PCMAX
ミントC!Jメール

[×消]
ルーム紹介
「ハレンチ男子高校」の東棟をイメージしたゲイ~BL傾向のヤリ部屋です 。
男子高校生になりきってハレンチに遊んでください。
あくまでもヤリ部屋ですので、雑談のみの場合は分校の方をご利用下さい。

※ご要望にお答えして、東棟は中文以上推進のお部屋となります。
申し訳ありませんが中文70文字以下の短文の方は、入室をご遠慮ください。

■入室ルール
・氏名(フルネーム)+属性記号+学年
○=タチ
●=ネコ
◎=リバ

・学年以外に教師も可(教科名で)

[例] 小鷹国生○2年……2年生のタチ
山口瑞樹●3年……3年生のウケ
小倉純一◎国語……国語教師でリバ
(教師の場合、年齢設定を待機ロールに織り込み を推奨します)

■場所や時間の設定は、最初に入室した人が待機ロール で設定してください。
(教室、部室、保健室、進路指導室、準備室、洗面所… 学校はヤリ場の宝庫かもしれませんね)

■制服のタイプなどもお好みで設定しましょう。

■他棟との多窓は禁止致します。

■ロール(PC発言)以外のPL発言は最小限にしましょう。

■リアル世界の話題、出会い目的での利用は厳禁です。
メールアドレスの書き込みのような非常識な愚行はお慎みください。
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、綾瀬 梨生◎2年さんが自動退室しました。  (8/19 22:27:59)

綾瀬 梨生◎2年【お邪魔します。NGは甘々系のイチャラブです。受け寄りですが一応リバ表記で失礼しますね。では待機です〜】   (8/19 22:01:00)

おしらせ綾瀬 梨生◎2年さん(124.45.***.99)が入室しました♪  (8/19 21:59:06)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、小國 綾◎2年さんが自動退室しました。  (6/26 02:58:34)

小國 綾◎2年【お邪魔します、待機しますね。NGはスカのみ。稀に文体合わない場合もありますがご了承を。では待機です〜】   (6/26 02:28:03)

おしらせ小國 綾◎2年さん(124.45.***.99)が入室しました♪  (6/26 02:26:33)

おしらせ咲坂 正一●1年さん(Android SoftBank openmobile)が退室しました。  (6/22 04:49:07)

おしらせ三嶋孝仁○体育さん(124.100.***.114)が退室しました。  (6/22 04:49:07)

三嶋孝仁○体育【お疲れ】   (6/22 04:49:05)

咲坂 正一●1年【はーい】   (6/22 04:49:03)

三嶋孝仁○体育【おー、じゃあまた今度な・・・】   (6/22 04:48:59)

咲坂 正一●1年【あいよ、寝ようぜw】   (6/22 04:48:43)

三嶋孝仁○体育【すまん、いいとこだが限界だ・・・。スゲー眠ぃ・・・。また今度でいいか?】   (6/22 04:48:11)

咲坂 正一●1年んぶ、ぅ、う、ぅーうっ、(違う、そう言って首を振りたいのに、相手に首を固定されていては動けるはずもなかった。既にザーメンは飲み干してしまい、ただの彼の乱暴さと肉便器なんて言葉に顔を顰めた。けれど、確かに、相手に犯されて拒否権もなく、こうやって乱暴に扱われるのであれば、セフレにも満たないかもしれないとは気づくもので。抵抗する気力が上手く湧かず、けれど泣くような素直さもどこかに捨ててしまったために、ただ、うっうっと声を漏らし、相手のちんこにされるがままに喉をつかれては、けれど、相手の服の端を縋るようにぎゅ、っとにぎってしまってもいて)   (6/22 04:47:09)

三嶋孝仁○体育どうした?そんなもごもごして・・・あぁ、もっと舐めたいのか。仕方ない奴だ。(本当はすぐにでも口から出してコイツのキツキツマンコに捻じ込みたい所だったが、舌が蠢くようにちんぽに絡み付くので仕方なくまた腰を振って)ほら、俺のザーメンミルクたっぷり味わって雄を覚えろよ。お前は俺の専用肉便器なんだからなぁ?ご主人様の味は覚えておかないとな?   (6/22 04:41:21)

咲坂 正一●1年んぅ、うっう、ぶ、ぐ、ん、ん!んんッー!?んっ!んぅっ!?(相手の言葉にやはりクソ野郎とも思うのに、相手が初めてだ、たまらない、そう言ってくれると何処か身体のそこが甘く疼くような気持ちもあって。拒みたいという心の反面、相手のちんぽをぢゅうとすって、舌で相手の裏筋をこすっていれば、突然吐き出されたザーメンにぎょっとし、しかし、喉奥では吐き出せる訳もなく、ただ息苦しさにじたばたともがこうとして)   (6/22 04:38:44)

