PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
御勝手に作ったコンパス部屋。
成りきり限定です。オリキャラは基本禁止ですがプレイヤー希望の方は「プレイヤー」と書いて入室お願いします。
コンパス伽羅なら誰でも歓迎。(コラボ伽羅も可能)
イメチャ、雑談、猥談等々基本的になんでもありですので御気軽に。
入室の際プロフ欄にプレイヤーは性別やその他姿を記入、ヒーローの場合はクラスやその他服装、カラーバリエーション等記入して頂けると幸いです。

伽羅被りは無しで、お好きな伽羅でお願いします。
尚NL/BL/GLは御自由に、部屋移動も可能なのでプロフ欄に受け/攻め/リバや部屋移動可など記入。


追加:派生伽羅を可能にしました。最近では、同軸CPもありますので(ルチルチ.アダアダ.サティサティ等)派生CPをやる場合の例えは、「天狗13」のように伽羅名の前か後ろにコスチューム名を入れる等して各自で工夫して頂けると幸いです。


ルールを守って楽しみましょう。
 [×消]
おしらせグスタフ/ヴェア・ヴォルフさん(119.106.***.191)が退室しました。  (6/25 02:24:50)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ(「お気になさらずー!ほんと、根の詰めすぎは危険ですので!!!頑張ってくださいましー!(手を振り返して)」   (6/25 02:24:47)

おしらせ桜華 忠臣さん(DSi 113.144.***.43)が退室しました。  (6/25 02:22:29)

桜華 忠臣(「ぐわっ……駄目だ駄目だ!!作業といい睡魔といい、少し寝て来ます!返答していたらやたらと誤字が激しくなってしまいますしね!!(、こくこく)明日、午前中来れると思うので来る事にします!!桜華さんを少しでも安全にさせたいんで、だぁぁ、眠気駄目です……一度少し寝てから作業の方頑張りますんで!!!(、手を振り)」   (6/25 02:22:14)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ(「睡魔を覚ますですか!うーん…ミント取ります?めっちゃ目ェ覚めそうなもんですが…そして、これから作業ですか!?きっつ…!少しでも休んだ方がいいのでは!?」)   (6/25 02:15:26)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ(恨めしそうに見つめていれば、ざぱりと水を滴らせて立ち上がる忠臣をみれば、引き締まった体から水滴が流れるのを目で追う。彼が動き出したのを見て、自分も続こうと脚を踏み出した瞬間に忠臣の身体が崩れ落ちるのに目を見張る。)ただおみ!おい、ただおみ…!(壁に手を付き崩れ落ちる寸前だった忠臣の側により、見上げれば具合の悪そうな忠臣が何も身に着ける事もせずに、ゆっくりとした動きでベッドに崩れ落ちるのが目に入る。いつもはあんなに凛々しくしている忠臣があんなに弱るなんて…怪我が痛むのだろうか…?そのまま側に歩みより、鼻を鳴らして相手の様子を疑えば、うっすらと肌の色が白くなっているのに…貧血であろう事を理解すれば…)平気か?ただおみ…あまり、無理を……(そこまでいって、思わず黙る。傷だらけだが綺麗な肌に浮かぶ玉の雫を見ればこくりと生唾を飲みこむと同時に…その素肌をちろりと舌で舐めていく)   (6/25 02:14:28)

桜華 忠臣(「ですよね~……あぁ、もう……睡魔のせいで台詞入れ忘れてましたよぉ~……、睡魔を覚ます良い方法ないですかねぇ……'これから作業とかつらいんで(、)」)   (6/25 02:05:05)

