PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
Dedicated room.

ROM禁止、廻れ右。
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、匡真さんが自動退室しました。  (6/26 22:25:40)

匡真 / 次の自動退出まで待ってこなかったらまた夜中覗きに来る、   (6/26 21:58:49)

匡真 ん"ー…寝てた、( 伸、/ 首回し、)取り敢えずな、   (6/26 21:23:03)

おしらせ匡真さん(iPhone 223.217.***.89)が入室しました♪  (6/26 21:22:03)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、さんが自動退室しました。  (6/26 20:56:34)

ぁ゛ー… 疲れた、普段通りだけど ( 身体伸、一息、   (6/26 20:24:50)

おしらせさん(iPhone 126.159.***.107)が入室しました♪  (6/26 20:24:10)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、匡真さんが自動退室しました。  (6/26 01:07:52)

匡真 / 居るだけ、   (6/25 23:41:55)

おしらせ匡真さん(iPhone 223.217.***.89)が入室しました♪  (6/25 23:41:42)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、匡真さんが自動退室しました。  (6/24 02:09:18)

匡真 …おやすみ尊斗さん、遅くまでありがとな、( 頬口付、隣潜り瞳伏せ、/ 無言落   (6/24 01:44:41)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、さんが自動退室しました。  (6/24 01:42:48)

匡真 ん、…もう言わねぇようにはする。感情抑えらんなくなったらたまに言っちまうかもだけど…、…真似すんなよ、( ふは、/ すり、   (6/24 01:26:54)

御前は悪くねえよ、あんまり掘り返さないで欲しいだけだ…。…俺も普通にしたかったんだよ ( 真似返、   (6/24 01:22:47)

匡真 根に持つタイプで悪かったな、…ん、してもらってばかりだったしな( 微妙な表情、ふは   (6/24 01:20:37)

どんだけ根に持ってんだよ…悪かったって。…そりゃ、嬉しい限りだな ( うげ、溜息、   (6/24 01:17:13)

匡真 …いつまでもこんなんじゃいつ愛想つかされてもおかしくねェかな、なんてな。…普通にしたかったんだよ、( ふは、/ 彼の言葉真似、   (6/24 01:11:56)

( 抱締返し、口許緩、   (6/24 01:06:22)

そう考えてくれると有難えわ。…久し振りじゃねえ?御前からしてくれたのは (   (6/24 01:06:04)

匡真 まぁ、俺が沈んでたところで時間できるわけでもねェし、折角会えた時に堪能しとかねぇとだわ( ふ、/ 抱き締め、軽く唇併、   (6/24 01:03:56)

ん…そうだな、御免… ( 唇離、眉下、   (6/24 01:02:02)

匡真 …用事ない日が来りゃいいけどなぁ、( へら、大人しく、   (6/24 00:54:48)

…分かってる、用事が有る時は其方の方を優先しちまうけど…時間が有る時は此処に来るよ ( 頷、唇併、   (6/24 00:52:19)

匡真 …ん、また時間取れたらゆっくり話したいぐらいだな、俺が望むのは( 苦笑、/ すり、   (6/24 00:45:10)

有ったらだよ、有ったら。 無理に考える必要もねえから ( くつ、頬撫、   (6/24 00:36:23)

匡真 …ん、それは嬉しいし素直に受け取っとく。…安心するような言葉なァ、思いつかねぇわ。( 眉下、/ 瞳伏、   (6/24 00:34:41)

…兎に角会いたいって欲で、此処に来てんのは間違いねえから あんまり考え過ぎ無いで欲しい、言われて安心する様な言葉が有んなら幾らでも言ってやるから ( 布団掛、片頬包、   (6/24 00:30:46)

匡真 …逆撫ではしねぇけど、こう嬉しい反面何かくるのは否定しないかな、…でもそう思ってもらえるんなら嬉しいよ( ふは、/ 隣へ、   (6/24 00:27:09)

少ししか話せねえのに会うのは御前を逆撫でしちまうかな、とか考えたんだけどな…欲には逆らえ無かった ( んん、ベッド寝転、   (6/24 00:24:42)

匡真 …そか、嬉しいわ、ありがとな来てくれて( ふ、/ 後追い   (6/24 00:20:42)

……正直、あのまま寝ても良かったんだが…御前と一緒に寝たくてな ( 頬掻、顔隠す様前歩き、   (6/24 00:19:57)

