PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
とある学園の細谷瑠衣の寮の部屋

白とピンクを基調とした家具が設置されていて
一般的な家電、ベッドなどの必須品がある
普通の部屋

ルール
とある系列と同じです
氏名+性別+学年(担当教科+教師の場合は年齢)

好み
甘〜無理矢理
NG
スカ、グロ、淫語、痛い系、荒らしさん

ロル文量中文程度〜
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、細谷瑠衣♀2年さんが自動退室しました。  (7/17 19:46:53)

細谷瑠衣♀2年【ロルお相手募集〜】   (7/17 19:25:49)

細谷瑠衣♀2年【待機します】   (7/17 19:19:19)

おしらせ細谷瑠衣♀2年さん(iPod 106.184.***.87)が入室しました♪  (7/17 19:19:07)

おしらせ細谷瑠衣♀2年さん(iPod 106.184.***.116)が退室しました。  (7/16 19:29:12)

細谷瑠衣♀2年【ロル待機です】   (7/16 19:27:28)

細谷瑠衣♀2年【待機します】   (7/16 19:23:40)

おしらせ細谷瑠衣♀2年さん(iPod 106.184.***.56)が入室しました♪  (7/16 19:23:28)

おしらせ細谷瑠衣♀2年さん(iPod 106.184.***.210)が退室しました。  (7/14 10:31:31)

おしらせ浜崎健二♂43生物さん(iPhone 58.95.***.252)が退室しました。  (7/14 10:25:57)

浜崎健二♂43生物【お邪魔しましたぁ♩】   (7/14 10:25:53)

細谷瑠衣♀2年【ありがとうございました!】   (7/14 10:25:49)

浜崎健二♂43生物【おっと。そろそろ背後の音が近づいてまいりました。ありがとうございました♩また遊んでくださいねぇ♩】   (7/14 10:25:28)

浜崎健二♂43生物【存分に。ありがとうございました。細谷さんのロル、やはり上手いので気持ち良く射精することが出来ました。細谷さんは凛とした感じが素敵ですので、やはり射精は貪るような射精が一番似合います。はぁぁ…楽しかったぁ】   (7/14 10:19:37)

細谷瑠衣♀2年【ありがとうございます!楽しめましたか?】   (7/14 10:17:56)

浜崎健二♂43生物【ドタバタの中、ありがとうございました。ゴリ押しで〆させて頂きました。】   (7/14 10:15:25)

浜崎健二♂43生物んっ…ふぁあ…(窓のカーテンから差し込む光。大量に射精した後、中年教師は瑠衣の髪留めを奪うように取り去ると瑠衣をベッドに上げ、そこで激しく瑠衣を犯したのだ。延々と四つん這いにした瑠衣を突き上げ、絶頂させると横になった自分に跨らせ、疲弊しきった瑠衣を突き上げ、その若い快楽を存分に楽しんだ。そうして狭いベッドで瑠衣の膣に肉棒を挿入したまま眠っていたのだ)ふわぁ…さて…(と、横で眠っている瑠衣から肉棒を引き抜き、ベッドから抜け出ると、床に落ちている瑠衣のショーツで拭き、衣服をまとうと瑠衣の部屋を出て行く)んふぅ…ふふんふーん…(鼻歌交じりに帰路に着くと、昨夜撮影した動画をスクリーンショットして、その画像を瑠衣の携帯に送る)   (7/14 10:14:18)

細谷瑠衣♀2年あんっ...んん...(声を上げて仕舞えば彼の思うように動かされて抱き寄せられると腰を叩き込まれていく)...唇を奪われるものの抵抗もせずに彼に回されれば、きつく抱きしめられて中で出されると)...んんっ...(絶頂を迎えている彼に堕とされた表情を見せて行くと脚を震わせていく)   (7/14 10:06:35)

