PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介【2016年5月22日設立!】
※必ず読んでから入室お願いします※
ルールは随時更新予定です。
ルーム紹介《必読》

いつも【まったり】即ハメ雑談所にお越し頂いて、ありがとうございます♡
こちらはお部屋に来て頂いてる方向けの【ログ非公開型】プレイルームとなっております♪

相性チェックからのお試しプレイや
何人かでのまとまった乱交プレイなど…
お相手と相談の上でお使い下さい♪

【利用ルール】
・ご利用は雑談所からの移動の方のみとします。
・入室されましたらPLは【】の使用をお願いします。
・雑談所同様、相手を不快にさせる会話や行動はお控え下さい。
・退室指示や移動指示など、管理人の誘導には従うようにしてください。
・プレイ内容は即ハメに限定致しません。お相手と相談の上、
愛撫などの前戯を入れて頂いても構いません。

《男性の皆様へ》
・男は、「♂+番号」で。(番号は連番でなくてもよし)
(年齢=数字は被りが生じやすいのでオススメできません)
・女性と移動したり、覚えられたいのであれば、プロフ記入を強く推奨します。

《女性の皆様へ》
・女は「名前♀年齢」で。
・スリーサイズ等のプロフ記入を推奨します。

部屋主・愛梨
今後ともどうぞよろしくお願いします。
 [×消]
おしらせ麻美♀26さん(Android au.NET)が退室しました。  (2/18 07:51:41)

麻美♀26【ごめんなさい。 お邪魔しましたぁ。】   (2/18 07:51:36)

麻美♀26【昨夜から調子悪いです…。 買い換えなきゃなのかなぁ…。 すみませんでした。 お疲れさまでした。】   (2/18 07:50:14)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、♂072さんが自動退室しました。  (2/18 07:48:48)

麻美♀26【ごめんなさい。 スマホの動きが重くなってしまって…。 再起動かけてました。】   (2/18 07:48:48)

麻美♀26はぁ…♡ んんっ… 突き上げてもらうの好き♡   (2/18 07:43:19)

♂072ううん、もちろん俺も・・・っ!(ゆっくり動き始めた麻美に動作に合わせて、下から最初はゆっくりと、徐々に激しく突き上げ、麻美の2つの果実を揺らす)   (2/18 07:28:41)

麻美♀26…シたいって誘っておいて、人任せなのです? (微苦笑浮かべながら、彼の瞳を覗き込んで…。)   (2/18 07:27:31)

♂072んっ・・・(麻美の唇が、反り立った物を暖かく包み込んでくる。恥ずかしがる表情も相まって、凄まじい快感が体中を駆け巡り、すぐ出してしまわないように努力しなければいけないほど、麻美の中は快楽で満ち溢れていた)すごい・・いいよ・・・麻美の好きに動いて!   (2/18 07:24:22)

麻美♀26…2回目まで…イけるかな…?(ちらりと時計を気にしつつ、彼の肩を押して仰向けに寝かせると、恥ずかしそうに頬を染めながら、彼に跨がって…。 えっちな唇で肉棒を挟むと、ゆっくり腰をくねらせて…)…はぁ…んっ。 硬ぁい…です♡(すぐに淫らな蜜が溢れ出し、肉棒と秘所に潤みを与えて…。)   (2/18 07:20:34)

♂072随分溜まっちゃってるからね・・・今すぐに麻美とつながりたいよ。一発じゃ出し足りないかもね(麻美に触られた肉棒が快感にヒクヒクと動き、麻美の手を我慢汁で汚す)麻美、上に乗ってくれるかな?   (2/18 07:13:02)

麻美♀26…すぐにシたい感じです…? どの格好で…したいですか?(露わになった肉棒、優しく握って、ゆっくりと扱きながら、上目遣いで問いかけ…)…んふ。 硬くて…熱いです…。 おちんちん…♪   (2/18 07:10:29)

♂072大丈夫だけど見ての通りでね・・(身につけていたバスローブをはらりと床に落とし、そそり立ち、先端から透明なものが漏れている、オスの証を麻美に見せつける)もうガマン・・・出来なさそうなんだ・・・麻美・・!   (2/18 07:07:55)

麻美♀26あ、いえ。 お待たせしました。 …あまり時間取れませんが…大丈夫です?(軽く首を傾げて訊ねながら…彼の下腹部の膨らみに薄く微笑んで…。)   (2/18 07:05:39)

