PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
ガバ っ て 拷問され た 青色 の 話 。


.


状態 / 両脚 ( 太腿中間 迄 )欠損
舌 ( 半分 )欠損
思考 / 正常 . 舌欠損 にて 拙い 言葉 .
幹部 に 依存 気味 .
発作 フラッシュバック 持 .
愛されたイ .

赤 車椅子
黄緑 ドッグタグ
黄色 ピアス 片割 ネックレス 鈴付チョ-カ-

.


みぃ ぁ ?


皆 ?


相手人数 3人迄

待機 . 書置き. ドッペル 他世界 歓迎


.
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、ut .さんが自動退室しました。  (11/19 01:14:37)

ut .(( ぁ"ッ … !、( やらかした顔 。恥ずかしげに 頰染 、顔手で覆 。)   (11/19 00:20:32)

ut . ふ、ふぁ、ぁぁ、…んぅ、ぅぅ、( 大きな欠伸を 溢しながら もそもそ と 布団から 顔を出し 。猫のように 手で踏ん張り シーツを押せば く−、と伸びをし 。 (11/18 23:30:45)   (11/19 00:19:20)

おしらせut .さん(iPhone 218.221.***.210)が入室しました♪  (11/19 00:17:55)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ut .さんが自動退室しました。  (11/19 00:17:33)

ut .ふ、ふぁ、ぁぁ、…んぅ、ぅぅ、( 大きな欠伸を 溢しながら もそもそ と 布団から 顔を出し 。猫のように 手で踏ん張り シーツを押せば く−、と伸びをし 。   (11/18 23:30:45)

おしらせut .さん(iPhone 218.221.***.210)が入室しました♪  (11/18 23:28:24)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、sho _ ,さんが自動退室しました。  (11/18 00:37:36)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、utさんが自動退室しました。  (11/18 00:31:50)

sho _ ,.. ん 、 ♡ む 、 ( 先走り横目に見れば 満足そうに頬緩め 、 あと少しだろうかと 甘噛みと 舐めを繰り返して 。 彼の先走り 空いた手で絡め取れば 彼の自身へ塗りたくり 、)   (11/18 00:14:29)

ut目を丸くさせ、とろりと先走りあふれて。   (11/18 00:11:44)

utひ、ッ !、♡、( 突然先端を 甘噛みされれば びり、と感覚 走り 緩く背中反り、その後慰めるように舌を合わせられては、ぴりぴり、として来たそれ)   (11/18 00:09:59)

sho _ ,.. んむ 、 ん 、 ( ぎゅ 、 と 拒否権与えない儘 抱締め続けては 髪を撫でられ 何方が優位なのか分からなくなりそうで 。 其れは嫌だと 先端甘噛みしては 舌這わせて 刺激与え続けて 。 早く快感受け取る様にと 必死で舐め続けては 自然と抱締める力も強まり 、)   (11/18 00:06:12)

utひ、ぇッ、ぁ、?し、しゃ、ぉ?( 前から 突起が痒い、という事は多少あったがそんなにも 気にする様な物でもなく。その為 彼が赤ん坊 の様に 咥えて来たことに驚愕し 声を上げて。抱きしめられては拒否も出きず、しかし、何処か母性が湧いてきて仕舞えば 舌にいて 乳を吸う彼に 蕩けた瞳を向け、背中ふるせながら彼の頭優しく撫で。)   (11/18 00:02:05)

おしらせutさん(iPhone 218.221.***.210)が入室しました♪  (11/17 23:58:12)

おしらせut .さんが部屋から追い出されました。  (11/17 23:58:12)

sho _ ,.. ふ 、 ( 流石に開発は未だか 、 と 眉寄せれば 胸元の突起 軽く咥えて 。 どうせなら開発してやろう 、 なんて悪戯心で 先端へ舌這わせては 抱締め離れない様に 。 比較的白く柔らかな肌に 目を細めては 必死で吸い付き 、)   (11/17 23:54:56)

ut .ん、ひッ ぁ、♡ ぅ、♡( 久々の行為 自分でさえ 慰める行為も 少なかった 為 か 、彼の 自身と 擦り合わせ、押し倒された体制のまま 彼へと 腰浮かし、胸元撫でられては開発はまだなのか、ぴく、と震えるのみで。)   (11/17 23:46:34)

