PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
水瀬ゆい(みなせ ゆい)のお部屋です。
159㎝/88/60/86のFカップ
生徒会見習い
【重要】
中の人が、人見知りのため…しばらくは
☆知り合いの方限定とさせていただきます。☆

羞恥系、甘S〜無理矢理までなんでもw
基本的に意地悪される体質、意地悪されてヤダヤダ言いながら犯されるのが好みです。

NGは、痛い、汚いです。スカグロ、アナル等
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、水瀬ゆい♀1年さんが自動退室しました。  (5/26 04:30:55)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、影月 士♂2年 ◆YVgLLPNSeIXXさんが自動退室しました。  (5/26 04:30:55)

影月 士♂2年【そうですねぇ…闇影月もそろそろ練習したいですし…そしたら、いい練習台が見つかると良いのですが…クフフ…♪(黒々)ん、良いですよ、期待しててくださいな…♪はい、んじゃぁ腕枕したげましょうかね…♪(寝ようとしてるゆいちゃんの下にそっと腕を伸ばしてみたり】   (5/26 04:06:14)

水瀬ゆい♀1年【今度はブラック影月先輩ともえちえちしてみたいです…なんて…キス縛り…///期待しちゃいます…よ?おやすみなさい、先輩…ゆいも寝ます♡   (5/26 04:03:24)

影月 士♂2年【ふふ、ゆいちゃんが可愛すぎるだけですよ~♪(頭なでなで)あやや、キスだけで発情しちゃったのですか…今度はキス縛りでもしちゃってみましょうかねぇ、なーんて♪…さて、そろそろ僕も眠気が出てきましたね…此処で寝ちゃっても良いでしょうか…?】   (5/26 04:01:17)

水瀬ゆい♀1年【もう…///先輩の褒め上手ー♡(ぎゅう)先輩とはずっとキスしてたくなりますwキスだけで発情させられてました…///】   (5/26 03:57:18)

影月 士♂2年【いやいや上手いでしょ…とっても可愛いロルでしたよー?正直、もっと乱れちゃってる処とか見てみたいかもですね…♪と、お褒めに預かり…それなら良かったです!ゆいちゃんもすごく甘え上手で…もうずっとメロメロでしたよ…w】   (5/26 03:53:59)

水瀬ゆい♀1年【褒められちゃッたぁ…(照)ぜんぜん、私うまくなんかないですよー!!無駄に乱れる乱れクイーン…影月先輩のロル、甘えたくなるのですごく好きですw】   (5/26 03:51:27)

影月 士♂2年【此方こそ、ありがとうございましたーっ!いや、ゆいちゃんホントにロル上手いですねぇ…僕の、結構拙くありませんでしたか…?】   (5/26 03:48:41)

影月 士♂2年……はぁ、はぁ、はぁ………あ”っ…(そのまま息継ぎをしているものの、整えるには時間がかかりそう。少し休憩をしつつも膣肉がギチギチと締め付けてくれば、ちょろっと肉棒に残っていたのであろう白濁がぴゅっと出てきて。)……ん……よし、やろっか…(正直ちょっと休みたいけど、彼女のおねだりにはきちんと答えたくて…身体を持ち上げれば、自分と彼女は意識を失ってしまうまで永遠と愛しあっているのだった…)   (5/26 03:47:38)

水瀬ゆい♀1年【ふぇぇ、…///ありがとうございましたぁ…♪】   (5/26 03:44:23)

水瀬ゆい♀1年【やばいことになってるw】   (5/26 03:42:54)

水瀬ゆい♀1年白い喉を晒してゆいの体がビクビクと跳ねる。)ひ、あっ、あああぁッあーっ、…ぁ、ひ、あ゛、ぁ゛、ン゛ッッ゛ーーーッ! 強烈な絶頂を迎えたようでゆいのお尻がビクビクと痙攣し、ぐりぐりと子宮口に精液を吐き出した先輩を膣肉がギチギチと締め付け、離したくないと訴える。呼吸もままならないくらいの快楽にはくはくと懸命に息を吸い込む瞳は快感に溶けきってひどく淫らな香りを放つ。)はぁ、はぁ……ひぅっん……ッ…、ぁ゛ッ♡せんぱ…ぃ、マーキング、されちゃった…ぁ…///(隣に倒れこむように寝ている先輩にひっついて、融けた表情で) もっと…せんぱい、種付けせっくすしよ…?(まだまだ媚薬効果は切れていないようで、先輩とゆいはお互いが気絶するまで求め合ってーー)   (5/26 03:41:59)

