PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
千年の時を経た古代の遺跡がありました。
周囲には、未踏の地、王陵の宝を求める人々が溢れ街を作ります。

ここは喧騒渦巻く往来を外れた裏通り。
立ち並ぶ建物の中に、砂埃に汚れた売春宿がありました。

宿に足を踏み入れると、虚空を見つめる宿主代理が素っ気なく客を迎えます。
「いらっしゃいませ。」

※オーナー代理が部屋に居なくても、そこにいる設定です。好きな言動を取らせて構いません。

■入宿者は名前を記入しご入宿下さい。
お名前(性別) プロフに紹介など

男性は入宿時に2d6+2でお財布の中身を決定します。
女性は娼婦として働いて頂きます。支払われたお金は宿と折半。チップは懐に入れて下さい。

じめじめした部屋      1G http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=287618
隣の部屋の音が聞こえる部屋 3G http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=287605
ベッドがやや柔らかい部屋  5G http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=287620

パンスープ 0G  
エール   1G
蝋燭    2G  延長代
避妊具   0G  基本仕様。腸袋
避妊薬   2G  経口
発情薬   2G  塗った部分の感度が数十分ほど1.3倍くらいになります
同衾料   2G  娼婦と一夜を共にします(娼婦が居ない時、宿主代理が相手をします)


外部サイト https://otogihako.x.fc2.com/index.html
 [×消]
おしらせネム♀さん(Android au.NET)が退室しました。  (3/21 00:25:12)

ネム♀(カウンター裏に引っ込んでからだったので、ルトスさまの独り言ちる声は届きませんでした。いつも通り、というかお決まりに、人肌に温まったお湯を張った桶とタオルを持ち。避妊薬も持って、二階へと上がるルトスさまのお背中を追いかけていきます。)   (3/21 00:25:08)

おしらせルトス♂さん(docomo spモード)が退室しました。  (3/21 00:21:28)

ルトス♂…大人しく口説かれそうな顔してるくせに、これだもんなぁ…♡(名残惜しく思いつつも、一度ひらひらと手を振りながらカウンター裏へと引っ込んでゆくネムちゃんを見送ったのち、独り言を漏らしながら身を翻しました。そして、今のたったこれだけのやり取りでしっかり発情し、身体を熱く滾らせながら先に部屋へと移動してゆきました。この宿で一番お高い、けれど他の宿に比べればまぁまぁくらいの品質をした柔らかいベッド目指して、ふんふんと少し鼻息荒げに歩いてゆきました。)   (3/21 00:21:11)

ネム♀ぇ、えと、わひゃっ(手を出さないと思う?の問いかけに答える間もなく、ルトスさまの手が腰に回って素っ頓狂な声が出ます。普通のスキンシップに慣れていないのが露呈します。そのままルトスさまと連れ立ってカウンターに。記入されていく様子とルトスさまの字を、ちょっと興味深げに眺めていますと。)…いやです。 って、言うと思いますか? …宜しくお願いします…♡(意趣返しのつもりです。が、断る理由が一つもありません。ひとまずは桶とタオルを用意しようと、ちょっと名残惜しげに離れてカウンター裏に引っ込みます。いそいそと。)   (3/21 00:17:40)

ルトス♂…ネムちゃんが目の前にいて、俺が手を出さないと思う?(顔を伏せながら両手を椅子の左右について立ち上がったかと思うと、ネムちゃんのすぐそばまで顔を近づけながら逆に問い掛けました。そのくせ答えを待つことをせずに、腰に手を回します。)というわけでフーリエちゃん、一人指名で♡んー、5Gの部屋と避妊薬をとりあえずお願いしようかな。(発情薬について少し悩んだものの、とりあえず先送りにしながらネムちゃんを連れ立ってカウンターまで歩み寄り、さらさらと記帳を済ませました。そして同衾2G、部屋5G、避妊薬2Gで合計9Gを提示しました。)って事で、ネムちゃんこそ大丈夫?(一応、指名してしまえば客商売である以上否定はされないでしょうが、改めて問い掛けました。なにせ親しい友人などに近しい、決して遠くない距離感ですっかり過ごしてしまっているので、やっぱりイヤですと言われたら落ち込みつつ引く事はする状態です。)   (3/21 00:09:24)