sho _ ,.. ん 、 ん 、 ( 彼の自身を撫でていた筈が 何時の間にか彼に触れられていた刺激に 肩跳ねさせ 。 何もかも久々な所為か 直ぐに自身起き上がり 。 互いの自身擦り合わせては胸元優しく撫でて 、)   (11/17 23:40:18)

ut . ぅ、ぁ…、ッ♡ 。ん、んぅ、♡( 自分の身体 綺麗なわけ も ないと言うのに 微笑む彼 其れに 安堵しては 彼の背へと腕を回し 。先端を撫でられると既に緩く 立ち上がっていた自身 、我慢できず声漏らすものの、彼の自信へと緩く手を伸ばし 竿を優しく 包み、するり、と撫で。)   (11/17 23:36:19)

sho _ ,.. ん 、 ( 確かに彼の両足は簡単に慣れる物では無いが 今では 其れでこそ彼だと 柔く微笑み 。 擦り寄られては 優しく背中撫で 首筋へ幾度か口付け落とし 。 彼の自身へ指這わせれば 先端辺り撫でて 、)   (11/17 23:26:10)

ut . ぅ、ん…、( 自分 を 見詰める彼 の 熱い瞳 ぞくり、と背中走り、とろり、と思わず 見惚れ。一矢纏わぬ姿にされてしまえば 自然と晒される 欠落した 両脚、太腿半分から下の其れ に 思わずシーツを引くものの、薄暗い中、肌を触れ合わせ大切にされている、という感覚に、擦り寄り。)   (11/17 23:19:49)

sho _ ,.. 久々やな 、 ( 自然と昂るのか 熱篭もる息吐き 、 彼を見詰め 。 服一通り脱ぎ終えれば 露となる 肌色に目を細め 。 雰囲気を楽しみたいと 明かり落とせば ほぼ同時に押し倒して 。 大切に抱締め乍 肌が触れる感覚に 酔いしれた 、)   (11/17 23:12:28)

ut .…、ん、ぁッ♡、ん、ぷァッ 、ぅ、♡ ( ちぅ、と 彼に吸い付き乍 余裕げな 姿が不満で 眉をかすかに挟めるものの 断面に霞める舌に背中を震わせ、無意識化に 腰揺。目伏せながらも 拙い手で彼の服 脱がせ。)   (11/17 23:10:25)

sho _ ,.. ん 、 ( 弱々しい小動物の様し状態に 可愛らしさを覚え 舌を進める 。 舌を絡めにくいのは欠点だが 其れは其れで愛らしい 。 只々必死に口付け繰り返す様子が愛おしくて仕方無かった 。 抱締め乍 互いに一枚ずつ衣服脱がせて行き 、)   (11/17 23:01:54)

ut .ん、んんぅ、ぅ♡ ぷ、ぁ、ッ …、ん、ぅ、( 口付け繰り返し 彼の 食い破るような 口付け 、ふるふると 食い殺される 兎のように 身体震わせながらも その瞳蕩け。自ら彼に抱き着、彼を求めて。抱え上げられ、寝台へと 連れて行かれると目を丸くしながらも 彼の首へと 腕辛め。)   (11/17 22:58:29)

sho _ ,.. は 、 ( 縋り付く彼の様子に 背筋に何か通る感覚 。 口付け幾度も繰り返しては 獣の如く 熱篭もる瞳向けて 。 山から彼抱え上げれば 寝台へと下ろし ぎゅ 、 と 力強く抱締めて 、)   (11/17 22:47:56)

ut . ん、ん … ゥ、?ぅッ 、ぁ♡ … ( 小声で 呟かれた 言葉 に 首を傾けるものの 時折 切断 部分なぞられ たらり、と唾液溢しながら 声漏らし 彼の服へと縋るよう握り締めては 蕩けた瞳向け。久々の口付けに 彼に身を 委ね とろり、と酔いしれ。)   (11/17 22:44:52)

