PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
竜神の住まうダンジョン、どのような者が訪れるのか…。

版権OKオリキャラは名前/性別(男性♂/女性♀/男装女子○/ふたなり☆/男の娘★)/種族か職業を記入

↓友好部屋↓
【竜の尾】http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=214210
【食事処 飛翔亭】http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=186137

●掲示板開設しました→●掲示板、予約表→https://goo.gl/zjS94J

★入り口採取
掲示板に記載して有ります

★基本ルール
攻略者側が1d7でダイスを振り、奇数なら攻略者側が採取でダイスを振り、偶数なら攻略者側がモンスターのダイスを振ります。

モンスターの数は2d6のダイスを振って決めます。採取素材の数は3d6でダイスを振って決めます。
→攻略者が複数人のパーティの場合、ダイスの数が変わります。 モンスターの数は2人なら3d6、3人なら5d6、4人なら7d6に変わります。採取素材の数は3人なら5d6、4人なら7d6に変わります。採取で奇数ゾロ目で宝箱が出ます。その後対応するロルを纏めてします。

採取、戦闘のどちらかを4回行ったら次の階層への階段に向かい、1d50を振り20以上でボスモンスターと遭遇します。10以下と50の時はモンスターハウスになります。獲得した素材の個数は、攻略者側で管理してください、無理な場合部屋主に言っていただけるとありがたいです。
【一応共用名簿がありますので、記録等ご利用ください→https://goo.gl/Of961u

主 柏木季語
 [×消]
おしらせレプン♀シャチ人魚.さん(iPhone 60.114.***.198)が退室しました。  (6/20 04:44:50)

レプン♀シャチ人魚.っと…2人は帰ったのかな…じゃあ、私も…疲れたな…よく眠れそう……酒盛りに備えて寝るか…あ、料理ありがとうございます…!(微笑んでは転移石に触れ、帰っていった…)   (6/20 04:44:44)

おしらせレプン♀シャチ人魚.さん(iPhone 60.114.***.198)が入室しました♪  (6/20 04:43:46)

おしらせレプン♀シャチ人魚さんが部屋から追い出されました。  (6/20 04:43:46)

おしらせ紘斗♂術師さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (6/20 04:42:18)

おしらせこころ♀現人神さん(iPhone au)が退室しました。  (6/20 04:42:11)

おしらせクオム〇弓士さん(Android au.NET)が退室しました。  (6/20 04:42:04)

クオム〇弓士群れると、か…………肝に銘じときますよ(自分が探索する時は多くとも12ほどまでのモンスターとしか出くわしてはいない。先程のような異様な数のモンスターと出会うことというのはこれが初めてだった。それだけに、やはりあの数での猛攻は圧巻でもあった。今回、上手くいったのは)あのモンスター達に立ち向かえたのは、なによりも先に2人がいたから、ですかね。自分も手助けはさせてもはらいましたけど……あくまでも手助け、です。……と言うよりはいい経験、させてもらいました(素材の分配を進めていく2人に声をかけながら視線はフライトドラゴンへと向いており。中をちらりと確認すれば2個入っている)お気遣いありがとございます、っと…………ご存知かもですが、クオムって言います。自分も人間ですよ。少し変わった、ね(こころとレプンへ向けてそう名乗り、一礼を。その後は転移石へと手を伸ばし)自分は帰らないと怒られるんで、帰ります。お土産、いい朝食にさせてまらいますよ(そう言い残せば一足先に転移石を用いて、ダンジョンの入口へと移動する)さて、急いで帰りますか……(朝食のおかずには困らなそうだ。と鼻歌交じりにダンジョンを後にする)   (6/20 04:41:10)

紘斗♂術師ええ、お疲れ様ですこころさん、クオムさんも助っ人お疲れ様です。ありがとうございました。(改めて2人にはお礼を言い、席に座れば取り敢えずと手早く素材分配を終わらせれば)ふぅ…これでダンジョン後のやつも終わりです、お疲れ様ですレプンさん。共に戦えて良かったです、今度は一緒に食事とかそっちを楽しみましょうね?(そう言いながらツボの近くに行き)ええ、次からはこれを使えばここに来れて次の階層「墓地」に挑めます、準備はそれなりにしておいた方が良いですね…ん、ふぁ…すみません自分は少し仮眠してから帰ります…どうぞお気をつけてー(疲れと眠気でふらーと仮眠室のベッドに横になる)   (6/20 04:33:28)

レプン♀シャチ人魚……ええ、ありがとう……いい経験になったわ……紘斗さん、クオムさん…こころさんありがとうございます…(お淑やかに微笑みつつ、踊り場に向かい。)……わぁ、…美味しそう…食べたことのない料理…(ダンジョンのものを使った料理も初めて見るのでタッパーの中身を見てはじゅる、と涎を拭う。)…じゃあ、少し寝たら夜にお鍋、振舞ってあげるわ…お酒も飲みたい…(そう言うとタッパーを受け取り、壺に入った転移石を覗き込む)…これを使えば戻れるのね…?   (6/20 04:29:00)

こころ♀現人神此処はダンジョンよ。一体一体は簡単に対処出来ても、群れてしまえば大変だもの。モンスター達も、貴方達探索者みたいにやられない様に必死だからね。洞窟は1番簡単な場所だけど、良い経験になったと思うしかないわね(普段モンスターハウスは少ない事を思いながらも、無いとは言わない。探索者達と一緒に階段を下りていけば、階段踊り場に辿り着いた。テーブルの上には何時もの様に、ダンジョン入口に戻れる転移石が詰まったツボが置かれている。他には、火茸と火蜥蜴の辛味炒め×1 フライドドラゴン×4がタッパに入れ置かれて居た)火茸と火蜥蜴の辛味炒めはクー用ね。他はフライドドラゴンよ〜(恒例のお土産であった。クオムにフライドドラゴン×2、レプンに×1。残りは紘斗の分となる。既に調理されたもの、起きたら食べる様に告げていき)えぇ、私が代理人のこころよ。見た通り、ちょっと変わった人間。いる際は探索案内の手伝いをするわ(クオムに瞳を細めて見返して、小さく頷き)疲れたなら個室で仮眠するのも良いわ。転移石で帰っでも良いし、皆んな後は好きな様にね(挨拶は軽めに、一足先に個室の方にと去って行った)   (6/20 04:23:36)

