PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
ポケモンとHする部屋です。

ポケモン同士、トレーナーと、♂×♂、♀×♀…
なんでもありで
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、ニック♂リーフィアさんが自動退室しました。  (9/16 02:25:29)

おしらせニック♂リーフィアさん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (9/16 02:05:16)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ルート♂ダークライさんが自動退室しました。  (9/16 01:33:29)

ルート♂ダークライ【ポケモンでもトレーナーでも…】   (9/16 01:12:35)

ルート♂ダークライ【こんばんは】   (9/16 01:09:09)

おしらせルート♂ダークライさん(Android 59.190.***.226)が入室しました♪  (9/16 01:09:05)

おしらせオト♀イーブイさん(Android SoftBank openmobile)が退室しました。  (9/16 00:49:33)

オト♀イーブイ【お疲れ様でした、また明日来てみますね。】   (9/16 00:49:27)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ルカリオ♂さんが自動退室しました。  (9/16 00:48:43)

オト♀イーブイんむ♡♡♡んッ♡♡んんぅう♡♡♡♡♡(じゅっ♡じゅるっ♡と残った種子を吸い上げて、こくこくと飲む。)   (9/16 00:33:47)

ルカリオ♂【ルカリオ】はぁ、はぁぁ…♡♡(しっかりとハメたままオトの身体をしっかりと支えてジュプトルとのやり取りが終わるまで余韻に浸り)【ジュプトル】姉さんっ、でるっ♡あああっ♡♡(小さな口いっぱいに頬張って貰えばさっきとはまるで違った心地良い射精でオトの口の中にどぶどぶと種汁をぶちまけて)   (9/16 00:28:23)

オト♀イーブイはへぇ゛♡♡♡♡せーしだされながらいってりゅうぅ゛う゛♡♡♡んぐぅ!!?!?♡♡ん♡♡♡んんッ♡♡♡♡♡(いやらしい雌穴で番の種子を美味しそうに飲み込む。押し込まれた肉棒を頬張り、舐る。)   (9/16 00:25:38)

ルカリオ♂【ジュプトル】ああっ、姉さんぅぅ♡♡(あまりに可愛くエロい表情に我慢ならず、また肉棒を口にと押し込んできて)【ルカリオ】俺も、イクからなっ、あああっ♡♡(ジュプトルが勝手な真似をしているが、自分の射精に意識が向いて、オトの子宮に今日一発目の種汁をどぷどぷと注ぎ込んでいき)   (9/16 00:16:40)

オト♀イーブイんむぅッ♡♡にがっ、♡んあぁああ゛ぁ゛♡♡♡♡えっちなつがいでっ♡♡♡ごめんなしゃい♡♡♡♡♡う゛ぁッあ゛ぁ゛〜ッ♡♡♡いく、いくの♡♡りゅかりおしゃんにおまんこ♡♡♡どちゅどちゅされてっ♡イクのぉ♡♡♡♡イ゛ッあぁあ゛ッ♡♡♡♡♡(ごちゅごちゅと敏感な部分を一気に責められてだらしなくイく。その顔には笑みすら浮かべているようで。)   (9/16 00:11:50)

ルカリオ♂【ルカリオ】全く、ドスケベなメスだな…♡♡(弟分の肉棒にしゃぶりついてしまうオトを見てはそれすら興奮を覚えてどちゅっ!どちゅんっ!と奥を何度も突いて) 【ジュプトル】そ、そんなに吸われたらっ!あ、ああっ!!(早漏なジュプトルは我慢汁を吸われるだけでも興奮が昂り、ついそのまま果ててしまえばオトの口の中も顔もドロドロに白く染め上げてしまい)   (9/16 00:04:51)

オト♀イーブイひぁ゛ッッ♡♡♡♡らぇ゛っ♡♡♡♡きもちい、きもちいかりゃ♡♡♡♡あ゛っ♡♡♡っひ♡ぃ゛いい♡♡♡♡♡んぅ゛、奥、おぐッ、ぅ♡♡♡♡♡(一突きされる度にイってるような感覚。びくっと腰を跳ねさせて、判断が鈍っているのかジュプトルの我慢汁をちゅう、と吸って。)   (9/16 00:00:43)

