PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
■既存の『F系ギルド乱交部屋』を1:1で楽しみたい方向けのお部屋です。
設定その他ルールは元部屋のそれに習いますが、乱交無しの1:1にてご利用下さい。
既に1:1の状態になっている場合の乱入は御遠慮願います。

────────────────────────────────────────
□とある世界の冒険者ギルド
実力者から初心者まで集うこのギルドには一つの特徴があった
それはメンバー全員がセックス好きであること
毎日のように繰り広げられる、淫らな宴

■入室者ルール■
名前+性別+職業で入室お願いします
当部屋は乱交ではなく1:1の男女が睦み会うお部屋です。

■場所設定■
1.(基本)酒場の一夜
憩いの酒場。酒が進むにつれ口説き口説かれ、乱れ乱され…
2.宿屋の夜
依頼終わりの夜。二階大部屋ではじまるのは、恒例の乱交
3.露天野営
積荷の搬送任務の途中、中継地点の憩いの地は天然温泉。混浴に響くのは…
4.自由設定
上記に縛られない、思いつくままの素敵な設定で、是非


■注意事項■
・『二窓は禁止』です
・既にカップルが成立している場合の乱入はご遠慮下さい。
・この世界に勇者はいません
・中文程度推奨。イメチャですので、最低限ロールをまわしてください
・処女童貞非推奨。パーティーは全員一度程度交わったことがある、或いは交わっているところをみたことがある関係です
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、Margaretさんが自動退室しました。  (8/24 01:13:08)

Margaretこんにちは、中断して申し訳ありませんが、最高のセックスの出会い系サイトを開いた: adultlovex.com 。私のプロフィールはそこにあります。   (8/24 00:52:56)

おしらせMargaretさん(178.171.***.5)が入室しました♪  (8/24 00:52:54)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、アスラン♂戦士さんが自動退室しました。  (8/24 00:31:18)

おしらせDeborahさんが部屋から追い出されました。  (8/24 00:13:24)

Deborah邪魔してごめんなさい 一晩だけ男の人を探してて... 助けてもらえますか?私の連絡先はこちら - adultlovex.com   (8/24 00:13:17)

おしらせDeborahさん(45.13.***.124)が入室しました♪  (8/24 00:13:15)

アスラン♂戦士あぐ……(腸詰めをフォークで刺し、ブツリと音を立てて噛みちぎり、口中に広がる肉汁と肉の旨味を味わい、スプーンで掬ったスープを一口啜り、パンを千切っては詰め込み咀嚼……)むぐ…むぐ…(空腹を満たすためにひたすら腹に詰め込んでいるが店の親父の料理は味の方もしっかりとしており野外で質素な保存食が主だった仕事中の食事に比べると天国だ)後は酌をしてくれたり差し向かいに座ってくれる相手でもいりゃな(食い気の方が満たされてくると引っ込んでいた色気の方が顔を出し、もぐもぐと口を動かしながら酒場やその上階──宿となっている二階から続いてくる階段など誰かいないかと眺める)   (8/24 00:11:15)

アスラン♂戦士【あ、設定1になります】   (8/23 23:54:43)

アスラン♂戦士……いただきます(目の前で両手を合わせ、軽くお辞儀をすると酒場の喧騒をバックに勢いよく食べ始める)   (8/23 23:54:28)

アスラン♂戦士腹が……減った……(泣きそうな情けない声を出しながら金髪の若い男が酒場兼食堂兼宿屋の扉をギィっと鳴らし入ると店内を見渡し、空いてる席を探す。既に出来上がっている連中が力比べで腕相撲をしていたり目の前の女を持ち帰ろうとして手玉に取られてる男がひたすら酒盃の数を重ねていたりと騒がしく空いている席を見つけるのに目を細め視線を何度も左右に走らせ)あった(漸く見つけた隅の方の空いてる卓をみつけると進路を塞ぐようによろめいたりしてる酔っ払いを掻き分け、剣帯から長剣を鞘ごと外して立て掛け椅子に腰を下ろす)さぁ…今日の俺の腹は何を欲している(先程から鳴っている腹を鎮めるため先ずは色気よりも食い気だと腕を組んで目を閉じ店の品を思い出し)……すまん(給仕を呼び止めると注文を済ませ)落ち着け落ち着け……(独り言を言いながら空腹に耐える事しばし。やがて目の前にいくつも皿が並べられる。茹でた腸詰め、パン、鳥の香草焼き、小さく切った生野菜を香辛料の入ったオイルで和えたサラダ、豚肉と野菜を煮込んだスープ、卵と牛乳、砂糖を混ぜて型に入れて蒸した甘い菓子……一つの卓の上に次々と二人分はありそうな量の品が並られていく)   (8/23 23:54:23)