クオム〇弓士花火はこう、パーっと派手な方がいいですからね(……「はぁ……」と一つ息を吐くのは周りの緊張感、敵、として判断するものがいなくなった、と感じるからだ。身体を包むホワン、とした光……温かい光に包まれると落ちていた体力の回復を感じる。ルーナは気がつけば先へ先へ進む。階段前の大戦闘の残党がいないかを確認するように1番先頭を歩くらしい。踊り場1番はルーナだろう)……んー?自分はたまたま来れただけだからね。……えーっと……こちらの方のエスコートが紘斗さんの仕事?ならあとすこし、がんばって(2人が素材を拾い集めるのを横目に見ながら踊り場へと先に降りる。そこに待つ人に会うのは……これが初めてだ)……はじめまして、代理人の……こころさん、で間違いないですか?(おそらく2人も自分の後ろにつていているだろう)   (6/20 04:19:38)

紘斗♂術師…っ、はぁー…終わったかぁ…(駆け寄るクーの鼻面から頭までを優しく撫でながら起き上がり)出来ればこんな展開は避けたいっすわ…一歩間違えればどころの危なさじゃないっすよ…うわー素材も払わなきゃなぁ(そう言いながら拾い集め始め…るまえに)クオムさん、手助けありがとうございました、こころさん回復感謝です。レプンさん初テイムと洞窟走破おめでとうございます。(ぺこりと頭を下げながら三者にそう丁寧に言葉を放つ)さて、いつまでものんびりとしてたら何来るかわかりませんから踊り場に向かいましょう(そう言って2人が来るのを待ち、階段を降りて行けば自分も降りて踊り場に向かう)   (6/20 04:09:48)

レプン♀シャチ人魚…はぁ、…良かった、加護で直接爆風は浴びる事は無かったのね…微笑んでは結界を張り、体力を消耗したからか少しよろけつつ立ち上がり)…あら?…ふふ、結界で体力も使ったのに…暖かい…癒される…(そう言っては素材を拾い。中にカードが落ちているのを見つけると何かしら、と言いつつ小さなドラゴンの書かれたそれを拾い)   (6/20 04:04:59)

こころ♀現人神……結構無茶したわね、みんな。お疲れ様よ(爆発により砂塵が舞い上がる中、階段前の広間に風が巻き起こり辺りの砂塵を吹き飛ばす。中心に居たのは、こころであった。微笑を浮かべて探索者達を一人一人眺めて)まぁその分、実入りもあったでしょうけど。さて、回復しましょうか(『きわめてきたなきもたまりなければ けがれとはあらじ うちそとのたまがき きよくきよしともうす』杖を片手に呪を口遊む。禊…神道と呼ばれる呪術の一種。辺りが暖かな光で包まれ、探索者達の体力と毒や麻痺と言ったステータス異常を消し去る)──これでよし。攻略お疲れさん(クーも起き出し無事に紘斗にと駆け寄る。辺りには、魔力結晶×24 小鬼酒×6 大芋虫の繭×16 豊穣の繭×14 麻痺の鱗粉×28 土蜘蛛の糸×28 小竜の鱗×72 小竜の牙×48 鋭い爪×36が散乱して居た。ケイブモールorミニドラゴンのテイムを望むならば、テイムカードも落ちているだろう)   (6/20 03:57:35)

こころ♀現人神クーも紘斗も限界ね。とは言え、麻痺してるだけだから命に別状は無いけど(レプンがルル波を紘斗の前に放ち、波の結界を作れば付近の鱗粉濃度が薄まり、レプン、クオム、ルーナの元まで蔓延するのを防いだ。紘斗が回復より攻撃を選び『アクアアロー』を腕から3射、濡れて居ない残り3体に水を浴びせた。次いで『サンダーワイヤー』、『雷投網の術』を発動。水を浴びせたミニドラゴン×8に雷の糸が絡まり狙い通りに感電、鱗の硬さなど役に立たぬ攻撃にミニドラゴン×8は悶えながらも消滅した。──ルーナがクオムの方に飛びケイブモールの襲撃を回避、その隙にクオムが近距離で矢をつがえ鉄の矢を発射した。4本、その2連射は隙だらけのケイブモール達の脇腹に刺さり6体全てが消滅した。次いで、声を掛けて火の矢をつがえた。放たれた2本の矢、狙いは蔓延した粉塵による爆発か。ルル波により低減された粉塵を抜け、奥地の大蚕蛾達の側で爆発が起きた。大蚕蛾×4、ゴブリン×7が爆発に巻き込まれ纏めて吹き飛び消滅。ルル波により守られ、距離もあった為か紘斗にダメージはなかった──)   (6/20 03:57:23)

おしらせ紘斗♂術師さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (6/20 03:52:54)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、紘斗♂術師さんが自動退室しました。  (6/20 03:51:09)

クオム〇弓士前衛は…………無茶する(視線を少し逸らし確認すれば、麻痺の影響が多分に出ており、爆発のさなかにいる紘斗とクーの姿を確認する。ちらりと見れば雷系……天と地からのその攻撃は強烈な物に見える。だが、鱗粉のさなかにいる紘斗の体には相当量の麻痺鱗粉がかかっているだろう。その周りには水の膜のような結界が張られており)…………紘斗さん!!衝撃いくかも!!(いけるだろうか?鱗粉自体の量はかなり多い。そうなれば……いけるだろうか?ざっ……!!と座ったままに方向を変えれば狙うは上、大蚕蛾に向けて)燃えろ、燃えろ。鏃よ。燃えろ……炎まといし鏃……(火矢が2本放たれる。)   (6/20 03:38:45)

