PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
なりきり限定、オリキャラは基本禁止ですが、主人公希望の方は「マスター候補生」の名前で入室可能です、GO以外にもFateに関する作品からならどなたでも歓迎です
イメチャ、雑談、猥談等々基本的になんでもありです

入室の際、一言プロフには性別やサーヴァントの場合はクラスを記入して頂けると幸いです、何でもありの部屋なのでイメチャ希望や、雑談希望等、要望を書いておくと便利かもしれません

キャラ被りは不問ということで、お好きなキャラで遊びましょう
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、メルトリリスさんが自動退室しました。  (10/19 19:07:41)

メルトリリスしばらく来てなかったけど、だいぶ寂しくなったものね   (10/19 18:46:58)

メルトリリスこんばんは。   (10/19 18:46:23)

おしらせメルトリリスさん(Android au.NET)が入室しました♪  (10/19 18:46:13)

おしらせビリー・ザ・キッドさん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (9/14 05:08:12)

ビリー・ザ・キッドごめんねー、話してる間にちょっと寝ちゃったみたい。次は気をつけるよ。てことで、それじゃ。   (9/14 05:08:05)

おしらせビリー・ザ・キッドさん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (9/14 05:07:21)

おしらせアタランテさん(Android docomo spモード)が退室しました。  (9/14 03:12:36)

アタランテ寝落ちとは………申し訳ないことをしてしまったな……   (9/14 03:09:32)

おしらせアタランテさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (9/14 02:58:49)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ビリー・ザ・キッドさんが自動退室しました。  (9/14 02:32:39)

おしらせジークさん(iPhone 182.167.***.28)が退室しました。  (9/14 02:31:39)

ジーク…騒乱に巻き込んですまなかった、二人とも(そっとビリーに毛布をかけて自分も出て行く)   (9/14 02:31:21)

ジーク……。難しいものだ、本当に。時にビリー…は、寝ているのか?   (9/14 02:28:38)

おしらせジャンヌ・ダルクさん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (9/14 02:26:59)

ジャンヌ・ダルクそれを言ったら私も「ジャンヌ・ダルク」ですし、霊基が違うので…。ごめんなさい、お話が変な方向に逸れてしまいそうなのでお姉ちゃんはここで失礼しますねー。ビリーさんもお話ありがとうございました。   (9/14 02:26:51)

ジークまあそこら辺かなぐり捨ててもいいんだし少し疲れる部分もあるから俺としてもそうしたいんだが一応な!   (9/14 02:24:16)

ジーク……無論わかっている、わかっているが、そのあたり色々と面倒でな。…一応、俺はこの部屋では「ジークのなりきり」としているわけだし、アタランテに至ってはマイルーム会話で聖杯大戦組について思いっきり言及しているからな   (9/14 02:23:37)

ジャンヌ・ダルク——お姉ちゃんからアドバイスをするなら私やアタランテさんのようにfgoと限定している方にあまり他の枠を当てないほうがいいかと。( そっと耳打ちしてはごめんなさいと頭を下げて。お姉ちゃんは他の霊基に関して非対応なのです…。)>ジークさん   (9/14 02:20:21)

ジーク…困らせてしまったか、申し訳ない(すまなそうに笑いながら、すっと引き下がる)>アーチャー   (9/14 02:17:14)

ジャンヌ・ダルクイルカを撃つのでアーチャーです。…宝具ではちょこっとクジラに乗ってますけど!( イルカを撫でる様子をにこにこと見守るお姉ちゃんです。)>ビリーさん   (9/14 02:13:40)

ジャンヌ・ダルク——お姉ちゃんムーヴ強めな私としてはそう言われてしまうとちょっとだけ困り果てちゃうんですけど…ええ、ええ。仕方ないですね。貴方の代わりにビリーさんにお願いをしましょう!   (9/14 02:12:41)

