PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
 束の間の平穏が翳りを帯び始め、病と花に犯されゆく世界。

 そんな世界で、彼等は戦いの疲れを癒やすように、一時の官能と快楽に身を委ねる_________。



 ここは「花と病と人と異形と。」のR部屋です。

 過剰なエログロがしたい場合は此処でするよーに!


本家部屋
http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=545593

ルブル第二
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=252373
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、Vさんが自動退室しました。  (4/19 13:59:35)

おしらせVさん(Android au.NET)が入室しました♪  (4/19 12:20:28)

おしらせ蝋燭。さん(iPhone 60.112.***.245)が退室しました。  (2019/7/23 00:21:09)

蝋燭。MF「おー、凄いね、池みたい。さてどうしようかな。だいぶ楽しんだし、もういいか」勢いよく穴から吐き出された白濁を見ては笑い、そろそろいいか、と指を鳴らす。直後、本当に直後、ZERUは日常へと戻る。彼が先程まで眠っていた場所へと。あの無貌の狐は何処にもいなかった。ただ、もしも彼女がいたら、自分がどのように犯されていたのか。その知識のみが、ZERUの頭に残っていた。   (2019/7/23 00:21:06)

蝋燭。(引き伸ばされた腹の皮がだらしなく垂れた。)   (2019/7/23 00:20:58)

蝋燭。ZERU:ぎぃっ!?あ"ッ、ァ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"ッ(腹を押し出されれば勢いよく白濁が吐き出される。目はもはや白目を向いていて、無理矢理引き伸ばされたパラパラ❗)   (2019/7/23 00:20:49)

蝋燭。MF「すっかりメスだな。いやぁ楽しかった楽しかった!」白濁を溢れさせながら震えるZERUをとても嬉しそうに眺めていた。既に先程までZERUを責め立てていた剛直はない。不意に、力を込めて膨れた腹を押してみて。   (2019/7/23 00:20:41)

蝋燭。ZERU:あぁああああッ……!(引き抜かれる剛直。それとともにぶしゃああああと、吐き出された白濁も溢れ出す。その合間すらガクガクとふるえ、先程まで主張していた翼もへなりと力なくなっていた。)   (2019/7/23 00:20:34)

蝋燭。MF「あっは、まるで妊婦だ。孕ませるのも面白いかなぁ」すっかり腹の膨らんだZERUの様子に満足げに笑う。その間にも白濁は吐き出され、どろどろと零れて水たまりのようになる。ようやく白濁が止まれば、おもむろにMFはその剛直を引き抜くだろう。   (2019/7/23 00:20:28)

蝋燭。ZERU:ぁああぁぁッ……!!!(自身の中に熱い白濁を流し込まれた時、ZERUの体はより一層強い震えを起こしながら、消え入る悲鳴をあげる。どくどくと中に吐き出される白濁は、腸を全て染め上げてしまうほどに多く、熱くなってしまって、男にそういう器官はないというのに、ぼっくりと腹が膨らんでしまった)   (2019/7/23 00:20:20)

蝋燭。MF「はは、いいよ、いくらでもくれてやるッ……!」悲鳴混じりに必死に懇願するZERUがあまりにも可愛いから。MFは満足げに笑い、そしてひときわ強く腰をうち付ければ、直後、熱く滾る白濁を中に吐き出した。いくら出してもそれは止まらず、白濁だけで腹が膨らんでしまいそうになっていて。   (2019/7/23 00:20:12)

蝋燭。ZERU:ぁああッアアっくだひゃァアあ、くだひゃァアぁあッ!!(太く早まるストロークに、もはや喘ぎ交じりのおねだりではなく、悲鳴交じりのおねだりとなっていた。もうプライドも理性もない。ただ募る募る快楽と熱が、それだけがほしくてほしくて仕方がない。だから必死に、必死に、懇願した。)   (2019/7/23 00:20:05)

