PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
恋人ができました、彼以外の方は入室御遠慮下さい

女の子はごめんなさい
一対一、僕の居ない時に使わないでね
でも、もし僕に会いたいって思ってくれたなら、入って待っててくれるととっても嬉しいです…
一言に容姿とか書いてから入ってね
攻め、リバの募集
雑談中は豆ロルで構わないけど、行為中とかは描写必須

白河 蓮 シラカワ レン/20/171/白髪/碧眼/華奢/色白/セックス依存症/ネコ 恋人有

イメージしやすいようにぴくるーさんで作らせて頂きました、興味ある方は見て下さい→https://picrew.me/share?cd=H6t6EFn5uD

【嫌い】グロスカ、暴力、五月雨とか
【好き】甘々、優しい人、構ってくれる人、言葉責め、行為
 [×消]
おしらせ四宮 雪.さん(3DS 159.28.***.30)が退室しました。  (9/7 13:22:58)

四宮 雪. … 駄目だな 、( はぁ 、と溜め息を着いて周りを見渡す 。この間体調を崩してから少しは優れたものの 、あまり人と話す気になれない 。会いたいはずなのに 、どうしても体調が優れない 。治る兆しも見られない 。少しだけ良くなッたので顔出しに来てみたが 、彼が居た様子は無く 、虚しくなる 。こればかりは仕方ない 。己が来なかッたが故だ 。) 会えない 、からな … 。( 机に一通の便箋を置いて 、首から己が一番大切にしていた ネックレス を取る 。もう何も出来ないだろうから 。彼に己が出来ることはもうきッと無いから 。“ ごめん 。年内はもう会えそうに無いんだ 。蓮くんにはもッと良い人が居るから 、俺は捨ててくれて構わないよ 。それでも俺が良いッて言ッてくれるのなら 。良くなッたら 、また来るから 、それまで待ッてて 。一緒に置いたその ネックレス が約束の印だから 。” 手紙にはそう書いておいた 。待ッてて貰えるなんて思ッていないし 、捨ててくれて構わない 。本音だ 。それに 、また来れるかどうかも確実ではないから 。)   (9/7 13:22:51)

おしらせ四宮 雪.さん(3DS 159.28.***.30)が入室しました♪  (9/7 13:15:02)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、白河 蓮さんが自動退室しました。  (8/14 10:32:37)

白河 蓮(この間会ってから、また少し経った…まだ体調が良くなっていないのだろうか…やはり、あの時は無理をしていたのかもしれない。そう考えると心配で仕方がない、会いたいとか寂しいとか、もちろんあるけれど、それよりもやはり心配だ。こんな時に近くに居てあげられたら良かったのに、なんて。)   (8/14 10:11:41)

白河 蓮雪さん、大丈夫かな…(   (8/14 10:09:43)

おしらせ白河 蓮さん(iPhone 219.96.***.176)が入室しました♪  (8/14 10:09:05)

おしらせ白河 蓮さん(iPhone 219.96.***.176)が退室しました。  (8/11 16:42:56)

白河 蓮…ん、また…(触れるだけの口付けにふっと表情緩めれば、部屋を出ていく彼に軽く手を振って。)   (8/11 16:42:51)

おしらせ四宮 雪.さん(3DS 58.87.***.79)が退室しました。  (8/11 16:41:31)

四宮 雪. … と 、そろそろ帰らないと 。体調もまだ完全に良くなッた訳じゃないし 。( ぐっ 、と伸びをすれば 、ソファー から立ち上がる 。勿論もッと一緒に居たいというのはあるが 、また体調を崩したらもッと長い間会えなくなるだろう 。体調を崩さない内に休んでおこう 、と 。少し一呼吸置いて 、相手の唇に触れるだけの口付けを落とせば 、“ またね 。” と 。)   (8/11 16:41:26)

四宮 雪.可愛いの 、否定は無しな .? ( くすり 、と笑い頬を摘まむ 。一応愛情表現ではある 。実際可愛いのに否定されるのは何か嫌だッた 。照れている相手を眺めていると 、顔を赤くしている 。それが可愛くて堪らない 。なんでこんなに俺の恋人は可愛いんだろう 、と惚気全開で 。しかも愛してる 、なんて途切れながらも言われれば 、頬が自然と緩んでしまッて 。)   (8/11 16:39:05)

