PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
有名な女性起業家の菅野美也子さんと再婚を果たした、同じく起業家の菅野康郎。
美也子さん所有の豪邸に住むことになりました。
美也子さんはその一室に私のための書斎を設け、私がプライバシーを保てるようにしてくださいました。
美也子さんには可愛い一人娘がおりました。
ちょうど思春期の難しい年ごろの娘。
美也子さんは娘が私と仲良くなってくれることを何よりも願っておりました。
 [×消]
おしらせ椋子さん(121.95.***.185)が退室しました。  (6/22 12:35:16)

椋子身体はピクピクと痙攣し、白目は充血し始めました。お義父様の背中をトントンと力なさげに叩いて、もう限界であると伝えたのですがお義父様は夢中で椋子の呼吸を遮断しています。もう息が止まる,その寸前でお義父様はぱっと口を離して椋子の白目痙攣姿を嬉しそうに見ながらおちんぽをしこしこと扱き始めました。半開きになった涼子の口にそれをねじ込んで,イラマチオをさせます。またゲロを吐きながら無意識に一生懸命お義父様のおちんぽをしゃぶりました。   (6/22 12:35:11)

椋子椋子の身体は自分の下痢便と、お義父様のオシッコ、ザーメンまみれになりました。そんな椋子を可愛い,可愛いねといって顔を舐め回し、椋子の鼻と口をお義父様の口でフタをするように塞ぎながら鼻の穴の中まで舐め回して下さいます。椋子はだんだん息が出来なくなってきます。顔を真っ赤にしながらだんだん意識が薄れていきます。   (6/22 12:28:56)

椋子お義父様のおちんぽは椋子のアナルに入ってきました。椋子の下痢便まみれのおちんぽが出たり、入ったり。「うっ」と小さな声を上げて、すぐにお義父様は射精なさいました。そのあと、暫くじっとして、こんどは椋子の腸内にオシッコを入れて下さったのです。一気に椋子の下腹部はお義父様のオシッコで暖かくなります。「足を持ち上げててあげるから、噴き出してご覧」と椋子をまんぐりがえしにし、お義父様はじっと椋子のアナルに顔を近づけます。一旦アナルを閉め、お腹に力を入れて、一気に椋子の腸内に溜まっていた下痢便、お義父様のオシッコ、ザーメンを噴水のように噴き出しました。   (6/22 12:25:02)

椋子身体を回転させ,お義父様と向かい合います。暫く見つめ合った後、お互いの口中にパンパンに溜まった唾を交換し合います。一滴も逃したくないと思いながら、1㎜の隙間もなく唇を重ね合わせてぢゅうぢゅうと音を立てて,糸を引かせて。お義父様はその間も椋子のお腹を押さえ続けるので「オェ"ッ…ぐぇ"げっっ」と牛蛙のような鳴き声でお義父様にゲロを口移しします。お義父様は「あぁ。。。」と恍惚の表情を浮かべながら椋子のゲロをペロペロと美味しそうに舐めて下さいます。   (6/22 12:17:21)

椋子何も言わず、椋子はお義父様のおちんぽに跨がって座り直します。いつも最初はケツマンコを犯してからなのですがこの日はおまんこに入れていただきました。膣内をぶっといおちんぽがニュルニュル出たり入ったりする度に腸は刺激されます。「はぅ」と椋子が小さく声を出し、お義父様のおちんぽの根元、お腹にビュルビュルと少し下痢気味の排便をします。お尻を左右に振りながらお義父様の身体を椋子の下痢便まみれにするのです。   (6/22 12:11:10)

椋子お互い,服を汚さないように全裸になっている姿は他人から見たら滑稽でしょう。でも椋子はこうやってお義父様に抱きしめられるのが大好きなのです。正座をするお義父様のお膝に座って、身体を痙攣させながら部屋中に撒き散らしますと、背後からお義父様の荒い息づかいが聞こえてきます。(あぁ…今お義父様はおちんぽを勃起させているのね)とそっと手を後ろに回して股の辺りを探ってみます。思った通り、お義父様はカチカチになったおちんぽを椋子の背中に押しつけておられます。   (6/22 12:05:43)