ビリー・ザ・キッドうーん、このなりでアーチャー適性があるのも割と謎だけどなぁ…。(恐る恐るイルカの頭撫でながら)>ジャンヌ   (9/14 02:12:29)

ジーク…ああ、とてもいい仲間、いい家族に恵まれていた。短いが幸福な生だったよ(その分製造者とか、その同僚とかはだいぶやばい連中だったのだが、そこは自分でも知らぬふりをしている)…ああ、それはよくわかっている、あなたも俺の大事な友人だ>ビリー   (9/14 02:12:01)

ジーク…無知ですまない、弟感とはなんだろうか。そして謹んで辞退させてもらう。……あなたではなくとも、俺ではなくとも、あなたとは別のあなたと大事な約束をした身である故に。弟の身で収まっているわけにはいかないんだ>アーチャー   (9/14 02:08:39)

ジャンヌ・ダルクええ…。乗って移動、とかできたらいいんですけど。そうしたら多分私ライダーになっちゃうので。( イルカのリース君をよしよししながらクラス適性の事を考えます。サメに乗る聖女…あれ、ちょっと良いかも。とか思ったり。)>ビリーさん   (9/14 02:07:14)

ビリー・ザ・キッドいい仲間に恵まれてたんだな、君は。…僕も友人には敬意を持って接してるつもりだから、それでお返しになれば。(目細め過去の思い出話をきくと頬緩めて頷きつつ)>ジーク   (9/14 02:06:46)

ジャンヌ・ダルクリース君はそんな事しませんよ。…ああ!もしかしたら弟感が足りないのかもしれないのでまずは私をお姉ちゃんと呼ぶところからどうでしょう!( ぱんっと手を合わせればいかにも名案です!ときらきらした顔を向けたのでした。)>ジークさん   (9/14 02:05:42)

ビリー・ザ・キッド(サイズ以外にもっと違う問題あるだろ、と言うツッコミは飲み込みつつ)そ、そうなのかい…、まあ移動中かさばりそうだしね。ひれとか引っかかりそう。>ジャンヌ   (9/14 02:04:17)

ジーク…気のせいかな、それとも俺が半分幻想種みたいなものだからかななんかすーっごく威嚇されてる気がするんだが(座するはイルカのちょうど真ん前、きしゃーと口がひらめく様をまざまざと見ている)>アーチャー   (9/14 02:04:03)

ジーク…かつて俺が深手を負った際に、怒ってくれた友がいた。俺が無事だった際に、悪態をつきながらも嬉しがってくれた同胞がいた。……かつて彼らが俺にしてくれたことを、今の俺が友人であるあなたに返しているだけだよ(別にどう見られるとか、美醜の問題は全く考えていない、ただしたいからしているだけだと)>ビリー   (9/14 02:00:48)

ジャンヌ・ダルクあら?どうして離れるんですか?リース君は人を襲ったりしませんよ!賢い子なので!( よーしよしっとイルカなでなで。怖くないですよーなんてジークさんに声を掛けるお姉ちゃんです。)>ジークさん   (9/14 02:00:47)

ジャンヌ・ダルク今年の夏はサメくんも大活躍だったので連れてきてあげたかったんですけど……ちょっとおっきいので…。( サイズ感的にイルカとサメを連れ歩くのは…と流石に躊躇われたのでした。だっておっきいんですもん。)>ビリーさん   (9/14 01:59:27)

ジーク…たしかに、温度差の問題は初めから意味を成さなかったな…(などと言いつつさっと距離を取る、いるかというのはあれで結構獰猛なのだ)>アーチャー   (9/14 01:56:56)

ビリー・ザ・キッド僕友達あんまりいないから、純粋に嬉しいよ。いやあ、君って見た目より意外と男前だなあ。(目細めつつ最後の一言は若干茶化すように言って)>ジーク   (9/14 01:56:54)

ビリー・ザ・キッドかわ…可愛い?…うん、可愛いね!(鋭い歯が見えたような気がしてさっと一歩引くと明後日の方向見ながら棒読みで)>ジャンヌ   (9/14 01:55:16)

