PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
専用部屋

閲覧立入禁止 。
 [×消]
おしらせ椿さん(iPhone au)が退室しました。  (6/27 01:35:45)

椿((あ、次の也なんだけど、さっき言ったようにこの外伝的なのやりたいと思ってる!最初にどっちかに片想いするシチュやりたいな~って思ってる(   (6/27 01:35:37)

椿(トーリス)俺もだよ(擽ったい、と言われると笑顔で自分も同じだと答えて。本当に可愛らしい相手だ。もう絶対に離したくない。そんなふうに思う。相手と会うまでは自分がこんなに誰かを好きになるなんて思ってなかったし、誰かを愛することもなかった。しかし相手と会ってから相手を強く愛するようになった。これは運命というもののだろうか。そんなふうに思っている)   (6/27 01:34:28)

椿((おやすみなさい~   (6/27 01:31:43)

おしらせ中谷 .さん(Android 223.219.***.231)が退室しました。  (6/27 01:29:30)

中谷 .(( 御免よ ッ 、そろそろ落ちます ;; 御休…!   (6/27 01:29:27)

椿(菊 )気持ちよくなれました?(相手がイってしまえば手を離してあげて上記のように聞いた。イッたということは気持ちよくなれたということだろうが、やはり相手に確認しておきたいのだ。気持ちよさそうな反応がたくさん見れてよかった。かなり大きな声を出してしまったが、周りに気が付かれた様子もないし笑い声はまだ聞こえてくるのでバレていないだろう)   (6/27 01:28:39)

中谷 .( フェリクス ) 、何だか 、擽ったい 、。( ふふ、と笑みを溢しながら 、彼が己の頬をなでてくれていることに 、上記を述べると 、すり 、と擦り寄ってみたりする 。彼がこの手に擦り寄ってくるのを見ていると 、甘えてくるような素振り自体を初めてみるため 、きゅうぅん、と胸を締め付けられる感覚があった 。とても可愛らしい 、。なんて思いながら 、その頬を撫で続けた、。)   (6/27 01:25:44)

中谷 .( 律 ) ( 分かってくれた彼が 、本当は ずっと楽しみにしているとは知らずに 、己は勝手に安堵していた 。変に期待されたとき 、良くなかったら 何だか申し訳なくなってしまうものだから 、こう言っておかなければならないだろう 。) 、ッぅ ア 、っ、 駄目じゃない ぃっ、あァッッ 、( 首を横に振って彼の言葉を否定した 。射精してしまいそうな感覚はあるものの 、亦別として 、じわじわ、と脚の付け根辺りに響く熱があったのだ 。何とか我慢為ようとしていたものの 、矢張り我慢は何れか出来なくなってしまうもので びくん 、と背を反らせば 、気持ち良さそうな声を上げて イってしまった 。大分体力が削られているような気がする 、。)   (6/27 01:15:10)

椿(トーリス)…(相手が自分の頬を撫でてくれると自分も同じように相手の頬を撫でた。小さくて可愛い相手の手に撫でられるのは何だか心地がいい。それにこうやって撫でられるのなんて久しぶり。もう少しで夕食の時間だから、それまではこうやって相手に撫でてもらっていたい。そう思って相手の手に擦り寄ってみた。とても暖かくて幸せになれる)   (6/27 01:14:34)

椿(菊 )分かりましたよ。(分かった、と言っておくが本当は分かってなんか居ない。楽しみで仕方がないのだ。だが相手は楽しみにしないように、と言うため一応分かった、と言っておいた)ダメですよ(相手が自分の手を陰茎から退かそうとしているのを見るとダメだと伝えて。射精するまでは快楽を与えているつもりである。そのあと自分が気持ちよくしてもらえればいい、と思っていて)   (6/27 01:10:30)

中谷 .( フェリクス ) 、 ッそっか 、。( 本当のことだ 、と言ってくれた彼のその言葉を信じることにしよう 。上記のように相槌をうてば 、こくり、と頷いた 。そうやって褒められるのは何だか慣れないもの 。次第に褒められ続けたら 、照れくさくなくなってしまうだろうか 、と思考しつつ 、顔を上げれば 、彼を見上げた 。片手を伸ばすなり 、彼の頬に触れ 、すりすり、と撫でてみたりする 。、)   (6/27 01:09:05)