♂072麻美、急に呼び出しちゃってごめんね。どうしても麻美のこと、抱きたくなっちゃって・・(先にシャワーを浴びて、ベッドに座り、麻美を待っている最中も、最近ご無沙汰で、股間は常に固くなっていた・・)   (2/18 07:03:34)

麻美♀26(誘われて訪れた見慣れたお部屋。 ちょっとだけ時計を気にしつつ、急いでシャワーを浴びると、バスタオル1枚だけを身体に巻いて、ベッドに腰掛けて…。)   (2/18 07:01:38)

♂072【そうですね、麻美さんからお願いします】   (2/18 06:58:25)

麻美♀26【お邪魔します♡ …どちらから始めますか?】   (2/18 06:58:01)

♂072着てくれてありがとうございます^^   (2/18 06:57:55)

おしらせ麻美♀26さん(Android au.NET)が入室しました♪  (2/18 06:57:33)

おしらせ♂072さん(180.145.***.27)が入室しました♪  (2/18 06:56:27)

おしらせ♂100さん(124.103.***.91)が退室しました。  (2/17 20:40:34)

♂100【お部屋用意しました。どうぞです。確認したらこちら落ちますー。お部屋ありがとうございました。】   (2/17 20:40:02)

おしらせ麻美♀26さん(Android au.NET)が退室しました。  (2/17 20:39:51)

麻美♀26【退室して準備してますね。 お邪魔しました。 お部屋、ありがとうございました♡】   (2/17 20:39:38)

麻美♀26【はぁい。】   (2/17 20:38:45)

♂100【んーまったり無人ですが、話してたら占領しちゃうので裏に部屋出そうかと。ただ裏苦手でしたよね?いいですか?】   (2/17 20:37:58)

麻美♀26【あ、そうですね。 21時までですが…どちらが良いですか? お任せいたします。】   (2/17 20:36:16)

麻美♀26【内緒ですw 次回入れるタイミングがあれば…♡ …とはいえ… 同じ状況はないかも??w】   (2/17 20:35:21)

♂100【いえいえ、でもここで話してたら、部屋占領しちゃいますね…裏にでも行きますか?マッタリでもいいですし?】   (2/17 20:35:13)

麻美♀26【時間は大丈夫ですよ。 時間のせいでちょっと急がせすぎてしまったかも? すみませんです。】   (2/17 20:34:10)

♂100【え…どんなアドリブです??空うちする男のが少ないのでレアだとは思います(笑)】   (2/17 20:33:35)

麻美♀26【新鮮なエロル、楽しかったです♪ 終始リードしてもらっていたのでレスもしやすかったです。 …1つ考えていたアドリブを入れられなかったのが心残りですが…w】   (2/17 20:32:48)

♂100【遅くても21時の予定、大丈夫でしたか?無理させちゃったらごめんんさいね。次は立ちバックでお願いしますー(笑)】   (2/17 20:32:11)

♂100【丁度いまーフリーズで焦りました。麻美ちゃん素敵でした。無茶な設定に合わせてくれてありがとうです】   (2/17 20:30:37)

麻美♀26【立ちバックで喘がされそうな未来を想像しつつ…〆です。 お疲れさまでした♪ 楽しかったです♡】   (2/17 20:28:22)

麻美♀26くす。 業績上がったら、麻美のおかげですか? …その時は…ごはん、期待してますね?(ぬらぬらと光る唇を離すとおどけた調子でそう答えて…)…シャワー…しちゃいます? …いっぱい出したのに…まだ出そうですか? …今夜は…空っぽにしていってもらわないと…ですね♡(余韻にひたったりはしないのかな…と思いつつ、心地よい気だるさを感じる身体を起こして…)…麻美、バック好きなんです。 でも…お風呂だと声が響いて恥ずかしいな… (はにかんだ笑みを浮かべた後、羞恥心で赤く染まる顔を背けてバスタオルを拾い上げた…。)   (2/17 20:26:53)