影月 士♂2年【すっごい乱れまくってますよねwずっとこれされたらヤバいことになってそう…←】   (5/26 03:35:38)

影月 士♂2年んちゅ、じゅ、ちゅぷっ……ぅ、ん、ぅぅ、ゆい、ちゃ……すきっ…すきっ……!(舌を絡めていきながらも中で何回もぎゅっと締め付けられてしまえば、我慢の限界に近付いていた肉棒が堪えられるわけがなく…)ぐっ、あぁ、ゆい、ちゃ、だ、出す、よっ、ゆいちゃんっ、ゆいちゃんっ、ゆいっ……っくぅっ……!(そして、最後には彼女を思いっきり突き上げて、子宮口めがけて中出し射精をキメてしまう…その後、一気に疲れが来たのか、自分は彼女の隣に寝転んで…)   (5/26 03:33:12)

水瀬ゆい♀1年【甘やかしえっちなのにめちゃくちゃ乱れて腰振っちゃうゆいちゃんでしたw】   (5/26 03:27:57)

水瀬ゆい♀1年ん…ぅ、♡ちゅぷ♡…ッ、くちゅ♡ぁ、あ゛ー、しぇんぱぁ…ぁ、すき…ぃ…///(甘やかすような舌の動きに翻弄されてまたぎゅう♡とゆいのなかが痙攣するように何回か締め付け絶頂を迎えようとする)ーーーッっ…ン゛♡♡ぁ、ッ…らめぇッ…ッ゛///しきゅッ…コンコンッ…っ♡ぁッ…イクッ♡ッーー♡も、一緒にイきたぁ、せんぱッ…ゆいの中ぁ、ビュービューらしてッ…///   (5/26 03:26:21)

影月 士♂2年【甘やかしちゃうの、大好きなのでね…すぐご褒美あげちゃうのです♪(ちなみに抱き付かれたらすぐなでなでってしたくなっちゃうやつです…w】   (5/26 03:19:19)

影月 士♂2年【むー…開発されちゃうのはゆいちゃんの美味しいイチゴ乳首だけで十分なのですが……///(なんてぶつぶつ言いつつもゆいちゃんに腕枕しつつ、おやすみなさい…♪と声をかけて自分もすやぁ…】   (5/26 03:16:53)

影月 士♂2年ん、ふっ、ふっ、ふっ、あ、すごっ、ゆいちゃんの中、すっごく、気持ちいっ……(そのまま腰を突き上げていけば、ゆいちゃんの膣壁が絡み付くようにうねり始めて、それが肉棒の刺激を強くしていき…)は、だっ、…だって、これ、ゆい、ちゃの、なかっ…凄くてっ、腰、止まんなっ……っはぁ、はあっ…!(擦らないでと言われるものの、自分で制御することの出来なくなった身体は止まることが出来ず、ただ彼女と快感を求めて腰を打ち付けるようにしてしまい…)あ、やべっ…ぼくも、で、出るっ……(彼女がイッてる中で、自分もそろそろ限界が見え始めて。きっと、イッてる彼女から出てくる潮には自分の我慢汁も混じり始めているであろう。自分もイッてしまう前に、顔を近付けてちゅっとキスをしては、乱暴になりつつ舌を絡め始めて…)   (5/26 03:15:22)

水瀬ゆい♀1年【睡魔さんの報告でご褒美…wwどんだけ甘やかしてくれるんですかー笑笑】   (5/26 03:14:02)

水瀬ゆい♀1年【ビクッ…てした…?ふふ、先輩、かわいい…///先輩の乳首もいつかゆいが開発してあげるから…ね?なんていいながら抱きついて、目を閉じて】   (5/26 03:11:16)

水瀬ゆい♀1年はぁっ、はっ、はぁっッ…ぁあっ! や、んぁああ!!ぃやっッ…あッ…壊れちゃぁ、!ぁ、ぁ、こんな、のッ♡らめぇ、らめぇッ(溶けきったゆいの媚肉は先輩に絡みつくようにうねり、逞しい肉棒を突き入れられる度にごつごつと先端が子宮口に当たり怖いくらいの快感が襲ってくる)やぁッ…♡ぁ、も、擦らないッ…で…(ビクビク震えながら涙に濡れた目でやめて、としがみつく。ぐりぐりとめり込むように弱い箇所を攻め立てられ強い快感に耐えられず身体を痙攣させるとプシャァァ♡っ潮吹きしながらはしたなく達してしまい)あっああぁっ♡だめっ、イクッ…イ…ッ!♡   (5/26 03:07:39)