三嶋孝仁○体育はぁっ・・・くっ・・・はぁ、お前のピアス、俺のちんぽにゴリゴリ当たってたまんねー。今まで何人も抱いて来たけど、そんなことしてんのお前だけだから初めてだ・・・(体験したことない気持ちよさに相手の事など考えず腰を振り続ければ、射精のタイミングをすっかり見失い、何の告知もなく喉の奥に大量の濃厚ザーメンをドピュドピュちんぽを振るわせながら吐き出した)っ~!!気持ちいー!   (6/22 04:34:53)

咲坂 正一●1年ンゥッー!!ぅぶ、うっ…(相手の言葉に明らかにきれたように声を出そうとするが、当然出るわけはない。ただただ苦しくて、えづきながらも、相手は気にしたようでもなく、ただ暴力的に口内を犯されることに、瞳に涙をうかべる。痛いし、苦しいし、いやだ、とはおもってはいるのだが、それならば、相手の言う通りにするのが解放に1番早いともわかっていて。先端をぢゅうぢゅうと吸いながら、相手の金玉をくにゅくにゅと揉んだ。大きくて熱くて、頭がクラクラしてしまいそうになりつつ、擦られる度に相手のちんこの裏筋を硬いピアスがゴリゴリと扱き、柔らかい舌肉がちんこを包んでいた。まあ、当然のごとくヨダレは溢れていたが。)   (6/22 04:30:56)

三嶋孝仁○体育おいおい、そんなにいいなら太腿叩くんじゃなく金玉揉んでくれよ。それと、せっかくちんぽ味わってるんだ。先端に吸い付いて我慢汁吸い出しながらシて貰わないとお前の大好きな極太ちんぽをアナルに突っ込んで種付けセックスしてやらないぞ?(ほらほらと、えづくのも気にせずパンパン陰嚢を咲坂の顎に当てながら腰を振り、大きさも硬さも増しながら上顎を擦り)   (6/22 04:23:55)

咲坂 正一●1年っ…んぁっ、(相手の言葉に、クソ野郎とふつふつと怒りだって湧くのに、頭を撫でる手に上手く反抗ができない。叩かれた頬は、元々色白のせいか、相手の暴力を訴えるようにわかりやすく赤くなっているのに。けれど、何かを言おうという感情は相手にちんこを踏まれたことで潰えてしまう。床に押し付けて足で扱かれるなんて屈辱だという思いもあるが、倍部の凹凸が、外側から押されることによって、ごりごりと内側を抉ってくるようで、はくはくと口を開けたまま震え、喉の奥を痙攣させた。)んぶっ、ぅ、うっ!?うぅっ、んんっ、ぐぶ、ん、うっ…!!(相手の言葉に従おうとなめようとしたが、相手が自分の頭をつかみ、無理やりピストンをしてくれば、喉の奥がきゅう、と追い出すために締まる。もう既に苦しさによって最初に戻されるとかが考えられないのか、その乱暴さにキレたように相手の太ももを殴りつけながら、しかし、ちんこを踏まれている恐怖と、喉をつかれたパニックで、力は入っているものの、殴る勢いは足りないままで)   (6/22 04:20:09)

三嶋孝仁○体育分かればいいんだ。(素直に謝り、戸惑いながらもちんぽの先端を舐める姿にまた優しく頭を撫でてやると、足で咲坂のチンポを床に押し付けながら扱き)先端だけじゃなくカリに舌を這わせたり、裏筋に舌這わせながら奥まで咥えるんだ。でも、初めてならまだ分からないだろう?俺が手伝ってやるからな?(すると、ちんぽを足で扱きながらも咲坂の頭を包み込む様に両手で持つと、無理矢理咲坂の口内に極太巨根を押し込み、喉の奥をピストンし)はぁぁ・・・そう、コレだ・・・やっぱフェラはイマラチオが一番気持ちいいよなぁ?   (6/22 04:12:52)