クオム〇弓士……やっぱ、やらなきゃ、かな(前転でのブレス回避は成功。動きを止めたケイブモールが代わりにその攻撃を受けてくれたが、残りの……動ける6匹がルーナへと襲いかかる。威嚇の通用しない、と判断したルーナは襲いかかられる瞬間、地面を蹴り、クオムの方へと飛ぶ。襲いかかる瞬間であれば勢いも着いており、お互いの衝突を狙っての行動だ。それがなっていたならば、前転の勢いのまま体は後方、ケイブモールへと向き、その距離は近い。弓を横に構えれば、ぐーっと弦を引く、近距離ならば本数は多く、四本。ギリギリ指の間に掴める本数。鉄の矢を作り出せば、2連。計8本がケイブモールを襲うだろう)   (6/20 03:38:33)

紘斗♂術師ゴホッ、ゴホ…!お気遣いありがたいですが既に浴びてしまったから止められないっすわ…すみません…!(咳込みながら満身創痍のクーをカードに戻して、敵の方を向き)せめてミニドラゴンだけは…《アクアアロー》!(水の矢を三本生成し、濡れでいない三体に放つ、そして当たれば8体を囲むように点と線をつなぎ合わせ)はぁ、はぁ…最後の一手だ…!《サンダーワイヤー》《雷投網の術》…!(天と地、両方から雷を起こしミニドラゴン達を包み込もうとする。うまく行けば濡れた体を感電するだろう)あとのは…まか、せます…!   (6/20 03:12:01)

おしらせ紘斗♂術師さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (6/20 03:07:58)

おしらせ滞在時間が360分を超えたため、紘斗♂術師さんが自動退室しました。  (6/20 03:07:53)

おしらせこころ♀現人神さん(iPhone au)が入室しました♪  (6/20 03:07:50)

おしらせ滞在時間が360分を超えたため、こころ♀現人神さんが自動退室しました。  (6/20 03:07:31)

レプン♀シャチ人魚……っ…少し…まずい…(鱗粉を撒き散らす大蚕蛾を見てはすぅ、と息を吐き) …少し、だけ…大技ね…「ルル(波」…(呪文を唱えると矢を放ち、その矢は紘斗さんの目の前で止まると波で結界が張られ。鱗粉が粉だから濡れれば…という安直な考え)…はぁ…っ…はぁ…これ…結構…体力…奪われるのね…(少しだけ息切れを起こし、だが膝はつかない)   (6/20 02:56:07)

おしらせクオム〇弓士さん(Android au.NET)が入室しました♪  (6/20 02:51:22)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、クオム〇弓士さんが自動退室しました。  (6/20 02:51:14)

こころ♀現人神(戦況、大芋虫、土蜘蛛全滅。大蚕蛾×3消滅、ケイブモール×3消滅。──大蚕蛾×4、ゴブリン×7大幅に後退。ミニドラゴン×8の内、5体が鱗が弾かれ水飛沫直撃怯み。3体ブレス準備でまた息を吸う。ルーナにケイブモール×6飛び掛かり中。クー、毒麻痺、爆発による衝撃で行動不可。紘斗、麻痺鱗粉を大量に浴び麻痺侵食中による行動阻害発生。──前衛、麻痺直撃行動阻害中の紘斗。正面の敵、大蚕蛾×3、ゴブリン×7、ミニドラゴン×8までの距離は遠距離。後衛レプン、クオム、ルーナ。背後のケイブモールとの距離は近距離。クー毒麻痺、衝撃により戦闘不可)   (6/20 02:45:28)

こころ♀現人神壮絶な光景ね。一気に処理する術がないから、ジリ貧にならないと良いけど…(レプンが水の矢を強化しては5本ミニドラゴン達と放てば、ミニドラゴン×5の鱗を弾き飛ばして怯ませ、水飛沫でミニドラゴン×5の身体を濡らした。紘斗はクーの少し前、大芋虫と土蜘蛛の間で大蚕蛾の下のポジションに『ファイヤマイン』を設置。クーは群がる大芋虫を盾で防ぎながらもファイヤマインが爆発。大芋虫×12、土蜘蛛×5がクーと共に爆発の勢いと火で焼かれ消滅。ゴブリン×7は吹き飛び一気に後退するも、消滅には至らず。クーも土蜘蛛の糸を浴び、麻痺の鱗粉を浴び大きく吹き飛び……毒と麻痺により行動停止状態に追い込まれた。宙高くいた大蚕蛾×7も爆発に巻き込まれ鱗粉をより一層ばら撒きながら吹き飛び後退。3体が焼かれ消滅、紘斗さんに麻痺の鱗粉を大量に浴びせて辺りは濃い粉塵で包まれた。クオムさんがルーナを召喚、ルーナの『威嚇』よりケイブモール×3が硬直した。迫るブレス×3をクオムさんが前転回避、硬直したケイブモール×3が逃げ遅れて消滅した。残るケイブモール×6が別の穴から出てはルーナに向かって飛び掛かって来た)   (6/20 02:45:18)

クオム〇弓士……………見た感じ、ですかね?(普段は火力という点においては力のない方だ。だが……この面子、となれば話が変わる。自分の矢は変幻自在。魔力の供給があれば問題のないものだ。戦況は動く、ミニドラゴンへ放った矢は4連。それ以上は無理だ。だがそれでも落とすことが出来たのはいいがその攻撃の手はこちらへと向くのが定説だ。避ける?後方へとさらに下がろうとするが……)っっっっ!!ルーナっ!!(背後の気配。咄嗟に胸ポケットに収めているテイムカードを取り出すと背後へと放る。カードは光に包まれれば体長30センチの黒猫が姿を現す。『ファミーリア』家族としての繋がりを持つスキル。その延長にある『威嚇』家族のためにと発揮させる力は通常の威嚇よりも強く、その体を大きく見せている。近づくな、触れるな、とそう訴えるようにケイブモール達を威嚇する)…………(迫るブレス、ミニドラゴンへの攻撃は黒い着物の者の矢が、その強い冷気を纏うそれが迫っている。その先、前衛であるミニドラゴンのクーの前では爆発が起こる、これでどれほどのモンスターが落ちるか?)…………っっっ!!(たんっ……踏み出せばそのまま身体を丸めて前転をするようにして回避を試みる)   (6/20 02:31:12)