白河 蓮可愛い、は違うと思います…(可愛い、と頭を撫でられれば何だか照れくさくてついつい否定ばかりしてしまって。しかし、愛してる、なんて言葉を貰えばそれ以上に照れてしまっており、頬を赤くした「あ、の…僕も…愛してます……」途切れながらも精一杯伝えれば、顔を隠すように俯いて。)   (8/11 16:33:32)

四宮 雪.どうしたんだよ 、急に笑い出して … 。可愛いな 、( くく 、と小さく笑えば 、また相手を撫でる 。見詰められれば 、俺なんか変なことしたかな … 。と不思議そうにしていた 。そうしたら相手が頬を撫でて来る 。大好き 、なんて言われれば 、“ 俺は大好きじゃないかな 、… 愛してる 。” となんだかありがちな台詞を言ッてみたり 。)   (8/11 16:29:33)

白河 蓮…、ふふ(彼も同じ気持ちなのだ、と分かってこんなに嬉しい事は無い。少しだけ顔を上げ、改めて彼を見詰めれば思わず頬を緩める。見詰めるだけでなく、触れたくなれば手を伸ばして彼の頬を撫で「…大好きです」だなんて気づいたら声に出していた。)   (8/11 16:26:00)

四宮 雪.俺も 。会えて嬉しい 。( 気持ち良さそうに目を細める相手を見て此方も頬を緩ませる 。寂しくて堪らなかッたけれど来れる様な状況ではなかッた 。自分の体調を崩した姿なんて相手に見せられるようなものでもない 。そりゃこんな状況だけど会いたいッて気持ちは強かッた 。今思い出しても 、会えているからどうでもいいんだけど 。)   (8/11 16:22:18)

白河 蓮…嬉しいです、会えて(頭を撫でられれば、心地よさそうに目を細めつつ呟くように告げた。体調不良で会えなかったことを責めるつもりも何もないけれど、やはり寂しさはあった。看病でも出来ていたら良かったのに、なんて出来ないことを考えても仕方ないけれど。)   (8/11 16:18:30)

四宮 雪.ん - … .? ( 見詰められているのに気付いたのか 、不思議そうに此方も見詰め返す 。完全復活していないのはまだ相手に悟られてはいけない 。しかし相手がちゃんと分かッてくれたようで 、安心して相手をまた抱き締めた 。甘えたように擦り寄られれば 、相手の頭をぽんぽん 、と撫でて 。)   (8/11 16:14:37)

白河 蓮……(まだ、正直な所信じきれていない、じぃ…と彼を見つめつつも先程より強く抱きしめられてしまえば仕方なく「…分かり、ました。無理しちゃ駄目ですからね」と、また抱きしめ返した。とりあえず、彼が大丈夫だと言うなら…と少しだけ甘えるように擦り寄ってみたり。)   (8/11 16:11:56)

四宮 雪.ほんとほんと 、だいじょ - ぶ 、( くッ 、と親指を立てれば 、にィ 、と笑う 。頭痛が治まッてはいないが 、愛しい人に会えたのなら頭痛なんて感じない 。久し振りの感覚に頬を緩ませれば 、先程よりも強く抱き締めて 。心配されれば 、“ だいじょ - ぶ 、俺そんなにひ弱じゃねェから 。” と 、心配させないようにして 。)   (8/11 16:07:03)

白河 蓮…本当、ですか…?(彼は大丈夫、と言っているが本当なのだろうか…どうしても心配な気持ちは拭えない。彼にあまり負担をかけないようにと抱き締め返せば、久しぶりの彼の温もりや匂いに目を細める。やはり、会えて嬉しいのは変わらないようだ。「あ、あの…体調悪くなったら直ぐに休んでくださいね」彼が体調を崩していると自分も辛いのだ、自分の事は気にせずゆっくりしていて欲しい。)   (8/11 16:01:13)

四宮 雪. … ん 、大丈夫大丈夫 、( 人の気配がして目を開ければ 、其処には愛しい人の姿が 。手紙は読んでくれた様で一番に己の心配をしてくれた 。ちゃんと分かッてくれてるんだ 、気を遣ッてくれてるんだ 、と嬉しくなる 。大丈夫じゃない気もするが 、此処は少しだけ強がッて大丈夫と言ッておく 。これ以上心配を掛けたくないから 。休むのをやめて相手を ソファー に座らせれば 、ぎゅう 、と抱き締めて 。)   (8/11 15:56:55)

