PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
いぇい しゅい~っぴ しゅい~っぴ ぴゅぴぱっぱ !





 __ 注意事項 ! (   ※ 必読   )
 . 戦争屋の方々の名前をお借りした完也部屋
 . 入室時は色2文字を名前として入室
 . 一言に属性や萎などを表記
 . 主 黄色 固定 . 左寄 . 右経験薄
 . 炉留 短~長 . 出来る限り合わせます
 . 大胆な部屋名詐欺 . 不足してるのは語彙力
 . 束縛 嫉妬 依存気味なので苦手な方は注意
 . 面倒事は苦手 故 相談は基本相槌のみ
 . 極度気分屋 . 辛辣口調
 . 青色には当たり強め . 水色と黄緑は煽り対象
 . 大切な人が出来るまでは基本博愛の予定
 . 注意事項を読まれていないなぁという方にはそれなりの対応しかできません
 . 最近 暴力 . リョナ . 嘔吐ブームが再来しましたので苦手な方は一言に必ず ✕ と表記して下さい 。 表記がない場合は大抵手を出します






     見て 手首から苺が出てきた !!
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、黄色 .さんが自動退室しました。  (3/19 23:07:47)

黄色 殺されてくれるやつおらんのかなぁ、( なんとも不謹慎な独り言を呟きながら 頬杖を付いたままに片手でナイフを弄び )   (3/19 22:57:31)

おしらせ黄色さん(docomo spモード)が入室しました♪  (3/19 22:56:20)

黄色 . ( 己の身体を蝕むどうしようもない欲求を落ち着かせるために煙草を咥え火を灯すと 部屋に漂う紫煙が消えていくのを眺めながら溜息を付き )   (3/19 21:35:29)

おしらせ黄色 .さん(docomo spモード)が入室しました♪  (3/19 21:32:50)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、sexy犯罪組織メンバ-さんが自動退室しました。  (3/19 17:19:28)

sexy犯罪組織メンバ-↓sexy>sex,sex,sex↓(50.7.***.83)↓サイトはトラブルフィッシングサイトですのでご注意しましょう!! !   (3/19 16:56:53)

sexy犯罪組織メンバ-↓sexy>sex,sex,↓↓(50.7.***.83)↓サイトはトラブルウイルス感染サイトですのでご注意しましょう!! !   (3/19 16:56:21)

おしらせsexy犯罪組織メンバ-さん(222.8.***.154)が入室しました♪  (3/19 16:55:55)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、黄色 .さんが自動退室しました。  (3/19 03:41:50)

黄色 .( 夕方から今までずっと眠っていたらしく 目を覚ませば普段なら爆睡している時間 。 ふらりと冷蔵庫へ向かえば 己が買ったものでは無い酒に気付き 。 他人の物を勝手に奪うのは些か気が引けたがここに置いた奴が悪いとプルタブを引き 酒を煽りながらソファへ腰を掛け )   (3/19 01:07:58)

おしらせ黄色 .さん(iPhone 210.136.***.90)が入室しました♪  (3/19 01:04:00)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、黄色 .さんが自動退室しました。  (3/17 22:42:28)

黄色 . ( 風呂上がりにアイスなんて 中々に庶民的で在り来りではあるが 口内に広がるバニラの甘味は 日中の疲れを癒すには充分だった 。 じわりと溶ける甘さを堪能しつつ 溜まった書類から目を背け )   (3/17 20:59:49)

おしらせ黄色 .さん(docomo spモード)が入室しました♪  (3/17 20:58:35)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、黄色 .さんが自動退室しました。  (3/17 14:20:27)

黄色 . ( かなりの時間眠っていたようで 寝室で目を覚ませば窓から差し込む日差しで部屋が明るい時間帯 。 大きく伸びをしながら昨日のことを思い出す 、 とても惜しいことをしてしまった気もするが 彼ならまた来てくれるだろう 。 根拠の無い予想に満足そうに頷くと ふらりと何時もの部屋へ戻る 。 ソファに凭れかかれば 今日の予定はなんだったか なんて 空欄のカレンダーを眺め )   (3/17 12:51:58)

おしらせ黄色 .さん(docomo spモード)が入室しました♪  (3/17 12:48:30)

おしらせ黄緑、さん(Android 221.121.***.118)が退室しました。  (3/16 23:39:06)