アスラン♂戦士【こんばんは。日曜深夜なので厳しいですがしばし待機を】   (8/23 23:53:54)

おしらせアスラン♂戦士さん(218.44.***.232)が入室しました♪  (8/23 23:53:14)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ドレアス♂召喚士さんが自動退室しました。  (8/22 23:53:06)

ドレアス♂召喚士【4番で待機します。】まったく――海って何だよ。(大規模なギルド総出の仕事が想定以上の成果が出たので、臨時報酬が出たらしい。それが――街から一番近いリゾートへの宿泊券だったとか。ギルドマスターからギルド内の交流のためにも全員参加――と言い渡されてしまえばわがまま放題の召喚士もしぶしぶ参加次第。ギルド内の交流って毎晩やってるあれはなんだ。と毒づきつつも、ざんばら黒髪を首の後ろで結んでまとめ、魔法職らしからぬ褐色の逞しくも無数の古傷がついた体躯を晒すような膝丈のトランクスタイプの水着を身に着けると、砂浜へと踏み出した。空を見上げればどこまで広がる水平線に澄み切った青空。そして燦々と輝く太陽。街にいるときは空を見ることなんてほとんどなかったことに思いを馳せつつ――砂浜へと視線を落とせば、水着に身を包んだ美女(もちろん男もいるがこの男には見えないらしい。)があちらこちらにおり――中には当然ギルドメンバーも混じっていよう。)ほほぉ。これはこれで悪くないな。(海で泳ぐ気はさらさらないが、いつもとは違った愉しみがあるかと思えば人が悪そうに頬を歪めて――)   (8/22 23:32:53)

ドレアス♂召喚士【4番! 準備していないので、これから描きます。しばし無言となります。】   (8/22 23:24:47)

ドレアス♂召喚士1d4 → (4) = 4  (8/22 23:23:33)

ドレアス♂召喚士【同じなのでもう一度】   (8/22 23:23:29)

ドレアス♂召喚士1D4 → (3) = 3  (8/22 23:23:15)

ドレアス♂召喚士【こんばんは。お邪魔します。しばらく待機させていただきます。(いつもどおり20分制限までくらいですね。)ロルは残っているのですが、新しいのを上げたいと思います。(そろそろ4番来るかなぁ。)】   (8/22 23:23:12)

おしらせドレアス♂召喚士さん(220.210.***.118)が入室しました♪  (8/22 23:22:14)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ドレアス♂召喚士さんが自動退室しました。  (8/22 13:22:13)

ドレアス♂召喚士【こんにちは。昨日に引き続き――待機させていただきます。ちょうど下に待機ロルが残っているので再活用いたします。宜しくお願い致します。】   (8/22 13:02:03)

おしらせドレアス♂召喚士さん(220.210.***.118)が入室しました♪  (8/22 13:01:22)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ドレアス♂召喚士さんが自動退室しました。  (8/22 01:41:03)

ドレアス♂召喚士【3番で待機します。】ふぅ――生き返るぜ。(魔法職には珍しい肩幅も広くがっしりとした逞しい身体を湯の中に沈めて、ため息をついた。ここは積荷の搬送任務の途中の中継地点の宿屋から少し離れた場所にある秘湯である。一緒にきたギルドメンバーでも知っているものは多いようだが習慣の違いか、ここにいるのは自分ひとり。今頃任務成功の前祝と言わんばかりに酒だ乱交だと大騒ぎしているかもしれない。直径3メートル程度の小さな温泉で脇にはきのこ型の青系の光を放つ魔法駆動の照明が等間隔で並んでおり、温泉の周りを淡く照らしていた。ちゃぷり――と音をたてて湯を掬い、古い刀傷がついた逞しい肩に湯をかける。様々な効能を感じさせるぬめりのある白濁した独特の湯であり、人肌より少し高い程度の湯温はいつまでも入っていてものぼせることはない。滑らかな岩に背をあずけ、天を仰げばうっそうと茂る木々の隙間から満天の星空が見えて――)   (8/22 01:20:53)

ドレアス♂召喚士1d3 → (3) = 3  (8/22 01:20:26)

ドレアス♂召喚士【こんばんは。変な時間にねたら寝れなくなり――暫し待機します。よろしくお願いいたします。】   (8/22 01:20:22)

