PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
 ここは三階建ての居酒屋夜雀亭。一人の料理人と一人の女将で切り盛りしている店。今日も誰かの来店を心待ちにしております。カウンターにお座敷に。テーブルに個室に。誠心誠意でおもてなしをさせていただきます。
 居酒屋ですが、二階には宿泊できるスペースがあります。お酒を飲みすぎた方や居酒屋で仲良くなった人が使ったり……?
 三階は女将の夜雀。ミスティア・ローレライの居住スペースです。仲良くなったら入れるかもしれません。

注意!

 この部屋は東方。雑談。練習。時にはエロチャなどをメインにしております。
オリキャラも他作品版権キャラも入室可能です。ごゆるりとなさってください。
 幻想郷にある居酒屋です。時折騒がしくなってしまうのもご愛嬌。それでも、お客様をお待ちしております。
 2ショットチャットに誘うのも禁止はしておりません。ご自由にどうぞ。
 画面の向こうには相手がいます。それを意識して、優しい会話をお願いします。
 原則的に、荒らしが現れたら無視。即座に非表示をお願いします。
 新規さんもお気軽にどうぞ!

 主のオリキャラは料理人の青年の他に何人かいます。見かけたら優しく会話をしてあげてください。東方キャラも追加するかも?

 ここまで読んでくれた方はありがとうございます。

「それじゃあ、今日もはりきっちゃおうかしら!」

 居酒屋 夜雀亭。開店です。従業員募集中!
 [×消]
おしらせミスティアさん(Android 180.58.***.121)が退室しました。  (8/12 02:39:42)

ミスティア……ふぅ、暑いわね。とりあえずこんな時間にあけちゃったけど……(とりあえずお客様は来ないかなーと考えていて、今日はお酒を飲んでいるようで)   (8/12 02:33:31)

おしらせミスティアさん(Android 180.58.***.121)が入室しました♪  (8/12 02:32:42)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ミスティアさんが自動退室しました。  (8/8 21:37:00)

ミスティア【長らく来れずに申し訳ございません……忙しさが終われば、なんとか……!】   (8/8 21:14:40)

おしらせミスティアさん(Android 153.164.***.138)が入室しました♪  (8/8 21:14:15)

おしらせミスティアさん(Android 153.164.***.138)が退室しました。  (7/30 22:05:02)

ミスティア【あらら、離席している間にお時間でしたか! 申し訳ございません……っ】   (7/30 22:04:50)

おしらせミスティアさん(Android 153.164.***.138)が入室しました♪  (7/30 22:04:29)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ミスティアさんが自動退室しました。  (7/30 21:59:51)

おしらせブロリー ◆i6fJKa45IIさん(153.133.***.117)が退室しました。  (7/30 21:40:18)

ブロリー(冬瓜の煮付けを食べ終わって)ふぅ・・・・・・どれも美味かったぞ!今度もまた来るとしよう(とお代をおいて店を出てまた来るぞと別れを告げて)ありがとうな【離席してるところすみませんが落ちです!お相手感謝します!】   (7/30 21:40:14)

ミスティア【ちょっと離席します……!】   (7/30 21:38:52)

ブロリーだな・・・・・はははは・・・・・・(と笑いながら述べて)   (7/30 21:33:48)

ミスティアふふ、それも大変そうですね(確かに食べすぎて何か言われるなんてことも無くはないのかなーと思いつつも)まぁ、程々に。ですね(と笑って)   (7/30 21:33:15)

ブロリーああ、ただあんまり食べ過ぎて親父ぃに何を言われるかは分からんがな(苦笑)   (7/30 21:31:40)

ミスティアふふ、そう言ってくれると本当に嬉しいです(料理人にとっては自分の料理を美味しいと認めてくれることが本当に嬉しくて)……やっぱり、これだから居酒屋はやめられないのよね(と呟いて)   (7/30 21:29:58)