白河 蓮雪さん、…大丈夫ですか…?(ソファへと座っている彼を見ればまずは嬉しさで近寄った、が…先日の手紙のことを思い出せばそちらに気を取られてしまう。この時期だし、体調を崩しているならまだ休んでいた方が良いのではないだろうか、心配そうに彼の顔を覗き込みながら問いかけてみて。)   (8/11 15:52:23)

おしらせ白河 蓮さん(iPhone 219.96.***.176)が入室しました♪  (8/11 15:50:09)

四宮 雪. … お邪魔します 、( 体調が優れて来たので少しだけ待ッてみようかと部屋を覗いてみる 。この時期 、体調を崩しやすいから大変だ 。割と重症だッたがどうにか治ッてきた 。まだ治りかけだし下手したらまた体調を崩すかもしれない 。しかしそれよりも会いたい気持ちが強く 、医者に安静にしろと言われたが少し無理して来てみた 。) ふぅ … 。休まないと 、頭が痛いなァ 、( 頭痛が思ったより酷くなり 、少し顔を歪ませる 。外は暑かッたし 、病み上がりだから熱中症ッぽい 。ミネラルウォーター を喉に流し込めば 、ソファー に座り目を瞑ッて 。)   (8/11 15:41:13)

おしらせ四宮 雪.さん(3DS 58.87.***.79)が入室しました♪  (8/11 15:34:40)

おしらせ白河 蓮さん(iPhone 219.96.***.176)が退室しました。  (8/9 15:33:09)

白河 蓮……元気になったら、また会いましょうね(ただ一言、ぽそりと呟いては彼の体調が良くなりますようにと祈りを込めるように目を伏せ、そしてまた部屋を後にした。)   (8/9 15:33:06)

白河 蓮…大丈夫、かな(帰宅し、ソファに腰掛けようとした時テーブルの上に手紙があるのを見付けた。もしかして、と期待しつつ内容を見ればやはり恋人からのものらしい。忘れられては居なかったらしく、安心はしたも彼の体調が心配だ。自分にはどうしてやることも出来ず、歯痒くて。)   (8/9 15:30:17)

おしらせ白河 蓮さん(iPhone 219.96.***.176)が入室しました♪  (8/9 15:28:08)

おしらせ四宮 雪.さん(3DS 58.87.***.79)が退室しました。  (8/9 15:14:52)

四宮 雪. … どうも 、( 居ないであろう部屋の扉を開ければ 、久し振りに来た部屋の暖かさに少し安心する 。暫く来ていなくて寂しかッたけれど 、少し体調を崩してしまった 。こんな状況ではあの人ともまともな会話が出来るとは思えず 、暫く来ていなかった 。申し訳なかったし 、何より寂しかった 。) … 、寂しいですね 。( そうぽつりと呟けば 、また元気になったら来ましょうかね 、と生存確認の手紙だけ残せば部屋を後にして 。)   (8/9 15:14:47)

おしらせ四宮 雪.さん(3DS 58.87.***.79)が入室しました♪  (8/9 15:11:01)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、白河 蓮さんが自動退室しました。  (8/8 10:49:27)

白河 蓮…もう、会いに来てくれないのかなぁ…(ソファに腰掛けつつ、もう数日間会えていない彼の事を思い出す。飽きられちゃったのかな、とか…マイナス思考ばかりか増えてきて。)   (8/8 10:28:27)

おしらせ白河 蓮さん(iPhone 219.96.***.176)が入室しました♪  (8/8 10:26:55)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、白河 蓮さんが自動退室しました。  (8/4 21:11:23)

白河 蓮忙しい、のかな……(あまり、彼と会えてない、寂しくて寂しくて仕方がなくて…けど、待つしか出来なくて。ソファの上に三角座りをしながらぼそりと。)   (8/4 20:51:17)

おしらせ白河 蓮さん(iPhone 219.96.***.176)が入室しました♪  (8/4 20:50:03)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、白河 蓮さんが自動退室しました。  (8/3 13:48:45)

白河 蓮…暑いなぁ、今日も(外仕事の人なんかは大変そうだ、なんて考えつつ呟けばソファへと座り、する事も無いためリモコンを手に取りテレビを付ける。普段からあまりテレビを見る方ではないが、暇潰しくらいにはなるだろう)   (8/3 12:59:17)

