PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介竜神が管理するダンジョン、今日はどんな人がダンジョンに挑むか。
版権OK。オリキャラは名前/性別/種族か職業を記入

第一階層『洞窟』:大芋虫、ゴブリン、大蝙蝠、オーガ、ミニドラゴン。採取:大芋虫の繭、魔力の結晶、無色の精霊石。
第二階層『墓地』:スケルトン、ゾンビ、ゴースト、スケルトンナイト、屍食鬼、スケルトンドラゴン。採取:黒魔力結晶、霊布、月結晶石、闇の精霊石。
第三階層『火山』:ヒートスライム、ヒートボア、火蜥蜴、火熊、イフリート、フレイムドラゴン。採取:火茸、火鉄、赤魔力結晶、火の精霊石。
第四階層『雪山』:プリズムスライム、青鹿、白狼、雪熊、ヘイルドラゴン。採取:雪草、万年氷、青魔力結晶、水の精霊石。
第五階層『森林』:ウィンドスライム、刃兎、六脚馬、鬼熊、ウィンドドラゴン。採取:命の種、宿り木の種、緑魔力結晶、風の精霊石。
第六階層『鉱山』:スティールゴーレム、ロックボア、雷毒蛇、サイクロプス、サンダードラゴン。採取:鉄針草、玉鋼、封印石、黄魔力結晶、雷の精霊石。
第七階層『沼地』
第八階層『日輪照らす草原』
第九階層『竜の遺跡』
第十階層『闘技場』
最終階層『竜神の家』

1d7で奇数は採取です。
モンスターの数は2d6のダイスを振って決めます。
採取素材の数は3d6でダイスを振っていただきます。
第七階層からは部屋主がいる時のみ解放です。
 [×消]
おしらせエレノア♀傭兵さん(119.245.***.234)が退室しました。  (4/22 03:17:12)

エレノア♀傭兵【みかけたのでロル投入しておきました。ご縁がありましたら期待しています。それでは。】   (4/22 03:17:09)

エレノア♀傭兵(ランクの低いモンスター。こちらは人間ではあるものの技術に優れている剣士でもある。)おっさんの下にいるなら怪我させたくないんだがな…。(適当な棒きれで構えれば、向かってくる相手を難なく打ち払う…。モンスターも怪我はしたくないようで囲んでいる輪は広くなって…。)だから、無駄なことだって言ってるだろう…。ということで、主に渡しておいてくれよ。怪我した奴のことは知らんからな。(腕をしたたかに打ち、うずくまるモンスター1匹にアルコール度数の高いビールを人たる渡せば…)んじゃ、帰る。よろしく伝えてくれ…。(そういうとダンジョンからは立ち去って行った…)   (4/22 03:16:44)

エレノア♀傭兵(外に出歩く依頼を受け、道を歩いていると竜の神様が住むというダンジョンがあるという…。詳しく聞けば、以前に会った人の住むところなのかもしれない…。そう考えて。)おーい、おっさんいるかー。(と、洞窟の入り口で声を張り上げたら、主ではなく僕のモンスターたちが現れて…。種族が違えば敵対心丸だしで取り囲んでくる…。)あぁ、あぁ、戦う気はねぇンだ。ここの主さんに酒を届けに来ただけだ。(そうは言うものの話を取り合ってくれなさそうで…。小さくため息をついた)   (4/22 03:12:50)

おしらせエレノア♀傭兵さん(119.245.***.234)が入室しました♪  (4/22 03:09:12)

おしらせ柏木季語♂竜神さん(Android au.NET)が退室しました。  (4/22 03:03:31)

柏木季語♂竜神よし、後は精霊の身体が完成すれば大丈夫だ、軽く寝るかー。(そう言って掛け布団にくるまり、静かに眠り始めた。)   (4/22 03:03:25)