浜崎健二♂43生物ふぅ!ふぅ!ふぅ!ふぅ!…(女生徒の寮室で。中年教師は床に組み敷いた女生徒と抱きしめ合いながら。太い腰を叩き込んでいる。)瑠衣…瑠衣…(汗で頬に髪を貼り付かせた瑠衣の顔を、眼を真っ直ぐに見つめながら…可憐な膣口に赤黒い肉棒を出入りさせながら、中年教師は女生徒の唇にしゃぶりつく)ん…ん…(次第に精液が上がってくる。そうして…若い瑠衣の膣が収縮する瞬間、中年教師とは瑠衣をキツく抱き締める。そして…)んっ!!…ん…んぁ…んんんんんぅぅうう!!(関を切り瑠衣の膣奥に出された白濁色のゼリーが瑠衣のなかで渦巻き、汚して行く)んっ…んっ……んひゅ…(舌を瑠衣の舌に絡めつつ、射精の快感に酔い痴れる)   (7/14 10:02:08)

細谷瑠衣♀2年【ちょっと〆ロルへ近づけてみました】   (7/14 09:56:36)

細谷瑠衣♀2年っ...(大きく腰が引き下がり、次の瞬間、先端がつき込まれ)...んんぁ!....っん...やっん...(荒々しい突き上げに、顔を隠すとこちらは快感をあまり感じることができないような激しい突き上げに)...らめっ...優しく...っ...(そんなことを言っても無駄だと思うが優しくしてと潤ませた表情で伝えつつ彼の突き上げが、数分間、体位を変えまた数分間と乱暴に押し入って来れば)...んっっ...先生っ...もうダメっ...(と頰を赤く染めながら彼に抱きついて行くのであった)   (7/14 09:56:12)

浜崎健二♂43生物【あら。背後がガチャついて参りました(汗)】   (7/14 09:53:16)

浜崎健二♂43生物あはっ、よぉく…言えましたぁ!!(大きく腰が引き下がり、次の瞬間、瑠衣の膣奥に膨張しきった肉棒の先端が激突する)んふぅぅあ…気持ちぃ!!あ!あ!あ!あ!あ!…(荒々しい、まるで暴力のような突き上げが瑠衣の膣奥を襲う。乱暴に、ただ瑠衣を自身の快楽の道具と捉えているかのような踏み躙る突き上げ。中年教師の汗が瑠衣の胸や顔に降り注ぐ。)はぁぁ!はぁぁ!い…い…   (7/14 09:51:09)

細谷瑠衣♀2年【わかりました。ロルの流れで、それで裏収入を稼ぐ浜崎先生というのも面白いかも...】   (7/14 09:48:18)

細谷瑠衣♀2年んぅん...はぅ...(中年教師に手を絡められると押し付けられて、最初の行為から今日に至るまでの行為に屈服させれていると脳に刻み込まれると)...浜崎先生の....モノになりますっ...(と彼に伝えていけば彼の動きに期待感が高まっていけば、強く突き上げられるのを覚悟しながらじっとしていて)   (7/14 09:47:24)

浜崎健二♂43生物【あ、ただのロルの演出ですし、他で遊んで頂いて構いませんので♩】   (7/14 09:47:04)

浜崎健二♂43生物だぁめ…わかったから、じゃないのぉ…(と、中年教師の手が瑠衣の手を捕らえる。その細い指に中年教師の指が絡められ恋人繋ぎすると瑠衣の手は床に押し付けられてしまい、屈服させられていることを瑠衣の脳に印象付けようとする)じゃあ…細谷さんは…ん…瑠衣はぁ…誰のモノになるのか…ここで約束したください(と、ニッコリと微笑む中年教師。その腰は緩く…甘く、動き始め瑠衣の膣奥を撫でるように突き、瑠衣に期待感を持たせて行く)ほぉら…どうなんですかぁ?   (7/14 09:43:39)

細谷瑠衣♀2年っはぅ...(頰を舐められ、耳元で囁かれると彼が動いて来れずに身体が動かされると)...んんっ...やぁ...っ...まっ...んんっ...(玩具が動けば反応をより増してしまい口を塞ぐように手で覆いかぶせて行くが耳を舐められると先生のモノになれば嬉しいと言われていれば脳裏に浮かんだことがあり)....わかった...っ...ですから、もう...っ...逝かせて...ください...(モノになるということを伝えてしまえな、中年教師にこちらの要望を伝えて行く)   (7/14 09:38:31)