ルカリオ♂【ルカリオ】はぁ、はっ、あ♡俺も、大好きだ…オトぉ♡♡(お互いに好きと言葉にしながらパンパンと肉棒を打ち込んで快楽も分かち合って)【ジュプトル】え、あ、ああっ、姉さんの手…♡(オトに触れられると自分で慰めるよりも遥かに心地よく、ルカリオもそれを咎める様な真似をしなければ愛撫に身を委ねてどろりとオスの匂いの濃い我慢汁を滲ませて)   (9/15 23:51:38)

オト♀イーブイひゃう♡♡♡♡あぅっ♡♡♡ルカリオしゃん♡♡♡♡♡しゅき♡♡すきれす♡♡♡♡(はふはふと息をしながらすきと繰り返している。)…ジュプトルさん、つらそう…っ、んぁ♡♡らいじょうぶ?♡♡♡♡♡(ジュプトルを心配したように、ぷにっとした肉球で肉棒に優しく撫でるように触れる。)   (9/15 23:48:16)

ルカリオ♂【ジュプトル】す、すみません姉さん…姉さんのおまんこ転キレイ過ぎて…!(情けなくもオカズにとオトの姿を凝視しては自分で扱いていて)【ルカリオ】はは、良い声で鳴くじゃねぇか…カワイイぜ…♡♡(意地悪にも辱めながら、愛でるようにぎゅっと抱きしめながら中を緩く突き上げて快感を注いできて)   (9/15 23:38:59)

オト♀イーブイひうぅぅッ!!?!?♡♡♡♡♡♡やぁっむり、じゅぷとるしゃんみにゃいで♡♡♡♡んうぅう♡♡♡(他のポケモンに見られながら、そんな交尾に興奮しているのかきゅうきゅうと締め付け、喘ぎ声を上げないように口を塞ぐ)   (9/15 23:35:53)

おしらせルカリオ♂さん(Android 49.250.***.35)が入室しました♪  (9/15 23:30:51)

おしらせ滞在時間が360分を超えたため、ルカリオ♂さんが自動退室しました。  (9/15 23:30:33)

おしらせ滞在時間が360分を超えたため、ルカリオ♂さんが自動退室しました。  (9/15 23:30:33)

ルカリオ♂【ルカリオ】見てるから、だよ…俺の番だってちゃんと見せつけておかねーとな…(そんな風に話してはそのまま肉棒を傾けてズブズブとオトの中に挿入していき)【ジュプトル】…う、うらやましい…(挿入までしてやり損ねた肉棒を虚しくひくんひくんとさせながらふたりの行為を大人しく見ていて)   (9/15 23:29:52)

オト♀イーブイ…えっ?、ルカリオさん…?ちょっと待っ、んぅ♡♡♡♡まって、ジュプトルさんが見てるから、やめっ♡♡♡んあっぁ♡♡こするのらめ♡♡♡♡ひぐっ♡♡(初めは抗議していたが、敏感な淫豆に肉棒が擦れて気持ちよさそうに喘ぎ始める。)   (9/15 23:26:41)

ルカリオ♂【ルカリオ】さて…それじゃあ早速…(ジュプトルとのわだかまりも解けたところでオトを抱き上げるとルカリオのビンビンに立つ肉棒にと跨がらせて軽く素股から始めて)   (9/15 23:20:30)

オト♀イーブイうん、そうする!ルカリオさんか、ジュプトルさんと一緒…(昨夜のダークライさんは…無いな、と元気よく頷く。)えへへ、頼もしいな、ありがとう。よろしくね。(特に気にする様子もなく嬉しそうにお礼を言う。)   (9/15 23:18:03)

ルカリオ♂【おかえりですっ】   (9/15 23:11:06)

ルカリオ♂【ルカリオ】うん…?まぁ、外を出歩くなら俺かコイツと一緒にな…(オトの様子に少し引っかかるも、森を歩くなら信用できるやつと居るようにと伝えて)【ジュプトル】はい、オトの姉さん!姉さんに近寄る不埒な輩は俺が追い払いますよっ(さっきまで不埒だったヤツがゲンキンにもオトに従うと宣言して)   (9/15 23:10:57)

オト♀イーブイ【ただいまです】   (9/15 23:09:28)

おしらせオト♀イーブイさん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (9/15 23:08:17)

おしらせ滞在時間が360分を超えたため、オト♀イーブイさんが自動退室しました。  (9/15 23:08:07)

