PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介いらっしゃいませ、初めてのお客様ですか?
当店では当店自慢の獣人や半獣たちと触れ合っていただく事を目的としております。
愛でる、躾ける、犯す、犯される…と、各々のNG以外ある程度自由になっております。まぁ、そういう気分になるような香は焚いてありますが(ボソッ

お客様は人間の男性、あるいは雄の獣神様・獣人・半獣、従業員は雄獣人・半獣のキャラクターを作成の上お入りください。獣人・半獣の方は客か店員か明記をお願いします。
プロフィールの必須事項と致しましては、身長と簡単な容姿。属性、獣人や獣神様は動物名もご記入ください。
また、背後会話の際は((や【】等、わかりやすいモノをつけてください。
尚、当店はロル必須となっております。
その他質問等ありましたら、支配人の私レイトに。もちろん私がいない時もご自由に遊んでいってください。
尚、CPは人間同士以外はお客様同士でも従業員同士でも自由にどうぞ。

詳しいプロフが書きたい人向けに設定所も(書かなくても参加可)↓
http://chat.luvul.net/ChatRoom?guid=ON&room_id=204086&chatter_auth=1TQ4Y3HXWkufEPIoAZT5Rv

一対一用のルムを設けました。本ルームでお相手をお誘い合わせの上ご利用くださいませ↓
http://chat.luvul.net/ChatRoom?guid=ON&room_id=204526&chatter_auth=7Bgc7Q8BBykw0qtZbD35Nw

施設については設定所の一番古いログをご覧下さい。


他随時追加予定。
 
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、レイト@支配人さんが自動退室しました。  (5/21 06:02:34)

レイト@支配人今日は奮発…お酒1杯無料サービス!(突発的に思いついたサービスを声高らかに宣言すると、早速ボードにその旨を書き込んでいき。カラフルに彩られたボードを店先におくと、お客は来るかといつもの調子でソファに座り、じっと扉を見つめて)   (5/21 05:12:10)

おしらせレイト@支配人さん(210.170.***.74)が入室しました♪  (5/21 05:09:40)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、レイト@支配人さんが自動退室しました。  (5/20 17:16:37)

レイト@支配人はー…(誰もいないロビーでぼんやりと虚空を見上げ、ため息をひとつ。行為の頻度が下がった為か体が疼いてしょうがなく、お香を炊いていないのに軽い発情状態、今なら入れられただけでイけるなんて馬鹿みたいなことを考えていたがひとまず衣装を変えようと衣装部屋に向かい)   (5/20 16:38:30)

おしらせレイト@支配人さん(210.170.***.74)が入室しました♪  (5/20 16:35:20)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、レイト@支配人さんが自動退室しました。  (5/20 05:52:35)

レイト@支配人((お疲れ様でした   (5/20 05:32:28)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ろー(2さんが自動退室しました。  (5/20 05:32:19)

レイト@支配人かしこまりました、少々お待ちください(相手の注文に了承の言葉を述べてひとつ礼をすると、指定された水着を取りに行くためにその場を離れ。先程までいた奥の衣装部屋にやってくると何のために水着を着るのだろうかと不思議に思いながら指定された水着を取り出し)お待たせいたしました、こちらがご注文のモノでございます。   (5/20 05:15:20)

おしらせろー(2さん(iPhone 45.33.***.172)が入室しました♪  (5/20 05:12:16)

おしらせろー(さんが部屋から追い出されました。  (5/20 05:12:16)

ろー(了解です   (5/20 05:12:07)

レイト@支配人((すみません、ロル必須でお願いします。   (5/20 05:11:49)

ろー(すみません。じゃあこのサービスの水着を着させてください。   (5/20 05:07:55)