浜崎健二♂43生物ええー?なんですってぇ?(頬に舌を這わせつつ、瑠衣の耳元で囁く。耳の裏から発せられる瑠衣のフェロモンに中年教師は昂り、肉棒の先端は瑠衣に注ぎ込むための精液を溜め込み膨張している)よぉく…聞こえませんでしたねぇ?…ふふ…(と。体を動かせば、悶えるおもちゃが瑠衣の女の核への当たり方を変え、鋭く新しい刺激が瑠衣を襲う)細谷さん…?細谷さんみたいな女の子がぁ…先生のモノになれば…先生嬉しいですねぇ…?(瑠衣の顔を愛おしそうな表情で見下ろしつつ耳の穴に舌を滑り込ませ、唾液を流し込む)   (7/14 09:31:48)

細谷瑠衣♀2年っん....見ないでくださいっ...(顔を歪めながらも玩具が挟み込まれた部分がビクッと反応してしまっているが絶頂が与えられないと彼を見つめつつ)...暑いけど...っ...(力なく服を脱がされて下着まで取られると腕を持ち上げられれば、舌を脇に這わされる)...んんっ....(彼に何度も舐め上げられてくすぐったさがなんとも言えない部分に変わり始めていると)...突いて...くださいっ...(と恥ずかしそうに負けを認めたように小声で伝えて行く)   (7/14 09:27:05)

浜崎健二♂43生物あはぁ…細谷さん…綺麗ですよぉ?(苦しむような表情を晒し、時折左右に顔を振る瑠衣。切なさに苛まれながらも、絶頂が与えられることなどなく、愛玩動物を見るかのような中年教師からの視線を注がれ、空手に汗する女生徒は、今、男を悦ばすためだけに汗を流しているのだ)あはぁ…暑いでしょ?ふふ…(愛おしそうに瑠衣を見つめながら、中年教師は瑠衣のシャツを脱がせてしまう。そしてブラも剥ぎ取ってしまえば、もはや力の入らない瑠衣の腕を押し上げ、しとどに濡れている脇にベッタリと舌を這わせる)んま…ぁ…れぇろ…(ゆっくりと…丹念に…瑠衣の脇に舌が…。舐め上げる時も視線は瑠衣の顔に注がれており、肉棒が膣内で先端を膨らませて行く)ん…はぁぁ…細谷さん?…先生…精液…出したい…   (7/14 09:22:22)

細谷瑠衣♀2年んんっん...はぅっ...んぅ...(中年教師が根元まで入れられて動きが止まると)...なにっ...だめっ...(彼が手に持った振動するものを陰核へと押し当て彼との間に挟まれると)...んんぅ...だめっ...んんぅ...ぁ...っ..(振動が伝わってくると脚を動かしながらも閉じることも出来ずにただ振動を感じて声を上げ始めると、頰や耳などを舐められて大人しくされるがままで)   (7/14 09:16:40)

浜崎健二♂43生物あはぁ…これぇ…なんなんだろ…何して遊ぶんだ…これぇ?(と、中年教師は瑠衣を突き上げ、肉棒を根元まで押し込むと、そこで動きを止める)ふふっ…教えてくれなきゃわかんないですねぇ…ま、とりあえず…こんなものは…邪魔ですし、こうしておきましょうか?(と、中年教師は押し込んだ肉棒の根元にぶるぶると震えるそれを置き、中年教師の腹肉と瑠衣の女核で挟み込む。すると逃げ場を失ったそれはブルブルと震え、瑠衣の女の核を引き裂かんばかりに震える)んんぅ、少し疲れたし休みましょうかねぇ(突き上げもなく、中年教師は瑠衣に覆い被さる。そうして瑠衣の顔の正面に中年教師の顔が位置取ると、瑠衣の表情を眺めつつ、鎖骨や喉、頬、耳の汗を味わい始める)んんぅ…ほぉんと…細谷さん…いい匂い…あまぁい…果物みたいですねぇ   (7/14 09:11:32)

細谷瑠衣♀2年っん...ん...(絶頂させられない挿入が続けられて絶頂できないまま、犯される感覚が畳み掛けられると徐々に顔を歪めて大人しく突き上げられていた)...っ...それはっ....(と彼が手にしたものは以前購入して一人で使うのを悩んでベッドの下に隠していたものであった、それを引っ張り出されると)...知らないですっ....(知らないと言って嘘をついて行く)   (7/14 09:04:44)