ネム♀それは大変でしたね…(そう言えば、表通りの方もいつもより人気は疎らだった気もしますが。如何せんあまり出歩かず、お宿内から出ることは殆どありませんので、ちょっと不思議に思っておりました。ルトスさまはお忙しかったようです。)え、ぇえ…? そんなことは、ないですよ?(不意なリップサービスにどぎまぎしてしまいました。自分のほっぺたをむにむにしてはみます。強いて言うなら、ほんのりと練り香水の甘い香りがするくらいでしょう。)…今日はお泊まりに、なりますか?(他の娼婦さまをお待ちになるという事もありますので、ルトスさまにお尋ねしてみます。)   (3/21 00:04:16)

ルトス♂謝られる事なんてないよ、あぁでもネムちゃんとシたかったのはあるけどね♡しかし…最近は遺跡の中だけじゃなく、周辺も空気が良くなかったからさ。(やれやれ、と肩を竦めながら苦笑します。早々に有識者たちの指導により対処為されましたが、遺跡から謎の病気が罹患者により持ち出されてひと騒ぎあったのでした。決して綺麗好きが多いわけでもない冒険者連中の間では爆発的に広まり、魔女狩りよろしく感染の疑いがあると殺されかねないケースまでありました。そんな冒険者事情。)やー、元気で何よりだよホント。ちょっと綺麗になった?(安っぽい口説き文句に聞こえますが、どことなくネムちゃんが元気な気がしてそんな風に問い掛けました。)   (3/20 23:55:37)

ネム♀はい、お久しぶりです。お元気そうで何よりで。(ちょうど新聞からお顔を覗かせたルトスさまと視線が合います。此処のところは何度か行き違いがあったことをフーリエさまから聞いていましたが、ちょっぴり懐かしさを感じます。)ご心配をおかけしてすみません。元気ですよっ(急にお休みを頂いたのもありますが。元気、という言葉通りにおさげ髪をぴょこりと跳ねさせるように頷きました。)   (3/20 23:51:53)

ルトス♂おぉ、ネムちゃん。そこそこ久しぶり!(がしゃ、と新聞を少し皺寄せさせながら視界を開かせると、そこにちょうど、とててと寄ってくるネムちゃんの姿がありました。顔を合わせそこなっていたのものあり、口元を緩ませながら片手を掲げて挨拶します。客という立場なので、ふんぞり返ってこそいませんが座ったままです。)おかえり、元気してた?(あっさりめの挨拶と共に出迎え、新聞は気持ち丁寧に畳んで懐にしまいます。)   (3/20 23:44:21)

ネム♀(本日もお宿は開店です。普段であればフーリエさまの開店準備のお手伝いを申し出るのですが、ちょっぴり寝すぎた模様です。)おはようございます。(業界用語と言うべきか、お勤めに入る前にはお馴染みのようなご挨拶をカウンターにいらっしゃるフーリエさまに、目を擦りながら致します。…と、)ルトスさま、いらっしゃいませっ。(目についたお客さまのルトスさまに姿勢を正します。お仕事終わりのルトスさまの元へと参ります。とてて。)   (3/20 23:40:57)

おしらせネム♀さん(Android au.NET)が入室しました♪  (3/20 23:34:15)

ルトス♂(冒険者向けに、遺跡の出入り口あたりで頻繁に売り込まれている新聞を広げ、適当に読みふけってゆきます。特に隅っこの方にある、一応ノンフィクションという体裁で連載されている冒険活劇は読みどころです。今日は遺跡の内部でトラップを踏んで死にかけたけど、実は巨大なモンスターを仕留めるのに一役買っていた、という話でした。)遺跡の罠として設置されてるゴーレムが…トラップで転がってきた大岩で粉砕されるワケないだろ…。(罠と罠が干渉しあう状態で仕掛けるような人間の携わった遺跡なら、もっと攻略も容易だったろうな。と感慨に耽っています。)   (3/20 23:22:13)