紘斗♂術師くそ…敵が多いから敵の手数も多い…!クー!歯ぁ食いしばってくれよ!「グルッ!」《ファイアマイン》!(クーの少し前、大芋虫と土蜘蛛の間で大蚕蛾の下のポジションに火炎魔法の地雷を置き、そのまま爆破する、うまく行けば大蚕蛾の鱗粉に着火してクーやゴブリンを含めた前衛の敵を巻き込むだろう、クー自身は炎竜鎧を身につけているため被害は少なく済むはず…)   (6/20 02:07:00)

レプン♀シャチ人魚……助かったわ……(隣で何やら唱え、矢を無数に放つ彼女に少し微笑みかけつつミニドラゴンに標準を定め、矢を5本、先程と同じように取り出せば呪文を唱え)……「ワッカ アイ(水の矢」 (威力を少し強化させ、波の文様を纏わせた矢をミニドラゴンに向け、1本ずつ放つ)…少しだけ威力を強化したわ…当たれば水しぶきが飛ぶはず…。   (6/20 02:02:11)

こころ♀現人神(戦況、ゴブリン5体消滅、土蜘蛛2体消滅、ミニドラゴン4体消滅。ミニドラゴン4体怯み、ゴブリン×7泥沼静止。土蜘蛛×5、クーに糸を飛ばし中。大芋虫×8、クーの動き阻害開始、大蚕蛾×7次回クーに麻痺鱗粉直撃予告。ミニドラゴン残り×8、4体がクオムにブレス発射。ケイブモール×9がクオム背後に出現、敵意を見せるも出現しただけ)   (6/20 01:56:23)

こころ♀現人神この状況、1番火力になるのはきっと貴方よ(冷静に辺りを見て弓を構えて弦を引く姿を見ながら呟いて。2本の矢をつがえ、狙いを定めて…そうして放たれた矢が風を切る音を鳴らす。息も付かせぬ高速4連射、8本の矢が再びブレスを吐こうとしていたミニドラゴン達に殺到してゆく。半分、4体のミニドラゴンが首元の鱗を貫通、消滅。残り4体は身体を逸らすも、鱗の上から胴体に浅く刺さり鳴き声をあげて怯んだ。──状況はめくるめく動く、今のこの瞬間も時は進む。ゴブリン達は沼地に足を取られたまま悶え、土蜘蛛×7は気にせず先頭のクーに一斉に糸を飛ばして来た。そして、共に接近していた大芋虫×8がクーにと群がり盾で防ぐのも、土蜘蛛の糸が来てるのも気にせず密集してクーの動きを止める様に体当たりをしてゆく。次いで 大蚕蛾×7…ゆったり接近しながら麻痺の鱗粉をばら撒き、そろそろ先頭のクーに鱗粉が掛かりそうな位置に来ていた。残ったミニドラゴン達はクオムにとブレスを飛ばし、ケイブモールがクオムの背後に現れた)   (6/20 01:56:11)

こころ♀現人神この戦闘、クーの壁と紘斗の援護が肝なりそうね。遠距離が火力を出し切れるかにもよるけど、相手は数押しだからね。厳しいのは最初の方だけだとは思うわ(問題はミニドラゴンの鱗だろうが、先に辺りを蹴散らして集中すれば何ら問題ないだろう。先に動くは紘斗。『ストーンスパイクウォール』で壁を作り、ミニドラゴン達のブレスを防ごうと試みる。しかし、ミニドラゴン×12のブレスは凄まじく、ストーンスパイクウォールの壁を破壊。破壊された石壁がパラパラと紘斗達に降り掛かり、余波で凄まじい風と衝撃が探索者を襲う。歯を食い縛り、地に足を込めねば吹き飛びそうなところを、クーが先頭に立てば盾を構えて衝撃と風を和らげる。それにより紘斗の『泥沼化』による術式を完成、ゴブリンと土蜘蛛の広範囲を足場を沼地にと変えてゆく。ゴブリン、土蜘蛛は足を取られ、レプン、後退しながらも氷の矢を5本つがえて放ってゆく。レプンの矢が、ゴブリン5体に突き刺さって消滅。クーが遅れストーンスパイクウォールの残骸を投げ付けて、土蜘蛛×2が潰れて消滅した)   (6/20 01:56:08)

クオム〇弓士……固く、固く……貫け、貫け、貫け……ガラスを、鉄を、鋼を貫け……(そう呟きながら、弦を引けば番えられるのは硬い矢。2本の矢が番えられれば、それを最奥でブレスチャージを行っているミニドラゴンへ向けて、4連。8本……そのチャージの妨害を目的とし、放つ)   (6/20 01:36:55)

クオム〇弓士こんばんは。頼りになるかってーと……あんま期待は勘弁ですよ(状況は……えげつないほどの数のモンスター。術師でもある彼はたしか攻撃魔法を持っていただろうか?弓を扱う者としては数は暴力だ。目の前に合わられる魔法陣。おそらく転移の陣であろうそれへと歩み、その中央へと到着すれば体は光に包まれる。すっ……と体が運ばれる感覚。転移石を使ってのそれに似た感覚)…………階段前……は、こっちか(戦闘は既に始まっている。たんっ……と地面を蹴れば階段前が見える場所、黒い着物を来ている者の後ろへと付けば、周りを見つめる。黒い着物の長身の人物は弓を使うもの、その鏃に纏う冷気……特殊な矢を扱う者だ。対する紘斗の術は足を止めることに特化している者を使われており)……ブレスは厄介しょ……鱗粉も、か……(こりゃ、近寄りたくはないな。その場に立てばカンテラから手を離す。肩を落とせばその弓は右手の中に収まり)   (6/20 01:36:43)