柏木季語♂竜神後は、魔力結晶のラインをゆっくり循環、安定したら徐々に加速するだけだ。あ、折角騎士の紋様を刻んだし、何か精霊武具もつけようかな?(と、かなりハイテンションで楽しそうに精霊用の武具を作り出す竜神。)   (4/22 02:57:06)

柏木季語♂竜神基本属性は火と水で、耐性は光と闇に強い形にするか。(そう喋りながら魔力結晶の形をひし形に加工し、更にアース文字で赤と青の魔力結晶には騎士の紋様を刻む。)   (4/22 02:54:20)

柏木季語♂竜神さて、久々に精霊を新しく作るかー。(竜神の家にて無色の精霊石、黒魔力結晶、光魔力結晶、赤魔力結晶、青魔力結晶を取りだして無色の精霊石を先ずは変形スキルでひし形の窪みが4つある形に加工して。)   (4/22 02:50:25)

おしらせ柏木季語♂竜神さん(Android au.NET)が入室しました♪  (4/22 02:46:22)

おしらせパンプ☆悪魔さん(153.120.***.9)が退室しました。  (4/16 22:06:23)

パンプ☆悪魔【はーい】   (4/16 22:06:17)

おしらせ有希♀賢者さん(210.198.***.209)が退室しました。  (4/16 22:06:11)

有希♀賢者【では失礼しますね~♪パンプさんも、お疲れさまでした♪】   (4/16 22:06:06)

有希♀賢者どうやら、季語さんは寝たようね。ま、あれだけの手術したので…ゆっくりと休むといいですね♪(にっこりと微笑みながら、帰り支度を終わらせて)さて、では私はお店に戻りますね♪(そう話すと移転石を掲げて、ダンジョンの外に移動をして)   (4/16 22:05:34)

有希♀賢者【季語さん、お疲れさまでした♪どうぞお大事に~】   (4/16 22:03:39)

パンプ☆悪魔【あれれ柏木さんがぁ・・・】   (4/16 22:03:24)

有希♀賢者【そうでしたか。また近々伺いますので、楽しみにしてくださいね?】   (4/16 22:03:13)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、柏木季語♂竜神さんが自動退室しました。  (4/16 22:02:03)

パンプ☆悪魔【いえいえ!大丈夫です!そういうわけではございません!買い言葉に売り言葉てきな感じででしたから 私のことは今日は良いですよー!】   (4/16 22:01:22)

有希♀賢者【なるほど。でも私は今お店にお客さんが来ているし…もうすぐ落ちる予定だったので…季語さんとのセッションはどうですか?】   (4/16 21:52:54)

パンプ☆悪魔【有希さんとはセッションの続きをしたいですが、柏木さんに私のお部屋のログをみていただきたくおもいまして・・・】   (4/16 21:51:39)

有希♀賢者さてと、パンプさんは私に用事でしたか?(傍で見ていたパンプさんに用件を聞きながら…離断した尻尾を見つめて)   (4/16 21:46:12)

有希♀賢者ま、成功してよかったわね。放った魔法はバギマだったけど…直接放った事と装備のおかげて威力が増したわね。やはり相手の身体に直接魔法を放つと威力が増すわね(にっこりと微笑んでから、血液で汚れた白いエプロンを脱いで袋に詰めて)   (4/16 21:44:59)

柏木季語♂竜神(ダイレクトに放たれた風の刃が尻尾と身体を離し、出血がベホマで防がれる。)早いね!うん、お尻が重くない!うまく行ってよかったよー……。(そう言いながら浴衣を新しい物と取り替える。)   (4/16 21:41:50)

パンプ☆悪魔【新しい食材ですかな?(悪魔ジョーク)】   (4/16 21:37:32)

柏木季語♂竜神【こんばんはー。現在尻尾切断中ですー。】   (4/16 21:37:00)

有希♀賢者【こんばんは♪】   (4/16 21:35:25)

