PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
心に空いた、この穴を。


大切な人に、裏切られた彼ら。
傷心中でぼろぼろの彼を癒せるのは貴方だけ。


ーー
*来客者それぞれに違う世界軸をご用意。
*傷は引き継ぎ。
求)左。何やっても可。
出)信頼、身体、時間
持ち物*猫といぬのぬいぐるみ

「どーせ僕なんて誰も興味ないんやろ?」
非童貞非処女
状態...御疲れ気味、指の腹に抉る傷、首、手首にカッター跡、左手の平カッター握り、右手の平カッターで貫き(rb)内腿に無数の筋(rb)。
元恋人と何か有ったようです。愛されたい。最初のえっちはきっと否定するでしょう。根気強く粘ってみて。
愛してる、は特別。女の子をたくさん相手していた大先生のルール。本気の子にしか愛してる、は言わない。

「...、俺のこと殴らないんですか...?」
非童貞処女
状態...情緒不安定。痛み感じなくなってきた。肌色の部分は探さねば見つからないほど痣有、手首薄くなったカッターの切り傷数本、右太股に十本前後の切り傷、手首に血滲む爪の跡、膝煙草の火傷、手の甲切り傷十数本、薬指の爪の脇肉切り落とすような傷、指の腹ぐちゃぐちゃ、首に7本切り傷、肘の内側ぐちゃぐちゃ、足の甲沢山の筋
職場の同僚やら友人やらと何か有った様子。なかなか話そうとはしません。貴方に言われればなんでもやるので、えっちだって使い走りだって。捨てられたくない。
 [×消]
r.b_..――あは、元気そうやん。言うて一日越しやけど (きゃっきゃ。ちょっとはしゃぎめに。軽い足取りで彼との距離を縮めていけば、其の手をきゅっと両手で握る。傷だらけにも存在証明を何とか保つ彼をじいっと見据えれば昨夜作った傷跡を眺めた。まじまじと見遣れば「ええやん」と一言。其の侭隣に座り込んでは顔を覗き込んで言葉を並べていく) 昨夜より明るい顔してるで。俺が言うのも違うけど、こう……心臓がぞわってくる感じの良い顔しとる。 (さらりと其の前髪に指先を通せば両目をぱちりと合わせ)   (8/19 17:27:56)

無能ぇあっ...、ろ、ロボロ、やん、(懇願するようになったん?なんて声が人気の無かった扉から聞こえたかと思えば、先程話にも出した傷を作った昨日の桃色で。少し怯えたように震えるが、やはり寂しさには勝てなかったようで、昨日手を貫かれたにも関わらず、無理矢理追い出すなんて事はせず、昨日の事なんて無かったかのようにへらりと笑って、きっと昨日の事は僕の夢なんやろ、じゃなきゃロボロも暑さで頭おかしくなってたんやろ、と希望的観測しつつ、手振り)   (8/19 17:21:28)

r.b_..自ら懇願する様になったん? (ぱき、と口に咥えていたクッキーを噛み砕けば口に残った半分を奥歯でむしゃむしゃと飲み込んだ。任務帰りに鼻腔を刺激するあの血の臭いに誘われてもう一度足を踏み入れに来たのだ。当たり障りの無い、何の変哲も無い、何の変化も無い其の部屋にただ居座る青色の貴方に会いに来た――嗚呼! また会えたね、可哀想なスケープゴート!)   (8/19 17:15:27)

おしらせr.b_..さん(153.161.***.75)が入室しました♪  (8/19 17:15:17)

無能.....なあ、じゃ、我儘言わんからッ、何したってええ、ほら!こんな風にしてもええ!...だから、誰か、来てや.....なあ...、(ひらひらと桃色にやられた傷見せ、へらりと笑ってから眉下げ、俯き。)   (8/19 16:55:10)

無能むぁ.....、.....、駄目、かぁ、(はふ、目伏せ)   (8/19 16:21:09)

無能.....や、っぱ、自傷、?(へら、カッター握れないため、自分で傷付けた方の手口許へ持ってきて、あぐ、と噛みちぎる勢いで歯を立て)   (8/19 14:58:08)

無能なあ.....、誰か、僕、のこと見て、認めて.....(ひぐ、なんて泣きそうになりながら嗚咽洩らし。)   (8/19 14:50:11)

無能.....誰か、と、会いたい.....(眉下げ、足ぱた)   (8/19 14:42:56)

おしらせ無能さん(Android 106.166.***.3)が入室しました♪  (8/19 14:42:32)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、無能さんが自動退室しました。  (8/19 13:35:50)

無能ん...頭いたい...(むぅ、がんがん痛む頭押さえて扉前で踞り)   (8/19 12:13:00)