蝋燭。MF「最っ高だなぁ……!ほら、もうすぐ出すよ。欲しいだろ?」自ら腰を振り始めるZERUの様子に嬉しそうに笑いながら絶えず腰を打ち付けている。そろそろMFも限界が近いのか、さらにそのストロークは速度を増して、ZERUという存在を白く染めあげようとする。   (2019/7/23 00:19:57)

蝋燭。ZERU:あぁああああああっ!!!(もはや喘ぎ声は一つ一つが重なって悲鳴へと変わる。しかしそれは悦びの悲鳴。責め立てられるような言葉と、体を壊し尽くすほどのストローク。体はもう限界だ。それでも、彼は快楽の先を求めて自ら腰を振ってしまう。)   (2019/7/23 00:19:50)

蝋燭。MF「……そんなに欲しいんだ?さっきまで嫌だ嫌だって泣きわめいてたのに?無理やり連れてこられて無理やり犯されてるのに?とんだ変態。……でも欲しいってんなら、あげないと……ねッ!」嘲笑を浮かべ、ZERUを責め立てるような言葉を吐く。そうやって壊していく。プライドも何もかも。そして、MFは一度腰を引くと、ばちゅッ!!と、音を立てて腰を打ち付ける。先程よりもずっと早いスピードで彼女は奥を抉って。   (2019/7/23 00:19:42)

蝋燭。ZERU:ッ…、俺、を…そのドリルみたいな大きなもので、ぐちゃぐちゃに発掘してください…ッ(プライドの崩落。これまで自分が誰かにやってきたことを、自分がしている。よくわからない強烈な快楽に、頭はもう完全に墜ちきっていた。ねだる。すがる。あんなにも嫌だったことを、自分は、こんなにも欲している。)   (2019/7/23 00:19:34)

蝋燭。MF「……何を、どうやって?」拙いねだりの言葉じゃあやる気になんてなれない。もっといやらしく言ってみろと、嘲るような彼女の目が語っていた。出来るだろう?何度もそれを強要してきたんだから、やり方だって分かるだろう?それをやるだけだ。それだけで欲するものが手に入る。   (2019/7/23 00:19:25)

蝋燭。ZERU:…ぁ、……あ…(あんなにも終わりを望んでいたのに、終わってしまうと今度はよくわからない喪失感を感じてしまう。あろうことか、あの感覚をもっとほしがってしまっている。それがおかしいとかんがえるだけのあたまはもうなかった。…求めなくては。もっと、あの感覚を。)…くだ、さい   (2019/7/23 00:19:15)

蝋燭。MF「興が削がれた……。……そんなに嫌がるならやめる」冷めた目で、微塵の興味も抱いていない目で、ZERUを見ていた。そう見せかけているだけかもしれないが、快楽に溶けた思考でそこまで頭が回るとは思えない。……興が削がれた、と言っていた。ならば、相手がこちらに再び興奮するようにすればあるいは。……例えばおねだりとか。   (2019/7/23 00:19:08)

蝋燭。ZERU:ッ…、ッ……?(動きを止めたMFを上目遣いで見る。別に意図したわけではない。自然にそうなっただけだ。…やめろといった側とはいえ、何故こうもおとなしくやめたのかを聞こうとしたが、相手の表情を見ればすぐにそれがわかった。散々攻められた箇所がじんじんとする。)   (2019/7/23 00:18:59)

蝋燭。MF「……そんなに嫌なら止めてやるよ」嫌だ嫌だとまるで子供のように泣き叫ぶZERUを冷めた目で見て、そして一切の動きを止めた。胸元を弄ぶ手も話して、腰も当然動かない。入れっぱなしで何もしない。……先程まで面白がって、こちらへ関心を寄せていた彼女が、まるでどうでも良さそうにZERUを見ていた。   (2019/7/23 00:18:52)

