PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
ここはふたなり同士が攻防互角の相互同時挿入という体位で(https://goo.gl/Cw7x3S)
犯しながら犯されて搾り取りながら搾り取られて
お互いの肉棒と女性器を徹底的にイカせ合いイカされ合う性闘の部屋です

女性ベースならオリキャラ、版権、ファンタジー、同キャラ
魔法に科学に途中で生えたり出し入れ自由など、何でもアリです
※男ベースや男性の入室、リョナやスカトロは禁止です

犯し合いなのか搾り合いなのか孕ませ合いなのか全部同時の貪り合いなのか
一度イカせたら終わりなのか徹底的にイカせ合うのか
体の求めるまま交わり続けて性欲を満たしたいだけなのか

詳しいシチュや相互同時挿入まで~後の展開、決着は相談して決めましょう
互角の部屋なので一進一退、僅差、相討ちを目指しましょう
※この部屋では腰同士が接近できればどんな体勢でも相互同時挿入可能です

プロフかログに玉の有無と希望する決着の番号、対戦したいシチュを書いてください
◆無1天使vs悪魔 ◆有2怨み屋vs仕事人 ◆無3挿れ合う直前から ◆誰々さん待ち

決着の例
1.WノックアウトorW孕ませEND
2.延々犯し合い続ける泥沼END
3.ラブラブEND
4.先にイったら負け
5.肉棒が萎えたり気持ちが折れたら負け
6.気を失ったり動けなくなったら負け
7.孕んだら負け
8.???

[サブ部屋](https://goo.gl/Kw1LMB)(混雑回避、戦闘や互角以外、リョナスカ、イチャラブ)
搾精 相互挿入
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、相談さんが自動退室しました。  (12/1 22:53:15)

おしらせ相談さん(183.177.***.160)が入室しました♪  (12/1 22:32:40)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、相談さんが自動退室しました。  (12/1 00:14:27)

おしらせ相談さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (11/30 23:53:59)

おしらせシグナムさん(153.125.***.53)が退室しました。  (11/30 20:41:07)

おしらせシグナムさん(153.125.***.53)が入室しました♪  (11/30 20:27:37)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、シグナムさんが自動退室しました。  (11/30 13:49:24)

おしらせシグナムさん(153.125.***.53)が入室しました♪  (11/30 13:28:58)

おしらせ相談さん(219.117.***.143)が退室しました。  (11/30 03:06:29)

おしらせ相談さん(219.117.***.143)が入室しました♪  (11/30 02:52:11)

おしらせシグナムさん(153.125.***.53)が退室しました。  (11/30 02:09:52)

おしらせシグナムさん(153.125.***.53)が入室しました♪  (11/30 01:47:21)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、相談さんが自動退室しました。  (11/30 00:16:16)

おしらせ相談さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (11/29 23:54:21)

おしらせレヴィさん(36.3.***.73)が退室しました。  (11/29 16:38:26)

おしらせレヴィさん(36.3.***.73)が入室しました♪  (11/29 16:38:13)

おしらせメローナさん(126.140.***.70)が退室しました。  (11/29 00:11:11)

おしらせメローナさん(126.140.***.70)が入室しました♪  (11/29 00:10:41)

おしらせ相談さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (11/29 00:10:29)

おしらせ相談さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (11/28 23:50:56)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、相談さんが自動退室しました。  (11/27 01:06:58)

おしらせ相談さん(183.177.***.160)が入室しました♪  (11/27 00:28:33)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、相談さんが自動退室しました。  (11/26 23:07:33)

おしらせ相談さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (11/26 22:45:07)

おしらせシグナムさん(153.125.***.53)が退室しました。  (11/26 02:24:06)

おしらせシグナムさん(153.125.***.53)が入室しました♪  (11/26 02:04:41)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、相談さんが自動退室しました。  (11/26 01:15:00)

おしらせ相談さん(183.177.***.160)が入室しました♪  (11/26 00:54:32)

