PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
こちらは
「ポケモンオムツネタ専用部屋(http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=279987 )」
の姉妹部屋となっております。

・オムツに限定することなく、より多角的におもらしシチュを楽しみたい方
・特定の誰かと待ち合わせることなく、サクッとなりチャしたい方

を想定して作りました。
なお、オムツネタ専用部屋と同様、「どんなポケモンにオムツ履かせてみたい?」スレで相手を募集してもOKです。

大も小もOK、そのまま本番に発展してもOKですが、必ず相手に許可をとってからお願いします。
また、キャラの組み合わせは、原則ポケモン×ポケモン、およびポケモン×トレーナーとし、トレーナー×トレーナーは禁止させていただきます。

シチュに関してはなんでもありです。相手と相談の上、ご自由にどうぞ。
 [×消]
おしらせライム♂ライチュウさん(153.173.***.129)が退室しました。  (11/20 22:31:55)

おしらせマヒナ♀アロライさん(iPhone au)が退室しました。  (11/20 22:31:41)

マヒナ♀アロライ【お疲れ様でした、おやすみなさいっ!】   (11/20 22:31:28)

ライム♂ライチュウ【それだけ楽しかった、ということで1つ!それでは、今回もお疲れ様でした!またよろしくお願いします、おやすみなさ~い!】   (11/20 22:30:44)

マヒナ♀アロライ【そうですね、ここで一旦区切りましょうか! 気づけば7時間やってましたね・・・!】   (11/20 22:29:20)

ライム♂ライチュウ【気付けばずいぶん長い時間やっていますし、今回はここで一区切りとさせていただいてもよろしいですか?】   (11/20 22:23:33)

ライム♂ライチュウごちそうさまでした。近くの森……ってことは、自然公園かな。確かに今日は風が気持ちいいし、お散歩にはもってこいかも。(食べ終わってボウルを片付けながら、家の近くを案内するのにもちょうどいい機会だと考え、件の森こと自然公園の散策を決めて)   (11/20 22:21:40)

マヒナ♀アロライ美味しい? 良かった!(美味しそうにサラダを食べ進めるライムを見て嬉しそうにしている。2匹で食べ進めた結果、それなりの量を作ったにも関わらずあっという間にボウルは空っぽに)ご馳走様でした! 後は軽く運動すればいいかな(もちろん、食べるだけで出るはずはなく。食後の運動として、2匹で近くにある森の中を歩かないかと提案)   (11/20 22:16:52)

ライム♂ライチュウおー、美味しそう!いただきまーす!(ライムも木の実洗いや切り分けを手伝い、食卓に置かれたそれは色とりどりの木の実がバランスよく入った目で見て楽しいものになっており。さっそく目を輝かせながら頬張って) ……わぁ、美味しい!(ドレッシングの酸味の中に混じるピリッとしたクラボの実の辛味がアクセントになり、見る見るうちにボウルは空っぽになっていく)   (11/20 22:07:11)

マヒナ♀アロライん、わかった!(材料等は家にあるもので足りているらしく、早速調理に取り掛かった。綺麗に洗った木の実を慣れた手つきでさまざまな形に切り分け、野菜と共に盛り付けてサラダ風に。仕上げにアローラから持ってきた調味料で味を整え、無事に料理が完成した)はい、完成っ! 後はライム君の口に合うと良いんだけど……(今回はアローラの調味料を使った為、ライムの口に合うかどうかが唯一の不安要素らしく)   (11/20 21:58:25)

ライム♂ライチュウんー、多分そうだと思う……(自分でも気づかないうちに体調が変化していたことに、やや戸惑ったような顔になって) へぇ、向こうの料理にもそういうのあるんだ。ちょっと気になるかも……ちょうど時間もお昼時だし、試してみようかな。(マヒナの提案に顔がほころび、ちょうどいいと考えてそれを快諾する)【はーい!】   (11/20 21:50:12)

マヒナ♀アロライ……もしかして、ライム君も出てない感じ?(ライムも便秘気味である事に気づき、彼の顔を覗き込む)ん〜……それじゃあ、お通じに効くアローラの料理、試してみる? 料理って言っても木の実のサラダみたいな物だけど(アローラの料理を教えてあげる約束をしていた事を思い出し、せっかくなので整腸効果のある料理を試してみようか、と切り出す)【1週間は流石にライチュウだと出なさすぎかもなので、こちらも3日程出てない設定に短くします( 】   (11/20 21:43:39)