中谷 .( 律 ) 、楽しみ、にはしないで 、 っ、 ( 一寸は積極的にならなくてはならない、と思って彼に宣言したのだが 、そんな笑顔で楽しみにしてると言われても困るものである 。己は人の陰茎を触るのが初めてなのだから 上手く出来る自信なんてない 。未だ未だ続く宴 。笑い声などはよく聞こえるもの 。そんな中 、己はその笑い声に混ざるかのように喘いでいる 。本当に悪いことをしている気分だ 。興奮から高まるものが色々あると 、イってしまいそうな気がした 。すると 、無意識に彼の手に手を伸ばして 、陰茎から 手を退けさせようとした 。)   (6/27 01:02:55)

椿(トーリス)全部本当のことだよ。だからそんなに心配する必要は無いよ(そんなことない、と言われてしまうと全部本当だ、と伝えた。それに相手を部屋に残して自分だけ外へ行くこともある。その時に今日はどこかのお姫様がいらしてるんですね、なんて言われたこともあった。両親は相手を自分が連れてきたことは知っているからそのような勘違いはしなかったが、とても可愛らしい少女、と褒めていた。相手は多くの人の目に可愛らしいと映るだろう)   (6/27 00:58:00)

中谷 .( フェリクス ) 、や.. そんなことないし 、。( 流石にそれは 嘘じゃないだろうか 。己は下ばかり見ていたものの 、耳には何一つそんな言葉は入ってこなかった 。それは 己が唯遮断していただけとは知らずに 。お世辞や嘘だったとしても 、彼がそういうと 彼に褒められているような気がして 嬉しくなってしまう 。其れと同時に照れてしまえば 、かぁ、と顔を赤く染め上げた 。然し、其れがバレたくないようで 彼の胸板に顔を埋めて。、)   (6/27 00:52:08)

椿(菊 )楽しみにしていますよ(相手が自分のことを気持ちよくする、と言ったのを聞くと笑顔で楽しみにしている、なんて答えた。どんなことをしてくれるか楽しみである。前立腺は気持ちよくなれる場所だと書いてあったが、まさかここまでとは思っていなかった。自分の手で相手をこんなに気持ちよさそうにできているのが嬉しくて。亀頭も先程のようにぐりぐりと押し始めた)   (6/27 00:50:13)

中谷 .( 律 ) 、ッあ゛ っ -  、 後で 俺 、 ッ菊さんのこと気持ち良くします 、 ッひ ぅ、( 彼がやってくれる 、と言うものだから 、己は手を引いた 。少しぎこちない動きだろうが 、今の己は 其れに気がついていない 。其程気持ち良いものなのだろう 。声を抑えようとしても 、前立腺を刺激されていれば 中から押し出されるほど声が出てしまう 。とても気持ち良い 。あぁ、だけど、己も彼のことを気持ち良くしなくては 。 荒い呼吸をしながら 、彼に伝えた 。、)   (6/27 00:41:23)

椿(トーリス)本当だよ。綺麗とか可愛いとか。どこかのお姫様だって言われてた(相手が聞き返してくると上記のように相手に向けられていた言葉を伝えて。お姫様と思われるくらい相手は美しく品があるのだ。何も心配することは無い。それに自分がこうやって自ら招いた女性だからという理由でも注目されているのだろう。これまで誰かをプライベートで招くことはなかったから)   (6/27 00:38:48)

椿(菊 )こちらも私がやりますよ(どうやら後ろにしか触れないともどかしくなるようだ。陰茎を扱き始めようとした相手を見るなり上記を述べて反対の手で相手の陰茎を優しく握って扱き始める。上手くできるか不安だが、相手を気持ちよくさせたくて。少しぎこちない手つきで相手に快楽を与えた)   (6/27 00:35:50)

中谷 .(( 、   (6/27 00:34:38)