おしらせシグナムさん(153.125.***.53)が退室しました。  (11/26 00:20:05)

おしらせシグナムさん(153.125.***.53)が入室しました♪  (11/26 00:01:37)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、相談さんが自動退室しました。  (11/25 23:51:23)

おしらせ相談さん(183.177.***.160)が入室しました♪  (11/25 23:30:50)

おしらせさん(183.177.***.160)が退室しました。  (11/25 03:25:22)

おしらせさん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (11/25 03:25:07)

【お疲れ様でした】   (11/25 03:25:02)

【それでは、これで失礼させて頂きます。 おやすみなさい。】   (11/25 03:24:39)

【こちらこそ。また機会がございましたら、続きをお願いいたします】   (11/25 03:23:11)

【こちらこそありがとうございました。またよろしくお願いします。】   (11/25 03:22:34)

【はい、遅い時間までありがとうございました】   (11/25 03:22:16)

【すみません、今日はこの辺りで休憩としてもよろしいでしょうか?】   (11/25 03:21:53)

  (11/25 03:20:56)

ふぅっ…っ!(既に痛みを覚える程に屹立させたチンポ。だが、それでも姫の視線を釘付けに出来ない。恋い焦がれた姫を前にしているからか、これほど固く大きくなったことはないと思える程に屹立しているというのに。姫と結ばれたいという欲求と、自身の欲望で姫を穢すことへの背徳感、姫も望んでおられるという言い訳…どれほどの間、より大きく屹立させようと、チンポに力を込めていただろう。次第にその大きさが固定され、何とか膨らもうとあがく様に、チンポと全身が震えだし、鈴が焦燥を覚えだしたころだった。何度も視線を往復させていた姫が、瞳を閉じ満足げな笑みを浮かべられ…互いに向き合ってみよと命じられた…)っ!?そ、そんなっ…(ようやくお会いできた姫を一心に見つめていた鈴。姫に命じられ、隣のもう一人の方を向くと、その身が驚きで強張る…そこにあったのは、鍛えてきたはずの自身のチンポに匹敵するほどの威容…どちらが大きいのか太いのか、見ただけでは判別できぬ程…姫を想うからこそ、隠れて鍛えることにも耐えられた…そして、これ程の大きさになった…そう考えていた鈴にとって、自分以外にこれ程のチンポを持つ者がいたことに衝撃を受ける…)   (11/25 03:20:24)

(華は来る日も来る日も姫のことを考えて過ごしてきた。姫が強いふたなりを探している間、自分がまだ子供であることをどれだけ悔しいと思っていたことか。華が13の頃、挑戦者に凄まじい大きさのチンポを持った女が現れた試験を順調に合格し、姫への挿入まで許されたその女。姫と女がセックスしてる最中、華は心臓が張り裂けそうな想いであった。もしあの女が姫に認められれば種付けの権利が与えられる。そうなれば自分の今までの努力は…激しく腰を振る女と姫。華が祈る前でセックスは数十分にも及び…姫が腰を上げ、女の巨根を解放した瞬間、女は身体を震わせて精を打ち出した。結局女はまるで姫の相手にはならなかったのだ。どうにか胸を撫で下ろした華、それと同時に自分こそが姫に相応しい女になるのだと硬く誓った。他の誰にも姫を渡してなどなるものか。)(そんな彼女達の想いも知ってか知らずか、姫はフル勃起を見せるよう要求した。気合いを入れ直す華。目線は愛する姫に向ける。恐らく隣の少女もそうしているだろう。美しい瞳、豊かな胸、麗しい唇。その全てを見つめて自分のチンポを大きくすることに専念する。誰よりも姫を愛する自分こそが大きく出来るはずだ。)   (11/25 03:02:47)

  (11/25 02:44:23)