浜崎健二♂43生物ん…ん…(絶頂するつもりのない挿入が続く。無論、瑠衣を絶頂させるつもりなどないのだ。犯されている時間を瑠衣に味わわせることに、中年教師は気を良くしており、次第に少女から汗にまみれた女の顔へと変わって行く瑠衣の表情を眺めている…と、ベッドの下に黒いビニール袋が。薬局などで避妊具などを購入した際に付けられる袋が見える)……よいしょ…んー?…あはっ!?細谷さぁん…これ…なぁに?(突き上げをやめ、手を伸ばし、袋を取り出すと中身を取り出し瑠衣の目の前に晒す)あはは…かぁわいぃ…これ…(卵型のプラスチック製のそれ。コードの先には小型のリモコンが。中年教師は瑠衣に断りもなく当たり前のように箱からそれを取り出す)ふふっ…これ…楽しそう…何に使うんですかぁ?(と、リモコンのスイッチを押し上げるとブルブルと震え始める)   (7/14 09:00:56)

細谷瑠衣♀2年【買ったことにしました。】   (7/14 08:57:12)

浜崎健二♂43生物【お?おもちゃ?ほぉ…】   (7/14 08:54:37)

細谷瑠衣♀2年んぅん...はっん...(男性教師に背後から突き上げられ胸を触られるものの弱くなってしまえ馬ビクッと突き入れられるたびに反応を繰り返していけば頰を赤く染め上げ男性教師の自由にされるだけになっていた、物色された部屋の中で複数回に及ぶかれの行為に堕ちていないと思いながらも、以前のことが忘れられずに、小さい玩具を密かに購入していた)   (7/14 08:53:41)

浜崎健二♂43生物んふぅ…ぅ…(口元を手で隠す瑠衣。ランニングの影響もあるのだろうが、しっとりと汗ばみ赤らんだ頰は中年教師でなくとも男ならば悦ばずにはいられない美しさを醸し出す。抵抗が弱まった空手少女を見下ろしながら中年教師はニヤニヤと下卑た笑みを浮かべつつ、腰を振り続ける)ほぉら…あんッ…気持ちぃ…ん…(柔らかな瑠衣の膣肉の感触を楽しみつつノースリーブを捲り上げ、ブラをあらわにすると、汗でびしょびしょのブラの中に手を押し込ませ、乳房に指を食い込ませる)   (7/14 08:49:22)

浜崎健二♂43生物【了解です】   (7/14 08:44:57)

細谷瑠衣♀2年【移動ありがとうございます。続きお願いします】   (7/14 08:44:44)

おしらせ細谷瑠衣♀2年さん(iPod 106.184.***.40)が入室しました♪  (7/14 08:44:27)

おしらせ浜崎健二♂43生物さん(iPhone 58.95.***.252)が入室しました♪  (7/14 08:44:16)

おしらせ浜崎健二♂43生物さん(iPhone 58.95.***.252)が退室しました。  (7/14 05:42:22)

浜崎健二♂43生物【無念。また遊んで頂けそうならば、今後も遊んでくださいね。申し訳ありませんでした。】   (7/14 05:42:19)

浜崎健二♂43生物【大変申し訳ありませんでした。ペース的にも良かったんですが、お恥ずかしいお話、寝てしまいました。】   (7/14 05:41:46)

浜崎健二♂43生物【ぐぬぬ!これからという時に!】   (7/14 05:40:56)

おしらせ浜崎健二♂43生物さん(iPhone 58.95.***.252)が入室しました♪  (7/14 05:40:28)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、細谷瑠衣♀2年さんが自動退室しました。  (7/14 00:47:27)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、浜崎健二♂43生物さんが自動退室しました。  (7/14 00:42:56)

細谷瑠衣♀2年んんぅ...だっ...めっ...んっ!...(激し突き上げられて声を出さないように耐えながらも、その後にゆっくり動かしてくると圧迫感がより感じてしまい)...んんっ...ぁ...ぅ..ん...(手の甲で口を抑えると内股にしてしまうと耐えられない様子で脚を震わせ始めて行くと、脳裏にもっと、襲って欲しいなんて感情が湧き上がってくると大人しく彼の動きに反応をしていけば力は抜けて行く)   (7/14 00:26:43)