椋子おトイレでも,お部屋でもいつもお義父様は椋子を優しく後ろから抱きしめて下さって、最初はお腹を優しく押さえてグッと胃を持ち上げるように、中のものを吐き出させてくださいます。最初の頃はそれに慣れず我慢をしていると「我慢しなくて良いんだよ。お義父様は椋子の全部が欲しいんだよ」といって今度は鳩尾に強めに拳を入れてグリグリと押し上げます。そうするともう、我慢が出来なくなってさっき食べたママお手製のビーフシチューを全部お義父様の手に吐き出してしまうのです。   (6/22 11:59:30)

椋子お義父様との交尾で椋子のお部屋はすっかりドロドロになってしまいましたね。それをまた2人で一緒にお片付けをするのが椋子はとっても楽しいのです。   (6/22 11:55:13)

おしらせ椋子さん(121.95.***.185)が入室しました♪  (6/22 11:53:41)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、菅野康郎さんが自動退室しました。  (6/15 04:58:59)

菅野康郎下痢玩具…。今しがたまで真面目にお勉強していた椋子のハラワタ…。お義父さんだけの内臓玩具の椋子…   (6/15 01:44:23)

菅野康郎大腸…。小腸…。長い、長い、ピンク色した腸…。それは全部お義父さんの玩具なんだよ…。   (6/15 01:38:28)

菅野康郎あああ…。大好きな椋子の腸…。椋子のすべすべのお腹の中にある腸…。   (6/15 01:37:07)

菅野康郎そして、お義父さんが椋子ちゃんの中にいっぱい射精すると、椋子ちゃんも白目でぶるぶる痙攣しながら、まるで身体の底が抜けてしまったように、ウンチと、オシッコを同時にじゃぁじゃぁと流れ出し始めてしまったね。お義父さんは椋子ちゃんがそのまま内臓まで排泄してしまうんじゃないかと思って、すごくドキドキしたんだよ。   (6/15 01:35:13)

菅野康郎お義父さんは椋子ちゃんにキスをして、椋子ちゃんが吹いた泡を吸い食べながら、濡れそぼった椋子ちゃんの服を全部脱がせたよ。そして、お義父さんも全裸になって、ぽっかりと口を開けたオマンコにおチンポを奥深くまで挿入したよ。すると椋子ちゃんはますます過呼吸になって、ますます痙攣して、口からブクブクと拭いた泡をまき散らしながらお義父さんの上で踊り狂うように腰を動かして、過呼吸痙攣セックスをしたね…。   (6/15 01:30:19)

菅野康郎全身がお義父さんの小便でびちゃびちゃになってしまった椋子ちゃんは、間もなく過呼吸におちいってしまって、真っ青な顔で死にそうなくらい激しい息をして、体中を波打たせて、ビクン!ビクン!ビクン!って白目をむいて、口から泡を吹きながら痙攣したね。   (6/15 01:25:40)

菅野康郎お義父さんも椋子ちゃんも黙ったままでハァハァ息しながら見つめ合って、下にはママがいるというのに、お義父さんはズボンのファスナーを開けてパンパンに勃起したおチンポを取り出して、椋子ちゃんに近づいて行ったね…。そして、ぶるぶる震える椋子ちゃんに向かって、おチンポを向けると、下にはママがいるというのに、お義父さんは勢いよくオシッコをして椋子ちゃんの顔、頭、胸元、お腹にビシャビシャとかけたね。   (6/15 01:17:42)

菅野康郎そうすると椋子ちゃんはすごく興奮し始めて、ぶるぶる震えながらハァハァと息を荒げてしまうね。そんな椋子ちゃんを見ると、お義父さんは椋子ちゃんの心臓がバクバクと動いているのも、オマンコが口を開いていくのも、オマンコからドロドロと白い愛液が流れ出るのも、全部、見えるようにわかるんだよ。   (6/15 01:10:17)