蝋燭。ZERU:やッ、嫌、やだっ嫌だぁっ!(囁きを聞けば、嫌だ嫌だと悲痛な声をあげる。しかしその声を遮るかのように容赦のないストロークが襲い掛かり、苦痛が快楽にねじ曲げられている。もうそこにいつものZERUはいない。強烈すぎる感覚に悲鳴をあげながら嫌だ嫌だと拒む、子供でしかなかった。)   (2019/7/23 00:18:43)

蝋燭。MF「みんな最初は嫌だ、耐えられない、なんて啼く。でも次第に溺れてく。もっともっと欲しいって、深いところまで犯されたいって。……お前もそうなる」ぐちゃぐちゃなZERUの頭の中に痕をつけるように囁く。事実だ。最初は慣れないから怯えるだけで、慣れればそれを欲する。病みつきになってしまう。それを分かっているMFは、容赦なく腰を動かしてZERUの理性を削ぎ落とそうとするだろう。   (2019/7/23 00:18:36)

蝋燭。ZERU:ッ…!?え、ぁあああっ!!?(拷問だ。圧倒的な拷問だ。理性が飛んでしまったのを無理矢理起こし、その直後にその悪魔的な剛直で本来入ってはいけない領域まで押し込み蹂躙する。S字結腸、つまり腸の出口手前の箇所まで抉り尽くすそれは、もう暴力でしかなかった。前と後ろをこれでもかと弄ばれ、起きたばかりの頭は既にぐちゃぐちゃだった)   (2019/7/23 00:18:21)

蝋燭。MF「起きろ」命令する。それだけでZERUは無理やり意識を取り戻すだろう。それを確認したMFは、突然激しく腰を動かし始める。S字結腸の粘膜をぐぷぐぷと出し入れして、より深く彼に快楽を刻んでいく。片手で腰を押さえて、もう片方の手で彼の胸元の頂きをぐりぐりと責め立てて。   (2019/7/23 00:18:13)

蝋燭。ZERU:ッッッッ!!?(もはや声すらでなかった。その一瞬で何もかもが起こりすぎて、反応すらも遅れてしまっている。入り込んだのまではわかった。でもそれを認識した時点で、意識が飛んでしまったのだろう。体はガクガクと震え続けている。もうそこに理性などなかった?)   (2019/7/23 00:18:05)

蝋燭。MF「邪神君みたいな生意気な子はいっそ思いっきりやったほうが可愛くなるからね。その目が恐怖から色欲に変わるのが楽しみだ」恐怖に怯えた目でこちらを見るZERUの姿にうっそりと笑えば、ずぢゅんッ!と、嫌な音を立てて奥の奥まで入り込む。前立腺を超え、S字結腸まで貫いた剛直。それだけで果ててしまいそうになるような強烈すぎる快楽だ。   (2019/7/23 00:17:57)

蝋燭。ZERU:…ッ、なん、だよそれ…ッなんなんだよッ…!?(荒い呼吸の中、四つん這いにされたかと思えば再び何かが秘部に宛がわれる。あぁ、もうこの時点で体が震えてしまった。明らかに巨大で熱い、もはや鈍器とも言えるそれ。あぁ、そんなものを入れられてしまったら、先程の二本でさえズタボロにされていた自分は、どうなってしまうのだろう。恐怖だ。恐怖だけが全てを支配していた。体はかくかくと震え、汗は滝のように溢れ出す。先程までMFを睨んでいたはずの目は完全に別のものへと変わっていた)   (2019/7/23 00:17:48)

蝋燭。MF「うん、大丈夫だね。ほらまだへばったらだめよー」明らかに大丈夫では無い様子のZERUに大丈夫という判断を下すと、MFはZERUを四つん這いの体制にさせ、後ろから彼の腰を掴む。そしてZERUの秘所にあてがわれたのは、2本分のバイブよりも太く大きく、熱い欲望だった。   (2019/7/23 00:17:41)