匡真 …ん、眠いなら仕方ねェな、( 苦笑、/ 手緩く重ね立上り   (6/24 00:14:03)

…ぁ゛ー…寝室行かねえ? 眠くなって来た、( 欠伸溢、手差出し、   (6/24 00:13:12)

匡真 そうだな、逢えないよりはマシだ( 頷、   (6/24 00:11:40)

大分遅い時間にはなったが…今日も会えて良かった、( ふ、   (6/24 00:07:18)

匡真 いいよ、分かってる、( 苦笑   (6/24 00:05:27)

ん、御免な? 明日も早えから適度に睡眠取らねえと持たないんだわ ( 溜息、   (6/24 00:01:22)

匡真 …ま、今日も話せて1時間ぐらいだろうなァとは思ってるし、大丈夫、きついなら無理すんな( ふ、   (6/24 00:00:21)

嗚呼、どう致しまして。相変わらず眠気は有るけどな… ( 苦笑、   (6/23 23:59:39)

匡真 そか、嬉しいありがとな( へら、   (6/23 23:56:43)

御前が居たら戻って来ようと思ってな。後2分待ってりゃよかったのかも知んねえけど ( けた、   (6/23 23:54:57)

匡真 おわ、寝たかと思ってた( なは、   (6/23 23:51:16)

何だ、見事にすれ違ったな。( ふは、   (6/23 23:49:26)

おしらせさん(iPhone 126.159.***.107)が入室しました♪  (6/23 23:49:18)

匡真 …取り敢えずな、   (6/23 23:47:28)

おしらせ匡真さん(iPhone 223.217.***.89)が入室しました♪  (6/23 23:46:47)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、さんが自動退室しました。  (6/23 23:44:49)

…んー…、( 身体伸、ソファー腰掛、   (6/23 23:15:10)

おしらせさん(iPhone 126.159.***.107)が入室しました♪  (6/23 23:14:56)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、匡真さんが自動退室しました。  (6/23 01:04:38)

匡真 (   眠りに落ちたからの表情は疲れ滲んでいる気がするものの落ち着いており。ゆっくり顔を合わせることすらままならなくなるのかと思うと寂しく。事実不安定な気もする今の関係がどこまで続くのか、自分でも驚くぐらいに女々しくなってしまっている現状が不安掻き立てる要素のひとつになっている。一般的に1日2日しか会わないという主張もわからなくはない、言いたいことは沢山あったはずなのに彼をいざ目の前にするとなかなか言葉は出ず。   (6/23 00:43:56)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、さんが自動退室しました。  (6/23 00:37:49)

匡真 そか、大変だな…俺の事はあんまり気にしないでいいから無理しないようにだけしてな。( 仕事の量がかなり増えたことは自分にでもわかることで、やはりそれのせいなのかと思う一方何も出来ないもどかしさに悶える様な心地。せめて自分はここに居るから大丈夫だ、気にしなくていいと思ってもらう位にはなろうと考えつつ。額に押し付けられた唇、下がる瞼におやすみ、小さな声で告げて   (6/23 00:22:12)

…憶測、では有るんだが…配置が変わったからじゃねえかな。回って来る仕事の量と、誘われる予定の数が尋常じゃない程増えちまった ( 以前は程々の仕事量で落ち着いていた、だが位置が変わっただけでこうも忙しくなるのかと痛感は既に終えている、実際の状況は自分にも曖昧だが憶測を取り敢えず告げてみて。そろそろ限界に近い、瞼が自動的に下がってしまっては彼を腕の中へと、額に唇を押し付けては意識を落として / 無言落   (6/23 00:15:21)

匡真 …なんであんなに時間取れてたのか不思議なぐらいだわ、仕事お疲れ様尊斗さん、( 考えれば考えるほど何故時間が取れていたのか謎は深まるばかり。正直なところまだ眠くないのが現状、彼の寝顔でも眺めながら過ごすか、なんて考えつつ普段の寝る前と同じ行動。彼のほうへ少し寄りつつ   (6/23 00:11:40)

そうだな…凄え早い、直ぐに終わっちまった ( 気が付けば既に日を跨いでいる、仕事中の2時間とか早さが違い過ぎると内心苦笑浮かべ。彼に続いてベッドの上へと寝転がり、布団を掛けては既に寝る準備は出来ていて   (6/23 00:06:20)