菅野康郎お義父さんは書斎で仕事をしているふりをして、そっと書斎を抜け出して椋子ちゃんの部屋へ足音をさせずに行き、ドアノブに手をかけて、音させないようにゆっくり引くと、いつもカギをかけないでいてくれてるね。そして、ドアをそっと開くと、中でお勉強をしている椋子ちゃんがいる。お義父さんは椋子ちゃんに気付かれないようにドアを閉めて、鍵をかける。そのカチャっという音で椋子ちゃんは振り返り、お義父さんに気付くとすぐに椅子から降りて、床にひざまずいてくれるね。   (6/15 01:02:53)

菅野康郎椋子ちゃんはいつも、お義父さんがしたいと思うことはなんでもさせてくれるし、お義父さんがいつ何をしてもされるがままになってくれるね。   (6/15 00:56:17)

菅野康郎こんなことを言うと椋子ちゃんは恥ずかしがるかもしれないけど、椋子ちゃんの身体はとても弾力があって、内臓の収縮力もとても強いので、粘り気の強いゲロでもものすごく強く押し出してしまう力がかかるんだよ。お義父さんが椋子ちゃんの喉に指を入れ始めたときは少しだったのに段々とゴボォォォッ!って、ポンプのように吐くようになって、そのたびにオマンコがものすごく強くおチンチンを絞って来てお義父さん椋子ちゃんの中に何度も、何度も射精してしまったね。   (6/15 00:36:48)

おしらせ菅野康郎さん(59.157.***.148)が入室しました♪  (6/15 00:36:37)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、菅野康郎さんが自動退室しました。  (6/15 00:15:00)

菅野康郎あの時はお義父さんも椋子ちゃんもおかしくなってしまって、椋子ちゃんの吐いたものが便器にうまく入っていなくて、便器も、その周りも、壁までが、椋子ちゃんがゲロゲロしてしまったグチャグチャのものでベシャベシャになってしまっていたよ。   (6/14 23:54:51)

おしらせ菅野康郎さん(59.157.***.148)が入室しました♪  (6/14 23:38:49)

おしらせ椋子さん(121.95.***.185)が退室しました。  (6/11 12:18:57)

椋子「をぉ”っ・・・ぉげっ・・・・!」胃の辺りをぐううっっと押し上げながらどんどんと指が喉の奥まで入ってきます。さっきまで食べていたご飯が全部出てきました。「うぅうっ!!」勢いよく、口、鼻から溢れる嘔吐物。「椋子ちゃん、大丈夫?大丈夫?」と何度もいいながら後ろからズンッ!!ヌチュッ!!ヌチュッッ!!とおちんぽが椋子の膣内でどんどん膨らんでいきます。椋子もお義父様も興奮しすぎておかしくなっていましたね   (6/11 12:18:53)

椋子後ろから椋子の下腹部をぎゅっ!!ぎゅっ!!と何度も両手で押し上げながら、お義父様の指が椋子の口の中、そして下の付け根を押しつけました。「ちょっと、気分が悪くなったみたいだね。吐けば楽になるから、全部吐かせてあげているよ」と心配するママに声をかけながら、お義父様はボタンとファスナーを外し、すぐにギンギンになったおちんぽを後ろからハメてくださいました。   (6/11 12:18:49)

椋子「椋子ちゃんが大変だ」とお義父様はママに心配しなくても大丈夫、とトイレに駆けつけてくださいます。ママは少しオロオロしつつ、リビングですぐに椋子が休めるよう、タオルケットやお水などを用意しています。トイレをノックしながら、「椋子!大丈夫?・・・康郎さん!?椋子は・・・?」と声をかけてきます。   (6/11 12:18:45)

椋子仲直りをしたばかりの2人だから、椋子のことを心配して介抱するというのもおかしくはありませんし不自然でもありません。椋子はトイレに駆け込んですぐにワンピースを脱ぎます。中はブラもショーツもつけていません。そのまま便器に顔を突っ込んで、お尻を高く上げてお義父様がいらっしゃるのを待っています。   (6/11 12:18:41)

おしらせ椋子さん(121.95.***.185)が入室しました♪  (6/11 12:18:33)

おしらせ椋子さん(121.95.***.185)が退室しました。  (6/11 12:06:11)

