PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
意識を取り戻した男は山中の不気味な洋館に監禁されていた。
ゲーム開始の合図と共に襲いかかってくるハンター達。

ハンター達から逃げろ!解除コードを手に入れて洋館から脱出しろ!

ハンターに捕らえられたら最期、男達は容赦無く種付けされ、そして受精する!

【GameOver条件】1 or 2
1.雄膣に精子を注入され、受精判定に成功してしまった場合 ⇒ 受胎END
2.館内で2回以上射精した場合 ⇒ 雄処刑END
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、金井亮さんが自動退室しました。  (11/4 00:59:41)

金井亮【こんばんは~。久しぶりに少し待機しています】   (11/4 00:39:34)

おしらせ金井亮さん(118.86.***.52)が入室しました♪  (11/4 00:39:05)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、仮面の男【館主】さんが自動退室しました。  (10/13 04:14:51)

おしらせ金井亮さん(118.86.***.52)が退室しました。  (10/13 03:52:46)

金井亮【お疲れ様でした~!こちらも失礼いたします。】   (10/13 03:52:39)

仮面の男【館主】【ええ。何せここは淫極館……雄を受精させる館ですから。それでは今晩はこれにて失礼します。本日は遅くまで有難うございました】   (10/13 03:52:04)

金井亮【というか大凶か末吉なんですねww】   (10/13 03:51:02)

金井亮【なるほどwwではご厚意に甘えて持ち出したことにします! 次回お相手頂いた際に使えるといいんですが…!】   (10/13 03:50:43)

仮面の男【館主】【今晩お付き合いいただいた御礼としボーナスアイテムを差し上げます。尤も、それが生存者にとって大凶と出るか末吉と出るかは分かりませんがね】   (10/13 03:49:47)

金井亮【意味深なアイテムですね…】   (10/13 03:48:35)

仮面の男【館主】(ゲームオーバーになった生存者の末路を目撃してしまった金子は悲痛な感情を覚悟で抑え込み、実験室を後にて再び館内の探索へと戻っていく。実験室を出る直前、書類が置かれた机の上に液体が入った試験管のようなものを発見するだろう。試験管の中には糸ミミズのような生物が入っている……無視するのも、持ち出すのも全ては生存者次第)   (10/13 03:47:44)

金井亮【なんでしょうか?】   (10/13 03:44:04)

仮面の男【館主】【ああ、最後に一つ……】   (10/13 03:43:57)

仮面の男【館主】【次回またいつ時間取れるかは分かりませんが、金子様の脱出劇を愉しみにしておりますよ】   (10/13 03:43:34)

金井亮【また都合が合いましたらぜひ!】   (10/13 03:43:01)

金井亮【遅くにお付きあいいただきありがとうございました!】   (10/13 03:42:29)

仮面の男【館主】【お疲れ様でした。遅い時間までお付き合いいただき有難うございます】   (10/13 03:42:18)

金井亮  (10/13 03:41:32)

金井亮途切れたモニターを前に金井は立ち尽くす。男が犯されているだけでも衝撃なのに、まさか姿かたちすら変えてしまうなんて)「ッうぅ……」(あまりにショッキングな映像に胃の中が逆流し戻しそうになる。喉に登ってきた熱い酸の味に顔をしかめつつ、ゴクッとその内容物を胃に戻す)「……ぅえ、どうやらマジみたいだし本気でやらなきゃやべえかな……!」(下に向けていた顔を上げると、そこには普段のやる気に満ちた金井の顔があり、覚悟を決めたのか資料を整え瀬戸の写真に手を合わせる)「……助けてやれなくて悪い。」(小さくつぶやくとくるりと踵を返し、鉄の扉を開け再び館の中へと消えていった…)   (10/13 03:41:08)

金井亮【では少々お待ちを!】   (10/13 03:36:16)

金井亮【いやぁ~一回ハンターさんの受精もやっておかないと…!】   (10/13 03:36:09)

仮面の男【館主】【ええ、お願い出来ますでしょうか。締めを拝見させていただいたら私も失礼させていただきます】   (10/13 03:35:38)

仮面の男【館主】【瀬戸様もこれでボーイズ・アンデッドの仲間入り……もしかしたら金子様と対峙する日が来るかもしれませんね。フフフ……】   (10/13 03:35:03)

金井亮【映像を受けて、金井の描写で…!】   (10/13 03:34:34)

金井亮【ありがとうございます。そろそろ時間ですし、こちらで最後閉めてもよろしいでしょうか?】   (10/13 03:34:20)