おしらせ無能さん(Android 106.166.***.3)が入室しました♪  (8/19 12:11:48)

おしらせ無能さん(Android 106.166.***.3)が退室しました。  (8/19 09:39:53)

無能((んあ、やべ、ちょっと医者いってきますん   (8/19 09:39:50)

無能切ったら見てくれるん?なあ。(痛むためカッターは持てないな、と何で自傷しようかきょろきょろ探しはじめて)   (8/19 09:21:33)

無能...誰もこおへんやん僕がおる意味...。(んむ、眉しかめ。)   (8/19 09:20:56)

無能嫌やなあ(む、血の匂い嫌いなのか顔しかめて。)   (8/19 08:57:21)

無能...そういや、ここも随分血の匂いいっぱいするようになったやんなあ(はぇ、すんすんと鼻鳴らし)   (8/19 08:56:53)

無能ぅあう.....、(昨日貫かれた傷がずきずきと痛む右手を庇いながらどうにかこうにか入室してきて。ため息つきソファー座れば手擦り)   (8/19 08:19:22)

無能((そして安定と安心の僕(どや、)   (8/19 08:09:12)

おしらせ無能さん(Android 106.166.***.3)が入室しました♪  (8/19 08:08:54)

おしらせ外資系さん(Android 106.166.***.3)が退室しました。  (8/19 08:08:42)

外資系((あー駄目、文がぐだぐだしてきた一回入り直します(ぅぎゃ、)(眠い)   (8/19 08:08:40)

外資系.....ひとりつらいっすけど...、やっぱ他の人いても、辛いんだろうなあ...(じわ、ゆっくり目閉じ)   (8/19 07:47:18)

外資系..........駄目だぁ…、人間不信とかになったらほんまにどうするんすか.....(うぐ、ぎゅう、と丸まったままの姿勢から少し顔あげてそんなこと呟けば、疲れたようにベッドに大の字になり。)   (8/19 07:16:59)

外資系なん、なんすかもう.....。(夢のなかで貶されて陥れられて殺されて。そもそも人間扱いすらされていなかったかもしれない。なんで俺ばかりこんなめにあうんだろうか。そんなことを考えながらもう何度目かも分からないままにメンバーに殺される夢だった。震えが止まらない。かたかたと絶え間なく震える体をどうにか抑えようとぎゅう、と腕を守るように握り混むがどうやら意味をなさないようだった。)   (8/19 05:58:03)

外資系...、(ぱち、と目が覚める。またなにか悪夢を見た気がして、冷や汗びっしょりの体を起こした。)   (8/19 05:55:09)

外資系((え?なん?俺の予測変換やば   (8/19 05:54:07)

外資系0時0分    (8/19 05:53:45)

外資系((すごく寝た((   (8/19 05:53:37)

外資系((うわぁごめんなさい()   (8/19 05:53:33)

おしらせ外資系さん(Android 106.166.***.3)が入室しました♪  (8/19 05:53:21)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、g_r/さんが自動退室しました。  (8/19 00:30:59)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、外資系さんが自動退室しました。  (8/19 00:23:18)

g_r/(( 帰った。(んん、)離席していた判定でも構わないだろうか‥(ぽり、)   (8/19 00:10:30)

外資系((なさい   (8/19 00:02:36)

外資系((アッおかえり   (8/19 00:02:32)

g_r/(( 通知反応しないの寂しいんだが‥(真顔)すまない帰ってきた。   (8/19 00:00:56)

おしらせg_r/さん(Android 119.171.***.115)が入室しました♪  (8/19 00:00:23)

外資系.....誰も、来てくれないんスかね.....(眉下げ、呟きながら指先にカッターあて。ぐい、とカッター横に引けば直ぐに赤あふれだはさ)   (8/18 23:59:46)

外資系((お疲れさまです、(ぺこ、)   (8/18 23:58:38)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、g_r/さんが自動退室しました。  (8/18 23:57:04)

外資系あっ、(ぱっ、ひらひらと手振り替えし)   (8/18 23:40:07)

g_r/遊びに来たゾ、(ひょこりと顔出し、ゆらゆらと手振って)   (8/18 23:36:17)

おしらせg_r/さん(Android 119.171.***.115)が入室しました♪  (8/18 23:35:30)

外資系.....さみし、(はあ、とため息つけば何処にしようか、と迷い)   (8/18 23:26:12)

外資系.....んむ、(窓ちらりと見やりながら入ってくれば、もうすでに手に持っていたカッターくるくる回し)   (8/18 23:16:15)

