PCMAX
ミントC!Jメール

[×消]
ルーム紹介
     
 ______

 そんな未来が見えませんか
  My Darlin




虎太郎(こたろう)

175/27/♂

容姿
https://picrew.me/share?cd=PoZhKletNu

 雑談でも。
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、高野さんが自動退室しました。  (8/13 19:34:00)

高野今日も定時上がりとか嬉しすぎンだろ、(足取り軽くややスキップした状態で帰ってくるなり傘を傘立てに差し込めば買ってきたビールとつまみをキッチンへと然る場所に置き、彼が帰ってくるまでソファへ横になれば鼻歌を歌いながらスマホをいじり始める、)   (8/13 18:46:58)

おしらせ高野さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (8/13 18:45:07)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、高野さんが自動退室しました。  (8/12 23:19:40)

高野((結局寝ンか、(ふはり、)ンま今度襲ッてやるわ、覚悟しとけ、(額にキスをして布団に寝かせれば隣に寝転がる、)   (8/12 22:59:31)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、虎太郎さんが自動退室しました。  (8/12 22:58:33)

高野((めッちゃいい、可愛くてしゃーねェ、(額同士をくっつけくはり笑い、)……ンじゃ、ヤンね、?…正直、昨日もヤッたけどまだ溜まッてンだよ……だから、いい、?(今にも唇同士が当たりそうな距離で、彼の下腹部を触り甘えた声でお強請りして、)   (8/12 22:41:18)

虎太郎((んぎ…、まぁ、い-だろォ、(自身も撫で受け、ケラケラ笑い)ンう、…くぅ…あ、ん?有効、(ぷはっと息をしては彼をみて、ケラッと笑い)   (8/12 22:38:11)

高野((コタが怖がりでかわいーなッてね、(頬をつついたり撫でたりして遊び始め、)ふッ、ンッ……ァふ、………なァコタ、さッきのえッちしたいッてやつ、まだ有効…か、?(舌に吸い付く様に唇で甘噛みすれば口を離し、火照った顔で見つめ首傾げ、)   (8/12 22:35:45)

虎太郎((な-にが、可愛いんだよ、(ぷんす、撫で受けて)あ…ンう、はッ、(チロチロと彼の舌と絡めながら、相手の首の後ろに腕をまわして)   (8/12 22:32:41)

高野((なめてねーよ、可愛いンだッて、(胸元にやってくる彼の頭を包む様に更に撫でては抱き、)ン…、ふ、ゥ…(彼の舌の感触が伝わるとそれを口内に含み自身の舌で絡め、両手で彼の頬を包む、)   (8/12 22:26:39)

虎太郎((くッそ…、なめやがッて、(このやろ、と彼の胸元に顔を埋めては名で受け)はぁッン、ぅ…(受入れ、彼の下唇に舌先をつけ)   (8/12 22:24:13)

高野((はいはい、はいはい、(地団駄踏む彼も可愛くてふにゃりと笑いながら絶えず頭を撫で、)おー……ン、ふ、(目を閉じた彼の唇へそっと自身の唇を這わせ、啄むようにキスをする、)   (8/12 22:16:21)

虎太郎((だぁ"!そンなンじゃね-し!もッとこ-、ちげ-からなッ、(じたじたと床を踏み、怒ってます。と体で表す)今更な。い-ぜ、?(目を閉じ、彼から来るのを待つ)   (8/12 22:14:10)

高野((くはッ、足つくから安全だよなァ、隠さなくていいわ、よしよし、(いい子いい子と頭を撫でたり頬を撫でたりし、)……ちゅー、していい、?(一応いきなりするのもどうかと今更思い聞いてみて、)   (8/12 22:10:35)

虎太郎((怖くね得ッし…うン、足つく…じゃなくてッ!!(彼のリアクションにケラッと笑い)可愛くね-し。…ん、(自身も首を傾げて)   (8/12 22:08:21)

高野((ついてねーと、なンだよ、本当は怖いンだろ〜、?プールは足がつくもんなァ、んぶ、(によによ笑っていると頬叩かれ大袈裟にリアクションを取り、)可愛いしー、……ン、?(手を握られ首を傾げ、)   (8/12 22:02:15)