中谷 .( フェリクス ) 、ほんと ..? 、( 彼が嘘を吐く人だとは思っていない 。然し 、こんなにも身分が低い己が彼の隣を歩いていて 何か言われない訳が無い 、と如何しても考えてしまう己は 、彼を疑いたくなくても疑ってしまうもので 。彼に抱き締められていると 、落ち着いてきた 。心地よさに先程まで若干暗い顔をしていたが 、小さく笑みを溢して。、)   (6/27 00:29:24)

中谷 .( 律 ) 、 っ 、ぁあ 、 ッ 、( 恥ずかしいから 、聞こえてしまうかもしれないから 、何て恐れから唇を噛んでまで我慢していたのだが 、流石にそれが暫く続くと 辛いものがある 。若干苦しかったようで 、彼の言葉を聞くと 、直ぐに口を開けた 。直ぐに 甘い声が溢れてしまう 。気持ち良くて 何も考えられる気がしない 。軽く背を逸らすように反応していれば 、きゅぅ、と彼の指を締め付けていて 。後ろばかり 、となると せつないものがあり、前も触りたくなってしまう 。無意識に陰茎に手を伸ばした。、)   (6/27 00:21:11)

椿(トーリス)みんなフェリクスのこと悪くなんて言ってないから、安心してね(上記のように伝えて相手を安心させようとして。自分は立場上注目されることには慣れているが、相手はまだ慣れていないようだ。これからはきっと注目される機会が多くなるだろう。少しずつではあるが慣れていってくれれば、と思っていて。生まれも育ちも何もかも違う自分たちだが絶対に上手くやっていける。そんな気がした)   (6/27 00:18:30)

椿(菊 )大丈夫ですからね(念の為上記のようにも声をかけた。声を我慢しているようだがその必要も無いだろう、とこちらは思っていた。まだ集会の途中であり、向こうはかなり盛り上がっているようで笑い声が聞こえてくる。自分たちの声が多少大きくなったとしても向こうまで聞こえなそうだしきがつかれなそうではないか。そんなふうに思いながら前立腺を今度は少し強めに押した)   (6/27 00:14:31)

中谷 .( フェリクス ) 、ありがとう、、( 不安などから 己に向けられた 可愛らしい 、お姫様のようだ 、何て褒め言葉は耳に入ってきていなかった 。視線が 、刺さっているような気がして 唯々怖かった 。普段の生活で先程のように注目されるようなことは全くなかったのだから 慣れないのも当たり前だろう 。彼は ぎゅ、と力強く抱き締めて 、己を励ましてくれる 。その言葉を有難く受け入れて 、。)   (6/27 00:09:21)

中谷 .( 律 ) 、 ッんン っ、( 此処は気持ち良くなれるところだ 、と教えられても 、此方は何が何だか理解しきれておらず 、若干脳内が乱されている 。怖がらなくて良い、と言われたことに関しては頷いて 、極力怖がらないようにした 。軽く押されているだけだと言うのに 、良い反応を見せていた 。声が聞こえてしまわぬように 、唇を噛み 、シーツを ぎゅ、と握った 。)   (6/26 23:59:04)

椿(トーリス)そんなことを気にする必要なんかないよ。俺はフェリクスがいいんだから(相手の言葉を聞くとすぐに上記のように答えた。そんなことは気にする必要は無い。何か言われたとしたなら自分が守ってあげるつもりだ。ぎゅ、と抱きしめる力を強くして相手を安心させようとする。やはり気にしてしまうものだろうか。もしかしたら自分の家族も気にするかもしれない、と思ったがその考えをすくに打ち消した)   (6/26 23:49:19)

中谷 .( フェリクス ) 、 ッ その 、私が 、トーリスみたいに凄く身分の違う人の隣を歩いて良いのか分からないんよ 。 ( 彼が優しいと 、言わないでおこうと思っていても ,勝手に口が動いて話してしまう 。抱き締められるなり、ぎゅう、と此方からも抱き締め返した 。すると 、先程彼と廊下を歩いていたときに思ってしまった後ろ向きな考えを口にした 。、)   (6/26 23:44:44)

椿(菊 )怖がらないでください。ここが気持ちよくなれる場所ですよ(相手の反応を見てここが前立腺なんだ、と確信を得た。上記のように述べてから前立腺を軽く押し続けた。ここが気持ちいいのならたくさんいじってあげるようで。ダメだと言ってはいるがやめるつもりなんてない。足が動いているのは分かったが、それについては何も言わずに)   (6/26 23:42:02)