紘斗♂術師うっわぁ…あの時よりかは少ないとは言えこれは流石にヤバイぞ…ん、クオムさんか!援軍感謝です!取り敢えずは《ストーンスパイクウォール》!《泥沼化》(棘石壁を生やしてブレスを防ごうとし、地面を泥沼へと変えてゴブリンと土蜘蛛の足を止める)「ぐぅ…ガァッ!」(クーは近くにある大きめの石や岩を投擲してゴブリンや土蜘蛛の数を減らそうとする)   (6/20 01:25:19)

レプン♀シャチ人魚……わ、こりゃ…すごいところに来てしまったわね……大丈夫かしら…(そのモンスターの数に目を見開き、冷や汗を流しつつもぎゅ、と強く弓を握れば身構え)…ん?…助っ人…!それはありがたいわ……!(不安げだった表情と声が少し明るくなり、身構えては矢筒から5本、矢を取り出せば後方に避難し) 「コンル アイ(氷の矢」(静かにそう呟けば少しだけ強化し、鏃に強い冷気を纏わせれば1本ずつ順番に放っていく)   (6/20 01:21:02)

こころ♀現人神こりゃ2人じゃ厳しい数かも知れないわね…。ん…?(状況を見ながらポツリと呟けば、入口より別の声が聞こえた。閉じてないもう片方の目を閉じ、瞼裏に別に入口の方を遠見すれば、メモリーオーブ記憶内に数度見た弓師の姿が映った)──こんばんは。丁度良かったわ、状況は見えてるわね?悪いけど手を貸してあげて頂戴。──紘斗、レプン。そちらに頼りになる助っ人を向かわせるわ(通信魔法を全員に繋ぎ、杖を床に叩いては、素早くクオムの前に転移陣を引く。場所はモンスターハウスがある少し後ろ。紘斗、レプンの最後尾…より更に少し離れた安全地帯にと送る。急ぎ迎えばすぐに合流、戦闘に参加出来るだろう)   (6/20 01:14:38)

こころ♀現人神(階段前の広場。そこには蠢くモンスター達が数多くいた。大芋虫×8 大蚕蛾×7 土蜘蛛×7の22体の虫モンスター達。他にもミニドラゴン×12 ケイブモール×9 ゴブリン×12……総勢55体のモンスター達が、探索者達を見れば一斉にそちらに顔を向けた。そして…ミニドラゴン達の咆哮、扇状の無属性ブレス×12が探索者達に放たれたと同時に開戦を知らせた。ブレスの後に続く様に先頭を走るはゴブリン達、次いで大芋虫、土蜘蛛が殺到する。少し遅れ、大蚕蛾×7が麻痺の鱗粉をばら撒きながら近寄り、比較的温和なケイブモール達は後ろで穴を掘り始めて身を隠してしまった──探索者達に開幕、ミニドラゴンブレス×12発射。先頭ゴブリン、大芋虫、土蜘蛛が探索者達に接近中。少し遅れ、大蚕蛾×7が麻痺をばら撒き接近中。ケイブモール達は穴を掘り身を隠し、ミニドラゴンが1番後衛にいる。鱗粉はまだ粉塵爆発まで至らない状況、場所は階段前の広い空間)   (6/20 01:14:25)

クオム〇弓士…………こちらの様子も、見えてます、かね?(視線は階段前を含む状態を映すオーブを見つめながら問いかける。それはこの場にはいない人、探索者達のその旅の案内をしている『こころ』へと向けての問いかけだ。それは彼女の連絡手段が柏木の使う物と同じであろう、と判断しての問いかけ。答えが帰ってくれば「手伝いっていけますかね?」状況を追う視線は真剣なもので、軽く上がる口角は少し無理矢理に笑みの形を作らせるためのものだ)   (6/20 00:57:12)

クオム〇弓士ここは湿っぽくなくてよかったよ……(暗闇の中をゆらりと揺れる明かりが1つ、竜神のダンジョンの入口前に現れる。薄紫色のパーカーを身にまとった者の肩には白銀の弓が担がれている。腰にも護身用にと左手剣をさしており)ん……看板出てるってことは……ダンジョン中?(要石前に置かれているオーブのそばに出ている看板。先日聞いた音声で代理でもある『こころ』という人物がダンジョンの案内をしている時に出ているもので)えーっと……んぅ?……たしか、こうだっけ?(『メモリーオーブ』と呼ばれるダンジョンの出来事を記録する装置、あまり確認することの少ないそれの操作方法を思い出すようにしながら手を動かしていけば、パッと視線の先には現在のダンジョンの様子が写し出されていた。1人は数度一緒になったことのある術師。もう1人、弓を扱う長身の者……こちらは見たことはないが……)   (6/20 00:57:03)

おしらせクオム〇弓士さん(Android au.NET)が入室しました♪  (6/20 00:56:18)

紘斗♂術師1d50 → (8) = 8  (6/20 00:51:31)

紘斗♂術師はぁー…久々にヒヤッとした…洞窟ではこれで4回…いや6回目だな、油断も何もあったもんじゃないわぁ…(ほんのりと愚痴るようなことを呟きながらお互い怪我がないのを確認し、素材を回収すれば階段の方に向き)そろそろ洞窟も終わり直前です、それはつまり一番危険な地帯でも有ります。気を引き締めていきましょう   (6/20 00:51:24)

レプン♀シャチ人魚……ふぅ…大丈夫かしら…折れてない?…まぁ折れても木を削れば作れるのだけれど…中々ヒヤリとしたわ…接近されたら終わりだものね…(冷や汗を拭いつつ、銛と魔力結晶を拾うと杖をチラリ、と見て)…これ、素材は何かしら…ひしゃげてしまったけれど…(杖を拾いあげればジロジロと観察し)まぁ、次に行きますか…!(中々強く感じたのか微笑みながら背伸びし)   (6/20 00:48:10)