ルトス♂こないだはちょっと、いやかなり申し訳ない懐事情だったけど…今日は大丈夫。大丈夫だから。(ほんの四枚だけ硬貨がカウンターに放られたあの日の空気は中々忘れられず、非常に申し訳なさげに言いました。けれども今日はたっぷり手持ちがあるので、言葉の後半は自信たっぷりです。娼婦が誰かしら来ればすぐ目に付くであろう辺りの席を借りて、今日は荷物も無いのでそのまま腰を下ろしました。とはいえ腰には短剣などを帯びているので、かちゃかちゃと少しばかりの金属音が鳴りました。)   (3/20 22:53:54)

ルトス♂2d6+2 → (5 + 5) + 2 = 12  (3/20 22:51:16)

ルトス♂お、こんばんは。まだちょっと早い時間だから開いてないかと思ったよ。(今日は殆ど手荷物もなく、大抵何かしらを背負っている事が多い身分としては珍しい出で立ちで宿を訪れます。フーリエちゃんが居たので声を掛けつつ中に入りますが、流石に娼婦の指名を急くわけでもありません。どちらかというと、あてもなくウロウロしていたら金銭を無駄遣いしそうだったので、娼婦待ちがてらお邪魔しようという魂胆でした。)ん、じゃあそういうワケで、隅の方で待たせて貰うよ。…え?あぁ…今日の手持ちは…。   (3/20 22:51:11)

おしらせルトス♂さん(docomo spモード)が入室しました♪  (3/20 22:46:16)

おしらせフーリエ♀閉店作業さん(180.3.***.171)が退室しました。  (3/15 06:22:59)

フーリエ♀閉店作業(おつかれさまでした。)   (3/15 06:22:52)

フーリエ♀閉店作業(謎のテスト)(締め作業を終了した少女はのそのそと2階に上がって行きました。久々に体に堪えるお勤めだったので、翌日は多分筋肉痛です。)   (3/15 06:22:42)

フーリエ♀閉店作業1d100 → (56) = 56  (3/15 06:21:46)

フーリエ♀閉店作業1d100 → (7) = 7  (3/15 06:21:44)

フーリエ♀閉店作業うん…。(ポム、と帳簿を閉じて頷きました。しっかりと朝まで寝てしまいましたが、夜に備えてまた睡眠をとらなくてはなりません。)   (3/15 06:21:41)

フーリエ♀閉店作業帳簿…(収入計算を簡易化したので、オーナールームはいらない…。いらないかもしれません。本日の収入は3G+5Gです。)   (3/15 06:17:54)

フーリエ♀閉店作業(宿の娼婦や朝お出かけになるお客様用に味の薄いケチりきった穀物粥を作ります。いまいちルトスさんのもってきた調味料の使い方がわからないので、これの利用は他の娼婦さんに任せていました。)   (3/15 06:16:32)

フーリエ♀閉店作業(朝の早い時間。外套を身にまとい、のそのそと閉店作業をはじめます。表の看板をしまい、溶け切った蝋を回収し、カウンターを軽く掃除します。)   (3/15 06:14:50)

おしらせフーリエ♀閉店作業さん(180.3.***.171)が入室しました♪  (3/15 06:12:00)

おしらせフーリエ♀さん(180.3.***.171)が退室しました。  (3/15 03:17:07)

フーリエ♀1d100 → (9) = 9  (3/15 03:16:59)

フーリエ♀(そして唐突にテストです)   (3/15 03:16:55)

フーリエ♀(じめじめしたお部屋には、良いかけ布は用いられません。常連のお客様相手とはいえお値段相応のつぎはぎの目立つ布を、心に全く躊躇いなく取り出し小脇に抱えます。ぬる湯を桶にいれて、比較的綺麗な布をつけそれを手に、のたのたとお部屋へ向かいました。)   (3/15 03:16:37)

おしらせルトス♂さん(docomo spモード)が退室しました。  (3/15 03:14:08)

ルトス♂…やっぱ娼婦なんだよなぁ、フーリエちゃん。(木の実を用いた儀式が済めば、あっさりと艶やかな女の色を見せるその姿に、敵わないなとばかりに言葉が漏れました。カウンター裏へと戻っていったフーリエちゃんを軽く手を振りつつ見送ってから、お楽しみの前に一仕事ということでタンスを再び持ち上げました。それを備品室にそっと押し込んだのち、部屋へと移動するでしょう。)(というわけで移動です。)   (3/15 03:13:50)

