PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
初めまして、こちら、神社の中に住む者たち…元より外からいらっしゃいました…人(ポケモン)たちが行き来できるよう開放させていただきました、明るい時間帯は一般の方々も参拝やおみくじなどできる神社となっています。

夜は…ご想像の通り、穢れによって近くでは雌雄が交わる事案が近くの森など
陰では起きてしまう神社です。穢れにやられてしまうと性的に本能的に……とお気をつけて……。

≪部屋の説明≫
神社内での雑談やイメプエロールが出来たらという部屋です。
基本原形のポケモン(服を着るはあり)
こちらの神社、お昼は普通で夜は本能のタカが外れやすくなる仕組みです。
境内の外に連れ出したりするのは相手と要相談になります(キャラの設定上)
相手側が境内のキャラを作ってやってみたいでも可です。
キャラに関してはこちらをご確認ください。
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=256807
こちら、シェスさんの中の人が作って下さったwikiになります!こちらも利用してください!
https://bendydevil.wiki.fc2.com/


みなさま気軽に、足をお運びくださいませ。

別室はこちらになります。
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=246633

もう一つの別室はこちらです
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=259709

新しくシリアス用のお部屋はこちらです!
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=263927
 [×消]
レナ(エーフィ♀)〈アルテミス〉あなたの母親の事は何とかやってみるけど今は甘えてもいいからね?(アオの頭を撫でながら慰めていく)   (10/21 01:07:57)

ライト♂サンダース【いえ、何役しようと人それぞれなので…】   (10/21 01:07:05)

スノウ(ピカチュウ♂)【了解です、すみませんね役数が定まらずで】   (10/21 01:05:07)

ライト♂サンダース【では……もう少し待って来なかったら落ちます】   (10/21 01:04:13)

レナ(エーフィ♀)【と言ってもここに1人1役の人ってほぼ居ないですし…】   (10/21 01:01:52)

スノウ(ピカチュウ♂)「……グラム…そういえば、母さんの墓参りしてくるって昔に聞いてたきりで…結局は行方知れず……。だったっけね――負を…纏わせたままで……。……あのダイケンキは…おおよそ、自殺なんかしないはずだよ。メールからの説得を受けて…今も尚、懸命に……」 〈シュネー〉「……アルテミスさん、えっとその…レナおねえちゃんと同じく、闇の世界にいるポケモンとを確認できるんだね…?」 〈アオ〉「……ぅ、うぅ…![抱き寄せられ…アルテミスのしっぽに覆われる? 形になってアオは啜り泣くであろう……右目に流れ出る一筋の涙も、確認できるやも。] ルリさんから…っ…万華鏡、いただいてて…それで、記憶を呼び起こしては、時折っ……心を静ませてたんだ。……過ぎ去った時間は戻らない、それは…分かってる…つもりでいた…のに……ぐすっ……ぅ……」 「アオは…ティルスは、新しい方の母とは折り合いが悪かったんだ。……今ではイベルタル崇拝者に侍女とその家の兵士たちも…襲われて。最後には蘇ったであろう負に包まれたイベルタルによって、…つまりは手を掛けられた上で、石にされて砕かれた…と」   (10/21 01:01:35)

ライト♂サンダース【それは遠慮しておきます…。一人一役の方なら…やっと会話できます…。】   (10/21 01:00:40)

レナ(エーフィ♀)【かなり前の話も混ざってますからねぇ、とりあえずレナと会話します?】   (10/21 00:56:44)

ライト♂サンダース【どうしましょう……】   (10/21 00:55:45)

レナ(エーフィ♀)〈アルテミス〉なるほど、母親の方だったのね?探せば闇の世界のどこかにいるかもしれないわね?(とりあえず母親のぬくもりを必要としてると思えばアオを抱き寄せて)   (10/21 00:51:41)

スノウ(ピカチュウ♂)【おっと、そうでした…!】   (10/21 00:48:44)

スノウ(ピカチュウ♂)〈アオ〉「…っ……! 違うんだ――ぼくが、必要としてるのは…グラム父さんじゃない。……あんなヤツ…昔の格好良かったダイケンキは…過去の栄光そのもの……。今、ぼくが…ぼく…が……会いたいのは……っ!!」 〈マナ〉「……もう良いよ…アオ。…ボクも、生みの親はどこにいるのかなんて、検討も付かないよ。……だけど、キミの求めてる…答えの見えない探しビト。……分かる…もの」 〈シュネー〉「…………。ママ…なんでしょ? マチェリ、ママ――アオが幼い時に病死した……」   (10/21 00:47:48)