影月 士♂2年【ふふ、ゆいちゃんのおっぱい、美味しかったですよ~…っんぐ…女の子の乳首ならともかく、男の乳首って需要あるんですかねぇ…//(不意に吸い付かれて思わず身震いしちゃって…)と、とりあえず、そろそろ寝る準備しましょ…?今宵は一緒に寝れるんですから…//】   (5/26 03:04:29)

影月 士♂2年【と、はーい、了解です!ん、睡魔さんをちゃんと報告してくれたゆいちゃんには、ご褒美にめちゃくちゃに犯しちゃいますからねー…♪】   (5/26 03:01:32)

影月 士♂2年んっぐ……!ゆ、ゆいちゃ…ふは、ゆいちゃんの中、すごっ……(きっと、いまの自分…否、お互いにだろうか、どちらも表情が思いがけない程に蕩けてしまっていることであろう。秘部に擦りつけられればくちゅ、くちゅっ、と音を立ててきて…その音で自分の欲求が我慢の限界を越えてしまい、腰を掴んでは一気に貫くような勢いで、彼女の中へと入れていく…)あぁ、すごっ…深い、なぁ…ぐっ、はぁ、はぁ、はぁ…ゆいちゃ…僕も、すきっ、だいすきっ、だよっ…//(互いに好きと言い合えば、幸せも最高潮になっていく…肉棒が更に奥へ進もうと子宮にちゅっとくっついてしまい…更にそこから腰を動かし始めてしまえば、ゆっくりではあるもののこつんっ、こつんっと子宮口をノックしちゃって…)   (5/26 02:59:18)

水瀬ゆい♀1年【乳首だけで甘イキを覚えさせられて、ふにゅう…ー///と先輩に抱きついたまま、恥ずかしさで溶けそうに…。意地悪ばっかりする先輩の乳首にお仕置き…っと、ちゅぅ…と吸い付いてみたり笑笑】   (5/26 02:58:25)

水瀬ゆい♀1年【なので、めちゃくちゃにして下さい笑笑】   (5/26 02:53:34)

水瀬ゆい♀1年【すいません。ほんとはもっとじっくりイチャイチャしたいとこですが、そろそろ…睡魔さんが来そうな予感♡】   (5/26 02:52:57)

水瀬ゆい♀1年ひぁああッ…!?あ、ぁあッ、んっァあっはほし、ほしかっ、たぁ…♡せんぱぁ…(大好きという言葉に笑顔を見せれば、お互いに興奮しきった顔で笑った。くちゅ♡くちゅ♡と秘部の入り口に先輩の肉棒を擦り付けていたゆいにもう待てないと荒々しく腰を掴んで、膣口に先輩がぬちゅりと押し当てられたと思った時には、ズン!と身体が貫かれる衝撃に揺れて思わず声が漏れる。)んッ…♡ぁ、ぁ、ふかぁぁッ…ぁ、あ、ゴリュゴリュらめぇッ…///せんぱぁ、…すきッ…らい、すきッ…//(すきすきッ…とうわ言のように求め、子宮の入り口にごりゅごりゅと容赦なく肉棒が押し開こうとするみたいに子宮にキスする。身体を震わせ、子宮を突き上げる強い衝撃にちかっ、ちかっ、と視界が白く点滅する。パンパンと腰を打ち付ける速さが、どんどん速くなってゆい口からは我慢できない甘い悲鳴が上がりはじめ)   (5/26 02:49:08)

影月 士♂2年【んっ、イっちゃえ…♪ずっと恥ずかしい姿、今ここで晒しちゃうのです…♪(そしてゆいちゃんの絶頂を促すように反対側の乳首を唇で強く咥えながらぢゅぅぅ…と吸い付いて、既にべたべたになっちゃってる乳首は指でぐにゅっと摘まみ、引っ張っちゃってみて…】   (5/26 02:41:54)

影月 士♂2年ううん…大好き、だな……♪(えっちなゆいは嫌いか。彼女の問いに、自分は迷いなく、そう答えて。…自分もずいぶんと昂ってきているようだ。聴覚ではゆいちゃんの卑猥な甘いあまい喘ぎ声で耳を支配され、視覚ではゆいちゃんがいやらしく、そして淫らに悶えちゃう姿で占められちゃって…息がとてつもなく荒くなってしまっていた…)…分かった…ゆいちゃんのえっちなおまんこ、僕のこれで…めちゃくちゃに、しちゃうからね…?(彼女が腰を浮かして入り口に誘導してくれば、自分は彼女の身体に沈んでいくかのように、ずぷ…と、小さな音を立てて中へ入れていき…)   (5/26 02:38:03)

水瀬ゆい♀1年恥ずかしさと快感にたまらなく感じて…】   (5/26 02:34:21)