レイト@支配人かしこまりました、ではあちらの席へどうぞ(微笑んだまま了承すれば、適当なソファ席へ相手を案内し。ソファへ座るように促しながら、食事・飲み物・サービスの3つのメニュー表をテーブルに並べてから、サービスのメニューについての説明をはじめ)サービスのメニュー表には店員に着せられる、または自分が着られる衣装の一覧と当店で可能なプレイの一覧が掲載されております。ご希望の際はご一報くださいませ(そんな説明をしたあと数歩離れると、相手の注文を静かに待ち)   (5/20 05:04:58)

ろー(ソファ席で、、(溜まっていた性欲を放出して虐められたい。そう思ってよりハードなプレイを求めてソファ席を要求する。)   (5/20 04:58:14)

レイト@支配人ん…?あぁ、いらっしゃいませー(人の声を店の奥で聞くと長い兎耳をぴくと揺らして反応し。一瞬気のせいかと思うが念のため奥から顔を出すと一応いたお客に薄い笑みを零しながら挨拶をし。ゆっくりと相手の元に近づいて見上げながらまた微笑めば、店内を手で示し)当店、ソファ席とカウンター席をお選びいただけます。どちらになさいますか?   (5/20 04:56:52)

ろー(こんにちはー。誰かいますか?   (5/20 04:50:51)

レイト@支配人((では来店する場面から先にお願いします。   (5/20 04:50:14)

ろー(ぜひお願いします!   (5/20 04:50:00)

ろー(はい!大丈夫です!   (5/20 04:49:45)

レイト@支配人((ありがとうございます。人間様と判断します。BLですが大丈夫ですか?   (5/20 04:49:28)

ろー(書いて来ました!   (5/20 04:48:18)

おしらせろー(さん(iPhone 45.33.***.172)が入室しました♪  (5/20 04:48:02)

おしらせろーさんが部屋から追い出されました。  (5/20 04:48:02)

レイト@支配人((ではプロフの必要事項の明記をお願いします。   (5/20 04:46:02)

ろーはい!   (5/20 04:45:47)

ろーM男志願です。虐めてください!   (5/20 04:45:35)

レイト@支配人((こんばんは。説明はお読みいただけたでしょうか?   (5/20 04:45:34)

ろーこんばんは   (5/20 04:44:56)

おしらせろーさん(iPhone 45.33.***.172)が入室しました♪  (5/20 04:44:45)

レイト@支配人人、来るかなぁ…従業員でもいいんだけど…(お客がそもそも少ないため従業員不足ではないものの、こうして店番をしているときにひとりなのは大変寂しく。気分を変えるために何か衣装でも着てくるかと考え、ソファからたちあがると衣装部屋へ向かい)   (5/20 04:37:39)

おしらせレイト@支配人さん(210.170.***.74)が入室しました♪  (5/20 04:36:03)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、レイト@支配人さんが自動退室しました。  (5/18 03:21:05)

レイト@支配人やってしまったぁ…(昨日の記憶ははっきりしている為ひどく酔っ払ったことを思い出し。ソファに転がってクッションに顔をうずめ、足をばたつかせてその思いを振り払おうとし)   (5/18 02:14:15)

おしらせレイト@支配人さん(210.170.***.74)が入室しました♪  (5/18 02:13:20)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、レイト@支配人さんが自動退室しました。  (5/17 07:05:28)

レイト@支配人((今度こそ落ちですかね…   (5/17 06:45:03)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、エルさんが自動退室しました。  (5/17 06:28:45)

レイト@支配人く、ぅ…(少しばかりキツい体勢になり、眉を潜めたが同時に先に進むのだと喜び。それが悟られたのか相手のこぼした言葉に恥ずかしさを感じて一度だけ視線を逸らし、呼吸を整え。数度深呼吸をしてもう大丈夫だと再び視線を戻せば目に映ったのは屹立する自分よりも立派なもの)っ、は、あは、は…(それが今から自らの中に入り込んで快楽を与えてくれるのだと思うと自然と笑が零れた。あてがわれるだけで急かすように亀頭に孔が吸い付き、相手の唾液と垂れた先走りのおかげである程度滑りの良くなったナカがしっかりとモノをくわえ込み)ぁあああっ!ぁ、ひぁ、おっ、きぃ、んんっ…!   (5/17 06:22:32)

