PCMAX
ミントC!Jメール

[×消]
ルーム紹介
______ 私はいつも夜に足を踏み入れるのだ ______



[ 注意書 ]
+ 完也ですので、背後口調厳禁 。連絡の際呑 (( ← を 。
+ 相手の嫌がることは止めましょう 。地雷はパネルで 。
+ ロル無は無。豆でもいいので描写を。 wwwや///等の記号は御遠慮ください。
+ BLですので、女性、女体化での入室は御遠慮ください。
+ 荒し、常識のない方お断り。

ある程度でしたら ((←の会話okにします 。但し也も同時進行( ? )でやっていただけると嬉しいです 、



店員が奇数なのはバグ対策となっています 。満員にはしないでください 。尚、衣装が違えど伽羅被りは混乱、見間違え等が増える可能性が高いので×とさせていただきます。悪しからず。

以上が守れる方 。サバイバーでもハンターでも私の荘園へと歓迎致します。招待状をどうぞ _____ 。

[関連URL]
掲示板→ https://www4.hp-ez.com/hp/he-call-me-idea/page0

ルールは守ってね 。
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、配達員 .さんが自動退室しました。  (4/25 01:37:59)

配達員 . ん 、んぅ ……… 、 ( 顔出し ついでに 、少し お話し相手が 欲しいな 、なんて 。誰か 来てくれないかと 僅かな 期待を 残し 、普段通り 、定着の着いた ソファに 座り 、足を ぱたぱた /. )   (4/25 01:06:52)

おしらせ配達員 .さん(Android 219.6.***.141)が入室しました♪  (4/25 01:05:39)

おしらせ道化師_さん(Android 113.156.***.57)が退室しました。  (4/16 02:35:39)

道化師_……寝ちまったかァ(すやすやと眠ってしまった彼を見てそっと唇を離し、ソファに寝かせて。ゆっくりと離れ、彼に毛布をかけてやり最後に再度唇に口付け仮面を付け直して。貰った青薔薇を自分の服のポケットにしまった後彼のポケットにハートのトランプを一枚忍ばせ、扉へと向かって)…お休み、また会おうぜェ、ジャック(少し目を伏せつつそう呟き、扉を開いて部屋を後にした。)   (4/16 02:35:35)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、霧 . 刃さんが自動退室しました。  (4/16 02:28:30)

道化師_…!ん……分かった…(首筋を這う触手に身を震わせつつ彼の言葉に小さく頷いて。触れる寸前まで唇を近づけられればギュッと少し目を閉じ彼の頬に片手で触れつつ自ら唇を重ねて)   (4/16 02:13:36)

霧 . 刃そうですね ェ … 可愛いお強請りですが , 貴方から してくれませんか , ? ( 向けられた視線に籠る熱を見て 悪戯に口角を歪ませ乍 そんな事を告げてみる。 触れた首筋 を擽る様に 器用に触手を這わせ 乍、 触れる寸前迄唇を近付けては “ ほら、やってみて ください “ と 瞼を伏せて 。)   (4/16 02:08:08)

道化師_((気にすんなよォ…待ってるぜ(うん、)   (4/16 02:07:14)

霧 . 刃(( 申し訳ないです…… 少々お待ちを ……( 消えたい )   (4/16 02:05:40)

霧 . 刃 そうですね ェ … 可愛いお強請り ですが …   (4/16 02:05:14)

道化師_…ん、は…っ……もっと欲しい……(唇が離れ、少し名残惜しそうにしつつぼーっとした様子でそう言って。首筋に触れられ、ピクリとしつつ熱を帯びた視線を向けていて)   (4/16 02:02:53)

霧 . 刃ん ~ ? … ッ は、 何 です ? ジョーカー 、 ( は、と重なる唇を離せば 間に伝う銀の糸。それすらもぺろりと舌で舐め取り 飲み込み乍、 蕩けた表情で名を呼ぶ彼と 視線を合わせた。 首を傾げ乍 額を すり寄せ後頭部に這わせた手を首筋へと 下ろして)   (4/16 01:55:08)

道化師_……ン…ア…っじゃっく…(少し惚けた表情で深い口付けを交わし、その合間に小さく彼の名前を呼んで。背筋を撫で上げられる感覚にゾクリと反応しつつキュッと背中の服を掴んで)   (4/16 01:48:29)