蝋燭。ZERU:はァッ、はァッ、はァッ……。(目は焦点があっておらず、荒々しい息を何とか整えようと必死に息を吐く。もはやMFの姿もあまり見えていないことだろう。当然だ。人間の体で、人間のキャパを越えた行為をされたのだから。)   (2019/7/23 00:17:30)

蝋燭。MF「あぁ、可愛いなぁ♡そんなにすごかった?」激しく果てたZERUの様子にMFはご満悦のようで、とてもとても嬉しそうにしながら倒れ込んだZERUの顔を覗き込む。MFにとってはこれも余興に過ぎない。本場はまだなのだ、できれば起きていて欲しいが。   (2019/7/23 00:17:20)

蝋燭。ZERU:や"ッゃめェッヤァッ…ぁ、ぁ"ァ"ア"あ"ア"あ"あ"ア"ぁ"ア"あ"ア"ァ"あ"ア"ア"ア"ア"ア"ッ"!!!!(もはや耐えられる耐えられないの問題ではない。MFの殺す勢いさえ感じるほど強烈な快感は、ZERUを容易く絶頂まで向かわせる。体は強く跳ね上がり、いつもは棒状に纏められていた翼が大きく広がり、逃げ場を求めて必死に暴れまわる。もはや形容すらし難い悲痛で、しかし甘美なる悲鳴をあげ、思考すらもままならなくなってしまった彼は、ばたり、とその場に倒れ混んでしまった)   (2019/7/23 00:17:12)

蝋燭。MF「かーあいいねぇ。そろそろイくかな?」MFはZERUへの責めをより加速させる。バイブを動かす速度も、揉み込む深さも、這う舌の動きすらさらにいやらしくなって、確実にZERUをぶち壊そうとしている。抗うことすら馬鹿らしいような快楽の濁流だ。   (2019/7/23 00:17:02)

蝋燭。ZERU:んぎぃっ!?ぎゃッ、あ"ぁッ、ぁぎィッ、う"ぁ"ああッ!!(ああ、皮肉にもほどがある。これまで彼がやって来た蹂躙を、今彼自身が受けている。相手に全ての弱点をさらけ出され、それら全てを容赦なく攻め立てられる。本来なら苦痛でしかないはずのバイブすら、少しずつ快楽として塗り替えられてしまう。腰を鶏肉の様に揉まれ、首筋には再びあの舌が這い、秘部は二本の振動バイブがズコバコズコバコとマシンのようにピストンを繰り返す。押し込まれたバイブの先端が奥底を発掘し続け、奥底を常に振動する様はまるでドリルだ。あまりの感覚にZERUは常に体をガクガクと震わせ、押し倒されている場所は嫌な汗でびしょびしょになっている。)   (2019/7/23 00:16:53)

蝋燭。MF「あはは、ちょっと可愛くなった。そのまま全部忘れてメスみたいに喘いじゃえよ」あくどい笑みを浮かべ、バイブを両方ズコズコとぬきさししながら、ZERUの腰を揉みこむ。さらに彼の首筋を再び舐め始めるだろう。彼女はZERUの弱点を完璧に把握しているのだ。   (2019/7/23 00:16:43)

蝋燭。ZERU:なッ、やめろそれはッやめ…ぁぁあああアアアっ!!!!?(相手にたいして生意気な態度を取ったのがいけなかった。ただでさえ一本でパンパンだったバイブが、あろうことかそれを二本目を挿入される。先端が入り込んだ時点でガクガクガクゥッ!と体を大きくびくつかせていたというのに、それが入り込んでしまったなら、ZERUは断末魔をあげてその場をのたうち回るだろう。二本のバイブがただでさえキャピシティを越えて入り込み振動で抉り続けるその感覚。もはや災害レベルの快楽に、もはや正気など保っていられない。)   (2019/7/23 00:16:35)