ライト♂サンダース【(・・)】   (10/21 00:43:01)

レナ(エーフィ♀)〈アルテミス〉寂しいのと憎い…ね、やっぱりあなたは心のどこかで父親を必要としてるのよ(尻尾で撫でつつ慰めるように話しかけて)【すみませぬ、レナの弟子はアオじゃなくてトウリだったわw】   (10/21 00:42:05)

スノウ(ピカチュウ♂)「レナさんの弟子…かぁ、ははは…; 考えてみれば、僕とシュネーも、最初彼女から声を掛けられて…此所にお世話になる切っ掛けとなったんだっけ。懐かしいな……。そうして世界樹とも繋がりを持てるに至って…アルテミスさん、アナタとも出会えた訳で」   (10/21 00:40:06)

スノウ(ピカチュウ♂)[じぃ、とシュネーとマナが休憩室の窓から木陰を…先程のサンダース、ライトの姿を見つけようとしている中…] 〈アオ〉「……マナには、もうとっくに見抜かれちゃってるけど…。こほん。[顔当たりを撫でられて…身を一瞬震わせたであろう彼。絵を持ちつつ…やがて、アルテミスの近くにそっと絵を置くと、自身の目の下に手を当てて――泣きそうになるのを抑えつつ。] ……最近、眠れなくて。…心の中が、どこか空っぽに…なった感覚で……。スノウたちトモダチと一緒なら、比較的大丈夫…なんだけど……。今、気持ちとしたら…寂しい…のと、憎いって…気持ち。……誰に、は…おおよそ、想像できると思うけど……」   (10/21 00:34:14)

レナ(エーフィ♀)〈アルテミス〉くす♪深呼吸して落ち着いてから話しなさいな?娘の弟子ならそれくらいは心がけないと(尻尾でアオを撫でながら落ち着いて話しなさいと)   (10/21 00:28:19)

ライト♂サンダース(空気になったのかそのまま隠れることにしてひっそり息を潜める)   (10/21 00:26:40)

スノウ(ピカチュウ♂)〈シュネー〉「わぁっ、アルテミスさん…! 空間移動、パルキアさながらにして特許みたいなものだぁー」 「ご無沙汰してます、アルテミスさん。……あの、実はアオの事で――」 〈アオ〉「……。その節は、お世話になりました。[後ろの方を見て驚きはしたものの、すぐさま表情を戻して会釈を。…と、自身の書いた絵を…アルテミスを前にしてどこかソワソワと……] ……少し、聞いてもらっても良いですか。…この絵は確かに、アナタを…参考にして」 〈マナ〉「……アオの心の中、何だか…グルグルしてる感じなの…。んー…葛藤、というのかなぁ……?」   (10/21 00:23:31)

レナ(エーフィ♀)〈アルテミス〉あら?私を描いてくれたのかしら?(ヒョコっと空間移動で後ろから現れて)〈レナ〉母様いつの間に…(自分がここに来る前は娘たちの相手してたのに、と)   (10/21 00:17:12)

スノウ(ピカチュウ♂)〈アオ〉「……最初は、僕自身のストレス発散の為に誰でも良いから描きたかった、つもりなんだけど……。守れる力…をイメージ、構想してたら……"イーブイながら、魔力の玉を浮かしてる…神の如き強き者"が思い浮かんで……。うん、アルテミスさん…のつもり。[……感情のままに…でも抑え気味に描いたつもりだけど、これだと書く対象に失礼だよね、とどこか自嘲気味に話しつつ。……アオの目の下にも何やら隈が…それでいて目付きが少し鋭いのも…?] ……ふぅー…安心したら、何だか胸の疼きが軽くなったような……」 〈マナ〉「……アオ……。」   (10/21 00:14:23)

レナ(エーフィ♀)あれ?アオ、それって?(まさかと思いつつアオに聞いてみて)   (10/21 00:07:21)

ライト♂サンダースえぇっ…?!な、慣れれない……きっと……(ブンブンと首を横にいっぱい振っては無理だと強く主張して)   (10/21 00:06:15)

スノウ(ピカチュウ♂)[スノウとシュネーがおこんさんに手を振って見送る中……アオは一心不乱に――] 〈アオ〉「……出来た!! …んー、まだ特徴が掴めてない…気がするけど……。イーブイに、こう…魔力の玉が包まれてる、もの。……ふっと思い付いたのがそれなんだ…」[イラストには…おおよそアルテミスだろうか……鉛筆画ながら毛並みが特徴ある可愛げなイーブイの絵タッチがあり。……少し力強く描いたのか、紙が凹んでる部分もあるが…]   (10/21 00:05:55)