おしらせドレアス♂召喚士さん(220.210.***.118)が入室しました♪  (8/22 01:19:52)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、Bettyさんが自動退室しました。  (8/20 01:02:16)

おしらせサキニス♀蟲遣いさん(122.209.***.50)が退室しました。  (8/20 00:49:38)

サキニス♀蟲遣い(重くは無い身でも、今は投石器の一撃になっていた。あたる風を全身に受けた体が戦士の背中を異に打ち付ける。瞬間、朝の鋭い陽光に照らされた裏庭で男女が重なる光景は、すぐに地面に大きな音を立てるまでの、その一瞬だけはまるで新郎新婦の婚儀の一幕のように美しかった)やっぱり、痛い!(戦士の腕の中で包まれて、胎児のような姿勢でいたそれが痛痒の産声を上げる。ようやく腕の中から転がりでて、しばらくは産まれたての小鹿のように震えて立っていた)とにかくは、あ、り、が、と、う!(どうあっても感謝の言葉は真摯なものにならないらしい。肉付きへの品評のせいもあって、起きかけた戦士の体にぺしりと蹴りを入れながらの謝辞。衝撃のほとんどは戦士が受け止めたため、先に立ち上がる。も、腰に手を当てて軽蔑の色が宿る眼で見下ろしていた。ローブの裾の中が見えてるかもしれない)痛みなら取ってあげるけどね(この後、サキニスが蟲遣いであり、ヒルによる治療をを知ることになるのでした)   (8/20 00:48:49)

Bettyカジュアルなセックスを探してるんだ 実験のための準備ができています。連絡はこちらから - adultlovex.com   (8/20 00:42:09)

おしらせBettyさん(193.31.***.8)が入室しました♪  (8/20 00:42:06)

おしらせアスラン♂戦士さん(218.44.***.232)が退室しました。  (8/20 00:36:41)

サキニス♀蟲遣い【せっかくなのでこちらは最後にお返しだけ打って落ちますのでおやすみなさいー   (8/20 00:36:15)

アスラン♂戦士【ではおやすみなさい】   (8/20 00:36:14)

アスラン♂戦士【こちらこそよろしくお願いします。お付き合いありがとうございました】   (8/20 00:36:02)

サキニス♀蟲遣い【はーいありがとうございました。またどこかでお会いしましたらよろしくお願いします】   (8/20 00:35:35)

アスラン♂戦士【…と、ここですみません睡魔が襲撃してきましたのでお開きとさせていただいても宜しいでしょうか?】   (8/20 00:34:58)

アスラン♂戦士身体も汚れちまったし、朝から風呂だな。ついでに誰かを受け止めたせいで痛めたからそこを揉んでもらおうか(本気とも冗談とも取れる口ぶりで女の方を睨みにんまりと笑う)   (8/20 00:33:30)

アスラン♂戦士常に男らしいだろう……特にベッドの上では自信があるぞ(軽口を叩きながら実は口でいうほど簡単ではく、必死で屋根の高さや女の細身の体からおおよそ割り出した体重、それが飛び降りた時の勢いと受け止めた際の衝撃、しかも相手もこちらも怪我の無いような態勢を……等、様々な事を計算してみるが結局の所実際にやってみないとわからない、今思い返せばもっと簡単な方法、布団を何枚も重ねるとかあったのではないか?そう思った瞬間、ふわりと身を風に任せ、そして一気に落ちてくる女の姿)ええい!(なるようになれと腕を掲げ、抱きとめる)……っぐっ(身体に伸し掛かる衝撃に息が詰まる。そしてそれを少しでも和らげるように後ろに倒れ込む。もちろん、女の身体に無理な衝撃がかかったりしないように気をつけながら)……いっ……てー!(地面に打ち付けた尻、背中、頭の痛さに声を上げそれでも双方に大した怪我がないことを確かめると抱きしめていた女の身体を放し、身体を起こす)……いてて、どうせならもう少し肉付きよくしろよ(好き勝手なことをいいつつ打ち付けた腰のあたりを擦り)   (8/20 00:33:24)

サキニス♀蟲遣い【やったー!(自分を棚に上げて)】   (8/20 00:26:24)

アスラン♂戦士【失礼しました】   (8/20 00:25:59)

おしらせアスラン♂戦士さん(218.44.***.232)が入室しました♪  (8/20 00:25:43)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、アスラン♂戦士さんが自動退室しました。  (8/20 00:25:37)