オト♀イーブイ大丈夫?泣かないで…。私はオト、よろしくね。(涙を拭ってやり、自己紹介をする。)昨日、…その…大変だったから、仕方ないよ。…そうなんだ…、ありがとう、これからは気を付けるね(ごにょごにょ…と言葉を濁した後、こくりと頷く。)   (9/15 23:07:26)

ルカリオ♂【ジュプトル】あ、あねさぁん…面目ねぇ……(オトの慈悲深さにジュプトルはボロボロと泣き出して)【ルカリオ】俺の方こそ起きもしないで悪かった…ここらはメスが居ないもんでな、俺やコイツの他にも飢えてる奴ばかりでな…(せめてそれだけでも伝えておけばよかったと反省して謝り)   (9/15 23:00:18)

オト♀イーブイ勝手にお外に出てごめんなさい…、こわかった…っ(ルカリオに擦り寄ってぽろぽろ涙を流していたが、ジュプトルが土下座しているのを見て、ルカリオの腕から1度降りる)私こそ、勝手に木の実をとって、ごめんなさい…。もう大丈夫だから、顔を上げてください(前足でジュプトルの顔を掴んで面と向かって言うと、頭を撫でてにこりと笑う。)   (9/15 22:57:16)

ルカリオ♂【ルカリオ】よしよし、もう大丈夫だからなてん勝手にひとの嫁さんに手を出していればんじゃねーよジュプトル(オトを抱きあげれば優しく背中を撫でてあげ、地面に顔を突っ伏してるジュプトルに蹴りを一発入れて)【ジュプトル】げふっ!?あ、ルカの兄貴…って…事は……す、すんませんでしたぁ!そうとは知らずになんて事を…!(蹴り起こされて事態を理解すると今度はジュプトルの方が顔を蒼白にしてオトに土下座をして)   (9/15 22:51:15)

オト♀イーブイきゃうぅうぅぅッ♡♡♡へ、ぁ…、る、ルカリオさん!!…ぐすっ、(恐怖で支配されていた心が、ルカリオを見た途端安堵にかわりぼろぼろ涙を零して)   (9/15 22:47:29)

ルカリオ♂【ジュプトル】あの程度で挨拶が済んだと思ってんのかっ、まだまだこれから…ごぶぅっ!?(そのまま一度はオトの雌穴にずぶりと挿し込んで繋がるも、いざ動こうとした矢先、何者かに頭を激しく殴打されたか、そのまま顔を地面にと叩きつけられて)【ルカリオ】…やれやれ(ジュプトルを殴った手を振りながらオトの方を見ていて)   (9/15 22:42:23)

オト♀イーブイぇ…?や、やだ、見逃してくれるって、言ったのに…っ(肉棒を押し付けられた雌穴はぐちりと濡れている。雌穴は期待したようにきゅんきゅん疼き肉棒に吸い付く。)   (9/15 22:39:12)

ルカリオ♂(逃げようとするオトの腰を掴むと肉棒を雌穴にと押し付けてきて)   (9/15 22:35:11)

ルカリオ♂【ジュプトル】…おっと、逃がすかよ…(雌穴を見て火がついたのか)   (9/15 22:34:08)

オト♀イーブイはっ♡♡♡ひゅ♡♡♡♡おうち、かえるぅ…っ♡♡♡♡♡(ジュプトルに愛液に塗れた雌穴を晒しながらずるっと力の入らない身体を引きずって逃げようとする。)   (9/15 22:33:09)

ルカリオ♂【ジュプトル】はぁ、はぁぁ…久々にすげー出た…(オトにムリやり飲ませた後は少し硬さを失った肉棒を口からずるりと引き抜いて荒れた呼吸を整えて)   (9/15 22:29:49)

オト♀イーブイんんんん゛んぐーッ゛!!!!♡♡♡♡♡(口内に流し込まれる精液の苦い味を感じ取ると吐きそうになり、口の端から垂れた精液が首のふわふわした毛に垂れる。)   (9/15 22:28:12)

ルカリオ♂【ジュプトル】くくっ…いいぞ…はぁ、はっ…しっかり口で受け止めろ、が、ああぁぁっ!!(オトが怯えながらも舌を使って奉仕をすれば、快楽に耐性があまりないのか、随分と早くに果ててしまえばどびゅるるっ!!と勢い良く苦味の濃い種汁を口の中にとぶちまけてきて)   (9/15 22:22:32)

