PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
★★重度のエナジードレインや技量を失うレベルドレインを味わうお部屋です★★

メインルーム奥にある個室です。
当サロンで仲良くなったサキュバスと素敵な時間をお過ごし下さい。

室内は、清潔なベッドとソファーがあります。足りない備品はサキュバスに申しつけて頂く事で対応可能です。(魔法等で…)

※法改正により、ドレイン制限がなくなりました!キャストとよく話し合って、ドレイン量などの取り決めをして下さい。取り決めの記録は公式に残ります。

★★サキュバス達の食事部屋なのです!★★

※ここは館内で本来不可能な行為をするための部屋です。
※客との直接契約を成立させれば、その範囲でNGはありません。
※この部屋ではサキュバスに捧げるエナジーやレベルに応じて、文字通りの『魔性の快楽』を得られます。
※捧げすぎに、ご注意下さい。

☆白扉のように通常のプレイでも大丈夫だ…。勿体ないがな。by伯爵☆
★良い時代になったな。私の復活まで、もう少しだぞ? by伯爵★

(メインルーム)
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=288241
 [×消]
おしらせライラ♂商人さん(220.132.***.35)が退室しました。  (9/11 03:26:57)

おしらせナイトメア♀夢魔さん(126.33.***.26)が退室しました。  (9/11 03:26:54)

ライラ♂商人【はい、お疲れ様でした、おやすみなさい】   (9/11 03:26:46)

ライラ♂商人【いい感じのところで、良ければまた続きたいです~】   (9/11 03:26:33)

ナイトメア♀夢魔【了解です。では、どうもお疲れさまでした。】【良い夢を、どうか。】   (9/11 03:26:32)

ライラ♂商人【では、今日は一旦ここまで、機会があればまた続きましょうか】   (9/11 03:26:06)

ナイトメア♀夢魔【ただ〆の文章を書く場合は、明日とかになるかもでうでう。】   (9/11 03:25:38)

ナイトメア♀夢魔【今夜はどうもありがとうございました。中断か切り上げか、どうしましょうか。】【切り上げる場合は、〆の文章をこちらで書きます。】   (9/11 03:25:10)

ライラ♂商人【はい、分かりました、こっちもそろそろ限界です】   (9/11 03:24:35)

ライラ♂商人あぁ..大好きだよ、ナイトメア...(完全に魅了された男が、淫魔に応じて、相手の名前を呼びながら、さらに力を入れて膣をこじ開けて、狭い膣穴の中に突き込んで、淫魔の体内を抉るように侵入しつつ、熱くて膣壁が肉棒を飲み込むのように絞めつけ、味わうことがない激しい快感が波のように頭に衝撃する)ナイトメア、気持ちいい..中が熱くて...!(相手の細い腰は激しく揺れ、男根をしゃぶるように扱いて、その動きに返事するのように、男もまるで相手を突き上げるのように激しく腰を振って、名器も言える膣の感触に強烈な射精感を頭に来る)もう..ナイトメア..!!(両手がお尻と胸を強く鷲掴みして、溜まっていた精子を淫魔の子宮にぶっ掛けるのように一気に中出し、割れ目との直結部から精液と愛液が溢れ出す、それと共に、自分の体から何か気力や生気のようなものが出る...)大好きだよ..ナイトメア (それても、男がまた淫魔を強く抱きしめて、耳元に囁いている)   (9/11 03:24:10)

ナイトメア♀夢魔【すみません、そろそろ眠気がきておりますので、中断か切り上げをお願いします…。】   (9/11 03:22:32)