サキニス♀蟲遣いあれ?あなたが急に男らしく見え始めたんだけど、あたしも暑さで頭がおかしくなり始めてるのかな(両腕をささげた姿勢の戦士を紫色の両瞳に映して、感心したように褒めてるのかよく分からない事を言う。屋根の上で膝を上げて立ち上がると、どこか楽し気に口元を緩めた)言っておくけど、避けないでよ?そしたら地面にあたしの輪郭に沿った穴があくからね。何が恥ずかしいって、自分のスタイルの跡を残すのがイヤ。そおうなったらもう、穴があったら入りたくな……いえ、その時はもう入ってるか(バッドエンドロールを自分からずらずら述べることで覚悟を整えたのか、屋根のへりにすり足で迫る。建物で遮られていた風に吹き上げられて、黒紫の髪を青い空に散らしながら戦士を見つめる)死んでも受け止めてよ・あたしの騎士よ(勝手に相手を岸に昇格、それも自分付きの配下のような言い草と一緒に、その身を宙に躍らせた。妙に目力のあるダイヴが戦士へと降りかかる)   (8/20 00:17:29)

おしらせサキニス♀蟲遣いさん(122.209.***.50)が入室しました♪  (8/20 00:12:30)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、サキニス♀蟲遣いさんが自動退室しました。  (8/20 00:12:09)

アスラン♂戦士まぁ女の大抵の我が侭は聞いてやろうとは思うけど流石に死ぬのは勘弁だね(屋根の上から鋭い視線で見下されながらどこ吹く風と肩をすくめて見せる)月を見るのにわざわざ屋根の上かよ……暇だね、ていうかどうやって登ったんだ(一見詩的な言い回しに呆れた様な言葉を返し、そして極々当たり前の疑問を口にする。さていつまでも見上げて会話していては首が痛くなるばかりださっさと降りてき……な?(下着も脚も見せる気ないならと心の中で付け加え、自分は宿に戻って朝飯でも頼むか……等と思って支度をし始めたところで発せられる重大な告白に一瞬、返事に詰まる)降りられないっても俺だってそこまで登るのはけっこう大変だぞ(ロープに鈎でもつけて投げれば……だが、生憎手元にない。屋根まで届く梯子を用意するかとおもったが見当たらない、宿の主人に聞けば一発でわかるのだろうが、そこまで気が回らない)うーん……仕方ねえな、受け止めてやっから飛び降りな(女の下までいくと両手を前に出し受け止める姿勢を見せる)   (8/20 00:05:36)

サキニス♀蟲遣い忠告はありがとう。死ね。(手で朝風からローブの裾を取り戻すと、感謝の響きなど全く感じられない平坦な口調で返した。上からなので見下す視線は様になっている。横に切れ長な目を細めて見せれば、鋭利な刃物を思わせる不吉な目つきにも見える)そして訂正しておくけど、朝から登ったのではないし、一人だった。一緒にいたのは、空に昇ってさっき地に消えた月と、屋根の上の私だけ。(ろくでもない理由の匂いがしそうな謎めきを言い放つ。そのローブ姿の肩が竦められると、肩幅とその薄い肩の肉付きから成人相応の年頃を満たしていることが見て取れる。肩を越えて滑り落ちてきた一条の髪を手でもって背中へと戻しながら、口を尖らせて重大告白した)降りられないん、だけど。(木に登った子猫か。逃げまどって窓から飛び出して屋根の上で立ち往生してたと白状する)   (8/19 23:52:03)

おしらせサキニス♀蟲遣いさん(122.209.***.50)が入室しました♪  (8/19 23:51:59)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、サキニス♀蟲遣いさんが自動退室しました。  (8/19 23:51:56)

アスラン♂戦士朝から屋根の上に登る元気のある奴に言われたくはないねえ(頭の上からかかる声の方、見上げていた窓よりも更に上。普通の人は多分朝からいないであろう場所に腰を下ろしている細身の女に向かって返事をする)……それともまさかそこでヤってたのか?(猫ならともかく人間がそんなスリリングな場所で一晩中とは思い難いが何せ世の中は広い。いつ屋根からおちるかわからないスリルがより興奮を呼ぶんだなんて言うやつもいるかも知れない)それからあれだ……その場所からだと危ないな(落ちるという意味では無く足を組んだ女の、風にはためくローブの裾の方を見て一言)……見えるぞ(もちろん見えなどはしないが軽くからかうように)   (8/19 23:41:41)

おしらせMaryさんが部屋から追い出されました。  (8/19 23:34:07)