仮面の男【館主】【とんでもない。非常に愉しませていただきました。寧ろ、此方の要望に応えていただき有難うございます】   (10/13 03:33:46)

金井亮【変身描写上手くなくてすみません…!】   (10/13 03:32:49)

金井亮【こんな感じでどうでしょうか…!】   (10/13 03:32:01)

金井亮 (少年たちに貪られ痩せこけていた身体もアンデッドに変化したことで栄養を取り戻したのか、アンデットらしい少し色づいた肌だが、子供らしい瑞々しさを帯び始めていた。カメラは少年たちの輪の中心で、新たに生まれ変わった瀬戸をう映しブツッ!と停止してしまった)*   (10/13 03:31:44)

金井亮『――――ッ゛ンン゛ッ゛』(同時に喉を責めていた少年も絶頂を迎え、瀬戸の胃に直接ザーメンを流し込む。口と子宮両方で、種を受け瀬戸の脳も人間としての最後の命令を放ち、すっかり機能も停止し枯れて萎みだした睾丸をググッ!と力強く持ち上げると人間として最後の射精を行った。最後の仕事も終え、だらんと垂れ下がったチンポをみて少年たちが瀬戸から離れる。) 『――――?ッ、!?がっぁああッ゛!!!!』(一瞬状況が理解できなかったのか、不安そうに離れていく少年をみるが、ビクッ!と身体が跳ね、瀬戸の身体の表面がゴリュッゴキュッと嫌な音を立てて変貌していく。) (少年たちの精であらかじめ身体が縮んでいたとはいえ、少年に比べてまだ大きさを残していた身体が小さくなっていく。骨が皮の中で縮まり、グングンと小さくなっていく身体。顔立ちも幼い少年の物へ変わっていき、唯一大人の男としてみれた毛が生えたチンポも毛が抜け、亀頭が露出していたチンポも包皮を纏い幼い包茎チンポへもどっていく。ニヤニヤと変化を見守る少年たちの輪の中心で、うごめきが終わりそこにいたのは新しいアンデットだった。)   (10/13 03:31:42)

仮面の男【館主】(ボーイズ・アンデッドの魔の舌によって脳を弄られ無理矢理精巣を活性化させられていく瀬戸。白目を剥いて身体を仰け反らせる瀬戸の悲鳴を塞ぐように開いた喉奥に向かって「どぴゅっ♡」と精液を放つアンデッドのチンコ。金井がモニターを見るもう何時間も前からこの地獄の宴は続いていたのだろう。瀬戸の全身はアンデッドの精液に塗れ、チンコが突き刺さった尻孔からはブシュッ、ブシュッと腹に収まり切らなかった精液が溢れ出している。瀬戸のチンポをしゃぶりつづけている少年は精液の出が悪くなった事が不満なのか、瀬戸の睾丸を揉み込んでは無理矢理精液を絞り出させているものの繰り返される搾取に瀬戸の精巣も限界を迎えようとしていた)『んむっ、ちゅっペロ、ペロ……あ、そろそろかな?』『ふふっ、そろそろだね』(瀬戸の乳首をペロペロ舐めていた少年二人が顏を見合わせて微笑むと、それを合図としたように瀬戸の口と尻からチンコが引き抜かれてボーイズ・アンデッド達が一旦瀬戸から離れていく)*   (10/13 03:23:11)

金井亮『ンッんッん゛ッン゛ん゛ッ!!!!』(ぷっくりと突き出た肉厚な尻タブを割るようにして少年のチンポが勢いよく出入りする。度重なる交尾の結果かすでに瀬戸のケツは生殖器、マンコとしての役目しか担っておらず、繁殖相手となる雄、つまりは少年のチンポの長さに合わせ子宮が入り口付近で完全に居を構えている。)グリュッグリュッと子宮の壁を舐るように少年が腰を動かせば、瀬戸の身体はビクッビクッ!!と激しく痙攣し強すぎる快楽を全身に拡げている。すでに度重なる出産を終えており若干の締まりがなくなった雄子宮だが、最後まで器としての役割を遂げるつもりなのか、自然とチンポに纏わりつき微々たる刺激だがチンポに纏わりつく。中を抉る少年の腰が速まり、絶頂が近いことを悟ると瀬戸は無意識でマンコに力を越めぎゅうっと少年のチンポを咥え込み、ただの器になった雄子宮の中に熱い本流を受け止める。)   (10/13 03:22:00)