霧 . 刃ん、 ン …… は、 ( 彼の震える身体に 満足そうに 瞳を揺らし、絡められる舌へ 軽く吸い付いてみる。 時折 吐息零し乍 背へ回した手 で背筋を撫で上げ後頭部支えては、角度を変えて 味わう様に深い口付けを繰り返して )   (4/16 01:41:46)

道化師_ン…ッふ……そうかァ…すげぇ、嬉しい…(嬉しげな言葉に自然な笑みを浮かべつつそう言い口内に入ってくる舌を受け入れて。舌裏を擽られる感覚にヒクリと身を震わせ少し声を漏らしつつ応えるように自ら舌を絡めて)   (4/16 01:37:54)

霧 . 刃ん、… 私にとっての 貴方も 特別 です ヨ ,( 彼の言葉に嬉し気に そう告げ、薄く開かれた口へ そっと舌を忍び込ませる。 歯列から彼の舌裏 へと 擽る様に 舌を 動かし乍、 抱き締められる力が強くなった事に気付き 己もそっと抱き返して )   (4/16 01:28:33)

道化師_…ン、んぅ…特別、だからなァ(何度も唇を重ねられ、抱きしめる力を少し強めつつ身を委ねて。不意に唇に舌を這わせられ、少し驚いた後、頬を赤く染めながら薄く口を開いて)   (4/16 01:25:59)

霧 . 刃ふふ、 も っと 癒して くれるんです? … それは 良い夜になりそう デス ,( 意味の込められた視線に気付けば 緩り双眸細め、 ちゅ、と恥ずかしい音を態と立てながら 唇を重ねる. 何度か重ねた後 開いて、とでも言うように彼の唇へ舌を這わせ 乍、 “ 甘えてくれるん でしょう? “ と意地悪に 言葉を続けて )   (4/16 01:17:48)

道化師_ん…癒やし、かァ…俺で癒やしになるならもっと甘えてやるか(背中を撫でられる温もりに安心するように笑みを浮かべ漂ってくる薔薇の香りに少しだけ和んで。顔に口付けられる感覚に少しくすぐったそうに目を細めもっとと言うように視線を向けて)   (4/16 01:11:19)

霧 . 刃ふ、 私も 貴方が 甘えてくれれば、 癒されますし ネ . ( 彼を支える様に背中へ手を回し、 其の儘 ぽん、と優しく撫で乍 ふわりと香る彼の匂いに 心を和ませる。 時折 頬や 顎等に 軽いキスを落としては、 ふふ、と笑って )   (4/16 01:01:48)

道化師_…!…そうかよォ…それなら甘えるぜ(仮面を外され少し目を見開いた後、小声でそう言って。口付けをされれば少し目を閉じて受けいれギュッと彼の背中に腕を回し控えめに抱きついて)   (4/16 00:58:33)

霧 . 刃いいえ . 寧ろ 歓迎 です ヨ . ( 器用に彼の仮面を外し、赤く染まる頬に 気を良くした様子で上記述べて。 “ 存分に 甘えて ください . “ と付け足せば、己の仮面を少しずらし 唇へ 軽く口付けを落として )   (4/16 00:51:25)

道化師_…甘えたくなったんだよ…駄目か?(頬に伝わる触手の感覚に少し目を細めつつ少し頬を赤く染める。久々に会えたからたまにはと思いつつ照れ隠しにそう言って)   (4/16 00:48:30)

霧 . 刃!… おや、 … 甘えん坊 ですか ? ( 己の身体に掛かる重さと 暖かな体温に ぱちくりと目を瞬かせ乍彼を見詰め,目元緩めて上記述べれば 視線合わす様に彼の頬を触手で軽く包み、, )   (4/16 00:43:38)

道化師_…ハハ、本当になァ(手が離れればゆっくりと目を開き、揺れる触手を見て。ふと御機嫌な様子の彼を見つつ少し甘えるように寄りかかってみて)   (4/16 00:39:29)

霧 . 刃そうですね ェ、 来てよかった . ( うんうん、と首を振り 手を離せば、ゆらりと揺れる己の触手へ視線を戻して 。 “ どういたしまして “ と双眸細め 乍 久々の彼に御機嫌なのか鼻歌混じりに溜息を .)   (4/16 00:34:04)

道化師_そうか…来て良かったなァ…俺も嬉しいぜ(心地よさそうに撫で受け、仮面越しに視線を向け、労いの言葉に“…ありがとよ“と素直に礼を言って)   (4/16 00:31:41)

