PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
ルームの名前の意味がわからない人は来ないでください。
 [×消]
彪牙っ…秋…、おい、やめろ汚れる(かなり欲情し切ってしまっている、そもそも注射を下手にやったら相当痛い、今の状況でやるとかなり…敏感な体に刺激が行くと辛い…。眉間に皺を寄せてはどうすればと少しばかり困惑をする)   (2/19 17:00:29)

秋灯((んん、太ももに擦り付けて……やな。   (2/19 16:58:36)

秋灯ん、ふ、……(すり、すり、とすり寄って。すでに自我はないに等しい。くちゅ、くちゅと性器を擦り付けて。はぅ、と瞳を蕩かせる。とろん、と、肩に頭を乗せて甘えるように。   (2/19 16:55:41)

彪牙…っ……出来たぞ…(注射器の中に細い針で先程の調合して作り終わった液体を収めては、体に空気を入れてはダメな事は分かるので針を上に、少し押して空気を完全的に抜き、彼女の袖を方近くまで捲っては)っ…どうすればいい、注射の刺し方なんぞ経験した事がないから教えろ…俺には分からん(そう言っては微かに震える自身の手に微かな不安と緊張が煽るように出ては汗が滲み出る)   (2/19 16:45:38)

おしらせ彪牙さん(Android 118.155.***.13)が入室しました♪  (2/19 16:38:09)

秋灯………………、ふ、ふ、ふぅ……(とろん、と手をパタパタと動かせば、そっと起き上がりぐったり、と彪牙にもたれかかる。)   (2/19 16:24:33)

秋灯((すまん、   (2/19 16:21:41)

おしらせ秋灯さん(iPhone 60.101.***.204)が入室しました♪  (2/19 16:21:30)

おしらせ滞在時間が360分を超えたため、彪牙さんが自動退室しました。  (2/18 00:52:51)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、秋灯さんが自動退室しました。  (2/18 00:51:47)

彪牙………(薬を指示されたとおりに、一つ一つ細かく小匙で測っては入れて、粉状のもあればそれを少しちょっと、量を間違えず器用に入れて溶かして液体状にしたりして、黙々と真剣に進めていく)   (2/18 00:35:44)

秋灯…………(こく、と頷けば、少しずつまぜていって、と一個ずつ指示をしていく。量を見るための小匙であったり、大きめの大さじ、目盛りのある小瓶まである。   (2/18 00:30:56)

彪牙駄目だ、とても手が震えている お前は俺に指示をしてくれ 俺がちゃんと調合し薬品を作る (空き瓶があったのでそれを自身と細い太腿に優しく挟んでは固定し、小瓶に入っている薬品をよく見ては中に入っている薬品の名前が良く書いており、これを見ながらかと思いつつ空いてる手で持っては見つめて)   (2/18 00:24:11)

秋灯…………(薬品名のラベルが貼ってある。それをまずは空瓶に移し替えて、混ぜれば良いのだろう。)………ぼ、くが、する、から、……か、して、…………(と逆の手も伸ばす。ゆら、と。   (2/18 00:18:30)

彪牙ん、ん??…何を言っているんだ!?手…手だな(袋を開けたら少量所持している小瓶に入れられている薬品が出てくれば、注射器と入っており、それを中から取り出す前に手をきゅっと握ってやり、薬品に手を付けるのは初めてなのかよく分かってない、少し、ちょっと不安そうな表情で浮かべている   (2/18 00:06:25)

秋灯……あけて、……あんぷ、………る、に、………(と途切れ途切れながらも薬の調合を教えていき、手をゆらゆらと彷徨わせて。やはり心細いのだろう。   (2/17 23:59:57)

彪牙腰袋…あれか………手を離すぞ(そう言っては、ゆっくり彼女から少し離れるように腰袋に手をかけては持って、持ったまま彼女の方に目線を向けて)これをどうすればいい   (2/17 23:53:24)