サキニス♀蟲遣い朝にまだそんな体力があるなんて、昨日は誰も射止められなかったのか(差し込んでくるような朝の陽光に重ねて、精悍な剣士の調練へと声が差しはさまれる。声のもとはやや上空からで、剣士が見上げる建物の端の方。宿屋の屋根の端っこに座り込み、足を組んで剣士を見下ろす紫色の長い髪の主。)それとも相手を“一晩中”射止めた上でも、まだ滾る体力だったとしたらすごいものだけど(位置、姿勢、まるで冗談のような状況から軽い口調でからかい掛ける、その白い旅装のローブの裾が時折朝の風に遊ばせている)   (8/19 23:31:55)

Maryねぇ、彼氏に仕返ししたいんだけど、知らない人とセックスしたいんだけど..... 連絡はこちらから - adultlovex.com   (8/19 23:28:54)

おしらせMaryさん(216.74.***.20)が入室しました♪  (8/19 23:28:50)

アスラン♂戦士【よろしくお願いします】   (8/19 23:24:38)

サキニス♀蟲遣い【それはもちろん自由に適当なところでおっしゃってください。では続けさせていただきます】   (8/19 23:23:59)

アスラン♂戦士【こんばんは。はい、あまり長時間出来ぬかもしれませんがよろしくお願いします】   (8/19 23:23:19)

サキニス♀蟲遣い【こんばんは。気ままに雰囲気をお互い楽しめたらと思います。少しロール遊びいかがでしょうか?】   (8/19 23:22:35)

おしらせサキニス♀蟲遣いさん(122.209.***.50)が入室しました♪  (8/19 23:21:37)

アスラン♂戦士うし、終わり終わり……みんなまだ寝てるか?(建物を裏から見上げる。多分あの中のいくつかの部屋では昨晩も激しい行為がなされていたのだろうと羨ましく思うとチッよ軽く舌打ち)だれか朝から暇なのいないかな……(と願望を口にしながら誰か顔を出さないかなどと閉じられた窓を見る)   (8/19 23:08:35)

アスラン♂戦士(ギルドと提携しほぼメンバーが常宿として利用し客室が埋まっている宿屋の裏庭、早朝から風を切る音が何度も響いている)シッ…!(時折風切り音に混ざる鋭い呼気、若い金髪の男が剣を振るっている。上段から振り下ろし、そのまま振り上げ、中段から横に薙ぎ払い、突き……と決まった所作で連続した動き。それは決まった型のない魔物相手の剣ではなく体系付けられた対人用のしっかりとした流派の型であると見る者が見ればわかるか。剣を振るう男の顔は普段は普段は女性陣からだらしないと評判の目元もすぐに伸びるという鼻の下も、いやらしいとご好評いただいている口元も真剣そのもの。目の前に見えない相手がいるかの様に真剣な表情で剣を振り続ける。どれくらい振り続けているのかもろ肌を脱いだ大小様々な傷の──特に胸元に走る一筋の刃物による古い傷が目立つ──ある逞しい上半身には玉の汗が浮かんでいる)……フーッ(漸く型稽古が終わったか大きく息を吐くと剣を傍らに置いてあった鞘に収め、井戸へと向かい釣瓶を引き上げ桶に水を汲むとそれを頭上に……)ぷはーっ!(頭から冷たい水を被り濡れた髪を触って飛沫を辺りへと飛ばす)   (8/19 23:08:31)

アスラン♂戦士【こんばんは。設定4でしばし待機を】   (8/19 23:06:18)

おしらせアスラン♂戦士さん(218.44.***.232)が入室しました♪  (8/19 23:05:47)

おしらせアトラ♀拳闘士さん(27.134.***.47)が退室しました。  (8/19 01:36:18)

アトラ♀拳闘士【おやすみなさいー】   (8/19 01:36:17)

おしらせブルタス♂魔術師さん(14.8.***.97)が退室しました。  (8/19 01:36:11)

ブルタス♂魔術師【やったぜ。と言う訳でお部屋有難う御座いました、お休みなさいませー】   (8/19 01:36:00)

アトラ♀拳闘士【ねむみがやばみでむりみがふかい。はーい、また機会があればお願いいたしますー】   (8/19 01:35:35)

ブルタス♂魔術師【と言う訳でね、遅くまでお相手戴き有難う御座いました。またの機会に続きなどね、お付き合い頂ければ嬉しいです】   (8/19 01:34:29)

ブルタス♂魔術師【はい、丁度私もそう申し出ようと思ってたところです。眠気がヤバみ…!】   (8/19 01:33:53)