中谷 .( 律 ) 、 ッや 、 駄目 、 っ、です ッ ( 己が反応してしまったところを 彼は確認するように軽く押してきた 。びくぅ、と 亦反応してしまうと 肩を竦めながら 、口許に中てた手を少し退けると 、駄目だ 、と首を横に振った 。こんなの知らない 。陰茎を扱かれるよりも迚も気持ち良いものを知ってしまった己は 驚いている 。妙な快感に脚を少し動かしてしまった 。 )   (6/26 23:34:37)

椿(トーリス)任せて(お願いする、と言われると頷いてそう言った。いい知らせが来ますように、と思いながら相手を撫でてあげて)無理しないで…何かあったら言って欲しいな(相手が大丈夫じゃないことはすぐに分かる。だから無理しないで欲しくて。何かあるのなら自分ができる範囲ではあるが変えたいと思っているから。帽子を近くのテーブルに置くと相手をまた優しく抱きしめた)   (6/26 23:33:10)

椿(菊 )?ここ、ですか…?(指を奥へ奥へと進めていくと相手がある一点で他とは違った敏感な反応をした。もしかしたらここが前立腺というやつだろうか。確かめるように少し押してみたり。相手が出してしまった声は自分にとっては興奮するものだったようで、少しではあるが勃起してきてしまった。バレたら恥ずかしい、などと思いながら)   (6/26 23:30:35)

中谷 .( フェリクス ) 、じゃあ 、お願いする 、 。 ( 矢張り 、身分が良いと 、そういう知らせを受ける余裕もあるのだろう 。何て 、ぼんやりと思考しつつ 、素直にお願いすることにした 。) 、だ ッ 、大丈夫だし 、。( 大丈夫なんかじゃない 。色んな疑問や不安が多い分 、胸の中がざわつき 落ち着かない感覚があった 。然し、大丈夫 、何て嘘を吐くように頷いては 、顔を覗き込まれ 目が合うものの 、気不味さから視線を逸らして。、)   (6/26 23:27:09)

中谷 .( 律 ) ( はっきりと手許が見えるわけではないが 、人間 、そういうのは見えなくても 、無意識に 、意識している方を気にしてしまうものだろう 。案外 痛みが無いから平気かもしれない 。最初は強張っていたものの 、痛みがない分 、強張りはなくなってきた 。) 、 ッ あ っっ 、( 何処迄指が入るのだろう 。初めてにしては 少し余裕が出来ていた 。そんな時 、変に敏感に感じてしまうところに彼の指が当たったのか 、思わず甘い声を溢してしまった 。恥ずかしい 。遅いが 、慌てて口許に手を中てた。、)   (6/26 23:24:40)

椿(トーリス)もちろんだよ(質問にはすぐに頷いた。何も知らされないとやはり不安だから。それに別荘は遠くにあるため、相手を連れていくにしても時間がかかってしまう)大丈夫…?(部屋に戻ってくれば歩いている途中から俯いてしまった相手に心配そうに声をかけた。考えていることまでは分からなくて。まずは帽子を脱がせてから相手の顔を覗き込んだ。やはり注目されてしまうのは嫌なのだろう、と思っていて)   (6/26 23:23:18)

椿(菊 )(相手が痛くならないように、と気をつけながら指をゆっくり奥へ進めていく。どうやらもう少し奥には前立腺という気持ちよくなれる場所があるらしい。それは本当だろうか、などと思いながら相手の反応を見ていた。やはり初めてだと緊張してしまう。相手に手元の方を見られているのも気になっていた。上手くやらなくては、なんて思ってしまいながら)   (6/26 23:18:21)

中谷 .( フェリクス ) 、! 、良いの ? 、( まるで心の中を見透かされているような気分 。己が思考していたことに対して 、彼が発言するものだから 少し驚きつつも 、お願いしても良いのか、と確認するように質問をした 。) 、うん 、。( 己は妙に視線を感じる 。何故 こんなにも見られているのだろう。矢張り 、己のような身分が彼の隣を歩いてはいけないのだろうか 。視線を下に落とし 、周りを見ないようにしながら思考していた。)   (6/26 23:15:31)