虎太郎((まじかよ…、流石に地に足がついてねェと…。怖くねェしッ。つか、あれだ…プールはいけるッ、(撫で受け、彼の頬をペチン)か-いくねェし(ふるふると首を振り、撫でる手を止めては、相手の手を握り)   (8/12 22:00:12)

高野((なら海は怖ェかもなァ、足つかねー所とかも普通にあるしよ。 ふは、コタッて結構怖がりか、?かわいーやつめ、(わしゃわしゃ撫でてはにやり笑いかけ、)は、?無しッてなンでだよ、可愛いじゃねーか、(頭が揺さぶられなすがまま撫でられて続ける、)   (8/12 21:57:23)

虎太郎((ん-、泳げねェな。泳げンッ。だよな、なンか…人を吸い込んでそ…(ひぇ、)うッわ、其れはなしだべ、(わしゃわしゃ、両手でなでてやり)   (8/12 21:55:03)

高野((なに、コタ泳げねーの、?夜の海はおどろおどろしくて怖いのは分かるわ、(頷きながら述べ、)はッ、ンだよコタちゃン、(笑いながら撫でられている手に擦り寄り、)   (8/12 21:49:58)

虎太郎((海かァ…、オレ、海…こえ-ンだよな。別に何があるッてわけじゃね-ンだけどな、(くふ)うむ。ばぶぅ、(撫で受け、撫で返してやり)   (8/12 21:48:07)

高野((だーろ、山じゃなくて海行こーぜ海、(ふはり笑えば彼の頬をつっついて、)バブみ感じンのかい、(そのまま撫で続け、)   (8/12 21:46:21)

虎太郎((イケメンッ…イケメンッかよぉ…。しかたね-のな。頑張ッて行かね-べ、(頬膨らまして)ン…、バブ味を感じるは(撫で受け)   (8/12 21:44:48)

高野((二次災害になッたらどーすンだよ、…大丈夫、お前の帰りをここで待ッてるぜ、(にひっ、親指を立て、)そりゃしゃーねぇわなァ、ドンマイ、(頭を撫でて、)   (8/12 21:42:03)

虎太郎((ちぇッ、お前に見つけてほし-は、(舌打ち、チッチッ)伸びるまで、外に出れなかッたぜ…、(はふ)   (8/12 21:40:29)

高野((救助隊に任せとくわ、(肩ぽん、)どンだけ失敗したンだよ、ドンマイすぎるわ、(ぷは、)   (8/12 21:38:34)

虎太郎((確かに…遭難したら、見つけてくれや、(ケラケラ)おうよ!前回なァ"…くぅ…、(悔しそうな顔をして)   (8/12 21:37:34)

高野((わかッたわかッた、山には登ンな遭難すッぞ、(ふはッ、)前回は失敗したンか、良かッたやン、(ふ、)   (8/12 21:34:00)

虎太郎((やべ-くれ-、きんきんだぜ?もうね、山登りできそ-、(ふんす)さんきゅ。今回はしっぺ-しね-で、出来たべ(ふんす)   (8/12 21:32:18)

高野((どンだけ目ェ覚めてンだ、(くは、)大丈夫、ゆッくりやッてくれや、   (8/12 21:27:02)

虎太郎((そーそ、メガシャキンッてしたわ、(はふ)そりゃぁ、否めん(すん)ん、前髪きッてたは、遅れてごめンな、()   (8/12 21:25:59)

高野((お、おかーりィ、風呂入ッて逆に目覚めたかァ、(ふはり、)ンだそりゃ、いつもすッぴんやろが、(はッ、)   (8/12 21:14:04)

虎太郎((戻ったぜ!オレ、お目々ぱっちりよ。(ふんす)ぁ"-、スッピン恥ずかしぃ~、(嘘)   (8/12 21:12:56)

おしらせ虎太郎さん(Android 114.160.***.200)が入室しました♪  (8/12 21:11:54)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、虎太郎さんが自動退室しました。  (8/12 20:56:13)

高野((はいよ、了解、待ッてるわ、(こく、)   (8/12 20:36:35)

虎太郎((と、風呂行ってくるわ!そのまま寝ちまったら申し訳ねェ…、全然来そうになかったら、寝たと思ってくれや、(あう)   (8/12 20:36:09)