ライム♂ライチュウあ、ああ、いきなりごめん。……いや、ちょっとね。トイレから出ようとした時、なんとなくお腹が重たいような感じがして……触ってみたら、固いものが入ってるような感じがしたんだよ。それでもしかしたら、って思ってさ。(どうやら気付いていなかっただけで、ライムもここ2日ほどお通じがなかったらしい。お腹を触ったのは、マヒナのお腹も自分と同じような硬さがあるのかと考えてのことだろうか)   (11/20 21:32:04)

マヒナ♀アロライおかえり……ん? わ、ラ、ライム君!? ちょっ、ちょっと、くすぐったいよ〜! いきなりどうしたの?(戻ってくるなりお腹を触り出すライムに、抵抗こそしないもののくすぐったさに身を捩らせる。その後、何やら自分のお腹も気にしているような素振りを見せるライムを見て、いきなりお腹なんて触り出してどうしたのかと問う)   (11/20 21:25:22)

ライム♂ライチュウはーい、ただいま~……。(排尿にしては長いが、かといって数日前よりははるかに短い、それくらいの時間で戻ってくる。元居た場所に戻ってくるなり、自分とマヒナのお腹を見比べ、何を思ったのかいきなりマヒナのお腹に触れる。感触を確かめるように2度、3度軽く押した後、自分のお腹にも同じように触って怪訝な顔に)   (11/20 21:17:49)

マヒナ♀アロライいってらっしゃ……わ、すごい飲んでたんだね(トイレへと向かうライムを見送りつつ、机の上に置いてあるお茶のペットボトルから、あの時の自分みたいにいっぱい出るのでは、とくすくすと笑う。その一方で、出るものが出ていない自分のお腹はどうしたものか、と悩んでおり)   (11/20 21:12:56)

おしらせライム♂ライチュウさん(153.173.***.129)が入室しました♪  (11/20 21:09:06)

おしらせマヒナ♀アロライさん(iPhone au)が入室しました♪  (11/20 21:07:28)

おしらせ滞在時間が360分を超えたため、ライム♂ライチュウさんが自動退室しました。  (11/20 21:00:49)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、マヒナ♀アロライさんが自動退室しました。  (11/20 20:51:08)

ライム♂ライチュウんー、どうしたものかねぇ……よし、とりあえず一段落……っ。(思案しながらも宿題が区切りのいいところまで終わり、大きく伸びをしたところで、自覚していなかった尿意にブルリと体を震わせる) うう、急に来た……トイレトイレ……(そわそわと前を押さえながら、慌てて小走りでリビングを後にする。机の上には半分しか残っていないお茶の1.5Lペットボトルとコップが置いてあり、宿題のお供に飲んでいたことがうかがえる)   (11/20 20:35:01)

マヒナ♀アロライ【了解です、ありがとうございます・・・!】   (11/20 20:31:01)

ライム♂ライチュウ【あー、了解です!では、「実は自覚してなかったけど……」な流れでいきます!】   (11/20 20:29:12)

マヒナ♀アロライ久しぶりにライム君と会えるってなって、出発の数日前からもうドキドキしちゃって……多分それかな、って。野菜炒めもご馳走になってるし、出ると思ったんだけどな〜……(1番の原因ははりきりすぎによるストレスかも、と自己分析。ライムお手製の野菜炒めも食べてる為大丈夫だろうと思っていたが、駄目だったらしく今に至るとの事)【了解ですっ。2匹で便秘解消というのを考えておりましたが・・・】   (11/20 20:27:23)

ライム♂ライチュウあー……環境とか、食べるものとか、そっちとはいろいろ違うもんね……。(どうやらお通じがないらしいと知ると、持っていたエアコンのリモコンを机の上に置きなおす) 僕のこれはねー……単純に太っちゃっただけっぽい。はぁ、ちょっとでも運動しなきゃな……(外出も運動もさほどしていない上、食べる量も休み前と変わらないため、結果的にお腹周りに肉がついてしまっただけらしい) 【ライムの方はまた後日、ということで……】   (11/20 20:14:26)