咲坂 正一●1年っ、……(いてぇ、とか、クソ野郎という言葉だってでかかった。けれど、睨み上げて見つめた相手に、ふっと、ここで反抗したら1からやり直しだと思う自分がいて。唇を噛んでは、「ごめんなさい、」と悔しげに謝罪を告げ、床に腰を下ろした。叩かれた頬は痛むし、元々喧嘩はしない自分にとってはこの痛みも不服極まりないのだけれど。)……ちんこ、なめるの先生のが初めてだから、ちゃんと出来なくてごめんなさい、(と、せめて相手に許してもらおうと言葉を紡いでは、大口を開け、相手の大きなちんこをなんとか先は飲み込みながらも、言葉通り、どうしたらいいのか。過去の女たちがしてくれたのを思い出せば、余計に恥辱を感じながら、相手のちんこの先端を舌先でぺろぺろとなめて)   (6/22 04:08:36)

三嶋孝仁○体育おい、どうした?まさか自分は女にさせておきながら自分では出来ないなんて言わないよな?それに誰が机の上でなんて言った?ちゃんとご奉仕できるよう、床に膝ついて尿道バイブズボズボしながら俺のちんぽ咥えるに決まってるだろう?(生意気にも見える態度に怒り、咲坂の髪を鷲掴むと頬をパシンっ!と叩き)   (6/22 04:02:54)

咲坂 正一●1年んっ、ほしい、はやく、(相手に突っ込んでもらえれば、自分も出させてもらえると理解もしていて。それに中も疼いていることもあって、相手の言葉に素直に頷き、撫でてくる手には飼い犬のように擦り寄った。)ぁ、うっ、わかっ、た…(やはりこういう合間合間でまともな瞬間を思い出してしまうのか、言葉にはためらいがやどる。しかし、今更やめられるような疼きではなく、机の上で窮屈ながらも、尻をあげるのは恥ずかしいのか、土下座のように丸まって、相手のベルトを外し、ズボンのチャックを開けて、大きな相手のモノを取りだした。マジマジと見るのは初めてな気がして、その大きさに思わず怯んでしまう)   (6/22 03:58:55)

三嶋孝仁○体育くくっ・・・そうか・・・そんなに俺のちんぽが欲しいのか。(熱に浮かれた瞳で舌を舐めてくる咲坂の頭を優しく撫でると体を起こして身を離し)なら、ヤることはわかってるよなぁ?俺のちんぽをまずそのピアスの開いたエロい舌で舐めて勃起させてくれるんだろう?ん?(ほら、早くと股間の膨らみを強調するように少し腰を突き出してズボンを下ろしやすいよう仁王立ちして待ち)   (6/22 03:53:05)

咲坂 正一●1年っ、ぁっお"っ、あぁあっ、アッ、そこ、らへっヒィッぃっ、(ダメ、と滑舌すら回らないのか、バイブの凹凸で、外側からも内側からも挟み込まれたような刺激に悲鳴をあげ、腰をまたがくがくと震わせる。既にドライで何度いっているのか。自分だって理解ができず、けれど、すでに限界なのだろう、相手に吸い付かれるだけで、ぴくん、ぴくん、と小さく体を跳ねさせては、ぁ、ぁ、と声を漏らすばかりで。)ちがっ、っ……、俺のっ、…っ、俺のけつまんこは、三嶋先生専用のまんこだからぁっ、先生のちんこでハメて、種付けセックスしてぇっ(相手の言葉に焦っては、すがりついた状態で、自らケツ穴のところを相手のちんこの部分に擦りつけるように動きながら、今度はハッキリとねだる言葉を吐き、「また、お腹いっぱいにして、」と相手が満足しているかが分からないために、いやらしい言葉で誘おうと言葉をつけ加えては、甘えるように、相手の唇をピアスの着いた舌先で、ぺろぺろと舐めて)   (6/22 03:48:37)

三嶋孝仁○体育ん?あぁ、すまん。なんて言ったんだ?ちょっと周りが煩くて聞こえなかったんだが。(なんて、本当ははっきり聞こえていたが、もっと周りにも聞こえる声で言ってくれないとと、しらばっくれれば尿道バイブの上から電マを当て、体育の授業に出ていないせいか白い首筋や胸、うっすら汗ばんだ割れた腹筋に吸い付き、赤い華を幾つも重ねながら散らして)顔も赤いし、もしかして本当に具合が悪いのか?それならこんなコトやめて保健室行くか?(ま、そんな選択は絶対にありえないとにやけながらどんどん咲坂を追い詰めて)   (6/22 03:39:05)