水瀬ゆい♀1年【ん…ッ…ー♡ぁ、ぁ、らめぇッ…ゆいッ…乳首だけで、いっちゃぁ…//i(チカチカと目の前が真っ白になり、身体が弛緩する。   (5/26 02:33:31)

水瀬ゆい♀1年えっちなゆいは…きらいですか…?///(見つめながら強請るゆいに先輩が意地悪くまだ、したい?と尋ねる。お腹にバチンと先輩の欲を孕んだ肉棒が擦り付けられる。ビキビキと血管が浮き立ち、たくましく反り返る姿にゆいは少しだけ躊躇してしまう。この熱くて太い肉棒に貫かれて、欲望のまま揺さぶられたい…そう自覚してしまうと、ヒクヒクと痙攣する入り口からトロトロと蜜が溢れ出て…。先輩の肉棒を撫で上げながら、先輩の目を見つめて…)つかさ先輩…、ゆいの…えっちなここ…に、先輩の…おちんぽでめちゃくちゃにして?種付けえっち…しよ?(トロ顔でえっちなおねだりしつつ、ビキビキの肉棒に自分で腰を浮かして入り口を擦り付けて)   (5/26 02:30:40)

影月 士♂2年【ん…嫌なら、頭を抱えちゃわなくてもいいんですよ~…はむはむ…♪(抱えられて離すことができないのを良いことに、音を響かせながらゆいちゃんの乳首を甘噛みしたりちゅうちゅう吸っちゃったりと、好き放題にしちゃっていて。少し乳首から口を離せば、ふーって息を吹き掛けちゃってみて…】   (5/26 02:25:48)

影月 士♂2年【それはそれは、ありがとうございます…♪僕で良ければ、めいっぱいおねだりしちゃって良いですし、たくさん甘えちゃってくださいね~…♪(頭なでなで…♪】   (5/26 02:21:10)

影月 士♂2年(甘えるようにキスを続けてくるゆいちゃん、今度は自分の舌がゆいちゃんの口内へと吸いこまれていっちゃって。そのまま舌を絡め合いつつ、ほっぺたの裏側もちろっと舐めてみちゃったりして。カチカチと音がすれば、彼女は自分のズボンを脱がそうとしている様子。そのまま脱がされれば、反り返った肉棒が出てきて、その鈴口はゆいちゃんの顔を見つめるかのように向いていた…。)ん……ふふ、イっちゃったみたい、だね…♪しかもまた潮吹いちゃって…(しがみついてくる彼女の背中と後頭部をさすさすと撫でつつ、彼女がイッた跡をちらっと見てみて。その量が多かったのか、また少し水溜まりが出来ていた。)…ん?まだしたいの…?(彼女の視線に気付けば、そう問いかけながらも自分も待ちきれない、と言わんばかりにしがみつく彼女のお腹に肉棒を当てていて…)   (5/26 02:19:07)

水瀬ゆい♀1年【乳首への意地悪な責めに、ゆいはビクビク震えながら、舌先で転がされ、きつく吸われたり、時には甘噛みするように快楽の根を植え付けられていく。わざと、じゅる♡ちゅぱん♡と見せつけるようにいじられ、ゆいは、すっかり、先輩の思惑に乗せられて…)んっーーッ…ぁ、ぁ、乳首…ッ…とけちゃぁ…ぁ、///】   (5/26 02:17:44)

水瀬ゆい♀1年【よかったです…///先輩のロル、ドキドキさせられてます♪ついつい、甘えたり、意地悪言いたくなってしまうのです】   (5/26 02:14:06)

水瀬ゆい♀1年(ゆいのお願いを受け入れてくれる優しい先輩に甘えるようにキスを続ける。先輩の舌とゆいの舌を絡ませて、ちゅるちゅると先端を吸うと先輩に意識させるように肉棒に伸ばした指でやわやわと揉み込む。ぐん♡とゆいの手の中で質量を増したそこを撫でながらゆいもカチカチとベルトを外して、互いに求めるようにくちゅくちゅと慰め合う。ゆいの秘部に入り込んだ先輩の指はどんどんゆいを絶頂に上り詰めようと緩急をつけて責め立てられ甘い声が止まらない)ふぁぁッ…ぁ、ッ…らめぇッ…んっーーッ…///ぁ、あ、らめぇッ…きちゃ、ぁ、ぁ、///(容赦なくイかせようとする先輩の指にゆいはあっけなく潮吹きアクメさせられて…ゆいは先輩にしがみつき、はぁー♡はぁー♡と快感にトんだ、表情を見せ、次を強請るように指を絡め)   (5/26 02:11:19)