桜華 忠臣(、身を縮めるように浸かりながら、彼に顔を向けては直ぐに上がってやるべきだな…と考える。あまり拗ねられるのも面倒だ、それはそれで愛い部分かも知れぬが、きちんと相手をしてやりたいと思ってしまえば直ぐ様立ち上がり軽い水音と共にフラリと浴槽から出れば相手を見下ろしながら、不意に貧血で身体が崩れ落ちそうになるのを壁に手を付いて回避しながら、最悪のタイミングだろう……と歯噛みしてしまう。そのまま風呂場から出れば衣服も身につけぬまま意識をぼんやりとさせながら部屋に戻ってくれば今にも倒れそうにしてからベッドに崩れ落ちる。   (6/25 02:03:38)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ(「こっちと一緒ですなぁ、田舎は虫の宝庫ですから!!…ですです、睡魔って知らない間にくるから…」)   (6/25 01:55:41)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ(忠臣の素肌に前足を喰い込ませつつ、前足と爪で固定してやる。ぱっくりと開いている傷をぞりぞりと舐めつつ時折入る泡の苦さを深いに思いつつも、その苦味でより忠臣の血の甘さを感じ取れる。飽きもせずに何度も何度も舐っていれば、不意に忠臣が湯船に浸かったのを見つめる。くそ、コイツ逃げたのか!思わずこちらもジトっとした目で見つつ浴槽に顎を乗せてから…)傷は、治りそうか?(なんて、傷を広げた自分が言うのもあれだが…聞かずにはいれない。そのまま湯船に浸かっている忠臣を追う様に、前足を浴槽の縁に置いてぐっと顔を寄せる)   (6/25 01:55:03)

桜華 忠臣(「対処終わり!!くっそ、奴のお陰で睡魔吹き飛んでしまったwド田舎にはGばかりで困りますなぁ~……(どうせ睡魔は襲ってくる←)」)   (6/25 01:52:00)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ(「またでたな!!Gめ!!!存分に退治してやってください!!」)   (6/25 01:48:35)

桜華 忠臣(「ちょおっと待って下さい?色々とやらかしてんで取りあえずGの対処だけさせてください、誤字すみません、Gのせいだと罪を押し付けます」)   (6/25 01:47:52)

桜華 忠臣(、背中の傷口に泡が入ってくるのに顔を歪ませていたが、直ぐに傷口をねぶりだした彼に声を上げるのを耐えながら他の部分を綺麗に洗っていく。やはり、包帯を巻いていると取るのにも人苦労だ、と眉を下げる。此処でおっぱじめるのか貴様は……とジト目を向けてしまえば傷口の痛みが逃げるように風呂に入る。入る間もふらふらしていたがお湯につかればかなり友好的だ、と微笑みを浮かべているものの、早めに傷口は治してもらおう、と思いながらもせめてアリーナーに行った時だかりたい…そう来たか、と苦笑する。   (6/25 01:45:59)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ(じゃばじゃばと水が波打つ音は、いつ聞いても慣れない。元々風呂はあまり好きでは、ないのだ…しかし、忠臣の為ならば風呂くらい耐えてやるかと思えば、ゆっくりと身体を洗う忠臣に歩み寄り、身体に濡れたタオルなどを引っ掛けてゆっくりとだが忠臣の介抱に勤しむ。…泡立つ忠臣の身体は時折泡が桃色になっているのは恐らくぱっくりと見えているその傷からなのだろう…ぐっと奥歯を噛み締めてから、泡が流れた部分をゆっくりと舌で舐めていき…なにか、忠臣が言っているのが聞こえる…忠臣の声なのに、靄がかって何も聞こえない…いや、聞こえない振りをしているだけなのかもしれない。そのまま傷口にぐじゅりと舌をねじ込む)   (6/25 01:38:22)