秋灯………、おしえるから、……それ通りに、して、……(あぁ、綺麗好きなのに、手を握らせてしまっている。ふーっと呼吸を常中に徐々に変えれば、)……あの、腰袋に、はいってるます、から………(と目線で彪牙に位置を教えて。   (2/17 23:47:51)

彪牙嗚呼、わかった …助けてやるが お前はどうして欲しい…薬を調合して…やりたいが俺はお前とは違う そう言った知能は無い…(困ったように表情を歪ませ、彼女の掌をきゅっと握ったまま離さず)   (2/17 23:45:15)

秋灯…………ふ、ぅ、……(こくこくと頷けば、きゅっと瞳を閉じて。あつい。…たすけて欲しい………。頬を赤くして。   (2/17 23:41:07)

彪牙……ん、…わかった…(そう言ってはするっと、彼女の手に触れるも少し躊躇い、触れていいのかすらも分からない彼女に、自身と言う昔行われ受け続けた罪が伸し掛る、指をそっと彼女の掌に触れては、きゅっと握って、恋人繋ぎをしてみては)これで…いいか(っと上体を浮かして秋灯の瞳を見つめて)   (2/17 23:37:39)

秋灯…、は、………(ふるふると震えていれば抱きしめられてこちらも抱きつく。きゅ、と。)て、て、……にぎって、………、(とおねだりを。初めてでこわい。お世話になった師範達がよぎる。あぁ、………なんで、こんなこわいんだろう………。   (2/17 23:32:45)

彪牙((合意欲しそうにすな………((((合意を欲しそうにする、は消してね   (2/17 23:31:33)

秋灯………   (2/17 23:30:04)

おしらせ秋灯さん(iPhone 60.101.***.204)が入室しました♪  (2/17 23:29:40)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、秋灯さんが自動退室しました。  (2/17 23:29:35)

彪牙っ………………(動かしていた手や指先が止まると同時に、離れるように手がベッドに着き、彼が怯えて名を呼ぶ姿が昔の自分と同じ…身体を売ってる時の自分に似て見えて、あの時を思い出す…とてつもなく怖いんだ…脅しと罵りが聞こえて あちこち気持ちいいのか悪いのか分からない感覚に襲われ続けて…誰かを呼ぼうとも…来ない残酷な時間が…余っ程辛い…。苦しそうな表情を浮かべては、ぎゅっと強く彼女を抱き締めては)…しゅうと…怖がらないでくれ…たのむ 俺のせいなんだ…責任を取らせてくれ 頼む…痛くしない 大丈夫だ…苦しませないから……(ぎゅっと、自分自身を抱き締めてるようで怯えつつも秋灯を強く抱き締めて…合意を欲しそうにする)   (2/17 23:24:34)

秋灯………っ、……(こわい。こわいこわいこわい。……脅しのようなそれが、頭を回る。)……きょぅ、……じゅ、ろ、…さん……(小さな声で師範の名を呼んだ。助けに来るはずはない。ともしび、ともしびの…毒抜きは、……効かないだろう、先ほども少しともしびがはいっていたんだ、……、)……(ころり、と外れた面が遠くに見えた。いつ、外したんだろう。……あぁ、思い出せない。瞳を閉じて耐える体制をとる。大丈夫。こんなのへっちゃらだ。   (2/17 23:09:21)

彪牙なら、自分で処理してみろ そもそも貴様に性処理が出来るのか?出来ないだろう 俺はお前に欲情なんてこれっぽちもしていない…貴様の為に俺はお前を治そうとしている 苦しいまま 辛いまま 熱いままがどうしても嫌なら今だけ 今回だけ体を委ねろ…それでも嫌なら体が動かないまま苦しみのたうち回っていればいい…(どうする…それでも嫌だ怖いだ文句言って逃げるか、っと呟けば最後の忠告をしてかなり真剣で険しさある表情して眉間に皺を寄せてはじっと真っ直ぐ見つめる、欲情していない)   (2/17 22:58:09)