ブロリー美味い飯を会いにか・・・・・俺もこのひと時を楽しまなければな・・・・(と2皿目の冬瓜の煮付けを食べ続けて)   (7/30 21:28:43)

おしらせスパイク・スピーゲルさん(docomo spモード)が退室しました。  (7/30 21:22:58)

スパイク・スピーゲルああ、美味い飯も食えたしな(ブロリーに笑い返して)ああ、また顔を出すよ、女将さんと美味い飯に会いにな。(暖簾をくぐって、軽く礼を述べると、夜の帳に消えていく)   (7/30 21:22:45)

ミスティアはい、ありがとうございます。また来てくださいね!(こうして、常連になってくれる人が居るからこそ。頑張れる。と考えれば見送りつつも)スパイクさん。また来てくれると嬉しいな……(と呟いて)   (7/30 21:20:52)

ブロリーん?もう行くのか?今日はありがとうな?(と冬瓜の煮付けのことで礼をいってスパイクに別れを告げて)>スパイク   (7/30 21:20:06)

スパイク・スピーゲルさて、美味かったよ女将さん。ごっそさん。…いや、ご馳走様だ。(丁寧に言い直してから、笑いかけると、お代金を払って)また顔を出すよ、女将さん。それまで、無理しないで店を切り盛りしててくれよな。(そう言って支払いを終えればジャケットを肩にかけて、暖簾をくぐって店を後にして) 旦那も、またな。(去り際にブロリーにも声をかけて)〉ミスティア、ブロリー   (7/30 21:18:22)

ブロリーああ、全くだ・・・・・(と分かるように頷いて)>スパイク   (7/30 21:14:10)

ミスティアふふ、そのどちらもこなすのは、ちょっとばかり大変ですけどね(こうした職業としての生業と、妖怪としての生き方は違う為に、こういう生き方も有るんだよなぁと笑いつつも)ふふ、楽しみにしてくださると、私も嬉しいですよ(と微笑んでは揃ったところが見てみたいわーと)>スパイクさん   (7/30 21:13:04)

スパイク・スピーゲル気に入ったのなら良かった。手間のかかる美味いもんを、食わせてもらえるこの店は良いところだな。(ブロリーの様子に頷いて)〉ブロリー   (7/30 21:12:53)

スパイク・スピーゲル)ああ、女将さんの仲間に会えるのを楽しみにしてるよ。(そう述べると、箸を置いて満足そうに手を合わせて)ミスティア   (7/30 21:11:50)

スパイク・スピーゲル(焼きおにぎりを頬張って、カリッと香ばしいおこげの旨味に満足そうにして。冷酒と合うのか、ひと口運ぶたびに、唸るようにして美味いと漏らしていて) いいねぇ、女将さんは。人でない存在と、人としての生業の、どちらも楽しんでやってるんだろうからな。(それを自由と言っていいのかはわからないが、その暮らしに、羨ましさを覚えて   (7/30 21:11:00)

ブロリーすまんな(もう一皿の冬瓜の煮付けを頂いて)そうだな、きて正解だったぞ(と嬉しそうにのべて)>みすちー   (7/30 21:10:10)

ミスティアふふ、分かりました(そう言いつつも冬瓜の煮付けをよそってはもう一皿出しつつも)この時期美味しいですからねー(と冬瓜の煮付けについては呟いて )>ブロリーさん   (7/30 21:08:44)

ブロリーお?まだあるのか?ならもう一皿頂こうか?>みすちー ああ、こういういったものを見ると無償に食べたくなるものでな>スパイク   (7/30 21:07:36)

ミスティアまぁ、妖怪やら神様やらなんやらは、幻想郷では基本自由気ままにしてますから(魚を川でとったりとかも出来ますしねぇなんて笑いつつも)ふふ、確かに他の友達も一緒に来た時に会えるといいですね(と笑いつつも想像してるようで)>スパイクさん   (7/30 21:05:01)