中谷 .( 律 ) 、 有難う御座います 、 ッ 、( 己に合わせてやってくれるらしい 。彼の笑みを見るてどこか落ち着く 。、御礼を言えば 、無意識に 下半身の方に視線をやっていた 。,矢張り、初めてだと見えなくても其方の方に視線をやってしまうものである 。孔に指を中てられると 、押し込むように 少し指が入ってきた 。違和感はあるものの 、痛みは全くなくて 。、)   (6/26 23:10:12)

椿(トーリス)今度知らせを寄越すように言っておくよ(心配そうにしている相手を安心させるかのように笑顔を向けて上記のように伝えた。自分もまだ何も知らされていない。だから相手同様、少し心配で)大丈夫だよ(相手が腕に抱きついてくると優しくそう声をかけた。可愛らしい。どこかのお姫様、なんて言葉が聞こえてくる。相手を知らない人からすればその美しさはどこかのお姫様に違いない、と思うのだろう)   (6/26 23:07:46)

中谷 .( フェリクス ) 、楢 、良い、けど .. 、( なんて言うものの 、矢張り 確実に良い方向に向かっている等という知らせは受けていないため 、安心しきれないものがある 。どこか心配そうではあるが、そうやって相槌はうっておいた 。) 、ッ、( そんなことないのに 。何て思いながら 、手を引かれている己は 亦行った道を戻っていっている 。矢張り 、注目を浴びることには変わりはなく 、己は その視線から逃れたがるようにまた 彼の腕に抱き付いて。、)   (6/26 23:03:40)

椿(菊 )最初は無理ですから、ゆっくりやりますよ(入るかどうかを心配する相手に対してこちらはいつも通りの笑顔を向けて上記を述べた。こちらは普通そうにしているがかなり心配だったり緊張していたりする。しかし自分がそれを表に出しては相手はもっと怖がるかもしれない、と思って平然を装った。孔へ指を当てれば少しだけ押し込んでみる。かなりきついが大丈夫だろうか)   (6/26 23:00:39)

椿(トーリス)俺も緊張するよ。…きっと、良くなってくれると思う(相手の言葉を聞いてから上記のように述べた。きっと相手は心配しているのだろう、ということを表情からすぐに察したようで。最初にも伝えたが相手の両親はそこまで重い病気ではなかった。少し療養すれば良くなってくれるだろう)可愛いよ(可愛くない、と否定しても可愛いものは可愛いのだ。認めてほしい。優しく相手の手を握ればまた元来た道を戻っていき。行きと同じように相手は注目を集めており)   (6/26 22:55:01)

中谷 .( 律 ) 、 ッ は 、入りますかね 、。( 態々説明しながらやってくれると言う彼に優しさを感じた 。孔を使う 、と言うことを理解するなり 、入るだろうか 、何てのを気にした 。此処は何か入れたりするようなところではないため 、若干怖いものがある 。然し 、相手は彼だ 。其処迄心配する必要は無さそう 。汚い 、だとか思わないのだろうか、とも心配してしまうが こういうのは言わない方が良いかもしれない 、と思考して 。、)   (6/26 22:53:20)

椿(菊 )では説明しながらやりましょうか(相手が初めてだから知らない、と言ったのを聞くと上記のように述べて。ここを使うんですよ、と孔の周りを撫でながら伝えた。きっと異性との性行為のやり方は相手も分かっていると思うだろうから、これだけ言えば理解してくれるのではないだろうか。その他にも知識は色々と持っているが、実際にするのは初めてなのでそれがあっているか知らない。そのためそれを相手には言わずに)   (6/26 22:50:10)

中谷 .( フェリクス ) 、 な、何か 緊張しちゃう 、。( 自分の両親に会うと言うのに 、何だか緊張してしまいそうだ 、何て言い出した 。暫く会っていないから 、そういう意味でも緊張してしまいそう 。元気になってくれていると有難いが 、。何て思考していたり 。) 、 ッな 、 か、可愛くないし !  、( 彼の言葉に とても分かりやすく顔を真っ赤に染め上げるなり 、直ぐに否定した 。そんな訳がないじゃないか 。少し冷たい風が吹いた 。、そんな時 、彼がそろそろ帰ろうか 、と声を掛けてくれた 。其れに対して、こくり、と頷いて。、)   (6/26 22:47:04)

