PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
某私立学園。
ゆる~い校則に自由に入れて貸切も出来る露天風呂かあるとか。
その貸切露天風呂は、いつのまにかに用意されていて隠れ家的なお風呂になっている。
完備されているのは、脱衣所は勿論のこと。大きい露天風呂、薬草湯、炭酸湯までもある。

純粋に疲れを癒す為に来る人、噂を聞いてエッチな事を期待して来る人、そんな人達がこの貸切露天風呂に訪れる。

*基本、貸切露天風呂は男女1名ずつの貸切露天風呂としています。

*24時間ご利用いただけます。生徒のみならず、教師や学校関係者ならどなたでもいらして下さい。
 
*雑ロル、エロルにご利用下さい。短・中文推奨。PLは【】ロルは()付きの描写必須にてお願い致します。

*相手PLが本当に嫌がってる行為は禁止です。
どうしてもやめてくれない場合はPL発言にて拒否することを推奨します。

*待ち合わせ、同伴、あらかじめ相手を決めてのご入室、待機はしても構いません。

*学園系ですので、入室の際には「氏名(フルネーム)+性別(♂/♀)+学年or年齢」と記載して下さい。
プロフ欄には部活や容姿等簡単なプロフィールを記入して下さい。 

現在の貸切露天風呂は最高3人まで対応されております。
貸切露天風呂は過去ログの閲覧は不可とさせていただきます。
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、高原秋夏♀一年さんが自動退室しました。  (11/10 17:20:56)

おしらせ鳥海改弐☆さん(59.171.***.143)が退室しました。  (11/10 17:03:08)

おしらせ鳥海改弐☆さん(59.171.***.143)が入室しました♪  (11/10 17:03:00)

おしらせ塚本 直樹♂2年さん(iPhone 221.91.***.153)が退室しました。  (11/10 17:00:54)

高原秋夏♀一年うーん…授業疲れたぁ、(小さな欠伸をしながら教室を出て、   (11/10 17:00:48)

おしらせ高原秋夏♀一年さん(Android 125.52.***.148)が入室しました♪  (11/10 16:57:42)

おしらせ高原秋夏一年さん(Android 125.52.***.148)が退室しました。  (11/10 16:57:31)

高原秋夏一年【性別着けるの忘れたので一回出ます!】   (11/10 16:57:26)

おしらせ高原秋夏一年さん(Android 125.52.***.148)が入室しました♪  (11/10 16:56:49)

おしらせ塚本 直樹♂2年さん(iPhone 221.91.***.153)が入室しました♪  (11/10 16:51:26)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、塚本 直樹♂2年さんが自動退室しました。  (11/10 00:28:25)

塚本 直樹♂2年(土日の休日の間…生徒会の仕事もなく課題を終わらせたのか 後は何もすることもないのでお風呂でも入ろうかと いつもの場所にしようと思ったんだけども…露天風呂でも行ってからゆっくりしようと思って)いやぁ…ここ最近というか疲れが本当出るなぁ…今日はゆっくりしなきゃ(脱衣所にて服やらズボンを脱ぎながら…独り言を零して タオルを軽く畳んで 露天風呂のところへとゆっくりと浸かるのである。)   (11/9 23:57:32)

塚本 直樹♂2年【こんばんは】   (11/9 23:55:00)

おしらせ塚本 直樹♂2年さん(iPhone 221.91.***.153)が入室しました♪  (11/9 23:54:54)

おしらせ朝宮 寧々♀ 2年さん(iPhone 14.13.***.32)が退室しました。  (11/9 17:29:18)

朝宮 寧々♀ 2年【それではこちらも。長時間お邪魔致しました。ありがとうございました!】   (11/9 17:29:12)

おしらせ黒崎 優也♂3年さん(iPhone au)が退室しました。  (11/9 17:28:50)

黒崎 優也♂3年【お相手感謝します。はい。それでは失礼します!】   (11/9 17:28:47)

朝宮 寧々♀ 2年【それは良かった!こちらこそ、改めましてありがとうございました。はーい、またお会い出来た時は是非!晩御飯いってらっしゃいまし~!】   (11/9 17:28:33)

