PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
しまと濡羽の専用チャット部屋

※関係者以外の立ち入り禁止※
覗かれても気分が悪いので、ROMもやめて下さい。

〜成りシチュメモ〜
ミナコイで出来るもの
・看病&刺青(ナース服)
・朝寝
・乗馬
・ヴィルヘルミナァ((((

R-18
・酒
・媚薬

ルブルじゃないと出来ないもの(展開次第でR-18含む)
・吸血鬼×メイド
・執事×お嬢様
・つきたん
・ロリ(街デート)
・スモーキーの孤独と狂異の崩壊
・チビちゃん

死亡エンドの小説↓
http://uranai.nosv.org/u.php/novel/Smokey_Kurui2/
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、濡羽さんが自動退室しました。  (3/31 11:52:29)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、しまさんが自動退室しました。  (3/31 11:52:29)

しま((もちろん!やりましょ!!!(´ω`)ノシ   (3/31 11:28:05)

濡羽((またやろね!   (3/31 11:27:33)

濡羽((うぃ!!こっちもありがとう!!   (3/31 11:27:27)

しま((了解!本当にありがとうね!   (3/31 11:27:12)

濡羽((そしてそろそろ落ちるぜ俺ェ....   (3/31 11:26:41)

しま((そうね( 'ω')   (3/31 11:26:40)

濡羽((まあ、直せたらで誤字はええやない?   (3/31 11:26:27)

しま((伝わるなら良いけどね…うん   (3/31 11:24:37)

濡羽((まあ、でも、だいたい何が言いたいかはわかるし、誤字はスルーすんぜ   (3/31 11:23:18)

しま((うむ、なるべく直したいけど…   (3/31 11:22:47)

濡羽((まあ、誤字はしゃあねぇっす   (3/31 11:22:35)

しま((あとmも主張強い。m「あなたの入力ミスでしょう」   (3/31 11:22:06)

濡羽((しねwww直接的www吹き出したwww   (3/31 11:21:37)

濡羽((「ら」くんはだいぶ常連だと思ってる   (3/31 11:21:23)

しま((ら「今日も来たぜぃ!」しね!   (3/31 11:21:23)

濡羽((見慣れた光景wいつも「ら」くん出てくるなw   (3/31 11:21:05)

しま((色々酷いぞ私()   (3/31 11:20:43)

しま((ら「」   (3/31 11:20:35)

しま((人手不足だからねーら   (3/31 11:20:28)

濡羽((解雇にならないだけw   (3/31 11:20:15)

しま((もう狂異ちゃんにマネキン頼まなくなるけど、スモーキーへの態度がとても酷くなったと、後にリゼが語った。   (3/31 11:19:49)

濡羽((へっへっへ。スモーキーのこともわかってきて嬉しいまる   (3/31 11:19:34)

濡羽((可愛いの具現化として狂異ちゃんはずっといてほしいんだ...   (3/31 11:19:17)

しま((当たり〜w 流石つきたん。分かってるねぇ((´∀`))げへへ   (3/31 11:19:02)

濡羽((スモーキー満足そうにそれがどうしたってニヤニヤしてそう   (3/31 11:18:41)

しま((何しても可愛いよなぁ、くそう。   (3/31 11:18:21)

濡羽((オズワルドくんwww   (3/31 11:18:17)

濡羽((確ロルええで。しゃあないしなぁw   (3/31 11:18:08)

しま((「狂異、この痣……スモーキー!!!」   (3/31 11:18:00)

濡羽((へっへ。「あたりまえですわよ」ドヤッててかわいい   (3/31 11:17:46)

しま((後のオズワルド「狂異」   (3/31 11:17:45)

しま((結構確定ロルしてしまって申し訳なかった…。   (3/31 11:17:36)

しま((可愛い…()   (3/31 11:17:10)

濡羽((こちらこそ狂異ちゃんをありがとうだぜ...   (3/31 11:17:06)

しま((可愛い可愛い   (3/31 11:17:04)

しま((はぁ、狂異ちゃん可愛いね   (3/31 11:17:01)

濡羽((いーえっ!!楽しかったし!!!だいじょぶい!!   (3/31 11:16:51)

しま((貴重な時間に付き合ってくれてありがとう(´﹀`)   (3/31 11:16:27)

しま((なるほどね   (3/31 11:16:04)

濡羽((午後は母さんが帰ってくるんだ....   (3/31 11:15:56)

濡羽((サキュバスもいれるんね!せやったら4回かな〜   (3/31 11:15:41)

しま((午後から用事あるの?   (3/31 11:15:32)