sho _ ,.. ッ は - .. 、 今日あかンかも 、 ( なんて余裕の無い小声で呟き 彼の甘い声を更に求めようと 指を這わせる 。 時折切断部分へ 指先掠めてみたりして 。 抱締めた 儘 指離せば 柔く口付けて久々の感覚に酔い 、)   (11/17 22:37:18)

ut .ぅ、しゃ、ぉちャ …、?(目を泳がす 彼 どうしたのだ と 首を傾ける ものの 不意に 断面である 舌 なぞられては 掠れた甘い声漏らし、震え。抱きしめられると 縋る様に抱き着。)   (11/17 22:28:03)

sho _ ,.. んん 、 ( どう返せば良いのか分からずに 視線泳がせるも 指に吸い付かれては 目を細め 彼の舌をなぞり 。 久々な所為か 欲も徐々発散したい頃 。 何も勘づかせない様に抱締め 、)   (11/17 22:20:08)

ut .? …、ぅ、…、ぉぁぉ、しゃぉ、( 彼の気も知らず 目の前にいた 彼 に 目を瞬かせては ふにゃり、と嬉しげに頬を緩め 彼の 指に時折 吸い付きながら 目を細め。)   (11/17 22:18:04)

sho _ ,.. ん 、 おはよ 、 ( うっすらと 開く瞳 。 其の蕩けた顔は正に行為中を連想させ 、 思わぬ不意打ちに 胸がときめいた 。 慌てて言葉を掛けねばと 思えば おはよ 、 と 小さく零れた 。 指軽く押し付け乍 愛くるしい其の顔見詰め 、)   (11/17 22:09:59)

ut .ん、ち ゅッ … 、ぅ…ん、( ちぅ、ちぅ、と乳児が 吸い付く様に 緩やかに 彼 の 指に 吸い付き 。不意に押しやられた 指、ぴくり、と 震えては とろん、とした瞳 が開き 弱く吸い付きながら 惚けた顔で彼見上 。)   (11/17 22:07:34)

sho _ ,.. ん 、 ? 、 ( 寝惚けているのか 指先吸い付かれては 小さく肩跳ね 笑い声が小さく漏れ 。 変わる事を知らない彼の愛くるしさに 頬が思わず緩み 、 吸い付かれた 指 軽く押しやり 目を細めて 、)   (11/17 22:01:43)

ut .ん、…、ぅ、ん、ん ぅ、( 微睡み 心地よい 気怠さと 眠気に 浮いていれば 不意に 瞳の裏が 明るくなった。其れに 肩を竦め るものの 頰へと 這う何か、追う様に 顔を動かしてはまぶた閉じた侭 唇に それが当たり。ちぅ、と吸い付き。)   (11/17 21:58:47)

sho _ ,.. ん 、 ( 何時もの如く名を呼ぼうと 扉を開くも やけに静かな部屋と 妙に膨れ上がる隅の山に 口を結び 。 音立てない様 歩み寄れば 優しくクッション退けて行き 久々に目にした 彼の顔に 安堵の溜息零せば 頬へと指這わせ 、)   (11/17 21:49:28)

おしらせsho _ ,さん(iPad 125.172.***.147)が入室しました♪  (11/17 21:47:24)

ut . … ( すぅすぅ、と 小さな寝息を立て 乍 部屋の隅 、山積みの クッション の 中 ぬいぐるみ 抱きしめながら 丸くなって 眠っており。)   (11/17 21:37:24)

おしらせut .さん(iPhone 218.221.***.210)が入室しました♪  (11/17 21:36:36)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ut .さんが自動退室しました。  (11/16 22:55:07)

ut .( 寝台の上で ふわふわな タオルケット を 掛けながら くぅくぅ と 寝息を立てて 穏やかに 寝ていて。ぽかん、と小さく口開けたまま 眠り、中は珍しく 大きめなタンクトップ らしく もそもそと タオルケット に 肩までくるまって。)   (11/16 21:58:27)

おしらせut .さん(iPhone 218.221.***.210)が入室しました♪  (11/16 21:58:10)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ut .さんが自動退室しました。  (11/16 19:02:26)

ut .( 寝台の上で ふわふわな タオルケット を 掛けながら くぅくぅ と 寝息を立てて 穏やかに 寝ていて。ぽかん、と小さく口開けたまま 眠り、中は珍しく 大きめなタンクトップ らしく もそもそと タオルケット に 肩までくるまって。)   (11/16 18:21:38)