♂100(お掃除フェラをしてくれている麻美の後頭部に手を置き髪をかき上げながら、全部麻美の身体に吐き出した精子がまた下腹部に溜まっていくのを感じる。麻美を逝かせてあげられず自分だけ気持ちよくさせてもらっただけでは『抱かせて』と頼んだ男としてはさすがにメンツにかかわる…。口も、手もいいが、やっぱり麻美の中は最高だった。良すぎてこうなったわけで…)今日は麻美に勇気出して声かけて良かったわ…明日からの仕事のモチベーションが上がるかもしれないなぁ。あのさ…まだ時間も早いし一緒にシャワーに入って、またやらせてくれない?ほとんど麻美に気持ちよくしてもらうばかりだったから今度は僕が麻美を気持ちよくさせてあげたいんだよね。さっき好きな体位とか聞いてくれたよね?正常位も好きだけど、座位とか後背位とか…んーー麻美は小柄だから騎乗位も可愛いかも。麻美の可愛い鳴き声をちゃんと聞きたいの…今度は僕にさせてくれない?だって中に出したいわけでね。何回逝くんだろう麻美は…?(首筋から背中にかけて手を伸ばし指先でなぞりながら、想像を膨らませ空うち挽回の二回戦をお願いするのでした…)【此方〆です】   (2/17 20:18:40)

麻美♀26(『中よりおてての方が気持ちいいのかな…?』等とほんのり思考していると、強い脈動とともに射精が始まり…)んっ…あぁ… 熱いの…いっぱい… はぁ…♡(嬉しそうに微笑を浮かべつつ、精液の温度を感じたいのか静かに目を閉じて…)…すごく…トロトロ…です♡(粘度を確認するかのように、胸に浴びた精液を手のひらで塗り広げて見せて…)…あ、はぁい。(余韻に浸る間もなく、彼の要望に応え、再び四つん這いになると、根元をそっと握りながら、ねっとりと舌を這わせて白濁を舐めとっていく…。)   (2/17 20:13:33)

♂100可愛いバストに垂れていく精子、乳首からもツツッと垂れていく…幻想的な麻美の肢体に目を奪われるが最後の射精感が残っているので手を重ねたまま竿をしごかせ麻美の下腹部に亀頭を慌てて押し付ける…柔らかい肌に亀頭が触れ埋もれるとビクビクと震える様に残りの精子が迸り、ドロッとした精液が奇麗な肌の上でブルンとゼリーのようにあちこちに散らばって溜まり一部が黒い茂みにも飛び散っている…。麻美の肌、黒い茂み、ピンクの頬、白い精子、甘い声…全身精子まみれの麻美の姿が美しい様々なコントラストを描き逆にそそられる…)ハァハァ……ふぅ……麻美気持ちよかった。想像以上に興奮した……綺麗にしてくれる?(肩で軽く息をする。麻美の身体に出し切った鈴口から精子がとろりと垂れている…)【次で〆ますね】   (2/17 20:03:12)

♂100もちろん…気持ちいいに決まってる。麻美の指は細いし気持ちいいよ…全部出し切りたいよ。(麻美に手で刺激され、甘い声が耳に…上目使いの蕩けた目つき…願ってもない可愛いおねだりをされて興奮しない男はあり得ない…すぐに次の射精感が襲ってくる…ビックン…………ビクンと大きくゆっくりとしたリズムで肉棒が指を跳ね飛ばす勢いで大きく跳ね上がるたびに白濁した熱い精子が宙を飛び首筋からバスト…お腹にかけて身体に散っていく…。麻美の奇麗な身体に白い精子がどろりと飛び散ちり肌が精子を弾いている。【分けますね】   (2/17 20:02:58)

麻美♀26んくっ…♡ 出ました♪(口の端から精液を溢れさせながらうれしそうに微笑み…)ん…まだ…出せるのです? …お手伝い…しますね?(彼の手に導かれ…彼の意に添えるよう、唾液と愛液が馴染んだ肉棒を少しだけ強く握り、にゅるにゅると扱いて…)…麻美のおてて…気持ちいいです? いっぱい…熱いの…出してぇ♡(上目遣いで見つめながら、おねだりするような甘い声を出して…)   (2/17 19:53:26)

