PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
とある学園にある混浴風呂のひとつです。
(以前の中文混浴風呂が消えてしまったため、勝手ながら作成しました)

《ルール》
・待機ロル必須です。無言待機およびPL発言のみでの待機は不可。
・PL発言は【】で囲ってください。
・中文以上(150字〜)かつ描写ありのロル必須です。150字よりやや少ない程度なら構いません(毎回はNG)が、短文傾向なら他の混浴風呂をご利用ください。
・待合せ、同伴での利用は可です。
・相手を決めての入室は可ですが、【お相手いいですか?】などと聞かずにロルで絡んでください。
・過度のPL会話は非推奨ですが、絡みをお断りする場合の返事や、プレイ嗜好およびNGの確認など、ロルを円滑に進行するためのPL会話は自由に行って構いません。

「氏名」+「性別記号」+「学年/年齢または教科」で入室してください。
プロフ欄には、身長ほか外見設定などをご記入ください。

《入室に際しての禁止事項》
・18歳未満の利用禁止。また、ゲーム機での入室も未成年者が多いことを考慮して禁止。
・学園ネーム以外での利用禁止。
・多窓禁止。
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、六道 葉月♀1年さんが自動退室しました。  (9/24 20:36:14)

六道 葉月♀1年ふぅ・・・(ふとお風呂の気分であったのか混浴風呂に向かい制服を脱ぐと、一糸まとわぬ姿で身体を隠さずに平然と浴室へと入る、裸の足がタイルを踏みしめると、濡れた床の質感を感じながら、ヒタヒタと水音をたてながら、浴槽の縁に腰掛けれると、体重を預けてつま先を入れる、波紋が円の様に広がるさまを見ながら、小さく吐息を吐きだす、ゆっくりと足を足首まで沈めると、足湯の様にして、時折お湯をかき混ぜるように弄びながら、辺りを見回した。)   (9/24 20:16:05)

六道 葉月♀1年【こんばんは】   (9/24 20:16:00)

おしらせ六道 葉月♀1年さん(106.157.***.22)が入室しました♪  (9/24 20:15:57)

おしらせ大山和人♂1年さん(27.82.***.142)が退室しました。  (9/23 23:48:56)

大山和人♂1年あ~急に冷えてきたなー(夜の浴場。最近夜は涼しくなってきて、冷房も使わなくなってきた。だからだろうか、今夜はシャワーですませるよりは、温かな湯につかって、身体を温めて寝ようと思い、この浴場にやってきた)美人な先輩とか先生とか一緒に、とかできたらいいんだけどねー……まあそんなおいしい話はないですよね(脱衣所で服を脱いで、もしかしたらと期待しながら浴場に出るが、女子どころかほかの人の気配もない。この時間だから当たり前か、と思いながら、仕方がないと本来の目的を果たすことにする。その前に、一応マナーとして洗い場にいくと、手近な場所に座って体を洗い始める)   (9/23 23:14:36)

おしらせ大山和人♂1年さん(27.82.***.142)が入室しました♪  (9/23 23:13:58)

おしらせ六道 葉月♀1年さん(106.157.***.22)が退室しました。  (9/23 00:26:20)

六道 葉月♀1年【藤堂さんそれは残念でした、また機会があれば絡んでやってください】   (9/23 00:26:13)

おしらせ六道 葉月♀1年さん(106.157.***.22)が入室しました♪  (9/23 00:25:27)

おしらせ藤堂 香月♀2年さん(iPhone 210.170.***.86)が退室しました。  (9/22 23:16:20)

藤堂 香月♀2年【六道さん、すみません電波の都合で入室できませんでした;】   (9/22 23:16:17)

おしらせ藤堂 香月♀2年さん(iPhone 210.170.***.86)が入室しました♪  (9/22 23:15:48)

おしらせ六道 葉月♀1年さん(106.157.***.22)が退室しました。  (9/22 22:48:51)

六道 葉月♀1年【仕方ないそろそろ出ましょう】   (9/22 22:48:47)

六道 葉月♀1年【あらっ】   (9/22 22:29:29)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、加藤太一♂2年さんが自動退室しました。  (9/22 22:28:56)