影月 士♂2年【大丈夫です、とても楽しませてもらってますよー!むしろゆいちゃんのロルがとても上手くて、僕の方が心配になっちゃうのですが…←】   (5/26 02:00:00)

影月 士♂2年【ん……折角ですし、このままおっぱいだけでイっちゃいましょうか…♪(自分の頭を抱えてくるゆいちゃんの顔をちら、と見つつそう呟いては、乳首をちゅぷちゅぷと転がした後、赤子の様にしちゅー、ちゅーぅ…とわざとらしく音を立てて吸っちゃって】   (5/26 01:58:48)

水瀬ゆい♀1年【今更ながら…こんなロルで大丈夫ですか?先輩が楽しめてればうれしいのですけど…】   (5/26 01:57:49)

影月 士♂2年ん…ちゅ、ぷちゅ……(舌先を絡ませ、いやらしいキスを何度も繰り返していると、彼女の指が自分のズボン越しに硬くなってしまっている場所へと伸びてきて。…彼女が興奮している手前、彼氏の自分が興奮しないはずがなく、ズボン越しでも分かるぐらいにギンギンになっていて…優しく擦り上げれば、ぴくっと反応しちゃって。)ゆいちゃん…昨日より、すごく求めてくるね…♪(いつものゆいちゃんは言わないであろう、卑猥な言葉が出てきては、自分はこの上なく興奮しちゃって。おねだりに頷くと共に、邪魔なモノを彼女から全部取っ払えば、露になったゆいちゃんの秘部に手を伸ばしていき…)   (5/26 01:56:20)

水瀬ゆい♀1年【はむッ…♡と、先輩がゆいの乳首を口に含む姿を見せられると、思わず、ふぁぁッ…♡と気持ちぃぃ…と声が溢れて。もとより敏感で快感に弱い身体はすっかり快感に溶けていく。乳首をちゅぷ、ちゅぷと転がす先輩の頭を抱えて、ビクビクと感じ】   (5/26 01:55:14)

水瀬ゆい♀1年(先輩ぁ、気持ちィィよぅ…///と紡ぐ唇を塞がれ、先輩の舌を絡めて唇を抉じ開けるように侵入する。舌先を絡ませて、いやらしいキスを何度も繰り返しながらすっかり発情しきったゆいの指は先輩のズボン越しに硬くなった場所に伸びて強請るように優しく擦り上げ)ンッ…♡ぁ、ふぁッ…ちゅ、クチュ…///(見つめ合う2人の唇がゆっくりと離れれば唇から飲み込みきれなかった唾液が銀糸が繋ぎ2人の間におちる)先輩…、ゆいのナカ…先輩でめちゃくちゃに、掻き回して…?(普段のゆいからは想像できない卑猥な言葉を口にして)   (5/26 01:48:47)

影月 士♂2年【ん、それじゃあお言葉に甘えて…ゆいちゃんのイチゴ、いただきます…♪(おねだりに答え、顔をそっとおっぱいの方へ寄せれば、乳首をはむっと咥えてみて。まだ甘噛みはせず、味わうように唇でもみゅもみゅと揉みこんでみて】   (5/26 01:42:53)

影月 士♂2年(一緒にいじってみれば、それはクリトリスをピンポイントで触れちゃったようで、彼女の甘い声が響き…)…気持ち、いいんだ…いいよ、もっと擦ってあげる…♪(腰まで揺らしちゃうゆいちゃんのオナニーを手伝おうと、腰のリズムに合わせてクリをぴんっ、ぴんっと弾いてみて。指のはらに加えてつめでも擦れてしまい…)ん、注文が多いね…ゆいちゃんなら、全部やってあげるけど…♪(くにくにして、と注文を受ければ二本の指でクリを捕まえて、ぐにぐにとひねっちゃってみて。彼女が熱を孕んでいる目で見つめてきて、更には舌先をつき出してくれば自分は口を近付け、ちゅっと口付けをしつつ彼女の舌を吸いとり、絡めつつもこしょこしょと舌先で彼女の舌を擽るようにしてみて…)   (5/26 01:40:24)

水瀬ゆい♀1年【んぁぁッ…///敏感になっていく乳首に指先が触れる。気持ちイイが溢れて、もっと、いやらしくいじめて欲しくて、抱きつきながら耳元で…ゆいの乳首…食べて?なんておねだりしてみたり】   (5/26 01:36:24)

