!】   (10/24 00:21:28)

烏丸 鈴♀2年バレないようにそろりと開けた窓の隙間から、ベンチ目掛けて飛ばしました。一か八か、もし到着点をオーバーしてしまってもベンチの足元に落ちてくれれば気付いてもらえるかとしれないと──可能性はゼロではありません。一直線に向かっていくその姿にガッツポーズをしようと思った瞬間、紙飛行機はふわりと浮き上がり、ぼすんと葉っぱの中へ不時着してしまいました。…と、ことの顛末は以上です。おまけとして加えるのならば、引っかかった紙飛行機を落とそうと狙って投げた上履きも、同じく当たることなく不時着してしまったことでしょうか )   (10/24 00:01:16)

烏丸 鈴♀2年ぐっ… う、うー… ( その日の放課後。中庭には箒を持った女子生徒の姿がありました。行儀が悪いのはわかっていますが、背に腹は変えられません。ベンチの上に立ち、靴下だけの片足は背もたれに乗せて精一杯の背伸びを──しても届きません。思わぬハプニングで知られてしまった自分だけの秘密。それをどうにかこうにかして守りたい、と。その一心で、気づけばプリントの裏に色々と書き殴ってしまいました。名前も学年も知らないあの人へ、気持ちを届けたい。小学生以来折らなくなってしまった紙飛行機を、見様見真似で折ってみます。指先が覚えているなんてミラクルは起きず、左右対象なただの三角形擬きが出来上がりました。   (10/24 00:00:55)

烏丸 鈴♀2年( 『 あれっ?誰か寝てるじゃん 』前の席の子の声に勢いよく伏せていた上半身を起こしました。あの人のことを言ってるんじゃなく、クラスの誰かが寝ているのかもしれない。その可能性は、声音からしてゼロでした。いつもは右側へ身体を捻ってプリントを回してくるのに、なんで、なんで。気まぐれに左側からプリントを渡してきたその子は気付いてしまったのです。中庭のサボり魔に。) …へぇ、ふ、ふー…ん ( 先生に見つかるかもしれないのにね、なんて適当なことを言ったような気がしますが、もう覚えていません。知られてしまった、…もしこの子があの人に興味を持ってしまったらどうしよう。プリントを受け取ったのかどうかも覚えていません。気付いたら、机の上に同じプリントが2枚ありました。他の生徒から声が上がらなかったので、教卓へ持っていかずに貰っておこうと思います ) 【続】   (10/23 23:38:44)

烏丸 鈴♀2年【 あと、もうひとつ流してからだんまり待機します 】   (10/23 23:28:29)

烏丸 鈴♀2年( 今日の授業中も、その姿を眺めながらちょっとだけニヤけていたかもしれません。わざと伸ばしたカーディガンの袖で口元を隠しながら、頬杖をついていました。配る予定のプリントを忘れてきたから取ってくる、と先生が教室を出て行った後の教室は、騒がしくて、静かでした。前の席の子は、窓側に背を向けて右隣の男子と楽しそうに喋っています。お喋りに夢中になってくれればいいのに、たまにこちらへ話を振ってくるものだから気づかれないからヒヤヒヤしました。それも束の間、先生が謝りながら帰ってきて、ホッとしました。盛り上がっていたらしい話が遮られて、残念そうに前を向きなおす様を同調する素振りをしながら見送ります。ちらりと横目で、中庭へ視線をやればタイミングよく身動ぎをしていたので慌てて口元を隠しました。否、感情が抑えきれずにうつ伏せてしまったのです )   (10/23 23:27:57)

おしらせ田丸 ハク♂1年さん(106.72.***.192)が退室しました。  (10/23 23:17:08)

田丸 ハク♂1年【おじゃましました】   (10/23 23:17:02)

烏丸 鈴♀2年【ソロルじゃないですけど、お相手できません。】   (10/23 23:16:40)

田丸 ハク♂1年【ソロルですか?】   (10/23 23:14:49)

烏丸 鈴♀2年【こんばんはー。入室ありがとうございます…でも、すみません。】   (10/23 23:12:56)