黄緑、態となンすかねェ 、 ( またもや己の上に体重を乗せ彼は眠りについた様だ 。 折角此方が折れてやったのにどういう了見だろうか 、 ぶつぶつと文句を垂れては 今回は彼を小突き 。 そんな事では起きない彼を 1度豪快にソファーの下へと落としては身体を起こし 。 そして一息つき 仕方ないと彼の身体を抱え 、 寝室へと運んでやり 。 そういえば前につけた印はもう消えてしまっただろうか 、 そう思い出せば 寝ている彼の首筋へ目を向けては 、 やはり無くなっている其れに気付き 。 据え膳の仕返しだとでも言わんばかりに今回も 彼の首筋へ跡を付けた 。 しかし 、 この前と違うのはひとつでは無いことである 。 買ってきた酒を冷蔵庫へと押し込めば 、 気温の低い外へと出 帰路へ )   (3/16 23:38:51)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、黄色 .さんが自動退室しました。  (3/16 23:29:51)

黄緑、俺は優しいし 、 心有るから水注すンは辞めといたるわ ( 問いに答えた己の応えを聞いた彼は 最後の選択を己に委ねるらしい 。 飄々としたその様子にきゅ 、 と顔を顰めれば 先程の会話と絡めた返事を 。 自分が彼との行為を望んでいて嫌がっていない 、 というのは矢張り認められない 。 ならば 彼の為に" 仕方なく " という体を装おう 、 というのが思い付いた抵抗の手段だった様 。 柔い唇の感触に彼を受け入れた事を意識しては 、 己の腹筋に負荷をかけ上半身を起こしては 口付けをひとつ、 )   (3/16 23:21:58)

黄色 . ええやん、めちゃくちゃお似合いやで ( 死ぬほど、とつける当たり あの心無いことで有名な彼らと同じ括りに入れられるのが不服なのだろうか。確かに 色々な人から有り得ないと絶句される心無い発言をする奴らと同じ括りに入れられるのは己だったら嫌だ。最後に彼が嫌がりそうな煽りを入れておくとこの程度で止めることにした 。 これ以上ここにいない彼らのことも巻き込んで煽るのは少し良心が痛む 。 それよりも今は 。 嫌なら嫌で彼程の力の持ち主ならどうとでも出来るはずだ 、 拒否権なんて最初から無いに等しいものを " 駄目なら力尽くで逃げてや " と 手首に柔く唇を押し当て 瞳だけで笑みを浮かべた )   (3/16 23:09:41)

黄緑、死ぬ程嫌やけど 、 ( 2人の名前を出されれば 顔を思い浮かべて 。 偶に彼等は本当に同じ人間なのか 、 と疑う様な発言をするのだ 仲間入りして良かったとは思わないだろう 、其れを述べて 。 しかし 、 今はそんな事を考えている暇はない 。 此方を見下ろす彼をどうするかが最優先 。 駄目なのか 、 と聞く彼は 此方の欲を駆り立てる様に ちろり 、 自分の手首を濡らし 。 彼を力で押し退けるのは 些か大変では有るが 、 無理では無いだろう 。 どうにかしなければ 、 と考えていてもこの状況に甘んじている己は 若しかしたら何処かで是を望んでいるのか 、 そんな考えがふと過ぎっては 其の考えを振り払うかの様に" 駄目 ッて言 ッたらどうする "と口に出し )   (3/16 22:57:33)

黄色 .よかったな、御前も晴れて ろぼろとしっまの仲間入りや ( 心無いトリオの誕生に心の中で拍手をすると 揶揄う様な口調のまま上記を告げた 。 人には一つくらい大切なものがあるはずで それが彼にとっては飯だというのならそれはそれだ 。 とは言っても結局 何だかんだ助けに来てくれそうだな なんて想像は心の中に留めておいた 。 お巫山戯はこの程度にしておこう 、" 駄目なん " と返せば 掴んだままの手首に唇を寄せ 赤い舌を覗かせると 控え目に舐め上げ )   (3/16 22:46:14)