ジーク…友のために怒るのは当たり前だろう、何も褒めてもらうことでも、労ってもらうことでもない(やれやれと溜息をつきながら、別に照れている様子もない。きっと本心からそう思っているのだろう)>ビリー   (9/14 01:54:51)

ジャンヌ・ダルクオルタもリリィも私の可愛い妹ですし、マスターも私の可愛い弟妹ですので!( いつのまにかうきわを両手に抱えてにっこりした夏の聖女様。) ———あ。そこはほら。サーヴァントなので!>ジークさん   (9/14 01:53:55)

ジャンヌ・ダルクええ、可愛いでしょう!ぜひリースと呼んであげてくださいね!( 嬉しそうに笑えばイルカのギザギザした歯がちらっと見えたとか見えなかったとか。)>ビリーさん   (9/14 01:51:34)

ビリー・ザ・キッドえー、ちょっとぐらいいいじゃん。いやさ、友達のために怒ってくれる人なんて貴重だから褒め労ってあげようかなと。(言われたそばからぱっと手を退けて)>ジーク   (9/14 01:50:38)

ジーク…別に、あなたがアーチャーであろうとするなら俺には止める権利はないし、オルタもリリィもあなたにとっては妹なのだろう、が……(びっ、と勢いよくカレンダーを指差して)今は九月の中盤、思い切り秋だ。加えてこの季節に泳ごうものなら全身の筋肉が温度差で縮小するぞ!>アーチャー   (9/14 01:48:39)

ジャンヌ・ダルクお休みですね…。お姉ちゃんが膝枕とかどうでしょう。( わくわく )( したいだけの聖女様 )   (9/14 01:48:22)

ビリー・ザ・キッドあれ、魔力切れかな。寝かせてあげようか。(アタランテに毛布をそっ、と。)   (9/14 01:47:32)

ビリー・ザ・キッド(イルカで波でアーチャーとはこれいかに…と引き連れたイルカしげしげと見つめ)こんばんは。…うーん、リースね…。成る程。よく見ると可愛い顔してるねイルカって。>ジャンヌ   (9/14 01:46:51)

ジーク…む、すまん、取り乱していた(こほんと小さく咳払いをして深呼吸、落ち着きを取り戻す)…なるほど、そういう場合もあったわけだ…てんって、ええい、頭を撫でないでくれないか!>ビリー   (9/14 01:45:54)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、アタランテさんが自動退室しました。  (9/14 01:45:37)

ビリー・ザ・キッドさあね、英霊になって再会したら怒るかも。でもあいつも上からの命令でそうしたからね、やらなきゃ自分の首が飛んでた…のかも。(落ち着けと言わんばかりに頭ぽんぽんと手を置き)>ジーク   (9/14 01:43:54)

ジャンヌ・ダルクあら?今の私はルーラークラスではなくアーチャーです!夏を楽しみたいお姉ちゃんです!( どーんと豊かな胸張れば訂正。今はただのちょっとお姉ちゃんムーヴ強めなアーチャーなのでした。)   (9/14 01:43:28)

ジャンヌ・ダルクこんばんは、ビリーさん。イルカさんはリースと言いますのでお見知り置きを!今日はサメくんはお留守番です。( イルカ漂わせてにっこり。リース君はあ そ ぼ とは言いません。言わないのです。)   (9/14 01:42:14)

ジーク………(なんなんだ、あの波はとか胸中で思いつつ)夜更かしはいけないぞ、ルーラー   (9/14 01:41:15)

ビリー・ザ・キッドあ、イルカの人。いや、サメの人って言うべき…?…こんばんは。(勢いにびくっと肩はねさせつつ)   (9/14 01:40:26)

ジーク……(朗らかな彼の笑い声とは対照的に、こちらは暗くなるばかりである)…なんと、恥知らずな! というかその伝記を書いた人間に対して怒らないのか、あなたは?>ビリー   (9/14 01:40:07)