田丸 ハク♂1年【こんばんは】   (10/23 23:10:19)

おしらせ田丸 ハク♂1年さん(106.72.***.192)が入室しました♪  (10/23 23:09:49)

烏丸 鈴♀2年( 校舎を囲むよう作られた中庭には背の高い木がいくつかありました。木陰で休めるようにと設置されたベンチが──数えたことはないから正確な数はわかりません。最近席替えをして、窓際の席になりました。去年のクラスは、窓側の席だとグラウンド寄りだったので体育の授業を覗けたのですが、今年は中庭寄りです。授業中の暇つぶしには不向きだと思います。そう思っていたはずなのに ) … あ、( 涼しくなってきたからなのかは勝手な推測ですが、授業中、見下ろせる位置にあるベンチで昼寝をしているサボり魔がいます。おそらく同一人物。これは割と確信に近い推測です。気がついた時にはベンチに寝転がっています。だから、立っている姿や歩いている姿を見たことはありません。このことはまだ友達にも話していません。前の席の人にも、出来れば気付いて欲しくない。そんな、よくわからない、独占欲を抱えています。)   (10/23 23:09:42)

烏丸 鈴♀2年【 お部屋お借りします!待機ロルが2つくらいになると思いますが…、男女問わずで。】   (10/23 23:09:08)

おしらせ烏丸 鈴♀2年さん(iPhone au)が入室しました♪  (10/23 23:08:07)

おしらせ秋湯 慶♂2年さん(Android SoftBank openmobile)が退室しました。  (10/19 20:32:10)

秋湯 慶♂2年【ありがとうございますっ。それでは此方も移動致します。お部屋ありがとうございました!】   (10/19 20:32:08)

おしらせ駒沢 雫♀2年さん(iPhone 163.139.***.95)が退室しました。  (10/19 20:31:41)

駒沢 雫♀2年【 ほ、了解でっす!んじゃイメチャの方に作りますねん 】   (10/19 20:30:49)

秋湯 慶♂2年【と、部屋はいないけれども…すみません、やっぱり2ショットの方が落ち着くので其方へお願いしてもいいですか? 公開非公開どちらも大丈夫ですっ】   (10/19 20:28:12)

秋湯 慶♂2年…あ、嘘。…けど、ハーレムじゃなくて1人でずっと素材集めしてた。(誰かと絡むことがなかったらこんな寂しく虚しい作業を敷いているのだよ、と気だるけなため息を零して。そんな中、真っ赤に赤らめる彼女、そのままこちらの膝上に座り込んでは…熱い口付け、舌のピアスが昨夜を思い出させてくれる。…かぁ、と顔を赤くしながらも)…俺も、雫の匂い好き。…ほら、夜深けたから、泊まりに来いよ、俺の部屋に。だから、さ。(降りろこの野郎、なんて。ザパッと足湯から足を出し、備え付けのタオルで水気を拭いて履き直してから…彼女と共に部屋にへ帰ろう。…横並びに歩いて向かったか背中におんぶか先程のお姫様抱っこか──…彼女の行動次第。)   (10/19 20:26:28)

駒沢 雫♀2年【 了解です、人居なかったらそちら使ってもし人いたら2ショットのイメチャで部屋作ってますねん、】   (10/19 20:22:26)

秋湯 慶♂2年【えぇ、移動しましょうかっ。もし向こうで誰かが使うようでしたら…2ショットでの移動も受け付けておりますのでっ。取り敢えず此方で移動〆書いておきますねっ】   (10/19 20:18:11)

駒沢 雫♀2年【 もしよかったら、慶くんのロル最後に移って学生寮ついたら、私からロルってこーとで。】   (10/19 20:17:40)

駒沢 雫♀2年【 移動ありですので、良かったら学生寮帰りませんか? ( 、)】   (10/19 20:17:03)