椋子二人きりのリビングで顔をべちょべちょにしながら何度もキスをして「これから家族仲良くしないとね」っていいながら、さっきまでおちんぽの入っていた椋子のおまんこをペロペロとお義父様は舐めてくださいました。椋子もお義父様もおちんぽを舐めました。リビングのソファの上でお互いの性器を愛撫しあいながら、お義父様は今度の計画をその時に教えて下さったのですよね。   (6/11 12:02:37)

おしらせ椋子さん(121.95.***.185)が入室しました♪  (6/11 12:02:17)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、椋子さんが自動退室しました。  (6/11 12:01:21)

椋子椋子のメスの匂いがママにバレたらどうしよう、ってドキドキしながら抱きしめられた椋子の視線の先に、ちょうどお義父様がいらして。ニコニコしながらまだ勃起しているおちんぽの形をズボンの上からくっきりさせて、こっそりと(あとでね)と口パクでおっしゃったとき、椋子はママに「もうパパに反抗的にならない。ごめんなさい」と謝りました。ママは満足して「これでまた家族3人で仲良くしましょうね」と言ってお風呂に入った後もう寝るわね。と浴室に行きましたね。   (6/11 11:39:25)

椋子ママに「たった今、椋子のお部屋でパパと交尾したの!椋子の足を持ち上げて、べちょべちょのおまんこに何度も何度もおちんぽを突き刺してくれたの!気持ちよすぎて何度も失神したの!」って言いたくてうずうずしてしまいました   (6/11 11:34:51)

椋子椋子のお部屋での交尾の後、2人で何も無かったようにリビングに戻りましたね。ちょうどママもお部屋から出てきて「お話は終わったの?椋子もあんまりパパを困らせてはダメよ」と言ってギュッと抱きしめてくれました。さっきまでお義父様と唾液交換キスを何度もしたり汗だく交尾を繰り返した椋子をギュッと、抱きしめてくれたのです。もう椋子は気を失いそうになるぐらい興奮してしまいました。   (6/11 11:31:58)

椋子お義父様、おはようございます。   (6/11 11:26:48)

おしらせ椋子さん(121.95.***.185)が入室しました♪  (6/11 11:26:37)

おしらせ菅野康郎さん(59.157.***.148)が退室しました。  (6/10 16:32:23)

菅野康郎そして私たちは、ママが椋子ちゃんを心配しているときに、トイレでセックスをするんだよ。その時、お義父さんはママをごまかすために椋子ちゃんの喉に指を入れて、ほんとうに「ォエェェーーーッ!ゲェェエエエーーーッ!」って椋子ちゃんを本当に吐かせながら後から突きまくるからね。   (6/10 16:29:58)

菅野康郎家族の夕食の時、椋子ちゃんは具合悪いのを我慢しながら食べているふりをして、そして食べ終わったら、手で口を押えてトイレに駆け込むんだよ。お義父さんは「椋子ちゃん!」って言ってすぐに後を追ってトイレに行くからね。   (6/10 16:26:39)

菅野康郎お義父さんは次の計画も考えているんだよ。   (6/10 16:24:39)

菅野康郎椋子ちゃん。あの時のお部屋でのセックスはすごかったね。ママが下でお仕事の電話をしているそのすぐ頭上で、ママから2メートルほどしか離れていないところで、まだ中学生の娘の椋子ちゃんとお義父さんがあんなに激しい変態セックスをしていたんだよ。   (6/10 16:24:10)

おしらせ菅野康郎さん(59.157.***.148)が入室しました♪  (6/10 16:18:38)

おしらせ椋子さん(121.95.***.185)が退室しました。  (6/8 20:42:05)

椋子んふぅうぅっ!!と声を出してしまいました・・・お義父様のおちんぽと、アナルバイブが椋子の身体の中にあるのです。お義父様のおちんぽにもバイブの振動が伝わって、2人で「ぉをぁっ!!」と声を出してしまいましたね・・・そう言えば、お義父様はドアに鍵をしたかしら・・・もしここでママが入って来たら・・・そう想像すると椋子はたまらなく興奮してしまいました。「おっ・・・おぉほっ!!下にママがいるっ!!ママがいるのにお義父様と変態交尾してるっぉぉっ!!」思わず椋子はそんな事を口走ってしまいました・・・   (6/8 20:41:51)