マヒナ♀アロライううん、体調は大丈夫。ただね、ちょっとね……ここのところ、なんか出なくて……(宿題と格闘するライムの横に戻りつつ、お腹をさする。ライムの元に来る前から出ていなかったようで、かれこれ1週間は経過する様子)……ライムは大丈夫?(ふと目をやると、ライムのお腹もいつもより膨れているように見えたらしく、ライムの方は大丈夫かと聞き返す)   (11/20 20:05:03)

ライム♂ライチュウ【完全に晩ごはんモードになっておりました……!】   (11/20 19:56:59)

ライム♂ライチュウん?(今日も今日とて宿題とにらめっこをしていたが、トイレから戻ってきたマヒナが浮かない顔をしているのが見えて) 大丈夫?具合悪い?(エアコンの温度を下げ過ぎただろうかと、やや心配になりながら声をかける。ただライムの方も、どうもそっちではないような気はしていて)   (11/20 19:56:07)

マヒナ♀アロライ(マヒナがライムの元を訪れて数日経ったある日。トイレからマヒナが首を傾げ、お腹をさすりながら出てきた)……ん〜……(元々種族柄お腹はぽってりとしているが、今のマヒナのお腹はさらにぽってりと膨らんでいる。出るものが出ていないのだろうか)   (11/20 19:44:30)

ライム♂ライチュウ【よろしくお願いしますー!】   (11/20 19:37:49)

マヒナ♀アロライ【了解です、少々お待ちを!】   (11/20 19:37:10)

ライム♂ライチュウ【了解しました!では、次の書き出しはそちらにお願いしてもよろしいですか?】   (11/20 19:35:29)

マヒナ♀アロライ【ここで場面転換しちゃいましょうか! 数日経過して便秘の件になりますかね】   (11/20 19:34:08)

ライム♂ライチュウ【キリの良い場面ですが、この後はどうしましょうか?】   (11/20 19:31:05)

ライム♂ライチュウ……へへっ。(マヒナにつられてこちらも照れくさくなり、それをごまかすように笑って) いっしょにお風呂に入るのも、なんだか懐かしいねー。(シャワーからお湯が出るように調整し、そのまま二人で体と床の汚れを洗い流していくのだった)   (11/20 19:30:10)

マヒナ♀アロライ! ……ありがと、ライム(昔から振り回され続けているにも関わらず、それくらいが君らしいと言ってくれるライムにドキリとしつつ、照れ臭そうにお礼を述べる)……そうだね。これ、流さなきゃだし……(改めて足元に広がる水溜りの量に赤面しつつ、身体を洗いつつ早く流しちゃおう、とシャワーのノズルに手を伸ばす)   (11/20 19:26:33)

ライム♂ライチュウあ、あはは……まあ、マヒナは昔からそういうところあったし……僕は気にしてないよ。(むしろ強引な手を使って自分を振り回すくらいがマヒナらしいと、ニヤッと笑ってフォローを入れる) どうせなら、このままシャワー浴びちゃおっか?(足裏に伝わるおしっこの温もりを流してしまうのは多少名残惜しいが、体はきれいにしないといけない。ちょうどお風呂場にいるということもあって、シャワーで体も洗ってしまおうと提案して)   (11/20 19:20:01)

マヒナ♀アロライ……はっ。……あ、えっと……うん、その、ありがと……(お漏らしを終えて我に帰ったらしく、先程までのマヒナはどこへやら、途端に赤面しながら視線を落とす)ん〜ん、謝らなくてもいいよ。それに、私の方もちょっと強引になっちゃったし……(ライムを性癖に素直にしようと少し強引になってしまった、謝るのは自分のほうだ、と首を横に振る)   (11/20 19:12:17)

ライム♂ライチュウ……その~……なんだろう、お疲れ様……かな?(結果だけならどう見てもお漏らしだが、自分もマヒナも得しかしていない。この状況でどう声をかけていいやら、と悩んだ結果、口から出てきたのは労いの言葉だった) それと……ごめん。マヒナの言う通り、やっぱり僕こういうの好きみたいだ。(今までのどんな自慰よりも気持ちよかった、とも付け加えながらはにかむ)   (11/20 19:04:32)