水瀬ゆい♀1年(先輩の掌がゆいの掌に重ねられ、一緒になってゆいが感じる場所、クリトリスを直接弾く。強烈な快感がゆいの理性を飛ばしついに快感に従順なゆいに変貌して)ふぁぁッ…ぁ、せんぱッ…ー///気持ちぃ…の、もっと…して…ゆいのここ…もっと、こすって?(先輩の指を使ってのオナニーに夢中になって腰を揺らし)ん…ッーーッ…ぁ、や、だぁッ…♡せんぱッ…指ッ…くにくにッ…して?(ビクビクと快感に背中を丸め、抱きつきながらキスが欲しくて熱を孕んだ目でみつめ、舌先を突き出して絡めあう)   (5/26 01:33:06)

影月 士♂2年【ゆいちゃんのおっぱい、とっても柔らかいですね…触り心地がとても心地よくて…♪(ふよふよ、ふにふにと感触を堪能しつつ、もみもみと手のひらいっぱいにゆいちゃんの胸を揉みしだいて…少し手汗が着いちゃってるからか、それが乳首に擦れちゃう…】   (5/26 01:26:36)

影月 士♂2年……ふふ。(そろそろ完全に回ってきた頃なのであろう、彼女は我慢の限界になったのか、息が上がってきちゃっていて。それもそのはず、この媚薬と言うものは生物を発情させちゃうモノなのだから…ビクン、と外からでも分かるぐらいに彼女が跳ねれば、効果は想像以上のものとなっている様子…)…ね、ゆいちゃん…そのあつさ、僕が治してあげるよ…?(自分が隣にいると言うのに、彼女は無意識なのか、自分で疼いているのであろう場所に手を伸ばしたかと思えば、下着越しに触れているようで。自分も興奮している様子を見ては我慢出来なくなってきて、そう聞きながら彼女の手に自分の手を重ねれば、その手と一緒に下着越しに触れてみて…)   (5/26 01:23:40)

水瀬ゆい♀1年【ひぁっッ!?ん…ッ…せんぱ…意地悪…///ふよふよと感触を楽しむようにしたから上へ持ち上げたり好き放題揺すられる。まじまじと食い入るように見つめる先輩の視線だけで感じてしまうなんて、なんて浅ましい身体だと呪いながらも、しっかりと甘い感覚の虜になっていて】   (5/26 01:20:48)

水瀬ゆい♀1年なんでぇ…ッ…せんぱ…ッ、ぁ、…(ドクドクと脈打つ身体に息が上がる。下腹部がじいん♡と疼き、熱が集まり、じわじわと蜜が溢れ出ているのがわかる。乳首もツンと立ち上がって、ブラジャーが擦れるたびにビクンと身体が跳ねるようで。触って、欲しい…。めちゃくちゃに満たされて、ゆいのメスの本能を暴いて欲しい…なんて、理性が揺らぎ始める)あつい…ッ…の…///おかしぃ…よぅ…///(ぐちゃぐちゃに掻き回されたい…ヒクヒクと求めるように疼く場所に手を無意識に伸ばして、下着越しに指が触れる。クチュ♡といやらしい水音とともに強烈な快感に思わず身体が跳ねる)ふぇぇ、ッ…♡ぁ、…うそ…ッ…   (5/26 01:16:06)

影月 士♂2年【ふふ、こっちの方が凄くえっちじゃないですか♪さて、それじゃあ……(ひたすら恥ずかしがるゆいちゃんにくすくす…可愛くて笑いが堪えきれない。と、なんとなく昨日は触れていなかった二つのたわわなモノの方に手を伸ばして】   (5/26 01:07:30)

影月 士♂2年(その隣で、自分は何事もないかの様に振る舞い続けながらも、どうなるのかという妄想を始めていて。えっちな感じで甘えてきちゃうのか、それとも積極的に自分を求めてくるのか、はたまた…妄想に少しばかり気をとられそうになりつつ、彼女に寄り添うようについていて…)…何か、起きちゃった?(彼女はどんどん発情していってるようで、顔は赤く染まり始め、目には涙が少しばかり溜まり始め、だがその目には嬉しさや悲しみは感じず、むしろ自分を求めるかのように目を合わせてきて。)   (5/26 01:05:18)

水瀬ゆい♀1年【ふぇぇ、ッ…ん…なんで下着だけッ…///(器用に下着だけ脱がされ、着衣したままの扇情的な格好をさせられる)もう…///   (5/26 01:02:14)