六道 葉月♀1年んっ・・・フフッ足蹴にされてもすぐに大きくなるものねぇ(膨らんだ肉棒を、お湯の抵抗をモノともせずに、器用に足の指で皮を剥ぐってやると、親指の腹で尿道を円を描くように撫でまわす)誰が触れていいって言った?・・・なんて別に言わないわよ、でも勘違いするとどうなるか、もちろん分かるわね?(声色を変えて言い放つ、マウントをとりたがるのは、彼女の相手を好き勝手にしたいという野心だが)んんっ・・・でもまあ先に脚を撫でるあたりは見どころあるわね、ふふっ(年上相手にも関わらずにオモチャにでもするような感じで彼女の性格の悪さがうかがえる)   (9/22 22:20:41)

加藤太一♂2年あはは、でももう止めてって言っても止めてくれないやつでしょ?…(彼女の言葉に背筋が少しぞくっとした。少し強がりながらも言葉を返していけば、そこで肉棒に足が伸びてくる。まだ柔らかさの残る肉棒を器用につかみ、刺激を与えられると手とは違う力強い刺激にすぐに肉棒が大きくなり始める。)んッ…自分が良い声で鳴けるかなんて、分かんないけどっ…(いい声で鳴こうと思ってもわざとらしい声になりそうだったので素直に気持ちの良い声を出せばいいのだろう。そんなのんきなことを考えながら肉棒を刺激するために伸びてくる脚に手を伸ばす。その綺麗な脚に手を重ね合わせるとふくらはぎの辺りを優しく撫でていった。)   (9/22 22:08:36)

六道 葉月♀1年好きにねぇ・・・普通にエッチなことしたいのだったら後悔するわよ(お湯の中に足を突っ込むと真っ先に加藤の肉棒を足指で掴む10本の指、それぞれが抑えつけながら、上下に扱きはじめると、お湯がジャブジャブと沸き上がった)私はね、男子でも女子でも、快楽に悶える姿を見るのが好きなの、だからせいぜいいい声で鳴きなさいよ♪(尚も容赦なく足蹴にしながら、刺激を開始する、そして目を細めると、睨みつけるように相手の様子を見る、きっと悪趣味であろうと思うが、構わずに好きに振る舞うのが彼女のやり方だから)   (9/22 22:03:17)

加藤太一♂2年なるほどねー…どうしようかな…(彼女の表情が一瞬代わったことには気づいていたがそれよりも彼女から返ってきた言葉に驚いてしまった。確かに彼女の醸し出す雰囲気はキャピキャピしているような女子とは程遠い。そんな彼女の行為に興味があるのは確かで自分のことを様子見してくれている彼女の優しさも感じられると、少しだけ悩んだ姿を見せた後、何かを決意したかのように再び彼女の顔を見上げた。)じゃあ俺の身体好きに使っていいよ?っていうのはどう?…その代り、俺もたくさん溜まっちゃってるから君の身体でいっぱい射精させて?(彼女に対し言葉を返していけば、これからの行為に期待してなのか彼女の顔から視線が動き、首元や乳房、太ももなど彼女の身体を一通りチェックするかのように視線が動いていった。)   (9/22 21:53:16)

六道 葉月♀1年【はい、わかりました気長に待ちますね】   (9/22 21:49:46)

加藤太一♂2年【うわー、ごめんなさい。すぐに打ち直します。】   (9/22 21:49:21)

おしらせ加藤太一♂2年さん(182.167.***.213)が入室しました♪  (9/22 21:49:06)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、加藤太一♂2年さんが自動退室しました。  (9/22 21:48:58)

六道 葉月♀1年発散って?私のことそういうつもりで見ているの、じゃあ誰かが悶える姿を見る為に来ているって答えたらどうする?(オブラートに包むどころか直に聞いてくるなんて、「愚直ね」なんて思いながら、浴室と同じように静かに澄ました表情だが一瞬だけ、艶のある笑みを浮かべたと、思えばすぐに元の表情に戻して彼の質問に答える、少しながら言葉に牙を付けて、彼の視線から少々いやらしいものを感じたが、弄るに値するかまでは、判断できない、まあその毛があるのなら好きにさせてもらうが・・・)   (9/22 21:41:43)