黄緑、何と言われようと これだけは譲れンわ ( 何時も此方が言う台詞を 彼に言われては違うわ 、 なんて食い気味に返して 。 しかし飯がどれ程己にとって重要な物か それを考えては 上記をぼそぼそと続けて 。 お巫山戯は兎も角 、臭い事を言うが彼は之でも仲間なのだ 、 危険だと分かれば自分は駆け付けてしまうだろうな何て 。 今日はこんな雰囲気の儘 、 時間の流れが遅く感じる位にゆったりと過ごすだろうと思っていたのだが 。 大人しい彼の頭に手を置いた瞬間 、 またこれだ 。 手首の痛みを感じては見える彼の顔 。 " 盛り過ぎちゃう "なんて言葉を投げ掛ければ 、 己を組み敷く彼の額を 退け 、と言わんばかりに 掴まれていない手にて 押し返し。 )   (3/16 22:38:46)

黄色 . 御前 俺より飯優先するとか 心無いわ ... ( やや大袈裟なリアクションをとると心の無い彼らの姿を思い浮かべ その仲間に彼も加えておいた 。 最も 彼の力を借りなくても不法侵入者程度ならどうにか出来ると無駄な自信に満ち溢れているため助けなんて要らないのだが 。 さて、どうしようか 無理矢理手を出して嫌われてしまうのは余り好ましくない なんて一人で考えていると ふと頭に彼の掌が触れ 。 驚きからか 警戒心からか その手首を掴みあげると 流れに任せてソファへ彼を押し倒した )   (3/16 22:25:53)

黄緑、飯食 ッとる時以外や ッたら考えたる ( 彼の笑みを見れば 之が嘘か誠か直ぐに分かった 、 まあ 普通に返すのも何だと 此方も巫山戯た様子にて返事を返し 。 ゲームの中では何処からでも突破口を見つけ侵入できる己だが 現実では無理だろう何て 真剣に考えてみたのは口に出さず 。 彼の言葉から考えの世界へと没頭していると ふいに肩へ暖かみを感じ 、其方へ視線を 。何があったのか 何を考えているのかは全く以て分からないが 、 今日の彼は大人しいなあと 。 其れを口に出そうかどうか 悩み所なのだか 、 取り敢えず 静かな其の頭に手を載せてみたり 。 )   (3/16 22:18:24)

黄色 . もし何かあっても ぞむが助けに来てくれるやろ? ( 漫画に有りがちな展開を口にすると揶揄う様な笑みを浮かべた 。 勿論 本気で言っている夢見がちな成人男性ではなくただのお巫山戯の一種だ 。 机上に置かれた物は見向きもせず 隣に座る彼と肩を並べると 意味もなく彼の方へ凭れかかる 。 このまま押し倒そうか それとももう少し話していようか なんて 頭の中で感がながら 視線を床へと落とし )   (3/16 22:09:38)

黄緑、ま ァええわ、 ( 面倒だったという彼の声に 態とらしく溜息をひとつ零して 。 面倒臭いで不審者にでも殺されたら溜まったものでは無いだろうに 。 彼のこの態度では 其れを態々述べた所で素直にはい と言う筈が無いのは分かり切っていると それ以上は口を噤んで 。 つ 、 と 最早此処へ来た際の定位置と成り掛けている相手の隣を 指差されれば 買ってきた物を机へ無造作に置き 腰掛けては一息、 )   (3/16 22:04:08)

黄色 . 態々出迎えに行くの面倒やった、( もし強盗や不審者が来たとしてもシャベルがあるのだから 大丈夫だろう 。 彼に無用心だと言われるのは何処と無く癪だったが 特に言い返すことはせずに素直な理由を告げた 。 出迎えは面倒だったが 未だ半分ほどしか嗜んでいない煙草を嫌煙家の彼のために消してやった気遣いを感謝して欲しいものだ。 然し感謝されたらされたで気恥しいため黙ってソファの隣を指差し )   (3/16 21:57:09)

黄緑、入 ッてきてなンやけど 、 無用心過ぎひンか ( 機械的な声音でインターフォンから聞こえてきた彼の台詞は 半ば不安になる様なもので 。 いつもの様に迎えに来る足音も無いという事は 入るしかない様だ 、 手応えの無い扉を開けては中へ 。 ぽい 、 と脱いだ靴も揃えず もう覚えてしまった彼の居る部屋へと向かえば開口一番上記述べ 。 彼の事だ 、 どうせ寒いから出て行きたくない等そんな理由だろうと。 )   (3/16 21:50:09)