ミスティアふふ、冬瓜の煮付け。まだありますよ。(ブロリーさんもなんだか割と好きなのかもなんて思えばそう告げつつも)やっぱりサイヤ人は別格なんですねぇ(と呟いて)   (7/30 21:02:50)

スパイク・スピーゲルおや、お代わりかい? 旦那も渋い好みをしてるねぇ。(もうひと口摘もうとするブロリーに笑って)〉ブロリー   (7/30 21:02:50)

スパイク・スピーゲル女将さんみたいに、仕事をしてるのは少ないんだな。ま、人じゃないからって理由だけで、働かなくても暮らして行けるってんのなら、そっちの存在も楽しそうだねぇ。(働いていないという言葉を聞くと、大げさに感心して羨ましがって見せて)そうか、また顔を出した時に、会えるのを楽しみにするよ。(そう返して、冷酒をのどにながしこんで、少し酔った様子でふーっと、赤くなった顔で)〉ミスティア   (7/30 21:01:53)

ブロリーその通りだ>みすちー すまんな・・・スパイク・・・・・(と申し訳なさそうに冬瓜の煮付けを頂いて>スパイク   (7/30 21:00:30)

ミスティアブロリーさんは、まぁやっぱりサイヤ人ですもんね(種族的な違いもあるのかしら。なんて、呟きつつうーんと考えてみて   (7/30 20:54:22)

ブロリーまぁ、俺は生まれた時から強い力を持っているからなw(と述べて)>みすちー うん・・・・・これもまた美味だ・・・・・(と冬瓜の煮付けを食べて)>スパイク   (7/30 20:52:28)

スパイク・スピーゲルああ、構わないさ。食べてくれて良いんだぜ。(手渡すと笑って)〉ブロリー   (7/30 20:51:46)

ミスティアふふ、生業についてるのは私くらいですね。基本みんな自由に生きてますから(とはいえ、楽しい仲間たちですけどねーなんて笑いつつも)はい、うちの店にも来ますよ。結構賑やかです(それが楽しいんですけどねなんて笑うと嬉しそうに)>スパイクさん   (7/30 20:51:13)

スパイク・スピーゲル同じような仲間がたくさんいるんだねぇ。みんな、女将さんみたいに、生業についてるのかい? (仲間がたくさんいると聞けば、興味を刺激されたのか、肉豆腐をつまみながら冷酒を嗜みつつ尋ねる) たまに女将さんの店にも顔を出すのかい? だったら、賑やかになりそうだな。(感のない世界の存在を思うと、楽しそうに笑い)〉ミスティア   (7/30 20:47:22)

ミスティア鬼は確かに強いですよ(盃に入れた酒をこぼさずに戦う鬼も居るくらいですしと笑いつつも)まぁでもブロリーさんの方が戦闘能力は強い気もしますが(と思い出しては呟いて)   (7/30 20:45:54)

ブロリーなるほどな・・・・・・・その鬼たちもかなり強い力を持つという噂もあるが酒にも強いだけのことはあるな・・・>みすちー 言われてみればな・・・お言葉に甘えていただくぞ?(と冬瓜の煮付けをスパイクから頂いて)>スパイク   (7/30 20:43:17)

スパイク・スピーゲル構わねえさ。美味い料理は、がっつかねえ相手となら、分け合ったほうが楽しいもんだぜ。(笑って、さぁ、と勧めて)〉ブロリー   (7/30 20:41:49)

ミスティアふふ、鬼の酒は確かに度数は高いですねー(スピリタスよりかは少し低いけどと呟きつつも)それが飲めるようになれば立派な妖怪の酒飲みなんですよー(と笑って)>ブロリーさん   (7/30 20:41:40)

ミスティアなるほど、それならそうなるかもしれませんね。(ふふっと相手の仲間事情に少しばかり微笑ましく感じつつも)そりゃあ飲める口ですから(と酒飲みの気配を少しばかり見せつつ)百鬼夜行って程でもないですけど、やっぱり友達は居ますよ(なんて言いながら微笑んで、小傘やリグルやらがきたらまた楽しくなりそうねと考えて)   (7/30 20:40:33)