アトラ♀拳闘士【申し訳ありませんが眠いので中断でお願いしますー!】   (8/19 01:33:27)

アトラ♀拳闘士や……っ、だ、それやめろ……っ♡ 出そう、にぃ……、なる、からぁっ♡(まるで排泄するときみたいな感覚、危機感。ギルドに居るうちに慣れさせられてしまった潮とやらを吹く予兆。片手を下ろし、膣の浅いところをちゅこちゅこ弄る魔術師の手首を掴んでその動きを止めさせようと。もう片方の手は口元を覆ったまま、頑是ない子供のように首を嫌々と左右に振った。)   (8/19 01:32:30)

アトラ♀拳闘士ひ――っ、っく、あ……♡(発情して十分すぎるほど潤滑したそこは、太い指をいともたやすく侵入せしめた。ぴくぴくとまるで媚びるように震える粘膜、奥の方からじわりと分泌された蜜、弛緩してふにゃりと魔術師の上体にしなだれかかる身体――つまり、指を挿れられただけで軽く絶頂したらしい。とはいえ本人にそれを認めるつもりはなく、言葉らしい言葉を発することなく、ただとろとろと零れ落ちる蜜で己の股と魔術師の手と椅子にしている脚とを濡らすだけなのだけれど。) っべつに――(恥ずかしくないしえっちな気分にもならない。条件反射的に特に考えずに卑猥な言葉を否定しようとして、指の動きがちょっとまずいことになっているのに気付く。ざらざらしたおなか側の粘膜、敏感なクリトリスの裏側。じわじわ、むずむずと湧き上がってくるよろしくない感覚。)   (8/19 01:32:28)

ブルタス♂魔術師(ぬるり、ぬるりと。芋虫の様に肥えた指がアトラの秘貝を無遠慮に探る。陰唇の内側をほじくる様に、女性器を内側からぐにぐにと撓める様に。そうやって、アトラの膣の浅瀬部分、膣口の周辺あたりを…そして尿道口すらも丹念に刺激するのである。自身の分泌する淫らの毒を塗り込みながら。――そう言えば潮吹きしやすい体質らしいし、たっぷり吹かせてやれば淫毒も相応に抜けるだろう。と言う訳で、キモデブ男の手つきはアトラの粘膜を探る様なものから、徐々に露骨にアクメさせようとするものへと変わりつつある)   (8/19 01:10:53)

ブルタス♂魔術師(無口で無表情で不愛想な女の子こそ、ドチャクソにエロく喘がせてトロ顔晒させたいと思いませんか? 貴方も。なんて馬鹿な独り言を脳内で述べながらも、キモデブの足は頑として譲らず、アトラの両足を開かせた儘にしている。そして、こちらの手におまんこを押し付けてくるアトラの、その期待に応じる様にして "ぬりゅっ♡" と、アトラ自身の淫蜜を潤滑として、その割れ目を掻き分ける様に指を差し入れた)いやいや、これも必要な事なんですぞぉ♡ こうやってぇ、アトラたんを恥ずかしがらせてぇ、えっちな気分を煽ってぇ、毒の抜けをスムーズにするんですからなぁ♡   (8/19 01:10:44)

アトラ♀拳闘士……っるさい、無駄口、叩くな……っぁ♡(などと、いつもどおりにぶっきらぼうで乱暴な口調で文句を言ったところで、その声音が快楽により甘く蕩けてしまっていては無意味もいいところだった。治療のために、必要以上に卑猥な言葉を述べる必要はないだろうという主張それ自体は、多少の説得力も持っていたのだけれど。作用する毒のちょっとした違いから、異なる毒を塗りつけられているのだと嗅ぎ分けるなんて芸当、当然毒に関する知識を持たず殴ることしかできない少女にできるはずもない。できるのは、徐々に高められていく性感が、先の魔物の毒によるものだと信じ込むことだけ。つまり、だからこそ――その毒を喰らったのが己の過失であるとはいえ、どうしようもなく気持ちがいいのは毒のせいであり己のせいではないのだという、言い訳も立ってしまうのだけれど。塞いだ口の隙間から、抑えきれない嬌声が漏れる。刺激から逃れるように跳ねていた腰が、いつの間にかもっと強い刺激を欲するように、気持ちが良くてもどかしいところを撫で擦る指に押し付けるように揺れる。撫でられる太ももが、与えられる快楽によって力が入って不規則に収縮する。)   (8/19 00:47:58)


更新時刻 19:29:29 | 過去ログ | ルーム管理