有希♀賢者(季語さんの姿を見て…)…いくわよ、ダイレクトウインドウカッター!(するとバギクロスクラスの真空魔法が尻尾の付け根に直接炸裂し、尻尾が身体から離断…大量の出血が始まると同時に)…ベホマ!(右手の杖から最大回復魔法ベホマが放たれ、見る見るうちに傷が回復していき…)……ふぅ…終了よ?どうかしら、季語さん?(季語さんの状態を確認するために話しかけて)   (4/16 21:34:50)

パンプ☆悪魔【店長様に他用件できたのでジーッとしてますー】   (4/16 21:34:41)

パンプ☆悪魔[観戦悪魔こんばんわぁ]   (4/16 21:31:50)

おしらせパンプ☆悪魔さん(153.120.***.9)が入室しました♪  (4/16 21:31:37)

柏木季語♂竜神り、了解……すぅ……はぁぁ……すぅ……はぁぁ……。(そう言いながら深呼吸を繰り返して。)   (4/16 21:31:31)

有希♀賢者(左手を尻尾の付け根に添えて、右手の杖もその近くにスタンバイをさせてから)では…行きますよ?深呼吸をしてください。一気に行きますから…(そう季語さんに呟いて、精神を集中させて)   (4/16 21:30:00)

柏木季語♂竜神…………ま、まぁ、目玉を潰されるよりは痛くない……よね?あ、そうなんだ。(と、話していると有希さんの右手と左手に魔法力が溜まって。)   (4/16 21:28:21)

有希♀賢者まだ麻酔の状態ですよ?本番はこれから。それでも結構痛みはあるかもしれないし…因みにこのエプロンは血飛沫防止用のエプロン。結構飛沫するでしょうしね(そう話しながら右手にヴィーナスの杖を持って魔法力を溜め始めて、左手にも魔法力を手全体に溜め始めて)   (4/16 21:25:29)

柏木季語♂竜神……あ、確かに骨を斬るから凄い痛いよね、気がつかなかった……。(もし、言われて無かったらきっとのたうち回っていただろうな。と言っている内に尻尾の肉の感じがなくなって。)うん、尻尾の感じがなくなっている。って、その格好は?   (4/16 21:22:52)

有希♀賢者じゃあ、まずは尻尾の少し上…仙骨部分に麻酔の針を打ちます。切り落とすときにかなりの激痛があるでしょうからね?いくら竜神様でも痛いのは嫌でしょうしねぇ…(と話している途中で針を既に打っていて)さてと、尻尾の感覚がなくなってきているはずですが…どうですか?(そう季語さんに話しながら、袋の中から何故か白い大きなエプロンを取り出しては身体に付けて)   (4/16 21:19:42)

柏木季語♂竜神うん、じゃ、よろしくお願いいたします。(そう言って地面に横になり、剣尻尾の腹を地面に接地した状態にして。)   (4/16 21:16:30)

有希♀賢者さて…始めましょうか?まずは尻尾を露出させて下さい。出来れば…地面に接地させた状態がいいかしら?(そう話しながらヴィーナスローブの中から何やら小箱のようなものを取り出して)   (4/16 21:14:40)

柏木季語♂竜神『来てくれてありがとう、早速だけど、有希さんの転移石の移動先を最下層にしたから、転移石で移動してください。』(と、ダンジョンに到着した有希さんに通信魔法で説明するとすぐに有希さんを家の前に現れる。家自体は何の変鉄もない、トタン屋根の庭付き一戸建てだった。)   (4/16 21:12:55)

有希♀賢者さて…この転移石を使えば直行出るのね?(季語さんに話しかけてから転移石を掲げると、一瞬で家らしき建物の前に到着して)   (4/16 21:11:17)

有希♀賢者(瞬間移動呪文ルーラで竜神の住まうダンジョンに到着して)   (4/16 21:09:25)

柏木季語♂竜神(ダンジョンに戻るとすぐに有希さんの持っている転移石の移動先を『竜神の家』の階層に指定して。)   (4/16 21:08:43)

おしらせ有希♀賢者さん(210.198.***.209)が入室しました♪  (4/16 21:08:34)