♂100ありがとう…麻美の中に出したいのは切実なんだけど、一度出さないと苦しい…(素直に股間に顔を埋め丁寧にしてくれる麻美…はち切れそうな袋も細い指で優しく触られると思わず腰が浮いてしまう…)あ…そ…そうそう…そこそこ…そこが気持ちいい…麻美の子と思って溜まりすぎたものが…大量に出ちゃうと思う………ん…ぐぅ…(麻美の優しいフェラに突然腰が痺れるような快感に襲われ肉棒が口の中で跳ね上がる。亀頭から溜まりに溜まったドロッとした精子が麻美の喉に大量に迸り喉の奥に流し込まれていき一気に口内を溢れさせていく。眩暈のような快感の中、思わず目を瞑り眉間に皺を寄せて低く呻く…はっと目を開くとぷっくりした口元から精子がツツッと垂れており、その姿がエロくて興奮を誘う…)うぉ…はぁはぁ……(麻美の手に握らせたまま亀頭を口から慌てて引き抜くが痙攣する肉棒に麻美の指を巻き付けさせたまま身体を起こさせ、麻美の握った手の上から自分も手を重ね一緒に動かす)ごめん…まだ出るから手でもうちょっと……いいかな…?   (2/17 19:47:21)

麻美♀26…はぁいっ。(結局イけなかった。…なんてことになったら、オンナとしてのプライドが傷つくような気になって…彼の要望のままに素直に返事をする。 胡座をかく彼の下半身に四つんばいで近寄ると、両手を差し出し…片手で言われたとおり根元を指で摘まみ、優しく扱きながら先端部分を唇で包み、チロチロと舌を這わせる。 反対の手で、パンパンになっていると言われた袋状の部分を指先でくすぐるように刺激してみて…)…絶対…イかせてあげるんだから… んっ…ちゅ…れろ…んっ…♡   (2/17 19:39:02)

麻美♀26…あんまりお顔見つめられるのは…恥ずかしいです…。 あっあっあぁっ…♡ 激しいの♡ ねぇ? 今日…大丈夫ですから… お願い…きて? 出してぇ? いっぱい…あぁっ♡ びくんびくん…してるの…♡(確かに膣内で感じる肉棒の脈動…。 それでも出してもらえず、肉棒を引き抜かれてしまうと、少しだけ悲しそうに目を伏せて…)【一度切って続けます。】   (2/17 19:32:40)

♂100__諦めたように一度ずるっと肉棒を引き抜くと荒い息で肩を上下させながら抱きしめた身体をシーツに横たえ麻美の足元で胡坐をかいて座る。パンパンに膨らんだ袋と肉棒全体がヒクヒク苦しそうに痙攣している。)ふぅ…ごめんね………麻美があまりにも気持ち良くて二回も空うちしてしまった…でもね…女子にはもちろん分からないわけだけど、これかなりの精子がたまって苦しいんだよね……麻美が出させて楽にしてくれない?…えっと…根元を指でもって先をお口でしてくれると多分すぐに出ると思う……して?(視線で、苦しそうに痙攣している肉棒をお口でしてくれるように促す)   (2/17 19:26:22)

♂100ありがとう…好きな体位は色々あるけれど……今日は麻美の可愛い顔を近くで見てしたい……だって見たいじゃん…?麻美の肌のぬくもりも気持ちいいし…。(気遣いもしてくれる麻美…それがまた愛らしい…それが麻美の素敵なところだと改めて思う。くねる麻美の膣の中を蹂躙し楽しんでいるとあっという間に二度目の射精感に襲われる…膣壁をゴリっと抉りながら最奥を突きあげた時に、肉棒が暴れ出し膣内でうねり再度肉棒が膣内でビクンビクンと何度も跳ね上がる。「今度は出さねば……出したい、出るはず…あれ、またでない…」と内心焦りが…最初に無理して射精を我慢するとどうしてもなってしまう。袋は痛いほど膨らんでおり痙攣する様に膣内でひくつく肉棒。【展開進めます。続けます】   (2/17 19:26:09)

麻美♀26あふん… 出せなかったです…? ん…つらくないんです? 気持ちいいなら…良いのですが… んっ…ぁんっ…♡ 2回目…されてる感じなのに… そんな気分になれない…不思議な感じ…です。(くすっと微笑み、再び彼が動き出すと、それに合わせて腰をくねらせて…)…大丈夫。痛くないです。 それより… ぁんっ…。 好きな体位とか…あります?(次こそは気持ちよく射精シて欲しいと思い、甘い声をこぼしながら静かな問いかけ…)   (2/17 19:16:39)