高野…3缶で記憶飛ンだから、多分な、(あくまで記憶が飛ぶか飛ばないかなのであまり参考にはならないが、何故かドヤ顔で話すとしょうがないと言う彼へこくこくと頷く。 痕が残る場所を彼の指で擦られると未だに鈍い痛みが伝わり、それが気持ちよさへと変換されくはり笑う、)ン、お前、コタ以外ありえねー、(彼の匂いを嗅ぎながら話せばエッチしたいという相手に、"ンじゃ寝るまでやろーぜ、"なんて誘ってはすりすりと身体を擦り寄らせ、)   (8/12 20:31:09)

虎太郎な-ンだよ、まじか-。3缶かー、(外れたわぁ。とショックを受けた顔をして。勝ったと嬉しそうな彼に「しゃ-ね-やつな、」とくふり。痕の話する彼に「すッげ-、残ってらァ」やべ-よ、と痕を擦ってやる)オレなん?(彼の体とくっつくような感じで、「な-、えッちして-、けど、ねみ-、」胸元に顔を埋め)   (8/12 20:27:19)

高野2本目半分ッて殆ど飲ンでねぇじゃねーか、流石に3缶はイケる、(そこまで弱くはないと主張すると負けたと言う彼へ、"へへ、勝ッたわ、"嬉しげに笑えば首筋を撫でる手にぴく、と反応すれば先日付けられた歯型のことを思い出して、"まだくッきり痕、残ッてンだろ、?"そう言って患部を指でトントンと触り、)ン、ならお前、(ふざける彼へこっちも冗談半分本気半分で答えると彼をもっと引き寄せるよう抱きしめて、)   (8/12 20:22:39)

虎太郎そ-よの。ならいいわ(彼の言葉にウーンッと悩みながらも「2本目の半分でよいそ-だわ、」ケラケラとイメージを述べる。自身の背に腕を回され、「あ-ぁ、負けちまッたわ、」彼のキスを受けいれ、首筋をそッと人差し指でなであげる。「ん、オレもお疲れさン。風呂になさいます?ご飯…それとも…、」やん。とふざけては声をあげて)   (8/12 20:18:04)

高野流石に缶一杯じゃ酔わねーわ、どンだけ俺下呂のイメージあンだよ、(そこまで酔って醜態を晒したことがあっただろうかと思い出しながらもそんな記憶は一切なく、ただ忘れているのか分からず耽っていると上に覆う様に乗っかる彼の背に腕を回せば、"かーくほ、"そう言って頬にキスしてくる彼へお礼の唇へ触れるだけのキス。 お疲れさんと言われれば頬を緩め"お前もお疲れさン、"と互いを労う、)   (8/12 20:13:54)

虎太郎ん、、まだ酔ってね-のか。(テーブルに缶を置いてから冗談と言う彼に、胡散臭いと笑いながらも述べる。が、ドタドタと彼の元により、相手の上に多い被さり頬にチュッとして。お疲れ様の会開催のようなので「お疲れさン、」)   (8/12 20:10:47)

高野チッ、ンだよ、冗談だッて、つかまだ酔ッ払ッてねーよ、(手をひらり動かし何もしないと宣言すれば遠くに座る彼を見て、"…なンもやらねーから、こッち来いよ、"そう言って両腕を開き首を傾げる、)おう、だーな、お疲れ会だわ、!(空になった缶を机に置きくたりとソファに沈み込む、)   (8/12 20:07:13)

虎太郎ぇ"、な-に言ってンだよ。酔っ払い野郎め!(誰が行くか、と冷蔵庫からビールを出し、彼と距離を取り床に座る)んじゃ、今日はお疲れ様会だな(うぃー、とケラケラ笑ってみせる)   (8/12 20:03:38)

高野ア、?昨日したのはお前だろーが、今日は俺が上やンだよ、(だからこっち来いとにやにや企む顔で手招きすると、自分もと言ってくる彼に"勿論買ッてあるぜ、"そう言うと冷蔵庫へ指さし先程入れておいたビール缶のことを伝える、)そーだぜ、めッちゃ頑張ッてきたからなァ、(だーろとこっちからも親指を立てる、)   (8/12 20:01:13)