おしらせ柏木季語♂竜神さん(Android 106.157.***.240)が入室しました♪  (4/16 21:07:21)

おしらせ柏木季語♂竜神さん(Android au.NET)が退室しました。  (4/14 15:14:40)

柏木季語♂竜神【仕事中なのでお返事だけ、他の攻略者さんがいる際はその方が合意した場合、参加可能としています。私も皆様が円滑にロルが出来るように努力します、では、失礼しました。】   (4/14 15:14:36)

おしらせ柏木季語♂竜神さん(Android au.NET)が入室しました♪  (4/14 15:12:07)

おしらせシン♂ 半人半魔海賊さん(182.171.***.242)が退室しました。  (4/13 21:42:17)

シン♂ 半人半魔海賊[すいません。聞こうと思ってた事聞きそびれちゃったので書置きしますね。他の参加者さんがいらっしゃるときは来ないほうが良いのでしょうか?お返事がもらえたらそのようにしますね。では、失礼します]   (4/13 21:42:12)

おしらせシン♂ 半人半魔海賊さん(182.171.***.242)が入室しました♪  (4/13 21:40:38)

おしらせ柏木季語♂竜神さん(Android 106.157.***.240)が退室しました。  (4/13 21:34:52)

おしらせシン♂半人半魔海賊さん(182.171.***.242)が退室しました。  (4/13 21:33:14)

シン♂半人半魔海賊[了解ですでは、おやすみなさい]   (4/13 21:33:07)

柏木季語♂竜神【明日仕事ですので、それはありがたいです、お相手ありがとうございました。洞窟の次の階層、墓地の挑戦を楽しみにしています。では、おやすみなさいませ。お疲れ様でした。】   (4/13 21:32:23)

シン♂半人半魔海賊(洞窟の主の話を聞いてる内に転送された報酬と共に別の場所に転送されると宿屋のような場所に来ていて)「うん?ここは?ふむ。とりあえずは貰っておくか」(報酬をマントで覆うと魔力で別次元にしまう)「さて、竜の肉は調理した事無いからやめておいて階段降りるかな?」(そう言うと階段をゆっくりと降りていく)[最後とありますがもしお時間厳しめでしたら自分これで〆にしますよ?]   (4/13 21:29:32)

柏木季語♂竜神『調理はしなくて大丈夫なのかな?あぁ、良質な土に神代の肥料、そして毎日手入れをして育てた金剛花だ。売れば良い値になるし、強く、丈夫だ。』(と、金剛花について、説明する。肝心の見た目は純金で出来たように美しく輝く葉と茎と6枚の花弁、花弁の中央にはダイヤのように輝いている。)『………まぁ、私も渡す相手が居ないからなぁ。』(そう言って最後に報酬と宝箱とシンさんを次の階層に通じる階段にある踊り場の休憩所に転送して。)   (4/13 21:23:26)

シン♂半人半魔海賊(自分の呟きに対応してドラゴンを解体された上に宝箱やアイテムが転送されてきて)「こいつは想像以上だな。肉が食えるなら今食うか。んで、こいつは?」(金剛花を見ながら呟くと宝箱を見つめて)「花嫁衣裳貰ってもな・・・。渡す相手が居ないんだよな~~ハハハ」(頭を掻きながら想像以上の報酬に途方に暮れる)   (4/13 21:15:45)

柏木季語♂竜神『甲殻に内臓、爪に牙かな、肉は食べられるけど持っていく?』(そう言ってロックドラゴンを魔法を使って甲殻と骨、内臓、爪と牙、そして肉に解体して。)『後、ロックドラゴンが殺したモンスターの魔力結晶と、私の庭で育てた金剛花に私が作った防具、【氷原の花嫁衣装】を進呈するよ。』(そして魔力結晶30個の入った箱に青銀に煌めくティアラと薄くひらめくヴェール、オフショルダーの青み掛かった白い衣装、雪の結晶と薔薇の刺繍がされた手袋、ヴェールと同じ薄いストッキングと白いブーツの入った箱をシンさんの前に召喚して。)   (4/13 21:10:00)

