PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
だから傍に居てください


"他部屋同様の規則"
"初心者を相手する余裕無なので×"
"厳しい言葉はいらないので傍にきてください"



e:m
両刀 人肌好

………とか、言える人とっくに居ないんですけど
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、e:mさんが自動退室しました。  (9/16 17:08:45)

e:m見るばっかで、来てくれへんなぁ…誰も(蕩けかかった瞳でそちらをみれば不満そうに上記告げ、すぐにふい、とそっぽ向き)   (9/16 16:09:00)

e:m…んふ、いい具合に眠い。なんで来たんだって言われそうですけどそれはもう、なんとなくです(彼のパーカー抱き抱え、ソファに寝転びながらうとうとと微睡み)   (9/16 15:36:56)

おしらせe:mさん(Android au.NET)が入室しました♪  (9/16 15:35:13)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、e:mさんが自動退室しました。  (9/16 03:16:54)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、zm_.さんが自動退室しました。  (9/16 02:53:35)

e:m嫌なわけないでしょう…ふふ、ならまた夜に来てくれるんですか?(嬉しそうに表情が明るくなりつられて微笑んで。甘えた様子の彼がやはり可愛らしくよしよしと撫で付けながら額や鼻先へと口付け落としていき)   (9/16 02:39:56)

zm_.俺でええなら通いつめたるから。( にへらと柔らかく笑っては彼の髪の毛軽く撫でつけてやり。腕の中大人しく収まってしまうと自称王子様はなんだったのかと言った様子で甘え切り。)   (9/16 02:33:03)

e:m…誰が私を幸せにしてくれるんですか?(今の自分にはそんな人物誰もいないのにどうやってするんだろうと問い掛け。髪をとかすように撫でながらそっと髪に口付けをして)   (9/16 02:29:24)

zm_.ん、やから、エミさんは幸せになってや、( 本当にそれで十分なのだから。彼に撫でられてはどうしようもなく心地よくなってしまうらしく、僅かに擦り付きながら大人しくなり。)   (9/16 02:24:59)

e:mん~…そうですか、でも…(貰ってばかりもどうかと思うのか納得しないと眉を下げ、少しだけ擦りついてきた彼に思わず頬緩めばそのまま優しい手つきで頭を撫でて)   (9/16 02:22:34)

zm_.… ふふ、俺はエミさんが幸せそうにしとるのが1番嬉しいからええねん。( 抱き締められては心地良さそうに目を細めて、無意識のうちに甘えるように擦り付いてしまい、不意にそれに気づいては照れくさかったのか動き止まり。)   (9/16 02:17:29)

e:m…へへ、嬉しい。ありがとうございます(気遣ってくれる優しい彼に微笑んで礼を告げ、胸元に顔が埋まればその状態のまま頭を抱き抱えるように抱き締め、“ゾムさんはなにかほしいものありますか?”と問い掛け)   (9/16 02:14:39)

zm_.… せやろ?… それあったら、少しは寂しいのなんとかなるかなあ、と。( 甘えてくれる彼がどうしても愛おしく思えてしまい、何度も抱き締めてやると自分は彼の匂い恋しくなるようで胸元に顔うずめ。)   (9/16 02:04:30)

e:mまあそれはわかりますけど…んあ、ゾムさんのパーカー…(頬撫でられてはそれに擦りより心地よさげにして。ふと彼のパーカーが肩に掛かればそっと触れ、くんと匂い嗅げば“ゾムさんの匂い…”なんてぽつりと言葉溢し)   (9/16 02:02:38)

zm_.ん?好きな子の寝顔なんていくらでも眺められてまうやろ?( けらけら笑うと頬に軽く手を添えて頬も撫でてやり。可愛らしくて仕方ないというように頬を緩ませては安心感あればいいなと自分のパーカー肩に羽織らせてやり。)   (9/16 01:54:18)

e:mん"む…なんでですか。寝かしても、いいことなにもないのに(そういいながらも確実に眠気が誘われているのかくしくしと目を擦り、とろんと蕩けかかった瞳で見上げ彼の服きゅ、と掴み)   (9/16 01:51:55)

zm_.… ええの、俺はえみさん寝かすんが仕事やから、な?( 何度も後頭部から背中にかけてを往復するように撫でてやり。大丈夫大丈夫、なんて言い聞かせるように囁いてやり。)   (9/16 01:45:18)