金井亮『ガッ、ぁッアッ、ぐぉおッっ……!!』(舌先を器用に操り人間の脳を好き勝手にいじくりまわす。幼くはたからみれば可愛い少年のように見えるのにその行いはまさしくモンスターとよべるものだった。脳を直に描き回され瀬戸は少年のピストンを受ける口からはブシュッ!ブシュッ!と涎と繰り返し行われているのか少年たちの種汁が混ざり濁った泡を飛ばしている。下半身では、ビンビンに勃起したチンポが脳からの命令を受け急ピッチで雄の証である種を作るが、作るペースよりも少年の吸い上げが勝っているようで、中々思う通りにならないチンポを急かすように睾丸をにぎにぎと揉み込み早く出せと刺激している)『ゴッ、がぁッ!』(苦しそうな声をあげるが、モニターに映る瀬戸の表情は少年たちに犯されることに幸福を感じているといわんばかりに蕩けていた。少年の言葉どおりすっかり少年たちのミルクの虜になってしまっているようだ。どうやら画面の中ではたった今姿が変わって言っているようで、よく見れば先ほどよりも少年の種を身体に取り込むたびに徐々に身体が縮んでいるようだ)   (10/13 03:11:40)

金井亮【了解です~!】   (10/13 03:10:16)

仮面の男【館主】【既に出産済という事にしていただいても構いませんし、出産後に一気にアンデッド化するでも構いませんよ。その辺りはご自由に進めていただいて結構です】   (10/13 03:10:04)

金井亮【変化】   (10/13 03:09:39)

金井亮【出してから変かって形でもいいでしょうか?】   (10/13 03:09:33)

金井亮【身体がアンデッドたちと同じサイズになってしまったら出産どうしましょうかね…?】   (10/13 03:09:07)

仮面の男【館主】『お兄ちゃんの子宮、僕達のミルク飲むのがとっても上手になったね♡…あっ、またイク、イクよお兄ちゃん!!』(ドピュピュピュピュッ、びゅくっ、ピューッ!!)(恍惚の笑みを浮かべながら瀬戸の雄子宮に新たな精液を注入していくアンデッド。口と雄子宮からボーイズ・アンデッドの精液を吸収した瀬戸の肉体がググッ…と少しずつ縮んでいき、萎える事なく勃起し続けるチンポとは裏腹に精巣内に残っている精子は枯渇寸前になっていた……)*   (10/13 03:08:24)

金井亮【退出防止用です】   (10/13 03:07:26)

仮面の男【館主】『お兄ちゃんもうすっかり僕達のミルクの虜になっちゃったね~♪赤ちゃんみたいに夢中で精液吸おうとしてくるの、すごくかわいいよ♪』(可愛らしい笑顔と共に瀬戸の口内に挿入したチンコを激しくピストンさせるボーイズ・アンデッド。そのままドピュピュッ!と瀬戸に一滴残らず精液を飲ませると、休む間を与えず次のアンデッドと交代してチンコをしゃぶらせていく)『お兄ちゃんが僕達のミルクを飲めば飲むほど、お兄ちゃんの身体は僕達にちかづいて最後は僕達とおんなじになるんだよ~……って、もう聞こえてないよぉ』『お兄ちゃんのタマタマに残ってる精液もあとちょっと。ふふふ、あと少し……あと少し……♪』   (10/13 03:03:09)

仮面の男【館主】『フフフ。すっかり壊れちゃったね、このお兄ちゃん』『あともう少しでお兄ちゃんも僕達の仲間になれるよ~』『ええっ、いやだよー。まだ僕全然お兄ちゃんのエキス吸ってない!もっと吸いたい!』『もーうるさいなぁ。だからこうしてお兄ちゃんの脳ミソいじって、金玉の中の精子を絞り出させてるんだろー』(ボーイズ・アンデッドの無邪気な言葉とは裏腹に、瀬戸の両耳孔に挿入された舌がニュルン、ニュルンと蠢き、瀬戸の脳をクチュクチュと弄って精巣の機能を限界以上まで引き上げ、瀬戸の生命であり雄の証でもある精子を全て作り切らせようと強制活性化させていく)   (10/13 02:56:30)