おしらせ白河 蓮さん(iPhone 219.96.***.176)が入室しました♪  (8/3 12:57:46)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、白河 蓮さんが自動退室しました。  (8/2 16:55:01)

白河 蓮……は、…(クッションをぎゅ、と抱き締めつつ息を吐く。なんというか、正直に言ってしまうとムラムラする、というやつだ。恋人ができたのだから、少しくらい我慢しなくてはと思っていたのが仇になったらしい。依存症というのは、そう簡単には治らない。)   (8/2 16:33:53)

白河 蓮……(何故だか今日は眠気が酷い、こんなに寝てしまうと夜寝れないのではないだろうか。まぁそれも仕方ないか…まだ少し眠気が残ってはいるものの、寝ないように気をつけよう、とソファに腰掛けて。)   (8/2 16:23:46)

おしらせ白河 蓮さん(iPhone 219.96.***.176)が入室しました♪  (8/2 16:21:52)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、白河 蓮さんが自動退室しました。  (8/2 13:10:01)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、四宮 雪.さんが自動退室しました。  (8/2 13:01:41)

白河 蓮…いいんですよ(ごめん、と謝罪の言葉が聞こえれば驚いたような表情をしつつ、今度は抱きしめ返す。何だか安心してしまい、堪えきれずにポロポロと涙が零れてきてしまう。彼の服を濡らしてしまうかもしれない、と思いつつも泣き顔なんて見られたくなくて離れるにも離れられなくて。)   (8/2 12:45:49)

四宮 雪.… ごめんな 、( 先程よりかは少し大きな声で 。でも聞こえるか聞こえないかくらいの声で謝れば 、もう一度抱き締める 。これが 、己なりの謝り方 。大好き 、愛してる 。それを抱き締めることで表してみる 。背中を擦られれば安心して 、幸せな気持ちになる 。独りだッた頃には味わえなかッた暖かさ 。こういうことなんだろうなァ 、幸せッて 。なんて 、独りで納得すれば 、頬を緩ませて 。)   (8/2 12:40:36)

白河 蓮…えっと、そういう時、僕もあります…(イライラしているのは伝わっていたけれど、理由は特にないということなのだろうか。それなら、どうしようもない。自分にもそういう経験はあるし、彼の事を攻める事なんて出来ない、自分が原因では無かった…それに酷く安心しつつ、空中で止まっていた手をおずおずと動かせば、大丈夫だとでもいいたげに優しく背中をさすってみたり。)   (8/2 12:35:12)

四宮 雪.… よく分かんないんだけど 、今日の俺 イライラ してんだよ 、( 抱き締めて 、近くで聞きたかッたこの声 。でもそれは己の存在を肯定してくれるような言葉ではなく 、どうかしたか 、という己への質問だッた 。こんな イライラ する気分を 、相手に吐き出しては駄目だ 。此処くらいは 、ぐッと堪えよう 。何故か イライラ しているだけだから 、自分でもよく分からない 。)   (8/2 12:30:11)

白河 蓮っ…ぁ、の…どうか、しましたか…?(あぁ、もうダメかもしれない、溜まってきていた涙が零れてしまうかもしれない、どうしようと焦り、思わずまた離れようとすれば彼に抱き締められていた。今日、初めて触れて貰えた事が嬉しくて堪らない、でも抱き締め返してしまっていいものか…背中へと回しかけた手を空中で止め、まずはどうしたのかと問いかけた。)   (8/2 12:25:07)

四宮 雪.… なんで 、( ぽろ 、と自分の心中の言葉が漏れてしまう 。これじゃ 、自分がそんなつもりじゃなかッたことが 、バレ てしまうじゃないか 。自分の格好悪いところは 、格好悪いで締めておきたかッたのに 。やッぱり己は ク ズだ 。こんな状況だッて言うのに 、話し掛けない自分は 。今すぐにでも抱き締めてやりたい 。しかし 、今の自分にそんな資格はないだろう 。変な プライドが己を止めるけど 、それには知らない振りをする 。愛してるよッて 、言わないと 。そう思い 、黙ッて彼を抱き締めた 。)   (8/2 12:19:06)