椋子お義父様も、もう我慢が出来なくなったのか椋子のボールを外して直接唾液を流し込んで下さいました。りょうこの口の中に残っていたものと交換し合ってグチュグチュと何度も口の中を行ったり来たりさせていましたね。その間もお義父様の指は止まること無く、もう何度いったか解らないくらいです。連続痙攣でへとへとになった頃にお義父様は椋子の両足を上にぐいっと持ち上げておまんこにおちんぽをずぶり、と突き刺してきました。   (6/8 20:36:55)

椋子一番感じる、少し盛り上がった膣内の部分をぎゅっぎゅっと押さえ付けながら、激しく指を動かしているお義父様。声を出せないのがもどかしく、何度もをぅ!!をぉぉぉッ!!と声を出しているとお義父様ははめていたボールに唾液をたらたら垂らして下さいました。穴を伝って、お義父様の唾液が椋子の喉に入っていきます。   (6/8 20:33:08)

椋子最期の一滴まで飲み干した後、お義父様はおまんこのバイブをゆっくり抜いていきます。ヌチュッと卑猥な音をさせながらバイブが身体の中から出ていくと、物足りなさを感じます。それをお義父様は察したのか、今度はゆっくりと指を2本揃えて押し込んできました。あぁ・・・お義父様・・・椋子は今嬉しくてたまりません!!   (6/8 20:30:30)

椋子お義父様は椋子の尿道を刺激しています。晩ご飯が終わってからトイレはずっと我慢していたので、すぐに尿意を催します。んっ・・・んっっと腰をもじもじさせているとお義父様はクリトリスをちゅっと吸い上げました。椋子は迷わずすぐにお義父様のお口の中におしっこをしました。   (6/8 20:27:27)

椋子お義父様の指が、椋子の身体の上を滑っていきます。乳首に着けられたローターを振るわせたり、おへそをべろべろ舐め回したり・・・そしてクリトリスに着けられたローターを外してお義父様が指で直に皮を剥いて扱いて下さいました。椋子は左右に首を振りながら、ヲ"ヲ"ッッッ!!と声を出すしかありません。   (6/8 20:24:48)

椋子(お義父様とキスをしたい!〉・・・椋子のお願いはまだ聞いて貰えないようです。スルスルと服を脱ぐ音・・・お義父様は全裸になられたのかしら・・・ギシギシとベッドが沈む感覚。お義父様は仰向けになった椋子のすぐ側に座って喘いでいる様子をじっと見ていらっしゃるようです。時々、椋子の髪をかき上げて、おでこにチュッと唇を当てて下さいました   (6/8 20:22:24)

椋子さっきからもう、椋子は何度も何度もアクメを迎えています。でも玩具の勢いは更に強くなっています。「ンーーッ!!ンォヲッ!!」という、椋子の雄叫びだけが部屋に響きます。仰向けのままだと涎が喉に溜まってきます。首を傾けて、ダラダラとベッドに涎を垂らしているとお義父様がすぐに舌でペロペロと舐めて下さいます。   (6/8 20:19:33)

椋子これで、お義父様が今から何をするのか、椋子には全く解らなくなりました。ブーンというローターとバイブの音だけがしていて、お義父様は何にも喋り掛けてくださらないのです。はぁはぁとしたお義父様の荒い息だけが、椋子の耳のすぐ側で聞こえてきます   (6/8 20:16:42)

椋子アナルバイブも入れていましたので、両方グルグルと回転しながら椋子の下半身を壊していきます。お義父様は椋子の勉強机の引き出しに入れてあったギャグボールを椋子の口に、そしてアイマスクも着けられました。   (6/8 20:14:51)

椋子お義父様の姿が見えても、椋子は構わずオナニーを続けました。お義父様が部屋のドアを閉めた瞬間、椋子は我慢していた声を思い切りだして、お義父様におまんこを見ていただきながら自分で腰を振ってバイブを出し入れしました。乳首とクリトリスには改造ローターを付けて麻痺しそうになるまで強力な振動を当て続けます   (6/8 20:12:30)