加藤太一♂2年じゃあ遠慮なくお邪魔しまーす…(返答が返って来ると腰に巻いたタオルを外してから湯船へと浸かっていった。彼女の隣と言っても足元になるのだが、肩までお湯に浸かればタオルは縁において置く。)あはは、確かにいつもはいろんな声が飛び交ってる感じだもんねー…まぁのんびりするんだったら静かな方が良いかもー…ってか君はのんびりしに来た人?(どこか大人っぽい雰囲気を醸し出す彼女は自分の隣で脚を組みかえた。その様子を横目でチェックすれば、その瞬間に振り返っていれば秘部まで見えたかもしれないという想像で生唾をゴクっと飲み込んだ。彼女はただここにのんびりしに来ただけなのか、それとも色んなものを発散しに来たのか直接聞いたほうが早いかもと思い、振り返る様に彼女の顔を見上げ、質問を飛ばしておいた。)   (9/22 21:28:56)

六道 葉月♀1年別に・・・構わないわ(くつろいでいると、どうやら誰か来たみたいだ、男子生徒、顔は見たことがないから別の学年だろうか、異性がきても特に恥ずかしがる様子はなく、適当に足を組んだ)今日は意外と静かね、まあ普段から騒がしいから静かな方がいいのかもしれないわね(などど誰に言うのか呟きながら、反応を見るように足を組み返た、静寂な混浴風呂のなか男女二人ということもあり、とりあえずは様子見と決め込む、さてこのあとどう来るかと思いながら)   (9/22 21:24:11)

加藤太一♂2年【続いてみたので宜しければ、お相手お願いします。】   (9/22 21:15:17)

加藤太一♂2年(4連休もあっという間に終わってしまいそうで何もせずに過ごしたことを後悔し始めていた。何かしら最後にしておこうと考えて向かったのは混浴風呂。さっぱりとして明日を迎えようという浅はかな考えでの行動であった。脱衣所で服を脱ぎ、腰にタオルを巻いて中に入ってみると湯船に腰かけている女性の姿。)うん、いい眺めー…(隠すことなく露わになっている綺麗な背中にぽつりと独り言を呟けば、先にシャワーのほうへと向かい体を洗ってから湯船に向かう。まだその女子が入っているのを確認すれば、タオルを巻きなおしてから湯船へと近づいた。)こんばんはー…お邪魔しちゃってもいいですかー?邪魔だったら全然出て行っちゃうんだけどー…(見たことない顔に先輩かもという考えで一応敬語で話しかけた。その際には警戒されないようにニコッと笑顔を浮かべておく。)   (9/22 21:14:59)

六道 葉月♀1年【こんばんは】   (9/22 21:11:02)

加藤太一♂2年【こんばんはー。】   (9/22 21:10:37)

おしらせ加藤太一♂2年さん(182.167.***.213)が入室しました♪  (9/22 21:10:25)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、藤堂 香月♀2年さんが自動退室しました。  (9/22 21:04:58)

六道 葉月♀1年こんばんは(声を掛けられば挨拶して返す、彼女からしてみれば、特に身体を隠す様子もなく、それをきにしない仕草の私に対して異様さを感じさせたかもしれないが特に構わずに腰掛ける)先客がいたのね、気がつかなかったわ、わざわざ混浴に来たのに恥ずかしそうにして、可愛いわね(混浴でも大多数の女性は隠すはずなのでおかしなことではないのだが、逆に私はと言えば足を延ばしてみると、胸と秘所が丸見えになるのだが、気にせずに姿勢を変えたりしてくつろぐ)   (9/22 20:48:53)

藤堂 香月♀2年..さっぱり。(シャワーの栓を閉めるとタイミングよく誰かが入室してきた。横目で見やると女子生徒らしき姿。同性とは言えど羞恥心くらいあるため再びタオルを見に纏う。風貌的に3学年っぽいなと思いつつも2学年にはもちろん3学年にも彼女のような人物は見たことがないため恐らく一年生かと。大人っぽいな、などと思いながらも身体を温めるために彼女と少し距離を取った場所の浴槽へと近づき温度を確かめれば肩まで身体を沈めていく。)..どうも。(透き通るような声で一応挨拶くらいはしようと声をかける。)   (9/22 20:39:19)

