PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
とある田舎のすぎのこ村は美肌、子宝、精力増強の天然温泉と少し変わった特産品が有る自慢の村

古くからの言い伝え『誘われても嫌なら断っても良いが子孫繁栄の為に女性は出来るだけ村にいる男性の相手をする事』がいつしか村の掟になっている

今日も掟を守っている女性が男性とどこかで・・

☆「村への入村禁止者情報」
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=295584

乱交、複数が苦手な人推奨
じっくり楽しむ・即ハメで楽しむ・どちらも「描写」は必ずお願いします。

氏名+性別+年齢+役柄 プロフに身長、体重、性癖、3サイズ等を書いて下さい 役柄は自由な発想で 年齢は男女18歳以上

時間の許す限り楽しんで下さい。2人目の男性の入室は禁止。会話が成立しない・描写が出来ていない・ルール無視の人には非表示・退出有

挨拶・NG確認などには【】描写は()
禁止行為:スカ、グロ、レイプ、流血、乱入、荒し、多窓、誹謗中傷、暴言、他サイトへの誘導

☆「悪質ワニ(変態)が出る村の混浴露天風呂」
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=288123

☆「すぎのこ村・海水浴場+キャンプ場+団地」
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=305359

☆「特産品物産展+雑談・伝言板室」
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=297596

☆「殿山家関係者と花子のブヒブヒ日記」
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=302537

村長:杉野・虎太郎 ?歳
 [×消]
おしらせ保坂文恵♀33嫁さん(106.72.***.32)が退室しました。  (8/13 01:07:19)

保坂文恵♀33嫁【とりあえず、退散します】   (8/13 01:07:14)

保坂文恵♀33嫁【お疲れ様でした、いつも無理させててすみません】   (8/13 01:06:11)

おしらせ保坂日出男♂63隠居さん(60.112.***.140)が退室しました。  (8/13 01:05:33)

保坂日出男♂63隠居【ごめんなさい、背後急で今夜はここまでとさせてください、本当に申し訳ないです】   (8/13 01:05:26)

保坂文恵♀33嫁(文恵の雫って)何、それ//……ちょっと二人も飲み過ぎだよ!(3人が運動部の部員なら、わたしはマネージャー、そんな関係でやってきた仲間。眉を顰めて、注意するように語気を強めて言ったけど、動じる気配のない佐々木と山田。文恵の雫って言葉に反応したのか一雄がむくっと首を上げて二人に怒ってる……けどもう、目線は部屋の隅の狸の置物に向かって怒ってる……そしてがくんとわたしにもたれかかってきて)やぁ、っ……ちょっ//(一雄を両手で支えてたから、払い除けられなかった……浴衣の裾を器用にまくって、ふくらはぎを撫で、だんだん上へ登ってくる佐々木の足)んっ……ね、どういうつもり……ねえってば//(顔を赤らめながら、脚をもじもじさせるしかなく撫でられるまま)   (8/13 01:00:45)

保坂文恵♀33嫁【了解であります(笑)】   (8/13 00:53:20)

保坂日出男♂63隠居【そうですね、企画が始まったばかりとしましょうか、梓ちゃんの結婚の時期を考えると】   (8/13 00:53:01)

保坂文恵♀33嫁【文恵の雫、発売前?】   (8/13 00:51:57)

保坂日出男♂63隠居(ただでさえそんなに酒が強いわけでもない一雄が、気心がしれた仲間、そして愛すべき文恵との楽しい宴に思わず、酒をあおっては真っ赤な顔をしてどこか苦し気な顔をしている、そんな様子を心配した文恵の心配を他所に山田の進められるままに盃を空にしていく…「一雄、この酒うめ~べ、年間に100本つくれるかどうかの大吟醸だぞ、文恵の雫って名前でもつけっかな?」そう言うと小声で佐々木の足の指のいたずらに困惑して注意する文恵を無視する様な顔で一雄に話しかける佐々木「おっ、いいなぁ、これ文恵さんのどこの雫だべか?」山田がにやりと細い目をいやらしく更に細め文恵の肉体を弄るように見る「お前ら、また、そげな事いいおって」酔っていても文恵の事になると正気に戻るのか、また、怒った顔をする一雄、佐々木の足の指が、文恵の手が払いのけるもの気にすることなく、浴衣の裾を割り開き、文恵の張のあるが吸い付くようなふくらはぎをその足の指で撫で回し始める)   (8/13 00:49:19)