黒崎 優也♂3年【背後も満足してますよ!お相手ありがとうございました。また機会があればよろしくお願いしますね。そろそろ晩ご飯の支度しようと思いますー】   (11/9 17:26:40)

朝宮 寧々♀ 2年【ヒィィちゃんと〆たかったと思ったけど結果オーライならいいかな……ありがとうございます……】   (11/9 17:26:39)

黒崎 優也♂3年【ほっこりしましたよ!】   (11/9 17:25:49)

朝宮 寧々♀ 2年【最後の最後でやらかす……(羞恥でスマホ投げた背後)】   (11/9 17:24:58)

朝宮 寧々♀ 2年(彼の言葉に安心した。抱き寄せられた手が、なんだかとても大きくて、温かい気がした。また照れくさくて、またこんな姿を見られまい、と堪らず目を閉じるのだった。〆)   (11/9 17:24:27)

黒崎 優也♂3年【はい。どうぞ!】   (11/9 17:23:18)

朝宮 寧々♀ 2年【ごめんなさい途中です……】   (11/9 17:23:01)

朝宮 寧々♀ 2年(彼の言葉に安心した)   (11/9 17:22:53)

朝宮 寧々♀ 2年【こちらこそありがとうございました!私も貴方のロルいいなと思っていたので、こちらの面でも満足していただけたのなら幸いです!】   (11/9 17:22:02)

黒崎 優也♂3年めちゃくちゃ満足、大満足だよ。とってもいい休みになったよ。(寧々ちゃんを安心させようと少しだけ大げさに気持ちを伝えてあげると、彼女の頭を自分の肩に乗せてあげて優しく抱きよせた。黒崎は温かな気持ちになったが、それは足湯のせいではなく、寧々ちゃんの雰囲気のお陰かなと思った。おしまい。)【こちらこれで〆になります。お相手ありがとうございました!】   (11/9 17:19:51)

朝宮 寧々♀ 2年(支えてくれたにも関わらず、縁にへた、と座り込んだ。中から滴り落ちる感覚がまた彼女を感じさせ、息を整えるように肩を上下せている)いえ……先輩も、ありがとうございました。私、ちゃんと先輩を満足させられたか心配で……でも、とても気持ちよかったです。先輩もそうなら、私も嬉しい(乱れた髪を耳にかけ、照れくさそうに、目線を合わせて微笑んだ)   (11/9 17:15:06)

黒崎 優也♂3年(射精が終わっても息を荒げたまま、しばらくは動くことができない黒崎だった。ようやくペニスを抜き取ると寧々ちゃんを支えるようにして二人湯船の縁に座ると、並んで足湯をするような感じになって。)寧々ちゃん、初対面なのにあんまり可愛いから夢中になっちゃったよ。長い時間ありがとうね。   (11/9 17:10:45)

朝宮 寧々♀ 2年【大丈夫です、ごゆっくりどうぞ……!】   (11/9 17:07:59)

黒崎 優也♂3年【今からロル書くのでお待ち下さい!(動けない)】   (11/9 17:05:01)

黒崎 優也♂3年【ぜーんぜんです。寧々ちゃん、ロルの相性よすぎる。いく!!!受け止めて><】   (11/9 17:02:31)

朝宮 寧々♀ 2年【お待たせしすぎたなら、です……肝心なところで誤字を……】   (11/9 17:02:01)

朝宮 寧々♀ 2年(今までよりもずっと勢いの強いピストンに、気が飛びそうになる。舌も、胸も、感じるところを全て触れられて、彼を求めるようにきゅうきゅうと膣が動く。嬌声は抑えられず、絶頂間近でいやいや首を振った。硬いそれは確実に彼女の感じる部分を抉り、足ががくがく震えて)せん、ぱいっ、私も、もう……だめっ、や、イッちゃう、ん、あ……ひぁっ、ぁ、あっ……ああぁああっ!(ねじこまれたその大きさに耐えきれず、彼女は身体をしならせて大きく絶頂した。ぐっと彼の欲を締めつければ、体の最奥に熱いものが注ぎ込まれ、その快楽にも震えてまた飛んでしまう。離さないというくらいに、ぐっ、ぐっ、と絶えず彼を締め付け、身体はそれに合わせてびくびくと震えていた)【お待たせしすぎたな 申し訳ない!】   (11/9 17:01:18)