レナ(エーフィ♀)ここに来る以上は慣れないとね?(日によってはかなりの人数が集まるらしく)   (10/21 00:02:01)

スノウ(ピカチュウ♂)〈マナ〉「えっと、つまりはヒト慣れしてない…って事ー?[キョトンとしつつも返答をするなり…] 少なくとも、ボクたちは悪いことはしないものー」   (10/21 00:00:02)

スノウ(ピカチュウ♂)【お疲れ様ですー。】   (10/20 23:59:00)

ライト♂サンダース【お疲れ様です~】   (10/20 23:58:12)

ライト♂サンダース恥ずかし…それはない……。ただポケモンが多いところは嫌なんだ…(遠慮するよと首を振って)   (10/20 23:58:04)

レナ(エーフィ♀)【お疲れさまです】   (10/20 23:55:29)

おしらせおこん♀アローラキュウコンさん(iPhone 49.250.***.35)が退室しました。  (10/20 23:55:23)

おこん♀アローラキュウコン【お先に失礼します、おやすみなさーい】   (10/20 23:55:15)

レナ(エーフィ♀)おやすみ、またね♪(手を振って見送って)   (10/20 23:55:00)

おこん♀アローラキュウコン(眠たそうにあくびをしては休憩室を後にして)   (10/20 23:54:44)

おこん♀アローラキュウコンそうなの…呼べば直ぐに来るというのもかくれんぼが得意だからかもねぇ…天井のふぁぁ、悪いけどそろそろおねむになっちゃったわ…シュネーちゃん、レナさん、お先にお休みなさい…()   (10/20 23:54:22)

レナ(エーフィ♀)恥ずかしがり屋なのかしら?あなたもタルト食べない?(みんなに馴染ませようと誘ってみて)   (10/20 23:53:21)

ライト♂サンダースあ、は、初めまして~…ライトって名前だ…よろしく……。(屋根を降りては木陰に身を少しかくし)   (10/20 23:50:46)

スノウ(ピカチュウ♂)「あ、昨日見かけたサンダース――どうも、こんばんは? ちょうどゆっくりしてた所なんだ、寛いでてもとやかく言われないよ」   (10/20 23:48:31)

レナ(エーフィ♀)見かけない顔ね?私はレナよ、よろしく♪(ライトを見ると初めてね?と思い名前を名乗って)   (10/20 23:45:49)

スノウ(ピカチュウ♂)〈シュネー〉「そうなんだね! レナおねえちゃんのきょうだいの一匹で…隠密にも優れてるって聞いてるから、頼りになると思う! ……遅れてごめん、エッグタルト…少ないながらもいただきますっ!」 〈マナ〉「……ふぅー…! ごちそうさまでした! 美味しかったよー! ……アオー、美味しい料理…レナが作ってくれたから、後で食べる…?」 〈アオ〉「……。何かが足りない…もう一つ付け足すかな――後で食べるから、置いといて……。もうちょっとなんだ」   (10/20 23:45:33)

ライト♂サンダース……すっごく気になるなぁ……でもあんなにいると何も喋れねぇし……ひっ?!(言われるとゆっくりと顔をだして「ど、どうも~……。」と焦りつつ挨拶)   (10/20 23:44:11)

レナ(エーフィ♀)あら、それはそれは(連絡取れないのもちょっと不便かも?と思い)そろそろ出てきても良いと思うけど?(さっきから屋根に感じる気配に声をかけようと)   (10/20 23:42:17)

おこん♀アローラキュウコン元より連絡の取れる様な手段を私は持ち合わせてないのでね…(着の身着のまま身体一つの放蕩だと返して)   (10/20 23:39:59)

おこん♀アローラキュウコンええ、サクラおにいちゃんとはお友達なのよ…♪(シュネーの言葉に反応してはにっこりと笑って)   (10/20 23:38:32)

レナ(エーフィ♀)あれ?そうだったかしら?たまにごっちゃになるのよねぇ…。(間違ったかと笑って誤魔化して)   (10/20 23:33:08)

おこん♀アローラキュウコン…はて?私は連絡先を交換した覚えはないのだけれど…?(誰かと誤解しているのではと小首を傾げて)   (10/20 23:31:34)