水瀬ゆい♀1年(とろとろと甘いシロップに全身が溶けていくような甘い疼きに支配されていく感覚。秘部に隠された敏感な場所がトクン、トクンと血が集まり、ふっくらと実を結ぶように膨らんで敏感になっていく。)なんでぇ…?(身体がいやらしく反応してしまっている事を知られたくないのに、頭がもやがかったようにはっきりしない。撫でられた場所からピリピリと電流が走って、今はどんな感覚もキモチイイに変換されていくようで、顔は紅潮し、涙目…明らかに発情モードのいやらしい熱を帯びたゆいと先輩の目が合う)   (5/26 00:58:55)

影月 士♂2年【およ…随分と可愛い下着を着けてますね♪(服から覗かせる薄紫の下着を見ては自分も興奮しちゃって、さりげなくゆいちゃんに勃起したモノを擦り付けながら…そのまま、下着だけ取り払おうと試みて】   (5/26 00:52:59)

影月 士♂2年ん、それなら良かった♪(彼女の知らない自分の秘密。…まぁ、秘密という訳でもないのだが…それは、部屋に自作の媚薬がたんまりとあることである。当然、自分が何を作っているのかは彼女はきちんとは知らないであろう。)ん、あつくなってきちゃった?おかしいな、僕はそんなに暑くないけど……(と、とぼけておきつつ、彼女の身体の異変には気付き。一応不安そうなにそっ…と、優しく頭を撫でて不安をかき消させるようにしてみる。…あつい、という事は、媚薬は確実に彼女を支配していることであろう。)…大丈夫?なんか、そわそわしちゃってるみたいだけど…(ふと、そんな様子に気付けば、ちらりと彼女の表情を伺おうとしてみて…)   (5/26 00:50:00)

水瀬ゆい♀1年【ふぇぇ、ッ…な、に、脱がせッ…///先輩のえっち…ー///はだけた服からチラチラと覗かせる薄紫色の花をあしらった清楚な下着。最近、新調したお気に入りだ。】   (5/26 00:46:18)

水瀬ゆい♀1年(コクリ、コクリと飲み干していく姿を先輩が嬉しそうに見ているのがなんだか恥ずかしい…。新しい栄養ドリンク…かな?先輩が熱心に部室で開発している試作品…なのだろうか?)甘くて飲みやすい…ですよ?なんだか、元気…に…(元気になったような気がします…と言いかけたゆいが言葉に詰まる。ドクン!ッ…と胸が踊るような感覚と、全身の肌が粟立ちゾワゾワと敏感になっていくような感覚。何より、下腹部がじいん♡と疼くような甘い感覚に不安になったゆいが先輩を見つめて)ふぁッ…、ぁ、れ…?な、んか…///あつい…?   (5/26 00:42:54)

影月 士♂2年【ふふ、やだやだ言ってもダメですよー、これはお仕置きなのですから…♪(そのままちゅ、ちゅっと短いキスを繰り返してから、ゆいちゃんの服を脱がせに…というか、はだけさせようとしてみて】   (5/26 00:35:33)

影月 士♂2年でも、こういうのは嫌いじゃないでしょ…?(昨日の事から、彼女は意地悪されちゃうのも好きなのだと分かっていて。少し勇気という代償はあるものの、それで得た彼女の可愛さというものはなによりも大きくて。)うん、飲んでみて♪(実は彼女用に、際限なく甘く感じるような味に仕上げているのでとても飲みやすいはず。…もしかしたら、これに病み付きになってしまうかもしれないが。飲み終わった彼女が言葉を発すれば、辺りが甘い香りに包まれ始めた…)どう、美味しい?(そう問いかけてみながら、彼女の身体に何か起きていないか確認してみて…)   (5/26 00:33:18)

水瀬ゆい♀1年【ふぁッ…ゃだ、ゃだぁッ…///(イヤイヤしながらも先輩に奪われる満たされたいゆいの征服欲求が甘さに変わって、意地悪されるたびに下腹部が疼くようで、恥ずかしくて。】   (5/26 00:30:50)

水瀬ゆい♀1年(耳元で甘く囁かれて、かぁぁっと赤くなる。普段なら恥ずかしがって絶対に言わないセリフをプレゼントされ少しだけペースを崩される。)先輩の意地悪…///(小さくつぶやきながら、そうだ!とガサゴソと鞄の中から小瓶を取り出す先輩)なんですか…?えっと、飲めばいいの…?(なんの疑いもせずにキュポン!と蓋をあける。甘い香りのする液体はトロリとゆいの喉を通り、口腔内を甘さが満たしていく。)あま…ぃ、シロップ…?   (5/26 00:27:43)

影月 士♂2年【んん、大丈夫ですか~…w本心見せちゃってません…?w(ほっぺたつんつん】   (5/26 00:22:36)