ブロリー縛りをつけられて飲んでいるが今日はいいかな・・・・・とな、鬼の酒か、アルコールが強そうな酒だな・・・・・(苦笑い)>みすちー ん?いいのか?(と冬瓜の煮付けをスパイクに差し出されて)>スパイク   (7/30 20:40:07)

スパイク・スピーゲル旦那もやるかい? 冬瓜の煮付けだ。シンプルなように見えて、手間のかかる料理さ。良かったら一切れ、つまんでくれ。(そう言って、取り分けた皿をブロリーに差し出す)〉ブロリー   (7/30 20:38:42)

スパイク・スピーゲルはは。気を使うのが嫌いな連中が集まって、気を遣わずに同じ舟ん中にいるわけさ。満更でもねぇのは、ただそれだけだよ。(肉豆腐を口にして、こちらも満足そうに冷酒との相性を味わっていたり) いいね、女将さんも喜んでくれて、いい気持ちだよ。(少し上機嫌に笑って、飲みっぷりを讃える)夜雀というからには、お友達には、百鬼夜行がズラリって塩梅かい?(浅薄な知識ながら話を合わせるように)〉ミスティア   (7/30 20:37:27)

ミスティアそうですね、特に鬼の酒なんかは美味しいですよ(飲んだことがあるけど度数が高いけどしっかり美味しいのよねーなんて思い出しては)ブロリーさんは飲むほうなんですか?(と問いかけて)   (7/30 20:33:51)

ブロリーそりゃあ鬼たちや人間なども良く飲んでいるらしいではないか・・・・・・もう一口だ・・・(と次の冷酒を入れてそのまま口に注いで)ぷはぁ・・・・・   (7/30 20:32:50)

ミスティアふふ、そういう割には満更でもなさそうですね(きっといいお仲間さん達なんですね。なんて微笑みつつも冷酒を注がれては)ふふ、ありがとうございます(と笑ったあとに差し出された冬瓜を一口。そして冷酒で流し込めば)あー、仕事中とはいえ至福ねぇ(と笑ったあとに)そうですよ。私は夜雀の、妖怪ですから。お酒も勿論御神酒として扱うこともありますし(と簡単に説明して)   (7/30 20:32:48)

スパイク・スピーゲル(話を耳にして)女将さんは、人じゃなかったんだっけな。女将さんの出身地は、酒はやっぱりお神酒として尊ばれるものなのかい?(と、自分のことを語ったので、相手のことも少し気になった様子で)   (7/30 20:31:12)

スパイク・スピーゲルま、腐れ縁さ…。同じ舟に乗ってる…俺と似たり寄ったりの、浮草稼業な連中ばかりでね。(苦笑を浮かべつつも、どこか満更でもない様子で、笑いかけて)ああ、女将さんも、連日の暑さの中、お疲れさん。(差し出されたお猪口に、そっと冷酒を注ぐと徳利を引き、自分の皿から冬瓜の煮付けを取り分けて差し出し)女将さんも合わせてやってくれ。(このお店で出た品を、自分のお気に入りだと言わんばかりに差し出して、へへと笑う)〉ミスティア   (7/30 20:29:36)

ミスティアふふ、冷酒。お気に召しましたか?(ブロリーさんの様子を見てお代わりと同時に冷酒を用意して良かったなあと思いつつも)お酒は幻想郷じゃ好まれるんですよね(とだからそれ故に美味しい酒もかなり手に入るようで)   (7/30 20:27:35)

ブロリーよし、まずは冷酒の方から・・・・・・(とゆっくり口に注いで・・・・・)はぁ・・・・・・これは効くなぁ・・・・・(と赤顔になってしまう)   (7/30 20:26:03)

ミスティアあら、食い意地はった。なんて言うあたり、結構深い関係の方達なんですね(なんとなーくそんな気がして笑いながらもそれなら納得出来るなぁなんて笑いつつも)ふふ、それなら一杯。(と徳利を差し出されたためお猪口をこちらも差し出して)   (7/30 20:24:27)