ナイトメア♀夢魔あっ、ん、ぁ、そうっ、くふ、そうそう、っ。(無抵抗の女神は、容易く男の胸に落ちる。肉棒を性器で咥え込み、膣の肉が詰まった壁がぐちゅりと音を立てて締め付けて、包み込み、全身からあの甘い異界のモノの香りが、あなたを満たす。柔らかな乳房に顔を埋める程、あなたは滾り、落ち着き、理性が溶けていく。あなたは原始的な欲求に支配されて、その香りと柔らかさから離れられない。)あぁっ、気持ちいっ、ライラ、っ、僕のこと、呼び捨てにしてよっ、あ、あっ、ん、う、ぁ、っ……ねえ、ライラ、僕の事、好き、だろうっ。(闇があなたに語り掛ける。邪悪があなたを優しく抱擁する。害悪があなたの胸で喜んで、ペニスで乱れて、歓喜する。)(あなたを害している魔物は、あなたを捕らえて離さない。ソレだけは、あなたを見捨てない。あなたの為にある。これはあなたの夢、あなたの悪夢、あなたの為のナイトメア。)ねえ、ライラぁっ、僕の事、もっと、好きになってくれる、よねぇっ。(胸に甘えるあなたの顔をぎゅうと両腕で抱き抱えながら、跳ねるように腰を動かす。きつく締めあげながら、吸い上げるように、膣がしゃぶりついている。)   (9/11 03:10:00)

おしらせナイトメア♀夢魔さん(126.33.***.26)が入室しました♪  (9/11 03:08:21)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ナイトメア♀夢魔さんが自動退室しました。  (9/11 03:08:16)

ライラ♂商人あぁ...(目の前に現れた淫魔の芸術品のような肉体、月光に照らす肌、まるで淫靡な女神のような神聖感があり。目が移すことができず、相手の体をじーっと見つめながら、そのまま姿勢を変えてベッドに座り、両手が相手の腰のところを掴んで、淫魔の股間を自分の方に強く押さえて、座ったまま正面から抱き締めるの感じでナイトメアを犯し始める)ナイトメアさん...!(片手が相手のお尻のところを抱き回して動かし、その動きによって、肉棒がいろんな角度で熱い膣中を抉る。もう片手が乳肉を鷲掴みして、顔が相手の胸に押えて、その香りと柔らかさ感じながら、少し乱暴な感じで乳房や乳首をキスして、たまに甘噛みする)   (9/11 03:00:02)

ナイトメア♀夢魔(あなたに乳房と乳首を、強く、弄り回すように、愛撫され始めると、淫魔は軽く喘いだ声を零した。男の手に敏感に反応して、やや脱力したように腰を落とすと、布越しに、あなたのものと淫魔のものが擦れる。)ん、んぅ、ライラ様……お上手です、…。(淫魔の乳首がつんと立ちあがり、もっととせがむように胸を手のひらに押し付ける。)(そして、立ち上がれば、衣装が黒い塵となって消え失せ、かすかな月光を裸体で浴びる。)(ナイトメアの魔性の肉体。上品なスタイルで、見るものを魅了する、悪魔の女体。きめ細かな肌は、少量の月光でさえ、照っていた。)ライラ様、どうぞご希望を仰ってください。(指先で自分の股の割れ目をなぞる。愛液で輝いている。)私の身体の好きな所を、ご所望ください、ませ。   (9/11 02:47:53)

ライラ♂商人【いえいえ、大丈夫です】   (9/11 02:46:56)

ナイトメア♀夢魔【すみません、まだ書き途中でした。】   (9/11 02:46:41)

ライラ♂商人【お帰りなさい~】   (9/11 02:46:31)

おしらせナイトメア♀夢魔さん(126.33.***.26)が入室しました♪  (9/11 02:46:21)

ライラ♂商人【あら..お疲れ様でした】   (9/11 02:46:06)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ナイトメア♀夢魔さんが自動退室しました。  (9/11 02:45:45)

ライラ♂商人ナイトメアさんの体、とても綺麗ですね..下も、みせてくれませんか?(目の前に現れた濃い紫色のブラジャーとそれに隠された乳房、相手の体を舐めるのように眺めながら、肉棒が相手の股間に当たるくらいに勃起し、両手が胸を集中的に揉み始めると、最初はブラの上から軽く触り、そしていきなり両手が中に這い込んで、柔らかな乳肉を強く握るのように揉み始め、さらに乳首の先端を指先で軽く抉り始める)まぁ..一週や二週間くらいで回復できるなら、大丈夫ですよ(戦闘職ではなくでも、数年間の行商で体力だけは負けない程度の自信がある、言いながら、完全に勃起したモノが女の柔らかな手にシコシコされ、その刺激に、思わず声が出る)おぉ..!!良いよ...ナイトメアさん!(言う通り声を出しながら、相手のブラを上にずらして、指が乳輪を挟んで引っ張り、少し弾力あるの乳首を指腹でグリグリっと弄り始める)   (9/11 02:38:17)

