PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
◎使用前に待合室へ!
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=324171

◎試合ルール・設定の確認はこちらから!
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=325222

【描写方法/順序のオススメ】
☆実際に通ったダメージを参考に、浅い当たり方かクリーンヒットか、全力攻撃だったかを判断してもらえると!
☆HPマイナス域に突入した場合も、-10以上は「骨折が伴うダメージ(場所が悪いと死or重傷」なので、
0~-9の間のダメージ具合によって最後の一撃の描写を工夫するといいかもしれません!

〇攻撃成功時(攻撃側ダイスが大きかった場合)
攻撃側の「攻撃を当てた瞬間とその痛み」→防御側の「食らった痛みへの反応」
〇双方のダイスが同値だった場合
攻撃側の「攻撃を当てる直前のモーション」→防御側の「回避もしくはブロックのモーション」
〇防御成功時(防御側ダイスが大きかった場合)、カウンター成功時
攻撃側の「攻撃を当てる直前のモーション」→防御側の「カウンターを当てた瞬間とその痛み」→攻撃側の「食らった痛みへの反応」
〇カウンター失敗時
攻撃側の「攻撃を当てる直前のモーション」→防御側の「カウンターのモーションと失敗して被弾する痛みへの反応」
 [×消]
おしらせグリップ/♀/ ◆j8a4MK0Eq9cvさん(Android 122.47.***.173)が退室しました。  (5/2 05:44:23)

おしらせ白神蒼真/♂/ ◆vYu4XS0NAQさん(Android 123.218.***.129)が退室しました。  (5/2 05:44:09)

グリップ/♀/【お疲れ様でしたー、お休みなさい。】   (5/2 05:44:03)

白神蒼真/♂/【はい。お疲れ様でした。おやすみなさい】   (5/2 05:43:22)

グリップ/♀/【長時間お付き合いありがとうございました。】   (5/2 05:42:52)

グリップ/♀/【それはダイスの結果次第ですが、個人的にはグリップには勝って欲しい所ですね……さて、そろそろ6時になりそうですし今のうちに少しでも寝たいのでお暇させて頂きます。朝まで】   (5/2 05:42:38)

白神蒼真/♂/【朝までありがとうございました。さてさて、蒼真君的には三度目の正直となるか?二度ある事は三度あるになるか?】   (5/2 05:40:17)

グリップ/♀/【こちらもこれで〆となります。】   (5/2 05:39:09)

グリップ/♀/んぁ…………ぁ………。(だらんと脱力した肢体を床に転がしながら、股間をヒクつかせて愛液と黄色い液体を撒き散らしながら気絶するグリップ……既に蒼真の宣言からグリップVS蒼真のデスマッチルールの予定を大会運営は組んでおり、次に相対する時は命の奪い合いになる事が確定してしまった。果たしてグリップは次のデスマッチで雪辱を晴らし、蒼真のデスマッチにおいての不敗を維持する事は出来るのだろうか……)   (5/2 05:38:58)

白神蒼真/♂/【此方はこれで〆ですー】   (5/2 05:34:36)

白神蒼真/♂/ふうっ...ま、これで終わりかな(しばらくグリップの膣内を指で掻き回した蒼真だったが、その指を抜きグリップを解放する。そのまま意識を失いダウンするグリップに見せつけるかのように指に付着した愛液をペロリと舐めると倒れた彼女への耳元へと顔を近付け...)これで実力の差が判ったろ?でも、まぁ、まだ俺の気は晴れてないだわ。次にやるときはまたデスマッチでやろうぜ。今度こそその淫乱マンコぶっ潰した上で君の事、ぶっころしてやるよ...じゃあな...(最早、聞こえてすらいないだろうが、グリップに三度デスマッチを申し込み、そのままリングから立ち去っていく。またも圧倒的な実力差を見せつけグリップに勝利した蒼真...しかし、彼の心には彼女への復讐心が収まっておらず、暗い感情を湛えたまま試合会場から去っていくのだった...)   (5/2 05:33:59)