秋灯ひっ、ぁ、……ふ、や、だ、………や、…(頭を振っていれば、白いシャツの彼が眩しい。)あぁ、やだ、……こわい、こわ、い………やだ、、や、……(ずる、と逃げを打つ。男の人も女の人も、人間は一様にこわいものだ。   (2/17 22:48:37)

彪牙っ、そんなことをしてたら辛いままだ!治らんぞ!!(ドサッと彼を、いや、彼女を掌で優しくベッドの上に横たわし膝と膝を両手で掴めば股を開かしその間に体を寄せては、自分の身につけている羽織を脱ぎ靴を脱いでは隊服の上と下を素早く脱ぎ床にぽいぽいと投げ捨て、シャツだけの姿になっては、白シャツと同じ体の色をしていて真っ白な身体をしている、微かに太腿や足首などに数箇所縛られていた過去の傷跡が残っているが今は気にしてる暇は無いと判断して、彼女のまんこにまた指をすりすりと、ぬちぬちと擦り付けては、小さな豆に触れたであろうクリトリスをくちゅくちゅと弄る)   (2/17 22:43:01)

秋灯ぅ、あぁ、……(きゅっと体を丸めて、股を閉じてしまう。こわい。やだ、……と頭を振り。)……ひっ、ぁ……あぁ!!(次は体を伸ばして口元に手をやり、ぎゅっと手で口を覆う。)   (2/17 22:30:24)

彪牙……女か……(初めて知った…此奴 女か…、褌を脱がしてやると男性のように逸物も何も無い、むっちりしたまんこが目に映りひくひくと動く様子が見てとれる。指でゆっくり撫でるように優しく触るとねっとりとしていて、ぐちゅっと音を立てては豆をコリっと骨ばった指で触ってしまう)   (2/17 22:24:16)

秋灯………ふひゅ…………………(はふはふと息をしながら、下着は少女のようなものだ。柄がついていて、少し色が変わってしまっている。)……ひゃ、……や、……ふぅ、ぅ………(とろんとした瞳で彪牙を見ていて   (2/17 22:12:36)

彪牙ん……わかった…(するするっとゆっくりズボンと靴紐を解いてブーツも同時に脱がしては、じわりと先走りがとろとろと溢れていたか、ねちょりとしたおもらしの様な形で着用している褌が濡れており、それも一緒に脱がしては)   (2/17 22:01:34)

秋灯………、は、……おねがい、……します、…………、(ときゅっと体を丸めながら、力がこもりすぎて、爪先が丸まっている。   (2/17 21:54:19)

おしらせ秋灯さん(iPhone 60.101.***.204)が入室しました♪  (2/17 21:52:38)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、秋灯さんが自動退室しました。  (2/17 21:52:35)

彪牙落ち着け 秋灯 俺が何とかする…嫌かもしれんがしょうがない…俺もとてつもなく嫌だが、治す方法としては外に出すと言う事…一度射精か放尿して 様子を見てまだ駄目だったら繰り返しになる…嫌だったら蹴るなり殴るなりすればいい、だが、治らんからな…(っと言っては彼のベルトを丁寧に華奢な指で緩めては外してやり)   (2/17 21:40:49)

秋灯………ぜ、んぶ、……(も、やだ、……狂ってしまいそう。熱い。ときゅっと目を閉じてふるふると震える。)……へん、…やだ、………こわい、こわい…………(と抱きついていて。燈の姿は先ほどから見えない。   (2/17 21:32:33)

おしらせ秋灯さん(iPhone 60.101.***.204)が入室しました♪  (2/17 21:31:11)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、秋灯さんが自動退室しました。  (2/17 21:04:26)

彪牙俺は胡蝶じゃないしお前でもない、だから配合してくれと言われても俺は分からない、でも……お前今の体の症状は何だ、頷くだけでもいいしその症状が同じなら全てとも言ってもいい、質問する、体が酔ってるように上手く力が入らないか、 身体中がさっき以上に敏感か 、熱くて火照ってるか? (そう質問責めで)   (2/17 20:53:51)