黄色 . 鍵開いとるから 入ってきてええよ、( どこまでも横暴な態度に居留守を使ってやろうかとも思ったが生憎己も暇なのだ 。 仕方なしに立ち上がれば インターホン越しに上記を告げた 。 変な遠慮をしない彼のことだから直ぐに己の元へ来るだろう、 再度ソファに身を埋めると 今日は何をして遊んでやろうかと 口角が緩むのを抑えつつ 煙草の火を消した )   (3/16 21:43:55)

黄緑、おるンやろ 、 来たで ( またこの扉の前へ来てしまった 、しかも今回は考え無しである 。 前に此処を出る時に 次の言い訳を考え様と思ったのだが 、 いい言い訳は思いつかなくて 。 せめてもの救いになれと道中のコンビニにて スナック菓子と酒缶を何本か買ってきてみたが 。 そんなぐるぐると考えている心を悟られぬ様 、 横柄な態度で扉のインターフォンを押し、 )   (3/16 21:38:20)

おしらせ黄緑、さん(Android au.NET)が入室しました♪  (3/16 21:34:49)

黄色 . ( 面倒な事は全て済ませてきた 、 外套を床へ放り投げ 派手な音を立ててソファへと凭れかかれば疲れを癒すべく煙草を咥えて火を灯し )   (3/16 20:37:30)

おしらせ黄色 .さん(docomo spモード)が入室しました♪  (3/16 20:36:14)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、黄色 .さんが自動退室しました。  (3/16 18:25:18)

黄色 .( 頭の打ちどころが悪かったのか 昨夜の夜更かしがきたのか分からないが反応の無くなった彼を抱き抱えると 寝台に寝転がらせた 。 目を覚ましたら帰るだろうと 鍵は開けたままで良いことを書き置き 。 さて 約束まではまだ時間がある 、 適当にくつろごうとソファに身を埋め )   (3/16 17:25:17)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、茶色さんが自動退室しました。  (3/16 17:22:44)

黄色 . んー、下手糞やなぁ ( 雑な言い訳を重ねる彼はどうしてここまで必死なのだろうか、 もしかして と 頭の中である仮説が立つが それが事実ならそれで別に良い 。 反転する視界に僅か瞳を見開くと 初々しい口付けに辛口の評価を 。 彼の肩に踵を確りと合わせると脚力任せに彼の身体を蹴り飛ばした 。 邪魔だったのだから仕方ない 。 気を取り直して彼の上へと覆い被されば 下着越しに逸物を掴みあげ )   (3/16 17:08:54)

茶色いやいいですって、もうこれ以上は覚えられませんから、( 言い訳にしては中々に酷いが、状況が状況故に冷静に物事を考えている暇は無いのだ。けれどどうもこれ以上の好転は望めない、彼の行動がそれを示していた。上体を起こせばいつの間にか下半身は下着のみで、触れられれば少々肩を揺らして。まだ快楽が弱い内にと彼を己の身体ごと押し倒した。当然不慣れだがしなければ信用を失うと、歯を食いしばったままただ唇だけが触れ合う口付けを送って。)   (3/16 17:01:46)

黄色 .大丈夫大丈夫 、 えみさんでも分かるように確り教えたるから ( 彼の話は一切聞くつもりは無いらしい 。 聞いたところで特に心動かされるような話でもなければ 面白い話でもないだろう 。 聞くだけ無駄だと 噛み合わない会話をしながら 突起へ刺激を与えることに集中した 。 開発はされていないのか擽ったそうに笑うだけの彼に成程と頷けば 手は脚衣の中心へと 。 何度かこうして無理矢理流したこともある為特に緊張はしない 、 手馴れた動きで脚衣を脱がせると下着越しに逸物に触れ )   (3/16 16:51:44)

茶色正直教えて貰ったもので精一杯なんですよ。…だからそれを試させてください、シャオさんで。( 今すぐにでも暴れ散らして逃げ出したかったが愚策でしかないそれに従うつもりはなかった。今まで見てきた性的動画、といっても男女のものだが、そこから何とか見本になりそうなものを記憶から引き摺り出せば、熱の含ませた声色で伝えてみせて。ただ胸への反応は擽ったさしかなく、ただのおっさんが笑うだけになってしまうのは諦めて欲しい。)   (3/16 16:46:17)