エル(レイトの手で開かれた尻たぶを、さらにぐっと両手で掴んで開く。レイトの顔が苦痛と期待に歪むのをみて、思わず生唾を飲み込んだ)やらしい…(先程からペニスは最高潮に昂ぶっていて、早くこの穴に突っ込んでかき回してやりたい、とたまらない気持ちになっていた。ベルトを外して前をくつろげ、下着を引き下ろすと、怒張したものがぼろんと飛び出る。レイトがそれをみて、たまらない、といったように息をつくのが耳に届いた瞬間、もう焦らすどころではなくなっていた。とろけきった穴に亀頭をあてがい、)いくぞ…!(すぶ、と一気に腰を進める)   (5/17 06:08:28)

レイト@支配人っぁぁ!ぁ、っ、ん、りょうほ、だ、め、ぁぁぁっ(自身が軽く触れられただけで腰が跳ね、抑えていた声が溢れる。こんなに敏感だっただろうかと思い浮かべながら両方を同時に刺激されることを拒み、欲しがるようにひくついているのを自分でも感じて)はやく、も、大丈夫ですから…(いい加減我慢の限界で、手を伸ばして尻たぶを持ち上げると放っておいても開いていたそこをさらに開くように広げて晒し、先ほどよりもかなり甘い声でねだって)   (5/17 06:01:45)

エル(秘所をこじ開け、舌を差し入れ、ぬるぬると唾液を馴染ませるように拓いていく。レイトのペニスはいつの間にかすっかりふくらんで、天井に向けて屹立している)おちんちんは素直だねえ、ご褒美に触ってあげようか。…はは、びく、ってしたな。よっぽど刺激がほしいんだね。(先端からこぼれるねばつく先走りを指先ですくい取り、亀頭に塗りつけると、だんだんほどけていくアナルがくぱ、と開いた)あーあ、すごいな、ここ、…くぽくぽって開いて、物欲しそうにしてる…   (5/17 05:50:46)

レイト@支配人ん…はぁっ、っ…んん、っぁ…!(もう少し前ならまだ緩かったかもしれないが、最後にそこを使ってからかなり立っているため処女程とはいかないが締まっており。相手の舌が触れると同じようにきゅと締り、なぞられれば緩み締りを繰り返し。絶頂寸前まで上り詰めていた体には焦れったく感じるそれだが、これは必要なこととすぐにでも突き立てられたいきもちと共に声を抑えて)   (5/17 05:42:37)

レイト@支配人((いえいえ、ゆっくりで大丈夫ですよ!それにこちらは全然待ってないので…改めてよろしくお願いします!   (5/17 05:34:12)

エルあのねえ君、もうちょっと言いかたってもんがさあ…(ため息をつくが、口ほどには呆れていない。むしろ、レイトの目の奥に隠しきれない情欲がギラついているのに気づき、かわいいなあと思っている。中途半端に開いた両脚に手をかけ、がば、と開かせる)ふうん、兎獣人ってアナルまでピンクなんだ。(桃色の蕾にじっと視線を注ぐと、物欲しげにほんのり開いて、またゆっくりすぼまった。指先で触れると、驚いたようにキュッと固く閉じる)…あれっ、なんだ、あんな露出狂みたいなかっこしてるから、もっとユルユルかと思ってた。しっかりほぐしてやらないとまずそうだな…(舌先をとがらせ、ゆっくり、ぬるぬる、秘所に這わせる)   (5/17 05:34:07)

エル((では再開させていただきます!   (5/17 05:34:03)

エル((いえいえ、こちらこそじっくり考えてしまって遅くなりまして…もうちょっと早くできるよう頑張ります…   (5/17 05:33:43)