フーリエ♀ん……。(目を細めて舌をくるめ口の中に木の実を招き入れました。もごもご。) ……♡(喉におとすと、べ、と舌を出して、淀んだ瞳に艶っぽい色が宿ります。) では、お願いします。(ぺこりと頭を下げて言いました。タンスの運搬でなくこれから行われる交尾演習のご挨拶です。結った髪をふわりと、きびすを返してカウンター裏から宿泊用具を取ってくることにします。)   (3/15 03:10:57)

ルトス♂あー、備品室備品室。(語感を繰り返し言葉にして確かめつつイメージをしながら、それっぽい場所を自分で探そうと結論付けます。どうせ部屋数も多くないので分かるでしょう、恐らく。と、そこで名前を呼ばれたので振り返ると、差し出される木の実。久しぶりだねコレ、と口に出しそうになりましたが静かに交わされるべき事だと覚えていたので、そっと木の実を受け取りフーリエちゃんの咥内に差し込みました。丁寧に舌の上に乗せます。)   (3/15 03:07:38)

フーリエ♀そうですね。それでは宿泊棟の右側の備品室に…。(エントランスつきあたりから先の部屋を身振りで案内します。言葉で伝わるかは謎ですが、狭い館なので歩いていけばわかるでしょう。)あ、ルトスさん。(そして木の実を差し出しました。口半開き。)   (3/15 03:05:28)

ルトス♂ありがとう、こちらこそ。(部屋の準備を、と打ち出してくれたフーリエちゃんが、意味ありげに少し考え込むポーズを見せたので黙したまま見守りますが、避妊なしで大丈夫と許可が出て背筋がぞくりとしました。が、すぐにフーリエちゃんがその事実を黙っておくか否かで迷ったんだな?と理解しました。でもやっぱり興奮の方が勝って今からやる気満々です。)じゃあ先に部屋…行く前に、タンスを運ぶよ。どこに置いて欲しいとかある?   (3/15 03:02:43)

フーリエ♀気にする事はありませんよ。いつも足を運んでくださってありがとうございます。お部屋の準備しますね。(言ってから、折った指を口元に。視線を横に動かして少し考えてから答えます。)今は、避妊しなくて大丈夫ですよ。(例の呪い期間みたいなのは終わっていましたが、お金をもらえるかな?と一瞬考えてやめておくことにしました。)   (3/15 02:59:22)

ルトス♂いや…ごめん、俺も今日のお財布事情忘れてて、自信満々な態度で入って来ちゃったから、うん。(一生懸命、落胆する気持ちを表に出さないよう努めてくれてるのが分かりました。なんだかんだ長くはないけど短くもない付き合いです。)というわけで、一番安い部屋で…フーリエちゃんを呼ばせて頂こうかなと思う次第でございますが。避妊薬お安くなったりする?(悪びれもせずに、ピーン…と硬貨を一枚弾き上げてキャッチしながら冗談めかして言いました。)   (3/15 02:55:38)

フーリエ♀……(カウンターに降りた視線、その瞳にすっと淀んだ色が戻ります。)なるほど。(こくりとうなずき。) 大丈夫ですよ。当宿は3Gからご利用いただけますので。(プレゼントを頂いた手前、落胆は見せないように努めています。そう、頂いた家具のことを考えればお安く買われても全然プラスだと思います。)   (3/15 02:51:48)

ルトス♂(そういえばフーリエちゃんを抱き寄せたままな事に気付いて、ゆっくり手を離れさせます。所持金4Gの男がどや顔で女の子抱いてるわけにはいきません。)そっか、いや俺としちゃフーリエちゃんに相手してもらえるのは嬉しいんだけど…これよ。これがね、ちょっと。(ちゃりんちゃりん。申し訳ない表情でカウンターに袋をひっくり返します。溢れ出す4G。)   (3/15 02:48:34)