白河 蓮そうですか…、(彼の返事を聞けば、少し悩みながらももう少しここに居ることにした、こんな情けない顔を見られる訳にはいかないのだ。冷蔵庫から作っておいたお茶を取り出せば、コップに注ぎ口をつけた。少しでも自分を落ち着かせるように。少しの間お茶を飲んでは、また先程まで座っていた場所に戻り腰を下ろすと言っても、今気さくに話が出来るような状態ではないし、自分も話しかけられず無言のままだろう。)   (8/2 12:14:21)

四宮 雪.… ( こんな己にも笑ッて応えてくれる相手がやッぱり好きで 、素ッ気ない自分が馬鹿らしくて 、顔を逸らす 。本当は抱き締めたいし色んなことがしたい 。でも今は 。今は駄目だ 。相手を壊してしまいそうだッたから。相手が目を潤ませている事にも気付かない振りをして 、自己嫌悪に陥る 。“ 渇かないよ 、… 別にいいや 。” なんで 。なんでこんな態度ばかり 。相手の事を思う言動がしたいのに 。愛してあげたいのに 、なんて ク ズなんだろうか 。)   (8/2 12:08:49)

白河 蓮…はい(それで良いよ、と言われればふっと少しだけ頬を緩めて応える。何だか、イライラしているような空気がこちらにも伝わってくる、自分が何かしてしまったのだろうかと思い始めると止まらなくなりそうで、必死に別のことを考えようとする。が、どうにも負けてしまいそうで徐々に目が潤むのが自分でわかる、彼に見られないうちに立ち上がりキッチンの方へと行けば「あ、の…喉とか乾きません?」なんていつもと変わらない様子を心がけながら問いかけて。)   (8/2 12:01:50)

四宮 雪.それで良いよ 、… ごめんな 。( ちゃんと聞こえるように 。それで良いから 、と 。気にしないで欲しかッた 。今君に触れたら 、壊れてしまいそうだから 。一呼吸開けて述べた謝罪は 、彼には聞こえていませんように 。床に座る彼を見て 、少し眉を潜める 。申し訳なさと イライラ が混ざッてしまう 。)   (8/2 11:55:46)

白河 蓮…そ、ですか…わかりました…(やはり、いつもより素っ気ない。どうしたのかと聞きたくても、こんな状態のまま聞くのは何だか勇気がなく、そうですか、とそれだけ言って自分は少し離れた床へと腰を下ろす。気にするなとは言われても、やはり気にしてしまうものだ。)   (8/2 11:51:46)

四宮 雪.… おはよ 、( 普段より何倍も素ッ気なく 。自分でもよく分からない 。なんでこんな態度なのか 。先程まで見詰めていた目を逸らす 。相手は笑い掛けて来てくれているのに 、自分はそれに応えられない 。気分なのに 、なんで直せないんだろう 、と自己嫌悪に陥って 。) … 何でもないよ 、気にすんな 、( 本当は 、本当の事を言ッてしまえば 、今日はなんだかむしゃくしゃしていて 、人と関わりたくなかッた 。それなら来るな 、とは思う 。でも会いたくて堪らなかッた 。矛盾し過ぎだな 、俺 。そんなことを考えながら 、顔を逸らして 。)   (8/2 11:47:54)

白河 蓮ん、…雪さんだ…(つい先程まで眠っていたらしい、扉からではなく寝室の方から出てきてはソファに腰掛けている彼の名前を呼んだ。寝起きですぐ会えるだなんて幸せだな、なんて彼の姿を見るだけでも頬を緩めれば近くまでゆっくり向かって)…雪さん?元気、ないですか…?(どこかいつもとは様子の違う彼、何かあったのだろうかと心配になれば眉を下げ、同時に首も傾げて。)   (8/2 11:41:30)

四宮 雪.… あぁ 、( 何時もなら笑顔で出迎えられるはずなのに 、今日はどうもそんな気になれない 。何故だろう 。会いたくて堪らなかったはずなのに 。相手の名前も呼ばずに 、ただ相手を見詰めて 。)   (8/2 11:39:32)

おしらせ白河 蓮さん(iPhone 219.96.***.176)が入室しました♪  (8/2 11:37:17)