スパイク・スピーゲル食い意地張った連中と飯食ってるとよ、ひと口でどれだけ摂取するかが鍛えられちまってさ。(派手に咀嚼するにも、ここまでに至る切磋琢磨があると言いたいらしく…)そうだな、夏らしいし、体を冷ますっていうしな。(お気に入りのメニューというのは、違いねぇやと笑って肯定して) そうかい? 少しくらいなら、行けるんじゃねえか? あんたの店の美味い料理を、あんたにも食って欲しくてね。(そう言いながら、徳利を差し出すようにして)〉ミスティア   (7/30 20:22:16)

ミスティアふふ、もう一杯ですね。分かりました(すぐさまお代わりの用意をすればやっぱりサイヤ人ってすごいわーと笑いつつも)冷酒もお酒の飲み方としては、夏だとやっぱり美味しいですよっ(ときゅーっと一杯やりたくなるのよねぇと思いながらも告げて)>ブロリーさん   (7/30 20:22:03)

ブロリー(具も麺もあっという間になくなって)もう一杯いいか?ん?冷酒か・・・・・・・飲んだことないなぁ・・・・>みすちー   (7/30 20:20:28)

ミスティアふふ、冬瓜の煮付け。好きなんですね(前々から頼んでいるメニューだし、多分好きな物なのかしら、と思いつつ)私も一杯ですか? まぁ滅多なことでは酔いませんが仕事中ですし?(とこてんと首を傾げて)   (7/30 20:19:01)

スパイク・スピーゲルありがてぇ…。それじゃ、ゆっくりやらせて貰うとするかぁ。(美味い食べ物を前にして、悪童のように相好を崩すと、張り切って箸を手に取り、慣れた手つきで冬瓜の煮付けをとりわけ、口に運んでいく)あぁ、いいダシが効いてるぜ…。こりゃたまんねえ。(ホクホクした笑顔で笑うと、冷酒を口に運んで、滋味を味わうように感情を溜めてから、静かにため息をつく)あぁ…美味ぇ…。女将さん、ありがとう。あんたも一杯やるかい? 〉ミスティア   (7/30 20:16:57)

ミスティアふふ、ブロリーさんもやっぱり食べますよねー(サイヤ人だからってこともあるのかしら。なんて考えながら微笑ましそうに見ていて)   (7/30 20:15:17)

ブロリーそうか?・・・・>スパイク ううむ・・・・・・これは確かに美味い・・・・・・(と麺をつゆにつけるとものすごいペースで麺を啜っていく)   (7/30 20:13:37)

ミスティアふふ、ありがとうございます。美味しいって言ってくれるのが一番ですよっ(相変わらず美味しそうに食べてくれることに、本当に感謝しつつも)そういう食べっぷりを見られるのが、本当に嬉しいんですよね(なんて微笑んで)   (7/30 20:12:45)

スパイク・スピーゲル(魚介ベースのつけ麺を、啜りながら、大げさに咀嚼してかっこんでいく)ん、んん、美味いよ女将さん。(麺を頬張りながら、頷いて感想を告げつつ、ブロリーには)いや、まぁ、気にしないでいいぜ旦那…。(調子を合わせて、軽い笑いを浮かべて)〉ブロリー   (7/30 20:10:46)

ミスティアあはは……まぁ、賞金稼ぎってそこら辺は大変そうですよね(腕が良くても稼げるかどうかは別なのね。と考えると居酒屋とは違うわねなんて呟けば)はい、スパイクさんも。冷やしつけ麺と冬瓜の煮付け。肉豆腐。焼きおにぎり。冷酒です!(と用意した料理を丁寧に置いて)>スパイクさん   (7/30 20:08:36)

ブロリーん?・・・・・・・何も出てきてない?・・・>スパイク やはりそうか!早速だがいただくぞ!>みすちー   (7/30 20:06:34)