保坂文恵♀33嫁(同年代の、わたしは少し年下だけど……4人だけになった宴の席、3人は学生時代からの仲だから、りっぱな大人になって入るけれどどこか運動部の部室みたいな雰囲気に……どんどん酒を勧められて、どこか意地になったみたいに注がれた酒を煽っていく一雄に小さな声で耳打ちするように)……一雄、ちょっと無理しちゃダメよ……佐々木くんも山田くんも、ね、一雄もうこんなだし//(間に入ったけど「うるへぇー!妻が口出すな」なんて肩を押されて。せっかく止めてあげてるのにと少し頬を膨らませてたそのとき……テーブルの下でもぞもぞする感触。少し屈んで覗くと佐々木くんの足……目線あげるとニヤけた佐々木くんの顔)……ちょっと、やめて//(小声で言いながらテーブルの下で脚を払い除ける……呂律が回らず、もうわたしの肩におでこを乗せてる一雄は気付いてもいない、また足が触れる、何度もテーブルの下で払い除けてる)   (8/13 00:37:02)

保坂日出男♂63隠居【ごゆっくりお待ちしてます】   (8/13 00:32:02)

保坂日出男♂63隠居【いえ、注意するの遅かったですね】   (8/13 00:31:32)

保坂文恵♀33嫁【もう少々お待ちを】   (8/13 00:31:24)

保坂文恵♀33嫁【失礼しました】   (8/13 00:31:10)

おしらせ保坂文恵♀33嫁さん(106.72.***.32)が入室しました♪  (8/13 00:31:02)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、保坂文恵♀33嫁さんが自動退室しました。  (8/13 00:30:56)

保坂日出男♂63隠居【時間に注意を】   (8/13 00:30:28)

保坂日出男♂63隠居(その時、文恵が足元の違和感を感じる、目の前のにやにやといやらしい笑みを浮かべた佐々木の足が、文恵の浴衣の裾をその足ではだけようとしている)   (8/13 00:25:14)

保坂日出男♂63隠居(一雄と佐々木は、まるで対象的なキャラクターだ、しかし、どこか馬が合うのか学生時代からの長い友人だ、ただ、佐々木は女癖が悪いのか、いろんな良からぬ噂も多い、山田も一雄同様、米作りに精魂傾けるタイプ、佐々木に酒造用に特化した米を提供してることもあった、この3人で何かつるむことが多い、人見知りの一雄の数少ない友人だ、それでも、佐々木、山田、自分に遠慮なく文恵にカマをかけることに本当にむかついた様子、村人たちで熱気あった宴の佐々木家の居間も気がつけば、文恵、一雄、佐々木、山田の4人だけだ…一雄のまじに怒ってる顔を見ながら「冗談たべ、冗談、おめと文恵が見せつけるからからかっただけ」佐々木がにやり人の悪い笑みを浮かべる、山田が「まぁ、飲め!ほら、飲め}酒の弱い一雄に酒をすすめる、真っ赤な顔をした一雄が「したら、いい、いいか、お前ら二度と史絵さんにちょっかい出すなよ!」酔った声で大声をあげる「ねぇ、文恵さん、本当にこいつら失礼きま…きわまり…」ろれつが回らなくなってきた様子の一雄)   (8/13 00:25:02)

保坂文恵♀33嫁【いえいえ、すっごい楽しい(笑)】   (8/13 00:10:48)

保坂日出男♂63隠居【すいません、ややこしロルでw】   (8/13 00:10:28)

保坂文恵♀33嫁【ふぅ……(大汗)】   (8/13 00:10:03)