こころ♀現人神オーガ強化して行くとあそこまでになるのねぇ…。でも、異常な強化は反動を伴う(少しばかり真面目な声が出れば、先行きは決まったと言わんばかりであった。レプンが接近するムキムキオーガに向かって、銛に氷属性を纏わせ投擲。紘斗が『ピアッシングエンチャント』を唱え、大幅に貫通力を上がった銛はオーガの胸にと深々と突き刺さった。更に氷属性が傷口からオーガの胴体を凍らせ、怯み隙が出来たところをクーが首筋にと槍を構えて刺突する。同じく貫通力が増大された骸騎士の金属槍は猛威を振るい、筋肉を貫かれて首筋にと深々と突き刺さった。口をパクパクと開けて、オーガはゆっくりと倒れ消滅した。──辺りには、魔力結晶×25が落ちていた。また素材にはならないが、ひしゃげた形をしたオーガの杖が残されていた。……奥に続く通路には階段が見える)   (6/20 00:42:20)

紘斗♂術師うお、まずい!?…!《ピアッシングエンチャント》!(怒り狂うオーガを見て危機を感じたがレプンさんが銛なら氷を纏わせ投擲する姿を見て攻撃に貫通力を大幅に付与する補助を唱える)「グアアア!!」(補助がかかると同時に攻撃を仕掛け銛を避けれぬよう足止めを行い、刺されば怯むはずのその隙を狙い首筋へ槍を突き立てようとし)   (6/20 00:28:41)

レプン♀シャチ人魚…う、わわ…っ…!何かものすごい怒ってる…?!(杖持ちオーガが詠唱を完成させてしまい、筋肉の膨れ上がった一体のオーガを見れば)も、もうこうなったら…!(素早く弓を背負い、代わりに使う予定のなかった銛を持てば速攻で技名を考える。) 「コンル オプ(氷の槍」…っ!せいやァァ!(銛全体に氷を纏わせればそれを思いっきりぶん投げて。折れる覚悟である)   (6/20 00:25:06)

こころ♀現人神(レプンが矢を3本矢をつがえて、水の矢を放てば。泥沼化から抜け出した負傷したオーガが身を持って杖オーガの前に立ちはだかり、代わりに矢が突き刺さりオーガ3体が消滅した。クーにより大蝙蝠達は槍で薙ぎ払われ、いとも容易く大蝙蝠×4を処理して消滅をさせた。紘斗が手早く腹部、胸部、頭部へと3発の狙撃をすれば、杖持ちオーガにと弾丸が向かっていき。僅かな差により杖持ちオーガが詠唱を完成させ、無事なオーガにと更にバフをかけ──杖持ちオーガは弾丸に貫かれて消滅。残ったのは無傷のオーガ、上半身の筋肉やたら肥大して口からフシューと煙を吐き、探索者達に凄まじい怒りの形相と勢いで向かって行く。──大蝙蝠×4消滅。負傷オーガ×3消滅。杖持ちオーガ×1消滅。残り、異常なまでにムキムキなオーガ×1がおこで猛進中)   (6/20 00:18:43)

紘斗♂術師レプンさんはオーガをやるか…ならばクー!そのまま大蝙蝠を蹴散らせ!「グルルッ!!」(任せろ!と言わんばかりに一度盾と槍をガァンッ!と打ち鳴らし「ガァアアア!!」と叫んで槍を大蝙蝠達へ振るい)悪いが…呪文は発動させないぞ…っと!(静かにかつ手早く杖持ちに狙いを定め、腹部、胸部、頭部へと狙撃を試みる)   (6/20 00:10:03)

レプン♀シャチ人魚……っと、…魔術はそんなに詳しくないけれど…危険そうね…(紘斗さんが壁を作り、動きがほんの少しでも止まった事に感謝をすれば再び矢を三本つがえ、ぎりり、と杖持ちオーガに狙いを定め。せめてその杖を落とせればと願いつつ)…「ワッカ アイ(水の矢」(水色の波の文様を付与すると弦から手を離し、矢を放つ)   (6/20 00:03:14)

こころ♀現人神筋肉が増してもオーガはオーガだからね(レプンが素早く後退。弓を構えて氷属性を付与した矢を射撃を始めれば、先頭の大蝙蝠の間を縫う様にオーガの胴体にと吸い込まれてゆく。5本放った矢は的確に当たり、2体が矢が突き刺さり消滅。3体は負傷するも筋肉により傷は浅く止まった。次いで紘斗が『泥沼化』と『ストーンスパイクウォール』を殺到するオーガ達に発動をさせれば、地面が徐々に泥沼化を始めて一気に駆け出し向かうオーガ達の正面に、ストーンスパイクウォールによる地のトゲトゲが行く手を阻めば、オーガ達は泥沼にハマってしまう。何とか足掻き、ストーンスパイクウォールを筋力にものを言わせて破壊。しかし、泥沼にハマっていて接近は出来ず。大蝙蝠達は、先に先頭をいき何もされずのままクーの盾にガンガンと体当たりをしている。杖持ちオーガは詠唱をしている──大蝙蝠×4、クーの盾に体当たり中。オーガ×2消滅、3体負傷。オーガ残り×4、ストーンスパイクウォール破壊するも泥沼により足を取られて静止。杖持ちオーガ詠唱中)   (6/19 23:57:12)

レプン♀シャチ人魚【コンル、ですね…地味に誤字ってしまった…】   (6/19 23:48:48)

紘斗♂術師まぁ、このくらいならなんとか、むしろ血を吸われたから赤茎草たべておきますねって…これはまずいな…《泥沼化》《ストーンスパイクウォール》!(オーガの群れが突撃してくるのをみて蝙蝠は難なく対応は出来るから後回しにしオーガに対しての妨害を優先し地面を踝まである泥沼に変化させ進行経路に棘の生えた石壁を生やすが強化されたオーガ達に対しいつまで持つか、わざと空けた空間の少し手前にクーは盾を構え陣取り、援護射撃を得ながら迎撃出来るよう身を少し低めにする)   (6/19 23:43:49)