スパイク・スピーゲル……それで金払いが良くなりゃ言うことないんだが…。賞金首捕まえても、意外と儲けは少ないもんなんだぜ、女将さん。(訳知り顔で話してはいるが、捕り物の際に色々と、周囲への破壊活動に頓着ないため、被害請求がかさんで赤字になることもしばしば…という実情)〉ミスティア   (7/30 20:06:29)

ミスティアふふ、つけ麺ですけど、冷たいもの。ですよ(ブロリーさんの問いかけに頷きつつもスパイクさんとブロリーさんのものを用意していて)魚介ベースの冷やしつけ麺。です!(と丁寧に置いて)>ブロリーさん   (7/30 20:03:39)

スパイク・スピーゲル顔なじみじゃねえのかい? 旦那は。たまたま来て、顔を覚えられるってのも、おかしな話だろう。(まぁ、常連なのだろうなと推測だけして、それ以上は尋ねずに)…旦那、まだ何も出てきてねえよ? 〉ブロリー   (7/30 20:02:15)

ミスティアまぁ、そんな変な噂とかじゃありませんよ。腕のいい賞金稼ぎってだけで(結構そこらへんの筋には有名なんじゃないんですかねと笑いつつも)オススメ、ですね。それじゃあスパイクさんにも……(と最近作った新メニューにして)>スパイクさん   (7/30 20:01:51)

ブロリーなんだこれは?・・・・・つけ麺か?・・・・・>みすちー   (7/30 20:01:31)

ミスティア冷たいもの、ですね。それじゃああれがあったかしら。(冷たいものと聞いてはこの時期なら麺も美味しいしあれにしようかしら。と用意を始めて)>ブロリーさん   (7/30 19:59:49)

スパイク・スピーゲル噂か…真っ当な連中には縁がねえかと思うんだがねぇ…。(誰から聞いたんだか…と、可笑しそうに笑うけど、皮肉めいた様子はなく)ありがとう、いつも勝手に注文して悪いね、女将さん。お勧めがあるなら、そいつももらおうかな。(なんて付け足しながら、奥の厨房にいる人影も少し気になる様子で)〉ミスティア   (7/30 19:59:43)

ブロリーそうだな・・・・・・こういう時期にまた冷たいものでも>みすちー いやぁたまたまここに人がいるのを見かけて入ってきたのだ>スパイク   (7/30 19:58:01)

ミスティアふふ、あの後噂を聞いて名前を知ったんですよ(賞金稼ぎなんて、そうそういませんからねーなんて言いつつも注文受ければ)はい、冬瓜の煮付け。肉豆腐。焼きおにぎり。冷酒ですね!(とすぐさま用意に取りかかって。厨房にはもう1人青年がいて手伝っているようで)   (7/30 19:55:49)

スパイク・スピーゲルああ、旦那とはやっぱり一回会ってたかな? よく顔だしてるのかい、この店に。(襟元を開けて、熱気を流すように仰ぎながら)〉ブロリー   (7/30 19:55:48)

ミスティアそうですねぇ、夏はむしろこれからですもんね。(まだまだ暑くて夏バテしてましたよーなんて笑いつつも)まぁでも、暑いからこそこうして冷えた店内やご飯がいいんですが(とやっぱり涼しいのが一番だと思っているようで)>ブロリーさん   (7/30 19:53:59)

スパイク・スピーゲル邪魔するよ、女将さん。(適当なイスに腰掛けると、ジャケットを椅子の背もたれにかけて)…あれ、俺名乗ったっけ? …ま、いいや。女将さんは確か焼き鳥を並べない人だっけ。(面白そうに笑って、注文を)冬瓜の煮付けと、肉豆腐と、後は焼きおにぎりと、冷酒を頼むわ。(諳んじるように言って、店内の冷気に人心地ついて)〉ミスティア   (7/30 19:53:59)


更新時刻 14:54:50 | 過去ログ | ルーム管理