桜華 忠臣(、そのまま相手に支えられつつ風呂場へと向かう事にした。痛ましい傷…そう言われては否定はしない、四肢が二つもないのさえ酷い怪我だというのにおまけに古い傷痕を塗り替えるように出来た傷口は、むしろ綺麗に骨迄見えてしまっていては、もうこれで良いと思ってしまう。風呂場の扉を開けてから、残った衣類をもそもそとかなり時間を掛けて脱ぎ終われば洗濯機に放り投げて風呂場に入る。ついでに相手の事も洗ってやろうか、とも考えたが気が向けたならやるか…と考えをまとめつつも、桶に座り込み、ゆっくりとタオルに泡を際立せてから身体を洗う。)………グスタフは、本当に心配性なのだな……(、彼の言葉を聞きながら、やはり痛々しいか……なんて目を伏せて。   (6/25 01:26:43)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ(忠臣の上着を口にしていたから話す事が出来ない分を身体で表す。そのまま忠臣が素直に上着を脱ぎ、かっちりと着こなしていた軍服を床に落としていくのを鼻先でぐいぐいと隅の方へと押しやってやると、傷だらけの身体が露わになり思わず息を呑む。なんとも、痛ましい姿に少し目を伏せてから)ただおみ…やはり、見ただけでも随分と痛ましいぞ…(これが、今日ついた傷か?ともはや、傷の無い場所を探すのが難しいのでは…と思う肌をジッと見つつ薄っすらと骨の見えている背中にぞくりとする。一瞬だけかぶり着こうとしてしまうのを頭を振って振り払いつつ、忠臣の支えになる様に脚のない部分にドッと身体を寄せてから…毛皮越しに感じる忠臣のしっとりと汗を掻いている素肌とぬくもりに思わずふいと他所に視線を向ける)   (6/25 01:17:36)

桜華 忠臣…ぉ、ぐすたふ……貴様此処で脱がそうとするでないわ、……せめて風呂場で………(、上着を噛まれて体制をくずしてながらも、せめて風呂場に辿りついてからの方が色々と楽だろうが…と言いながらも、大人しく上の軍服を床にするりと落として脱ぐ。なんだ…全部脱ぐのか?と考えながらも微かに痛んだ傷口に今日出来たばかりの所は仕方ないな、と思いながらもう面倒なのでシャツも脱ぎ捨てて相手に構わず背中を向けて風呂場に向かおう、と壁に右手を付きながら進む。背中に残る、背骨迄所々見えてしまっている縦に一直線の傷口。まるで定規でも使って一線にカッターナイフをダンボールに開けたようなそんな感じの傷口を気にせずにズリズリと進んで行く。   (6/25 01:07:00)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ(わしゃわしゃと彼がこちらの毛を撫でてくるのが気持ちがいい、なんとも言えぬが…思わず脱力して身を委ねてしまいそうになっていれば、忠臣が不意に立ち上がったのに気付きこちらも思わずハッとしてからすくりと立ち上がってしまう。忠臣が風呂に入りたいと求めるのに、思わず口篭ってしまう。手伝うのはいい、なんなら忠臣の汗の香りも気にしないが…怪我が化膿する可能性を考慮すれば風呂は必須だ。清潔にしない事で傷が膿み合併症を引き起こし病になり死に至るのをしっている。だからこそ、風呂を求める忠臣に応える様に寄り添ったまま…ソファから降りようとする忠臣の上着を柔くがぶっと噛めば…ぐいぐいと後ろに下がり脱がそうとする)   (6/25 00:58:07)