蝋燭。MF「生意気だなぁ、じゃあこうしよう」殺意のこもった眼差しを向けるZERUに呆れながら、彼女はもう1つ玩具を取り出した。そう、2つ目のバイブである。さすがに2本目は堪えるだろうと思いながら、容赦なくそれを挿入する。今現在、ZERUの腹の中では日本のバイブが暴れているのだ。   (2019/7/23 00:16:27)

蝋燭。ZERU:んぐゥウウウ…ッ!!ふ、ふざけやがッ、てェエエッ…!!(相手の悪魔のような、いや、恐らく誰かに自分がいったかもしれない言葉を聞けば、先程よりも強まった強烈な振動に前立腺を抉りあげられる快楽に身を震わせ、どろりとした汗がだらりだらりと流れる。しかしそれでもZERUは相手の顔を睨みつけ、殺意すらも向けていただろうか)   (2019/7/23 00:16:18)

蝋燭。MF「んーあんまり可愛くない。もっと甘ったるい声で啼けるようになんなきゃね?」そんな悪魔のようなことを口走ったMFは、振動の強さをさらに強くし、前立腺がある部分をごりゅごりゅと抉るように動かしていく。確実に強烈な快楽を与え、ZERUを壊さんとしていて。   (2019/7/23 00:16:09)

蝋燭。ZERU:ッおおおおぁあああアアアアアッ!!?!?!?(逃げ場など何処にもなかった。一瞬で捕まり、腰を固定されれば思い切り振動する何かをぶちこまれる。その瞬間ZERUの体が海老ぞりの様に反り上がり、悲鳴とも呼べる声をあげてしまう。無理矢理入れられたそれは深く入り込んでしまい、その振動は奥深くまで伝わり生理的な涙が流れ出す。その感覚と、遺物が奥不覚まで入り込んでいる異物感が尋常ではない。バイブ越しにMFは、振動によってビクビクと震える感覚と、その異物を外に出そうとうねる腰と入り口の動きを感じとるだろうか。   (2019/7/23 00:16:01)

蝋燭。MF「そんなに逃げんなよ♡」そんな可愛い声で言っても彼女のしようとしていることはとてもおぞましい事だ。けれどMFはそんなの構いはしない。一瞬で彼を捉え、腰を掴んで固定する。そしてその秘所に振動するバイブを押し当てて、一気に、入れた。   (2019/7/23 00:15:53)

蝋燭。ZERU:て、テメェ…ッ!!(舌が離れて漸く終わったかと思った矢先だった。目の前に出されたローションとバイブ。そして脱がされた自身の体。あぁそんなのはわかりきってる。嫌ってほど知ってる。それが何を意味するかなんて、わかりきっていることだ。最低限の物だけを取り繕った様なその白い体が動かないんだ後退る。表情からは完全に笑みが消え、曇った表情が出てきてしまう。表に出ている以上に、その行為を彼は恐れていた。)   (2019/7/23 00:15:45)

蝋燭。MF「なんで脱がされてるのか分からないって顔してるね?あーかわいい。いつもの傲慢な邪神君はどこに行ったんだか」一度首筋から顔を離し、マジマジとZERUの肉体を見つめる。うん。良い体つき。抱きがいがある。ちろり、と舌なめずりをすれば、とりあえずならそうか、とどこからかローションとバイブを取り出す。どうするかなんてわかり切っているだろう。   (2019/7/23 00:15:36)

蝋燭。ZERU:っう…!?や、テメッ…ぇ…!(相手が此方に近付いてきたと思えば、急に自身の首筋をぺろぺろと舐め始める。普段ペストマスクで守られていた箇所は突然の感触に慣れておらず、舐める度にビクッビクッと反応してしまうだろう。服を手慣れた手付きでするすると脱がされていることに気付けば慌てて抵抗しようとするが鎖とその感覚に阻まれてしまい、気付けば完全に脱がされてしまう。気付いたら脱がされていたことに、ZERUが一番驚いていた。)   (2019/7/23 00:15:28)