金井亮パチュッ!!バジュ!『おぉっ゛ッ゛っぶっはぁっ、チンポッ!!、ぎもちいいっ』(モニターの光景は目を疑うような物だった。青年、瀬戸の全身に少年たちが群がり、彼の肉体に凌辱の限りを尽くしている。耳から差し込まれる触手、瀬戸の顔にまたがりパンッ!パンッ!と力任せに腰に喉をふる者、なにより、排泄にしか使われることがないはずのケツに少年のチンポを挿入されている。)「は、はぁ……?なんだよこれ……」(自他ともに認める楽天家な金井もその光景には思わず顔から笑みが消える。)『んぐッ!んぶっっ、ジュジュッ!!!』(信じられないのは、青年が抵抗していないということだった。瀬戸は全身に少年たちが群がっているとはいえ、両手や両足は暴れるどころか、凌辱に参加できない少年のチンポに手を伸ばし自らシコシコと抜きあげている。写真とは違い、少しばかり顔立ちが幼くなっているようで、これがアンデッドの特記事項に合ったウィルスの効果なのだろうか)*   (10/13 02:47:27)

金井亮【もう少し続けます】   (10/13 02:40:10)

金井亮【途中から書いていたので、若干齟齬がありますがご容赦を…!】   (10/13 02:40:03)

金井亮「瀬戸勇吾……?それにボーイズ・アンデット?」(机の上に乱雑に置かれた数枚の資料を手に取り中を見分する。)『瀬戸勇吾 20歳 陸上部員………』(それは瀬戸勇吾と呼ばれる青年のプロフィールの様な物で、居住地や家族構成、など事細やかに羅列されている。プロフィールを流し読みし、そのまま2枚目にうつると…)「…ッはぁ!?」(そこに書かれていた内容に思わず、大きな声をだしてしまった。その資料には繁殖を行うとの記載があり、ボーイズアンデッドと記載があり)「いやいや、ボーイズだろ。写真のコイツも男だしな…」(金井はおどけるように一人で突っ込みをいれるが、目覚めたときに聴かされた館主と名乗る男の言葉に真実味を感じ始める。)「まさか、ケツの話もマジとか言わねぇよな……」(睾丸に付けられた器械。そしていまだ変化は感じないが自分の尻を眺め思わずゴクッと唾を飲み込んだ)   (10/13 02:39:44)

仮面の男【館主】(モニターに映し出されているのは、書類に記載されている生存者と『ボーイズ・アンデッド』と呼ばれる複数のクリーチャーだった。生存者―――瀬戸勇吾は少年達に群がられ、喉奥までずっぽりチンコをしゃぶらされ、耳からは触手を挿入されて脳を直接弄られ、尻孔には何匹目かも分からないボーイズ・アンデッドのチンコがずっぷり挿入されていた……)*   (10/13 02:39:24)

仮面の男【館主】(『少年アンデッド】通常ゾンビと呼ばれるアンデッドは生存者の血肉を求めて彷徨い、生存者に噛み付く事でウィルス感染させ生存者をゾンビへと変貌させる事で有名だが、少年アンデッドの場合、血肉ではなく雄の新鮮な精液を求めて襲いかかってくる。繁殖も噛み付きではなく生存者への精液注入であり、獲物を見付けた少年アンデッドはまず生存者の動きを封じると睾丸内の全ての精液を吸い尽くし、そして自身の精液を注入し続けて生存者を感染させていく。少年アンデッドによって汚染させた生存者はやがてアンデッド化し、ウィルスにより少年のような姿へと変貌して自らもまた精液を求める生きる屍と化すのだ)   (10/13 02:32:40)

仮面の男【館主】(棚のガラス戸にはスモークフィルムが張られており、近付かなければ中に入っているものを確認する事は出来ないだろう。棚の前を横切って一台のモニターの前までやってきた生存者はそこに数枚の書類が置かれている事に気付く。書類には生存者とクリーチャーに関するデータが記載されており、生存者の名前に『瀬戸勇吾』と記載されている。そしてクリーチャーの方には『ボーイズ・アンデット』と記載があり、少年アンデットの特徴が記載されている)   (10/13 02:25:24)

金井亮【ありがとうございます】   (10/13 02:20:50)

仮面の男【館主】(畏まりました。生存者が扉を操作するとガチャリ、と重い音を立てて鉄製の扉がロックされました。これで外部からの侵入を暫く阻む事が出来るでしょう)   (10/13 02:20:07)

金井亮【背後から奇襲は危ないですもんね…】   (10/13 02:19:10)

金井亮【あ~ではお願いします!】   (10/13 02:18:50)

仮面の男【館主】(金井様。実験室の扉は内側から鍵が掛けられる仕組みになっておりますが、鍵は掛けますか?)   (10/13 02:18:38)