グリップ/♀/ぁ……ぐぃぃっ!?んあ゙……あぁぁぁぁぁぁぁぁっんんんぅぅ!!!!(蒼真の嘲笑を浴びせられるも、最早満足に反応する事すら出来ないグリップは薄れゆく意識で歯軋りをする事しか出来ず……その歯軋りもローブローによって強制的に口を大きく開け悲鳴を上げさせられることで無理矢理止めさせられ、グリップの身体は股間から持ち上げられる事で自身の体重が股間にのしかかり、股間はミチッと潰れ、勢い良く愛液を蒼真の拳に吹き散らしてしまう。そこからぐちゃぐちゃに濡れた腟内に指を差し込まれればその感覚だけで背筋をビクンッとはね上げてしまい、腟内を掻き回されればその動きに合わせてグリップの口からは悲鳴と喘ぎがミックスされた嬌声が吐き出される……)   (5/2 05:24:19)

白神蒼真/♂/ハハッ!何だよ。こんな事されて絶頂かよ!とんだ淫乱娘だな(膝に掛かった愛液の感触に気付くとその事を嘲笑しながらも更に股間への膝蹴りを続け肉体と精神、両方へのダメージでグリップの心を折っていく)さて、じゃあ、トドメだ!無様にイケっ!(膝蹴りを止め、グリップの身体を離すと崩れ落ちるグリップの股間へと追い討ちとばかりに強烈なローブローを叩き込んで...更には指を伸ばし割れ目へと侵入させるとその指で膣内を掻き回して)   (5/2 05:15:57)

グリップ/♀/フゥ、フゥ……ぇ?ぐぎぃぃっ!!??ぁ……あぎっ!いぎっ!やめっ、ぎやぁ……!!あぎぁぁぁぁ……ぁ……ぁ……ぁ…………。(ヘッドロックに集中しきっていたグリップは股間への再びの膝蹴りに無防備になっており、蹴り上げられた笑劇によって自身の体は再び脱力してしまい、両腕をだらんと力を抜いてしまったのが運の尽き……そこからは再び、グリップの股間へと容赦ない膝蹴りを叩きつけられていく。断続的に吹き散らす愛液は蒼真の膝に掛かり、グリップの意識は途中から完全に消えていたが、それでも蒼真の膝蹴りは止まる事は無く……。)   (5/2 05:10:15)

白神蒼真/♂/ぐっ...!(グリップの怪力で締め付けられ苦痛の声を漏らす蒼真だったが、先程の挑発が通じたのかグリップの下半身への警戒が疎かになっており...)ハ、ハッ...!隙...だらけだ...っ!(此方を絞め落とす事だけに夢中になっているグリップの股間目掛けて強烈な膝蹴りを再度叩き込んで...その痛みに悶絶し、技を解いたグリップに再び組付けば、そのまま何度も何度も股間へと膝蹴りを叩き込んで)ハハッ!今日もそのガキマンコ潰してやるよ!もう君じゃ俺には勝てないんだよ!(執拗なまでにグリップの股間へと膝蹴りを叩き付けていく)   (5/2 05:03:47)

白神蒼真/♂/【了解ですー】   (5/2 04:57:23)

グリップ/♀/【股間を思い切り蹴り潰して失禁させちゃって欲しい感じです。】   (5/2 04:57:13)

グリップ/♀/うるさぃ、ですっ……はぁっ、は……大人しく、してて下さい……!(震える声で蒼真の挑発を黙らせようとより胸を密着させて喋れる様な隙間さえも潰そうと必死に蒼真にヘッドロックを仕掛け続ける……蒼真の挑発はグリップの心に火を付けており、痛みと怒りに支配される故に自分の視界から見えない下半身、特に股間が疎かになっており……)   (5/2 04:56:33)

白神蒼真/♂/【何か希望はありますか?】   (5/2 04:54:25)

グリップ/♀/【またクリティカルで敗北……】   (5/2 04:53:41)

白神蒼真/♂/2d6 → (6 + 6) = 12  (5/2 04:51:51)

グリップ/♀/2d6 → (2 + 4) = 6  (5/2 04:51:45)

白神蒼真/♂/ぐっ...こいつ...まだ...!?(死中に活とばかりに踏み込んで来たグリップ。それにより距離を潰され前蹴りは不発。更にそのまま腕を巻き付けヘッドロックを仕掛けてきて...)ぐっ!またそんかぺったんこな胸で...!(怪力と固い胸で体力を削れていく中、挑発するような台詞を飛ばし、グリップの冷静さを失わせようとする)   (5/2 04:51:30)