おしらせ外資系さん(Android 106.166.***.3)が入室しました♪  (8/18 23:15:36)

おしらせ無能さんが部屋から追い出されました。  (8/18 23:15:36)

無能.....さみしいねん.....(ぅぁ、ぬいぐるみぎゅ、)   (8/18 22:42:34)

無能な、なぁ.....なあ、誰か、ぼ、僕のこと見て、や.....(うぅ、泣きそうになりながら膝抱え。)   (8/18 22:42:06)

おしらせ無能さん(Android 106.166.***.3)が入室しました♪  (8/18 22:41:35)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、無能さんが自動退室しました。  (8/18 22:40:58)

無能((はいはい気づくかもしれへんけど文考えたくないしコピペやで(すん   (8/18 22:19:15)

無能 .....愛されんの怖いし、愛すのも怖いけど、...やっぱ僕だって愛が欲しい........(ぎゅ、とぬいぐるみに顔埋めたまま小さく小さく誰にも聞こえないように呟き)   (8/18 22:10:37)

無能((因みに傷は引き継ぎなんで   (8/18 22:08:50)

無能((よし   (8/18 22:08:27)

おしらせ無能さん(Android 106.166.***.3)が入室しました♪  (8/18 22:08:22)

おしらせut 'さん(Android 106.166.***.3)が退室しました。  (8/18 22:08:16)

ut '((アッ名前   (8/18 22:08:13)

おしらせut 'さん(Android 106.166.***.3)が入室しました♪  (8/18 22:08:03)

おしらせ無能さん(Android 106.166.***.3)が退室しました。  (8/18 22:07:58)

無能((1回でてりせっとするわ   (8/18 22:07:56)

無能((あでもいま作業中で時間ないねんな、あとで返しとこ。(すん)   (8/18 22:07:43)

無能((これ楽しいしかえそかなあ    (8/18 22:07:03)

無能((ん、じゃぁねぇ、(ひらひ、)   (8/18 22:06:54)

おしらせr.b_..さん(153.161.***.75)が退室しました。  (8/18 22:06:35)

r.b_..((ッと、返すも返さんも自由やからな。てなわけで俺はグルッペンという名のしゃわしゃわしゃわー…… またな、大先生 (にひ)   (8/18 22:06:25)

r.b_..んぁー……あぁ! せやな、此れ要らんか。自分で抜くと思うとったけどキツイか (手をぱちんと合わせては漸く気付いたかの様な声色で其のカッターを肉を切る音をさせて引っこ抜いた。赤く染まった刃を見れば指先で多少拭ってみる。其れをちゅ、と舐めて綺麗にしてはカッターを床に放り投げた。そういえば、此処、別の匂いもするな――とか、思っていたが其れよりも震える声で否定する彼に意識を向ける。嗚呼、正しく此れも狂気だと己は気付かない!) もうやらんくてええの? 自傷大好きやと思ったけど泣きながらも頑張る大先生偉いなあ! (わしゃ、わしゃ。わしゃ。わしゃ。強く撫でてやればくるりと踵を返しててくてくと部屋の扉へ) あ、今度は違う痛みの残し方教えたるわ。此の時間、グルッペンに呼ばれてるねん。また後で来れたら来るな (ゆらり、と手を振るは狂気。)   (8/18 22:05:47)

無能ッはふ、う".....、こ、これ、っ、取って、ぇや(舌を離され頭を撫でられれば塞き止められていたものを吐き出すように一気にそれだけ言ってぜえぜえ息吐き。言葉にしてくれへん??なんて言われてもお前が舌掴んどったんやろ、なんて口が避けても言わないけれど心で思う。痛みに震える口をそろりと開けば「ちゃ、ちゃう、もう、もッ、やらんくて、っ、ええ、」なんて震えた声で呟くように伝えて。   (8/18 21:58:04)

r.b_..(呂律の回らない彼が可愛らしい。純粋にもそう感じては其のぎろりとした視線と己の視線が混じり合った。視線の意味を知りたくて、と彼の舌を掴んでいた指をぱっと離す。“なあに、大先生”と頭をぽふぽふと撫でつつ声を掛ければ一向に其のカッターを取り外そうという思考に至らず。鮮血が寝台に染みていく様を見ればぞわりと喉元が震えて、再度口から笑い声が零れた) こっちの手ぇ、貫かれておらんかったけどやっぱこっちも刺してほしいんか? 俺わからんから、言葉にしてくれん? (滑稽、だなんて誰が思うのだろう……?)   (8/18 21:52:55)