黒崎 優也♂3年(寧々の両脚を広げ間に体を割り込ませ、お尻を鷲掴みしながら、バックから激しく突きまくる。ぱんっぱんっぱんっぱんっ…寧々の体が前方に揺れる。恥じらいながらこちらに振り向く寧々に、腰を振りながらも顔を前に近づけてキスをし、片手で乳房を揉みしだく。二人の舌が絡れ合い、溢れた唾液が垂れる。乳房を揉みしだき、乳首を摘み刺激する。背後からは射精間近の極硬のチンポが何度も何度もぶち込まれて、亀頭がごちゅんごちゅんと子宮口にのめり込んでる。肉棒を求めるように蠢く膣に我慢できなくなって。)俺も、もうダメだ、、、、たくさんぶちまけるからね。ああ、い、いく、いくいく!!寧々ちゃんっ(狂ったように律動して無我夢中に寧々のおまんこを突きまくると、竿が太くなって、亀頭がパンパンに。黒崎はペニスを奥まで捻じ込み、寧々の子宮の入り口に亀頭をくっつけるとウッと無声音を出し、同時に亀頭の先端から熱い精液を寧々の子宮の中にめがけて一気にぶちまける。びゅくっ、びゅくっ、びゅるるるる、びゅるるるる、、、)【寧々ちゃんのお返事に合わせて背後さんも射精させて><】   (11/9 16:50:10)

朝宮 寧々♀ 2年ん、んっ……言い、ます……っ、はぁっ…、あっ(より硬く大きくなってる。その分こちらの締め付けもきつくなっているのだろうか。ただ獣のように息を荒らげ、相手を求め合う姿は、人が見たらどう思うだろう。そこまで考えて、彼女は思考を放り投げた。放り投げなければならなかった。めり込んでくる彼の欲が強く、最早外に聞こえるかも、なんて気遣いなど出来ぬまま、嬌声を上げて瞳を歪ませていた。肉棒を求めるように膣が動く。子宮が下がる。押し寄せる快感はもうすぐそこまで絶頂に近づいていた)あ、ゆうや、せんぱい……っ、私も、も、だめ……(壁に手を添う形に。彼の余裕無さげな表情に強く感じた。ヤラシイ、なんて言われて、被虐心が擽られる。言葉でさえも果てそうになっている合間に、彼がまた彼女の中に入れてくれた。寧々も余裕がない。真っ赤に染まる頬を、彼に向けて、たくさんほしい、なんて言ってみる)   (11/9 16:38:35)

黒崎 優也♂3年イくときはちゃんと言うんだぞ。俺も合わせるから。っていいつつも、俺もそんなに余裕ないけど。(高速ピストンで寧々をバウンドさせれば、下りてくる子宮の入り口に亀頭がごりゅごりゅと絶え間なくのめり込む。引くときもカリがしっかりと膣壁を引っ掻く。射精感の高まった肉棒は硬さを増しひとまわり太くなっている。ぱすんぱすんとバウンドを繰り返して互いの陰部をぶつけ合い、穴に棒を繰り返し出し入れして夢中になっている二人。誰かが入ってきたとしても中断など無理だろう。黒崎の表情に余裕がなくなってくる。どうやら射精が近しいらしい。寧々を下ろすと壁に手をつかせお尻を突き出させると、背後に立ち、即座にずぷりと挿入して。)寧々ちゃん、俺もう逝きそうだから、最後にバックからも突かせてね。寧々ちゃんのヤラシイ後ろ姿やお尻見ながらパンパンしたいんだっ。   (11/9 16:26:54)