金井亮「さすがに学校の理科室みたいではないよなぁ……」(ギイイと鈍い音を鳴らし中に入り室内の怪しげな標本や薬品を見て苦笑いを浮かべる。)「…ん?モニター付きっぱじゃねえか。なんだ……?」(パスコードが書かれた紙でもあれば儲けもんだと気持ちだったが、その想像は容易く崩れ金井は棚や標本を足早に流し見する。すると、実験室の奥、にいくつも並んだモニターの1つが点灯していることに気付き、恐る恐るその画面を見つめだした…)*   (10/13 02:17:30)

仮面の男【館主】(【実験室A-011】と書かれた鉄製の扉を開けて室内に侵入する生存者。幸い室内にハンターの姿はなく、無人の実験室には怪しげな標本や薬液が入った棚、不気味な形状の拘束台が並び、壁一面にモニターが並んでいる。モニターの殆どは消灯して真っ暗だったが、その内の一つに複数の人影が映っている事に生存者は気付くだろう)   (10/13 02:13:43)

金井亮【お願いします】   (10/13 02:09:37)

仮面の男【館主】【ええ、大丈夫ですよ。続きから書きますね】   (10/13 02:09:28)

金井亮【こんな感じですかね…?】   (10/13 02:08:30)

金井亮(部屋の扉が開き、金井は周囲を警戒するようして館の内部を捜索していく。警察学校時代の男社会の中で育ったからか、裸一貫にもかかわらず前を隠さず、しかし警官としての職業病か角に身を潜めたりして進んでいく) 「ったく、さっさと脱出しないとな……ん?『実験室』?」(鉄の扉に実験室と書かれた部屋の前で止まり、ここならば睾丸に付けられた装置を外せるかもと期待をこめて中に侵入する)*   (10/13 02:07:37)

仮面の男【館主】【宜しくお願い致します】   (10/13 02:03:55)

金井亮【少々お待ちください】   (10/13 02:03:38)

金井亮【分かりました…では、淫極館の中の実験室で瀬戸の記録を見る感じで行きますね。】   (10/13 02:03:30)

仮面の男【館主】【ええ、お願いしても宜しいでしょうか?金井様は実質2回目の参加ですので、オープニングは省略していただいても構いませんよ】   (10/13 02:02:11)

金井亮【えっと、じゃあ書き出しどうしますかね?こちらから始めてもよろしいでしょうか?】   (10/13 02:01:23)

金井亮【了解です。受精って時点で結構マニアックですもんね】   (10/13 02:01:02)

仮面の男【館主】【ああ、でも潮吹きなら全然構いませんよ】   (10/13 02:01:01)

仮面の男【館主】【そうですね。それ以外は大丈夫です。当館自体、かなりアブノーマル・マニアックな部類に入るかと思いますがね】   (10/13 02:00:15)

金井亮【なるほど。小さい方もですかね】   (10/13 01:59:30)

仮面の男【館主】【ふふ、履歴については何ら恥じ入る事はないと思いますが……萎え、ですか。ふむ……ホラー部屋を称しておりますが残虐・猟奇・スカ系はあまり好みませんね】   (10/13 01:58:42)

金井亮【前回御聞きしていなかったなぁと】   (10/13 01:57:44)

金井亮【そういえば館主さんの萎え描写とかありますかね?】   (10/13 01:57:28)

金井亮【面白そうですね!じゃあまた入りなおすと履歴が出てしまって恥ずかしいので金井の視点で瀬戸の方もやらせてもらいます!】   (10/13 01:56:51)

仮面の男【館主】【視点は金井様でも瀬戸様でも構いません。前回のゲームで瀬戸様はゲームオーバーとなりましたが、当館のルールとして生存者を死亡させるのは禁止としておりますので、今も瀬戸様は生存しておりますよ。もっとも、肉体と精神が無事とは限りませんが……フフフ……】   (10/13 01:55:47)

金井亮【それとも名前変えてきた方が良いですかね?】   (10/13 01:53:54)

金井亮【お、大丈夫です。えっと、つまり新しい生存者に淫極館に囚われた末路を見せるということでしょうか?】   (10/13 01:53:28)

仮面の男【館主】【以前、ゲームオーバーになった瀬戸様のその後をお見せする……というのは如何でしょうか?もし、金井様が宜しければですが。】   (10/13 01:52:37)

仮面の男【館主】【そうですね。もしくは……】   (10/13 01:51:49)

金井亮【それか今回は導入部だけとしますかね?】   (10/13 01:51:19)


更新時刻 12:16:30 | 過去ログ | ルーム管理