秋灯………は、…(ふるふるとあたまをふる。…作ればある。材料もある。だけど頭が動かない。はいごぅ、して…………。と抱きついており。   (2/17 20:44:18)

彪牙ん、…??、どう…したんだ??、お前…もしかして俺に使った解毒剤一つだけだったのか? 無駄な事を…お前自身が強いのであれば何故俺なんかに ……っ、どっちにしろお前が使えば良かったものの俺は自分で何とかなるものだったのに…しょうがない(そう言っては周囲を見渡しすぐに宿の部屋の中だと理解すれば近くにベッドはあるなとわかって、今の彼に触りたくないがしょうがないんだと思って応急処置に彼を力を振り絞って抱き寄せ、抱き締めては足に力を入れて立ち上がり、ベッドに腰掛けさせて)   (2/17 20:42:02)

秋灯…………、は、………くるし、ぃ、……あ、っ、……ぃ、……………(たすけて、くださ、い………と小さな声で言い。)   (2/17 20:33:14)

彪牙ん……ふ、んぅ……う?…(何度も何度もしつこいぐらいに唇にキスをしてくるので、それに反応して嫌々にも瞼を薄ら開けば目を空けて、視野がぼやけつつも至近距離で見える秋灯を見つめて、まだボケてる頭の中では今の状況が理解出来ないが…)あ…つい……どうした…んだ(目を擦ろうと掌でくしくしと擦っては視界を整えようとする)   (2/17 20:32:02)

秋灯ん、………ふ、…………(ちゅっちゅ、と片太腿を両膝で挟んで何度も何度もキスをして。あつい、あつい、……たすけて、………ひゅ、ぅが…………、   (2/17 20:27:14)

おしらせ秋灯さん(iPhone 60.101.***.204)が入室しました♪  (2/17 20:25:20)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、秋灯さんが自動退室しました。  (2/17 20:22:26)

彪牙んっ…………(じっくりと寝ている間に口と鼻を摘まれては塞がれて、息が出来なくなって苦しく眉間にピクっと眉を寄せては、ゆらりと手を胸元やら肩やらに触れて押そうとするも弱くふいっと横に向こうとする)   (2/17 20:08:12)

秋灯……………は、……、(ふらり、ととろけるような瞳を開けばそっと体を起こして、……彪牙の鼻をつまみ口を口で塞ぐ。…へんだ、へんなかんじだ。…酒に酔ったように体が言うことを聞かない。   (2/17 20:02:00)

彪牙((おかえりんさい!!!   (2/17 20:00:53)

おしらせ秋灯さん(iPhone 60.101.***.204)が入室しました♪  (2/17 20:00:42)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、秋灯さんが自動退室しました。  (2/17 19:54:22)

彪牙………(すよすよと起きる気配も無い、深く眠りに着いている彪牙に秋灯が擦り寄ってもビクリともせずそのままでいる。因みに関係ない話をすると夢の中はお花畑である)   (2/17 19:37:44)

秋灯…………ふぅ、………(すり、と彪牙のふとももに頭を押しつけて悩ましげに擦り寄る。きゅぅと羽織を握って。   (2/17 19:34:06)

彪牙……………(すぅ…すぅ、まだ起きる気配はあらず秋灯の呼吸が妙に変に、毒…と言うより体を弱体化させる効力を持っている為か媚薬剤として働いているせいでもあるものを秋灯自身回ってしまっていることすらまだ寝ている彪牙には理解し難い……)   (2/17 19:22:51)

秋灯………………(すぅすぅ、と瞳を閉じて肩を上下させており…)…………んっ、……ふ、……………(きゅっと体を丸める。先程の毒が呼吸を緩めたことにより出てきたのだろう。はふ、と頬を赤くして。   (2/17 19:15:59)

彪牙((もう少しとは……(本当にソレとは思った)((((こんばんちゃーー!!!!   (2/17 19:14:55)