藤堂 香月♀2年【了解です~、続けますね】   (9/22 20:32:39)

六道 葉月♀1年【構いませんよ、癖の強いキャラですがよければどうぞ】   (9/22 20:31:35)

藤堂 香月♀2年【そうなんですね。続けてロルを書いてもいいですか?】   (9/22 20:30:31)

六道 葉月♀1年【特定のお相手待ちではないですよ、よろしければ同性でも絡みますし】   (9/22 20:28:39)

藤堂 香月♀2年【人待ちですか?】   (9/22 20:27:27)

藤堂 香月♀2年【こんばんは~】   (9/22 20:24:18)

六道 葉月♀1年ふぅ・・・(ふとお風呂の気分であったのか混浴風呂に向かい制服を脱ぐと、一糸まとわぬ姿で身体を隠さずに平然と浴室へと入る、裸の足がタイルを踏みしめると、濡れた床の質感を感じながら、ヒタヒタと水音をたてながら、浴槽の縁に腰掛けれると、体重を預けてつま先を入れる、波紋が円の様に広がるさまを見ながら、小さく吐息を吐きだす、ゆっくりと足を足首まで沈めると、足湯の様にして、時折お湯をかき混ぜるように弄びながら、辺りを見回した。)   (9/22 20:23:28)

六道 葉月♀1年【こんばんは、お邪魔しますね】   (9/22 20:23:04)

おしらせ六道 葉月♀1年さん(106.157.***.22)が入室しました♪  (9/22 20:22:48)

藤堂 香月♀2年【待機しますね】   (9/22 20:20:55)

藤堂 香月♀2年...。;(夜練も終わり寮に戻る前に入浴を済ませようと女子風呂の前を訪れる。が、女子更衣室前には工事中の立て札。)Σぇ..!;(『ガーン』と言う音が彼女の脳内に響いた。疲れた身体を癒そうとたどり着いた先が『工事中』。ついてない日だと思いながらも他に最悪シャワーだけでもと汗を流せる場所を探す。すると、唯一混浴風呂だけが空いていた。中を見る限り誰もいない。大きな浴場を独り占めできる嬉しさから普段は誰にも見せない笑顔が溢れる。トコトコと脱衣所へ向かい服を脱ぎタオルを巻いて入浴場へ向かう。湯気で真っ白な浴室を見つめ中に入れば奥のシャワーで汗でベタついた身体を洗い流していくのだった。)   (9/22 20:20:45)

藤堂 香月♀2年【戻りました、待機ロル書きますね】   (9/22 20:12:57)

おしらせ藤堂 香月♀2年さん(iPhone 210.170.***.86)が入室しました♪  (9/22 20:12:39)

おしらせ藤堂 香月♀2年さん(iPhone 210.170.***.86)が退室しました。  (9/22 20:10:02)

藤堂 香月♀2年【すみません;端末が少し重いので少し退室します。】   (9/22 20:09:57)

藤堂 香月♀2年【待機ロル回します】   (9/22 20:08:57)

藤堂 香月♀2年【こんばんは。お部屋お借りしますね】   (9/22 20:08:39)

おしらせ藤堂 香月♀2年さん(iPhone 210.170.***.86)が入室しました♪  (9/22 20:08:06)

おしらせ六道 葉月♀1年さん(106.157.***.22)が退室しました。  (9/22 16:09:03)

六道 葉月♀1年【一度、出直しますね】   (9/22 16:08:59)

六道 葉月♀1年ふぅ・・・(ふとお風呂の気分であったのか混浴風呂に向かい制服を脱ぐと、一糸まとわぬ姿で身体を隠さずに平然と浴室へと入る、裸の足がタイルを踏みしめると、濡れた床の質感を感じながら、ヒタヒタと水音をたてながら、浴槽の縁に腰掛けれると、体重を預けてつま先を入れる、波紋が円の様に広がるさまを見ながら、小さく吐息を吐きだす、ゆっくりと足を足首まで沈めると、足湯の様にして、時折お湯をかき混ぜるように弄びながら、辺りを見回した。)   (9/22 15:57:35)