黄色 . なんや、のり悪いぞ 童貞えーみーる ( 遠慮された所で止めてやる気なんて全くない 。 揶揄う様な口調はいつも通りだったが その蜂蜜色の瞳の奥に忍ばせた色は何時もより鋭く 何時もよりも熱っぽいものだった 。 そもそも童貞でも処女ではないのなら一度くらい抱かせてくれたっていいじゃないか 。 自己完結させると 擽ったそうに身を捩る彼を気にせず 片方の突起を軽く噛みつつ 片手でもう片方の突起を捏ねた )   (3/16 16:36:38)

茶色いやいやいいですって、遠慮しときます、( まさかの返しだった。何度目かも分からない冷や汗を流せば首を振りやんわりと拒んだ。あんまり必死だと全てが疑われるかもしれない、それだけは避けたかったのだ。けれどこのまま離れてくれないのは己の貞操が危うい、胸辺りの擽ったさに笑みを浮かべては身を捩りつつこれを利用して上手く抜け出せないかと出来るだけ自然に蠢いて )   (3/16 16:28:05)

黄色 . 習ってないなら俺が教えたるから、( 何やら言いたげな表情をしていた彼だったが 結局は同意を示しただけだった 。 彼にしては中々に賢明な判断だったと思う 。 押し倒された体制からは習っていないというなら 騎乗位のやり方でも教えて貰ったのだろうか 。 大人しそうな彼が 己の上で淫らに腰を振り乱れる姿は確かに 扇情的な気もするが果たして本当なのか 。 嘘だった時の可能性も考慮するとこの体制を崩さない方が良いと考え 彼の胸板に唇を寄せた )   (3/16 16:21:36)

茶色……そうですよねえ、( 言いたい言葉を全て呑み込んで、当たり障りない言葉を吐いた。少しは罵倒をとも思ったが逆上されては面倒くさい、それ故のこの一言だ。さて肯定らしき意は頂けたものの体勢は一向に変化が無い、このままでは女の真似事をする羽目になってしまう。" この体勢からのは習ってないので、少し寝てもらってええですかね。" と疑われるのを回避する為彼の頬に手を添えてから問い掛けた。あの彼から仕込まれたと言ったら女役とするのが自然なのでそうしたが、本物の童貞非処女になりたくはないのだ。)   (3/16 16:14:18)

黄色 . ええやろ、( 楽しくないのは単純に彼が楽しもうと思っていないからであって 彼が少し考え方を変えればきっと楽しくなるはずだ 、 なんて逆の立場なら絶対に反論する様な結論に達すると一言に纏めた 。 昨晩も聞いた青色の彼の名前と 教えて貰ったという言葉 。 女を抱きまくっているあの屑野郎が 態々童貞の筆下ろしをさせてやる可能性は低いはずだ 。 となると教えて貰ったのは 女役のやり方だろうか 。 " 示してみろや " と口角を上げるなり 彼の太腿の上に跨り胸元をはだけさせた )   (3/16 16:02:17)

茶色俺は楽しくないんですけど、そこはいいんですかね。( 相手のことを考えないのは、その相手と仲が良い証だといえば聞こえはいいが、実際それをされる側はたまったものじゃない。多少は考慮して欲しいものだが、己であれば余計にしてはくれないだろう。ならばとここから打開を図る為に、" 大先生から色々教わったんで大丈夫です。なんなら身体で示してあげましょうか? " と妖艶に微笑んでみせた。肯定を貰えれば後は適当に切り抜け帰ってしまおうという魂胆だが、返しはどうだろうか。)   (3/16 15:56:03)

黄色 . えみさん揶揄うのが楽しすぎて 、 つい ( 全く悪びれる様子もなく 愉しげな笑みを浮かべると素直に答えた 。 矢張 騙されやすくて揶揄いがいのある彼が悪いと思う 。 今も此方を射抜くような視線は一切の恐怖も感じないし 再度肩に置かれた手も払おうと思えば払える 。 こんな玩具を目の前にして手を出さないほど 己は大人ではないのだ 。 " 俺が色々教えたるから " と 舌舐めずりをすると 許可をとるべく彼の頬に掌を添えて小首を傾げ )   (3/16 15:48:41)

