PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
【祝!放送20周年記念!】
やらしい!ネジレジアのセクハラ作戦⁈

メガレンジャーのメガピンクこと今村みくちゃんのルームです。
敵はネジレジア以外でも構いません。
対メガピンク用のルームですので、メガイエローは(受けメインとしては)NGとさせていただきます。(洗脳シチュであれば構いません)

ただし、グロ・スカ、出産・排出描写はNGなのでご了承ください。
 [×消]
おしらせクトゥルフネジレさん(Android au.NET)が退室しました。  (12/10 22:17:41)

おしらせメガピンクさん(Android 118.13.***.185)が退室しました。  (12/10 22:17:34)

メガピンク【すみません…抜けますね】   (12/10 22:17:31)

クトゥルフネジレ【何か希望ございますか?応えられる限りですが……】   (12/10 22:15:18)

メガピンク【ちょっと大丈夫じゃないかもです】   (12/10 22:14:34)

クトゥルフネジレ【オリジナルのネジレ獣ですが大丈夫ですか?】   (12/10 22:13:47)

メガピンク【こんばんは】   (12/10 22:13:20)

クトゥルフネジレ【こんばんは】   (12/10 22:13:03)

おしらせクトゥルフネジレさん(Android au.NET)が入室しました♪  (12/10 22:12:59)

おしらせメガピンクさん(Android 118.13.***.185)が入室しました♪  (12/10 21:53:10)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、メガピンクさんが自動退室しました。  (12/9 22:24:14)

おしらせメガピンクさん(Android 118.13.***.185)が入室しました♪  (12/9 22:03:47)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、メガピンクさんが自動退室しました。  (12/9 22:03:24)

おしらせメガピンクさん(Android 118.13.***.185)が入室しました♪  (12/9 21:43:15)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、メガピンクさんが自動退室しました。  (12/9 21:43:10)

メガピンク【シボレナ募集です】   (12/9 21:20:20)

おしらせメガピンクさん(Android 118.13.***.185)が入室しました♪  (12/9 21:20:02)

おしらせシボレナさん(111.87.***.79)が退室しました。  (12/9 00:00:53)

おしらせ今村みくさん(Android 118.13.***.185)が退室しました。  (12/9 00:00:44)

シボレナ【楽しんでいただけたら、幸いです。お相手ありがとうございました】   (12/9 00:00:35)

今村みく【お疲れ様です】   (12/9 00:00:25)

今村みく【はい、そうですね。ありがとうございました】   (12/9 00:00:15)

シボレナ【そろそろ終わりにしようと思いますが、どうでしょうか】   (12/8 23:59:53)

今村みくはい、シボレナ様!   (12/8 23:59:25)

シボレナ私みたいになりたいでしょ。そのためには毎日、私に牝豚として尽くして尽くしまくることで、一歩ずつ私に近づいていらっしゃい!   (12/8 23:59:04)

今村みくはい…すごく幸せです……(鏡を見て)   (12/8 23:58:52)

シボレナ(みくに鏡を見せて)ほら、これが今のあなたの状態よ。自分のあまりにもの格好悪さに、恥ずかしい気持ちと自己嫌悪の気持ちを少し感じるでしょ。それに比べ、私はすごく格好よく憧れの存在でその差をすごく感じるでしょ。でもこんな情けない姿なのに憧れの存在である私に操ってもらって、すごく幸せを感じるのよ   (12/8 23:57:49)

今村みくとても幸せです……早くヒネラーシティの住民になってシボレナ様の牝豚として尽くしたいです……   (12/8 23:54:23)

シボレナあとは私が復唱しなさい!と言って、私の言葉を復唱するとき、それから最初のうちはかわいそうだから、自分の気持ちを伝えるときぐらいは例外として認めてあげるわ。 あ~あ~、顔からたくさん唾液の糸が垂れちゃっててw さあ、今のご気分はどうかしら?    (12/8 23:52:55)

今村みくはい、わかりました…(慌てて四つん這いに戻り)   (12/8 23:50:33)

シボレナそれから、おまえは私の前にいるときは、私が特別に命令した時を除いては、常に四つん這い! そして、喘いだり悶えたりする声意外は、「シボレナ様~」「はい、わかりました」「ありがとうございます」「ブヒィ ブヒィ」意外は言ってはダメよ! なんといってもおまえは私に忠誠を誓う牝豚なんだから!   (12/8 23:49:07)

今村みくえへへ…ありがとうございます(その優しさにまんまとつけこまれて虜になり)はい、分かりました…(全てシボレナ様の言うことは正しいと思い、頷いて)   (12/8 23:46:31)

シボレナつらかったのよく我慢したわね! (わざと優しい言葉をかけてみくの心を虜にする) これからは毎日、寝る前に1時間、美肌・美顔のために私の唾液を顔に塗りまくってから寝るのよ! (唾液を塗ることは美肌・美顔のためと思い込ませて、そばにいなくても毎日支配下に置き続けるように強力な催眠暗示をみくに与える)   (12/8 23:44:13)