グリップ/♀/はぁ、はぁ……あぐ、ひぃ……壊されるのは、貴方の方ですっ、この変態……!ほら、まずはその顔の鼻っ柱を潰してやりますよ……!(赤く腫れ染まった秘部と、硬い鎧だった破壊された腹筋の痛みで荒く息を吐き、目尻から涙を流しつつもこのままトドメを刺される訳にはいかないと自分から蒼真の首に両手を巻き付け密着する事で前蹴り出来る程の距離を潰す事で蒼真の攻撃を邪魔しつつ、蒼真の顔を自分の胸に押し付けてヘッドロックを仕掛ける事で下半身の痛みと痺れが薄れるまで時間稼ぎをしようとする……!)   (5/2 04:46:53)

白神蒼真/♂/【すみません。助かります】   (5/2 04:42:16)

白神蒼真/♂/はっ!またマンコ蹴られてお漏らし...ってか?とんだ淫乱娘だな。君は。オラッ!その淫乱娘にはお仕置きだ!そのマンコぶっ壊してやるよ!(グリップの股間で2度殺され、更にその後には自慰行為の道具にされたという屈辱もあり、憎しみのままにトドメとばかりにグリップの股間へと強烈な前蹴りを叩き込まうとするが...)   (5/2 04:41:36)

グリップ/♀/【一応こちらの攻撃ロールとダメージ描写をくっ付けて描写したので、お気になさらず。】   (5/2 04:38:52)

グリップ/♀/2d6 → (6 + 3) = 9  (5/2 04:38:04)

白神蒼真/♂/2d6 → (2 + 6) = 8  (5/2 04:37:54)

グリップ/♀/苦しいですよね?今日は貴方が二度とそんな生意気な口が叩けないように、じっくりと腹筋を破壊してあげます……これはお代わりですよ!(苦痛に歪む蒼真の顔を更に歪ませようと、握り潰そうとする手の下、蒼真の下腹部に硬い膝を叩きつけようと片脚を振り上げるが……!)ぐぁっ!?しまっ……げふぇっ!!??がぁ!?ぎぅ!?いだぁぁ!!??んァァァァぁああ゙!!!(片足立ちの不安定な体勢にエルボーを叩き付けられ、急な脳への衝撃に転びそうになりながらも思考と身体の動きが一瞬停止してしまう……その隙に自分の身体を抱き締められてしまい、逃れようと蒼真の腕を掴むが、直後に浴びせられる股間と腹筋への連続膝蹴りにグリップの口は悲鳴を上げ、何度も何度も膝蹴りを叩き込まれる度にグリップの肉体は脱力し、背筋をビクッと跳ねさせ……一通り膝を叩きつけられた後にはグリップの下腹部と股間は真っ赤に痛々しく染まってしまい、痛みの反応からか股間からは粘液がトロォ……と垂れ始めていた…………。)   (5/2 04:37:22)

白神蒼真/♂/【あ、しまった!カウンターって其方の攻撃描写→此方のカウンター描写→其方のダメージ描写でしたっけ。すみません。久しぶりだったから間違えました...】   (5/2 04:35:43)

白神蒼真/♂/ぐっ!このっ!やらせるかっ!(その怪力で腹筋を握り潰そうとしてくるグリップの脳天にエルボーを叩き付け怯ませれば、そのままグリップの小柄な肢体を抱き締めるかの様に組ついて...)はっ!甘いな!このままぶっ壊してやるよ!オラオラオラーッ!(組付いたままグリップの腹筋や股間目掛けて何度も何度も膝蹴りを叩き込んで)   (5/2 04:29:14)

グリップ/♀/【いきなりキツいダメージ……】   (5/2 04:26:19)

白神蒼真/♂/2d6 → (5 + 2) = 7  (5/2 04:25:03)

白神蒼真/♂/【カウンター行きます】   (5/2 04:24:52)

グリップ/♀/2d6 → (1 + 5) = 6  (5/2 04:24:34)

白神蒼真/♂/ちっ...いつもの様に激昂するかと思えば以外に冷静じゃないか...(前回の試合は彼女にとってもかなりの屈辱のはず。そこを挑発すれば以外に気の短いグリップの事だ、激昂し冷静さを失うかと思ったが...)まぁ、良いや。今回も勝たせてもら...っ!?ぐうっ...!(変に余裕を見せていたのが悪かった。グリップの鋭いタックルに反応出来ず直撃を貰ってしまい、更には彼女の怪力で腹筋を掴まれ握り潰されそうになれば、苦痛に顔を歪めて...)   (5/2 04:22:21)