六道 葉月♀1年【こんにちは、思いつくままに待機ロルでも】   (9/22 15:57:31)

おしらせ六道 葉月♀1年さん(106.157.***.22)が入室しました♪  (9/22 15:56:54)

おしらせ大山和人♂1年さん(27.82.***.142)が退室しました。  (9/20 21:30:24)

大山和人♂1年 あ~急に冷えてきたなー(夜の浴場。最近夜は涼しくなってきて、冷房も使わなくなってきた。だからだろうか、今夜はシャワーですませるよりは、温かな湯につかって、身体を温めて寝ようと思い、この浴場にやってきた)美人な先輩とか先生とか一緒に、とかできたらいいんだけどねー……まあそんなおいしい話はないですよね(脱衣所で服を脱いで、もしかしたらと期待しながら浴場に出るが、女子どころかほかの人の気配もない。この時間だから当たり前か、と思いながら、仕方がないと本来の目的を果たすことにする。その前に、一応マナーとして洗い場にいくと、手近な場所に座って体を洗い始める)   (9/20 20:58:09)

おしらせ大山和人♂1年さん(27.82.***.142)が入室しました♪  (9/20 20:57:17)

おしらせ速水篤人♂2年さん(14.11.***.64)が退室しました。  (9/20 03:02:08)

速水篤人♂2年【お疲れ様ー。ゆっくりおやすみしてね。 では俺も失礼します。お部屋ありがとうございました。】   (9/20 03:02:04)

おしらせ垣本優梨♀2年さん(iPhone 126.141.***.148)が退室しました。  (9/20 03:01:41)

垣本優梨♀2年【こちらこそ〜♪ってまた朝までシてるしーw 楽しかった〜またね♪おやすみぃぃ】   (9/20 03:01:38)

速水篤人♂2年【下手な〆だけど、〆させてもらいました。遅くまでお付き合いありがとね。めっちゃドキドキして興奮しちゃった。】   (9/20 03:00:33)

速水篤人♂2年はぁっ…ゆ、優梨…きもちよすぎっ…やばっ。だめっ…もう限界…う、あっ…はああっ…うっ(激しい腰の打ち付けに優梨の身体が仰け反り淫靡な声が浴室に響くと同時に肉棒に伝わる締め付けが一気に絶頂に達しさせてくれたようで腰打ち付けたと同時に大量の熱い精液を秘部の奥深くに注ぎ込み、びくびくと肉棒は秘部の中で波打ちながら残ったものを全て吐き出すように震えていく。ぐったりと倒れ込んできた優梨を両手で抱きしめればじっと顔のぞき込み視線を合わせて)はぁはぁ…優梨ありがと。めっちゃ気持ち良かったよ。ほんとにやばいよ…優梨のおまんこ。でももっとしたいから続きは部屋でしょっ。今日は寝かさないから(余韻に浸りながら楽しそうに言葉を紡げば肉棒を秘部から引き抜きシャワーで2人の身体のローションやボディーソープを洗い流していく。途中意地悪く秘豆や秘部にシャワーヘッドおしつけたりしてみたり。この時間ならもうみんな眠っているだろうと思うと2人全裸のまま脱衣籠ごと手にして篤人の部屋に向かうと優梨の淫靡な喘ぎ声が朝まで響き渡っていたとか)   (9/20 03:00:01)

垣本優梨♀2年【あーりーがーとー   (9/20 02:57:30)

速水篤人♂2年【もう3時だね。次で〆るけど優梨の時間厳しいようであれば無理しないで先に落ちていいからね。後から〆ロルいれておくので】   (9/20 02:52:52)

垣本優梨♀2年あっ、あっん、ハァ…んん!あっ…あっ、…んんっ!気持ち良いっ…ああっ!(彼の言葉に言い返す余裕もなく、しがみつきながら耳元で一言返すことしかできず。)あっ!?ああっ?ああっ♡それ…だめぇえっ…ああっ!(突き上げが激しく慣ればビクンと身体が跳ね、膣壁が締まり肉棒を締め付ける。激しくなる快楽に髪を振り乱し、浴室に嬌声を響かせ)んっく、私も……あっ!イク!イク♡いくぅっ!ああぁぁっっ!♡♡(ビクンと大きく背が弓なりに反り、絶頂の叫びを響かせる。ギュッと両足は彼の腰を絞め、チカチカと視界がボヤけ数秒の硬直の後ドサリと倒れ込む)   (9/20 02:51:52)