…っ(興奮したように鈴の巨根を見る姫。それは、これまで挑んで来た者達との違いを感じているからだろう。そう、これまでの者達は、ふたなりという隠れて生きていく定めから逃れるため、姫の伴侶という立場を欲した者達。だが、鈴は違う…ふたなりに生れ、人の目から隠れて生きていくのだと言われて育ち、将来を悲観していた幼い頃…奇跡のような偶然で姫のお姿を拝見する機会があった。それだけではない、美しい姫はふたなりが欲しいのだと声高に叫ばれていた…こんな自分を欲しがってくれるかもしれない。鈴が姫を恋い慕う様になるのは必然だった。姫が精の強いふたなりを求められていると聞き、嫁ぐことのできる16の歳まで、隠れて自分なりに精を鍛えてきた…そして、念願かなって、ついに姫の前に…だが、次の瞬間、その視線が隣の少女へと移る…手が届くかもしれない所まで近づけた姫を奪われるかのような感覚を覚え、強烈な嫉妬を覚えた鈴。屹立し大きさを増すごとに、周囲からの視線も強さを増す…突き刺さる視線に羞恥に震えそうになりながらも、ただ一つ、姫の視線を取り返そうと、さらにグッと巨根を膨らませて誇示するしていく)   (11/25 02:43:11)

(露わになった2人のものはとてつもない大きさだった。それも勃起前の大きさでである。その場に居た誰もがこれ程のものを見た事はなく、一様に顔を背けるようにしながらも視線の先に2人の巨根をしっかりと捉えていた。中でも眼を輝かせたのは姫である。今までどれ程大きなチンポでも膣で咥え込み精を搾り尽くして来たと豪語する姫ですらこの巨根には驚いた。喜び焦る声で2人に勃起させる様に促す。)(姫の嬉しげな顔に対して華は至上の喜びを感じていた。それも当然、彼女は幼少の頃より姫に密かな想いを寄せていたのだ。姫に嫁ぐことだけを考えて鍛えてきた自慢の巨根を認められて嬉しくない筈がない。顔を赤くしながら姫の顔を見つめる華、しかし一瞬、姫の眼が隣の少女の巨根へと移った。)………っ(無言だが、強く嫉妬に駆られた華。チンポに力を込めると、一気に勃起を加速していく。ぐぐぐっと天井に向けて立ち上がっていく華の巨根。)   (11/25 02:29:35)

【すいません、戻りました】   (11/25 02:22:21)

おしらせさん(183.177.***.160)が入室しました♪  (11/25 02:21:46)

  (11/25 02:20:08)

おしらせさん(183.177.***.160)が退室しました。  (11/25 02:17:55)

【すいません、ちょっと再起動してきます】   (11/25 02:17:50)

(現れたのは、これまで挑んで来たどんなふたなりよりも立派な巨根。大人しそうな容貌に、見事な肢体…そこに、異様なそれが垂れ下がる…ふたなりであることを晒して過ごしているものはいない。家族以外には初めて晒すのだろう…羞恥からか僅かに頬を染めつつも、両者ともに隠すことなく胸を張って立つ。さらに、姫から勃たせてみせよとの命が飛ぶ。それを受け、二人が僅かに肢体を震わせ始めると、その巨根がさらに大きさを増しながら、屹立していく…その様を目の当たりにし、年嵩の伴侶がいる者達は、自身の夫のそれと比べ、顔を赤くしたり青くしたり…年若い者たちは、直視できずに視線を外す…その中で姫君だけが、爛々とした目で反り返るように屹立した二人の巨根に交互に目をやる…その視線が自身のモノを捉える度、鈴は羞恥と喜びに震えそうになっていた)   (11/25 02:17:35)

【了解しました】   (11/25 02:07:03)

【とりあえずは女のみですかね】   (11/25 02:06:44)

【広間にいる家臣は男ですかね? あるいは女のみ? あと、勝負の際は姫のみとか?】   (11/25 02:05:47)