シン♂半人半魔海賊(洞窟の主の声に納得しながら剣を背中にしまうとドラゴンの身体から降りてドラゴンの目を見て)「まぁ、そうなるわな。今度生まれてきたら暴れるなよ?」(見開かれた目を見つめて言うと)「で、こいつはどこから素材が手に入るんだ?」(ロックドラゴンの身体の周りをうろつきながら呟く)   (4/13 20:59:29)

柏木季語♂竜神『知恵なき竜はただの獣、残念だがモンスターに成り果てたこいつは、討伐対象だ。』(剥き出しになった肉に大剣が突き刺さると大きく眼を見開き、悲鳴をあげながら暴れまわる。一通り暴れると糸が切れたように倒れてしまった。)   (4/13 20:52:32)

シン♂半人半魔海賊「そういうことか。そりゃ、自分より強い奴が居なけりゃ居心地良いだろうけどだからこういう目にあうんだぜ?」(そう言うと背中から翼を出してジャンプすると飛んでブレスを避けると背中の大剣を抜き、甲羅が取れてむき出しになった肉に向かって落ちていき突き立てる)   (4/13 20:48:34)

柏木季語♂竜神『そう、ロックボアは皮膚が岩のように硬いけど子供の時はふわふわなんだ。そうだね、このドラゴンは元々ミニドラゴンだったけど、進化した後一階層に居座って他のモンスターを襲い始めた。』(のたうちまわっていたロックドラゴンにロケットランチャーの弾が当たり、岩石のような甲殻が弾け飛ぶ。そして最後の足掻きなのか、広範囲に岩石と土を吐き出す岩流ブレスをシンさんに向かって発射した。)   (4/13 20:44:13)

シン♂半人半魔海賊「狼ね。ロックボア。って事は猪か。まぁ、強い生き物程赤ん坊の時は弱々しいからな。このドラゴンもそうだったのかね?」(そう言うと腕をロケットランチャーに変えて暴れるロックドラゴンに撃つ)   (4/13 20:37:48)

柏木季語♂竜神『特に雪山の階層にいる白狼やロックボアの子供は可愛いよ、成長すると強いし。』(石礫が砕かれ、代わりにロックドラゴンの腕を貫いた痛み、シンさんの放ったライフルの弾は見事にロックドラゴンの右腕の間接に穴を開けて、その痛みにロックドラゴンものたうちまわる。。)   (4/13 20:34:20)

シン♂半人半魔海賊「へぇ?そうなんだ?」(声の主と話しながらロックドラゴンが投げてきた石礫をフェンシングの様に何度も突きを放って打ち砕くと剣を背中にしまって腕をライフルに変えるとロックドラゴンを撃つ)   (4/13 20:29:38)

柏木季語♂竜神『まぁねー、けどさ、子供のモンスターはたまに可愛い奴がいるんだ。』(と、雑談しているとシンさんの降り下ろした大剣がロックドラゴンの背中に深い切り傷を作る。その切り傷の痛みをぶつけるように食べていた壁の残骸を両手で砕き、腕を豪快に振るって大量の石礫として放つ。)   (4/13 20:25:59)

シン♂半人半魔海賊「へぇ、ダンジョンの管理も大変なんだな!!」(そう言うと背中の大剣を抜き、飛んで来た岩石を斬ると魔力を込めてただでさえ長い刀身を更に伸ばし、壁の残骸を貪るロックドラゴンに向かって振り下ろす)   (4/13 20:20:27)

柏木季語♂竜神『大丈夫だって、ぶっちゃけるとゴブリン達を襲った後、オーガやミニドラゴンを襲われるのを危惧しているんだ。そいつらはゴブリン達見たいに簡単に増えないから。』(顔面に拳を打ち込まれたロックドラゴンは急停止してからバックジャンプして距離を取ると口から岩石を連続して3発発射、直ぐ様近くにあった壁の残骸を口にして飲み込む。)   (4/13 20:17:32)