ナイトメア♀夢魔くふ、欲張りなのですね。(手品師のブラウスとシャツが解かれると、濃い紫色のブラジャーに包まれた胸が暴かれるだろう。大きさもありながら、美しく、張りがあって、指で肌に触れて、押し込むと、程よい弾力で押し返す。むしろ指先が包み込まれてしまうと錯覚するだろう。)淫魔には、手加減を求めないと、いけません。さもないと、大変な事になって、しまいますよ。(あなたの下唇に口を寄せて、甘く噛む。そして、舌を滑らせれば、瞬く間にあなたの舌を絡め取り、しゃぶり、唾液を絡ませて、すすりあげる。)(片手が、あなたのペニスに触れて、掴み、先走り液を塗り広げる。それから、素早くこする音。水が、空気を食べて、弾ける音。暗闇の中に、音が増えていく。散っていく。)ちゅ……ライラ様、声をあげたければ、どうぞ、我慢なさらずに。   (9/11 02:25:35)

ライラ♂商人【はい、大丈夫です~】   (9/11 02:18:11)

ナイトメア♀夢魔【すみません、また少し遅れてしまったので、今から書きます…。】   (9/11 02:15:25)

ライラ♂商人(瞼を開くと、もうとある暗い部屋に転移され、全裸にベッドに押し倒される。薄闇の中にもはっきり見える暗い色の瞳を注視しながら、先から興奮してきた肉棒の先端から少し先走汁が滲みだし、ビクビクっと天に向かって反り立つ。)あぁ..では、まずは...ナイトメアさん、このまま激しく、いやらしく、できるだけ淫靡でしてくれませんか?(押し倒れたまま、両手が相手の胸元に伸ばし、手品師衣装に隠された下着に興味があるのように片手で脱ぎ始め、もう片手が服越しに下から持ち上がるのように、柔らかな乳房を揉み始める)   (9/11 02:06:11)

ナイトメア♀夢魔(あなたが瞼を開くと、そこは黒い部屋だった。照明の付いてない、月明かりが差し込むだけの部屋。しかし、その月明かりですから、レース越しのとてもか細いもの。その暗闇の中にも関わらず、淫魔の暗い色の瞳は、闇に溶けない。あなたを見つめて、……あなたをベッドにそっと押し倒す。)ライラ様。ライラ様は、どのようにされるのがお好きでしょうか。(あなたは衣服を身に着けておらず、一方で、淫魔は胸元のボタン一つを外しただけで、大して変わらぬ恰好。)どうぞ、ご遠慮なく。私を獣のように犯したり、全身のにおいを余すところなく嗅いでも。はたまた、私の手や足の、胸や頬の、柔らかさを押し付けられて、甘えるように、私に精を献上して頂いても。 どうぞ、ご遠慮なく。   (9/11 01:57:48)

ライラ♂商人【ありがとうございます】   (9/11 01:50:58)

ナイトメア♀夢魔【よろしくお願いします。こちらが書きますね。】   (9/11 01:50:46)

ライラ♂商人【改めて、よろしくお願いします】   (9/11 01:50:28)

おしらせナイトメア♀夢魔さん(126.33.***.26)が入室しました♪  (9/11 01:50:08)

おしらせライラ♂商人さん(220.132.***.35)が入室しました♪  (9/11 01:48:44)

おしらせアウルム♀サキュバスさん(118.240.***.178)が退室しました。  (8/30 00:20:14)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ゲイン♂アイテム屋さんが自動退室しました。  (8/30 00:19:35)

アウルム♀サキュバスん・・・ん♪(ドレインキスをしながら、ゲインさんの衣服を脱がしていく。前をはだけさせ、ベルトを外してズボンを下ろしていく・・・)   (8/30 00:01:59)

ゲイン♂アイテム屋んんんん〜(唇を重ねられて舌を絡ませられて、徐々に考えられなくなって)んっ、じゅるぅ   (8/29 23:59:30)

アウルム♀サキュバス(まず無理矢理気味に唇を奪い、舌をねじ込んでいく。キスだけでも、少量ではあるがドレインをしていく・・・)   (8/29 23:58:21)