霧 . 刃ええ , そうですね ェ … また こうして 貴方に会えた事 、 とても 嬉しい です . ( 小さく頷き乍 わしゃり 撫で, ぽん、と最後に一撫ですれば 小さく “ 貴方も お疲れ様 デス、 “ と 言葉を零して )   (4/16 00:27:01)

道化師_ン、そうかよ…まあ、試合やら何やらで忙しかったんだろ(大人しく撫でられつつそう話して。自分もいろいろと忙しかったのもあり仮面の奥で少し目を伏せつつ差し出された青薔薇を受け取って)   (4/16 00:22:56)

霧 . 刃私も 会えて嬉しいです ヨ . … 随分と来れ 無かった 物ですから .( 同じ様に にんまりと口角を上げ、先程机に置いた青い薔薇を1輪取っては彼へ差し出し、蠢く触手で頭を撫でて。)   (4/16 00:17:33)

道化師_…おう、久々だなァ、ジャック(久々に会えた嬉しさからか思わずニィ、と笑みを浮かべつつ片手振って。その後、促されるまま彼の隣に座って)最近すれ違ってばっかだったからよ…正直会えて嬉しいぜ   (4/16 00:14:56)

霧 . 刃…, ふ、 いらっしゃい ジョーカー 。 ( 閉じていた瞼をそっと開き 入室して来た彼へ目を向ける。 久方振りに見えた姿に 口元を緩ませては,己の隣をぽん、と叩き座る様に促して ) … 久しぶり ですね ェ ?   (4/16 00:09:28)

道化師_……邪魔するぜ…!(昨夜と同じように扉を開き部屋に入れば室内に先客を見つけ、義足を鳴らしつつそっと近づいて)   (4/16 00:06:18)

おしらせ道化師_さん(Android 113.156.***.57)が入室しました♪  (4/16 00:02:38)

霧 . 刃( 鼻歌交じりに霧の中から現れ、 軽やかな足取りで 見慣れたソファ へと向かう。 ぎし、と音を立ててそこヘ座れば 己の置いた薔薇の横に置かれた仮面達。 今はまだ素直な触手でそれを取り、ふむ、と掌の内で遊んでは 仮面をそろりと撫でて。) … 遅くな っ て 仕舞いました… 今夜は会えるでしょうか …… ( 青薔薇の杖から1つ花を取り、隣に置きそれを眺めては 少しの期待を込めて))   (4/15 23:50:06)

おしらせ霧 . 刃さん(docomo spモード)が入室しました♪  (4/15 23:46:27)

おしらせ道化師_さん(Android 163.49.***.250)が退室しました。  (4/14 23:00:15)

道化師_…やっぱこの時間に来る訳ねぇよな(少し眠っていたのかゆっくりと目を開き、時計を見て。懐からトランプと仮面を取り出し薔薇の横に置き“また来るぜ“と呟き、部屋を後にして)   (4/14 23:00:11)

道化師_……すげぇ久々だな(いつぶりだろうか。ゆっくりと扉を開き誰もいない部屋を見つつそう呟いて。いろいろ忙しくてなかなか来られない日が多いこの頃、久々に誰かに会いたいと思いつつソファに向かえば机の上に置かれた薔薇に気づいて)…俺も会いてぇよ…(少し目を伏せつつ呟き、少しだけ待機しようとソファに座って)   (4/14 22:35:39)

おしらせ道化師_さん(Android 163.49.***.250)が入室しました♪  (4/14 22:29:57)

おしらせ霧 . 刃さん(docomo spモード)が退室しました。  (4/13 01:43:47)

霧 . 刃… また 時間 が 空いて しまいました … うーん , ( 霧の中から突如として姿を現し, 最後に現れた日付よりも大分経っている事に気付いては顔を顰めて溜息 。 試合等忙しい 上 に 随分と体調が崩れる春先の季節に 頭を抱え乍も、道化師の彼 を 思い浮かべては 薔薇を一本、そっと机の上に置いて。) … 随分と待たせてしまいました . 貴方に会いたいですよ、 ジョーカー 。 … ( ふ、と口元緩め 誰に言うでもなく上記告げては、すぅ、と霧の中へ消えていった 。)   (4/13 01:43:45)

おしらせ霧 . 刃さん(docomo spモード)が入室しました♪  (4/13 01:40:20)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、占い師さんが自動退室しました。  (4/3 23:58:23)

占い師誰かいるのかな、(扉の方見て首傾げ...入らないのかい?と声掛け)   (4/3 23:38:20)