スノウ(ピカチュウ♂)「……。アオ、何描いてるのー…? …というより、この所眠れてる?」 〈アオ〉「……。不思議と、睡魔はあまり来ない感じなんだ。…何だか、胸の中が空っぽになった…そんな感じがして。…今起こったイメージをもとに、書き起こしてるんだ――スノウ、待ってて」 「……わ、分かった……」 〈シュネー〉「……[天井の方を見ながらも、キョトンとしているピチューの子。] おこんおねえちゃん、サクラおにいちゃんと知り合いの仲なんだねー」   (10/20 23:29:13)

ライト♂サンダース【お疲れ様…?】   (10/20 23:29:00)

レナ(エーフィ♀)【お疲れさまかな?】   (10/20 23:28:53)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ヒミリ♀グレイシアさんが自動退室しました。  (10/20 23:28:44)

レナ(エーフィ♀)まぁおこんは連絡先交換してるから呼べば来るんじゃない?(最近相手居ないから多分飛んで来るかもよ?と)   (10/20 23:25:12)

おこん♀アローラキュウコンうーむ、あれから顔を会わせて居らぬのでのう…(顔を出す機会も少ないからレナが居たあの時から会えてないと答えて)   (10/20 23:23:13)

レナ(エーフィ♀)ところで屋根の上に誰かいるけど放置しといていいのかしら?(やはり気配だけは察知しているようで)   (10/20 23:22:55)

スノウ(ピカチュウ♂)〈マナ〉「……んんー…! これ食感…良いねぇ、サクサクしてて美味しい! ……あ、クレープもいただきまーす。レナの作るタルト、こんなにも見た目も味もハイレベルなんてー!」 〈アオ〉「…………。」[そんな中、アオはどこか無心でイラストに鉛筆を走らせている。どこか…取り付かれたかのような集中力で。]   (10/20 23:22:26)

ライト♂サンダース……それにしても……気付くとは……どれだけlv高いのだろうか?(少し気になって影から覗いてみる)   (10/20 23:20:38)

レナ(エーフィ♀)お粗末さま♪おこんはあれからサクラと仲良くできてるかしら?(友達になってくれたとはいえやはり心配している)   (10/20 23:16:02)

スノウ(ピカチュウ♂)「近々、ゴミ袋も整理しなくちゃならないよな……。ミヅキさんかカガミ様か…後で関係者に聞いてみないと。後で雑草とりするのも考えなきゃ……」 〈シュネー〉「あー! そうだ、クレープ! 出しとかないと! ……えっと、冷蔵庫に冷やしてあるのがあったから――あ、あったあった! ねぇ、皆で食べよー!」   (10/20 23:16:02)

おこん♀アローラキュウコンむぐむぐ…ごちそう様、いやぁ、美味い菓子じゃった…♪(満足すればレナに礼を告げて   (10/20 23:13:39)

スノウ(ピカチュウ♂)〈マナ〉「お待たせー、手をキレイキレイし終えたよー! うがいもバッチリ![そうしてる間に、マナも綺麗にし終えて休憩室に。休憩室にいる面々に手を見せては、そっとレナの出してくれているエッグタルトに目をキラキラさせつつ、いただきますと手を合わせ食べ始めようとするだろう。]   (10/20 23:12:56)

ヒミリ♀グレイシアうっ.....確かにそうかもしれないけど......(スノウの正論に完全に言い訳を考える間もなく、どんどん押されていっているのか耳が垂れ、尻尾をまたの間に挟み)   (10/20 23:08:38)

スノウ(ピカチュウ♂)〈アオ〉「……ふぅー…。[手を綺麗にし終え、スノウたちとすれ違うなり休憩室に戻り…テーブル近くに着いてそっと会釈を。徐に自身の腰に着けている巾着袋からイラストペーパーを取り出しては、絵を描こうとして…] ……どこかの盗賊じゃないだけ、まだマシだね。それに神社は強者が揃ってるもの…。今夜は何を描こうかな……」   (10/20 23:08:31)

レナ(エーフィ♀)うん、美味しいわね♪(紅茶を飲みながらタルトを食べて)   (10/20 23:07:45)

おこん♀アローラキュウコンさぁのう…かくれんぼが上手などこかの誰かさんじゃろう…あむ…♪(気配があるとだけ告げた割にはそれ以上の詮索もせず、タルトのおかわりを口にして)   (10/20 23:06:01)

ライト♂サンダースひっ…な、なんだか視線を感じる……(思わず影に隠れてしまい怯える)   (10/20 23:06:00)