咲坂 正一●1年んっ、んっ(相手の言葉に、言葉にならない音1つで頷いては、ぎゅうぎゅうと足を絡めた。柄にもなく、相手のずっとついててやるからという言葉に安堵しては、相手が原因だと言うのに、身体から力を抜いて。自分のアナルにさらに強く股間を擦り付けられれば、相手がしたがっていることを理解し、そして、同時に、そこの奥が疼く感覚を覚えてしまった。)三嶋せんせぇの、ちんこで、俺の……、けつ、まんこ、おかして、たねづけ、してほしい…(やはり羞恥と躊躇いがあるのか、言葉につまりつまり、小さくつぶやく声ながら、ようやく求める言葉を吐いた。顔を赤くしながらも、既に疼いているのか、腹筋がぴくぴくと震えていて。)   (6/22 03:35:05)

三嶋孝仁○体育【あぁ。そういうことか。】   (6/22 03:21:37)

咲坂 正一●1年【あ、違う違う、せんせが20分落ちしそうになってたんだ】   (6/22 03:21:14)

三嶋孝仁○体育【んだよ。何時までなんだ?】   (6/22 03:20:53)

三嶋孝仁○体育怖くなんてない。俺がずっとついててやるんだからな。ほら、もっと足からめな。(ちんぽだけでこの感度。あぁ、早くちんぽぶち込んでぐちょぐちょになるまで犯して精液ぶちまけてぇ!鬼島先生が5人目の生徒にさっさと取り組もうとする中、たった1人を粘着質に攻め立て、快楽墜ちさせる教師はこの学校では稀だろうが、やっぱり虚勢を張っている生徒が自分を求める姿は見たいと、ズボンの上からでも肉棒に吸い付こうとするアナルにどんどん股間を強く擦り付け)咲坂、お前この後どうしたい?ちゃんとその可愛い口で言ってみ。   (6/22 03:20:44)

咲坂 正一●1年【三嶋せんせ時間やべぇ】   (6/22 03:20:32)

咲坂 正一●1年ン、ンッ、せんせぇ、もっ、こわ、ぃっあ"っんぅっ(相手にされるがままにこてりと机に倒れ込んだ。けれど、大きな体でもあるために、やはり体勢は不安定で、だからこそ、相手の身体にすがるように両腕を回し、ぐすぐすと鼻を鳴らす。アナルに肉棒をズボン越しで押し付けられただけで、一瞬鼻にかかった声を漏らしては、アナルが、きゅうっとその先端に吸いつこうとするように締まって。)や、まっ、てッあ"ぁ、んんんぅっ…!んぁっ、あ、あっ、ひぃっ、あひっ、はっ、せんせっ、ぁ"っ、もっ、やぁっ、あ!!(相手の言葉に制止をかけたが、当然止まるわけはなく、パンパンになったちんこの弱い部分を、それも中で突起物のバイブが擦れているというのに外側からもあてられれば、ずっと言ってるような感覚ばかりして、あられもない嬌声をあげながら、腰や綺麗に筋肉の着いた細い脚をびくんびくんとなにかの実験のように跳ねさせ、脚すら相手にしがみつくように、相手の腰に回った)   (6/22 03:15:48)

三嶋孝仁○体育やーっと素直になったな?でもこのままだと危ないから、机に横になろうな?(モノ欲しそうにアナルをヒクヒクさせる姿にまた欲望のままチンポを捻じ込みそうになるが、今日はおねだりするまで挿れてやらないと決めていたので何とか抑え込むと、足を引っ張り背中を机に着けさせるとぐちゅぐちゅ我慢汁が卑猥な音を立てながら尿道を犯し、ズボンの上からピンク色のまだ雄を知り尽くしていないアナルに肉棒をグイグイ押し付け)はぁ・・・可愛いよ正一。でも、もっと可愛くなろうな?(ただでさえ女しか知らなかった体は限界だろうが、まだまだ足りないと陰嚢に当てていた電マを張りきったカリ首や裏筋、裏カリに押し当て)   (6/22 03:02:38)

咲坂 正一●1年っ、は、ごめ、なさい…(相手の言葉にしおらしく眉を下げる。怒られるとはわかっていたようで、けれど、既に中でビリビリとするほどに感じられる快感があまりにも強すぎて。)はっ、ま、なにしてっ、ぁ"っ…!!(けれど、相手が何かよくわからない液体を垂らせば、その恐怖で思考が一瞬まともに戻り、しかし、相手にバイブを動かされればたまらなくなったようで、すぐに喘ぎ声を漏らしては、口から舌を突き出し、中へ中へと浸透して行く媚薬の効果もあって、そこをいじられる度に気持ちよくて、後ろに倒れそうになってしまう。)あ、ァっひぃっあんっ、あっ、きもぢっ、ぎもち、いいっ(相手の言葉にまともに答えられないのか、ただただ、こくこくと頷きながら、視線をくらくらとさまよわせ、体をビクビクとさせては、その度にアナルもきゅんきゅんと反応していた)   (6/22 02:56:41)