保坂文恵♀33嫁 (だんだん盛り上がってくる仲間内の宴、男性陣の目線が浴衣の襟元なんかに来てるのは当然気付いてるけど、酔った人にそんなこと言っても仕方ないし、さりげなく襟元直しながら)そうそう、女神のわたしのおかげですよ(なんて、わたしもお酒が入ってるから冗談で返しつつ……佐々木と山田の酔いも回って「わたしに嫁に来い」って、冗談に決まってるんだけど、すぎのこ村の男の口調、下品だから……間に受けてしまった一雄が怒った口調)そんな怒らないの……ねえ、ほんとすみません(一雄の背中を優しく撫でてなだめながら、男性人に微笑みながらペコリと頭を下げる)   (8/13 00:09:33)

保坂文恵♀33嫁 (それからは、何事もなく……保坂家の敷地の中の納屋で、一雄と二人で夏祭りのバザールに出品する大賞を取ったズッキーニ の箱詰めなんかをして過ごして。何度か、納屋の向こうからニヤリとこちらを見つめる日出男を目にしたけど、一雄がいると近寄ってもこない。そんなときはわざと一雄に体を寄せたりもした……そして紫陽花柄の浴衣を着て、出かけた夏祭りのバザール会場。虎太郎村長が「品評会大賞受賞! 極太! 一雄のズッキーニ」なんてノボリを用意してくれて。大盛況のうちに終わったバザール、その夜、佐々木家のリビングで、村の発展っていう志は同じ、そう思ってる同世代で囲む宴の席。佐々木酒造は「文恵の雫」と「梓の雫」を企画して製造している蔵元で佐々木は、まあ、この村の男らしい感じ、といえば感じ。宴の序盤は、大賞を取った一雄が無理やり挨拶しろなんていわれて、照れながら村のみんなへの感謝の言葉を述べた。辿々しい口調だったけど、妻のわたしは隣で口を挟まず、一雄と一緒に皆さんに頭を下げて)   (8/13 00:09:27)

保坂文恵♀33嫁(日出男に肩を押されるようにしながら夫婦のリビングに二人で脚を踏み入れる……いつも夫婦で、今朝も二人で朝食を取った欅のテーブルに目を落としながら)こんなこと続けたって……絶対、ろくなことになりませんよ(早く時間が過ぎてことが済んで欲しいと思っていたとはいえ、日出男に強い口調で指示されたとはいえ……今日は自分から服を脱いでしまった……自分から肌を晒して、日出男に自分の体を差し出してしまった……そしてまた、あのたるんだ肌に抱かれて、喘いだ)   (8/13 00:09:18)

保坂日出男♂63隠居【よかった、かなり荒い話の運びなんで心配してました】   (8/12 23:56:53)

保坂文恵♀33嫁【イメージはつかめてますよ。がんばって続けます!】   (8/12 23:55:59)

保坂日出男♂63隠居【とりあえず自分の部分はここで、イメージうまくつかめてますか?】   (8/12 23:55:05)

保坂日出男♂63隠居(どこかライオンを思わせる容貌の佐々木が、少し酔った顔で文恵をぎらぎらとした欲望をむき出しにした目で見ながら「いやぁ、それにしても一雄、おめは本当に油断なんねぇやつだな、文恵さんと結婚したときもどぎもぬかれたけどよ、今回は品評会で大賞だもんなぁ、単純な野菜オタクのバカかともっていたけどな、それとも文恵さんのおかげかぁ?」ぎらぎらとした佐々木の視点が、文恵の浴衣から覗く白い胸元に這っていく、その佐々木の言葉に一雄が「野菜オタクはひどいなぁ…でも、がんばれたのは確かに文恵さんのおかげ、僕の女神だからね」「な~に、ぬけぬけと」佐々木が悔しそうに数尾に言い返すと「文恵さん、こんな野菜オタクと別れて俺の嫁になんね~か」山田が負けじと「俺でもいいだよ」「お前らなにをいう!」酔った顔で一雄が起こった顔をする)   (8/12 23:54:22)