桜華 忠臣(、彼が彼なりに気遣い、何かをしようと考えているのは何となく行動で分かった。だが、其処迄されるとむしろ申し訳ないのだが…現在自身の世話を焼いていた褐色のグスタフが億劫だと言わんばかりに自身を突っ放した挙げ句放置されたものなので身近は事を一人で出来るように努力はしていたが風呂は勿論、衣類を脱ぎ着替えるのさえ難しいのだ…今夜も又風呂に入れないか…としょんぼりしてから擦り寄る相手に目を丸くした後。)まぁ、好きにせよ。我は貴様に委ねる事にしよう……(、言葉を訊いては、ふ、と笑って、よしよしと頭をわしゃりと撫でる。いつ触っても心地良い毛並みだと満足しながらも、汗をかいたのだ…あまり近寄られて匂いが臭いと言われるのもあれだ…と身体を無理に起こしてから)………む、風呂入った方が良いかもしれぬ………(、汗でべったりなのもあるが兎に角身体の汚れやら包帯やら取っ払いたい、とソファから降りようとする。   (6/25 00:50:21)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ(隣で寝転んでいた忠臣の顔を見れば、綺麗…とは違うな。しかし端正な顔立ちの忠臣の顔にも…見慣れた傷がある。それも舌で舐めてやり笑う忠臣の身体を自身の体で受け止めてやりながら、器用に鼻先を忠臣の脚の上に置いてやる。ふーと息を吐きつつも落ち着く忠臣の香りと温もりにゆっくり尾を揺らしてから、顔を持ち上げる)お前は今一人じゃ何かするのも一苦労なんだろう?なら、俺は俺のやれる事をするだけだ(人型だったら、もっと忠臣の力になれたろうに…あの状態の俺を側に置けば恐らくは忠臣を引き裂き、それこそ血と油と肉だけの肉袋にしてしまうとゾッとしつつ、獣の姿でも出来る事を探ろうとするが…何が出来るだろうかと、忠臣の腰に尻尾を巻きつけて傷を労わる様に擦り寄る)   (6/25 00:40:48)

桜華 忠臣(、あまり気は進まないが…と一息ついてから相手が同じように近寄り側に来たのを横目で確認しては、目を細めて頬に感じるザラリとした彼の舌にくすぐったそうに微笑んだ後そちらに身体を向けて、あのぐらいでは早々に怪我やら何やらない、とそれだけは自信げに答えては、ほれ、ないであろう?と顔を見せて)………平気だ、気にするでないぞ(、起き上がれないのは事実なのだから何も言わないが、座っているよりは寝ていた方が身体に負担が掛からず楽だ、と一人で納得して頷けば、彼は本当に心配性だ…としみじみとした視線を向ける。   (6/25 00:34:04)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ(こちらに背中を向けて倒れ込んだ忠臣を見れば、なんともガキ臭い事をする。ふてくされた様にこちらに背中を向けているのを見れば、はーと溜め息を吐いて口枷をガシガシと手で乱暴に外せば、忠臣に続く様に自分もソレに続く。ゆっくりと忠臣の背に寄り添う様に伏せれば腹やら胸に当るシーツの感触が気持ちよく、ついうっとりとしていたが…忠臣の機嫌を取らねばと顔を向けて)心配かけるお前が悪い、ほら…顔を打ったろう、こっち向けてみろ(どこも擦ってないだろうな?と顔をじろじろと見てから、ぺろりと頬を舐め上げる)   (6/25 00:28:07)

桜華 忠臣うむ、そうした方がよいな(、こくりと頷き。   (6/25 00:19:59)

桜華 忠臣んなっ……だが、そんなに怒鳴る事なかろう!?(、怒られている理由は理解しているが、やはり彼の物言いにカチンときたのか反抗的に声を荒げるも、暫くして反省したように顔を伏せてからソファに移動させられたのをじっとしつつゆっくりと車椅子から立ち上がり、ソファに雪崩込むように座り込み、勢い良く正面から落ちれば額を抑えて少しうめく。確かにこの場合、絶対に正面からいくだろうな、とは思っていたが…と顔を歪ませながらもぞりと起き上がろうとしたが、何だか面倒になってしまえばそのまま背中を向けてソファに寝転んだままぶつくさと文句を垂れる。   (6/25 00:19:37)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ直ったか、よかったじゃないか。時折メンテナンスしてやれよ?   (6/25 00:16:05)

桜華 忠臣っと……今帰ったぞ……(、不調を直し終えたのか満足したプレイヤーを横目に。   (6/25 00:14:22)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフああ、構わん。ゆっくりしてこい   (6/25 00:02:14)