マヒナ♀アロライはぁぁぁっ、ぁぁぁ……っ(人の家、それもライムの家の風呂場でお漏らしする背徳感やら脱力感やらで、普段のマヒナからは想像もつかないほど艶やかな声を漏らしながら、大きく息を吐く)……結構、溜まってた、みたい……。……ん、もうちょっと、出る……っ(ここまで来たら最後の一滴まで出してしまおう、とお腹に軽く力を込めると、これだけ出しているにも関わらず放尿の勢いが強まり、びちゃびちゃとおしっこが大きく跳ねる。放尿は1分近くも続き、マヒナを中心に大きな黄色い水溜まりを作り上げてようやく収まった)   (11/20 18:56:53)

ライム♂ライチュウ……!(マヒナが我慢の限界を迎え、風呂場に濃い黄色の水たまりが出来上がっていく。その一部始終からどうしても目を逸らせず、自分の性癖を自覚せざるを得なくなって) すごい……いっぱい出るね……。(さすがに3発目を出せるほどの体力はないが、それでも胸の奥で昂る気持ちを無視することはできなかったようで、おずおずとマヒナに近づいていく)   (11/20 18:48:59)

マヒナ♀アロライまだ、我慢……っぅぅぅっっっ……!! ぁ……だ、め……っ!! もっ、もうっ……漏れちゃ……漏れちゃう……!! は、ぁぁ……っ(ライムが達した少し後にマヒナも限界を迎えたらしく。勝手に身体から力が抜けていく中最後の抵抗を試みるも、ついに股からも力が抜けたようで。風呂場の床に勢いよく放尿を始めてしまう)   (11/20 18:41:26)

ライム♂ライチュウ……っ、んん……っ!あ、くぅ……ぁっ……!(眼前で必死に我慢するマヒナの姿に、ライムの興奮も最高潮まで達する。猛烈な快感がせり上がり、そのまま白濁した欲望を風呂場のタイルにぶちまけて。声を噛み殺すことも忘れて荒い呼吸を整え、まだまだマヒナの痴態を堪能しようと、視線は彼女から外さずにいる)   (11/20 18:33:57)

マヒナ♀アロライだい、じょうぶ……っ(見ての通り我慢は大丈夫ではないが体調は問題ないようで、コクコクと小さく頷く)ぁ……ぁぁ……っっっ! ま、まだ駄目っ、まだ、漏れちゃ、ダメぇ……っ!!(ライムが自慰を始めたのとほぼ同時に、最大級の尿意が水門に叩きつけられる。せっかくライムが素直になったのに、今漏らしてしまっては台無しだ、と、両手に一層の力を込めて水門を抑え込む。我慢に必死なようだがどこか声は上ずっており、マヒナも興奮している様子)   (11/20 18:27:30)

ライム♂ライチュウだ、大丈夫……?(マヒナの体調を慮って心配そうな声をかけるが、ライム自身も大丈夫とは言い難い状況にある。股間の愚息は透明な汁をポタポタと垂らしながら暴発寸前であり、夏の熱さを考慮しても顔が赤い。何より、マヒナの痴態によって湧き出る興奮が、徐々に罪悪感を塗りつぶしていくことにより、理性がぐらつき始めており) ……っ、……っ!(そして、ついに理性が歓楽したのだろうか。マヒナの背後で声を噛み殺しながら、ゆっくりと愚息を扱き始めて)   (11/20 18:19:22)

マヒナ♀アロライくっ、ぅ……っ!!(ここに来て尿意が一気に高まったのか、プルプルと身体を震わせ必死に尿意を堪えながら、風呂場へと入っていく)はーっ、はー……っ、ふぅっ、くんぅぅっ……!!(風呂場の中へと入ると、もう遠慮はいらないとばかりに尻尾から降り、地に足をつけたまま我慢を続ける。内股になった両足はガクガクと震え、いつ決壊してもおかしくないといった様子だが、なおも堪え続ける。ライムが素直になるまで我慢し続けるつもりだろうか)   (11/20 18:09:27)

ライム♂ライチュウ……うっ。お、女の子のそういうところ、気にならないわけないよ……!(意図せずしてマヒナと目が合ってしまい、メスの恥ずかしい場面はオスなら意識せざるを得ない、当然の欲求だと、やや苦しい言い訳でお茶を濁そうとする) それより、ほら!お風呂場はここ!(そんなやりとりをするころには、お風呂場はもう目の前。一足先にドアを開け、マヒナを中へ入るよう促す)   (11/20 18:01:49)