保坂文恵♀33嫁【なんとなく下書きしながら待ってます(笑)】   (8/12 23:53:10)

保坂日出男♂63隠居(そして、その数日後、何事もなかった様な穏やかな日々が文恵と一雄の間に訪れる、今日は、村の祭りのバザールだった、そのバザールに出店した一雄と文恵、村以外のエリアからの来場客もあり多忙ながらも楽しい時間を過ごした二人、そのバザールが終わった後、、打ち上げと一雄の品評会大賞のお祝いを兼ねて数少ない友人の佐々木酒造の佐々木の家に招かれる、そこには佐々木と一雄の友人の山田米屋の山田も一緒だ、モダンで和風なインテリアの佐々木家の居間、漆黑の黒檀のテーブル、掘りごたつ様式になったテーブルを挟んで一雄の前にちょっとオタクぽいマッシュルームカットの山田、そして、文恵の前には金髪で大柄の佐々木が座って、テーブルの上に載せられた山海のごちそうを前に和やかな時間が流れている)【ごめんなさい、まだ、続きます】   (8/12 23:45:01)

保坂文恵♀33嫁【はい、お待ちします】   (8/12 23:38:01)

保坂日出男♂63隠居(文恵の肉体のうま味を知った日出男の肉棒の責は執拗を極めた、いつも一雄と文恵の寛いだ会話を交わす、リビング、そして一雄が拘った欅のテーブルの上に素っ裸に文恵のその白い裸体を横たえるとその熟れきった文恵の体を味わう様に散々舐め回しすっかり、文恵の肉体を淫靡に濡らすとそのそそり立って肉棒で蜜壺を何度も濡らしていって、そして、前日同様、何度も何度も文恵の肉体を貪りつくように犯しぬくと母屋に帰っていった、相変わらず同じ言葉を文恵に吐きかけ「いいか、これはおめとわしの秘密だ、ぜったい、誰さもいいうなよ、いいな、また、おめの畑耕しにくっからな」そう言うと卑劣な笑みを浮かべ満足そうな顔して帰っていく日出男)【続きますね】   (8/12 23:36:57)

保坂文恵♀33嫁【はい、よろしくお願いします】   (8/12 23:26:30)

保坂日出男♂63隠居【では、書き出すのでしばしお待ち下さいね】   (8/12 23:26:09)

保坂文恵♀33嫁【さくっと、はいわかりました♪】   (8/12 23:25:19)

保坂日出男♂63隠居【ははははは、ある意味いい掛詞かなっとwでは、今宵は、日出男のシーンはサクッと流して次の新たなお話へと進めてよろしいでしょうか?確かに日出男、ちょっと飽きましたねw】   (8/12 23:24:44)

保坂文恵♀33嫁【そう、紫陽花がいいなって。なに、その趣のないダジャレ(笑)】   (8/12 23:21:57)

保坂日出男♂63隠居【紫陽花柄が可愛くて素敵ですね、紫陽花がしようかって読めるのもいいですねw】   (8/12 23:21:01)

保坂文恵♀33嫁【村長がいっぱい選べるサイトで用意してくれたんですよ、いっぱいありすぎて迷ったんですけどねhttps://i.pinimg.com/564x/3e/39/22/3e39226cb0986942adbedc5554203a56.jpgこれ!】   (8/12 23:19:39)

保坂日出男♂63隠居【ありがとうございます、早速、今日の話で取り入れますw、どんな柄の浴衣と帯をイメージされていますか?】   (8/12 23:17:24)

保坂文恵♀33嫁【あはは、じゃあ下着つけないで着ることにしよう(笑)】   (8/12 23:16:02)

保坂日出男♂63隠居【あっ、こんばんは、それ以外ありますか?w】   (8/12 23:15:13)

保坂文恵♀33嫁【エッチなこと考えてましたね、ブヒブヒ】   (8/12 23:12:48)