桜華 忠臣………む、すまぬ、ちとパソコンの不調を主が直すようで離席するぞ(、慌ててそう言って   (6/24 23:58:28)

桜華 忠臣おぉ?良くわからんが……お疲れ様、だな。(、首を傾げながら手を振る。   (6/24 23:51:14)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ悪ィな…また今度会おうな(またなと尾を振って)   (6/24 23:50:31)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフうるさい!!お前!あれだけ気をつけろといっただろうが!ただでさえお前は危なっかしいんだ!(全くとこちらも相手に怒鳴り返してから、忠臣の車椅子の脚を乗せる足置きの右足部分に噛み付きぐいぐいと引っ張ってやり移動させてやる。そのまま引っ張ったままでソファの側に連れていけば、ふん!と鼻息を荒くしてはぐるると低く唸ってやり…忠臣の血の香りが漂うその車椅子の側から離れないように座り込みつつ左足にソッと鼻先を置いてやりジトっとした目でねめつける)   (6/24 23:50:16)

おしらせリリカ/マスカレードさん(3DS 183.86.***.195)が退室しました。  (6/24 23:49:49)

リリカ/マスカレードあ、お疲れ様…リリカもO2引退する…リリカは空気に…酸素にはなれないの……じゃあね(と、部屋を出て)   (6/24 23:49:45)

桜華 忠臣お疲れ様、だな?(、慌てて気付けば手を振り。   (6/24 23:49:13)

おしらせ13さん(3DS 61.4.***.245)が退室しました。  (6/24 23:48:39)

13ン…俺ちゃんももう寝なきゃだし…今日は此処んとこでお休みかな..じゃァまた明日(ひらりと手を振れば鎌と鎖持ち部屋を後にして)   (6/24 23:48:35)

13ン…お疲れさん(頬に口付けを落とされれば僅かに頬を赤らめつつもひらりと手を振り背中を見送って)   (6/24 23:47:10)

リリカ/マスカレードリリカはO2……あ、ルチアーノさんお疲れ様…   (6/24 23:45:43)

おしらせルチアーノさん(iPhone 124.208.***.7)が退室しました。  (6/24 23:45:29)

ルチアーノ……やっぱりって言うな(耳先まで赤らめた顔を隠すように胸板に顔を埋めたままで居て、抱き締められては目を細める。不意に時間を確認するように顔を上げて時計を見ては13から身体を離して)…すまないがそろそろ時間だ(そう告げては13の頬に軽くキスを落とし"またな"と言い、扉まで歩きノブに手を掛けては部屋内の皆に手を振り退室して   (6/24 23:44:55)

13……ふ、やッぱり..(予想していた返事にふは、と笑いつつ胸板に顔を埋められれば少し目丸くするもふわりと包み込むように抱き締め)   (6/24 23:41:29)

桜華 忠臣ぅおっ……大声を張り上げるのグスタフ!心臓が止まるだろう、戯け!(、吠えるグスタフを視界に入れてから、少しして顔を下に向ければ…あぁ…そうか、約束を破ってしまったのか……と思い出しては目を細めて右の掌を握り締めて深呼吸すれば)……………すまない、まさか……あのような………(、口籠もれば、まさかホームで喧嘩を始めたとある二人を止めようと割って入った挙げ句、背中から腰に掛けて斬られるなど誰が予想していた事か………車椅子は血で酷い事になったが綺麗にしてもらった為良いが、と思い。   (6/24 23:41:21)

リリカ/マスカレード(この空気、どうしよう…よし、このまま空気になってやりすごそう、と、精神統一を始めて)   (6/24 23:39:08)