マヒナ♀アロライんん……っ! ……あーっ、チラチラ見てるっ。やっぱり、興味あるんだ……っ!(ライムに案内されて風呂場へと向かう中、ふと視線を感じて顔を上げるとライムと目が合い、否定気味だった割には自分の姿を見ている事を少し揶揄う)   (11/20 17:55:08)

ライム♂ライチュウそ、そうなんだ……。とりあえず、お風呂場はすぐ近くだから。ほら、こっち!(マヒナの方からも性癖をカミングアウトされれば、どうしてもそのきっかけが気になってしまい、後で聞いてみようと考えて。お風呂場はトイレからあまり離れていないようで、移動と道案内のためにマヒナを先導するが、時折彼女が尿意を我慢する姿にチラチラと視線を向けて)   (11/20 17:50:45)

マヒナ♀アロライ……こ、ここだと、アレだし……お風呂場、行こっか……っ!(なおも我慢を続けるが、ここで漏らしてしまうのはまずい、とお風呂場への移動を提案する)……私も、ねっ、我慢するのが、なんだか……好きになっちゃって……っ!(収まる気配のない尿意に身震いしながら、いつの頃からか排泄欲求を我慢するのが好きになってしまったようで。お互いにとってマイナスにはならないだろう、との考えからだったようだ。そう話しながらも両手は股をぎゅっと押さえ、尻尾に座ったお尻はもじもじと忙しなく動いており)   (11/20 17:44:20)

ライム♂ライチュウそうだろうけど、さ……。(マヒナの意味深な言葉については、男女の仲ではなく、あくまで親戚としての好き嫌いのことだと解釈したようだ) んぐっ!?え、え……っ!?そ、そんなこと……!ない、とは……言えない、けど……。(直後、マヒナから爆弾のような問いかけをされればわかりやすく挙動不審になってしまう。自覚こそなかったが、確かに心当たりがないわけではないし、今のマヒナはライムにとって非常に煽情的に映っている……だが、彼女がなぜその考えに至ったのかはわからず)   (11/20 17:27:49)

マヒナ♀アロライ……ふふっ。ライム君の事嫌いだったら、ここまで世話なんて焼いてないよ? それに……っ!(小さい頃の事を思い出すライムに、まるで昔から好きだったかのような意味深な言葉を投げかけて笑う。用を足していないので再び強い尿意に襲われるが、その場で尻尾に乗ったままもじもじと尿意を堪える)……ライム君、女の子のこういう姿、好きでしょ……っ?(尿意を我慢しながらもライムへの問いかけを続ける。性癖もどうやら察しているらしく、先ほどから用を足す気配がないのはその為のようだ)   (11/20 17:18:38)

ライム♂ライチュウへ……?うわわっ!?ちょっ、マヒナ、何して……!?(いきなりトイレのドアを開け、自分をオカズにされることを肯定してしまうマヒナに、再会した時よりも大きな声で驚いてしまう。何かの間違いだと思いたかったが、どうやらマヒナも本気で言っているらしいことを察して呆然とする) はぁ~……なんというか、そういう所も変わってなかったんだなぁ……。(そういえば、子どもの頃から突拍子もないことを大真面目にやり始めるところがあったな、なんて昔を思い出す。口では変なところで感心しているものの、体は正直と言うべきか、愚息が再び硬度を増しているのがはっきりとわかってしまう)   (11/20 17:09:06)

マヒナ♀アロライいや、その、こっちこそごめん……。……そっか、お互いそんな年頃だったね……(久しぶりにライムに会える、と楽しみにするあまり、お互いの年齢の事をすっかり忘れていたようで、マヒナも申し訳なさそうにしており)……。ね、ライム君。いいよ、私で抜いても(少しした後、何かを決心したように頷くと、用を足さずにドアを開けてライムと向き合い、驚きの発言をする。表情は優しげだが真剣そのものであり、軽い気持ちではない様子)   (11/20 16:59:57)

ライム♂ライチュウ……っ!(マヒナの気まずそうな声が聞こえてきて、彼女からは見えないだろうが、ドアの向こうでぎくり、と全身を硬直させた) はい、そうです……ごめん、臭い消すの忘れた……。(恥ずかしさと申し訳なさで頭を抱えるが、さりとてうまく弁明できるわけもなく、蚊の泣くような声でそう返すことしかできなかった)   (11/20 16:47:10)