おしらせ保坂文恵♀33嫁さん(106.72.***.32)が入室しました♪  (8/12 23:12:22)

保坂日出男♂63隠居【着物用の肌着があるらしいけど、村の女性には素肌に着てほしいよねw】   (8/12 23:07:31)

保坂日出男♂63隠居【浴衣って下着は、長襦袢でいいのかな?素肌に着るのかな?w】   (8/12 22:59:27)

保坂日出男♂63隠居【こんばんは、ブヒブヒ】   (8/12 22:58:42)

おしらせ保坂日出男♂63隠居さん(60.112.***.140)が入室しました♪  (8/12 22:58:15)

おしらせ保坂文恵♀33嫁さん(106.72.***.32)が退室しました。  (8/12 02:31:17)

保坂文恵♀33嫁【退散します、ブヒブヒ♪】   (8/12 02:31:11)

保坂文恵♀33嫁【……そして梓ちゃんも】   (8/12 02:28:08)

保坂文恵♀33嫁【薺菜さんや麗奈さんも、浴衣で来てくれたりしたらいいのに】   (8/12 02:27:58)

保坂文恵♀33嫁【いませんかー?】   (8/12 02:24:04)

保坂文恵♀33嫁【村長、見てるかな? 夏祭りの時期ですねー。浴衣着てみようかと思ってますよ】   (8/12 02:23:15)

保坂文恵♀33嫁【はい、おやすみなさい】   (8/12 02:22:20)

おしらせ保坂日出男♂63隠居さん(60.112.***.140)が退室しました。  (8/12 02:21:56)

保坂日出男♂63隠居【それでは!おやすみなさい】   (8/12 02:21:53)

保坂文恵♀33嫁【はい、こちらこそ。またお願いしますね】   (8/12 02:21:13)

保坂日出男♂63隠居【よかったwそれでは、今宵も楽しい時間ありがとうございました、また、お願いしますね】   (8/12 02:20:51)

保坂文恵♀33嫁【はい、御の字だと思います(笑)】   (8/12 02:20:05)

保坂日出男♂63隠居【ははははは、やっぱり本物には敵いませんwでも、雰囲気だけでもだせたらまぁ及第点とさせてください(汗)あのキャラはやはり独特なので】   (8/12 02:18:57)

保坂文恵♀33嫁【そうそう、梓ちゃん。ぽいとは思いましたよ。でもやっぱり本物がいいなとも思いましたけどね】   (8/12 02:17:21)

保坂日出男♂63隠居【じゃ、ここは自分的に楽しませてもらいますwそれと、梓ちゃんキャラどうでした?梓ちゃんぽかったですか?w】   (8/12 02:16:18)

保坂文恵♀33嫁【いまいちとは全然思ってませんよ……日出男さんに楽しんでもらえればって思ってるだけで】   (8/12 02:15:10)

保坂日出男♂63隠居【自分の希望としては、一雄との和やかな時間を過ごしてるリビングの欅のテーブルでまぐわうってが背徳的でいいなかって思っているんですよね、まぁ、いまいちなら次へいきますが】   (8/12 02:13:13)

保坂文恵♀33嫁【そういうのもあるのね(笑) どちらでも、お任せします】   (8/12 02:11:26)

保坂日出男♂63隠居【じゃ、ここもさくっと終えて次のシーンいった方がいいですか?次は、一雄の友人たちとの大賞を祝う宴会を考えているのですが】   (8/12 02:10:16)

保坂文恵♀33嫁【いやあ、この間のまぐわい出し切った感があるので……文恵のキャラの維持に苦戦中です(汗)】   (8/12 02:08:16)

保坂日出男♂63隠居【ごめんなさい、とてもとてもいいところなのですが、今宵はここで、やっぱり文恵さん独特の蕩けるロルいいですね、酔いそうです】   (8/12 02:06:58)