おしらせut .さん(iPhone 218.221.***.210)が入室しました♪  (11/16 18:21:33)

おしらせut .さん(iPhone 218.221.***.210)が退室しました。  (11/16 18:21:30)

おしらせut .さん(iPhone 218.221.***.210)が入室しました♪  (11/16 18:16:50)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ut .さんが自動退室しました。  (11/16 00:29:24)

ut .…、んッ、…んぅ、ぅ、はぷ、ぅ、( ペロペロキャンディ と やらを 久方ぶり に 貰い 食べ始めたものの、舌が足りない自分にとって 案外難しいもので。んぐんぐ と 咥え、段々と溶かせば 口元が唾液と溶けた飴で 汚れ、んー、と気難しい顔をして 。)   (11/15 23:47:22)

おしらせut .さん(iPhone 218.221.***.210)が入室しました♪  (11/15 23:46:14)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ut .さんが自動退室しました。  (11/8 23:46:57)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、sho _ ,さんが自動退室しました。  (11/8 23:32:46)

ut .ん、ん、…( 彼の笑みすら気にせずに彼へと抱き付いては、抱えられ、心地よさげに頬を緩めては、頰へと口付けに頬を緩め、彼に口付返し。)   (11/8 23:17:29)

sho _ ,.. ん 、 ( 撫受ながら 彼に抱っこと 強請られては 言動が一致していない様で 愉しそうに笑い零し 。 言われるま 儘 彼抱え上げれば 頬へ幾度か口付け 、)   (11/8 23:11:46)

ut . ん…ふふ。( 全く隠れていない彼の眠気に 思わず笑いをこぼしながら、頭を撫でていれば寝台へと誘う彼。幼児あやす様に頭を撫でては何時もの流れの様に彼の首へと 縋り付き、だっこ。と。)   (11/8 23:08:08)

sho _ ,.. ねむ 、 くない 、 ( 飽く迄眠くない と 主張する其の声すら 眠気に駆られ 。 撫受ながら 彼の目を見 ベッド行こ 、 なんて 人によってどう取るか分からない言葉発して 。)   (11/8 23:02:03)

ut .( ねむい?、と問い掛け。)   (11/8 23:00:44)

ut .んふ、…ぅ、しゃ、ぉちゃ、ぇむ、ぅ??( 悪戯っぽく肩を竦めて 笑っては 、首筋へと口付けられては肩を震わせ、ぽす、と彼の頭を撫。)   (11/8 22:59:33)

sho _ ,.. ん 、 ( 彼の御馳走様に 軽く目を丸め 。 彼の笑いには 思わず笑い返して仕舞い 彼を抱き締めた 。 彼の温もりに眠気を覚えつつ 首筋へと口付け 、)   (11/8 22:45:51)

ut .ん… ぉいぉ − ぁま、( 柄になった皿に 、手を合わせれば 幹部の1人から 教わったごちそうさま、と言い、満足げに頬を緩めて。目が合えば 恥ずかしげに、ふへッ、とよく分からない笑い方をすれば、緩んだ顔のまま彼を見つめてを)   (11/8 22:42:10)

sho _ ,.. 本間おいひい 、 ( 軽く喉通せば 其の美味に目を細め 。 彼が普通に食事をしていると思うと 、 嬉しいと言う感情に似た何かが 胸を温めた 。 抱き締めた 迄 裾摘まれては彼の方見遣り首傾げ 、)   (11/8 22:38:22)

ut . ん、…ぇあお、?( 抱き留められると 落ち着いた様子で 彼の腕の中 で 目を細めて彼の服の裾をやんわり、と摘んで。食事で共感、なんていつぶりだろうか、嬉しげに頬を緩めては 頷き、せやろ?なんて笑って。)   (11/8 22:35:02)

sho _ ,.. んま 、 ( 凭れ掛かってくる彼 軽く抱き留め 。 口に含まれた其れは確かに弾力こそ無い物の 味としては素晴らしく 、 瞳輝かせ 軽く咀嚼した 。 )   (11/8 22:32:20)