速水篤人♂2年お、おう…俺よりも有利の方がそーろーで先にイっちゃうんじゃないかな。はぁっ…はぁっ…優梨とのエッチはほんとにやばいくらい気持ち良すぎ!(膝を曲げてぬるぬるのマットを指で掴んでしっかりと固定すればお尻浮かせやすい恰好になり、両手でお尻を再びぺちぺちと叩きながら下からは腰打ち付け子宮口に当たる位までつきいれていくと肉棒が内壁にぎゅっとしめつけられて優梨のいまの状況をつたえてくれているようだ。その反応に肉棒も秘部の中でいままでにないくらいぱんぱんに膨らみ内壁押し返して篤人ちんぽの形になっていけば息が荒くなっていくのに比例して腰つき上げるスピード上げていき)あっ…はぁはぁ…ゆ、優梨…俺ももうやばい…い、イきそうっ   (9/20 02:47:02)

垣本優梨♀2年んっ!んぁっ♡あっ、ハァ…あっん、ハァ…んんっ♡(最奥まで飲み込んだ肉棒が引き抜かれ、リズム良く突き上げられる度に口からは甘え声が溢れる。いつも以上にスムーズな律動に息は乱れ、彼の言葉に返す余裕もなく快感を受け止める)んぁ、ああっ!あっ!んんっ♡ぁ、い、いけど…んんっ♡だったら、早くね…wんんんっっ!♡(彼の言葉に力なく笑いながら答えると唇を重ねる。今にも達してしまいそうになりながら夢中で舌を絡め彼にしがみつき、ヒクヒクと腰が不規則に跳ね膣壁が肉棒に絡みつく)   (9/20 02:41:01)

速水篤人♂2年わ、わりぃわりぃ…そうだよな。いまは俺と優梨だけで楽しい時間を共有しような。うわっ…はぁはぁ…優梨のおまんこ、暖かくて気持ちいいっ…それにローションでいっぱいトロットロにしてくれたから抵抗なくはいっちゃったし、いつもよりもすごい感じちゃってるっ。俺のおちんちん…気に入ってもらえるとうれしいな(肉棒が秘部と擦り合わさっていけば弱点である裏筋を刺激される状況にびくびくと肉棒は震えて思わず身体仰け反らせて感じてしまい、一気に挿入されれば内意癖押し返すようにこちらもお尻浮かせるように腰打ち付けてパンパンという身体のぶつかる音とぬちゃっというローションの音を響かせ、覆い被さってきた優梨を両手でぎゅっと抱きしめればもう一度唇奪おうと顔ちかづけて)はぁっ…はぁっ。今度は一緒にイこうな   (9/20 02:32:39)

垣本優梨♀2年ん、ハァ…ぁ、ハァ…んっ(身体をくねらせ肌を滑らせ全身で奉仕しながら、擦れ合う肌の刺激に甘い声が漏れる。それでも楽しそうに身体を揺さぶり、卑猥な音が浴室に響く)ん、ハァ…やっ!?あっん♡ちょっとw(お尻に手が這ったと思うと軽い痛みと共に音が響く。笑って応えながらもゾクリとしたものが背筋に這い、ヌルヌルとした割れ目をそそり立つものに擦り付ける)んっ、ハァ…ぁ、んっ、ふーん?そういうこと言う?(彼の言葉に含みのある言い方をすると、肉棒を支え先端を入り口にあてがって)こーんなことまでしてあげてるのに、そんなに他の男の子のことが気になる?(言い終わるとゆっくりと腰を落としていき、ローションで滑りの良い肉棒はいつも以上に簡単に膣壁を押し割る。根元まで飲み込めばみっちりとした圧迫感に震え、彼の頭の横に顔を落とし、快感に呼吸を整えようと微かに震える)   (9/20 02:26:32)