(城の門扉を叩いたのは若い2人のふたなり少女であった。聞くと2人ともつい先日齢16の誕生日を迎えたばかり、この国においては嫁入りが可能となる年齢である。2人のとも貧しい身分だが顔は美しく、大きく実った乳と尻、引き締まった身体のラインは普通であればすぐにでも嫁ぎ先が見つかりそうなものだが、家臣達は誰も期待してはいなかった。それもそのはず、姫の性豪振りは天下一と言われるもののだった。ふたなりは最低でも男の数倍の精力を持つとされているが、試験において姫の期待に応えるものはここ数年かけて1人も居なかった。つい最近も齢30程の立派な極太を持った女が姫に挑戦したが、姫には全く歯がたたず、挿入することも許されず故郷へ帰って行った。それをこんな若い2人が挑戦するなど、結果は見えている。そう誰もが思っていたが、2人の顔を見た姫は何か気になることがあったのか試験に立ち会うと言い、彼女達を城に招き入れた。広間にて裸になることを命じられた2人。褌を脱ぎ捨て全裸になった途端、その場の全員の間にどよめきが走った。)   (11/25 02:01:31)

【では、お願いします】   (11/25 01:50:28)

【続きから書きますね】   (11/25 01:50:03)

【ありがとうございます。 では、これが書き出しということで。 続きから行かれますか? それとも、もう少しこちらで?】   (11/25 01:49:35)

【良いですね】   (11/25 01:48:31)

(きっかけは、幼い頃の姫君が偶然に聞いてしまった言い伝え。世に極稀に生まれくるふたなり。そのふたなりを伴侶とし、その精で孕んだ子は英傑となり、国に繁栄をもたらした。ふたなりの精が強いほど、大きく繁栄したという…その言い伝えに魅せられた姫。三つ子の魂百まで…美しく育った姫と縁を結びたいものは大勢いたが、頑なに伴侶にふたなりを希望され、止む無く、候補となるふたなりが探されることとなった…が、姫が求めるのは精の強いふたなり。極稀にしか生まれないふたなりは、それを隠すようにしていることが殆ど。ふたなりであることが知られぬよう、精を抑え込んで育ってきたふたなりたちは、姫のお眼鏡にかなうことはなかった…そんなことが数年繰り返され、側近たちも諦めた方がと進言し始めたころ…)   (11/25 01:47:18)

【例えば、こんな感じの出だしというか、状況説明というか】   (11/25 01:47:09)

【よろしくお願いします。】   (11/25 01:46:28)

【改めまして、よろしくお願いします】   (11/25 01:45:31)

おしらせさん(183.177.***.160)が入室しました♪  (11/25 01:44:11)

おしらせ相談2さん(183.177.***.160)が退室しました。  (11/25 01:44:08)

おしらせさん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (11/25 01:44:03)

おしらせ未定さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (11/25 01:43:58)

相談2【そうしましょうか】   (11/25 01:43:53)

未定【分かりました。一度入り直しますか?】   (11/25 01:43:35)

相談2【では、鈴とかで】   (11/25 01:42:40)

未定【時代物の設定にするならシンプルに華とかですかね】   (11/25 01:41:18)

相談2【あとは、名前とかですかね】   (11/25 01:39:27)

未定【そうですね】   (11/25 01:38:33)

相談2【了解です。 二人に面識はない感じですかね?】   (11/25 01:38:21)

未定【姫の前に出るならばそれが自然ですね。それでお願いします】   (11/25 01:36:27)

相談2【了解です。 そしたら、城の中の畳敷きの部屋、始まる際にに全て脱ぐように言われて全裸になる感じとか?】   (11/25 01:35:30)

未定【姫が見ている前であれば特に希望はないですね   (11/25 01:33:47)

相談2【勝負する場所や服装の希望はございますか?】   (11/25 01:32:00)

未定【そうですね、それでも他のふたなり達ですら敵わない姫の性剛振りに2人もより一層努力出来ますし】   (11/25 01:31:30)


更新時刻 19:20:03 | 過去ログ | ルーム管理