フーリエ♀(ファンブルを目にしました。)そうですね、今日は他の娼婦の方はお勤めが終わりましたので。もうしわけありません。(近い状態のまま下から見上げつつ、悪びれている様子の一切見えない謝罪をいたしました。)   (3/15 02:46:13)

ルトス♂(その軽さを手にした瞬間、ハッとした表情になって今日の出来事が想起されました。実はプレゼントとかいって格好つけたこのタンスの為にお小遣いからポンッと支払いを済ませたのだった、という事です。所持金4G、恐らくここを利用するにあたって持ち込んだ最低値です。)えっと…あ、もし娼婦取るとしたら今日はフーリエちゃんかい?(そもそも人がいないという事では?と考え、訊ねてみました。)   (3/15 02:44:27)

フーリエ♀(間取りが完全に自分の頭の中にしかないことを把握していない長耳です。)(2F→5Gの部屋。 1F→1,3Gの部屋です。)   (3/15 02:42:52)

ルトス♂2d6+2 → (1 + 1) + 2 = 4  (3/15 02:42:22)

ルトス♂ん?んーそうか…そうだな。俺一人なら最安のあそこでもいいんだけど…。(ひとまず悩みます、若干言い淀んだ通り自分だけで借りるなら1Gのお部屋でまったく事足りてしまうので、問題は娼婦を取るか否かでした。ひとまずごそごそ、と胸元からお小遣い袋をピックアップ。)   (3/15 02:42:15)

フーリエ♀……?(視線を交わしたまま小首をかしげました。)嬉しいです。たすかります。(体を撫でられながら、口角を ニ…と薄くあげます。少しそうしてから、ぱ、と両腕を離して、ルトスさんが離すかはそちらに任せました。) 今日は、二階のお部屋が埋まってしまっていますが。どちらにお泊りですか。(話を戻します。)   (3/15 02:40:11)

ルトス♂(ちなみに物音が止んだそうなので冒険者センスで聞こえた物音も恐らく幻聴でした。これで遺跡を生き延びてきたのか。)   (3/15 02:38:20)

ルトス♂うわ、フーリエちゃんの目が輝いてる。(胸中で「うわ、フーリエちゃんの目が輝いてる」と思いました。全部声に出ました。お礼と共に抱き着かれると、流石娼婦は抜け目がないな…と感心しながら腰に手を添えて軽く撫でました。)   (3/15 02:37:45)

フーリエ♀(ちなみに物音はついさきほど止んでいました。ご自慢の聴力とは……。)   (3/15 02:37:31)

フーリエ♀本当ですか……。(冒頭で家具の老朽を嘆いていた長耳は普段森の奥の沼のように淀み切っている瞳をかすかに輝かせました。)ありがとうございます。(タオルを首元からおろし、腰に両腕を回して。柔らかい体を密着させてお礼を言いました。媚びるすべ心得その1です。)   (3/15 02:35:38)

ルトス♂おーよかった…このご時世じゃあ帰ってくるつもりがあるにせよ、無事とはいかなくたっておかしくないし。てことは客取ってる最中か。やっぱネムちゃん働きものだなぁ…。(その聴力はフーリエちゃんに劣るかも知れませんが、単なる耳の良さではなく形容しがたい気配やらなにやらという、冒険者的センスも込々で察しました。というかいつもそんな感じだったので御馴染みです。)あ、そんでもってこのタンスとやらは、俺からのプレゼント。投資って考えて貰ってもいいよ、お世話になってるからさ。(そうして、ぽんぽんとタンスを触ります。口元がふさがれてむぐむぐしたりもしますが、そう言う事になるのが予測できたので喋るタイミングは調整しました。)   (3/15 02:32:52)

フーリエ♀ふむ……。(説明される箱をちらと見つつタオルで顔や首元を擦ります。視線が外れると不器用露わになり口元をふさいだりしたことでしょう。ルトスさんの腰に片手をあてて伸びをして、そこそこ密着した状態です。)はい、お帰りになりましたよ。相変わらずお元気そうでした。今は……おられませんが。(耳をぴこりと動かし言いました。優れている聴覚には2階から物音が聞こえていますが、わざわざ伝えることもないでしょう。)   (3/15 02:28:47)