茶色じゃあさっきの含みある言い方はなんだったんですか……( 先程のしおらしい姿の面影もない程に豹変を遂げている彼を見ては、長い溜息を吐いた後睨む様に双眸を細めた。取り敢えず何も無かったなら良かったが一体全体何の為にそんなことを、と考えるより先に再度唇が重なればある程度察しはついた。ただ内容が内容だけに流石に受け入れ難い、もう一度彼の肩に両手を置けば押し返しそうと。 )   (3/16 15:42:56)

黄色 . はあ ? 何も無いに決まっとるやろ、 これやから童貞は .... ( 先程まで散々騙しておいた自分の事は棚に上げて あくまでも騙される方が悪いという考えらしい 。 わざとらしく肩を竦め 呆れた様な表情で彼を見下ろすと 肩に置かれた手を払い除けて再度接吻を交わそうか 。昨晩の己達には何も無かったが それは己が手を出さなかったからであって これからも2人の間に何も無いとは限らないのだ 、 )   (3/16 15:35:57)

茶色……は?すいません、理解が追い付かないんですけ、どっ!?( 突然笑い出しては気でも狂ったかと顔を歪め、精神内科にでも連れて行こうかと考えていた時だった。耳に入った音声と、唇の感覚。急過ぎる展開に童貞の己が顔を赤くする暇も無く、ただ驚きに彼の肩を掴み押して離せば視線を合わせて ) ちょ、どういうことですか!?俺とシャオロンさんの間には結局何も無かったんですか!?   (3/16 15:29:44)

黄色 .___ ふは 、えみさん 本気にした? ( どうやら本気にしているらしい彼からは戸惑いと焦りを感じた 。 何時までも純粋な彼を騙し続けるというのは些か良心が痛むものだ 。堪えきれなかった笑いと共に冗談だと告げるものの 離す気はない 。 余程焦っているのか 言葉を発せない彼の唇に柔く己の其れを重ねると リップ音を響かせながら 心底愉しげに彼を見遣った 。 )   (3/16 15:23:22)

茶色え、は、初めて……?( 嘘を吐いている様には思えない、そもそもこの状況で思える訳がない。まさか彼と一線を、と冷や汗を浮かべて思考していれば頭に走る鈍痛に顔を歪めた。袋は遠くの方へ中身を散らしながら床を滑っていく。だが当然それどころではない、目の前の彼に困惑した瞳を向けたまま、問おうとして動かした口は音を発しなかった。)   (3/16 15:18:27)

黄色 . ..... えみさん最低 、 俺 初めてやったのに ( にやけそうになる口許を隠そうと手で覆ったままに 瞳に薄らと水の膜を張れば 何処までもお人好しで 何処までも純粋な彼の間抜けさに 小さく笑みを浮かべた 。 そんな笑みとは対照的に極力悲しそうな声色で 言葉を返せば 此方に近付いてくる彼の手首を掴み 勢いに任せて床へ押し倒した 。 笑みが零れないよう唇をきつく噛み締めると 真っ直ぐに彼を見下ろし )   (3/16 15:11:57)

茶色眠いから帰ろうとした所までは覚えてるんですけど、……え、俺なんかしました?( 確か寝落ちはあまり好まれない行為だから帰るといった旨を彼に伝えて、それからが記憶にないのだ。伝えた癖にこれでは結局意味が無いのだが。それからは急激に眠気が襲ってきて、どうして帰れたのか不思議で堪らない。さて返答についてだが、どうも何かがあったらしい。普段以上に態度が変だ。不安を煽られれば距離を詰めて問い質した )   (3/16 15:06:28)

黄色 . __ えみさん まさか昨日のこと覚えてないんか ? 嘘やろ ? ( 暫くして姿を現した彼は昨日とは違い袋を持っていた 。 彼の言葉と仕草からして 昨晩のお詫びのようなものだろうか 。 それよりも とわざとらしい程に驚いた表情を浮かべると 上記を告げながら 口許を手で覆った 。 覚えてないからと言って困るような事はしていないのだが 何時もの嫌がらせ _ 悪戯だ 。 彼と少し距離を取ったままに 控えめな視線を送りつければ 恰も昨晩何かがあったような体を装い )   (3/16 14:59:54)