マヒナ♀アロライあ、ありが……ん?(ライムと入れ替わるようにトイレの中に入った……が、辺りに漂うオスの臭いに気づく)……ライム君? ……えっと、その……もしかして?(ドア越しに聞こえてきたライムの声と漂うオスの臭いで、ようやくライムが年頃の男の子である事に気づいたようで。少し気まずそうにライムに問いかける)   (11/20 16:41:02)

ライム♂ライチュウんっ……ふっ、はぁ……っ。んっ、くぅ……っ……!はー、はー……。(マヒナがトイレにたどり着いたころには、折悪くライムは処理の真っ最中で。苦し気な声の後、呆けたような息遣いがドア越しに聞こえてくる) ……わ……っ!?あ、ご、ごめん、マヒナ!すぐ出るから……!(そこにマヒナの声が聞こえてくれば、驚きで上ずった声をあげてしまって。慌てて水を流すが、マヒナの声がかなり切迫していたため、臭いを消す暇もなくドアを開けて)   (11/20 16:33:02)

マヒナ♀アロライここ、だよねっ……? ……ごめん、ライム君……、まだ……かかりそうかな……?(ライムが歩いて行った方向へ飛んでいくと、トイレと思しきドアを無事に見つけた。緩みそうになる気と水門を、両手で股を押さえてしっかりと締めつつ、用を足すのに時間がかかりそうかと問う。年頃のライムの様子には気付いておらず、ドアの向こうで別の処理をしているとは知らずに……)   (11/20 16:24:32)

ライム♂ライチュウ……はぁ。どうしよう、これ……。(トイレのドアを閉め、便座に腰掛けてため息を一つ。股下に視線を落とせば、そこでは自身の愚息がはっきりとその存在感を主張していた。どうやら排泄欲求を催したのではなく、これをこっそりと“処理”しようと考えていたらしい) ……どうしようもない、か……。(彼も年頃の男子である。自分の親戚をオカズにする罪悪感を抱えながらも、欲求には逆らえず愚息を握る。マヒナがこっちに来ているなんて夢にも思っていない)   (11/20 16:17:12)

マヒナ♀アロライどういたしましてっ。ん、おトイレ? いってらっしゃい(催したライムを見送りつつ、戻ってくるまではリビングであらためてくつろぐつもりの様子)……っ。……ライム、遅いな〜……? ちょっと、やばくなってきた……(しかし、ライムがトイレに向かったのを見てすぐに尿意を思い出したようで、くつろぐどころではなくなってしまい。トイレにしては妙に遅いライムが気にかかり、尿意が切迫してきたのもあって、尻尾に乗るとトイレへと向かっていく)   (11/20 16:07:32)

ライム♂ライチュウふふ、そこは変わってないんだね?ありがとう。(几帳面なところは変わらないんだな、と笑いながら、片付けてくれたことに感謝を伝える) ……っと、ごめん。ちょっとトイレ……。(どうやらライムの方も催したのか、一言断りを入れてからリビングを後にする)   (11/20 16:01:37)

マヒナ♀アロライあ、えへへ……気になっちゃって、つい……(手が動いちゃって、と笑いながら、綺麗になったリビングを見渡す。尿意については完全に意識の外に行ってしまったらしく、のんびりリラックスした様子を見せている)   (11/20 15:54:49)

ライム♂ライチュウ……よし、終わりっと。おまたせー。って、あれ?机周りがきれいになってる、片付けてくれたの?(皿洗いを終わらせ、タオルで手を拭いてからリビングに戻ってくる。先ほどよりも綺麗になった机周りに気が付くと、マヒナが片付けただろうことに勘付いて、小首をかしげながらマヒナの顔をのぞき込む)   (11/20 15:49:16)

マヒナ♀アロライ……こんなもんかな? 部屋が散らかっちゃうのはあの頃と全然変わんないなぁ、ライムったら……ふふっ(数分後、机周りのゴミを綺麗に片付け終わって満足げに頷く。数年ぶりとはいえ散らかし方もあの頃から変わらないようで、捨てても大丈夫なものの判別が自然とつくようになってしまった様子。とはいえ世話を焼くのは好きなようで、大人びてはいるものの変わらないところがあって逆に安心したと笑う)   (11/20 15:43:56)