オト♀イーブイふぁい、ッ…ゅうおう、ひゃ…ッ(強い口調に怯えてなんとか許して貰おうと、ジュプトルさん、と呼んだのであろう小さな口でちゅうと肉棒をキャンディのように舐め始める。)   (9/15 22:19:27)

ルカリオ♂【ジュプトル】おら、しっかりしゃぶれよ、噛み付いたらその歯全部へし折ってやるからな…!(強い口調で脅しながら、息苦しそうなのも気に留めず、ガツガツと喉肉を極太竿で突き上げて)   (9/15 22:13:53)

オト♀イーブイんぶっ!!?!?んぐ、ぅむぅっ(捩じ込まれた肉棒が奥深くまで喉を犯してきて、苦しそうにえずく。)   (9/15 22:12:10)

ルカリオ♂【ジュプトル】わからねぇか?だったら口を開けな…!(事態を飲み込めない様子のオトにお構いなしに肉棒をそのまま口にとねじ込んできて)   (9/15 22:07:06)

オト♀イーブイぅわっ…ッ、ふぇ、え?(目の前に出された太すぎる肉棒を見て、何が何だか分からないと言ったような顔で混乱して、雄の臭いに思わず顔を顰める。)   (9/15 22:05:24)

ルカリオ♂【ジュプトル】はいそうですかと返すわけねーだろ…そうだな俺様のに挨拶をするなら今日の所は見逃してやってもいいぜ…?【そう言って追い込んだオトの前でずりゅんと極ぶとの肉棒を晒し、オス臭いそれを鼻先にと寄せてきて】   (9/15 22:01:34)

オト♀イーブイか、勝手に木の実を食べてごめんなさい、もう食べませんからお家に返してください…(かたかたと震えて怯えたような目でジュプトルを見る。近づくジュプトルから後ずさっているとドンッと木にぶつかる)   (9/15 21:59:29)

ルカリオ♂【ジュプトル】知らなかったで済まされるかよ…ん、よく見りゃテメェ、メスか…(オトを逃がすまいと距離を保ちながら、メスとわかるなりにたりと笑いだし)   (9/15 21:56:09)

オト♀イーブイひぇっ、あっ、えと、ご、ごめんなさ…ッ縄張りって知らなくて…(後ろに飛び退けジュプトルを見て、ぺこりと頭を下げる。)   (9/15 21:54:22)

ルカリオ♂【ジュプトル】…おい、ひとの縄張りでなにしてやがる…(機嫌良く木のみを採っていれば後ろからドスの利いた声が響いて)   (9/15 21:51:24)

オト♀イーブイわ、イバンの実だ…!ルカリオにも持って帰ろう(自分の大好きな甘いイバンの実を見つけると齧りついて幸せそうな顔をする。ルカリオにも持って帰ろうと2つ採る。)   (9/15 21:49:53)

ルカリオ♂(ルカリオは未だに寝ており、外へ出たのも気が付かなかったようで、外は天気もよく、水の音が近い場所にと木のみが点々と成っているのが見られ)   (9/15 21:44:23)

オト♀イーブイ夢…、じゃ、無いと思うけど…(不可思議な現象に首を傾げる。くぅ、と可愛らしく鳴ったお腹を押さえて木の実でも採りに行こうと外へ出る。)   (9/15 21:41:04)

ルカリオ♂んん…(ルカリオは干し草のベッドでオトのスグそばで眠っており、昨晩にダークライに犯されたとハッキリとした記憶はあるにも関わらず、お尻には痛みはおろか拡げられたヨウスモ中に打された感覚も全くなくなっていて)   (9/15 21:38:28)

オト♀イーブイ…んんーっ……ふぁ…っ(むくりと起き上がって欠伸をする。昨日の夜を思い出して恐る恐る寝床を見回す。)   (9/15 21:34:46)

ルカリオ♂(そのまま朝を迎えたのか、うっすらと差し込む明かりがまぶたにちらついてきて)   (9/15 21:31:49)

オト♀イーブイふあ…♡♡♡はぁっ…♡♡♡♡♡(涙を流しながらルカリオを見て、ルカリオさん…と呟いてそのまま眠りにつく。)   (9/15 21:29:06)

ルカリオ♂【ダークライ】ふぅぅ…出した出した…今日の所はこのくらいにしてやろう…また次の夜を楽しみにしていろ……(そのままずるんと肉棒を引き抜き解放すると同時に催眠術でも掛けたのか急な睡魔がオトに襲い掛かり)   (9/15 21:26:10)