ゲイン♂アイテム屋(部屋が薄暗くなると同時に押し倒されると、アウルムの身体全体が見えて)   (8/29 23:56:09)

アウルム♀サキュバスでは、失礼します・・・(ダークネスの魔法で部屋を薄暗くし、ゲインさんが暗順応でよく見えるようになる前にそっと押し倒すように)   (8/29 23:54:00)

ゲイン♂アイテム屋は、はい。(ベッドの中央に誘われて、指示に従うように座って、アウルムの顔を見る)   (8/29 23:49:28)

アウルム♀サキュバス襲われ・・・わかりました。では、どうぞこちらに・・・(ベッドの中央をあけ、そこへ来るように促して/その方が色々と都合がいいのだろう)   (8/29 23:47:58)

ゲイン♂アイテム屋じゃあ、今回はサキュバス さんに襲われてみたいかな(赤らめたアウルムを見て)   (8/29 23:46:01)

アウルム♀サキュバスも、もう・・・言わないでください・・・(顔を赤らめながら、ベッドのに上がっていく)さ、今宵はどんな風な事がお好みですか?   (8/29 23:43:45)

ゲイン♂アイテム屋あ、あぁ(手を離すと、アウルムの魔法陣を通過すると)おーネグリジェになって、さらにスケベ衣装になったな(まじまじと彼女の姿をみてしまう)   (8/29 23:40:55)

アウルム♀サキュバスあ、少々お待ちください。ちょっと、この格好では動きにくいので・・・(優しく回された手を解き、少し離れる/頭上に魔法陣を展開したかと思うと、それが降りてきてアウルムの体を通過する。するとその格好がドレスからネグリジェになっている)これでよし、と   (8/29 23:36:48)

ゲイン♂アイテム屋は、はい。(魔法のリーディングの読み取りが完了して)ふぅ、これで、アウルムさんとたっぷりとできるわけですね。(アウルムの腰に手を回して)楽しみでやば興奮するよ   (8/29 23:35:04)

アウルム♀サキュバスはい、では少々失礼しますね?(ゲインさんの手を取り、リーディングの魔法で体内情報を読み取り)レベル量、及びマッピングと潜伏のスキルのマーキングをしておきました。これで他の部分には手が出せないよう、自分で縛りを科しておけます。   (8/29 23:32:39)

ゲイン♂アイテム屋あぁ、そうですね。じゃあ、マッピング、潜伏のスキルを差し出しましょう。レベルは、20レベルがリミットでよろしくお願いします   (8/29 23:29:14)

アウルム♀サキュバスえっと、ご存知だとは思いますが、ここでは非常に重度のドレインが可能です。私は、ここに入るのは初めてですが・・・・まず、どの程度の経験、スキルなどを差し出すかを決めておいた方がいいみたいです。そうでないと吸い過ぎかねないので、予めリミットを設けておいた方がいいかと。   (8/29 23:27:00)

ゲイン♂アイテム屋【あはは、お気になさらず】   (8/29 23:25:44)

アウルム♀サキュバス【ちょっとPCが固まってました;】   (8/29 23:25:18)

おしらせゲイン♂アイテム屋さん(iPhone 119.174.***.51)が入室しました♪  (8/29 23:22:20)

おしらせアウルム♀サキュバスさん(118.240.***.178)が入室しました♪  (8/29 23:21:57)

おしらせティア♀夢魔さん(58.146.***.251)が退室しました。  (8/21 02:56:30)

ティア♀夢魔【それではよい夢を…。】   (8/21 02:56:25)

おしらせミヒャエル♂剣士さん(59.191.***.77)が退室しました。  (8/21 02:56:10)

ミヒャエル♂剣士【ええ。それこそ機会がありましたら是非に。それでは時間ですし、失礼しますね。ありがとうございました!】   (8/21 02:56:02)

ティア♀夢魔【はい、機会があれば是非に。他のサキュバスもいます。それぞれに個性のあるサキュバスですので楽しんでいってください。】   (8/21 02:55:35)

ミヒャエル♂剣士【もう本当に楽しませて頂きました! また機会があればよろしくお願いしたいです】   (8/21 02:54:52)

ティア♀夢魔【こちらも楽しみました、ミヒャエル様が楽しかったのならば何よりです^^】   (8/21 02:54:11)