ジャンヌ・ダルクアーチャーの方がお集まりのようなのでお姉ちゃん登場です!( ばあんと扉開け放ち夏に浮かれた聖女登場、…まだ水着だって許されますよね!お姉ちゃんですから!)   (9/14 01:38:50)

おしらせジャンヌ・ダルクさん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (9/14 01:37:52)

ビリー・ザ・キッドしかも殺された相手が僕の伝記を書いたって言うからもう笑い話にするっきゃないよね!親友だったのも事実だけど。(明るく笑いながら自身の腕組み)>ジーク   (9/14 01:36:20)

ジーク(ぽかんと口を開けてぱくぱくさせている)……自分の死因すら今の今まで冗句にしていたのか、あなたは。なんというか肝の座った人だ>ビリー …ふむ、ではアタランテと呼ぼう   (9/14 01:30:56)

ビリー・ザ・キッド僕も死因は銃殺だから気持ちはわかるよ。ごめんごめん、もうしない。(ぽんとジーグの肩を叩いて宥め)>ジーク   (9/14 01:29:30)

ジーク…笑えない冗談だ、死因が銃弾な身としては。(苦々しげに言いながら、でも銃弾程度なら破壊できるな、なんて考えている)>ビリー   (9/14 01:26:37)

アタランテ赤のアーチャー……その呼び名ももはや懐かしい。しかし一応私はFGOのアタランテ、だな……(うーんとうなりつつ)   (9/14 01:25:35)

ビリー・ザ・キッド度胸試しみたいなもんさ、スリルのある遊びだろ?(ふ、と目細めて笑いつつ)うんうん、人が多い方が話は弾むものさ。   (9/14 01:24:12)

ジークアレを遊びというかあなたは…! おや、赤のアーチャーか   (9/14 01:23:09)

アタランテそうか、それなら同席させてもらおう(クスリと笑うとソファーに腰掛けて)   (9/14 01:23:06)

ビリー・ザ・キッドん、こんばんは。いやいや、闘争してないよ!ちょっと遊んでただけだ。   (9/14 01:22:00)

アタランテこんばんは……おや、闘争の途中であったか?邪魔ならば席を外すが……   (9/14 01:21:31)

ビリー・ザ・キッドはっはっは、いや嘘嘘!仲間にそんなことしないよ。(くるんと銃を回して銃口下げさせ、ホルダーにしまうと両手上げながら笑って)大体やろうとすればホルダーから抜いてなくても早打ちできるからね。   (9/14 01:21:16)

おしらせアタランテさん(Android 153.177.***.20)が入室しました♪  (9/14 01:20:31)

ジーク冗談でもよしてくれ…! もし本当に撃ったりしたら、最低でもこの部屋の物は壊れるだろうし…最悪の場合、どちらかが犠牲になりかねない(自分の死因の一つとはいえ、いささかオーバー気味になりながらどうにかして銃を元あったところへ納めさせようと)   (9/14 01:19:00)

ビリー・ザ・キッド(どうやらその2つは足りていたようだ、納得しつつも動揺する相手の姿が面白くて立ち上がり。引き金に指はかけずに銃口向けて)もしかしてうっかり発射する、なんてこと想像してる?…試してみようか?(にやりと面白がるように口角上げて見つめ)   (9/14 01:15:07)

ジーク信念と意思か……(なるほど、と、当時の状況を思い起こす。両方足りていた、というか怖いくらいだったことを覚えている)……っ!? お、おい、ビリー……あなたにいうのはルーラーに聖杯戦争のルールを教えるくらい愚かなことだと自覚している、が、言わせてもらうぞ。その銃、早急にしまった方がよくないか?(鞘に納めれば絶対安全な剣とは違い、暴発の可能性のある銃を恐れているようで)   (9/14 01:11:47)