ルチアーノ……やっぱりダメだ…(改めて言われてはやはり気恥ずかしいのか、顔を俯かせ首を緩く横に振り、額から指を離しては13の胸板に顔を埋めて   (6/24 23:37:49)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ(ぱたぱたと駆けていく藍色の少女を見送りつつも、―――落ち着けない。しっかり気をつけろと言ったしソレを守るとも言ったのに、何故怪我をしているのか…怪我が酷くなるばかりの彼を想えば…いっそう喰らい尽くした方がと想ったが直ぐに首を横に振りその思考を撃ち砕いていれば…キィキィと車椅子に乗っている忠臣が視界に入る…その瞬間に、ぐわっと口を開けて)ただおみ!!!!(思わず怒号を上げてしまうのは、仕方ないだろう…心配させ、約束を破るお前が悪いのだと理不尽な怒りをぶつけてしまう)   (6/24 23:36:15)

13ぇ..良いの..?……じゃ可愛ィ(何度も言わなければと言われれば少し安心したようにそう言いつつふ、と表情緩め額を小突く手が止まれば少しきょとんとして)   (6/24 23:35:31)

ルチアーノ……何度も言わなければ、言ったって構わない…(眉を下げた13を見ては目を逸らしながら言い、額を小突く指を止めて   (6/24 23:33:13)

リリカ/マスカレードおかえりなさい、(うぅ、あんな変態達(狐派生一家※マルコスは除く)と一緒にされるのは嫌…リリカは純粋リリカは純粋リリカは純粋リリカは純粋リリカは純粋……と永遠に心の中で唱え続けて)   (6/24 23:32:16)

13ンぁ…お帰りー(ひらと軽く手を振り)   (6/24 23:32:02)

ルチアーノいってらっしゃ……いや、お帰り、か(手を振りながら言い   (6/24 23:31:27)

桜華 忠臣………あぁ、と………これは今晩和、と言えばよいのだな?(、プレイヤーに車椅子を半端強引に押し出されて体制を崩しながら入り口の前で首を傾げて挨拶を零す。   (6/24 23:31:03)

13ン…いってらっしゃーい(ひらひらと手を振り見送って)   (6/24 23:30:05)

おしらせ桜華 忠臣さん(DSi 113.144.***.43)が入室しました♪  (6/24 23:29:49)

13…はぃ..(これ以上誤魔化せないか..なんて考えれば少し申し訳なさそうに眉を下げつつ額を小突かれれば苦笑いして)   (6/24 23:29:34)

リリカ/マスカレードい、いってらっしゃい…(危なかった……と思いつつ手を振り)   (6/24 23:29:17)

おしらせプレイヤー♀/主さん(DSi 113.144.***.43)が退室しました。  (6/24 23:28:20)

プレイヤー♀/主……わわっ、落ち着きましょ、グスタフさんどうどうです!!えぇと、なら連れて来ますから!はい、本人けろっとしているんで、一発かましてやってください!!(、声を荒げた彼におっかなびっくりしていれば、連れて来い、なんて言われてしまえば連れて来ないと危うい危うい~、と笑っては立ち上がり、軽く全員に会釈して)……では、すこぉし連れて来ますんで……せめて此処に運んであげるぐらいは手助けしてあげないとですし(、わたわたと走り去り。   (6/24 23:28:06)

ルチアーノ……言おうとしたんだろう…?(目を泳がせる13を見ては苦笑しながら言い、頬から指を離しては額を指先で小突いて   (6/24 23:27:10)

リリカ/マスカレードあっ、違うのぉ、いくら自分のファンでも反応がヘタれで可愛いからって、そんな…(と、否定しきれていない否定をして)   (6/24 23:24:57)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフ(アリーナでもなければ、ただの喧嘩に巻き込まれた上に怪我をしたという忠臣。聞けば聞くだけなんとも、運のない奴と思わず顔を覆いそうになるのを耐えつつ心配なのは、やはり変わらない。ただでさえアイツは自分で動くのも一苦労なのに、それならきっと酷い怪我をしているんじゃ…もやりと胸を埋めるもやもやに顔を顰めつつ)連れてこい。短時間しか共にいれないとはいえ、心配は心配だからな(ふん!と鼻息を荒げつつ、ぐるると歯を剥き出しにして)   (6/24 23:24:09)