虎太郎やめい、やめい、!セックスしませ-ン!昨日したじゃね-の、(ダメダメ、と手でバッテンを作る。彼の飲みっぷりに喉を鳴らしては「オレも飲みて-!」と)此れから一緒にいれンじゃンね-の、(最高だよ。と親指をたてる)   (8/12 19:58:06)

高野は、?罰でセックスだ、?なら飲みまくるわ、(揺すっていたビールを一気に煽るとみるみる中身が喉へ流され、けふと息を吐けばこれで罰ゲームか?と口元を薄く上げ、自分の事のように喜ぶ彼を見てぷはと笑えば"そーそー、マジで嬉しーわ、"思わずこっちも嬉しくなって笑顔で応える、)   (8/12 19:55:18)

虎太郎あ、お前…飲みすぎンなよ?飲みすぎたら罰でセックスな。(ふんす。嬉しそうに語るかれの元にむかい、「まじ?!やッたじゃね-の!」ウェーイ!と嬉しそうにして)   (8/12 19:52:36)

高野ン、おかーり、コタ。先頂いてるぜ、(彼が帰ってくると玄関の方へ顔を向け半分まで減った缶ビールを横に揺らせば、"久々に定時で帰れてよォ、"そう嬉しげに語り、)   (8/12 19:48:21)

虎太郎うしうし、帰ッたわ…ッて、忘れてたァ(そう言えばとイソイソ部屋へと戻「お、酒飲ンでらァ、」はえーな、とケラケラ)笑い)   (8/12 19:46:55)

おしらせ虎太郎さん(Android 114.160.***.200)が入室しました♪  (8/12 19:45:06)

高野………、ン、いい匂い、(毎度の如く部屋へ帰ってくると中が林檎の甘い香りが漂い、すんすんと鼻を鳴らしながら香りの元を探すもキッチンで途絶え何かを作っていたのかと察し、彼が帰ってきたら聞いてみようと意気込みソファへ横になると久しぶりに定時で帰れた喜びを噛み締めるため買ってきた缶ビールを開けて飲み始める、)   (8/12 19:14:07)

おしらせ高野さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (8/12 19:11:10)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、虎太郎さんが自動退室しました。  (8/12 14:28:11)

虎太郎ふっ、といきを漏らす。)そ-や、アップルパイつくッかァ、(パイ用の林檎を薔薇状にして、煮はじめる)   (8/12 14:04:56)

虎太郎クーラー涼しィッ、(キンキンと冷えてきている部屋に   (8/12 14:02:29)

虎太郎やべ-、良い所で寝ちまッたや…(あぐ、)   (8/12 13:43:40)

おしらせ虎太郎さん(Android 114.160.***.200)が入室しました♪  (8/12 13:40:49)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、虎太郎さんが自動退室しました。  (8/11 23:45:19)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、高野さんが自動退室しました。  (8/11 23:45:19)

高野((だろうと思ッたわ、もう寝や、(ふはり、頬を撫でて、)   (8/11 23:25:00)

虎太郎((ごめ、やっぱねみーこも…(あぅ)   (8/11 23:24:30)

虎太郎やばッ、明日はガバガバなンじゃね?(彼の同意がくれば、自身はもう一度ゴッゴツ歳   (8/11 23:23:02)

高野…ンッ、ァ、……はれ、こた…、?(いつの間にか眠っていて目を覚ますと中に彼が入っているのを感じ、ぼやけた思考のまま後ろを向けば彼が神妙な面持ちで、こちらを観察しているのをじっと見つめ、)……俺、まだ足ンねーの……こた、もッと…な、?(そう言うと既に入っている孔を両手で開き腰が僅かに揺れて、)   (8/11 23:19:01)

高野((おけ、続けるわ、(くは、)   (8/11 23:15:47)

虎太郎((おお!まじかよ!?(はふ)続けちまったぜ、(うぐ)   (8/11 23:15:17)

虎太郎(自身の近くには精液と、ローター。彼は疲れて寝たのかとしれば、自身は悪びれもなく彼の中にもう一度挿入して、結合する。何度か腰を打ちつければ中に吐き出して)これ…犯罪か、(ふと、彼の腰を掴んだまま、冷静に解析)   (8/11 23:14:34)

高野((お、まじか、寝てねーよ、(はふ、)つか終わらせちまッた、続ける、?   (8/11 23:13:29)