占い師私が此処に来るのも随分と久しぶりだね..(静かに相棒の梟肩に止まらせ部屋に入ってくればちかくにあった頃合の椅子に腰掛け、誰か来るのをのんびり待とうかな、と)   (4/3 23:29:14)

おしらせ占い師さん(iPhone 126.224.***.222)が入室しました♪  (4/3 23:28:07)

おしらせ配達員 .さん(Android 219.6.***.141)が退室しました。  (3/30 00:20:52)

配達員 .( 口付けされ 、心做しか 熱を帯びた額を 抑えては 退室する彼をひらりと手を振って見送り 。ウィックが待っている 、自分も帰ろう 、と 自身も すたこらと 退室 /. )   (3/30 00:20:49)

おしらせ墓守_さん(Android 113.156.***.57)が退室しました。  (3/30 00:19:31)

墓守_…!もうこんな時間か…(ふと、袖を引かれ祈るのを止め、時計を見つつそう言う。その後今日はありがとう…ま、また会おうと言い最後に彼の額に触れるだけの口付けをしそそくさと席を立ち扉へと向かって)…し、失礼した。(スコップを片手に少し顔を隠すように一礼をした後、退室して)   (3/30 00:19:28)

配達員 .( 頭を撫でられると 、ぎこちなく 、でも 嬉しそうな 不器用な 笑顔浮かべ 。彼と 同じように 祈っている最中 、ちらりと 時計見ては 、そろそろ お暇の時間かもです … と 彼の袖引き /. )   (3/30 00:13:35)

墓守_あ、ああ…だから気にするな(安堵の息を漏らす彼の頭を軽く撫で、そう言って。その後、祈るようなポーズをとるのを横目にしばらく祈り、目を閉じていて)   (3/30 00:12:07)

配達員 ." よかった 、です 、 "( 安堵の息を漏らし 、ほっ 、と胸をひとなで 。彼の 言葉に 、ぱ 、と 花を浮かべては 、両手を絡ませ 、祈るような ポーズを /. )   (3/30 00:06:27)

墓守_(紙に書かれた彼の言葉に宥めるようにそう言って。一緒に祈ろうと言った後再び祈り始めて)   (3/30 00:04:01)

墓守_…そうか。べ、別に気分を害したわけじゃないからな。少し気になっただけだ。   (3/30 00:02:23)

配達員 .ッ 、" 僕も 、みんなに会えるよう お祈りしようかな 、なんて …… " ( 急に 祈ることを止めた彼に 、急いで 髪に弁解の言葉を書き 、慌ただしく 見せて 。気分を害してしまったのでは 、と 恐る恐る /. )   (3/30 00:00:08)

墓守_…な、何だ…?こっちを見て…(元々人と話すのは得意ではないが伝えたいことは伝わっただろうと思いつつ少しだけ赤い瞳を細めて。ふと、視線に気付き、祈るのを止め配達員の彼の方を見て。)   (3/29 23:58:25)

配達員 .( 不器用でも 気持ちの伝わる彼の言葉に 、ふ 、と 目細め 。僕も お祈りした方がいいのかな 、と ロザリオを 掲げる 彼を横目に /. )   (3/29 23:53:50)

墓守_…!そうか。…う、嬉しいぞ(彼の言葉と手の動きにボソボソと不器用ながらもそう告げこちらも少し気恥ずかしそうに顔を逸らして。その後の呟きにそ、そうだな…みんなに会いたい…と小声で言い、小さく祈るようにロザリオを掲げて)   (3/29 23:47:11)

配達員 ." 僕も … アンドルーさんに 久々に会えて 安心しました 、 " ( ん ッ 、と 同意の モーションをするように 手を動かしては 、少し恥ずかしそうに 頬を赤らめて 。また 、みんなで集まれると いいですね 、なんて 小さく ささやかな願いを 呟いてみて /. )   (3/29 23:42:06)

墓守_…ん、ひ、久々にアンタに会えてその…良かったと思う(紅茶に砂糖を入れる様子を横目に見つつそう呟いて。安心したような彼の様子に一瞬だけ口角を上げ、紅茶をもう一口飲んで)   (3/29 23:40:34)

配達員 .( 自分は 砂糖を 少し多めに入れ 。彼の返しに 、よかった 、と 口許緩ませて 自分も ひとくちと 紅茶啜り /. )   (3/29 23:35:47)