ミヒャエル♂剣士【お疲れ様でした。凄い楽しかったです…】   (8/21 02:53:08)

ティア♀夢魔【これで終わりですね、お疲れさまでした。】   (8/21 02:52:56)

ミヒャエル♂剣士 (目の前に火花が散り過ぎて何も考えられない。虚脱感が身体を重くしていると)……えっ(まさかの二回戦。また絞られてしまったらどうなるのだろうか。しかし、搾りつくされてそれと引き換えにする快感を望む自分がいて、押し倒されると期待の眼を向ける。そして口に突っ込まれた薬を反射的に飲み込んでしまい…)……っく、ぁぁっ……はぁ、はぁ……!(身体に満ち溢れていく危険なまでの力。張っていく力に彼女の中をまだ楽しめると感じながら、甘い誘いに笑って答え。その答えとして、下から腰を突き上げて溢れ出た我慢汁と一緒に命を捧げていく)   (8/21 02:52:18)

ミヒャエル♂剣士【わかりました。そうしましょう】   (8/21 02:48:31)

ティア♀夢魔【次あたりで終わりでいかがでしょう?】   (8/21 02:48:20)

ティア♀夢魔(相手の改めての抱擁に…ぴくぴくと感じながらも、受け入れていき…。)ミヒャエルの力…精子…おいしいよ…。もっとミヒャエルとエッチなことしたい…。(男の力でもかなわないような力で相手を押し倒していき、それができてもできなくても濃厚なキスを一つだけ行っていく…。ベッドのところにある薬を一つ用意し、ミヒャエルの口の中に乱暴に入れていくと…。)それは、ミヒャエルの力を増やすものだから…。もっとお互いに気持ちよくなれるから…もっと楽しませて…。(ぶっきらぼうな声色はなく、少女のような妙齢の女性のような、それでいて包容力に母性を感じさせる言葉で次の行為を促していこうと…。)   (8/21 02:48:14)

ミヒャエル♂剣士(女性をこの男の力でここまで締めたらどこかいかれてしまうのだろうが、力一杯の抱擁でも平気そうなのに深く考えずに安心したように抱きしめて)……ふぁ、あぁっ、あぁあぁぁあ……!(締め付けられる身体。彼女の腕に抱かれて心地よさを捕らわれの身となってしまったような恐ろしさを感じながらも、彼女の絶頂が伝わってきてその昂ぶりが精液を吐き出させていく。その度に力が抜けて奪われるような感覚が走るも、命尽きる気配はない。そういえば酒と言っていたのでその力か……だが初めて味わうサキュバスの凄まじさに、頭は重く痺れていた)これが…サキュバス、か……   (8/21 02:44:36)

ティア♀夢魔(相手が余裕なく、力いっぱい強く抱きしめていたとしてもこちらは苦痛を感じることなく、むしろうれしそうに顔をしかめ、その包容力受け入れている。抱擁しているところでの骨格の硬さは魔族特有のものなのだが、果たしてそれがミヒャエルに伝わっているだろうか…。)はぅぅぅう!!!!熱いぃ!!あついよぅ!!どぴゅどぴゅの精子…おいしぃ!!気持ちいい!!(びくびくびく…こちらもミヒャエルに負けないほど強い抱きしめを行い、相手の抱擁の中で強くエクスタシーに達していることを体の動きと言葉で伝えていた。てぃあが飲ませた薬酒はミヒャエルの体力をすべて奪うわけではなく、その魔力的力を発揮し、枯渇させるようなことがなかった。)   (8/21 02:40:29)

ミヒャエル♂剣士ぅ、ぁ、ま、まずっ……ぐ、ぁあ……!(彼女の身体を強く抱き締めても何の解決にもならない。むしろ身体を密着させて興奮を高めてしまう。それでもしがみ付かずにはいられず、膣内の刺激と凄まじい腰の、自分を犯すような上下に耐え切れず先端から白いものが滲み出す。その瞬間、襲い来る虚脱感が力を込めていた肉棒から、押さえつける力を奪い……)ぐぁぁああっ……!(堰を切ったように噴き上がる濃厚な精液。自分の存在そのものが奪われそうな射精時の特有の虚脱感は、サキュバスに吸い取られるが故か瞳を濁らすほどに力を奪っていく)   (8/21 02:36:09)