ルトス♂まあね。ほら、しばらく前に着替えをどっちゃり押し付けたのに、それを置く場所の事考えてなかったと思って。タンス?って言うらしいんだけど、ほら横長の箱がいっぱい詰まっててさぁ。(ふぅ、と息を吐き出したところに濡れタオルが当てられたので、ありがたく拭かれる事にします。そのついでにぺらぺらと説明。喋りまくるのもいつも通りと言えばそんな感じです。)あ、泊まる泊まる。そういやネムちゃん帰って来た?こないだビックリしたもんね俺。(宿泊する旨伝えつつ、背負う為に巻きつけるなどして固定していた縄を外してゆきます。あとはこれをどこかしらに運び込めば、そのまま衣装用のタンスとして使えることでしょう。)   (3/15 02:24:36)

フーリエ♀今日は随分と大荷物ですね。(例によって話しかけられる内容よりも自分の思考が先に口に出る対応がなされます)今日はお泊りですか。(少し奥に引っ込むと、タオルを手に荷物をエントランスで降ろし始めるルトスさんにそっと近寄り営業をはじめます。濡れタオルを両の手に持って、特にアクションがなければ無造作に顔にあてはじめることでしょう。)   (3/15 02:20:37)

ルトス♂ふぃー…こん、ばん…わっ、と!(今宵は随分と大きな荷物を背負って、のそのそと安宿の中へと踏み入り現れます。しかしそれは大きさの割には軽い事が、揺れ具合の重量感などから分かることでしょう。自身の身の丈よりも一回りほど大きいソレは、非常に軽い素材で出来た衣類の収納ケースです。木製の骨組みに特殊な樹脂で形作られています。)あれ、フーリエちゃん。こんばんは…今日は起きてるね。(普段もここを訪れればフーリエちゃんに対応してもらっていましたが、だいたい伸びたままになっていたのでなんだか懐かしい気持ちでした。ひとまず声を掛けつつ、荷物を降ろしてからひと息つきます。)   (3/15 02:15:28)

フーリエ♀【どうぞどうぞお気になさらず。お久しぶりです。】(空気の流れで人の訪れを感じます。そちらにのったりと視線を回しました。)   (3/15 02:12:15)

ルトス♂【変なタイミングに入ってしまった、俺のことは気にしな…と話を促そうと思ったけど既に退室も済んでいたもよう。】   (3/15 02:11:00)

フーリエ♀【いえいえ、足を運んでくださりありがとうございました。ぺこり】   (3/15 02:10:27)

おしらせテレシア♀さん(docomo spモード)が退室しました。  (3/15 02:10:18)

テレシア♀【ぁっ…すみません熟読しておりませんでした。失礼いたしました。】   (3/15 02:10:08)

おしらせルトス♂さん(docomo spモード)が入室しました♪  (3/15 02:09:51)

フーリエ♀【こんばんは。同性での情事をご希望でしたでしょうか。ルールがわかりづらくて申し訳ないですが、お客様→男性 娼婦→女性 と割り当てさせていただいています。】   (3/15 02:09:33)

テレシア♀【こんばんは…。お客は同性でも大丈夫ですか??】   (3/15 02:07:30)

おしらせテレシア♀さん(docomo spモード)が入室しました♪  (3/15 02:07:00)

フーリエ♀ん……。(両の指を組み、胸の前に押し出して伸びをしました。古びた椅子がギシっと音を立て、不安を感じさせます。家具はお安くはありません)……。(そっと姿勢を正してからお尻の下の木椅子を見つめました。長らく生活を共にしている相方に、今ここで倒れられるわけにはいきません。近く税の支払いや備品の仕入れが待っています。)   (3/15 01:53:11)

フーリエ♀ふうむ。(そっと両手を合わせ。良客を部屋に案内し、しっかり稼ぎを入れてくれるネムさんに無表情で感謝をしています。二階からかすかに漏れ聞こえる情事の音。ボロ館ゆえ防音性に期待はもてませんが、かえって娼館らしさが演出されていると思う事にしています。暗くなった館内にぽつぽつと蝋の灯りを灯してから、カウンターにひじをのせぼうっと来客を待っています。)   (3/15 01:42:06)