♂100あ…ごめん、今のが空うち……溜まっていて…それでやりたい子に夢中になると、出したい気持ちが前のめりで…タイミングがずれちゃってさ…麻美が素敵すぎるからなるんんだよね。(麻美の視線を受け止め正直に話しながら…空うちとはいえ一度射精感を味わうと、少し余裕が出るので再度腰を動かしだす…ゆっくり引き抜く時はカリで膣壁を焦らす様に擦りながら。突き入れるときは角度を変え抉るように確実に最奥を貫いていく。麻美のポルチオを亀頭でグリグリ押し子宮口を突き上げていると、強い摩擦で痺れるような快感が頭に走る)…ハァハァ…麻美気持ちいい…麻美の身体にはまりそうだよ。ごめん……ちょっと夢中になりすぎかな…痛い?(麻美の頭に手を添えながら…また空うちするかもと一緒脳裏をよぎるが華奢で小柄な肢体を抱きしめシーツの上で跳ね上げながら夢中に腰を打ち付け奥を貫いていく…)   (2/17 19:10:48)

麻美♀26んっ…あぁ… 嬉しい…です。 はぁ…我慢しちゃ…ダメ…ですよ? んっ はぁ… もっと…気持ちよく…なって… ぁぁんっ♡(お酒の席でなんとなく聞いていた『空打ち』のことが、頭を過る。『つらいのかな?』という印象をもったせいか、しきりに『我慢しないで』の言葉を彼に伝えるが…)…あぁっ…謝ったりシちゃ…やぁ… 気持ちよく…なって… あぁんっ…。 いっぱい…出して…ぇ。 あぁっ♡(膣内で、たしかに彼の脈動を感じて… どうだったかな?と、微かに不安げな視線を向けてみて…)   (2/17 19:04:53)

♂100あ…麻美の中、すごく気持ちいい…柔らかいし包まれる…(しばらく亀頭で麻美の中の感触を楽しむ。細い腕が色っぽく首に巻き付いてくる…目の前の麻美のピンクに染まった頬もと溶けた目も表情にもそそられる。「我慢しないで…気持ちよくなって」などと嬉しいことを言われると、背中に自分も手を回し抱きしめ一気に肉棒を押し込む。麻美の愛液の水音がぐちゅっと響き、最奥のコリコリしたところに亀頭がずしっと押し付けられる。そのまま腰を夢中に小刻みに動かし何度もポルチオをゴリゴリ押して亀頭の形に押しつぶしていると、麻美を先に逝かせたかったが興奮のあまり予想より早く射精感に襲われてしまう)……うぁ…はぁダメだ。麻美が気持ちよすぎて逝ってしまう……く…ごめ…ん__…(焦りと共に一瞬仕事のことを考え射精を必死に抑えるが…亀頭を子宮口に押し付け肉棒だけは元気に空うちし膣の中で跳ね上がり子宮を何度も揺さぶる…)【二回空うちケースで行きますね】   (2/17 18:58:19)

麻美♀26…我慢しないでください…。 …いっぱい…シて…?(自分の身体をストレートに求める言葉に、身体が、頬が熱く感じて…さらにはしたなく、淫らな蜜を溢れさせて…)はぁっ… あぁんっ…。 おっきいの… 入って…くるの…。 んんっ…こそぉ…♡(トロンと蕩けたような瞳で彼を見つめながら、彼の首に手を回して…)…はぁ…。 麻美の身体で…気持ち良く…なってください…♡ あぁっ♡   (2/17 18:49:43)

♂100(指先の動きに合わせて感度良く動く麻美…手首の下から恥ずかしそうに漏れるはじめて聞く甘い声。普段大人しく清楚な雰囲気とは全く違い妙に艶ぽく耳に響くと一気に興奮していく…可愛らしく尖った乳首から頭を上げ蜜で濡れた指を引き抜き麻美の視線の中で美味しそうにちゅるっと舐める…)ハァハァ…もう我慢できないや。もうやらせて…やらせて……麻美。(太腿の間に身体を割り込ませると両手で大きく足を広げさせ、期待で脈打つ肉棒を濡れる花弁に押し当てゆっくり入れていく…亀頭が暖かい膣に飲み込まれると浅い場所で何度も出し入れし、カリでGスポットを擦り馴染ませていく…)   (2/17 18:43:41)