グリップ/♀/そうですね、サクッと終われば良いですね……私の勝利で。スゥ……行きますよっ!(蒼真のあからさまな挑発をまともに受け止めまいと片手を強く握りしめながら平静を維持しようとしつつ……試合開始の合図と同時に蒼真にタックルをする様に接近しながら掌を蒼真の腹筋に勢い良く叩き付け、そしてミチミチィ……!と蒼真の腹を腹筋ごと掴み、並外れた握力で握り潰そうとする……!)   (5/2 04:17:20)

白神蒼真/♂/2d6 → (4 + 1) = 5  (5/2 04:10:30)

グリップ/♀/2d6 → (4 + 4) = 8  (5/2 04:10:23)

グリップ/♀/【ダイス振りますね。】   (5/2 04:10:19)

白神蒼真/♂/ああ、そうだな...本当に奇妙な縁だよ...(久しぶりに上がったヴァルハラのリング。今回の相手もある意味宿敵とも言える少女、グリップで... いつも通りの全裸での対戦に苦笑しならがらも言い返して)さて、今日もサクッと勝たせてもらおうかな(生死をかけたデスマッチでは2度続けて屈辱の敗北を喫しているが、戦績で見れば蒼真の方が勝ち越しており、特に前回の彼女との試合では圧倒的な実力見せつけ勝利しており、挑発するかの様に勝ち誇りながら、構えを取り、試合開始の合図を松)   (5/2 04:09:05)

グリップ/♀/……相変わらず、貴方との闘いは裸体で殺り合う事になるんですね。(六角形の地獄、幾度もこの場で尊厳と誇りを散らしあってきたこのリングにて今回も一糸まとわぬ裸体と、その小柄な肉体にはあまりにも不格好な筋肉を晒しながら少女が今日もなんの躊躇も無くリングに上がり、目の前に居る裸体の男に語りかける。ここ数戦の闘いでは彼に苦渋を舐めさせられており、今回は復讐をせねばと目付きを鋭く睨み付けながら早くも構えを取って臨戦態勢になっている。)   (5/2 04:03:46)

白神蒼真/♂/【そちらの先攻ですね。書き出しお願いします】   (5/2 03:55:46)

グリップ/♀/【こちら先手ですね、書き出すので少々お待ちください。】   (5/2 03:55:42)

白神蒼真/♂/2d6 → (1 + 5) = 6  (5/2 03:55:06)

グリップ/♀/2d6 → (1 + 6) = 7  (5/2 03:54:58)

グリップ/♀/【こちらこそ、改めて宜しくお願いします。ダイス振らせていただきますね。】   (5/2 03:54:35)

白神蒼真/♂/【改めてよろしくお願いします】   (5/2 03:53:28)

おしらせ白神蒼真/♂/ ◆vYu4XS0NAQさん(Android 123.218.***.129)が入室しました♪  (5/2 03:53:10)

おしらせグリップ/♀/ ◆j8a4MK0Eq9cvさん(Android 122.47.***.173)が入室しました♪  (5/2 03:52:35)

おしらせカナタ/♀さん(iPhone au)が退室しました。  (3/15 22:21:38)

カナタ/♀【決着後の〆手前で、完全に気が抜けて闇落ちしてしまいましたね…。折角の機会、非常に勿体ない上に申し訳ない気持ちです。 先日は本当に、遅くまでお相手感謝致します】   (3/15 22:21:36)

おしらせカナタ/♀さん(iPhone au)が入室しました♪  (3/15 22:19:19)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、カナリア/♀/ ◆j8a4MK0Eq9cvさんが自動退室しました。  (3/15 03:22:33)

カナリア/♀/【もう遅いですし、お休みですかね?】   (3/15 03:02:20)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、カナタ/♀/ ◆5YehBV47xYさんが自動退室しました。  (3/15 02:43:29)

カナリア/♀/んぶぇ……ぇ…なん……ごぴゅぅ!!??……っあ………ぁ………っ…………。(心身共に嬲り尽くされ、何も出来ないまま意識が飛びそうになるカナリア……その胸には自身への無力さ、カナタへの復讐心等様々な感情が渦巻くがそれらの感情を一切吐き出せぬまま気絶すると思っていた所に急に抑え込まれる手が緩まって解放される。唐突なカナタの行動に理解出来ぬまま顔を上げてカナタの顔を見る……と同時にカナリアの口からは今までとは比にならない量の血液が溢れ出た。腹に突き刺さる痛みのままに下を見れば自分の腹にはカナタの鋭い貫手が突き刺さり、大量の血が流れ落ちている事を意識した瞬間カナリアの身体中から文字通り血の気が抜けて力と意識が抜け落ちた。……まだ死んでこそいないもののカナタの身体に撓垂れ掛かり、か細い息と生気のこもっていない眼からしてこのまま放置されればカナリアの死は確実だろう……。)   (3/15 02:33:15)