おしらせフーリエ♀さん(180.3.***.171)が入室しました♪  (3/15 01:39:19)

おしらせネム♀さん(Android au.NET)が退室しました。  (3/14 23:57:22)

おしらせフロウ♂さん(Android SoftBank openmobile)が退室しました。  (3/14 23:56:35)

フロウ♂(お先にお部屋に入りますね。)   (3/14 23:56:32)

フロウ♂(…やはり水が貯まっているだけに長いこと持つのは大変だ。良くもまぁ持っていられたものだ、なんて内心関心しつつ…彼女の言葉に軽く頷いてから…後に続ける形で上へ上がろうか。…一滴でも水を零さぬようにその足は慎重に。)   (3/14 23:56:08)

ネム♀わ、ゎ、(持っていた桶とタオルはフロウさまに人質(?)にされてしまいました。お客さまに持って頂くのは内心で申し訳ないと思いながらも。)ぅ。はい…では、ご案内いたします。(お皿に乗ったパン、それからグラスに注がれたエールをそれぞれ両手に持ち、フロウさまを二階へとご案内いたします。)   (3/14 23:53:18)

フロウ♂…いや、向こうの部屋で頂く。だから、そのパンとエールをこっちに寄越してくれないか。それとも、桶とタオルを持つぞ?(客とはいえ、小柄な娼婦の彼女に何から何まで持たせるのは如何なものかと思ってしまうのだ。…それならばと持っていた桶とタオルをやや奪うような手つきで此方が持っては「パンとエール、持ってきながら、部屋の案内を頼む。」……またしても彼女を困らせるかもしれないが、そんな顔を見るのも内心楽しみだったり。)   (3/14 23:48:54)

ネム♀は、はいっ、畏まりました。(ひょこ、とカウンター裏から顔を出してよいせよいせと桶とタオルを持って現れます。本日は5Gのお部屋、避妊薬2G、同衾料2G、無料のパンと、エール1Gでしめて10Gです。フーリエさまも何処か満足げでした。)えと。パンとエールはお部屋でお召し上がりになりますか…?(エントランスでも大丈夫ですが、お部屋にお持ちするには両手がめいっぱいになってしまいます。ちまいので。)   (3/14 23:45:08)

フロウ♂(─────10G。ジャラ、と、音を立てた袋にいい音だ、なんて小さな言葉を漏らしながら。)…ネム、今夜はこの宿で。…追加で、避妊薬、そして…パンとエールを。(この宿では一番高めの部屋、そして同衾代と薬代、酒と食料を頼んでおこう。後は彼女がカウンターから出てこちらの注文を承ってから…案内をお願いすることに。)   (3/14 23:39:22)

ネム♀(エントランスも広いという程でもなく、ちょっと拭けば綺麗になるのはフーリエさまがフーリエさまを始めお勤めの娼婦様方が綺麗にしてくださっているからでしょう。くるりと一周した後、入口からお客さまがお見えになります。)フロウさま、こんばんは。いらっしゃいまし。(ぺこりとお辞儀をしてご挨拶です。言うまでもなく娼婦はわたくし一人のみですので、フロウさまがお決めになる間に雑巾を片付け、桶とタオルの準備のために一度カウンター裏に引っ込みます。)   (3/14 23:37:14)

フロウ♂2d6 → (6 + 2) = 8  (3/14 23:32:16)

フロウ♂(…久方ぶりに来た気がする。closed、という看板はなくけれどもopenの立て看板が見当たらず。…宿が満員御礼なのかどうかを確かめるべく扉を開けてはエントランスを見渡せば。ワンピース姿の娼婦を発見。…目と目が合えば、以前“買った”ネムであることを確認してからゆるり、軽く片手を上げて) …やぁ、また来たぞ。……少し外見を変えたかも知れないが…ああ、気にしないでくれ。冷やかしじゃなく泊まりに来た。(挨拶はこの程度に、そそくさと腰に吊り下げていた金貨袋を取り出しては…カウンター机の上に乗せておこう。さて、先程得た金額は…)   (3/14 23:32:00)

おしらせフロウ♂さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (3/14 23:26:44)


更新時刻 20:20:28 | 過去ログ | ルーム管理