四宮 雪.ふぅ … 、なんで 、( どさッ 、と何時もより荒く ソファ に腰掛ければ 、溜め息をつく 。よく分からないけれどなんだか凄くむしゃくしゃしていて 、髪をかき上げる 。仕事も今日は休みで 、気に病むことは何もないはずなのに 。とにかく 、会いたいという感情だけが己を動かす 。そんな自分に嫌気が差していて 。)   (8/2 11:36:34)

おしらせ四宮 雪.さん(3DS 58.87.***.79)が入室しました♪  (8/2 11:33:16)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、白河 蓮さんが自動退室しました。  (8/1 18:24:15)

白河 蓮……会いたいなぁ(彼とは昨日会ったのだけど、やはり今日も会いたくなってしまった。今日はいつ会えるのか、そもそも来てくれるのか…そんな不安はありつつも、とにかく待ってみよう、と。)   (8/1 17:28:27)

白河 蓮(今日も出かけなければならなくて外にいたのだが、今日は特に暑かったように感じる。冷房の効いた部屋へと入れば、倒れ込むようにソファへと横になり、冷えたソファに思わず声を漏らす。   (8/1 17:16:14)

おしらせ白河 蓮さん(iPhone 219.96.***.176)が入室しました♪  (8/1 17:15:03)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、白河 蓮さんが自動退室しました。  (8/1 10:07:31)

白河 蓮んん、…(あの後、気づけば自分も眠ってしまっていた。まだしっかりと目が開かず、薄目になりながらも隣を見れば彼の寝顔があり、ぐっすりだな…なんて思いながら見詰めていた。朝起きて、愛しい人が隣にいるというのがあまりに幸せで、緩む頬を抑えられない。)   (8/1 09:45:16)

おしらせ白河 蓮さん(iPhone 219.96.***.176)が入室しました♪  (8/1 09:42:21)

おしらせ白河 蓮さん(iPhone 219.96.***.176)が退室しました。  (7/31 20:05:09)

白河 蓮【っと、お休みなさいっ】   (7/31 20:04:53)

おしらせ四宮 雪.さん(3DS 58.87.***.79)が退室しました。  (7/31 20:01:01)

四宮 雪.【 んん … 眠気やばいので少し寝ますね 、お相手有難う御座いました ~ … 】   (7/31 20:00:59)

白河 蓮はい…安心して眠って下さいね(どうやら安心してくれたらしい、ほっとしつつも早く眠らせてあげよう、と声を掛けて。「…嬉しいです、僕に出来ることなら、なんでも…」好きな人から我儘を言って貰えるなんて幸せだ、彼を軽く見上げるようにしながらそう言えば、どんな我儘なんだろう、と想像をしてみたり。)   (7/31 19:58:46)

四宮 雪.… 良かッた 、… ずッと 、居て 。( 良かッた 、と安堵の声を漏らせば 、相手はちゃんと己の我儘を聞いてくれて 、しかも安心させてくれる 。目を瞑ると浮かぶのは彼の事ばかりで 、自分には彼しか居ないのだと実感させられる 。「 … 言うよ 、色々我儘言う 。」我儘を言えるのは彼だけ 。甘えられるのも全部彼だけ 。こんなに重いのにそれを受け止めてくれる彼は優しいのだ 。)   (7/31 19:55:17)

白河 蓮もちろん……ちゃんと、ここに居ますよ(隣に居て、寂しい、そんな事を言われれば何だか胸がきゅっとする。彼の手に自分の手を重ね、包み込むようにして握れば囁くような声で告げ、彼が安心して眠れるように、と。「は、はい…雪さんも、言ってくださいね、僕がちゃんと叶えるので」また撫でられては、何度目でも嬉しくて擦り寄った。)   (7/31 19:48:58)

四宮 雪.… ん 、寝る … 。だから 、隣に居て 、寂しい … から 。( 朝起きて誰も居ない時 、無性に寂しくなる 。何時だッて独りなのに 。なのに寂しくなる 。だから隣に居て欲しかッた 。ずっと己の隣に居て 、見守ッていてくれる人が 。寝てしまおう 。眠気が覚めない内に 。「 … そうか 、やりたい事あッたらなんでも言いなよ 、」そう言ッて相手を撫でれば 、相変わらず可愛い 、と呟きそうになる 。抑えたが危うく声に出すところだッた 。)   (7/31 19:45:51)


更新時刻 07:02:01 | 過去ログ | ルーム管理