シン♂半人半魔海賊(声の主の返事に「了解」と言うとこちらに向かって来る竜を睨みつけて)「おいおい。そんなに怒るなよ」(そう言うとロックドラゴンの顔面にストレートを叩き込む)「退治してくれって言う割にはゴブリンたちに冷たいよな?こんなんじゃ、生き残りが居ても俺とこいつの戦いに巻き込まれて死んじまうぞ?」(そう言うとロックドラゴンの反応を見る)   (4/13 20:11:24)

柏木季語♂竜神『問題はないよ、ゴブリンのコロニーはここだけでは無いからね、ではお願いするよ。』(そう言うとダークホールを解除、シンさんの姿がロックドラゴンの目に入り、残ったゴブリン達に岩流ブレスを吐き出して轢殺、シンさんに向かって四肢を使って突進してくる、岩のような甲殻に巨大なその姿はまさに岩石、巨大な岩石が転がって来るようなプレッシャーがあった。)   (4/13 20:06:54)

シン♂半人半魔海賊(相手の感謝の言葉と共に自分の足元に出たダークホールを踏むと大きなドラゴンに襲われるゴブリンたちが見える)「おいおい。こいつぁ、酷いな。手加減とか要らねーか?本気出してゴブリンまで巻き添えにするのがあれだったら、あのドラゴンと俺を別の場所に転移させてくれても良いんだが、この状況でドラゴンだけってのはちときついぜ?」(ダークホールの中から声の主に言う)   (4/13 20:01:02)

柏木季語♂竜神『感謝するよ。そのくらいなら御安いご用だ。』(そう言うとシンさんの足元にダークホールを作り、出口をロックドラゴンのいるゴブリンのコロニーに繋げる。)『それでは、頼んだよ。』(ダークホールを踏むと一瞬で視界が暗闇に変わり、そしてまた戻ると先程と違い、壁に7~8m程の大きな穴が空いた場所に現れ、穴の中からゴブリンの悲鳴とドラゴンの唸り声、岩石が固いものとぶつかる音が聞こえる。)   (4/13 19:56:37)

シン♂半人半魔海賊(いきなり魔法で話しかけられると顔を上げて)「頼み?報酬か。ドラゴン退治ね。ふーん」(考えながら歩いていき)「良いぜ。ドラゴンとはちょーっと因縁があるもんでね。ちょうどいいや。そこまで案内してくれよ」(謎の声の主に返事を告げると歩き出す)   (4/13 19:50:52)

柏木季語♂竜神『ん?丁度良いところに来てくれたね、攻略者君、君にちょっとたのみがある、君のいる階層にいるロックドラゴンを退治してほしい、勿論倒したロックドラゴンの素材は君の物になり、私からも報酬をだす。良ければ引き受けてくれないか?』(と、洞窟の階層に踏み込んだシンさんに向かって通信魔法で話しかける柏木。)   (4/13 19:47:05)

柏木季語♂竜神『……ちょっと困った事になっているかな?』(ダンジョンの一階層の様子を見てそう言う柏木、そのモニターには通常のミニドラゴンよりも発達した腕と体格を持っている土属性の竜、ロックドラゴンに進化した個体がゴブリンのコロニーを襲撃している様子だった。)   (4/13 19:42:10)

シン♂半人半魔海賊(前回、探索して下の階に降りる階段を見つけられずに仕方なく出たダンジョンに戻ってきたシンは入口の前で腕組みをすると)「どうやったら、階段見つかるんだ?まさか、不思議のダンジョンみたいな感じか?入る度にマップが違うとかなのか?」(そんな事を言いながら洞窟の中に足を踏み入れる)   (4/13 19:42:04)

シン♂半人半魔海賊[はい]   (4/13 19:38:30)


更新時刻 10:24:18 | 過去ログ | ルーム管理