匡真 ん、…早いな、2時間って。( 彼が限界近いことは見てすぐにわかるほど。手引かれるままに寝室へと歩み進めベッドの上へ   (6/23 00:03:45)

嗚呼…そろそろ限界だわ、( 一度欠伸をしてしまったからか、急激に眠くなっていく身体に耐えつつ。ソファーから立上り、彼の手を引いては立ち上がれる様にと促して、   (6/22 23:59:49)

匡真 ん、ありがとう( 取り敢えずは慣れるしかない、ただギャップに慣れればいいだけ、分かっていても最初のうちは辛いだろうか。メモをくれるという彼に一安心しつつ欠伸する彼目に入れば"…そろそろ日跨ぐもんな、ベッド行くか、   (6/22 23:54:32)

嗚呼、分かってる。何か有ったら…つっても、空いた時間を伝えるくらいだろうが。書置きしとくよ ( 毎日顔を合わせていた分慣れるまでは少し時間が掛かって仕舞うだろう、もちろん承知の上で言葉にしていて。さすがに眠くなってきた来たか、二度目の欠伸を零して、   (6/22 23:49:45)

匡真 暫く、な…まぁそう思われないように俺もどうにかするようにはする、連絡があれば結構待てる自信はある、から…此処でしか連絡取れないけど取り敢えず書置きしてくれたら…( 慣れた方がきっといいのだろう、けれど会えない時間が続くとなれば連絡が欲しい、当たり前が分からなくなってしまっているあたりズレてしまったのだろう。申し訳ないと思いつつ考え変えることも難しく   (6/22 23:46:05)

暫くは無いと思うけどな、もし御前がそう思っちまったんなら必死に誤解解くしかするしかねえけど。そうなるな…流石に週3回ぐらいは会えると思うんだが、…一層の事、週1回か2回って言う回数に慣れちまった方が良いのかもな ( 段々と曇って行く表情をから目を背けつつ。自分がこの問題を解決出来れば良いのだがどう足掻いても抜け切れない状況で。普通の人達にとっては当たり前の事で悪い状況になってしまっている気がする、軽く頭を振ってはそんな事考えても仕方ないかと   (6/22 23:31:34)

匡真 …疲れられてたらだよ。俺にそうやって言うってことは少なくとも俺が思うかもしれないって考えたわけだろ、だから例えの話。そう言ってくれてもほんとに疲れられてんならもう諦めるしかないってな。あ‐…もう運任せみたいになんのか、( 言葉の微妙な間に彼が何を考えているのか察知できた訳では無いが違和感は覚え。言葉足りないであろう部分補うつもり言葉並べ。彼の仕事が落ち着かない限りはゆっくりと時間取れるなんてことは無いだろうということは容易に想像付き。運任せの状況表情は曇り   (6/22 23:27:06)

疲れられてたら、か。…大型連休なら未だ分かるんだが、来れる人時間帯ってのが安定して作れ無くてな…多分、空いた時間に取り敢えず此処に来る感じになっちまうと思う。( 自分が勝手に疲れている、何て意味にも取れてしまう言葉に胸痛みつつ。この先の予定を思い出すも長時間空けられる時間が見付からない、やはり難しいかと溜息を吐きつつ渋々左記、   (6/22 23:19:02)

匡真 …分かってる、会えねぇのわかってんのに居る程馬鹿じゃねェよ、ずっと居られてもそれはそれで迷惑だろうしな…、尊斗さんの来れる日と時間帯だけ教えてくれりゃできるだけ合わせる、でも無理な時はある。…疲れられてたらもうそれはそれで諦めるよ、俺は( 彼の言葉に殆ど表情変えないまま苦笑い返して。せめて彼の時間と自分の時間が合わせられればいいのだが簡単には行かないだろう。一週間近く会えない日も出て来るだろう考え巡らせつつ   (6/22 23:15:25)

…嗚呼。…此処に居たい時は、全然居てくれても構わ無いんだが…必ず来てやれる、って訳じゃねえからそこだけは理解して欲しい。…御免な、御前に疲れたって訳では無いから ( 案外あっさりした返事、何となく予想が付いていたのだろうか。不安と安心何方の感情を表して良いのか分からず、   (6/22 23:09:13)