e:m昨日は私が先に寝てしまいましたから…今日はゾムさんが寝顔見せる番です(心地のいい眠気が襲ってくれば欠伸を溢すもまだ寝ないと首振り、寝てほしいが寂しくなるからまだ…なんて思いもあり叩く手がぴたりと止まって)   (9/16 01:42:47)

zm_.… んあ、… やめえや、俺エミさん寝るまで寝えへんよ。( ふるふると首を横に振ると、彼に自分と同じようにしてやろうと背中ぽんぽんと叩き眠気促し。)   (9/16 01:38:42)

e:mふふ、はぁい(額に口付けされたとわかれば照れたように顔を隠し、何処と無く眠そうな彼にぽんぽんと背中を優しく叩いてやり)   (9/16 01:36:29)

zm_.俺はかっこいい王子様で居たいんやから妥協したって。( ぎゅうっと抱き締めてやると、気紛れに額に唇を押し当てて。人の温もりはどうしても落ち着いてしまうもので、自分まで眠くなり。)   (9/16 01:30:59)

e:mえぇえ……、私だって格好いいって言われたいんやけどなあ(可愛がられろなんていわれてもと苦笑い浮かべ、隣に寝転がってきた彼にここぞとばかりに抱き付いて)   (9/16 01:30:04)

zm_.喧しいねん!えみさんは、大人しく可愛がられとけ!( 不満そうに唇を尖らせては抱き締める力を強めながら、勝手に隣に寝転がり。)   (9/16 01:22:37)

e:m可愛いですよ、…可愛い王子さん(視線上に向ければ耳まで赤いのが見えてしまいくすりと笑って、抱き締められ嬉しそうに目細め)   (9/16 01:21:12)

zm_.や、やめえや、エミさんと違って可愛げなんてあれへんのやから。( ほのかに耳まで赤みがさすとぶんぶん首振り。首筋擽ったいのか軽く身動ぎながらもそっと抱き締めてやり。)   (9/16 01:18:01)

e:m照れたんですか、可愛い(頬を赤くした彼にくすりと笑いながら告げ、抱き寄せ彼の首筋に鼻先押し付けて)   (9/16 01:14:21)

zm_.褒めすぎや照れてまうわ。( 頬を薄紅に染めながら小さく笑うと腕叩かれては引っ込めて。寝かしつけたくはあるものの、無理矢理寝かせるのも本意ではないため困ったように笑い。)   (9/16 01:08:13)

e:m格好ええなぁ…んふ、(へにゃりと笑い掛け、寝かしつけるような彼の手付きに“まだ寝ません”と言うように腕を叩いて)   (9/16 01:06:14)

zm_.… んはは、これでも一応多少は鍛えたからなあ。( 撫でられて褒められては誇らしくなってしまうのか口元を緩ませながら寝かしつけるように胸元軽くぽふぽふ叩き撫でてやり。)   (9/16 01:00:41)

e:mおわあ"っ?!…は、はは、ゾムさん力持ちや、凄いなぁ(ふわりと体が宙に浮いた感覚に咄嗟にしがみつきつつもキラキラと子供のように目を輝かせ寝台まで運ばれ、すごいすごいと彼の頬を撫で)   (9/16 00:59:58)

zm_.… まあ、気持ちはわからんでもないな。そんなら今日もえみさんが安心して寝れるまで隣にいたろ。( ひょいと抱き上げるとそのまま眠れるように寝台の上に寝かせてやり、よしよしと頭撫で続け。)   (9/16 00:55:49)

e:m…寂しいまま寝るのは嫌です。夢見も悪いですし…いーえ、大丈夫ですよ(クッションを傍に置いては彼の身体を抱き寄せ、ぐりぐりと額押し付け)   (9/16 00:53:48)

zm_.いや、寝れるなら寝れるで、悪いことやないような気もするんやけど。起こしてもうた?( うーんと小さく唸ると申し訳なさそうに眉下げながらも、嬉しそうな表情見てはつい撫でてしまい。)   (9/16 00:50:02)

e:m…んあ、ゾムさん。遅いですよ、寝てちゃうとこやったやないですか(クッションから顔上げ嬉しげに微笑み、小動物のように撫でられては目を細め)   (9/16 00:49:16)

zm_.いやあ、遅刻魔の王子様ですまんな。( ひらひら手振り、歩み寄っては頭撫でてやり。)   (9/16 00:46:37)