浜崎健二♂43生物あはっ…もう…トロトロが…うふふ…(中年教師はすぐさま激しく突き上げたが、瑠衣の膣壁が中年教師の肉棒に愛おしそうに絡み、歓迎のシロップを分泌する。途端にニュルニュルと肉棒を締め付ける女生徒の感触を楽しめば、中年教師は背後から瑠衣の背中に覆い被さり、肉棒をゆっっっくりと動かし、瑠衣の膣壁をかき乱して行く)はぁぁ…気持ちいい…あったかぁあい…(と、黒髪のポニーテールを救うと、男はポニーテールに顔を押し付け、その香りを存分に楽しみ始める)   (7/14 00:22:31)

細谷瑠衣♀2年なんですかっ...(みてくださいと言われてそれを確認すると小さな箱が置かれていてその箱を見ればレンズの横にランプが点滅していると撮影されていることがすぐにわかり)...やだっ...可愛くないっ...(そう言いながら抵抗をしているが、腰を掴まれ強引に膝を入れられてしまいズボンと下着を脱いだかと思えば)...っ...やっ....んんっ...(久しぶりという言葉と同時に無言のまま根元まで、肉棒が押し込まれると)...ぁ...っ...(口を手で押さえて深夜にこんなことされて声を上げるわけにはいかないと必死に堪えて行くが数回の行為にすぐに受け入れてしまう自分がいて)   (7/14 00:18:16)

浜崎健二♂43生物あ!そうだ!あれあれ!見てくださいよ!(と、うつ伏せにした瑠衣に、瑠衣のデスクの上を見させる。そこには小さな箱が置かれており、取り付けられているレンズの横のランプが赤く点滅している)うふふぅ…細谷さんが可愛いところ…写してるんですよぉ…ねぇ?だからぁ…(瑠衣の腰を左右から掴むと指を食い込ませ、瑠衣の細脚の間に膝を割り入れる。そうして自分のズボンとブリーフを押し下げ、赤黒く反り返った肉棒を取り出す)んふぁ…久しぶりですねぇ…細谷さんの膣ぁ…(と、中年教師の肉棒があてがわれると、無言のまま、いきなり根元まで肉棒が押し込まれてしまう)   (7/14 00:12:40)

細谷瑠衣♀2年違うっ...そんなの思ってないっ...(そう言いながらも、ズボンの紐を解かれるとこちらが空手を使えなくなっていることを知っていて)...それ知ってて...来たんですかっ...(そう言いながらハーフパンツを脱がされてショーツをふくらはぎあたりまで降ろされると、うつ伏せにさせられて、)...っ...(悔しそうにしながらこれから大人しくするしかないのかと思いながらも身を守るためだと思えば、グッと拳に力を溜めながら男性教師を待ち構えていく、バレないようにしているつもりで)   (7/14 00:07:09)

浜崎健二♂43生物んふぅ…それにしても…いやらしい格好ですねぇ…すぐにセックス出来るように?ふふっ…いけませんよぉ?(と、ニヤニヤと下卑た笑みを浮かべながら呟きつつ、瑠衣のズボンの紐を解きにかかる)んふぅ…知ってますよぉ?ふふ…せっかく空手も出来るのに、使えないんでしょ?あはは…護身術とか言って…今から出番もないままに大好きな先生に膣内射精されちゃうんですよね?あはぁ…素敵ぃ…(ハーフパンツを瑠衣の脚から取り上げるとショーツに手をかける。汗で濡れているショーツ。中年教師は勢いよくふくらはぎの辺りまでずり下げると、瑠衣を転がしリビングの床の上にうつ伏せにさせる)   (7/14 00:00:21)

細谷瑠衣♀2年んぅ...やめっ...(かわそうとしたが、ドアを開けるスペースもなく、肩を掴まれるとリビングに引きずられてうなじに、舌を這わされると嫌だと感じているが身体が言うことを聞かずに床に押し倒されると)...汚いっ...ん...からっ...(ノースリーブのランニングウェアで出かけていたため薄着になってしまっていた)   (7/13 23:56:13)

浜崎健二♂43生物あはぁ…そぉんなに怒んないの…ふふっ、練習お疲れ様でぇす(と、詰めた間合いにより瑠衣にドアを開けさせるスペースを確保させない。そうして中年教師が瑠衣の肩を掴むと、靴を脱がせる間も与えず、リビングに瑠衣を引きずり出す)あはぁ…汗…いい匂い…(うなじに光る汗の雫。香りを楽しみつつ、雫に舌を這わせ、瑠衣を味わう。そうして瑠衣をリビングの床に押し倒し始める)   (7/13 23:50:24)