しま((そうでしたな( 'ω')   (3/31 11:15:20)

濡羽((裸で添い寝だったと記憶   (3/31 11:15:12)

濡羽((吸血鬼は行為及んでないはず...   (3/31 11:14:56)

しま((あ、吸血鬼もか?   (3/31 11:14:40)

濡羽((狂異ちゃんもうずっと、あんあん言ってましたぜぐへへへ   (3/31 11:14:30)

しま((星の夜の時に1回、ロリで(一応エッチしてる)、サキュバス(やったよね?)、今日で4回?   (3/31 11:14:20)

しま((狂異ちゃん喘ぐ度にげへへへへへってなった(銃声)   (3/31 11:13:32)

しま((もう!変換!(ノ)`ω'(ヾ)   (3/31 11:13:03)

濡羽((2回?   (3/31 11:12:58)

濡羽((スモーキーのロル来る度にうおおおおおおってなった   (3/31 11:12:49)

しま((抱いた!   (3/31 11:12:49)

しま((スモーキー今まで狂異ちゃん何回大胆だろう。   (3/31 11:12:43)

濡羽((スモーキーかっっっけぇしえろいし   (3/31 11:12:32)

濡羽((へへへ...狂異ちゃんかっっわいいし   (3/31 11:12:24)

濡羽((もうすげぇよ   (3/31 11:12:11)

濡羽((御相手感謝!!!こちらこそ!!!!!   (3/31 11:12:06)

しま((いやぁ、えちち   (3/31 11:12:04)

しま((お相手感謝ああああああああ!!!!   (3/31 11:11:47)

しま((あうあう、愛してるって言えよスモーキー「お前が書かねえからだろ」んだとコラ(喧嘩)   (3/31 11:11:38)

濡羽(荒い息を吐きながら名前を呼んでくれる愛しい人。強く抱きしめられるその身体に安心感がある。離さない。そんな毒占欲をさらけ出したスモーキーに狂異はウットリと溺れていく。後戻りなどもうできっこないのは同じなのだ。)スモーキーさんっ...!(愛しい愛しい名前を呼んで応える。強い刺激が狂異の頭の奥まで犯す。今日1番甘い嬌声をあげて、狂異は絶頂を迎えた。ドクドクとお腹に注がれていくのを朦朧とする意識の中で感じながら、口元には微笑みを浮かべて疲れきったような表情で目を閉じる。)愛してますわ...。(激しくお互いを求め愛し愛された。今夜は実に濃厚すぎる一夜だった。狂異は幸せな笑みを浮かべたままベッドの上、意識を手放した。ずっと言いたかった告白を残して。)___〆   (3/31 11:09:25)

しま互いに強く激しく求め合う。誰にも邪魔など出来ない、2人だけの愛の世界。膣を締め舌を絡めてくる狂異にスモーキーの射精が促される。早く出してしまいたい、そんな思いを煽った狂異の言葉。互いに最高の快感を目前にした状態。ならばもうその時だろう。互いに相性が良いのだ…いける。スモーキー「っはぁ……狂異…っ!」唇を離し舌を抜き、頭と腰を強く抱きしめる。最後に数回、彼女の奥まで激しく突き上げれば、熱い精液が狂異の中へと注がれるだろう。達したスモーキーは今までに無い気持ち良さを経験してしまった…もう戻れない。いや、これを望んだのだ。ヌルッと狂異の中から自分のモノを抜けば、トロトロと白い精液が流れ出てベッドを汚すだろう。潔癖症のスモーキーはそれを許してしまう。今はもうそんな事さえどうでも良い。この世で初めて、唯一愛せた女と、気持ちを確かめ合い、快楽に溺れ、結ばれたのだ。幸せな気持ちを抱え、今日はこのまま眠ってしまいたい…。   (3/31 10:56:08)

濡羽(スモーキーからも漏れる熱い吐息に狂異は満足そうに笑む。唇を奪われることにも感じてしまう。もっと深くと、舌を絡ませてこようとするだろう。やらしいだなんて言葉を聞けば、狂異はスモーキーのものを容赦なく締め付けるだろう。ただでさえ使われたことないものだ、処女特有の締まり具合がスモーキーには新鮮なのではないだろうか。だんだん熱くなってくる膣内、子宮口まで届くスモーキーのものに狂異だって限界だ。避妊具など必要ない。スモーキーの愛を全て注いで欲しい。)やっ....スモーキーさっ....もう...っ!(こちらが限界であることを表明する狂異。初めてにしては頑張った方ではないか。そろそろイきそうなのだと。狂異は荒い息合間に振り絞って声を出す。)   (3/31 10:44:24)