駒沢 雫♀2年なーんだ狩りの方か( ちょっと安堵してる自分がいるのを誤魔化すよう彼の無造作な髪に手を伸ばしクルクルと指先で扱ってはゆっくり撫で下ろす。 )ん、行きたいってことにしておいて。私のペース?そりゃもう相手してくれる人を手の上で転がすって言うか__、愉しませてもらうって感じ__かな?って、...ぅむ。やっぱりおちょくってるな!!( 彼の素朴な質問に答えていれば颯爽と口付けを落とした彼に思わず耳先から首元まで赤く染まる。少し悔しくて嬉しくて恥ずかしくて再び彼の膝に跨いでは眼鏡を外し見下ろして熱い口付けをお返ししてしまおうか。 ) ふ、__ん。ぁ、慶くんの匂いすき、だなぁ。ほんとに火遊びまた、したくなる。( 連れてってよお部屋にとでも伝えるかのように彼の首元に顔をうずめ昨日いつしか付けた痕をチロチロと舐めて引き受けてくれるかそれとも断られてしまうのか、反応を伺ってみようか__、)   (10/19 20:16:09)

秋湯 慶♂2年…ハーレムも悪くないんだけどなぁ。残念、一狩りの方。(周回、と言ったつもりがどうやら言葉のアクセントを間違えた模様。実際は1人黙々、素材集めやレベリング、運〇作りにスマホとずっと向き合っていたのだから頭痛くなるのは当然だと思いたい。今はもう、頭痛は治まった)ん、行きたいって言うことで良いのかな? …なぁに、別に雫をおちょくってる訳じゃないけどね。(無自覚と言うべきなのか、それともこちらの認識と彼女の認識がズレているのか。…どこかしら不服そうな横顔、「雫のペースってどんなペース?」なんて素朴な疑問を投げ掛けつつ…ふと湧き出したイタズラ心、ちゅっと頬に口付けを落としてみよう──これが本来のお返しの方。)   (10/19 20:05:25)

駒沢 雫♀2年> ( むくっと起き上がれば肩にかかるパーカーを抱き抱えるようにしては好きな匂いに顔を埋めて。)ゲームの集会ねぇ。女の子戯れるゲームかなー?....なんちゃって。( 悪戯な笑み浮かべながら自分も足湯に浸かりたいと裸足になりピシャピシャと水を足で弄ぶ。そんな中された提案にんー。と軽く流してはじーっと見つめて。 )慶くんの部屋行くとちょーっと調子狂うからなぁ。でも、また遊びたいから賛成っちゃ賛成( 尖らせる唇。これじゃいつもの自分はどこへやらすっかり彼のペースに持っていかれそうで手強すぎる彼に少し期待さえもしてしまうのは、遊び人としての自分が成り下がってしまったのか最近遊べてないから羞恥心が強くなってしまったのか、はたまた彼に堕ちていきそうからなのか___、)   (10/19 19:57:44)

駒沢 雫♀2年()   (10/19 19:55:21)

駒沢 雫♀2年【 は、切れてしまった!!続けます(;_;)】   (10/19 19:55:11)

駒沢 雫♀2年( むくっと起き上がれば肩にかかるパーカーを抱き抱えるようにしては好きな匂いに顔を埋めて。)ゲームの集会ねぇ。女の子戯れるゲームかなー?....なんちゃって。( 悪戯な笑み浮かべながら自分も足湯に浸かりたいと裸足になりピシャピシャと水を足で弄ぶ。そんな中された提案にんー。と軽く流してはじーっと見つめて。 )慶くんの部屋行くとちょーっと調子狂うからなぁ。でも、また遊びたいから賛成っちゃ賛成()   (10/19 19:54:45)

秋湯 慶♂2年──んひょ。(ぷにぃ。足湯でくつろいでいる所からの、突然の頬の感触に変な声が出てしまった。)…雫、いつから起きていた?なんて言わないが。…さぁ、な。ゲームの集会のしすぎで頭が痛くなったから外の空気を吸いに出たらたまたま寝ているところを見かけてね?(…別段嘘を見破られても、嘘が通っても損得ないので嘘を付いた。…ぽふぽふ、頬を突かれたお返しに頭を軽く撫で摩りながら…視線は見上げる彼女を見下ろすように。)……今夜も、泊まってく?(また期待してしまう火遊び。…彼女は満たされているのだろうか、或いは別のあてがあるのだろうか、こちらからでは分からないのだけども。)   (10/19 19:46:52)