保坂文恵♀33嫁(気持ち良かった……それは否定できなくて、でも何か言い返さなければと強がるような口調で)意地なんて……こんなこと、絶対バレますよ(百合子には……でも一雄にはバレないって心のどこかで思いつつも。昨日のことを思い出しているんだろう、抱き寄せながら終始ニヤついた貴方の笑みを見てると、わたしの頭の中にも昨日の光景が消えては浮かんで、それを押しとどめたい一心でサマーニットの上から腕を胸の膨らみにむにゅっと押しつけるように……そしたらその腕ごと貴方に強く抱き寄せられて、貴方の唇が重なる……快か不快か……やっぱり不快、真一文字に結んで、細かく震える唇を、貴方のねっとりと舌が執拗にこじ開けようと)ん、くっ……ん//(鼻から息を漏らして堪えてたけど、耐えきれなくなったように薄く唇を開いてしまって)   (8/12 02:04:56)

保坂日出男♂63隠居【いえ、自分もよくやるんでお互い様です】   (8/12 02:00:03)

保坂文恵♀33嫁【すみません、すぐ時間のこと忘れちゃいます(汗)】   (8/12 01:59:29)

保坂日出男♂63隠居【消えたかと思ってびっくりしましたw】   (8/12 01:58:41)

保坂文恵♀33嫁【まただ(汗)】   (8/12 01:57:56)

おしらせ保坂文恵♀33嫁さん(106.72.***.32)が入室しました♪  (8/12 01:57:48)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、保坂文恵♀33嫁さんが自動退室しました。  (8/12 01:57:42)

保坂日出男♂63隠居(すっかり、作務衣の中で熱くそそり立つ日出男の肉棒に自分の手をを押し当てられると昨日のみだらな肉の交わりを思い出したのか、体の力が抜けたように抵抗をやめる文恵、その文恵の様子ににんまりといやらしい笑みを浮かべ「やっぱり、おめも気持ちよかったんだべ…意地はんねぇで素直になれ…」文恵の手を強引に自分の熱くなる肉棒に押し付けながら、文恵の肉体を自分の胸元に抱き寄せる日出男、文恵の甘い体臭が、また、さらに日出男の興奮を高めていく、まぐわった文恵の肉体、この歳で女の体に溺れるってことが身を持って初めてわかったような気がした、肉棒が文恵の中でとろとろに溶けていくような快感、今朝は、文恵の肉体の感触を思い出してまるで高校生のときに戻ったような痛いような肉棒の疼きに目を冷ましてしまった、また、この柔らかな肉を貪りたい、この肉棒を、女の蜜壺にうずめたい、飢えた肉欲にしはいされながら文恵の体を抱き寄せるとタバコの香りと加齢臭がする口元を、文恵の蠱惑的な口元へ押し付けていく「ほら、朝のごあいさつのチス、チスしろ、文恵」触手のようなおぞましい舌をむき出しにする文恵の腔内にむりやりねじ込もうとする日出男)   (8/12 01:51:25)

保坂文恵♀33嫁く…………//(ノースリーブ のサマーニットからでる肩を抱き寄せられて、いちいち痛いところをついてくる日出男の言葉に、押し返す手に力が入らなくなる、一番堪えたのは一雄のこと……品評会で大賞を取っていま一番の頑張りどきの夫、その邪魔をするわけにいかない)一雄のズッキーニ が品評会で大賞を取ったんですよ……だから、一雄には (シワびた手で掴まれて、作務衣の上から硬くなったものに触れさせられる、昨日、不覚にもわたしが女の声を上げさせられた、それ。それに触れてたらどうしても思い出してしまうからさっと手を引いて……百合子の顔が浮かぶ。いつか百合子に教えられた「こういうときは膝で蹴りあげなさい、そしたら泡を吹いて倒れます」……ぴくっと膝が動きかけたけど、やっぱりわたしにはそこまでできない。これがわたしと百合子の違いなんだって思い知りながら……昨日の光景が頭の中で渦巻いて、あの時の感覚も蘇っていて)   (8/12 01:37:07)


更新時刻 13:39:44 | 過去ログ | ルーム管理