朝宮 寧々♀ 2年えっ、ひゃぁっ!?(浮遊感。その後また強くなった動きと快感に、堪らず落ちそうになる。それだけは避けようと、しっかり彼に抱きつき、首元に顔を寄せる)あっ、んぅっせ、んぱいっ……これ、すぐ、イッちゃいそう、にっ、なります、からぁっ……!(ピストンも早いのに、奥までぐいぐい押し込まれる。擦られる肉棒の動きが理性を壊し、蕩けた声で彼に抱きついたまま言った) ……!?はっ、気持ち、いっ……あぁっ優也、せんぱい、気持ちいい、ですっ(容赦なく擦られ、締まりがどんどん強くなる。膣壁がうねり、求めるように子宮が下がってくる。擦る隙から漏れた愛液が、彼を汚してしまうことに興奮した。途中、彼から言われた、見られる、というスリル。想像しては、その光景に感じてしまい、きゅっと中を締めた)   (11/9 16:16:15)

朝宮 寧々♀ 2年【ただいま戻りました……】   (11/9 16:16:09)

朝宮 寧々♀ 2年【ごめんなさい!熟考してたら抜けちゃって……!】   (11/9 16:15:56)

黒崎 優也♂3年【おかえりなさい】   (11/9 16:15:51)

おしらせ朝宮 寧々♀ 2年さん(iPhone 14.13.***.32)が入室しました♪  (11/9 16:15:38)

黒崎 優也♂3年【待ってますね】   (11/9 16:15:03)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、朝宮 寧々♀ 2年さんが自動退室しました。  (11/9 16:14:40)

黒崎 優也♂3年しっかり捕まっててね。(寧々からの口づけを受け止めると、抱きしめる。ペニスを挿入したまま湯から立ち上がると、ザバァと大きな音がしてお湯が流れ落ちる。体位を変えるみたい。お尻に両手を添えてしっかりと支え、駅弁の格好になると、さっきよりも寧々ちゃんの体重がしっかりと股間に乗っかる。再開するねと腰を律動させてペニスでおまんこをズポズポ突きあげれば、いよいよ亀頭が奥壁にごりゅごりゅとのめり込んで亀頭が潰され強烈な快感が体を流れるはじめる。ぱんっぱんっぱんっぱんっ…突くことで寧々の体を中に浮かせて受け止めるような動き。高速で抜き挿しされる肉棒が膣壁をしつこいくらいに擦ってて。)はぁっ…寧々ちゃん…これヤバいよね。マジ気持ちいい。。それと、今人入ってきたら合体見られてアウトだね。貸切だから大丈夫だけどー。   (11/9 16:03:50)

黒崎 優也♂3年【良かったです!ありがとうございます。続き書きますね】   (11/9 15:54:41)

朝宮 寧々♀ 2年【まだもうしばらく遊べますよ~】   (11/9 15:54:10)

朝宮 寧々♀ 2年わか、る、わかりますっ、先輩……は、でも、やだ……っそれ……、言わ、ないでぇ……っん、(言われると、確かめられるようで羞恥が押し寄せる。それさえも快楽に変わり、一層彼の肉棒を締めつけた。一気に引かれ、一気に押し込められ、信じられないほど強い快楽に、声がより甘く、大きく響く。奥まで貫かれ、身じろぐ暇もないまま動かされ、ただ彼女は彼と、自身の欲に従うよう、ぎゅうぎゅうと締めつけながら腰を動かした。響いてくる音さえも、彼女を興奮させた)気持ち、い、ですか……?ん、受け止めますっ……一緒に、気持ちよく、なります……っ、(思考が飛んだように、途切れつつ言葉を紡ぐ。私も、ここに来てよかった、と。貴方の背に手を回しては、今度は彼女から彼に口付けた)   (11/9 15:53:21)

黒崎 優也♂3年【何時まで遊べそうですか?】   (11/9 15:46:03)