おしらせzm_.さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (9/16 00:46:21)

e:m相変わらず、ですね。人を楽しませることができるような性格だったらもう少し人は来たんでしょうか(はふ、クッション顔沈め)   (9/15 23:43:23)

おしらせe:mさん(Android au.NET)が入室しました♪  (9/15 23:40:50)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、e:mさんが自動退室しました。  (9/15 23:37:44)

e:mまあ、もう一度会うとか約束なんてしてませんから期待はしないです。そうならいいなと思っただけなので…あぁ、でも誰も来ないのは目に見えてるんよなぁ(はぁ、)   (9/15 22:43:06)

e:m…また、夜になったらゾムさんとお話出来るでしょうか。途中で寝てしまったのでもう一度お話がしたいんですけどね…(はふ、クッション手繰り寄せぼんやり)   (9/15 22:20:21)

e:mん…もう夜ですか。早いですね(時計横目にみて溜め息吐き、ソファに深く腰掛けて)   (9/15 22:10:22)

おしらせe:mさん(Android au.NET)が入室しました♪  (9/15 22:08:50)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、e:mさんが自動退室しました。  (9/15 16:28:15)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、g_r/さんが自動退室しました。  (9/15 16:15:41)

e:m((把握してます、大丈夫ですよ(ぽふ、)   (9/15 16:06:41)

e:m……安心すると眠くなるだけで疲労があるわけじゃないんです…我慢してません(心地のいい低い声が気持ちよくて、眠気をどうにか覚まそうとぐぐ、と小さく背を伸ばし)   (9/15 16:06:18)

g_r/(( 文に矛盾が生じた。弱めてって書きたかったんだ(すん)   (9/15 15:55:25)

g_r/俺も一緒には居たいが我慢は良くないと思うんだがな‥(ぽり、と頬掻けば首を振って、俺は御前とずっと居たって嫌にならないさ。なんて安心させるための言葉を投げて、少しばかり強く抱き締めては力を強めて)   (9/15 15:54:56)

e:mや、嫌です…起きてグルッペンさんと居る(嫌、と子供のように首を横にふればぴったりと体を密着させて抱き付き。“グルッペンさんは俺と居るの嫌?”なんてじっと見上げて)   (9/15 15:48:30)

g_r/‥‥ 別にいいじゃあないか。寝てしまってもいいぞ?(抱き締めたままぽすりとソファへ腰掛ければ、御前が寝てしまうまで居るぞ。なんて笑み浮かべて)   (9/15 15:46:20)

e:m…ん、…あかん、また寝てしまいそうや(段々うつらうつらと意識が飛びかけだし、それと同時に脳が蕩けてだせばどうにか寝ないよう頭を緩く振り)   (9/15 15:40:11)

g_r/じゃあ俺も。此が一番いい。(何をするなんてお節介は迷惑だろうなと自己完結しては、頭をぽしぽしと撫で付けて)   (9/15 15:35:42)

e:mそうです、か…ん、私はこうしているのが一番いいんです。人の体温が好きなので(そっと手を後ろに回して抱き締め、こてんと額を彼の肩口に置けば“そうですね、”なんて返し)   (9/15 15:27:41)

g_r/‥‥なんでもない。御前のことだからな。何か、してやりたくてな。(ふ、と笑えば今度は力加減に気を付けなければと優しく抱き締めて、頭をやんわりと撫でる。ふは、と笑っては此が一番いいな、なんて呟いて)   (9/15 15:23:47)

e:mあ……いえ、私は大丈夫ですよ。そんなことよりやっぱりなにかあるんですね?話なら聞きますけど…(離れてしまった体に何処か寂しそうな表情浮かべるも直ぐにいつもと変わらない表情にかわり、彼の目をじっと見詰めながら首を傾け)   (9/15 15:18:38)

g_r/‥すまん。(はっとしたように離れればあたふたしたような表情をしてから咳払いをして、やり過ぎたな、と呟き、)   (9/15 15:15:23)

e:mそう、ですか……ん、ちょ、グルッペンさん(気にするなと言われても気にはするもので、キツすぎるほど強く抱き締められては背中をとんとんと優しく叩き、“苦しい、苦しいです”と告げ)   (9/15 15:13:45)