無能ッうや、ひひゃう、ひゃっ、(舌を引っ張られれば頭が必然的にそちらへ動く。それだけで激痛が走った。だがそんなことお構いなしにちが、違う、と繰り返す。両手なんてやられたらたまったもんじゃあない!!傷跡の上をなぞられればびくりと跳ね、その振動で反対の手が痛む。なんだこの悪循環!!必死に痛む体に鞭うって、せめてもの抵抗、彼のことを見上げながら睨んでみて。)   (8/18 21:46:39)

r.b_..ン? (其の気配を感じては振り返って小首を傾げる。はくはくと生死の境目にいるかの様な様子で此方を見る彼に、どこか高揚感を感じては軽い足取りで近付き其の顔を見下げると優しい笑みを浮かべた。何かを求める其の口に指を突っ込めば其の舌を掴んで引っ張って耳元でそうっと囁く。) 可愛いやん、もう片方の……――こっちの手にも欲しいんか? (其の手、傷跡の上を指先でなぞれば落ち着いた声色で問い掛けた。意図? そんなもの、通じなかった。)   (8/18 21:40:57)

無能似て.....!?(悲鳴混じりにどうにか声を押し出す。綺麗やで、なんて言われても嬉しくない。なんなんだその優しさ。意味わかんない。ぐるぐるとしょーとしかけた頭で考える。未だにカッター突き刺したままで退いていく彼に、いたくて動きたくもないのか目でこれどうすんねん、と訴える。気づいてくれるのだろうか。こうしてじっとしているぶんにはもうしびれてきているため暖かい、という感覚しか分からないが、これが少しでも身じろぐと違ってくるのだ。途端に激痛が走る。正直息するのも辛い。助けを求める目で彼のことを見つめたままにはくはくと口を開いた)   (8/18 21:25:40)

r.b_..こっちのな、傷 (其の人差し指は彼自身が付けた傷跡を指差した。その後に、ゆっくりとスクロールをしていきカッターの突き刺さる其の手の平に向ける。) ほら、似てると思わん? でも全く同じ様なもん作っても俺の要素ないやん? まあ、これで良いよな。綺麗やで (な、大先生。両の掌で彼の頬を包み込んでやれば親指で涙を拭ってやる。温かさの滲む涙は未だ彼がこんなに傷だらけでも生きていることを再認させてくるではないか。否、死なないでほしいんやけどね。其の身体を起こしては彼の上から退き)   (8/18 21:19:14)

無能ッッッ!!!!(貫かれれば反射で目見開きびくりと跳ねて。はくはく開く口から、一瞬遅れて痛みを認識した脳が出した指令で、意味のなさない母音と痛い。という掠れ声のみが締め出すように発される。痛すぎて動かせない手と、痺れてきた足。もう彼のことは恐怖の対象としか見ることが出来ず、かたかたと震えながら涙のたまる目を向け)   (8/18 21:10:28)

r.b_..――……、……。 (正直、彼の言葉に納得がいかなかった此の脳。顎に手を添えて考える素振りをしては、目を見開いて其の真髄に触れたかのようにカッターをもう一度強く握り込んだ。嗚呼、恐らくこうだ。何故彼は“此の傷を否定したのだろう”? 振り上げた刃先は何の迷いも無く、彼の傷の負わないもう片手の平を貫いた。そうか、“同じ様な傷”を刻んだ方が良かったんやな。形が違っただけなのだろう。誤認等しているとは到底思えない。)   (8/18 21:02:42)

無能ッ、い"っ、だ...ッ、(布は切れるのどうでも良いのだが、口もとが歪んでいく彼と共に来る痛みに眉下げて必死に歯食い縛り耐えていく。肌がどんどん赤く染まり、ほとんど赤くなってきた頃にはボロボロと涙をこぼしてしまっていて。いたい、いたい、とうわごとのように呟いていれば喉を鳴らす彼の顔が近づき、良かったな、なんて曇りなき顔、声で言われてしまい。「良い訳ッ、ない、やん... 」なんてか細い声でかたかたと震えながら呟き。)   (8/18 20:56:55)

r.b_..んなら、切る方やなあ。布切れるけどええよな? 俺そこまで面倒見れんし (くるり、と握り込む様な持ち方に変えては躊躇う様子も無く其の内股を横一線に切り始める。両脚の内股に何度も何度も傷を付けていけば、どうにも口角が上がっていく。ちらりと覗く肌が段々と赤く染まっていく様に、喉を鳴らして笑いを零した) 大先生、傷増えたやん。良かったな (其れは曇りなき声であり、曇りなき表情であった。カッターを握ったまま彼の顔を間近で見ようと、頬に手を添えて此方に向かせる。)   (8/18 20:50:44)


更新時刻 17:30:12 | 過去ログ | ルーム管理