黒崎 優也♂3年ほらっ、わかる?ゆーやのチンポが寧々ちゃんの中に出たり入ったり。ヤラシイよね。(腰をくねらせると肉棒がずっぷずっぷと膣内への出入りを繰り返して。ストローク眺めで抜けるギリギリまで引き下げてから、一気に奥まで貫通させてまるで挿入感を味わうようなピストン。硬く大きく膨れたボクサーグローブのような亀頭が蜜液で濡れた膣内で暴れている。じゅぽっ、ずぷっ、ぬちゅっ、じゅぽじゅぽ…卑猥な音を鳴らしてペニスを受け入れる寧々の膣が黒崎の肉棒が絶えず刺激する。)はぁっ…寧々ちゃん、おまんこ超気持ちいいよ。ここのお部屋に来てよかった。俺のちんぽで下からいっぱいパンパンするからおまんこでしっかり受け止めて。もうさ、貸切なんだから、二人でいっぱい気持ちよくなろ?   (11/9 15:43:25)

朝宮 寧々♀ 2年ひっ……あぁあっ!(やっと入った、と思うも束の間。体勢が変わり、彼と向き合う形に。さっきよりも、奥まで届いてる。体の一番深いところまで届いているような感覚に、また視界が瞬いた。ぐりぐりと動かされると、堪らず声を上げ、もっと、という風に腰を動かした)ゆ、や……先輩、気持ちよくなりたいっ……あなたと、一緒に……、はぁっ…もっと、もっと、ください、せんぱ、いっ……(上も下も、強い刺激が彼女を揺さぶる。怖いくらいに気持ちが良かった。ん、ん、と頷くと、甘えるように彼に密着する。律動が始まると、合わせるように腰を動かした。せんぱい、せんぱい、としきりに彼を呼んだまま)   (11/9 15:35:29)

黒崎 優也♂3年寧々ちゃんっ…(ぐぅっと腰を押し上げると硬く勃起した肉棒がずぷずぷと膣内に入っていく。亀頭が狭っくるしい膣内をこじ開けてグイグイ進み、カリ首が膣壁を引っ掻く。肉棒に纏わりつく柔らかな膣肉に、快感が流れて頭の中が真っ白になる。掴む位置を変え背中に手を回して寧々を抱きしめ直して体を密着させ、そのまま下からズブゥと肉棒で突き上げれば寧々の体が上方に移動してペニスが根元までズッポシと入る。一つになれたことが嬉しいらしく、すかさず、寧々とディープキスをし、舌を絡ませあう。体を密着させ、お口とおまんこ両方で縺れ合えば、もうおかしくなりそうで。腰を律動し始めて。)寧々ちゃん、ひとつになったよ。一緒に気持ちよくなろ? おまんこ突き突きするよ。   (11/9 15:26:24)

朝宮 寧々♀ 2年や、や、焦らさないで、せんぱい、やだっ……(欲に負け、欲しがったはいいものの、彼は焦らすように割れ目をなぞった。ぬるぬると、入るか入らないかくらいで動く感覚が酷く焦れったく、行き場のない疼きを逃がしたいように、腰をゆるゆる捻らせる。キスに応え、恥じらいはもう捨てたように、彼の舌に従った。囁く彼の声に乗った言葉がとても淫靡で、疼きは更に強まっていく)は、はっ……せんぱい、気持ちよくなって、ください……私も、貴方と気持ちよく……なりたい……っ(彼の誘導に従う。何も考えられないくらい、今は彼が欲しい。ゆっくりと押し込まれる快楽に、目の前がちかちかして、か細く嬌声を上げた。中に入るそれの感覚に、軽く果ててしまうほど。敏感になっているのは自覚していた)   (11/9 15:18:53)

黒崎 優也♂3年(まるで黒崎からの交尾の申し出を受け入れたかのように寧々が額に額を合わせると、いきりたった肉棒を握り、亀頭を割れ目にあてがう。ぬち…。絶対にヤレるという女の子を確保した安心からか、そのまま即、なんて野暮な事はせずに、ぷっくりと硬く膨れた亀頭で割れ目を擦りあげる。ぬちっ、ぬちゅっ、ぬちゃぬちゃぬちゃ…額を触れ合わせて見つめながら、二人の当たってるよね、とかえっちな事を言いながら時々甘いキスをして。擦り続けると吐息が荒くなり興奮しているのがわかる。ペニスはビンビン、いつでも挿入可能になってて。)寧々ちゃん、おまんこ準備できてるみたいだから、挿れるよ。(寧々のお尻を両手で掴んで、腰をぐぅっと押し付けると亀頭がゆっくりと割れ目に呑み込まれて。ずぷっ、ズププププズププププ…)   (11/9 15:08:58)