茶色不用心過ぎませんかねえ……( 幾ら彼が可愛さの欠片もない男性であるからといって襲われないとは限らないのだ、あまりの無警戒さに思わず苦笑浮かべて。けれど忠告しても彼は聞き入れないだろうから口は噤んだままに足を踏み入れ、後ろ手に鍵を閉めてから靴を脱ぎ居間へと歩みを進めて。手土産を見せびらかしつつ " すいません、俺昨日の最後の方記憶無くて。迷惑掛けてませんでした? " と無意識に腰を曲げ下からものを尋ねた )   (3/16 14:53:42)

黄色 . 鍵開いとるから適当に入ってきて、( 身体を伸ばすだけで良くない音がする程 同じ体制で眠っていたらしい 。 軽いストレッチをして身体を解していると 昨晩も聞いた彼の声 。 わざわざ出迎えなくても 扉に鍵は掛けていない 、 少し声を張り扉の向こうの彼にも聞こえるように上記を告げ )   (3/16 14:47:04)

茶色( 正直昨日どうやって自宅まで帰ってきたか思い出せない。それくらい眠くなっていたのだろう、それ故に彼に迷惑を掛けてしまってはいないだろうかと不安に駆られて来た次第だ。片手に適当な菓子類を詰めた袋を持ち昨日同様ノックをしては口を開いて ) シャオロンさん、いらっしゃいます?   (3/16 14:41:02)

おしらせ茶色さん(iPhone au)が入室しました♪  (3/16 14:37:43)

黄色 . ( 眠い目を擦っては欠伸を一つ 。 そろそろ起きないと一日中寝てしまいそうだと思えば 大きく伸びをしながら 凝った身体を解し )   (3/16 14:00:31)

おしらせ黄色 .さん(docomo spモード)が入室しました♪  (3/16 13:59:17)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、水色さんが自動退室しました。  (3/16 09:37:12)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、黄色さんが自動退室しました。  (3/16 09:28:00)

水色褒めてる様には聞こえんわ.(“揶揄うな“と。目線を移して中指を立てる彼に向けて親指を下向け)   (3/16 09:12:25)

黄色 お、大人やん ( 揶揄う様な口調で褒めると 漸く端末から彼へと視線を移し 中指を立て )   (3/16 09:07:34)

水色終わらない下りは辞めるか.(むぐ.けらりと笑う彼に向かって“悪魔“と述べ.そのまま睨みつけて.)   (3/16 09:04:41)

黄色 御前が眠くなくても俺は眠い、( 彼の悲鳴にも似た声が聞こえると愉しげにけらりと笑い声を上げ 何やら鋭い視線を感じるが特に気にとめず )   (3/16 08:57:44)

水色お前が眠くても俺は眠くない、(脛辺りに蹴りが入れば悲痛の声が.その場に崩。端末に目を移す彼を睨み)   (3/16 08:52:21)

黄色 俺は眠い ( 画面を見詰めていると毛布を引っ張られる感覚に思わず視線を向け 、 原因が彼だと分かれば脛あたりに蹴りを入れた後に端末へと意識を戻し )   (3/16 08:45:53)

水色眠くないで、(笑顔から真顔に.欠伸漏らしながら端末弄る彼、その毛布を引っ張り取ろうと.)   (3/16 08:43:02)

黄色 眠くないんか、( 彼の表情なんて気にせず端末の画面を指先で弄りながら欠伸を漏らし )   (3/16 08:37:31)

水色.元気やで、(視線が移されればニッコリと笑って. 曖昧な返事を返す彼に少しムッとして。)   (3/16 08:32:43)

黄色 ..... 御前 朝から元気やな ( 大きな音と共に扉が開き 其方へ視線を移せば 無駄に元気そうな彼 。 彼の言葉には曖昧な返事を返しつつ 毛布に包まったままに )   (3/16 08:27:36)

水色__入るぞ~!(バァン、と常識の無い扉の開け方.自分らしいのかは分から無い。毛布に包まり端末弄る彼に“そんなに毛布に包ってたら寒いのなれへんで?“と言)   (3/16 08:23:54)

おしらせ水色さん(iPhone 124.212.***.194)が入室しました♪  (3/16 08:20:56)

黄色 ( いつの間にか明るくなっている部屋で目を覚ませば 未だ冷える朝の空気に顔を顰め 毛布に包まったまま端末弄り )   (3/16 08:18:39)


更新時刻 23:38:51 | 過去ログ | ルーム管理