秋灯((もう少しとは。こんばんちゃーー   (2/17 19:14:16)

おしらせ秋灯さん(iPhone 60.101.***.204)が入室しました♪  (2/17 19:14:03)

彪牙……………(すぅ、すぅ、静かな寝息を立てながら、宿まで秋灯が運び入れて座らせられそれでも起きずにすよすよと寝ており、あともう少しで彪牙が目を覚ます…だいたい2時間後に…   (2/17 18:57:33)

おしらせ彪牙さん(Android 118.155.***.13)が入室しました♪  (2/17 18:52:46)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、秋灯さんが自動退室しました。  (2/17 10:47:13)

秋灯…………ん、………(重たいしでかい、……しんどいなぁと思いながら宿に入り、受付を済ませる。宿の部屋に入れば、壁際にもたれさせて、力尽きたのか、そっと隣に寝転がり丸々。瞳を閉じて。すぅ、と。   (2/17 10:26:06)

おしらせ秋灯さん(iPhone 61.205.***.30)が入室しました♪  (2/17 10:24:34)

おしらせ彪牙さん(Android 118.155.***.13)が退室しました。  (2/17 00:42:01)

彪牙((ぬ!!ごめんね返事遅くて!!!(誰も言ってない)ぐっすりおやすみなさい!!僕もお休みする!おやすみなさい!!そしてお疲れ様です!   (2/17 00:41:58)

彪牙…………(すよすよと、彼にいつの間にか奢られてるのも腕を相手の首まで組んで運ばれてるのも、宿まで泊まってるのも、彪牙が起きてない時は確実に寝ているので覚えは無い、すよすよとぐっすり寝ていて)   (2/17 00:41:04)

おしらせ秋灯さん(iPhone 60.101.***.204)が退室しました。  (2/17 00:24:12)

秋灯((すまん、ねる………おやすみ…………、   (2/17 00:24:09)

秋灯…………、(うぅ、眠たい。あまりにも気持ち良さそうだからこちらも寝そうになってしまう。うと、うと、と船を漕ぐも体を伸ばして起きよう、と。)…すみません、勘定。…二人分で。(といえば鎌口の財布からお金をぴったり取り出して、彪牙に肩を組ませてそのまま店を出る。身長が違うからか、ずる、と引きずってしまい。そのまま宿へ。…店より宿の方が安全だろう、と。   (2/17 00:23:53)

彪牙…………(すぅ……すぅ……、っと寝息を立てて、ゆっくりまったりと休んでおり腕を組んで寝続けている   (2/17 00:19:15)

秋灯………(お、正解。手を離して。ふぁ、と自分もあくびをする。店屋も空き時間に入ったらしく、かなりひとがまばらだ。   (2/17 00:05:42)

彪牙ん……………(嫌そうな表情が徐々に素に戻り、落ち着いたようにむにゅっと表情が柔らかく口角がちょっと上がって、薄笑み浮かべる、いい夢に変わったらしい)   (2/16 23:59:44)

秋灯…………(髪のほうがいいのかな、と片手を伸ばして、そっと髪に触れる。さら、さら、と頭を撫でて。   (2/16 23:47:47)

彪牙………………ん、……うん〜…(眉間に皺を寄せて嫌そうな表情を浮かべては、むにゃむにゃと口元を動かす)   (2/16 23:46:40)

秋灯………………(猫。……みたいだ、可愛い。とほわり、と思うも口から指を離す。相手が寝ているのを見ればこちらも眠たくなってくる。右手を軸にして頬杖をつけば、眠そうなまなこで彪牙を見ており   (2/16 23:38:46)

彪牙ん……(ちゅっと唇に触れる親指をふにっとした唇で緩く挟んでは、あむあむと甘く噛んでいて、…何やら夢の中で好物を食べている様子だ)   (2/16 23:30:49)


更新時刻 17:09:37 | 過去ログ | ルーム管理