中谷 .( 律 ) 、 ッ 、俺 、知らないです 、。 初めてなんで 、。( 帯を解かれるなり 、頭上に置かれていた手を下ろした 。再び 、孔の周りを触られていると 、もぞ、と脚を少し動かしたりしつつ 、上記を述べた 。つまりは己が女役 、と言うことになるのだろうか 。ぼんやり 、と思考しながら 、彼の返答を待っていた 。勿論 、前立腺がとても気持ち良くなれるところ、何ていうのも知っている訳がない。)   (6/26 22:35:59)

椿(トーリス)そっか。お会いするのが楽しみだよ(相手の答えを聞いて笑顔で上記を述べた。こんなにも真っ直ぐで性格のいい相手の両親なのだから相手の言う通りいい人なのだろう。具合が良くなったら相手を連れてすぐに挨拶に行くつもりだ)可愛いなぁ…フェリクスは(目を逸らしてしまったところもとても可愛らしい。そう思った時少し冷たい風が吹いて。そろそろ帰ろうか、と提案をした)   (6/26 22:33:58)

中谷 .(( おけけ!、   (6/26 22:33:04)

椿((じゃあどっちもやる!!(   (6/26 22:28:41)

中谷 .(( ほうほう 、 どっちもやりたいね(←   (6/26 22:28:18)

中谷 .( フェリクス ) 、超ッ 、良い人 !  、優しくて 大好きなんよ 、( この年齢になっても 、両親が大好きだと言う子は剰り居ないだろう 。屹度、己は珍しい 。優しくて大好きだ 、何て言っては 、何故か嬉しそうな笑みを浮かべていた 。) 、 ッ、何でもないし 、( 彼に質問をされると 見つめていたことに気がついたのか 、慌てた様子で何でもない 、と答えつつ、視線を逸らした。、)   (6/26 22:27:45)

椿(菊 )ここを使うんですよ。知りませんか?(相手が拘束を解いて欲しそうにしているのを見ればすぐに解いてやってから、また孔の周りへと触れて上記のように説明をした。相手が同性同士の性行為について知識がないのなら、説明から始めた方がいいかもしれない、と思っていて。何も分からないことをやるのはきっと怖いだろう。やはりお互いに気持ちよくなれるようにしたいから)   (6/26 22:27:41)

椿((良かった!!!!(今考えてるのは、どっちかのキャラに違うキャラが片想いする感じか、フェリクスちゃんとリトさんのその後のどっちかかな~前者は悲しい感じて後者はハッピーでs(((   (6/26 22:22:32)

中谷 .(( 是非!!!!!!(   (6/26 22:18:05)

椿((この外伝的なのもやりたい(   (6/26 22:13:15)

中谷 .(( そう言ってもらえるとありがたいぃ、   (6/26 22:12:03)

中谷 .( 律 ) 、や ッ 何処触ってるンですか ッ 、( 彼は 外して欲しい、と云う御願いに頷いてくれたものの 、外してくれない為 、外してほしいと アピールしようと思っていた 。そんな時 、孔に彼の指が触れた 。そうかと思えば 周りを撫でるように触られた為 、驚いた様子で上記を述べると 、立てていた脚を下ろそうとした 。そんなところ汚い上に 、触る理由なんてないだろう。と思考しているようで。、)   (6/26 22:11:47)

椿((私も楽しい…!フェリクスちゃん可愛すぎる…!!!   (6/26 22:11:32)

中谷 .(( とっても楽しい…、()   (6/26 22:10:28)

椿((ありがとう!そう言ってもらえてよかった!!   (6/26 22:09:43)

中谷 .(( このリトポーめっちゃ好きだぁぁ…   (6/26 22:08:54)