墓守_そ、そうか……いいな(紅茶を一口飲みつつ話にそう言って少し笑みを浮かべる。その後の言葉に大丈夫だ…僕も少ししかいられないからなと頷いて)   (3/29 23:33:53)

配達員 .ん ッ ! " 仕入れたばかりの 紅茶だそうです 、 " ( ふふ 、と 微笑み向けては 、少ししか居れないですけど 大丈夫です … ? と 、申し訳なさそうに 眉を下げて /. )   (3/29 23:30:22)

墓守_あ……ありがとう…お言葉に甘えさせてもらう(優しく手招きされ、少しだけホッとしたように息を吐きソファに座って。紅茶を目の前に置かれれば…いただきますと言い、カップを持って)   (3/29 23:27:37)

配達員 .( 少し遠慮気味な言い方に どうぞどうぞ 、と 優しく手招きして 。て慣れた手つきで 紅茶を注ぎ 、彼の前へ /. )   (3/29 23:24:28)

墓守_!…ああ…今晩和。いいのか…?(こちらに気づいた様子の相手に少し驚きつつ挨拶を返して。ふと、机に並べられたお菓子や紅茶を見つつ少し考えた後、い、いいのなら頂くと言って)   (3/29 23:23:02)

配達員 .ン 、.. ! " 今晩和 ! " ( 久々な気もする 彼の姿を 目で捉えては 、にこりと 目細めて 挨拶を 。机に並べたお茶菓子と紅茶を見せては 、一緒にどうですか ? と /. )   (3/29 23:19:37)

墓守_……お、お邪魔する。(数日ぶりに扉を開き部屋を覗いて。ふと、久々に見る人物に気付きスコップの土を落とした後ゆっくりとソファの方に近づいて)   (3/29 23:17:12)

おしらせ墓守_さん(Android 113.156.***.57)が入室しました♪  (3/29 23:14:37)

配達員 .ン 、んぅ ……… ( 誰か来てくれるかな 、と 淡い期待を寄せながら 定着着いたソファに腰を下ろし 。ウィックはお留守番のようで 、1人で 本を読みながら 、適当に時間を潰し始め /. )   (3/29 23:12:25)

おしらせ配達員 .さん(Android 219.6.***.141)が入室しました♪  (3/29 23:09:53)

おしらせ道化師_さん(Android 210.148.***.102)が退室しました。  (3/26 15:10:01)

道化師_邪魔するぜェ…って、誰もいねぇがな(数日ぶりに懐かしい部屋に入り、人気の無い室内を見渡し、ふと薔薇の香りがして、机を見ればメモとマカロンがあって。顔出しついでにと薔薇の花弁を一枚取りポケットへとしまった後紙を取り出し“また来る“となぐり書きのようなメモを残し机に置き、その上にjokerのトランプを添えて。次は彼に会いたいと柄にもなく思い少し頬を赤くしつつガシャリと義足を鳴らし扉を開いて部屋を後にした。)   (3/26 15:09:57)

おしらせ道化師_さん(Android 210.148.***.102)が入室しました♪  (3/26 15:02:12)

おしらせ霧 . 刃さん(docomo spモード)が退室しました。  (3/26 01:17:03)

霧 . 刃ン ~ …… やはり時間が時間だから でしょうかね ェ… 寂しいものです . ( 鼻歌を歌うも 合いの手どころか人気が全く見えず耳鳴りすらもしない様子に はぁ、と溜息を零しては うねうねと蠢く触手を見詰める. 折角持ってきた赤い薔薇の杖もこのままでは只のお飾りになってしまうな、何て頭で考えては そっと1輪 取り机のマカロンの側へ。 “ 又顔を出します “ 綺麗な文字でそうさらりと書いては、ふんふん、と鼻歌を再開。長い足で踊るように床を蹴っては 扉を開いて退室 .)   (3/26 01:16:58)

霧 . 刃お邪魔します よ . ( とんとん . 人気の無い部屋の扉を数回叩き,ひょこりと顔を出せば 懐かしい部屋. また数日空いてしまったと後悔から肩を竦めながら、 気分を変えようと鼻歌混じりにソファへと腰を降ろした . 此処へ来る前傭兵の彼から預かった マカロンを机に置いては 誰か来るだろうかと 異様に明るい窓の外をぼんやりと眺めて 待機 .)   (3/26 01:10:07)


更新時刻 19:00:30 | 過去ログ | ルーム管理