麻美♀26えへ。 そういうの、麻美、鈍いのかもしれません。 …んっ…はぁ…。(胸の先端、愛撫されれば、すぐに硬く尖って…)…麻美は…男性が…貴方に、気持ちよかったって満足してもらえたら、それだけで満足ですよ。 …んっ…あ… そこ…恥ずかしい…です。(触れられる前から塗れていたそこ、指で触れられ、音を立てられると、はしたないコだと思われたかな?と、頬を赤く染めて視線を逸らして…)んっ…んんっ…(手首を唇に押し当て、くぐもった声を漏らし…)   (2/17 18:34:44)

♂100バレてなかった??……でもあまりバレすぎてたらセクハラか。小柄な子が好みなんだよね僕は。ん…もちろんじゃないか、麻美を抱いたらすっきりするに決まってるよ。麻美が気持ちいいかどうか……そこが不安なんだけれども…(いい香りの麻美の頭から手を離し身体をずらしながら鎖骨から奇麗なバストに向けてキスを落としていく。自分の好みの麻美のバストに手を添えて揉み上げ指の形に歪めながら乳輪を舌の先でゆっくり何度かなぞると唇の中に吸い込み舌と歯で甘噛みする…。もじもじ可愛らしく動く太腿を自分の脚で感じ、乳首を愛撫しながら膝に手を置きゆっくり開かせる。恥丘に伸ばした指先で茂みをクルクル触りながら秘裂を広げ滑り込ませた指の腹で肉芽を露わにし何度か往復させていく…感度良く溢れ出てくる愛液を指先にまとわせながら秘部にクチュっと潜り込ませ、はやる気持ちを必死に抑えながらざらつきを指先で捕らえ擦っていく)   (2/17 18:28:32)

麻美♀26にゃ…っ…。(不意にベッドに押し倒され、ちょっとだけ驚いた表情を見せるもいやがる様子はなく、軽いキスを受け止めて…)…そんな風に見られてるなんて、思ってませんでした。 スタイル、良いわけでもないですし…。(ちょっぴり、小振りの胸を気にしつつ…でも、どんな視線で見られていたのだろうと思うと、ほんのりと身体の火照りを感じて、微かに太腿を擦り合わせる。)…ぁんっ…。 硬いの…当たってますよ。 …今日は…麻美のカラダで、スッキリ…シてくださいね♡   (2/17 18:20:08)

♂100麻美、今日はありがとうね……了解してもらえるとは思ってなくて、でも抑えれなくて誘ってみたんだけど…あのさ……(シャワーから出てきた麻美の姿を見ると言葉が詰まる。欲望に煌めいた目で我慢できずに奇麗な腕を引きベッドに押し倒すと華奢で小柄な麻美の身体がポンとベッドの上で弾む。手早く自分のバスローブを脱ぎ、麻美を求めてすでにそそり立っている肉棒を視線に晒す。麻美の乱れたバスタオルに指をかけ、するりと外しはだけさせると想像以上に綺麗な肢体が露わになる。小柄な身体に思わず覆いかぶさり後頭部に手を回し抱きしめながら耳元から軽いキスを何度も落とし唇に軽くキスをすると、可愛い目を覗き込みながら『麻美の身体めっちゃ僕のツボで好みなんだよね……ずっと前から一度やりたかったんだけどバレてたかな…?凄い奇麗だよ…』本音が口から零れ、熱くいきりたつ肉棒が太腿に当るたびに自分の興奮が伝わるのだろうか…。)   (2/17 18:13:43)

麻美♀26(『溜まってたのかな…。』シャワーを浴びながらそんな事を考える。 彼からのストレートな誘いに、戸惑いながら頷いてしまったのはお酒のせいだけではないだろう。)…悦んでもらえると…いいのだけど…。(ぽつり呟きシャワーを止めると、丁寧に身体を拭いて… バスタオル1枚を身体に巻いて、彼の待つベッドに近づいた。)   (2/17 18:06:27)