カナタ/♀/力で負けて、性技も使う前にこんなことになっちゃって。完敗だね?それじゃ最後の一押し、行ってみよう。…死なないでね?(なす術もなく虚空を掴んで振るうことしか出来ない相手の必殺技の一つが、きっとこれなのだろう。しかし今回は自身がそれを受ける真逆の状況に加え、腹部への致命的なダメージによって、自身の片乳は真っ赤に色付けられる。ピンポイントで与えてくる弱い吐息、そして身体の痙攣に、芯から嗜虐心と性的興奮を覚えて、やがて手を緩め相手を解放したのかと思いきや最後に右手を突き立てて、弛緩した腹へと貫手を放つ。彼女の得意技の一つで、多くの人間を集中治療へとおいやった毒針、ソレを芯まで突き込んで、ぐぼりと更にもう一押しする。相手もまた、完全回復するまで医療室で生死の境を彷徨うことになるだろう)   (3/15 02:22:46)

おしらせカナタ/♀/ ◆5YehBV47xYさん(iPhone au)が入室しました♪  (3/15 02:22:41)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、カナタ/♀/ ◆5YehBV47xYさんが自動退室しました。  (3/15 02:21:19)

カナリア/♀/(快感に身を委ねた事で押し潰していた筈のカナタの顔を乳房から剥がされてしまい、今度は逆に自身の顔がカナタの乳房に押し潰されてしまう。何とか反撃しようと先程やられたようにカナタの突起に噛み付こうとする物の、その直後に脚を身体に絡められ、ミチミチと肉が潰れる音がカナリアの身体から響き、悲鳴を上げようとするがカナタの乳房に押し潰されて声を出す事も出来ない。潰される腹の圧迫感で口から収まっていた吐血が再び溢れ、カナタの胸に吐き出してしまうがその血によってただでさえ殆ど隙間なく埋まっていたカナタの乳房は隙間なく完全に埋まり、呼吸を完全に封じられてしまう。……最初は苦しみから逃れる様に手足を振り回してバタバタと暴れていたがその動きも段々と弱まり目に見える様にカナリアの戦意と意識が沈んでいくのが分かるだろう。)   (3/15 02:09:34)

カナタ/♀/って割に…、こっちの方が好みでしょ? ああ、もう貴女にターンは与えないんで(不意打ちによって脱力、腕の拘束が緩んだ上に確かな鼓動を力強く感じた辺り、相手が此方の分野も強い関心があると察し。狙いを下腹部しかも地肌へと手を滑り込ませようとする相手に、お返しと言わんばかりに乳房から顔を剥がして、両腕を後頭部に回してヘッドロック、激しい闘いによって下着がズレて露出した乳房へと、お返しと言わんばかりに押しつけて、体格差はあれど十分な質量と、汗による蒸れで隙間を埋めて呼吸を奪おうとする。 更にぎゅるんと両脚は相手の胴を絡めて、見た目を上回る強靭な脚力で相手の腹部を圧迫。性技と暴力の併用技で相手の戦意を完全に叩き伏せようとして)   (3/15 02:00:49)

カナリア/♀/【反撃しようとしてますが好きにやり返すなり攻撃が始まる前に追撃するなりしちゃって大丈夫ですー】   (3/15 01:49:40)

カナリア/♀/っ♡あんっ……そういう事、する?(抑え込もうとしたのに逆に手玉に取るようなカナタの歯と突き立てられじんわりとした刺激を与えてくる膝に元より性感の強いカナリアはカナタの性技に反応してしまい、抑え込もうとする手足の動きは止まって喘いでしまう。しかし性技はカナリアの最も得意とする闘い。堕とし込まれる快楽に自ら溺れるかの様に右手をカナタのスキニーの下に潜り込ませその股間を弄り返そうとするが……)   (3/15 01:48:48)