ビリー・ザ・キッド僕らの存在も大概規格外だしね。…んー、そうか…状況がわからないから何とも言えないけど、信念と明確な意思を持って引き金を引けばそれなりになるんじゃないかな?それくらい便利なものだからね、あれは!けど、銃を軽んじて扱うような人間は大体早死にするもんさ。今もその彼女がいきてるなら、その子は相当凄いレディだったんだろうさ!(あっけからんとして笑いながらホルダーから銃取り出して眺めつつ)   (9/14 01:07:23)

ジーク…全くその通りだ、ここは規格外すぎるから、多少の規格外なら耐性がついてしまった。(それは果たして喜ばしいことか、悲しむべきことなのか)…昔語りだと思って聞いてほしい。俺が以前会ったことのある人間の中に、一人、おおよそ戦闘向きの服ではなく、ましてや持ち方も……おそらく素人同然だったろうに、反動を起こさずに銃を打った女性がいてな? ……というか、あたりさえば殺せるって、そんな非常識な   (9/14 01:02:47)

ビリー・ザ・キッドはは、まー確かに…ちょっとカルデアにいるとありえない事ばかり起きるからその辺の感覚は鈍ってくるけど。(いたずらに口角上げながら他人事のように頷き)…んー…まあ、扱えるんじゃないかな?当てさえすれば殺せる武器って思ってる輩はいるしね!   (9/14 00:57:11)

ジーク…彼は、うん、なんというか…人道に反すると思うんだ、俺は(「そこです、自爆しなさい」の声が頭の中でループする、もうアレの犠牲になるのはごめんだと)一つ聞きたいんだが、銃というのは、軽々しく扱えるのか…?(この聞き方は正しくないだろうと思いつつ、かつて自分が対峙したある女性を、銃というキーワードから思い出し、使い手に聞いてみる)   (9/14 00:53:09)

ビリー・ザ・キッド自爆かあ、いるいる。最近召喚されたキャスターとか。(けらけらと軽く笑い飛ばしつつ、次いで尋ねられた問いかけに瞬き1つして)…ああ、うんまあね。その逸話でこんな僕でも英霊になった訳だし。   (9/14 00:48:46)

ジーク…だよな、流石に、これはやりすぎだと思うんだ。…いくらうちのマスターが自爆系統の宝具を嫌っているとはいえ…(その分、自分のようなレンジの広いサーヴァントがたくさん働かなければならず、苦労したものである、とため息をつき)…そういえば…いや、これは編成とはなんの関係もないんだが、ビリー。あなたは銃の名手だよな?   (9/14 00:44:35)

ビリー・ザ・キッドうん?どれどれ?(ひょいと端末覗き込んでは顎に手当て)…うん、なるほど。バッチリ君が過労でぶっ倒れそうな組み方だね?   (9/14 00:40:04)

ジーク…ふむ、俺でもあなたの力になれるようだ。……あー、うん、そうだ、そうなんだ、けどな。(ごそごそと懐を探り、薄っぺらなタブレット型端末を取り出すと)これを見てくれ、今こいつについて悩んでたところなんだ(それは毎秋恒例であるらしい「祭り」に関する編成の立案であり、驚くべきことにフォーメーションのほとんどに自分が組み込まれていた)   (9/14 00:37:39)

ビリー・ザ・キッドやあジーク。いやー、来たはいいけどやる事なくて悩んでたとこ!君が来てくれて助かった。(窓辺からの来訪者にきょとんとした後、笑いながら座って)窓から来たってことは夜の散歩から戻ってきたってとこかい?   (9/14 00:33:17)

ジーク(すたっ、と窓からやってきて)…ビリーじゃないか、どうしたんだぼーっとして。(あまり気を使わない相手だとわかり、椅子を進めてみる)   (9/14 00:30:53)

おしらせジークさん(iPhone 182.167.***.28)が入室しました♪  (9/14 00:29:16)


更新時刻 01:52:04 | 過去ログ | ルーム管理