♂100(同僚との飲み会で麻美と会話が弾んだ帰り道。最後二人になり駅近くでの別れ際に以前からの想いが口からつい洩れた…『麻美…やらせてくれない?』張り倒されるかと思いきや了解してもらい近くのホテルに入る事ができた。先にシャワーを浴び全裸に軽くバスローブを羽織りベッドに座って、麻美が出てくるのを昂る気持ちを抑えながら待っている…)先程のお酒の席で談笑から自分の空うち体験などエッチな話にも愛想よく応じてくれ、話も盛り上がりテンションも上がっていたが、いざ部屋に入ると念願とはいえ夢みたいでもある「自分が気持ちよくなる自信はあるけど、麻美を満足させられるのだろうか…今日は頼むよ」とすでに勃起している肉棒に心の中で妙な問いかけをしながらバスルームのほうを見ている…)【後半時間かかるので、前半飛ばす流れで行きますー。私も長文打てませんし…のんびりノリで行きましょう】   (2/17 18:01:24)

麻美♀26【それ以上長くしてもダレてしまいそうですし…w 長文は打てませんのでごめんなさいです。】   (2/17 17:56:49)

♂100【了解です。最長なら21時前には終われるように考えますね。途中離席もあるでしょうし。】   (2/17 17:55:01)

麻美♀26【ん~… 100さんに合わせられると思うのですが、最長で21時です。】   (2/17 17:53:55)

♂100【いえいえ、空うちという妙な設定お願いしたの私ですー(笑)全責任は私ですので…時間取らせてしまっただけになったらこちらこそごめんなさいです。ちょっと説明入れて書きますね。〆時間は何時ごろでしたか?】   (2/17 17:52:27)

麻美♀26【はぁい。 お願いします。 …御期待に添えなかったらごめんなさいです。】   (2/17 17:50:23)

♂100【私から導入書き出しましょうか。打ち合わせた事含めてで…?】   (2/17 17:49:27)

麻美♀26【そちらのお名前もお持ちなのですねw どちらから始めましょうか?】   (2/17 17:48:40)

♂100【うっかり女神のほうの名前で入るところでした(笑)】   (2/17 17:47:50)

♂100【お邪魔します。お部屋お借りします。】   (2/17 17:46:53)

おしらせ♂100さん(124.103.***.91)が入室しました♪  (2/17 17:46:34)

麻美♀26【お邪魔します♡ …駄文で素敵なロル流れてしまいますね…。 ごめんなさいっ。】   (2/17 17:46:29)

おしらせ麻美♀26さん(Android au.NET)が入室しました♪  (2/17 17:45:36)

おしらせ♂25さん(Android SoftBank openmobile)が退室しました。  (2/16 16:32:43)

おしらせ♂25さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (2/16 16:32:33)

おしらせ25♂さん(Android SoftBank openmobile)が退室しました。  (2/16 03:46:50)

おしらせ香月♀28さん(163.49.***.164)が退室しました。  (2/16 03:46:34)

25♂【 了解しました。おやすみなさい。】   (2/16 03:46:29)

香月♀28【私も楽しかったですwまた遊んでやってくださいませー。っとすみません寝てしまいそうなので、反省会は夢のなかでお願いしますwおやすみなさいませー!遅くまで本当にありがとうございました】   (2/16 03:46:02)

25♂【 この関係性のロルでまた続きしてみたいなぁ…笑凄く楽しかったです。ありがとうございました!】   (2/16 03:44:03)

香月♀28【〆ありがとうございますー!翌朝、うわぁああっ////ってなるやつですwありがとうございましたv】   (2/16 03:43:05)

25♂(うねるように貪欲に搾り取るように迎え腰を打つ動きに何発分の濃い精液を放たされたのだろうか?故意だったのか確かめる術はないが、彼女に引き込まれたベッド内で起きた情事は全身に気怠さを感じるほど濃くこれ以上望めないくらい質の高いものだった。…相性が良いのだろうか?霞む目の前の視界。…半勃起で彼女の中から引き抜かれる白濁まみれの肉棒。…ふと気づく握られた掌。…伝わる掌の温もり、彼女の可愛らしさに顔がにやけてしまう。気だるい身体を隣に沿うように…足先を密着するように絡ませれば、掌は繋いだままで。体勢を整えれば、弾き飛ばされた掛け布団を床上から引き上げて、二人に掛かるように掛けて。腕枕を差し込めば額が合わさりそうなほど顔を近づかせて鼻先に口付けて、瞼の重さに任せて意識を断つ。彼女の体の温もりをほぼ全身で感じながら。…寝息が2人分部屋に聞こえ始めて。男の寝顔はどこか嬉しげ、満足げに口角が上がっていた。)   (2/16 03:40:42)


更新時刻 22:42:38 | 過去ログ閲覧不可 | ルーム管理