しま喘ぎこそはしないがスモーキーからも吐息が漏れる。体を動かしていれば、それは当然。そして相手が狂異ならば、尚更我慢など出来なくて。風呂に入ったばかりなのにまた体に汗が滲む。寒い夜のはずなのに、体はとても熱い。スモーキー「んっ…」名前を呼ばれればまた唇を塞ぎ、右手で狂異の頭を、左手で狂異の腰を抱き寄せる。その際、狂異の方からも腰を動かしていた事に気付き、悪い笑みを向けて「やらしいな」と言葉にする。そんな所も堪らなく愛おしい…。ああ、もっと、もっと…。そう思えば思うほど動きは激しくなり、スモーキーの中で着々と射精の準備が進んでいく。避妊具無しで性行為を行っているが、堕天使と人間、種族の遺伝子の問題により、孕んでしまう確率はかなり低い。安心するべき事なのか…。そうなると、子供を作りたくなった時には、また沢山行為を行う事になるので、スモーキーにとっては嬉しい事だ。孕むまで繰り返し行為を続けるだろう。   (3/31 10:31:32)

濡羽んっ...あっ...んん...///(スモーキーの腰の動きとシンクロする狂異の喘ぎ声。嬉しそうに、幸せそうに、女としての悦びを感じている。頭が白くなっていく感覚がとても心地よい。頭も身体も犯される気分はハッキリ言って最高だ。)んっ、スモーキー...さん...っ...。(乞うように狂異も名前を呼んで答える。潤んだ瞳が幸せそうに溶けていく。)ひぁ...っ...!(だんだん激しくなる腰の動きに身体を大きく仰け反らせる狂異。腰を打ち付けられる度に、身体にスモーキーを刻まれていくようだ。気づけば狂異も腰を動かし、もっともっとと求めている。体が正直なのは男だけではない。)   (3/31 10:20:12)

しまお互いに余裕の無い状況。部屋に響くのは狂異の喘ぎ声と、熱いキスを交わす際の水音のみ。嬉しそうに笑う狂異と、獣の顔をするスモーキー。上も下も、もっと深く相手を求めたがる。目を閉じ快感を堪能するスモーキー。舌を絡め合ったまま、腰をゆっくりと、そして大きく動かし始める。よく濡れているおかげで、スモーキーの大きなモノもスムーズに動く事が出来ている。体の痛みは男には理解出来ないが、今までに無い気持ち良さが、体の相性の良さを彼に教えてくれる。スモーキー「ん…、狂異……。」口を離し、至近距離で茶色の隻眼で相手を見下ろす。回された腕が嬉しかったのか、赤くなった顔と熱を持つ瞳で、愛しい相手の名前を呼ぶ。そこから同時に、腰の動きは段々と早くなっていくだろう。体は正直である。狂異が可愛いいせいで、もっと相手が欲しくなってしまう。   (3/31 10:07:22)

濡羽(スモーキーの言葉にいつもなら煽り返すが、今はそんな余裕がないらしく黙ったまま恥ずかしそうに下唇を噛む狂異。もう彼女から余裕は失われている。)んっ、ああああっ...///(そんなにも急にいれられてしまっては、驚きの混じった嬌声をあげる。いれられると同時に、頭の奥まで刺激が突き抜ける。痛いかとも心配していたが、そんなことはない。狂異の愛液が潤滑油となったか、はたまたスモーキーのものが自分にあっていたのか。おそらくその両方だろう。やっと繋がれた感覚に、嬉しそうに笑う狂異。近づいてくるスモーキーの顔に幸せそうに微笑んでキスを受け入れる。そのままスモーキーに腕を回して離さないと狂異も意思表示をしようか。)   (3/31 09:53:02)

しますぐ側で聞こえる狂異の淫らな声。ずっと聞いていたいと思わせる声は、スモーキーにとって中毒性が高い様子。狂異が下着を脱ぐ際に見えた、粘り気のある糸。そんなに攻めていなかった場所が、こんなにも濡れていたのか。スモーキー「いやらしい奴だな」フッと笑いながら言うスモーキー。彼にだけは言われたくない。また、狂異が正直に懇願すれば、スモーキーは黙って狂異の腰を抱き寄せ、彼女が欲していたモノを一気に挿入する。こちらも今までずっと狂異が欲しくてたまらなかった。それはもう、狂おしい程に…。今この瞬間、初めて狂異を自分のものにした。離さない。渡さない。逃がさない。抑えていた独占欲が溢れ出る。挿入後、すぐには動かず、体を狂異の上に重ねて抱きしめる。また最初と同じ、熱く深いキスを交わそうか。   (3/31 09:44:14)