カナタ/♀/(相手からそう言われれば、返答する前に相手の体重が此方に掛かって、豊満な身体に押し潰される。口を塞がれ呼吸が出来ないかと思えば、相手の胸へと顔を埋めて、生命力を感じさせるほどに勃ち切った突起に歯を立てて、柔らかくもしかし痺れる様な刺激を与える。相手の胴に両腕を絡み付け、失禁した秘所へと膝を突き立てて、快楽の渦へと堕とし込もうと)   (3/15 01:41:31)

カナタ/♀/【しかし、態勢が態勢なので少しエロティックな導入にしたいですね】   (3/15 01:41:26)

カナリア/♀/【私も殆ど喰らった事ないです……死ぬかは置いとくにしても取り敢えず骨は間違いなく立てなくなるくらい折れまくってそう……】   (3/15 01:36:43)

カナタ/♀/【こんな数値出したのは初めてですね】   (3/15 01:34:58)

カナリア/♀/あなたを、潰したい……げほっ…それ以外に理由、必要?(そう手早く回答しながらも荒く呼吸しながらもカナタにのしかかる。そして自分の豊満な胸でカナタの顔を押し潰して呼吸と視界を奪いながら体格差を活かしてカナタの手足を掴み絡めとって動きを抑え込もうとするが……!)   (3/15 01:34:47)

カナリア/♀/【敗北……しかも重傷ですね……】   (3/15 01:32:40)

カナタ/♀/2d6 → (5 + 6) = 11  (3/15 01:32:05)

カナタ/♀/【カウンターいきますね】   (3/15 01:32:00)

カナリア/♀/2d6 → (4 + 1) = 5  (3/15 01:31:06)

カナタ/♀/つぅっ!?なんで?今のを受けていれば、今頃楽になっていたんだろうけど? (狙いを外して力強く床を踏み抜いて、その足に体重を乗せていたためか、相手から足を払われると、膝をついて容易にバランスを崩してしまった。失禁を強め完全に息が上がっているにも関わらず、降伏する様子もない相手の肩に組み付いて向き合いながら、降伏を促す問答を始め)   (3/15 01:29:15)

カナリア/♀/はぁ……はぁ……まだぁ……終わってないっ…!(頭蓋が砕かれそうになる直前にカナリアは血濡れの身体を無理矢理跳ね上げてカナタの足裏を回避、口の中から溢れ続ける血をペッと吐き出しながらカナタのもう片脚に対して足払いを仕掛ける事で体勢を崩させ転ばせようとする。……当然無茶な動きに身体は悲鳴を上げ、股間の失禁の勢いはより強く噴き出るが、その苦しみを堪えながらもカナリアは闘いを続けるつもりだ。)   (3/15 01:23:23)

カナタ/♀/っふふ、好調…(蹴り足を引き抜けば生暖かい鮮血混じりの体液が足にべったりと付着、更に相手の下半身から黄色く生暖かそうな液体が漏れ出ている。心身共に打ち砕いた征服感に浸り、相手を見下ろしながら余裕を見せて、ゆっくりと足を上げれば、相手の頭部を踏み抜こうと体重を落として足裏を見せながら降下して)   (3/15 01:17:47)

カナリア/♀/2d6 → (5 + 4) = 9  (3/15 01:12:39)

カナタ/♀/2d6 → (2 + 6) = 8  (3/15 01:12:29)

カナリア/♀/ぐ、ぐぎぃ……いづ……ぁ………げぼ!?げほぇっ!!!(まるで酸性雨の様にカナリアの身体を痛みで蝕むカナタの続けざまに振り抜かれる蹴りにも逆転の機会を潰されまいと必死に耐え続ける……が、段々と赤黒く染まっていく両腕は激痛にもカナリアの上体の重みを支える事は困難になっていき……遂にポッキリと折れるかの様に腕の力が抜けてカナリアは再び床に沈もうとする……瞬間に蹴り抜かれた土手っ腹の威力に口から血反吐をげぼっと吐き出しながら床に縫い付けられる様に叩き付けられてしまう。……そして、チョロロ……とカナリアの股間からは黄色い液体が漏れ始めた。度重なる連撃によって完全に肉体からは力が抜けきってしまっているらしい……絶体絶命である。)   (3/15 01:11:01)


更新時刻 03:41:25 | 過去ログ | ルーム管理 | 文字サイズ変更 初期値 縮小- 拡大+ | 背景色変更 デフォルト 白色
新着発言の通知音を
有効にするために
画面をクリックして下さい