駒沢 雫♀2年【 いえいえー。宜しくですよーッ( 】   (10/19 19:38:47)

駒沢 雫♀2年( すっかり寝入ってしまったようでその中で見ていた夢はひたすら甘いものに囲まれてひたすら頬張るというなんとも幸せすぎる夢で。そんな夢も束の間ふわりと香る大好きな香りと温もりと息遣いに安心しきって口元を緩める。 カラッとした空気から一転もわっとした湿気を感じる。 薄らと目を開けてみれば先日遊んだ彼。 此方の調子を狂わせることが上手い彼であったが為に顔を直視できず、恥ずかしさを誤魔化すように仰向けから横向きになり彼のパーカーに思い切り顔を填めた) ____、なんでいるの慶くん( ちらりと視線を向けてみればどうやら寛ぎきっている彼の頬に手を伸ばしぷに、と摘んでみるのは少しの悪戯心___、)   (10/19 19:38:10)

秋湯 慶♂2年【いえいえこちらこそ、お昼は失礼しましたっ。こちらこそよろしくお願いしますねーっ】   (10/19 19:28:48)

秋湯 慶♂2年(昨夜宣言したとおり、学生寮の自部屋で漫画をみたり映画を見たり、ゲームをしたり…自堕落な一日を過ごしていたものの、やはり買い貯めたお菓子や飲み物ではお腹は満たせれない。途中で部屋の中で鑑賞していた彼女が一旦部屋から出てからしばらくして外でご飯を済ませに部屋から出て──それなりに帰りが遅くなったのは、気になるものをついつい見たくなる寄り道癖から。)あー、金もう少し持ってきたらよかった…明日売れ残っていたら良いのにな……っと。おーい、雫?(そして夜に向けての周回プレイに備えて帰る途中。中庭で眠りこけている彼女を見つけた。…先日会った時寄りは寒さに備えた格好ではあるものの、これから冷え込むとなれば心細く見える。)…こんな所で寝ていたら風邪ひくだろうなぁ。(起こさないように、昨日みたく肩にパーカーを羽織らせ、お姫様抱っこで持ち上げては…中庭の中央にある足湯、そのベンチに横たわらせて。…歩き回って痛く感じた足を癒すべく靴と靴下脱ぎ、ズボンの足裾を捲りあげて湯に浸からせてから…腿に彼女の頭を乗せておこう。…さて、ここまでの間で目を覚ましたのやら。)   (10/19 19:28:12)

駒沢 雫♀2年【は、慶くん昨晩は寝落ち失礼しました...、お願いしますー。 ( に、)】   (10/19 19:24:13)

秋湯 慶♂2年【こんばんはですー。今夜も絡ませて貰えたら嬉しいなと思いつつ、書き出していきますねっ】   (10/19 19:18:24)

おしらせ秋湯 慶♂2年さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (10/19 19:17:32)

駒沢 雫♀2年【 絡みにくいんかなー。 】   (10/19 19:12:46)

駒沢 雫♀2年ふーんふふーんふんーん。( 棒付きキャンディを口で転がしながら颯爽とやってきたのは日の暮れた中庭。どうやらルームメイトと喧嘩でもしたのか帰りずらい学生寮を避けて1番落ち着く中庭へと躍り出たようで鼻唄でも歌い気分を上げようとしてみたりどうやら今日は不機嫌なようだ___、)くっそん。男連れ込むな?私が遊び人なのがそんなにいけないの?今の歳遊んでなんぼなのに...、でもまぁ控えないとなァ私だけの部屋じゃないってことは確かだし( 校舎の壁を背もたれに座り込んで。 ポッケに入ったゴムが入ってた袋の塵を取り出してはぼーっと見つめてため息ついて何処からか聞こえてくる運動部の掛け声に少し睡魔が襲ってくる。そのまま本能に従うように瞼を降ろしては軽い仮眠でも取ってみようか。 )   (10/19 18:54:18)


更新時刻 21:19:20 | 過去ログ | ルーム管理