朝宮 寧々♀ 2年ぁ、やっ……だめです、先輩っ……そんなに、おっぱい……いじめないでっ(刺激が変わる度に、強い快楽の波が押し寄せる。息はすっかり上がっていて、唇を閉じることも出来ず、その快楽のままに声音を上げていた。彼と目線が合うと、眉を更に下げる。ふるふると首を振り、潤んだ瞳をぎゅっと閉じた)……ぅあっ!は、ぁ……ん、先輩……せんぱいも、気持ちよく、なってください……っ(押し付けられた彼の欲に、強く身体を震わせた。続く言葉に、何度か頷くと、息も絶え絶えに懇願した。唇が触れるか触れないか位の距離。そっと額を貴方の額に合わせた)   (11/9 15:01:15)

黒崎 優也♂3年寧々ちゃん、声もすっごい可愛いよ。(敏感に反応して甘い声を上げる寧々に興奮しているようで、対面で乳房を揉みしだきながら、他方の乳房を大きく口に含み夢中になってちゅぱちゅぱと音を立て吸っている 。口内では舌が乳首を下から跳ね上げたり、纏わりついて舐め転がしたりしている。下から寧々の反応を見上げながら、時々ちゅうっと吸ったり、乳首から離れて乳首を舌でペロペロ舐め上げたり、としたい事をしたいだけしている様子。寧々ちゃんが腰を揺らすとお腹が肉棒を擦る形となって快感が流れる。声には出さないが、気持ちいいよと伝えるために黒崎は熱くガチガチになったペニスを更に強く押し付ける。)もう、俺、我慢できなくなってきちゃった。寧々ちゃんのおまんこに俺のチンポ挿れたいよ。   (11/9 14:51:38)

黒崎 優也♂3年【ほっ。よかった!ありがとうございます。続き書きますね。】   (11/9 14:45:05)

朝宮 寧々♀ 2年【こちらこそお待たせしてしまうので気になさらないでください……!】   (11/9 14:43:26)

朝宮 寧々♀ 2年ひぁ、っ(胸を揉まれる感覚が頭を痺れさせる。呼吸が浅くなり、乳首に彼の指が触れる度、体が跳ね、小さく声が漏れた)せん、ぱい……そこばっかり触るの……やぁっ(指が止まったと思えば、吸い付かれる刺激に身を捩る。言葉で“いや”、なんて言いつつ、抵抗する気はさらさらない。ふわふわした頭の中に、彼の息遣いと感触が鮮明に焼き付けられる。彼の肉棒がお腹に当たると、自分にこんなに反応してくれているんだ、と、更に興奮してしまう。する、とそれをお腹で撫でるように、腰を動かした。下腹部が熱い。疼きが収まらなくなってきた)   (11/9 14:42:22)

黒崎 優也♂3年【遅くなってごめんなさい。寧々ちゃんのロルに夢中になりはじめました。】   (11/9 14:33:10)

黒崎 優也♂3年(お湯の中で抱き合いぎゅうっと抱きしめると一体感が増して愛おしく、もう最後まで止められない気持ちになる。寧々ちゃんの柔らかいおっぱいが胸板に押し当たってむにゅりと潰されるが、少しだけ抱きしめる力を緩めて、乳房を鷲掴んでは優しく触り、揉みしだいてく。むにゅっ、むにゅり、むにゅり…指先が乳房にのめり込み、形を変形させる。乳首に指を当てて優しく摩り、甘いキスをしながら、寧々ちゃんの乳首を何度も何度も刺激する。グミのような独特の感触に肉棒が更に反応して、ビンとなって寧々ちゃんのお腹に当たっていて。頭を下に移動させ胸に顔を埋めておっぱいに吸いついて。ちゅぅ…ちゅぱちゅぱ…)寧々ちゃんのおっぱい柔らかいよ   (11/9 14:32:43)