今村みくはい…シボレナ様…!シボレナ様!シボレナ様ぁ!(身体を仰け反らせ秘部が濡れ、絶頂を迎えて床が濡れ)   (12/8 23:40:08)

シボレナ(シボレナの唾液が、塗りたくったみくの顔から浸透し、完全にみくの脳はシボレナに支配されるようになった)   (12/8 23:39:57)

シボレナ(オナニー ⇒ 寸止め ⇒ 唾液塗りまくり ⇒ オナニー の洗脳地獄を十数回繰り返されたのち)ふふふ、そろそろ終わりにしないと、あんた精神崩壊おかすわね! そろそろイカしてあげるわ! さあ、思いっきり最後まで私の前でおイキなさい!   (12/8 23:38:19)

今村みくはい…シボレナ様……(虚ろな表情のままペットボトルから手に唾液を垂らし、顔中に塗りたくり)ブヒッ、ブヒィ…ブヒィ…ブヒィ…(顔中唾液まみれで涙を流しながら悦び、落ち着いてきたら自慰を再開し)ブヒッブヒッブヒッブヒッブヒッ……   (12/8 23:37:17)

シボレナ落ち着いてきたら、またオナニーできるように暗示いれておいたから (猫がねずみをいたぶるような感じで含み笑いをしながら)   (12/8 23:34:55)

シボレナふふふ、どんな気分だい? さすがにつらいよね。(自分の唾液をたっぷり入れたペットボトルを渡して)さあ、そういうときは、このペットボトルの唾液を思いっきり顔に塗りたくりな。寸止め状態で、鼻にツンとくるし、糸ひくし、顔べとべとでつらいけど、ブヒィ ブヒィいいながら塗りたくりな!   (12/8 23:33:53)

今村みくブヒッ、ブヒッ…ブヒィッ!(シボレナ様の目を見つめながらそのまま秘部を擦り、絶頂の寸前で金縛りにあったかのように動きが止まり)   (12/8 23:30:49)

シボレナさあ、私の目をみて! 今、とっても気持ちいいよね! お前はだんだん気持ちよ~くなっていく~ でもイク寸前になるとなぜか手指が固まって動かせなくなる~! ふふふ寸止め状態になるのさ   (12/8 23:29:22)

今村みくブヒッ!ブヒィ!ブヒッ、ブヒッ、ブヒィ……!(急に股を開きそのままスーツ越しから自分の秘部を激しく擦り、ブヒブヒと鳴いて)   (12/8 23:27:53)

シボレナさあ、もう我慢できない! 思わず私の前でスーツの上からオナニーをはじめてしまう。とても恥ずかしい! でも私の命令には逆らえない ほらとても気持ち良くなるために、手がどんどん動いていくよ   (12/8 23:26:02)

今村みく(身体が言われた通りに火照っていき、身悶えてそわそわして)ぶ、ブヒィ…ブヒィ…ブヒッブヒッ   (12/8 23:24:56)

シボレナさあ、気持ちよくなってきて、おまえの体はだんだんとほてってくるよ。そしてすごくHな気分になってくるのさ。もう我慢できなくなって、敵である私の前だというのに、よがりだしてしまうのさ。もう自分をコントロールできなくなってきている、まさに牝豚さ   (12/8 23:23:32)

今村みくはい…(四つん這いのままシボレナ様の目を見つめて、顔は蕩けていき唾液をだらしなく垂らして)   (12/8 23:21:05)

シボレナほ~ら、私の目をみるんだよ。おまえはとっても気持ちよ~くなっていくよ。もうすでにかなり深い催眠洗脳状態。目がとろ~んとして、そう恍惚の表情を浮かべながら私の目をみるのさ。とても眠いけど、すご~く気持ちいい~   (12/8 23:19:52)

今村みくはい…(四つん這いになり、シボレナ様の足に頭を擦り付け)シボレナ様~…ブヒィ、ブヒィ…!   (12/8 23:18:32)

シボレナふふふ、気持ちいいだろう。この感覚を忘れるんじゃないよ。(顔に唾液がたっぷりついて、鼻や口から唾液がツーっと複数の糸をひいているような感じになっているみくの顔をみて)さあ、顔はそのままの状態で四つん這いになって、シボレナ様~ ブヒィ ブヒィといって私になついてきな!   (12/8 23:16:53)

今村みくはい…シボレナ様……(頷き、皿の上に注がれたシボレナ様の唾液を自らの顔に塗り、ピチャピチャと音が立ち)んっ…はっ…シボ、レナ様……あぁん、あ……っ!   (12/8 23:15:04)

シボレナさあ、お前はもう、自分で自らすすんで私の唾液を顔に塗りたくて仕方なくなってくるのさ。(すると皿の上にたっぷりと唾液を垂らすシボレナ) さあ、この唾液を手に取り、ここからは自分で私の唾液を顔に塗りたくりな! (これからはじまる信じられないみくの醜態を目にすることであろうことにワクワクするシボレナ)   (12/8 23:13:02)