蝋燭。MF「まあそう怒るなよー。直ぐに気持ちよくなるんだからさぁ」ニッコリと笑ったMFは、おもむろにZERUに近づくと、彼に密着しその首筋に舌を這わせた。ぺろぺろと舐めてやりながら、彼女はするするとZERUの衣服を脱がしていく。かなり手馴れていた。   (2019/7/23 00:15:20)

蝋燭。ZERU:っ…、てめェ…!(悲しいことに状況はすぐに判断できてしまった。能力の全てが封じ込まれ、そして体は鎖で繋がっており、相手は自分よりも上位の存在。ああ、最悪だ。よりによって、よりによって、今の時点でマークされてしまったなんて。ZERUはただ相手を、睨むことしかできなかった)   (2019/7/23 00:15:12)

蝋燭。MF「同類?ノンノン!俺は君よかずぅっと上にいるよ。君から到達することは決して叶わない場所に居る。……で、上位存在が下位存在で遊ぶのは常だろ?」つまりそういう事だ、と笑う。彼女はZERUを嘲っていた。下位存在だと見下し、あまつさえ遊び道具にしていた。彼にとっては許し難いことだろう。だが鎖は決して外れず、また彼がもつあらゆる能力は封じられている。悠々と笑う彼女は、絶対よりも絶対的に映るだろう。   (2019/7/23 00:15:04)

蝋燭。ZERU:………最悪の気分だ。なんだこりゃ、そして誰だてめぇ。少なくとも俺らと同類に見えるぞ(立ち上がろうとすれば鎖がそれを阻む。それを鬱陶しそうに見つつ確認したならば、目の前には狐のような獣人が現れる。その姿はどう見てもまともな存在ではない。明らかにこちら側。ほうでなくとも上から見下ろしてるような悪趣味な存在のそれ。顔は認識できずただたのしそうということしかわからない顔。端から見れば普通のすがたなのだろうが、ZERUにとってその姿はまさに異形のそれであった)   (2019/7/23 00:14:54)

蝋燭。MF「やっほい邪神君!気分はどうだい?」しかし、ZERUは立ち上がることはできなかっただろう。その足には枷がハマっており、そこから鎖で繋がれていたのだから。そんな場所にどこからか現れた一人の女。狐の耳と尻尾から獣人に見えるだろうが、前髪などで隠していないにも関わらず、顔を認識出来ない。ただ楽しそうな表情である、という情報のみが頭に滑り込んでくるだろう。彼女の片手には、サブマシンガンが握られていた。   (2019/7/23 00:14:43)

蝋燭。ZERU:…んだよここ。(目が覚めるとそこは全く知らない空間だった。自室でもなければモェルデル達の家でもない。…はて、いつ間違えてワープしてしまったのだろうか。悲鳴をあげる腰を抑えつつ青年は立ち上がった。)   (2019/7/23 00:14:35)

おしらせ蝋燭。さん(iPhone 60.112.***.245)が入室しました♪  (2019/7/23 00:14:09)

おしらせ通報告知さん(iPhone 113.197.***.184)が退室しました。  (2019/7/16 01:20:50)

通報告知【重要注意】18才未満者の利用により、実際に逮捕されてしまう事例が発生しております。法律、条例に違反する行為は絶対になさらないで下さい   (2019/7/16 01:20:48)

通報告知【これはルブル違反利用該当者への警告文です。】当サイトは18才未満の利用を禁止しています。18才未満の方は、ミナコイチャットをご利用下さい。 ※法律、条例に反する行為は厳禁です。 ※荒らし行為、個人を中傷する行為、他者のプライバシーを侵害する行為は禁止です。 ※違反のある場合は、アクセス制限、及び、プロバイダ、警察への通報の対象となりますのでご注意下さい。 ※不正利用者についてはアクセス元情報を公開することがあります。 上記規約に基づき、ルブル管理者への通達とともにIPの提出を完了した事を報告、ならびに不正利用停止への警告をさせて頂きます。 該当ルーム管理人は年齢詐称、不正利用に当たりますので早急にルーム閉鎖をお願い致します。   (2019/7/16 01:20:46)