しま((ふへ   (3/31 09:33:10)

濡羽あんっ...ぁ...んんっ...。(スモーキーが狂異に与える刺激の一つ一つに甘くて可愛らしい声を部屋に響かせる。背中に回された手でさえも、身体に触れられるだけで反応してしまう。鎖骨を噛まれるなど予想だにもしていなかったのかさらに甘い声を出して喘ぐ。)ええ...!(やっと聞けた1番欲しかった言葉に淫らに蕩けた雌の顔で笑って肯定を示す狂異。幸せで意識がとんでしまいそうだ。身も心もスモーキーを感じている。欲しいかという言葉には小さく頷いて意思を示したが、それだけでいいというわけにはいかないらしく...。「意地悪ですわ...」なんて呟いて、シーツを放しパンツへと手をかける。言われたとおりにパンツをおろそうとすると、銀色の糸がひいていることだろう。溢れる愛液の匂いにクラクラしそうだ。)ここに、スモーキーさんのを...いれてくださいまし。(狂異にしては珍しい懇願するような表情。性格的に攻めな狂異は受けにまわることは少ない。そんな狂異が懇願し、ねだっている。誰にも見せないそんな顔で、スモーキーを求めるのだ。)   (3/31 09:32:22)

濡羽((狂異ちゃんの鎖骨とか鼻血ブシャーしちゃう   (3/31 09:32:16)

しま   (3/31 09:19:49)

しま((ちょっちSっ気のあるスモーキーさんをどうぞ(そして鎖骨←)   (3/31 09:17:07)

しま狂異から漏れる声が、スモーキーの鼓膜を溶かしに来る。「もっと聞かせろよ」とでも言うように、激しく胸に触れ、先端を弄り、側にある鎖骨に舌を這わせて甘噛みを。背中が浮いたら素早く手を回し、"離さない"と独占欲を示すように狂異を抱く。スモーキー「……可愛いな。」目を閉じながら、狂異の顔を見ずに言う。拗ねてしまった狂異のご機嫌を取るため、恥ずかしながらにそう短く言ってから、鎖骨にもまた印をつけていく。スモーキー「欲しいか?」ニヤリと笑みを浮かべながらわざと聞く。体を起こし、上のシャツを乱雑に脱ぎ捨てる。先程風呂で見たままの、細身ながら逞しい体が狂異の前に現れる。高揚したスモーキーの顔。スモーキー「脱げよ。どこに何が欲しいか言いながら。」   (3/31 09:16:45)

濡羽ぁん...っ...。(胸にはしる刺激に甘い声をもらす狂異。ビクンと反応すれば仰け反る形で背中が浮いてしまっている。狂異にとっては初めての刺激に経験である。恥じらいや快感、スモーキーを愛しいと思う気持ちが混ざりあって頭がふわふわとする。)んっ...そう、ですわね...。(刺激に声をもらしながらも、少し拗ねたような含みのある返答を。スモーキーの不器用さはわかってはいれど、やはり直接的な言葉がほしかったらしい。しかし、それでこそスモーキーなのだ。自分のことを全て把握しているようなスモーキーの手つきに喘ぐ狂異。絶頂を迎えそうで迎えない。そんな焦らされるような感覚に、頭がおかしくなりそうだ。随分仕上がってしまってる自身の部位にスモーキーの膝があてられればいっそう高い声をあげる。)いったいいつまで焦らされますの...?(もう限界だとでも言うようにスモーキーの膝に擦り付けるように腰を浮かせる狂異。下着越しにでもわかるくらいもうそこは濡れているだろう。)   (3/31 09:05:21)

しま((書きたいと思っててくれてたなら良かった(´﹀`)   (3/31 08:53:13)

しまシーツを握るその手も、荒い息も、蕩けた顔も…最高という言葉が当てはまる胸、狂異の全てがスモーキーを興奮させる。優しくしていた手は、胸の先端を探り当てキュッと摘み甘い刺激を…。スモーキー「だったらさっさと脱がせてる。」趣味にそぐわないのかと聞かれればそう答えるスモーキー。きちんと褒めてあげればきっと狂異はもっと喜ぶだろうに…。手先も言葉も不器用な男だ。しかし、性行為となると話は別。慣れた手つきで敏感な所を弄り、更に気持ちのいい所を探り当て、絶頂を迎えさせない力加減で焦らしてくる。狂異の足の間に、自身の左膝を当ててみようか。   (3/31 08:52:54)


更新時刻 16:21:20 | 過去ログ | ルーム管理