ライム♂ライチュウふんふふふ~ん……♪やっぱり久々に会うとなると、嬉しいというか、なんというか……かわいくなったなぁ、マヒナ……。(上機嫌に鼻歌を歌いつつ皿を洗う中、ふとそんなことを呟いて。お互いに体格も精神も成長したということか、この数時間の中で、昔は大して気にならなかったようなところについつい視線が行ってしまっていたことを思い出して) ……っ!いけないいけない、何を考えているんだ僕は……///(仮にも親戚なのに、と、邪な気持ちを振り払うように首をぶんぶんと振って)   (11/20 15:37:33)

マヒナ♀アロライん、ありがとっ。しばらくお世話になるし、近いうちに向こうの料理、教えてあげるね(アローラの料理を教える約束をしつつ、ライムの言葉に甘えてリビングへと歩いていく)……。……まだちょっと、机周りが気になるな〜……(リビングに着いて一息つくと、少し身体を震わせた。どうやら尿意を催したようだが、親戚とはいえお世話になる手前、無断で借りに行くのも気が引けるようで、尿意を紛らわそうと気になる箇所の細かい片付けに手をつけ出す)   (11/20 15:30:18)

ライム♂ライチュウふるさとの味、か。確かに、向こうとこっちじゃ味付けも調味料も全然違うんだろうし……まあ、口に合ったみたいで何よりだよ。お皿は僕が洗うから、マヒナはゆっくりしてて。(マヒナの感想と笑顔にほっと胸をなでおろし、向こうの食事事情にも興味がわきつつある。お皿を流しに運びながら、夏場に長距離の移動をして疲れているだろうと、マヒナにリビングでゆっくりしていていいと伝える)   (11/20 15:23:23)

マヒナ♀アロライごちそうさまでしたっ! 気にしないで、野菜炒め美味しかったよ! 久しぶりのふるさとの味、って言うのかな(両手を合わせてご馳走様の音頭を取った後、美味しかったと笑顔で感想を伝える。アローラのそれとはやはり味は違うらしく、久しぶりの味を堪能した様子)   (11/20 15:17:47)

ライム♂ライチュウ……ふう、ごちそうさまでした。晩ごはん、あり合わせでごめんね。美味しかったかな?(部屋の片づけは意外と長引き、終わる頃にはもう夕飯時。さすがに初日から外食はないだろうと、冷蔵庫の中身で簡単に野菜炒めを作り、食べ終わってしばらくしてから、マヒナに感想を聞いてみて)   (11/20 15:12:56)

ライム♂ライチュウ【はーい!】   (11/20 15:08:24)

マヒナ♀アロライ【了解しました、お願いします!】   (11/20 15:07:28)

ライム♂ライチュウ【では、晩ご飯の後からの再開としましょうか。今回はこちらが導入をやらせていただいてもよろしいですか?】   (11/20 15:06:24)

マヒナ♀アロライ【そうですね・・・ご飯を食べるところからにするか、ご飯も飛ばしてその後にしちゃうか、ですかね。催す描写を入れやすいのは後者でしょうか】   (11/20 15:05:06)

ライム♂ライチュウ【そうなりますね。夜のどこから始めましょうか?】   (11/20 15:02:48)

マヒナ♀アロライ【片付け描写は飛ばして、片付けが終わって夜になったところからの再開になりますかね?】   (11/20 15:01:46)

マヒナ♀アロライ【こんにちは!】   (11/20 15:01:03)

ライム♂ライチュウ【こんにちはー!】   (11/20 15:00:38)

おしらせライム♂ライチュウさん(153.173.***.129)が入室しました♪  (11/20 15:00:25)

おしらせマヒナ♀アロライさん(iPhone au)が入室しました♪  (11/20 14:59:56)

おしらせマヒナ♀アロライさん(iPhone 183.77.***.2)が退室しました。  (11/16 02:22:31)


更新時刻 23:42:20 | 過去ログ | ルーム管理 | 文字サイズ変更 初期値 縮小- 拡大+ | 背景色変更 デフォルト 白色
新着発言の通知音を
有効にするために
画面をクリックして下さい