おしらせ通報告知さん(iPhone 113.197.***.184)が入室しました♪  (2019/7/16 01:20:41)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、しゅし@さんが自動退室しました。  (2019/7/10 00:31:50)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、蝋燭。さんが自動退室しました。  (2019/7/10 00:25:07)

しゅし@((おつかれー   (2019/7/10 00:09:56)

しゅし@((眠いか   (2019/7/10 00:03:53)

蝋燭。((ねみねみのです。   (2019/7/10 00:01:28)

しゅし@((ζ「…へいへい(大人しく寝室へと戻っていき)」   (2019/7/9 23:59:29)

蝋燭。((MF「……ほら、もう寝な。うちのも疲れてるから」   (2019/7/9 23:58:38)

しゅし@((ζ「どっから気に入ったって感じ取ったんだよ…(腰が痛そう)」   (2019/7/9 23:56:38)

蝋燭。((MF「はは、気に入ってくれて嬉しいよ」   (2019/7/9 23:55:52)

しゅし@((ζ「あれはもう…死ぬかと思った。(顔が青くなって)」   (2019/7/9 23:53:22)

蝋燭。((MF「なんだかんだ気持ちよかったろー?」   (2019/7/9 23:47:41)

しゅし@((ζ「…それもそうだが…(何て溜め息を吐くが、どうもあの感覚が忘れられないようだ)」   (2019/7/9 23:46:33)

蝋燭。((MF「力をどう使おうが勝手だろ?」   (2019/7/9 23:44:26)

しゅし@((ζ「…その力をもっと別の事に使えたらなぁ…(はぁ、とため息)」   (2019/7/9 23:40:50)

蝋燭。((MF「もっと褒めなさい。凄いんだから」どやっ。   (2019/7/9 23:39:46)

しゅし@((ζ「良くわからんが、凄い力だと言うのは分かる。女とは思えない力、何処からか召喚する化け物、都合の良い薬…(指を曲げて色々数えてる)」   (2019/7/9 23:37:36)

蝋燭。((MF「だねぇ。俺は高次元に位置してる存在だからね」   (2019/7/9 23:33:44)

しゅし@((ζ「そりゃあまぁ………。アンタの力ってあれだろ?…背後特権?って奴だろ?(首を傾げてる)」   (2019/7/9 23:31:06)

蝋燭。((MF「……この力は、望んで手に入るようなものじゃあないよ?」   (2019/7/9 23:28:37)

しゅし@((ζ「……だが同時に、アンタのそのずば抜けた力には興味がある。(ゆっくりと顔を上げて)」   (2019/7/9 23:27:44)

蝋燭。((MF「知ってるよ。んなこたァ。その狂ったやつにお前は好き勝手されるしかないんだ」   (2019/7/9 23:23:49)

しゅし@((ζ「……アンタは…狂ってやがる…。(ボソッ、と呟いて)」   (2019/7/9 23:23:02)

蝋燭。((MF「俺はさぁ、俺好みの子が俺の手で喘いで狂ってく姿を見るのが楽しいんだよ。楽しくて楽しくて……仕方がない」   (2019/7/9 23:21:50)

しゅし@((ζ「ッ…(その目に怖じけ付いたのか手を離して)」   (2019/7/9 23:19:15)

蝋燭。((MF「何がって、なにもかもだけど」冷めた目を向ける。   (2019/7/9 23:15:55)


更新時刻 21:42:31 | 過去ログ | ルーム管理 | 文字サイズ変更 初期値 縮小- 拡大+
新着発言の通知音を
有効にするために
画面をクリックして下さい