朝宮 寧々♀ 2年……ええ、秘密です(甘美な響きは、より彼女の下腹部を熱くした。眉を下げ、目が潤む。変な顔してないかなと心配になってしまう)優しく、してください、先輩……(精一杯の勇気を振り絞り、なんとか出した言葉。恥ずかしさでどうにかなりそうだ。肌から伝わる優しい手つき。掛けてくれる心地よい声がくらくらさせる。唇から割り込まれた舌の感触に、ぞくりと彼女の体を刺激した。こんなに温かいんだ。もう思考が飛びそうな快感に、不慣れながらも、彼女も彼に舌を絡ませる。細い腕を彼の背中に回した。心臓が飛び出そうだった)   (11/9 14:22:48)

黒崎 優也♂3年ふふ。寧々ちゃんて可愛いんだ。大丈夫だよっ、俺がちゃんとリードするし、優しくするからね。今からの時間は二人だけの秘密だよ。(あんまり知らない、との台詞、寧々ちゃんは無意識で言っているのだろうけどこれ程、男を興奮させる言葉なくって。恥ずかしがる寧々ちゃんをリードするように優しく唇を重ねて、乳房に手を添えた。柔らかい感触が黒崎を興奮させる。お湯の中で彼女の背中を片手で支え、口内に舌をゆっくりと割り込ませ、二人の舌を絡ませあう。黒崎の膝の上には寧々ちゃんの柔らかなお尻がむにゅりと乗っかってて。)   (11/9 14:14:15)

朝宮 寧々♀ 2年み……見ないでください……(彼の言葉を聞きながら、そっとその表情を見た。心無しか、少し彼も頬が染まっているような。異性にはあまり耐性がない。どうしよう、なんて考えている間に手を取られ、膝上に乗せられると、恥ずかしさに耐えきれないように両の手で顔を隠した)あんまり、知らないんです……こういうこと……!あの、ごめんなさい、何だかとっても恥ずかしくて……(いい人だし、かっこいいし、でも、こんな私に好意を抱いてくれている様子に、興奮を覚え始めるが、それよりもずっと羞恥が勝る。しどろもどろに言葉を繋ぐが、言葉にならない声が漏れて)   (11/9 14:09:05)

黒崎 優也♂3年いや、バレバレ…だって耳まで真っ赤になってるし…だいいち、混浴では良くある事だし、それに俺のだって寧々ちゃんに硬くなってるわけだし…こっち来る?(こちらも顔を赤らめながら、フォローのような誘いのようなどちらも混ざった発言をしていて、スマートに誘えないのがなんとも高3の男子っぽい。しかし湯の中では先程よりも硬く勃起している肉棒。恥じらいよりも込み上げる欲が勝って、寧々ちゃんの手を取ると引き避けて、自分の膝の上に向かい合わせで乗せちゃって。)   (11/9 14:00:32)

朝宮 寧々♀ 2年ゆうやさんも、お名前とても素敵です!……私は逆で、運動なんて本当にできなくて……球技はボールが怖いし、まず走れないし。ふふ、真逆ですね、私たち(あはは、と苦笑を浮かべては頬をかく。次いで、あべこべな自分たちの長所短所に、穏やかに微笑んだ)……っ!……ぇ、いや、み、てません……(図星つかれた。自分でもわかりやすすぎる嘘をつく。更に目線を逸らすが、耳に更に色が乗る。きっと彼には見えているだろう)   (11/9 13:54:40)

黒崎 優也♂3年ねねちゃんていうのか可愛らしい名前だね。文芸部ってなんか俺と真逆な感じだなぁ。俺、ご覧の通りスポーツだけだから体は引き締まってるけど、文才ゼロだからね、小説とか絵なんてよく書けるなっていつも感心してるよー。(笑顔で自己紹介を続けながら会話を楽しんでいる一方で、俺の肉棒をチラリと見て恥じらい目を逸らす 寧々ちゃんの反応は見逃さない。頬を赤くする彼女に脈ありと判断するとそちらの方向へ舵を切って。)あっ、今寧々ちゃん、俺のチンポ見たでしょ。   (11/9 13:47:55)