今村みくシボレナ様、ありがとうございます…ありがとうございます……   (12/8 23:10:44)

シボレナほら、こんなことされて、唾液の匂いで鼻はツンとくるし、顔はベタベタなのに、私に対して感謝の念でいっぱいになるのさ。私の唾液の洗脳力は強力! もう逃れることはできないわ   (12/8 23:10:05)

今村みくはい…たっぷり塗りつけてください……(自ら顔を差し出し、唾液を塗られていき)   (12/8 23:08:33)

シボレナその顔をめちゃくちゃにブザマにしてあげるわ! (容赦ないシボレナは、自分の手に唾液をべったりと垂らし、それをみくの顔に塗り始める)あーはっははは 私の唾液は強力な催眠作用や幻覚作用があるのさ! たっぷりおまえの顔に刷り込んであげるよ   (12/8 23:07:22)

今村みくとても…幸せな気分です……(夢心地の表情で答え、目には光は無く虚ろな状態で)   (12/8 23:05:58)

シボレナふふふ、眠そうな顔だね。(マスクをとったことで、なおさらシボレナの術を受けやすくなる) 私に操られてる気分はどんな気分だい?   (12/8 23:04:40)

おしらせ今村みくさん(Android 118.13.***.185)が入室しました♪  (12/8 23:03:27)

おしらせメガピンクさん(Android 118.13.***.185)が退室しました。  (12/8 23:03:18)

メガピンクはい…シボレナ様……(跪き、ゆっくりとマスクを外して)私の名前は今村みくです……   (12/8 23:03:07)

シボレナふふふ、完全に操られ始めてるみたいね。 さあ、そのマスクを取りなさい! そして私の前で名乗りなさい! 【マスクをはずすのが希望でなければこの命令には反応しなくてもいいです】   (12/8 23:01:56)

メガピンクあっ、あ…っ!(完全に操られて三周相手の周りを回ったあと、相手の前で掠れるような声で)し、しぼれな、さま…シボレナ様~……   (12/8 22:59:54)

シボレナふっふふふふ、ぶざまね! 今のご気分はどうだい? さあ、四つん這いになって私の周りを3回ほど回って、「シボレナ様~」と言いなさい!(勝ち誇った表情をするシボレナ)   (12/8 22:57:54)

メガピンクい…っ!(身体が勝手に動き、相手の前に跪いては四つん這いになってしまい)か、身体が…!私の身体が…!   (12/8 22:56:00)

シボレナほ~らほら、まずは四つん這いになりなさい! 私の前にひざまづき、それから四つん這いになるのさ。心では反抗していてもお前の体はもう私の言うままさ   (12/8 22:54:43)

メガピンク牝、豚…?   (12/8 22:53:33)

シボレナそれにしても眠いせいなのか、ヒロインにしては格好悪いダンスね。さあ、これからお前には私に忠誠を誓う牝豚になってもらうわ。   (12/8 22:53:03)

メガピンクう、うぅ……(身体がフラフラと揺れていて)   (12/8 22:51:39)

シボレナ(当然と言わんばかりに得意げな顔で)あらあら、簡単に催眠術かかっちゃったわね。これからもっと楽しいことしてあげるわ   (12/8 22:51:01)

メガピンク…!(つい阿波躍りを躍りだし)あ、頭が…クラクラする……   (12/8 22:47:45)

シボレナまずは簡単なテストからいくよ! 私が指を鳴らすとお前は阿波踊りを踊りだすのさ (パチン!) 気分はどうだい?   (12/8 22:46:24)

メガピンクうぅ……(力が入らなくなり、俯いて)   (12/8 22:45:22)

シボレナさあこの光を見ていると、お前はもう体の力が入らなくなりとても眠くなってくる。   (12/8 22:44:51)

メガピンクうっ!(光をつい見てしまい)   (12/8 22:44:10)

シボレナあらら、そんなに私の術が怖い? でも逃げられないわよ。 (ポケットから不規則に光るライトを取り出して)さあ、この光を見な!    (12/8 22:43:44)

メガピンクこ、来ないで!(身動ぎし、拘束された手足を必死に動かし)   (12/8 22:41:51)

シボレナふふふ、そうね。それじゃまずは催眠術にでもかけてあげようかしら(ふてきな笑みを浮かべながら)   (12/8 22:40:59)

メガピンク…!シボレナ!(個室に入ってきたシボレナを睨み付けるように見て)   (12/8 22:39:06)

シボレナそうそう、その強気な態度好きよ。ふふふふ。その強気な態度に免じて、手っ取り早くデータカードに封印してあげてもいいんだけど、私が得意な催眠・幻覚・洗脳でたっぷりと私に忠実な奴隷に仕立ててあげるわ。(そういうとメガピンクがいる個室に入ってくる)   (12/8 22:38:16)

メガピンクど、奴隷…?ふざけないで!誰が奴隷なんかに!(監禁されて俯いているもシボレナの声が部屋に響くと強気に反抗の態度を示し)   (12/8 22:36:58)


更新時刻 05:05:35 | 過去ログ | ルーム管理