おしらせ椋子さん(121.95.***.185)が入室しました♪  (6/8 20:08:19)

おしらせ菅野康郎さん(59.157.***.148)が退室しました。  (6/8 14:57:49)

おしらせ菅野康郎さん(59.157.***.148)が入室しました♪  (6/8 14:50:35)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、菅野康郎さんが自動退室しました。  (6/8 10:52:41)

菅野康郎お義父さんは服を脱いで全裸になって、椋子ちゃんのオマンコに指を2本そろえて押し込んだね。椋子ちゃんは叫ぶように大きな声をあげると、ビクン!ビクン!って小さな体を痙攣させてイってしまったね。   (6/8 10:32:32)

おしらせ菅野康郎さん(59.157.***.148)が入室しました♪  (6/8 10:29:17)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、菅野康郎さんが自動退室しました。  (6/8 05:20:11)

菅野康郎椋子ちゃんのピンク色したオマンコは膣が開き、そこから白い愛液がどろどろと流れ出てお布団の上に溜まっていたよ。椋子ちゃんのお部屋はピアノの練習のため防音構造になっているので、お義父さんがドアを閉めた瞬間、それを知っている椋子ちゃんは大きな声をあげ始めた。   (6/8 00:08:32)

菅野康郎椋子ちゃんは、全裸でベッドの上で仰向けになって、手でオマンコを広げて、腰を浮かせて、ンく…ぅンく…って、声を必死で殺しながら腰をいやらしくカクカクと上下させていたね。   (6/7 23:52:38)

おしらせ菅野康郎さん(59.157.***.148)が入室しました♪  (6/7 23:37:58)

おしらせ椋子さん(121.95.***.185)が退室しました。  (6/6 11:02:35)

椋子(お義父様が来る前に、自分で弄りたい・・・)と思いながら我慢しました。そのかわり、足を拡げて、両手でおまんこを拡げて丁度部屋に入って来たお義父様に見えるようにして、待っています。   (6/6 11:02:08)

椋子椋子はドキドキしながら裸になってベッドの上に仰向けになって、足を拡げて待っていました。だって、鍵を開けているのですもの。万が一ママが入って来たらどうしようと思いながらも、もうおまんこはぐしょぐしょになっていました。   (6/6 10:59:59)

椋子本当は、ママが椋子の部屋に来てお話をする予定だったのですが、直前にママのお仕事先の方から連絡が来たようです。しょうがなくママは自室に籠もってトラブル対応をしています。そのまえにお義父様がママに「ちょっと話してくるよ」と言ってくれたのですね。   (6/6 10:58:01)

椋子お義父様、とても良いアイディアで椋子はドキドキしています。ママは、思春期の女の子によくある父親への嫌悪感みたいなものね。と少し嬉しそうに椋子の相談に乗ってくれました。血の繋がりがないということもあるのでなかなか難しいわね。と   (6/6 10:55:10)

おしらせ椋子さん(121.95.***.185)が入室しました♪  (6/6 10:52:19)

おしらせ菅野康郎さん(59.157.***.148)が退室しました。  (6/5 21:11:55)

菅野康郎そこで椋子にお願いしたいんだけど、ママのいる前では、お義父さんを無視したり、反抗的な態度を取ったりしてくれないかな?ママの前でお義父さんを無視したりした夜は、「ちょっと話して来るよ」って、ママに言って椋子のお部屋に行くから、部屋のカギを開けて裸で待っているんだよ。   (6/5 21:11:24)

菅野康郎私達がとても仲がいいので、ママは少しやきもちを焼いているようだよ。「椋子とうまくやってくれて嬉しいわ。私にはちっとも構ってくれないけど。」っていやみを言われてしまったよ。   (6/5 21:04:36)

おしらせ菅野康郎さん(59.157.***.148)が入室しました♪  (6/5 20:59:56)

おしらせ椋子さん(121.95.***.185)が退室しました。  (6/4 11:45:50)


更新時刻 11:15:59 | 過去ログ | ルーム管理