レイト@支配人((大丈夫ですよ!本当に遅くてすみません…   (5/17 05:33:10)

エル((こちらこそすみません!まだ大丈夫ですか?   (5/17 05:32:39)

おしらせエルさん(iPhone 125.192.***.22)が入室しました♪  (5/17 05:32:02)

レイト@支配人((ロル遅くてすみません…またの機会にお願いします。ありがとうございました   (5/17 05:27:59)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、エルさんが自動退室しました。  (5/17 05:26:18)

レイト@支配人ぁっ……え…(本当にあと少しだったのに急にすべての刺激がなくなるとさーっと体全体の熱が引いていくような寂しさを感じ。とは言え体の熱は本当に引いたわけでなく、ただただ体の奥にくすぶって自らを苦しめる。相手の自らに投げかける言葉に悪趣味だとでも言うように、ついでに自らを嘲笑うようにひとつ笑いゆっくり足を持ち上げると最近めっきり使っておらず締まりきったそこを晒して)…僕のいやらしくてほしがりな体、どうかお客様のその手で快楽のそこに叩き込んでください……と、こう言えばよろしいですか?(酒で思考が浮ついている為か、従順というよりかなりなめくさった態度になっているが言われたとおりのオネダリはして。とは言え余裕そうなのは態度だけ、表情は早く早くと急かすように相手をまっすぐ見つめていて)   (5/17 05:20:56)

エル…駄目。(ペニスを擦り上げていた手を止め、乳首を解放し、顔を上げる。あとひと擦りで絶頂に登りつめるはずだったレイトが、頰を上気させてきょとんとした顔でこちらを見てくるのを見下ろす)駄目だ、まだイかせない。…俺はね、とっても可愛い子を焦らして焦らして、どうしようもなくなってなりふりかまわず脚を開いて腰を振って求めてくるのを見るのがが好きなんだ。(つ…、と、へそから太腿まで指を撫で下ろす)この脚を開いて、欲しがりな場所をみっともなく晒して、おねだりしてごらん?…悪趣味だっていうならここらでやめてもいいんだけどねえ…   (5/17 05:06:01)

レイト@支配人ひゃああっ!ぁ、ぁぁっ…(火照った体に冷たいウイスキーや氷が降りかかるとあまりの冷たさにおもわず悲鳴を上げ、くたりと相手の腕に身をあずけ)ご、めんなさ…ぁっ、んぁ、ぁ、ふぁぁっ…!(ソファに倒れるとひとまず一息ついて礼を述べ用とした直後に感じるくすぐったい感触。これはダメなやつだと身をくねらせるがただでさえ力の入らない体が抜け出せる訳もなく、相手の望むがままに触れられ、舐められ、弄られ。その度に玩具のように体はビクビクはね、甘い声を漏らしていく様は下手な売女より色を帯びて艶かしく)これいじょ、ふぁ、ぁぁっ、イッ、ちゃ、ぁぅ、ぁあんっ…!   (5/17 04:57:05)

エル危ないッ!(とっさにグラスを持った手でレイトの背中を支える。グラスの中身が派手に飛び散り、レイトの身体中にウイスキーがかかった)…あーあ、ちょっと遊びすぎたか…。ごめんごめん。(グラスを置き、ぐったりしてうつろな目を向けるレイトをソファに横たわらせる)びしょびしょになっちゃったな。これじゃウイスキーが勿体無いね…(ぺろ、と、レイトの腹にこぼれたウイスキーを舐める。びくん、と跳ねる身体にかまわず、先ほどいたずらを働いたせいで冷たくなった左乳首を指先でこねくり回す。もう片方の手は、今にも熱がはぜそうなペニスへ。身体じゅうにかかったウイスキーを舐め取られながら、乳首をなぶられながら、亀頭をぬるぬると撫でられビクンビクンと跳ねるレイトの身体に否が応でも興奮は高まっていく)   (5/17 04:46:09)