影月 士♂2年【昨日ゆいちゃんがしたことなんです、お互い様ですよ…?(そう言いながら、逃がさないようにとちゃんと手首を掴みながら、何度も何度も首筋に付けちゃって。ありったけ付けた後、ゆいちゃんの顔をじっと見つめて…)…ちゅ…♪(と、口付けしちゃって】   (5/26 00:21:40)

影月 士♂2年(彼女は嬉しくなったのか、くるくると回ってスカートをひらひらさせていて。それを見ていると、妖精でも回っているのだろうか…何故だか、そんな気持ちで見ちゃってしまい。そして、抱き付かれれば少しびっくりするものの、そっと抱き寄せて…)…もー、しょうがないな…//(甘えんぼな彼女に、褒め言葉を送るというのも中々照れ臭くて。…少し、彼女にも照れてもらおうと思い、耳に顔を寄せては「綺麗で可愛い、僕の彼女ちゃん…♪」なんて囁いてみて。)…あ、そだ。そいえば、そんなゆいちゃんにプレゼントがあるんだよね~…(なんて言いつつ、持ってきた瓶を見せてみて…)これ、飲んでみて?(と、彼女に渡してみて。さて、彼女が飲むとどんな風になってしまうのだろうか…?)   (5/26 00:18:04)

水瀬ゆい♀1年【しまうれしいってなんだーw】   (5/26 00:16:25)

水瀬ゆい♀1年【ピリッと首筋に跡をつけられて、先輩のケダモノ発言にかぁぁっと赤くなる。ふぇぇッ…///バカ…ぁ、見え、ちゃう…///明らかに露出する場所につけられた所有印に赤くなりながらも、なんだか、うれしいのと恥ずかしいのと、早く奪われたいなんて感じてしまうれしい】   (5/26 00:15:43)

水瀬ゆい♀1年(かわいい…なんて言われると、くすぐったい気持ちになる。褒められて心の中で小さくガッツポーズ。先輩好みのコーディネートだったようで、うれしくなって、くるくると回ってスカートをひらひらさせてみせて先輩に抱きつく。)かわいいのは…服装だけですかー?ちゃんと彼女も褒めて下さい♪(なんて、赤くなりながらの甘えたモードで)   (5/26 00:11:58)

影月 士♂2年【ふふ、今日の僕はケダモノですよ~…がおー。(まんざらじゃなさそうなのを見てくすくす。手始めに…昨日された仕返しに、首筋にちゅっちゅっとキスマークを付けてみたり…】   (5/26 00:03:58)

影月 士♂2年ん、お邪魔します…わ、凄く綺麗だな…(実際女子の部屋にはあまり入った事がない為か、自分も自分で緊張が少し混じっていて。何かやらかしたりしそうで少し怖くなりつつ、彼女の部屋を見回してみれば、ゆいちゃんっぽいな、と思わせるようなものばかりで。と、アイスティーとお菓子でもてなしてくれる彼女に、「ありがとね♪」とお礼を言いつつ、アイスティーを一口。…丁度自分の好きな味だったからか、「おいし…」なんて呟いちゃって。)え…あ、ありがと。ゆいちゃんも、私服、かわいいね……//(かっこいい、なんて言われれば少し照れてしまいつつ、自分からも率直に言って…)   (5/26 00:02:35)

水瀬ゆい♀1年【ふぇぇ、ッ…!?押し倒し…なんて、先輩の…ケダモノー…(まんざらじゃない)】   (5/25 23:56:37)

水瀬ゆい♀1年(大好きな先輩が部屋に存在してるという事実にドキドキが止まらない。こんなんじゃ、浮き足立って、はしゃいでしまっているのがすぐ伝わってしまう。落ち着いて、落ち着いて…と言い聞かせて、先輩にアイスティーとお菓子を出してもてなす。一緒にやりたいゲーム機も用意したし、準備は万端!先輩と目が合うときゅぅぅッ…として、顔が赤くなってる姿を見られてしまった。ぁぁ、やっぱり…好きだなぁ…と自覚しまう。)あの…!私服も…かっこいいです!(心の声ダダ漏れ)   (5/25 23:55:30)

影月 士♂2年【ふふ、覚悟です♪(早速、ゆいちゃんを抱き締めて押し倒そうとしちゃってみたり】   (5/25 23:50:00)

水瀬ゆい♀1年【仕返しー…ッ…て(汗)】   (5/25 23:47:48)

影月 士♂2年【あ、そうそう…折角ですし、ついでと言ってはなんですが…前回の仕返しでもしちゃいましょうかね♪(ちらっ】   (5/25 23:47:10)


更新時刻 02:58:31 | 過去ログ | ルーム管理