レプン♀シャチ人魚……と、これは危険そうね…(筋骨隆々のオーガ達。それを発見すれば自分が安全に攻撃できそうな距離までたわわな胸を少し揺らしながらも走り、距離をとる) …矢は、効くかしら…「コルン アイ」(心配しつつも矢を5本程取り出せば呪文を唱え、矢に北国の厳しい冬を体現したような冷気を纏わせれば硬くしなやかな弦を引き絞り、1本ずつ正確に放つ   (6/19 23:40:11)

おしらせレプン♀シャチ人魚さん(iPhone 60.114.***.198)が入室しました♪  (6/19 23:37:30)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、レプン♀シャチ人魚さんが自動退室しました。  (6/19 23:37:12)

こころ♀現人神テイムは運だからね。紘斗は探索済んだら治してあげるけど、不安なら朝月草でも食べておけば小さな薬くらい治るわよ(あちこち穴ボコが空いた広場から、一つを選び探索者達を案内してゆく。辺りから穴ボコが消えて、薄暗くも何もない場所にと出た。特に変哲はない、広くも狭くもない空間。そこには大蝙蝠×4がバタバタとはためき、オーガ×7がたむろしていた。1人は何やら杖らしきものを持ち、ぶつぶつと呟いていた)知能があるオーガ、かしら。珍しいわねー。魔術を使うから気をつけてね(大蝙蝠×4が探索者に真っ先に体当たりに羽ばたき向かって来る。ついで、杖オーガが魔術『マッスルパワー』を使えば、他のオーガの筋力が増して上半身の筋肉が増強。武器を手に大蝙蝠達の後ろから、探索者達に向かって来た。──大蝙蝠×4先頭、探索者達に接近中。筋肉増加ムキムキオーガ×6、大蝙蝠の後ろ中衛より探索者達に接近中。後衛、杖持ちオーガ×1)   (6/19 23:31:42)

紘斗♂術師3d6 → (2 + 3 + 6) = 11  (6/19 23:21:32)

紘斗♂術師1d7 → (4) = 4  (6/19 23:21:28)

紘斗♂術師(周りを見ながら素材を集めていくが、白紙のテイムカードは見当たらず)今回は、縁が無かったようですね…まぁまた此処をめぐっていれば縁があれば出逢えますよ(そう行って気を落とさぬように声をかける)さ、階段を降りて踊り場に行くまでは危険です、気をつけていきましょう?(そう言って傷口から血が出ない事を確認してから先に進み)   (6/19 23:21:17)

レプン♀シャチ人魚1d18 → (11) = 11  (6/19 23:16:52)

レプン♀シャチ人魚あっ……あぁ…でも私猫好きなのよね…大丈夫食べたりしないわ……(テイムする?と聞かれれば顎に手を起き、少し悩んだ末)少しくらいなら血も大丈夫だから…挑戦してみようかしら…(人魚の血を吸ったらやばいかなと呟きつつも)   (6/19 23:15:07)

こころ♀現人神人間の血肉って1番ポピュラーらしいとヴァンパンアから聞いた事あるわよ。パンやご飯みたいな感覚だったかしら…?因みにヴァンパンアキャットは吸血猫、流水に弱いって事は無いけど(紘斗さんが前衛のクーの元に全力で走り出し、ヴァンパンアキャット達は後を追っていこうとするもレプンの水の網に捕らえられては身動きが取れなくなる。その隙に紘斗が『タカルジャ』の魔術によりクーを強化、身動きが取れなくなったヴァンパンアキャット達に扇状の無属性ブレスを吐けば、ヴァンパンアキャット達は衝撃で水の網ごと吹き飛び壁に叩き付けられ消滅した。辺りには、土蜘蛛の糸×12 鋭い爪×8が落ちていた。──ヴァンパンアキャットをテイムするならば、1d18を振り10以下を出せばヴァンパンアキャットのテイムカードも見付かるだろう。愛のお守り効果ならば1d18で3以上成功、2以下失敗となる。テイムは任意な為必要無ければダイスは要らない)   (6/19 23:09:37)

紘斗♂術師あーくそ!まだ狙うのかお前ら!(ヴァンパイアキャットを見ながら悪態を吐く)そんなに俺の血肉は人食いや吸血族には甘美なのかよぉ!!(そう言いながらも直ぐには逃げずギリギリまで引きつけ、近づいたらクーに向かって全力で走り)クー!遠慮なくブレスだ!《タルカジャ》!(魔力を身にまとわせ筋力や神経、そして肺活量など攻撃力に関わる身体部分を強化する補助を唱えれば)一、二の…三っ!!(クーへとスライディングし、そのタイミングを合わせてひと塊りになって襲おうとするヴァンパイアキャットへ強化された衝撃ブレスを放つ)   (6/19 23:00:04)

レプン♀シャチ人魚…えっと……流石に猫ちゃんに矢を当てるのは……(ぽいぽいとぶん投げても再び走り、紘斗さんに駆け寄る様子を遠くから見れば苦笑いして。さて、どうしようか.地面に叩きつけるなんて事は出来ない…ならば、) 「ワッカヤー(水の網」えっと、何かで読んだけど…吸血鬼は流水に弱いと聞いたから…(再び聞きなれない北の言語を叫べば波の文様から水の網が広がり、まるで魚を捕まえるようにそれを発射する。捕らえてみる方針のようだ)   (6/19 22:54:07)

こころ♀現人神紘斗は毎回楽しそうねぇ(通信魔法越しに微笑を響かせて。レプンが3本矢をつがえては、水属性を纏わせて土蜘蛛にと放たれた。糸を発射していた土蜘蛛×3の胴体に直撃、糸攻撃が止まればクーが一気に接近。土蜘蛛×3に追撃の槍突きを放っていき、土蜘蛛×3は消滅した。──一方、紘斗は群れるヴァンパンアキャット達を引きなして遠くにポイポイと投げるも、猫特有の軽やかな身のこなしてヴァンパンアキャット達は地に着地。血を求めて、再び紘斗にとヴァンパンアキャット×4が駆け寄って来る。──土蜘蛛全滅。前衛にクー。中衛に紘斗、ヴァンパンアキャット×4接近中。後衛にレプン。距離的とヴァンパンアキャットの足の速さを考えるとクーが盾によるカバーリングは難しい状態)   (6/19 22:48:34)