13…ど、どした?(ジッと見つめられれば少し動揺し目游がせつつも反対の頬も引っ張られれば目を丸くしまた"ぃひゃぃ…"と呟いて)   (6/24 23:23:37)

プレイヤー♀/主ふふ……やはり、そうなんですねぇ~……隠し事は良くないですよん?(、図星か?なんて屈託なく笑ってからかい。   (6/24 23:22:53)

リリカ/マスカレードひゃわ!?な、なんでどうしたの、いや、狙ってるって…!?いやリリカはカラバリ3と…あっ、ちが…(と、完全に動揺して、思わず一番知られたくないことを言いかけて)   (6/24 23:21:47)

プレイヤー♀/主リリカちゃんは、あれです?マルコスくんの事やはり狙ってるんですかねぇ?(、笑みを浮かべている彼女に少し声を掛ける。   (6/24 23:19:17)

リリカ/マスカレード(誰もリリカのこと気にしてない!これは絶対バレない!と思い、ニコニコして)   (6/24 23:17:45)

ルチアーノ………(肩に埋めていた顔を上げてはジッと無言で見つめ、呟いたのを聞いては一旦離し、もう片方の頬も引っ張って   (6/24 23:16:36)

プレイヤー♀/主はいはい、只今ですです!(、すたすた入って来てから、グスタフの元に行けばしゃがんで)………そうなんですよ……又怪我をした……というか、怪我をさせられてしまったというか、ですね?(、心配そうな彼を気遣いながらも、そろりと頭を撫でてみる。実は、ですね……と口を開けば、総師……アリーナーじゃなくてホームの方でとある喧嘩に巻き込まれてしまいまして…怪我しちゃったんですよ……あはは、と笑いつつ至って表情を変えてから、あの傷は……ちょっと快かった、と悩ませて。   (6/24 23:15:42)

13本当本当!(嘘を付けば罪悪感に押し潰されそうになるも頬をむにと引っ張られれば目を丸くし地味な痛みに"ぃひゃぃ……"なんて呟いて)   (6/24 23:15:07)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフおお、お帰りだな   (6/24 23:11:47)

ルチアーノ………本当、だな?(肩に顔を埋めている為か、僅かに上がったのに気付いては間を長く置いてから聞き、指で小突いていた頬をむいっと引っ張って   (6/24 23:11:43)

13お帰りィー   (6/24 23:10:38)

13….ぇ?…ち、ちが..違いますよォー(呟きが聞こえればギクッと肩を僅かに上げつつ冷や汗を拭う。ばれた!?なんて慌てつつ頬を指で小突かれれば擽ったい感覚に目尻を赤く)   (6/24 23:10:21)

ルチアーノお帰り(手振り   (6/24 23:09:21)

リリカ/マスカレードおかえりなさい、   (6/24 23:09:00)

プレイヤー♀/主生きて帰還、出来たぁ………(、ほっとしてから周りを見て。   (6/24 23:08:26)

ルチアーノ……まさかと思うが、可愛いと言うつもりだったんじゃないだろうな…(彼が何を言い淀んだのかを考えていたのか、不意に顔を埋めたままそう呟く。笑って目を細める彼の頬を指で小突き、むにむにと弄り始めて   (6/24 23:07:07)

13おォ…(再び肩に顔を埋められれば頭を再度撫で始めつつも呟きが聞こえればふは、と笑い目細めて)   (6/24 23:04:54)

リリカ/マスカレード(まだ誰にもばれてないよね…?と周りの顔色を伺って安心し、「い…き…でき…ない、いわ、ないから…はな、して」と言うパートナーから手を離し)   (6/24 23:04:26)

グスタフ/ヴェア・ヴォルフああ、お疲れだ。早く寝ろよ?(またなと尾を振って)   (6/24 23:03:23)


更新時刻 10:53:07 | 過去ログ | ルーム管理