g_r/‥厭、何でもない。気にするな。(目を伏せて首を振ればぎゅう、と強く強く抱き締めて。)   (9/15 15:12:01)

e:m…?どうかしましたか?(彼がなにかを考えているのはわかるのかこてんと首を傾げながら抱き締めかえし、)   (9/15 15:06:28)

g_r/‥そ、そうか‥(自己肯定感の薄い彼褒めても、嘘だと誤魔化されてしまうのが落ちだろうかなんて思考しながら抱き締めて。)   (9/15 15:04:15)

e:m生憎自己肯定が苦手なものでして…褒められることも滅多にないのでね(これは事実だと言いたげに彼を見詰めながら背を撫で、)   (9/15 14:54:41)

g_r/善処してくれ。(こくりと頷けば、彼の問いに目を見開き、御前が事実を否定することを得意としているからだ。なんて憎たらしげに。)   (9/15 14:51:15)

e:mあたっ…んん、善処は…しますけど。(額弾かれては手でその箇所を抑えて、眉をたらんと下げては拗ねたような表情に“なんでそんな顔するんですか”と問いかけ)   (9/15 14:46:58)

g_r/く、癖とは言えどな?自分を卑下するのはこのましくないぞ。(至極真面目な顔をすれば額を弾き、むす、とした少しばかり拗ねたような表情をして。)   (9/15 14:44:50)

e:mはは、大丈夫ですよ。おかえりなさい(にへ、)   (9/15 14:42:30)

g_r/ん、やってしまった‥(ぽり、眉下)   (9/15 14:41:59)

おしらせg_r/さん(Android 119.171.***.115)が入室しました♪  (9/15 14:41:41)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、g_r/さんが自動退室しました。  (9/15 14:41:37)

e:m…すみませんね、つい癖で。ふふ、やっぱりグルッペンさんは優しいですね(何処か嬉しそうに微笑みかけ。指食まれては驚き指を引いて、唾液でやや濡れた指をちろりと舐めれば何処か甘く感じるそれにふ、と笑い)   (9/15 14:25:48)

g_r/そうかぁ‥?‥はは、褒め合いは楽しいな。だが、俺はそんなことを御前に言って欲しくはないな。(彼にそんなことを言われて嬉しくないわけ無いが、自己否定をされては悲しい気持ちになり、唇を撫でる指を食んで。)   (9/15 14:20:51)

e:m綺麗ですよ、私なんてそんな。貴方の傍で比べられたら何もかもが劣りますし(無駄に整った顔がこうも近くにあると改めて考えれば気恥ずかしくもあり、頬を緩く撫でながらそっと唇を指でなぞり)   (9/15 14:12:38)

g_r/綺麗か‥?自分の顔に無頓着だから俺の目には御前の顔の方が何倍も美しく見えるぞ。(笑み浮かべた侭腰引き寄せて、両手を包む掌に擦り寄って。)   (9/15 14:08:53)

e:m任せるってなんですか…私のような人物に貴方は綺麗過ぎますよ(そっと頬を両手で包み、子供のように笑み浮かべる姿に参ったな、なんて苦笑いして)   (9/15 14:04:07)

g_r/なんだ?俺は冗談のつもりではなかったんだが。‥まぁ、任せるとしよう。(ははは、と笑えば対称的に目を細目、少しばかり幼く、悪戯な笑みを浮かべて。)   (9/15 14:00:19)

e:m私が?…はは、流石に冗談でしょうそれは(きょとんと目を丸くしては首を横に振り眉下げながら笑い。)   (9/15 13:50:42)

g_r/否定はしない。御前のような奴には吸い寄せられるからな。(けたけたと笑い、抱き締められ心地よさげにすれば嬉しげ微笑んで、)   (9/15 13:45:45)

e:m美しい花に寄せられるのが蝶だとするのならああいう人の回りに集るのは羽虫や蝿でしょう?(んふ。何も告げない彼横目にぎゅうぎゅうと抱き締め、頭の代わりに背中を擦り)   (9/15 13:35:33)

g_r/羽虫がやって来そうだな。(苦い顔をしながら告げては残念そうな彼の声に申し訳無さを感じて。でも撫でてくれと言うのもなぁ、なんて思いつつ何も言えずに。)   (9/15 13:31:04)


更新時刻 20:02:45 | 過去ログ | ルーム管理