紘斗♂術師ええ、しかた…いてっ、ない事…あうっ!此処では戦うのは生きるたふがっ!ちょ、痛い痛い!離れろ!?(流石に四匹目はキャッチし遠くにポーイとぶん投げなんとか一匹ずつ引き剥がして遠ざけようと悪戦苦闘し取り敢えず遠くにぶん投げようとする)「…ぐる」(クーはそれをみて呆れながらも少し心配はすれど近づく土蜘蛛を対応しなくてはいけないと把握し、レプンさんの攻撃後に追撃の刺突を繰り出そうと構えながら突撃する)   (6/19 22:41:12)

レプン♀シャチ人魚…っ……!なるほど…それなら仕方ないわね…って危ない…!「ワッカ アイ(水の矢」(矢を三本つがえれば聞きなれない言語を呟くと鏃の先端に不思議なルーンでも無い、波の模様をした水色の魔方陣が現れると土蜘蛛に向けてそれを放つ。どうやら水属性を纏わせたようで)   (6/19 22:36:14)

こころ♀現人神相手もモンスターだからね。襲って来るって事は敵意がある事よ(ヴァンパンアキャットの飛び掛かりを躱して、レプンは後退。クーがヴァンパンアキャットを追い払う様にしながらも、土蜘蛛の前に立ち。紘斗さんが土蜘蛛達に向かって発砲をすれば3発の銃弾が土蜘蛛3体の眉間に撃ち込まれて消滅。残る3体がクーに向かって海老反りになれば、お尻から土蜘蛛の糸を発射して来る。追い払われてしまったヴァンパンアキャット達はターゲットを絞り、1匹が紘斗さんの足にと噛み付き牙を立てる。注射針に刺された様なチクッとした痛みと共にちゅうちゅうと血を吸い始めたが、大したダメージはない模様。残り3匹も紘斗さんの血を吸おうと群がり飛び掛かって来た。──土蜘蛛×3消滅。残り土蜘蛛×3がクーに糸を発射。ヴァンパンアキャット×1が紘斗さんの足に噛み付き吸血開始。残り×3が紘斗さんに飛び掛かり中)   (6/19 22:31:41)

紘斗♂術師なるほど、この穴ぼこの空洞音であのおどろおどろしい音になってたのか…む、敵…か!(ヴァンパイアキャットの奇襲は躱しつつ後ろの方へ離れながら銃を抜き)此方が攻撃し辛くても向こうは御構い無しですよ?まぁ脅かして逃げるようにすれば済むかもしれませんが…ね!(攻撃しづらい事に多少同意はすれどもあくまでお互い敵同士である事を告げながら土蜘蛛の方に向かって発砲、クーは当たらぬよう端によりながらレプンさんの心情に気付きシッシッ、とヴァンパイアキャットを追い払おうとしながら蜘蛛の方に盾を向け壁になろうとする)   (6/19 22:22:08)

レプン♀シャチ人魚…ん?…何この音……(穴ボコから風が抜け、不気味な音が鳴り響くとびく、と背中が跳ねては辺りを見渡し警戒し始める)……っと、お出ましね…(超音波で拾遺を探ればヴァンパイアキャットや土蜘蛛が接近してくるのを察知すると弓を取れば間一髪で交わし、遠くに離れ)…あ、でも…猫ちゃん可愛いわね…ちょっと攻撃しづらい…?(矢筒から何も付いていない矢を数本取りながらそう呟き)   (6/19 22:15:45)

こころ♀現人神魔力結晶の通路は綺麗だけど、似たようなものが多いから私も見逃し掛けたものだし、気にしないで良いわ。さて、そちらに進むなら気を付けてね?(岩場から進むと、徐々に穴ボコが目立つ通路に出てゆく。穴ボコだらけの広場に出れば、穴から風が抜けてォォォオオ…とおどろおどろしい音が聞こえた。原因はどうやら穴ボコにあったらしく、気を付けなければ穴ボコに足を取られてしまいそうであった。付近を見渡せば、赤く不気味に光る複眼がいくつも見えて暗闇からカサカサと音を立てて近寄って来る。土蜘蛛×6が姿を現して、別に岩陰には別の目が見えれば、ヴァンパンアキャット×4が探索者にと飛び掛かって来た。──前方、土蜘蛛×6接近中。横岩陰よりヴァンパンア×4が飛び掛かり奇襲を試み中)   (6/19 22:10:29)

紘斗♂術師3d6 → (4 + 2 + 4) = 10  (6/19 22:00:42)

紘斗♂術師1d7 → (2) = 2  (6/19 22:00:37)

紘斗♂術師ふむ、まぁ俺も眼鏡をつけてるから視力悪いっちゃ悪いんですよね…夜目は比較的良いですけどっと、ありがとうございます。見落とし分を送ってくれて…ふむ、二つの道ですか…どうします?乾いた空気を感じる方はおそらく安全ですが、洞窟だからよほど危険なものは滅多には出ないからあちらの冷たい空気が吹く道に行ってみます?(そう彼女に聞けばしばし悩んだ後、好奇心が勝ったのが頷くのをみてそちらの道を行くことにする)   (6/19 22:00:31)

レプン♀シャチ人魚…いやいや…私結構視力悪いのよ…だから超音波が使えるんだけどね…(目を閉じれば鯨類特有の、人間には聞こえない超音波を出しては周囲の壁や足元の石にぶつけ、周囲の空間を認識すれば足元に素材が送られた事に気づく)…よっと…この先は…分かれてるのね…どちらに進もうか迷うわ…(素材を拾えばそう呟き、辺りを見渡す   (6/19 21:55:18)


更新時刻 18:23:16 | 過去ログ | ルーム管理