速水篤人♂2年はぁはぁ…仰向けね。このほうが優梨のエッチな姿見れるから俺的も嬉しいかも(言われるがままに仰向けになればぱんぱんに膨らみお腹の上でびくびくと震えている肉棒が優梨に丸見えになり、舌なめずりしてその魅力的な裸を眺めていれば胸に手挟まれててパイズリされると同時にキスされればこちらからも舌伸ばしてねっとりと舌絡めたり舌フェラしていやらしい音を響かせていく。このまま優梨にしてもらうのも良いなと思うが空いていたもう一方の手が何か企んでいるようで、太股からお尻をいやらしく撫でまわしていけばペチペチと乾いた音響かせて軽くスパンキングもしてみたり)優梨は騎乗位が一番すきなのかな?彼氏ともこうしてるんだぁ~ほんとエロエロ娘だよな。彼氏さんがうらやましいぜ!でもいまは俺だけ見ててくれよな…はぁはぁきもちいいっ   (9/20 02:19:19)

垣本優梨♀2年そう?よかった…ん、(溶け合ってしまいそうな感覚がくせになり、楽しくなりながら胸を滑らせ、首筋に舌を這わせる。時折彼のお尻にパンパンと腰を打ちつけ笑ってみたりしながら手を取ると)ね、こっち向いて。(彼を仰向けにさせるとそそり立った肉棒に息を呑み、その上に腰を下ろすと洗面器に貯めたローションを溶かしたお湯を自分の身体にかける)ん、ふふっ♪チュプ…んんっ…(さらに滑るようになった肌を重ね、笑みを浮かべながら唇を奪う。ねっとりと舌を絡めた後彼の右手を取り、お腹の上に腰を下ろす。滑りの良い腹筋の上で割れ目と陰核を擦り付けるように腰を前後に動かし、彼の右手は胸に挟み上下に揺さぶって)   (9/20 02:12:18)

速水篤人♂2年こんなレアな状況におねむなんてできるわけないじゃん。逆にドキドキして目覚めちゃうし。ひゃあっ…なんかくすぐったいね(うつ伏せになっていれば背中に伝わる暖かい液体の感触に思わず声をあげて身体を震わせてしまうが、優梨に塗り広げられていけばそれがまた新たな刺激を与えてくれるようだ。そのぬるっとした優梨の手の触り心地だけでも息があらくなり興奮の波がおしよせてくるが、さらに胸の柔らかな感触と固くなった乳首のが背中を滑っていくのが分かればマットのでこぼこの隙間に収まった肉棒がさらに膨らみ太さと硬さを増して)はぁっ…はぁっ それ、めっちゃエロくてきもちいいしよ。背中で優梨のエロ乳の感触が伝わってくるし…はぁはぁ。(ヌルッとしたマットで動きにくそうながらも懸命に胸おしつけて背中洗ってくれるその姿に嬉しさがこみあげて恍惚の表情浮かべて)はぁぁ…いいっ。最高だよ。   (9/20 02:01:44)

垣本優梨♀2年うるさいなぁ…(言いながら、彼がうつ伏せになる間に洗面器にローションを注ぎその後からお湯を注いで置いておく)夢ですよ〜オネムですよ〜♪(なんて言いながら、うつ伏せになる彼の背中にローションを垂らすとマッサージするように手で伸ばしていく。足の上に跨り30秒ほどそうした後、身を屈めローション塗れの胸を押し付けていく)ん、これ、結婚…動きづらいw(マットまでヌメついていれば踏ん張りも効かず思わず笑いながら言うが、潰れた双丘を彼の背中に滑らせていく。彼の腕を掴み支えにしながら身体を前後に滑らせ、滑る肌と乳房で大きな背中を愛撫していく)ん、ハァ…ぁ…ハァ…ん…(固く立ち上がった先端が擦れ、肌全体がまとわりつくような刺激に調子を掴むと、甘い吐息を漏らしながら前後左右に身体を揺さぶっていく)   (9/20 01:55:05)

垣本優梨♀2年【んー♪】   (9/20 01:49:09)


更新時刻 21:28:11 | 過去ログ | ルーム管理