朝宮 寧々♀ 2年バスケ部!成程、運動部の方はやはり体つきは本当にしっかりされて……あっ、申し遅れました!えっと、あさみやねねって言います、部活は文芸部で、小説や絵を描いたりしてて……ふふ、よろしくお願いします、先輩(ころころと表情を変え、最初とは打って変わって明るく言葉を紡ぐ。優しそうな人で良かった。まだ微かに残った照れくささにより、少し俯いた先、彼の欲の形がお湯越しに見えてしまい、ぱっと目線を逸らした。もう逆上せてしまったかな。段々と熱が頬に集まってきた)   (11/9 13:42:26)

黒崎 優也♂3年部活終わりかぁ。一緒だね。部活は何してるの?…それと自己紹介!…こちら3年のクロサキユウヤ、バスケ部ね。(小さめの露天風呂に二人隣あって浸かっていると気持ちも打ち解けてきて。隣にいる女の子は可愛らしく、おっぱいも大きくて柔らかそう。爽やかに話しているけど、やっぱり、そういうところは高校3年の男子たるもの一番最初に目がいくわけで。当然、湯船の中でチンポは早くも勃起して真上を向いており。タオルは頭の上に乗せてるので下は丸見えで。)   (11/9 13:35:07)

朝宮 寧々♀ 2年……良かったぁ。邪魔になっちゃったらどうしようって思ってしまってて(彼の言葉に安心したように、ほっと息をついた。そっと湯に浸かる仕草に、なんとなく気遣ってくれている気がした。隣に身を寄せてくれたことに、若干の嬉しさと照れくささが込み上げる)ふふ、そうですね、落ち着きます。部活終わりで疲れちゃってて。やっぱり温かいお風呂は身に染みるというか……   (11/9 13:29:51)

黒崎 優也♂3年ふふ。驚かせちゃったね。全然居づらいなんてないよー。むしろ、誰が入ってるのかなって思いながらドア開けたんだから。(体を洗い終えると湯船へ向かい、湯を波立たせないように気を使いながら朝宮さんの隣に入っていく。ちょうど良い湯加減のお湯が体を温めていくと気持ちが和らいでいく。)いいね。今日の湯加減。   (11/9 13:23:32)

朝宮 寧々♀ 2年ひゃっ(突如掛かる声に少し肩を震わせると、声の主の方向へ目をやった。人のいい笑みを浮かべる彼を見て、こちらも表情を和らげて)……!こんにちは!すっ、すみません、私、先に来ちゃってて……あの、居づらかったら申し訳、ないです(多分先輩だろうなぁ、貸切だし、ゆっくりしたかったなら申し訳ないなぁ、と。若干の恥じらいを含ませ、彼に向き合っては遠慮がちに言葉を紡ぐ)   (11/9 13:18:56)

黒崎 優也♂3年(部活を終え、汗を流しに風呂に向かうが今日はゆっくりと入りたい気分だったため貸切風呂の方へと向かう。この時間帯、、利用者は少ないらしく使用されているのはおそらく一つ。中にいるのはフリーの女性のようだった。ガラガラ…)こんにちはー。空いているようだったので混ざりにきました〜。(湯煙の中、湯船の中の女の子に笑顔で挨拶すると洗い場で体を洗って。)   (11/9 13:13:49)

朝宮 寧々♀ 2年【了解しました、よろしくお願いします~】   (11/9 13:10:00)

黒崎 優也♂3年【良かった!…下のロルに続けてみますので合うようでしたらお願いしますー】   (11/9 13:09:40)

朝宮 寧々♀ 2年【潜っておりました……こんにちは!】   (11/9 13:08:45)

黒崎 優也♂3年【こんにちは〜。まだいらっしゃいますか?】   (11/9 13:08:00)

おしらせ黒崎 優也♂3年さん(iPhone au)が入室しました♪  (11/9 13:07:43)


更新時刻 13:37:08 | 過去ログ閲覧不可 | ルーム管理