おしらせ森夕月二年♀さんが部屋から追い出されました。  (7/13 23:45:54)

森夕月二年♀スーパーヒーロータイム   (7/13 23:45:45)

森夕月二年♀ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ   (7/13 23:45:28)

森夕月二年♀株式会社ミステ◯ー所属の私を舐めない事ね 背後には大物もついているし それに今日は長州小力さんも来てくれてるし   (7/13 23:45:18)

森夕月二年♀荒らしと多窓と違反者を裁くわ レッツジャスティス   (7/13 23:44:22)

森夕月二年♀ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ VMAXよ   (7/13 23:43:59)

森夕月二年♀ターボレンジャーとアギトの力でジョグレス   (7/13 23:43:39)

森夕月二年♀ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ   (7/13 23:43:05)

森夕月二年♀ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ   (7/13 23:43:01)

森夕月二年♀ジオウ ライダータイム   (7/13 23:42:57)

森夕月二年♀ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ   (7/13 23:42:38)

森夕月二年♀ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ   (7/13 23:42:34)

森夕月二年♀ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ   (7/13 23:42:31)

細谷瑠衣♀2年っ...浜崎っ...先生っ...(やはり想像通りの人物がこちらへ駆け寄ってくると部屋の服などが物色されたのだろうか、そもそもこの人物がいるのは何故だろうと思いながら駆け寄ってくる男性教師に抵抗しようと思ったが、空手部の顧問に段持ちは手を出したらダメだということをきつく言われたばっかりで、構えはするものの攻撃は出来ないと男性教師をかわそうと身体を動かして行く)   (7/13 23:42:26)

森夕月二年♀ネカマのババアに制裁よ   (7/13 23:42:25)

おしらせ森夕月二年♀さん(Android au.NET)が入室しました♪  (7/13 23:42:05)

浜崎健二♂43生物【!→?】   (7/13 23:38:52)

浜崎健二♂43生物【想像していたものとシチュエーションが違うかもしれませんが、これでどうでしょうか!】   (7/13 23:38:38)

浜崎健二♂43生物ふーんふんふん…ふふんふ…(瑠衣が飲んでいたのだろう。キッチンに置かれたコップに冷蔵庫から取り出したスポーツドリンクを注ぐと、それを鼻歌混じりに傾ける)ん…ふはぁ…あっついですねぇ…曇りなのに熱いだなんて…よくこんな日に走りますねぇ(と、クローゼットを開き、吊るされている制服などを物色し始める)あはぁ…素敵ですねぇ…(瑠衣の冬服を抱きしめるとスポーツドリンクを飲み干し二杯目を取りに行こうとする。その時、ドアの開く音が。ふと、立ち止まる。…するとドアが開き、ランニングウェアに身を包んだ黒髪のポニーテールの少女がこちらをみていることに気付く)あはっ!細谷さん!お帰りなさぁい!お疲れ様ぁ(と、瑠衣の方へと駆け寄って行く)   (7/13 23:38:10)

浜崎健二♂43生物【いいと思います。続けますね♩】   (7/13 23:32:48)

細谷瑠衣♀2年【導入いかがでしょうか?】   (7/13 23:32:03)

細谷瑠衣♀2年....(数分前に、身体を絞るトレーニングのため寮を出てランニングに出かけて行く、今日は休日の前夜ということもありお気に入りの曲を聴きながらランニングをして汗を流して寮の外周、そして学園までの道のりを往復し寮へと戻ってくるいつものコースを二回続けて1時間程度走り込んで、寮へと戻って来れば出て行くときに閉めたはずの玄関の鍵が何故か開いていて)...っ...はぁ...はぁ...(息を整えてから慎重に玄関を開けて行けば恐る恐る脚を踏み込んでいく...その中からは、無理矢理刻み込まれ覚えさせられたような嫌な雰囲気に、ゆっくりと近づいて行くと男の影が確認できて立ち止まって行く)   (7/13 23:31:10)


更新時刻 09:24:00 | 過去ログ | ルーム管理