匡真 …まぁ、現実そうなんだから受け入れるしかないわな。そのうちまた慣れるだろうし…ずっとここに居るのも辞めるな( いつかはそうなるだろうと最近の状況から考えていた為かそこまで取り乱すようなことも無く。淡々と言葉返して   (6/22 23:03:36)

…正直、正直な?生活して行く上で、やっぱり会う頻度が多いのは厳しいんだよ。週に1回か2回が丁度良いと思う。…ただ、御前が不安になるならちゃんと会ってやらねえと、って思って結局無理しちまうんだよな ( 彼の気に触れてしまうだろうと暫く口にしなかった言葉、今のままでは切りがないと誤魔化さずに正直に伝えて、   (6/22 23:01:30)

匡真 …だな、このまま来なくなったりすんじゃねぇのか、とかそんな事ないって思ってても何でか思っちまうし…( 頬に触れる彼の指に擦り寄りつつ。頭撫でる手は止めずぼやくよう呟いて、   (6/22 22:55:27)

2、3日空いた所で御前への気持ちは変わって無い、って信用しては欲しいんだが… 毎日会えてた分、不安にはなっちまうよな ( 久々に撫でられる様な気がする、完全に気は抜け意識は彼のみへと向けて。目線は彼の顔へと、頬に手を伸ばせば指の甲でそっと撫でながら、   (6/22 22:53:22)

匡真 …そうだな、毎日会えてた分の反動だな、きっと、( 視線合わされば彼の言葉静かに聞き、最後苦笑い。凭れかかる彼の頭優しく撫でてみたり、こういう事をするのも久々だな、思いつつ、   (6/22 22:41:57)

…恋人ってのは、同居して無い限り週に1回か2回会うモンだとは思うんだが… 少し基準が狂っちまってるんだろうな、2日3日会えねえ時に情緒不安定になっちまうのは ( 静かに目を開き、目線は彼の方へと。自分にも彼にも向けられる様な言葉、軽く腕を組んでは彼の肩に凭れて   (6/22 22:38:40)

匡真 泊まり込み、そりゃ凄ぇな…まぁそれは仕方ねぇな、( 泊まり込みだったのに夜中に顔を出してくれたのだと思うと申し訳ない気持ちと同時嬉しくもあり。ソファに身体預ける彼横目に欠伸移り、   (6/22 22:33:09)

嗚呼…泊まり込みでな。凄え疲れた…流石に明日は休みなんだが、少し予定が有ってな ( お疲れ様、何て一言だけでも蓄積された疲れが少しずつ解消されて行く様な気がする。背凭れ、体の全てをソファーへと預けては綿の心地良さについ欠伸が溢れて   (6/22 22:30:13)

匡真 だろうな…、いいよ、疲れてんなら無理しねぇのが1番。( 向けられた視線追い、時間確認、あと二時間程度か頭に残しつつ左記苦笑い浮かべつつ。"お疲れ様、大きな仕事だったみたいだな、"盛大に息吐く彼に苦笑いはそのまま   (6/22 22:15:18)

今日もあんまり体力が残って無くてな…日が跨ぐ頃には寝ちまうと思う ( 時計見遣り、大凡の時間予測しては苦笑を浮かべつつ。ふと彼の隣の空いた空間へと向けられた目線、何となく理解してはソファーへと腰を下ろして。一段落付いた、と盛大に息を吐けば目を伏せて   (6/22 22:12:39)

匡真 いや、俺も来たばっかだよ。おかえり、お疲れ様。( 遅くならないようにとは思っていたものの九時過ぎてしまった帰宅時間、まだ彼の姿はなく。忙しいのだろうとソファ腰掛けていれば聞こえた彼の声に安心、ほっと息吐いて。目の前に立たれては彼の分、開けていたソファの横のスペース視線向け   (6/22 22:07:36)

…嗚呼、もう居たか。晩和さん、少し遅れちまった ( 部屋を覗けば既に明かりは点いている、即座に部屋の扉を開けると居間には待ってくれていたで有ろう彼の姿が有り。一先ず鞄を椅子の上へと、上着を椅子に掛ければ彼の前へと足を運んで   (6/22 22:04:10)

匡真 / どうしような…   (6/22 22:01:10)


更新時刻 13:46:36 | 過去ログ | ルーム管理