ティア♀夢魔はぅぅ!!…やぁあ!!……せいしぃ!!……せいしぃぃ!!…どぴゅどぴゅほしぃぃ!!エッチなお汁、ティアの中にたっぷり注ぎ込んでぇ!!(達した後にも腰を乱暴に上下に動かし、膣内は相手の射精を促すように絡み付きと締め付けを行っていた。そして、相手の絶頂と同時にこちらも達することになろう…。先ほどの虚脱感は二倍となってミヒャエルに襲い掛かるはずだ…。)   (8/21 02:32:45)

ミヒャエル♂剣士(軽口に答え返す余裕がないほどに、彼女の胎内は刺激的だった。ぴったりと隙間なく自分のそれに絡みつき、先端に当たる蠱惑的な場所の感覚に体中の血液が波打つように意識が揺さぶられていく)っく、はぁはぁ、はぁ、はぁ……あっ、ぅぅ……(彼女の言葉に答える余裕すらない。激しい締め付けがトドメを刺したかのように体中に快感を深く刻み付けられた。そして突然、体中を襲う虚脱感。自分の命と時間が吸われて餌となってしまう何とも言えない感覚――ああ、これがサキュバスに吸われるということなのか。ではその次は――)んぎっ……あが、はあぁ……!!(目の前に火花が散り、断末魔の声をあげるかのように叫ぶ。そして勢いの良い白旗が上がるように、命の奪われる寒気と交換で齎される快感で精液が引っ張り出されていく……)   (8/21 02:28:31)

ティア♀夢魔できるものならやってみろ…。ふぁああ…っぁあ!(腰をうんと沈み込ませれば、しっかりと根元まで咥え込みつつありながらも、奥をこつこつと叩かせ、ペニスの先端を刺激させていく…。まるでペニスの大きさに合わせて膣の中が変わっていくようにぴったりと挿入されていく…。)お前…大きいだろ…。きつくて、辛い…。はうぅ…はぁあ!!いやぁ!!(きゅぅんと一つ強く締め付けが起こり、相手の抱きしめに合わせて体をのけぞらせ、一度達してしまったことを拒否の言葉で伝える…。達した後にミヒャエルに感じられるのは全速力で走っているはずの快楽のところに突然、力が抜けるような感覚を覚えた…。サキュバスの吸精…力が奪われるという感覚を思い出せば、その感覚を肌で退官したことと知ることになろう)   (8/21 02:23:25)

ミヒャエル♂剣士せめて五分は耐えてみたいものである(実際彼女ならそれも可能であろうと苦笑しながら、押し付けられる胸に若干息苦しさと、命の危機にも似た緊張と快感が走る。汗から伝わる濃密な雌の気配に昂ぶりながら、額に汗が滲み彼女のそれと交じり合う)んっぐ……はぁ、はぁっ……こ、これ、は……!(初めて挿入するサキュバスの膣内。男の弱いところばかりを刺激し、激しく吸い上げるように締め付けて絡みついていく中。フェラで五秒、というのが嘘偽りでないように、気を抜いたら精が絞られていきそうな凄まじい快感)……ぁ(気が付けば彼女の背に腕を回してしがみ付くように抱きしめていた。まるで初めて女を知ったみたいな反応だと自嘲しつつも、快感に潰されないよう必死で)   (8/21 02:16:46)

ティア♀夢魔フェラチオさせたら、5秒でいかせてやるからな…。(涼しげな表情の相手の顔を胸で埋めてせめてもの仕返し、放漫は胸を顔で包み込んで無理やり押し付けていく…。汗がこぼれ、雌のにおいに更ににおいを加えていっていた。)なんだよ、入れてほしいといわれてから入れるなんて意地の悪い男だ…な!はぁぁ…。(腰をの上下の運動は屹立をこすり上げる行為となってしまったのであろう…だが、その後に力のこもった男の突き上げは、サキュバスの望む通りのところを貫いていく…。その力のこもったペニスははっきりと受け入れ、強く締まり…膣内の多くある襞は人間の包み込み以上のものを快楽として与え、ペニスの弱いところを強く刺激した。)   (8/21 02:11:15)