ut .?、ん、ぅぁ − ん、( 愛おしげに見つめてくる彼 に擽ったげに肩を竦めては 、彼の元へとほんの少し凭れ掛かり。あーん、と開かれた彼の口 数度瞬くと、此れは自分用の柔らかいものなので、食べ応えはないのだが、と迷うものの、そ、とハンバ-グを彼の口に運んで。)   (11/8 22:29:58)

sho _ ,あ - ん なんて口を軽く開き 、 )   (11/8 22:25:12)

sho _ ,.. ふふ 、 ( 恥ずかしそうな様子の彼 、 微笑ましくて 髪を再び撫でる 。 愛おしそうに見詰め乍 順々に減る 固形物眺め 。 如何にも美味しそうに食べる彼 、 羨ましくなったのか ふと あ - ん 、 )   (11/8 22:24:59)

ut .ん、… !( 目を細めて嬉しげに頷けば 、今更ながら 歯を削られたり 引き抜かれたりされなくて良かったと安堵し、また食事を口に運んで。口元を拭われると目を丸くするものの 理解すると頬を染め、恥ずかしげに声を漏らして。)   (11/8 22:17:57)

sho _ ,.. ちゃんと食べれとる ? ( 少しずつ 、 少しずつだが減って行く 彼の目前の食事 。 己は彼の成長を目の当たりにし 少し胸が温まった 。 ふと 彼の口周りの汚れ気付けば 其処等のティッシュへ手を伸ばし 彼の口元を拭った 。 )   (11/8 22:06:54)

ut .ん、ッ、… !、ん、!( 入室してきた彼の姿、其れに目を輝かせては 頬張っている為 口を開けないながらも彼 の姿を目に入れ嬉しげに頬を緩め。彼の手へとすり寄りながらも、こくん、と喉を鳴らし、呑み込んで。)   (11/8 22:03:11)

sho _ ,.. 大先生 、 ( 軽く扉から顔覗かせては 彼を視認し 目を細める 。 よく見れば 久々に見た 彼の食事風景 。 こうやって 彼が舌の分迄克服しようとする姿は何時見ても 微笑ましい物で 。 彼の様子伺い乍 一寸振り なんて柔い髪を撫で 、)   (11/8 21:58:58)

おしらせsho _ ,さん(iPad 125.172.***.147)が入室しました♪  (11/8 21:56:28)

ut . ん、ッ、んッ ( 久し振りに 硬めの固形物 を 食べて みないか と いう事で 部下から 持ってきてもらった 夜ご飯 。小さめなハンバ-グ に サラダ 気持ち程度の 白米 と 少ないものだが 自分にとって 久々の物で 、ゆっくり と 咀嚼すれば 時間は掛かるものの 美味しいようで 目尻を下がり、ほんの少し口元汚しながら。)   (11/8 21:47:57)

おしらせut .さん(iPhone 218.221.***.210)が入室しました♪  (11/8 21:46:42)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ut .さんが自動退室しました。  (11/5 21:55:14)

ut .ん、ッ、んッ ( 久し振りに 硬めの固形物 を 食べて みないか と いう事で 部下から 持ってきてもらった 夜ご飯 。小さめなハンバ-グ に サラダ 気持ち程度の 白米 と 少ないものだが 自分にとって 久々の物で 、ゆっくり と 咀嚼すれば 時間は掛かるものの 美味しいようで 目尻を下がり、ほんの少し口元汚しながら。)   (11/5 21:02:30)

おしらせut .さん(iPhone 218.221.***.210)が入室しました♪  (11/5 21:01:49)

おしらせsho _ ,さん(iPad 125.172.***.147)が退室しました。  (11/4 22:57:44)

sho _ ,.. んん 、 御免な 、 亦来るわ 、 ( 眉下げては 寝台へ寝かせ 毛布掛け 、 部屋を後にし  、)   (11/4 22:57:41)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ut .さんが自動退室しました。  (11/4 22:57:07)


更新時刻 20:47:40 | 過去ログ | ルーム管理