レイト@支配人んぁあっ、ぁ、ふぁ、ぁ、ぁぁっ(酒のおかげでふわふわする頭には深くものを考えることができず、今はただ目の前の快楽に必死に腰を振ることしかできず。相手が何かアクションを取るたび快楽に喜びの声を上げるがやめられると指の隙間から何故という視線を投げかけ)はーっ、ぁ、ひぁああっ!?(そんな折、相手が何かを言った直後に左に感じた刺すような冷たさに快楽を見出し高い声を上げ。ぴくんと曲がり気味だった背中がまっすぐなったかと思えば、もとより酒でおぼつかぬ体、ふらと重力のまま後ろに倒れそうになって)   (5/17 04:38:24)

エルあはは、すごいねえ、腰止まらなくなっちゃってる。(快楽を追って必死に細い腰を降るたび、指の輪っかとレイトのペニスが摩擦しちゅくちゅくといやらしい音をたてる。気まぐれで輪っかを締めたり、レイトの腰の動きに合わせて擦ってやるが、すぐに手を止める。そうやって焦らされるたび、恨めしそうに赤い目を潤ませるレイトを目を細めてみつめ)君ほんとやらしいな…いい酒の肴だよ。 (空いている手でウイスキーを取り、一口あおり、汗をかくほど冷たくなったグラスを前触れなくレイトの左乳首に押し付ける)   (5/17 04:33:01)

レイト@支配人はぁっ、ぁ、んっ…(優しすぎる刺激に徐々に腰の動きは大きくなり、それが悔しいのか顔を両手で隠してしまい。そんな指の隙間から相手の指のわっかをみるとごくりとつばを飲み、その輪に自身の先をあてがうと入れるかのように腰を進めて)ぁっ、ぁぁぁっ…!(焦らされたことによって完全に立ち上がり蜜をこぼす自身は、少し擦れただけで敏感に快楽を感じ取っていた)   (5/17 04:26:36)

レイト@支配人((了解です!ありがとうございます!   (5/17 04:20:27)

エル((すみません、「ウイスキーの中で溶けつつある氷を手に取り、」はタイプミスです、スルーして下さい!   (5/17 04:20:15)

エルあれ?腰、動いてるよ…?(にやりと笑う。指先の動きは先ほどと変わらず優しく先端を撫でるだけ。それでも溢れ出す先走りを指先ですくって、くるり、くるりと亀頭に撫で付ける。ときおり、つう…と陰嚢から竿まで撫で上げるが、優しく触れる以上の刺激ではない)…どうしたの。腰、カクカクしちゃってるけど?そんなに刺激が欲しいんだ、やらしいねえ…。でもなー、俺、ちょっと疲れ気味だし。あんまり激しいことしてあげられないんだよね。…あ、そうだ。(指で輪っかを作る)…ここにおちんちん出し入れしてみたら、きもちいいかもよ? ウイスキーの中で溶けつつある氷を手に取り、   (5/17 04:18:48)

レイト@支配人っ……ん、ぁ…(こうして自身だけを見つめられることはなく、頬を赤く染めて恥ずかしそうにし。優しすぎる刺激に吐息を漏らすがじれったいとも感じているようで、無意識のうちにかくと腰が動いてしまっていて)   (5/17 04:12:26)

エルへえ、ほとんど人間と変わらないんだな。ふうん…(興味深くじっと見入って、下からつぅっ…と撫で上げ)先っぽはきれいなピンク色だね。あれ?何だろうな、これは?(指の腹で、先走りが溢れようとしている先端を、触れるか触れないかの力加減で優しくくるくると撫で回す)   (5/17 04:10:29)

レイト@支配人ぷは、ぁ…よく、いいま、す…ぁっ、んぁぁっ…(ずっと体に触れていたくせにと続けるはずの言葉は続かず、触れられただけで甘い声をこぼし。相手の問い掛けに小さく縦に肯けば肩に手をおいて膝立ちしてゆっくりと下着を下ろすと、ぷると半獣だからかあまり人と変わらない自身が飛び出し)   (5/17 04:04:57)