ミヒャエル♂剣士次があれば、その口は別の場所で味わいたいところであるがな。今の言葉の戯れも善きものであるが(涼しげな顔で言葉を返す。この男に余裕があるのかないのかは、簡単には匂わせないが)それは楽しみである、な……んぶぅ!?(割れ目に擦りつけていく剛直。蜜液の滑りと入口の柔らかさを剛直に感じながら、試すような気持ちでいて。焦らしを楽しんでいると胸で顔をいきなり包まれ、僅かに苦しそうな声を挙げながらも、その柔らかさに理性が蕩かされて)……ふっ、やはり、女人からのねだりは何時聞いても良いもので、あるな……!(胸の中で吸い込む甘い香に理性が溶かされつつも強がるように。情熱的に擦られるそこに我慢が出来なくなってきたのか、彼女の腰を掴むと膣を硬いモノで分け入っていく)   (8/21 02:05:53)

ティア♀夢魔これでもな…お前よりは長く生きているんだ…。口で勝てる相手なんかなかなかいないんだぜ。(不器用な笑いにこちらは上から目線で見ていこうとするが表情にはすでに余裕もなかった。)俺のオマンコも極上品だぞ…。(相手の膝の上に乗るような姿勢から膝立ちをしている、相手が下着を脱ぐようにすればそれにも協力したであろう…。その後には相手の力に任せてされるようにしていて…)そうそう…でかい体ででかいチンポをしているんだろ…期待して…。って、おいぃ!(割れ目に擦り付けるだけの行為に不満げな声色、また膝立ちのままに相手の顔をこちらの胸にぎゅぅと押し付け、顔を胸で乱暴に包む)もう、我慢できねぇんだから…焦らす…なよ…。(尻や腰を振って、ペニスに入れていこうとするがなかなか当たらず、淫らに腰を振るだけの女となっていた)   (8/21 02:01:13)

ミヒャエル♂剣士ぬぅ、口では敵わぬようであるな。や、悪い気はせぬが……(睨む姿も何だか可愛くて、思わず不器用な笑みが顔に出てしまい)うむうむ。下着姿もそそったが、やはり一番そそるのは女性の裸であるから、な……と(妙齢の女性であるにも関わらず、どこか少女のような恥じらいを交えた声に背徳感を煽られつつ。片足だけ引っ掛けさせた姿もそそるな、とそのままにしつつ)……うむ、少し待っててくれ(若干恥じらいを見せながら少しだけ腰を浮かし。自分の下着を降ろし、ベッドのそばに捨てる。中からは弾かれるように飛び出た剛直が、我慢汁を散らしながら現れて)では……(彼女の腰を掴むと、割れ目に自分の剛直を擦りつける。挿入こそはしないが、反り返った剛直の固さと熱を割れ目に教え込むように)   (8/21 01:56:12)

ティア♀夢魔そうか、俺はかっこいいといわれるとうれしいぜ?(という言葉には余裕はなく、相手を甘えたようににらむ姿を見せていた。)脱がしているほうがいいな…。洗うのが面倒なんだ。こらぁ…だから、食い込ませるなぁ…ってぇ…。(とたんに余裕のない声、低い声が高く、少女らしさを感じるのには背徳感もあるかもしれないが、目の前の女は人間では妙齢の姿をしている。ショーツに手をかけてくれれば、後はと片足だけ脱がせ、もう片一方はそのままにしていた…。)これで終わりとか、中途半端なことはするなよ…。(ジト目で相手をにらみ、次の様子をうかがう。しとり…愛液が股間からこぼれてシーツにシミを作り…そのもととなる足の付け根には毛は生えていなかった。)   (8/21 01:51:41)

ミヒャエル♂剣士男の形容に如何なものであるかと思うのであるがな……(傷跡を触れられて甘い声が上がるのは如何ともしがたく、それが彼女にはそう映ってしまうのかもしれないと割り切りつつも)……ほぅほぅ。では、脱がした方が良いな……どの道、後にもあるので、な……(彼女の表情に普通の可愛らしさを感じながらも、執拗に割れ目を下着に食い込ませるようにして撫でつつ。情けなくも甘い喘ぎとしがみ付くような抱擁に目を細めると、望み通りにと手を離し、ショーツに手を掛け下ろしにかかって)   (8/21 01:47:46)


更新時刻 13:08:43 | 過去ログ | ルーム管理