椿(トーリス)どんな方なの?(驚かれそう、と笑う相手に相手の両親はどんな人なのか気になり上記のように聞いた。しっかりと話したことはまだない。だから少しだけ話すのは緊張する、と思っている。自分の家族には自分から伝えておけばいいだろうか、と思い相手にその話をすることは無かった。相手に見つめられていることに気がつくと相手を優しい瞳で見つめながら、どうしたの?と質問して)   (6/26 22:05:12)

中谷 .( フェリクス ) 、何だか 驚かれそう 、。( 己の両親にも挨拶に行かなくては 、と言う彼に己は上記を述べると 、ふふ 、と小さく笑った 。己でさえ、こんな身分が違う彼と結ばれても良いのか 、夢なのではないのか 、と思ってしまっているのだから 、屹度 両親も己と同じ事を思い 、驚くだろう 。予想するだけで 少し面白くなってしまうものだ 。それにしても 本当に良いのだろうか 。こんな己が彼の 恋人になっても 。、と考えていると 、無意識に彼を見つめてしまい。、)   (6/26 21:59:51)

椿(菊 )いいですよ(もう相手は逃げないだろう、と思ったようで笑顔で上記のように答えた。次は相手に自分を気持ちよくしろ、と言うつもりはなくて。今度は相手の孔に触れてみよう、と思いそっと手を当てた。まずはいきなり指を入れるのではなく、周りを優しく撫でるようにしてみて。いきなりこんなところを触れれば驚くかもしれないが、性行為をするのだから仕方ない、と思っていた)   (6/26 21:56:53)

椿((そうなんだ~   (6/26 21:53:03)

中谷 .(( 私は剰り好きじゃなかった、( )   (6/26 21:51:50)

椿((好きまではいかないかな~   (6/26 21:50:16)

中谷 .( 律 ) 、気持ち良かった 、です . 、  帯 、外してくれませんか .. ?  、( 誰かに性処理を為れる何て 、初めてだ 。己は 、恋人が居たこともなければ そういう風俗店にも行ったことがない 。何とも言えない羞恥心と 、一人でする時と違った興奮があった 。手と口が離されるなり 、彼の質問に答えた 。今度は己の番なのだろうか 。何て思考するものの 、手を拘束されていれば 、何も出来やしない。もう抵抗することはないため 、外して貰おうとして 。)   (6/26 21:49:57)

中谷 .(( 何か不思議な味がした…、  マカロン好きなのー?   (6/26 21:48:21)

椿((マカロン美味しいよね~   (6/26 21:47:54)

中谷 .(( 初めてマカロンを食べたんだよ(唐突)   (6/26 21:47:40)

中谷 .(( 今晩和 ッ、    (6/26 21:44:12)

椿((こんばんは~   (6/26 21:44:02)

おしらせ椿さん(iPhone au)が入室しました♪  (6/26 21:43:53)

中谷 .(( 今晩和 ッ、   (6/26 21:36:49)

おしらせ中谷 .さん(Android 223.219.***.231)が入室しました♪  (6/26 21:36:43)

おしらせ椿さん(iPhone au)が退室しました。  (6/26 01:29:42)

椿(トーリス)ありがとう…(相手を見つめながらお礼を伝えた。自分と居てくれるなんて嬉しい。ここへ相手を連れてくると決めた時のように相手と結ばれることに反対する者がいるかもしれない。しかしそれでもその時のように反対を押し切って相手と結ばれるつもりだ)フェリクスのご両親にも挨拶に行かないとね(ふふ、と笑ってそう言った。自分の親にも言わなくてはならないだろうがまずは相手の親に言うつもりで。自分が無理やり奪ったりした、と疑われてしまうだろうか、と少し心配だ)   (6/26 01:29:39)

椿(菊 )気持ちよくなってくれましたか?(相手が射精したのを見ると手を離して口も離して解放してあげた。相手の精液が自分の手にかかっているのがとても興奮する、なんて思いながら。もちろんこの続きもやっていくつもりだが、とりあえず今は相手が落ち着くのを待つことに、。こういったことが初めてそうなので気を遣うつもりだ。痛がったり嫌がったりするようなことは極力しない、と決めていて)   (6/26 01:24:33)

椿((おやすみなさい~と、了解~   (6/26 01:08:41)


更新時刻 05:32:35 | 過去ログ | ルーム管理