スノウ(ピカチュウ♂)「……それで、最後に遠く投げ飛ばされたゴミを結局回収するのは、第三者なんじゃないの。不要なもので溢れてると、神社周囲が汚ならしくなる。缶なら特に」 〈マナ〉「わぁ…! さすがレナ、料理上手の合間の一料理ー! 待ってて、今手を洗ってくるよー」 〈シュネー〉「……天井の方に? …誰か…ゴーストタイプのポケモンでもいるの?; 」   (10/20 23:03:56)

レナ(エーフィ♀)あら、マナいらっしゃい。エッグタルトあるから良かったらどうぞ(テーブルに置いてあるタルトを指さして)   (10/20 22:59:58)

おこん♀アローラキュウコン…すん……何やら遠からず誰かいるみたいじゃが…?(鼻を鳴らしては天井の方を見上げて)   (10/20 22:59:57)

スノウ(ピカチュウ♂)[屋根の上で見られている…? とは露にも思わず、ミジュマルとマナフィは同じく足をきれいにした上で、境内から休憩室へと…] 〈マナ〉「こんばんはー……わぁ、ポケモンいっぱいだねぇ! はじめましてもいるー! レナー、こんばんは!」 〈アオ〉「……。ど、どうも……。手を…きれいにしてこよう」   (10/20 22:58:50)

おこん♀アローラキュウコンむぐむぐ…スノウにシュネーね…お姉ちゃんって歳でもないのだけれど、お好きに呼んで頂戴ませ♪   (10/20 22:57:48)

ヒミリ♀グレイシアあっ完全に捨てたの見られてるじゃん...。あれはねー、ポイ捨てじゃないの、自然に返すことで植物の栄養になるんだよー(何とか誤魔化そうとそう口にし)   (10/20 22:56:51)

スノウ(ピカチュウ♂)「僕は、此所の神社に恩義のある者で……妹とトモダチも、そうなんだ。ピカチュウのスノウって云います。今後もよろしく…かな」 〈シュネー〉「スノウおにいちゃんの妹の、シュネーでっす! 改めましてー、よろしくね! おこん…おねえちゃん?」   (10/20 22:52:44)

レナ(エーフィ♀)とりあえず他に食べたい人いたらテーブルに置いておくからね?(残りのタルトをテーブルに置いてティータイムを始めて)   (10/20 22:52:37)

スノウ(ピカチュウ♂)〈マナ〉「……アオ、本当に良いの? ……触手の核を…根絶やしにするって…」 〈アオ〉「……少しでも、神社の治安を守るのなら…どうにか過剰ともいえるやり方でも……。……あ、スノウたち来てるんだね。…マナ、この事はまだ話さないでね「   (10/20 22:50:36)

ライト♂サンダースん……なんだ?下が騒がしいな……(屋根の上で寛いでいたのかちらりと下を見下ろして)……まーたいっぱい……混ざる気が沸かないな…(色々なポケモンが居るのがみえると少しため息をついて遠くをみる)   (10/20 22:48:15)

おこん♀アローラキュウコンええ、おこんばんは…(スノウが会釈をするのを見て会釈を返して微笑み)あむ…んむ…美味しいわね…♪(タルトを口にしてはゆっくりと咀嚼して)   (10/20 22:47:31)

スノウ(ピカチュウ♂)〈シュネー〉「……。ゴミをポイ捨てするポケモンには、教えないよ。というより…モラルは大事にしないとだから」 「僕らは少なめで良いよ。既に買ってあるものがあるし」   (10/20 22:47:25)

レナ(エーフィ♀)はい、どうぞ♪スノウとシュネーも食べる?(おこんにタルトを渡すと兄妹にもが聞いて)   (10/20 22:43:01)

ヒミリ♀グレイシアあっ皆こんばんは~。シュネー、俺のクレープどこ~?(何処からともなくフラりと現れ、クレープをねだる子猫。昨日は完全に穢れに当てられていたようだが、今はすっかり良くなったようだ)   (10/20 22:42:26)

スノウ(ピカチュウ♂)〈シュネー〉「おこん…さん?[ふと、初めて見るであろうそのアローラキュウコンさんにはキョトンとしつつも、会釈をしてニコリ。] わぁ、はじめましてだね!」 「最近、よく眠れてる気がするんだ。そのおかげか……いつになく体が軽い感じ!」   (10/20 22:41:20)

スノウ(ピカチュウ♂)[その中で、遅れて境内に階段上がって現れるであろうミジュマルとマナフィ。……何だろう、どこか雰囲気が前者は暗く感じるのだが…]   (10/20 22:39:35)


更新時刻 01:09:15 | 過去ログ | ルーム管理