虎太郎((わり、電話が-ッて…寝たか…   (8/11 23:12:08)

おしらせ虎太郎さん(Android 114.160.***.200)が入室しました♪  (8/11 23:11:25)

高野あ゙ぐッ…ン゙、こ、コタ…、コイツまた…入れながら寝やがッて…はッ、ゥ……、ンの、ちくしょ…ッ、(後ろから彼の寝息が聞こえればまたかと呆れ仕返してやると中に入ったまま体勢を変えて騎乗位になれば、一度息を整えてから思い切り腰を上げて一気に下ろすと、ローターと一緒に中が押し開かれて結腸にごつと当たり、その拍子に前立腺も一緒に擦られては"ンあ゙あ゙ッッ、!!……は、ンあァァ…、ひッィ、…い、イッたァ……おく、やばィィ…ッ、"奥を突いた途端にびゅく、と音を鳴らして果ててしまえば暫く緩く動かした後もう一度果て、ゆっくり男根とローターを抜けば力が出ずぐたりとその場で寝転がり、未だ余韻が残る体が熱く火照り震えたまま意識を手放す、)   (8/11 23:03:44)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、虎太郎さんが自動退室しました。  (8/11 22:55:56)

高野あ゙ぐッ、は、まッ……ァあう…、(奥で唸るローターと中に入っている彼の男根が中で怖いくらいに主張していると、直後にやってくる前立腺への刺激に"ン゙ンンッあ゙、それ、ッらめら、ッて…、!!"刺激が強すぎる快感に首を横に振るも虚しく、中をぐちゅぐちゅと卑猥な音を立ててピストン動作に目を見開き喉から嬌声を出し、)ッ!?、むり、むりむりッ、しぬ゙ッて、あ゙ぐゥッ、…(必死に首を横に振るも目線は蕩けた顔で彼とリモコンを交互に見つめる、)   (8/11 22:41:54)

虎太郎こッちも…ッは、やべェン"ッ、(振動はあと1段階上げれることに気がつけば、悪い笑みをうかべ、彼の奥でローターが振動している分、前立腺が寂しそうなので先っちょでグリグリと押し付けた後、間髪入れずに、ローターめがけ抜き差しを繰り返し)なぁ…、もう1個…はッ、あげれそッ、(相手の目の前にリモコンをちらつかし)   (8/11 22:35:29)

高野は、いや、それ笑えねェ、(完ネコ宣言にぎょっとすれば入れると言葉を合図に、入口をねじ込まれる如く挿入されては長い間一度も使わなかったせいかギチギチになり、少しでも動けば呻き声を上げて奥まで入れられると、振動と彼の男根で中がうねりを上げて"ア゙ッ、ま゙ッで、これやばッッ、ひィ゙ッッ、!!"悲鳴のような声を出せば奥を抉るように入れられれ腰がガクガクと震えだし、口からも下からも粘液が溢れる、)   (8/11 22:29:09)

虎太郎その前に、完ネコに開発してやンよ、(良い所を見つけたらしく、ビクビクと反応する彼に「いれッからね、」とひくつく入り口に自身のモノをいれて、奥へと進めれば振動がつたわり、先っぽがローターに付けば「くぅ…、ァッン"」小さく息を出しグリグリとローターをモノで更に奥へと進ませて)   (8/11 22:24:21)

高野俺が後ろも開発してやンよ、(口角を上げてニヒルに笑えば余裕も無くなってきて、懸命にローターを奥まで入れると一息ついて、)待ッて……ァ、あ、ここッ…きもちッ……ひッ、みみやめろォ…、(ローターと一緒に中をまさぐれば前立腺近くの場所に指が当たり、腰を震わせた途端に耳に息がかかりひくひくと入口をひくつかせる、)   (8/11 22:15:58)

虎太郎ドエロイ体になりそ-で、こえ-や、(若干立ち始めているモノを軽く扱きたさながら、彼を見て)いいとこ、みッけた?(頑張れ、頑張れ、とニヨニヨした笑みを浮かべながら、フッと耳元に息を吹きかけて、)   (8/11 22:12:03)


更新時刻 05:49:32 | 過去ログ閲覧不可 | ルーム管理