エルはは、兎って酒で発情するの?君が特別えっちなのかな…?まったく、そんなつもりなかったのにその気になっちゃったなあ。…なあ、半獣人のここ(腰をなぞっていた手を下着に伸ばし、つつ…と、半ば勃ちあがりつつあるそこに触れる)…どうなってるの? 俺、実は見たことないんだ、兎半獣のここ。教えてくれるよな?   (5/17 03:57:08)

レイト@支配人っっ…ぁ、ん、んく、ん…(言っていることとやっていることが違う、そういう前に唇が合わされれば流れ込んでくる酒の味に驚き。たった一口であるにも関わらず目がとろととろけ、半獣の象徴の兎耳がぴくぴくと気持ちよさそうに揺れていて)   (5/17 03:50:37)

エルそうなの?じゃあお酒だけにしとこうかな…(ウイスキーに口をつけつつ、例の腰をつ、つ…と撫で続ける)そうだ、酒はもういらないようだけど、一口くらいならいけるんじゃないの?(レイトの顎を持ち上げ、ウイスキーを口に含み、唇を押し付ける。合わせたすき間から流し込む)   (5/17 03:45:37)

レイト@支配人んっ…何もせず、ただお酒を飲んで帰ることも可能ですよ…?(撫でられるとくすぐったそうに吐息を漏らし。そしてまるで相手の心を見透かしたようにそんなことを言い、わざと尻で相手の自身をぐりと刺激してみて)   (5/17 03:38:25)

エルはは、ほんとに跨ってくれるんだ。(やっぱりとんでもない店に入っちゃったみたいだなあ、ただ酒が飲みたかっただけなのになあ…と内心ため息をつきつつ、レイトの赤い瞳や細い腰には実際そそられるものがあり)肌、きれいだね(指先で、つつ…とレイトの腰を撫で上げる)   (5/17 03:36:45)

エル((失礼しましたタイプミスです…   (5/17 03:27:08)

エル  (5/17 03:26:36)

レイト@支配人ふふ…では、先にご注文のものを持ってきますね…(相手に納得してもらえると安心したように笑みをこぼし、ふらりとたちあがるとバーカウンターの方へ向かい。案外早くウイスキーのロックとチェイサーをお盆に載せて戻ってくればそれをテーブルに起き)失礼します(一言総添えてから相手の膝の上に跨って)   (5/17 03:26:24)

エル確かに、君はそろそろアルコールをやめたほうがよさそうだね…サービスどころじゃなくなりそうだし?(流し目で微笑み、メニューに目を通し)そうだね、メニューに書いてあるわけじゃないけど、俺の膝の上にまたがってくれる?   (5/17 03:22:01)

レイト@支配人お酒は、もうたくさん飲んだので…ジュースでもいただきますね(飲むことを進められると酔っ払ったという自覚症状がある為酒はやめておき。サービスについて問われるとメニューを開いて)貸し出している衣装の一覧と、対応可能な行為について載せています。ご参照ください…   (5/17 03:13:35)

エル飲料…ウイスキーでももらおうかな。ロックで。君も何か飲むといい。(ちょっと首を傾げつつ)このサービスっていうのが…?   (5/17 03:09:54)

レイト@支配人ふふ、そーですねぇ…お言葉に甘えます(相手の言葉に笑みをこぼすと、自分が使っていた場所とは違うソファ席へ案内し、食事・飲料・サービスの3つのメニュー表をテーブルに並べて)   (5/17 03:06:38)

エルそうだな、(にっこり)ソファで。君も一緒に座る?寂しいと死んじゃうんだろ?   (5/17 03:05:39)


更新時刻 20:07:23 | 過去ログ | ルーム管理