オト♀イーブイんんんむーッ!!!!♡♡♡♡♡んッんんぅうぅ♡♡♡♡ふぅうぅ゛ぅ゛うッ゛♡♡♡♡♡♡♡(体内に叩きつけられる精液に後ろ足をガクガクさせながら潮を吹いて達した。)   (9/15 21:22:35)

ルカリオ♂【ダークライ】ふぅ…なんだっていいさ…ほら、たっぷりご馳走してやろう…!!(態度より体の方に合わせてお尻の肉を拡げるようにガツガツと犯し、そのままどぷっ!どぶりゅっ!ごぷっ!と数発の塊をオトの腸内にと植え付けて)   (9/15 21:16:05)

オト♀イーブイんくっ♡♡♡♡んんんんっ♡♡♡う゛ぅーッ!!!♡♡♡♡♡(反論するかのようにダークライを睨みつける。しかし、お尻はきゅうきゅうと肉棒を締め付けてまるで同意しているかのよう。)   (9/15 21:12:02)

ルカリオ♂【ダークライ】ほお、ケツは初物のようだったが、随分気持ち良さそうな顔をしてやがるな…?(オトの顔を覗き込むようにしてからかうように声を掛けながらお尻の良い所を探るようにガツガツと突いてきて)   (9/15 21:07:37)

オト♀イーブイう、んぅう゛ーッ♡♡んん゛ぅ♡♡♡♡んんんぅ♡♡♡♡♡(まんぐり返しの様な体制でお尻を執拗に嬲られると甘い声が上がる。思わず顔を背けてしまう。)   (9/15 21:05:58)

ルカリオ♂【ダークライ】ふっ、ふぅ…!(暴れるオトを押さえつけたまま、ぐちゅ、ぐちゅっとお尻を執拗に肉棒が犯してきて)   (9/15 21:02:50)

オト♀イーブイん゛んん゛ん゛ーーーッッッ!!?!?んぅうぅ゛ぅ゛…ッッッ!(大きな肉棒が無理矢理お尻に入ってくる痛みに逆らうように声を上げる。)   (9/15 21:01:55)

ルカリオ♂【ダークライ】…ふんっ!(そのままお尻の方を選び、ルカリオよりも一回りは大きいであろう肉棒がミチミチとオトの中にとねじ込まれていき)   (9/15 20:56:49)

オト♀イーブイんーッッ!?!?んんん!!!(肉棒を当てられて顔を真っ青にして、ぶんぶんと首を振る。目には涙すら浮かんでいる。)   (9/15 20:55:20)

ルカリオ♂【ダークライ】ふん、直ぐに済ませるさ…ケツとまんこ…どちらにするか…?(そのままオトを組敷いたままに真っ黒なポケモンからずりんと肉棒が現れればそれをお尻の方にと宛行い様子を見てきて)   (9/15 20:52:20)

オト♀イーブイんむッ!?んうぅっ!んーっっ(口を塞がれ、やだ、やめてと叫びたいが声が出ない。)   (9/15 20:50:33)

ルカリオ♂…静かにしろと言ったはずだ(助けを求めるオトの口に真っ黒な何か…地面から影が伸びた様なものがオトの口を塞いで)   (9/15 20:46:41)

オト♀イーブイんぇ、ッ!?ぁ、だれ…?!ルカリオさ…ッ(ぱちりと瞬きすると目をまん丸にして驚いて、咄嗟にルカリオに助けを乞おうとする。)   (9/15 20:45:36)

ルカリオ♂【ダークライ】静かにしてろ…(意識がはっきりするとそこには寝ているルカリオと真っ黒なポケモンがいて、オトをその場で押さえつけてきて)   (9/15 20:41:37)

オト♀イーブイん…、…んん……?(違和感に薄らと目が覚めた。目をごしごしと擦り意識を覚醒させようとする。)   (9/15 20:40:19)

ルカリオ♂………(夜も更けてすっかり真っ暗になった頃、オトのお尻を何かぐにぐにと触る感触がして)   (9/15 20:38:14)

オト♀イーブイわかった、おやすみ、ルカリオさん♡♡♡(ルカリオのふわふわした暖かい体温にうとうとと目を細める。明日もいっぱい犯してもらえる。と期待に胸が高鳴っている。)   (9/15 20:36:54)


更新時刻 05:39:22 | 過去ログ | ルーム管理