三嶋孝仁○体育んっ・・・くちゅ・・・イヤらしい子だ・・・そんなに舌を絡めて・・・。でも、手を止めたら駄目だろう?ん?(すると、ポケットから小さな小瓶を出し、器用に絡み付いてくる舌を受け入れながらキャップを開け、中のスポイトで液体を吸うとバイブ刺さる鈴口に数滴ポタポタ強力な媚薬を垂らし)ほら、手伝ってやろう。(瓶を適当に窓枠に置くと、バイブを握る咲坂の手に自分の手を添えると、先程咲坂がしていたように小刻みに棒を動かし始めた。そうすれば、自然と媚薬が中へ中へと浸透して行き)どうだ?もっと気持ちよくなりたいだろう?   (6/22 02:49:31)

咲坂 正一●1年ぅんっ、うんっ、ぁ"っ、きもぢ、いぃっからぁっ、(早く楽にしてくれ。そう言いたげに相手に言ったが、相手からすればまだダメらしい。そのことに瞳に涙を浮かべながらも、相手の言葉にやけくそ気味に、けれども従順に、小刻みに早く、中でバイブを動かし始め)ひっぃっ、ぁっあ"っ、んぅっ、ん(けれど、動かしてすぐにビリビリと指先まで痺れたように身体をふるわせては、ゴリゴリと中を擦りあげられる快感を自分で与えるのが怖くなってしまったのか、気持ちよすぎて手が動かなくなったのか、その半々で手を止めてしまう。唇を塞がれれば、手を止めてしまったこともあって、ごめんなさいをするように素直に口を開き、ピアスの着いた舌先で、自分の唾液を舐めてくれた相手の舌に、何度もいやらしく舌先を擦りつけた。その間にも腕を掴んでいた手は相手の背中に回っていて、もう既に、傍から見れば、つれない教師を無理に誘う淫靡な生徒にしか見えないもので)   (6/22 02:45:23)

三嶋孝仁○体育何?もう気持ちいいところが見つかったのか?お前の体は本当にヤラシイな?先生はそんなイヤらしい生徒の教師になれて嬉しいぞ。ほら、もっと気持ちよくなりたいなら小刻みに動かしてみな。(周りの生徒が荒い息を吐きながら生AVのように乱れる咲坂をオカズにヌき始めている。そんな異様な光景にも気付かずに自ら痴態を曝す、まだ自分がノンケ側にいると信じている生徒が堕ちる姿はなんと滑稽か。口端から涎が流れている事にすら気が回らないのだろうと、仕方なさげに咲坂の口端を舐めてやるとそのまま唇を塞ぎ)   (6/22 02:37:23)

咲坂 正一●1年ん、ひっ、ぁッ、乳首、はっ、んぅっ、(相手から撫でられることで、たれ目がちな瞳を閉じ、安堵したような息をこぼす。けれど、すぐにカリカリと乳首を噛まれるとたまらなくなってしまったのか、甘ったるい声を上げて、相手の腕を掴んだ。)は…?っ、調子、乗んなっ、俺っはっ、んぁっ!?ァ、あぁっう、やめ、やっ、ぁっ(相手の言葉にそんなのわかるわけがないと思った。だからこそ反抗の言葉を紡ごうとしたが、相手に陰嚢にまで刺激を与えられれば、相手の腕をぎゅうぎゅうと縋るようにつかみ、それに急かされたように、分からないからこそ、尿道バイブを入口近くまで抜いて、また最奥に入れるというのをゆっくりではあるが、手元で繰り返す。)はっ、ぅ、三嶋せんせ、気持ちいっ、いいとこ、当たって、ン、る、からァっ(その後に続くのはなんなのか。抜いていいかと問うなら、自分で抜いてしまえばいいのに。何故か自分で楽になるという選択肢も、相手も殴るという選択肢もなくなり、先生に楽にさせて欲しいとばかり考えては、甘えるように相手を見上げた)   (6/22 02:32:45)

三嶋孝仁○体育そうだ、いい子だな。偉いぞ。(まだ2回目だというのに、他人の目が沢山ある中、腰もちんぽを振るわせながらバイブをズプリと最奥まで飲み干させた姿にポンポン頭をカウパーで濡れた手で撫でると、乳首をカリカリ噛みながら)じゃあ、今度はそれを気持ちいい所に当たるように自分で動かしてみな?(既に入れられたバイブの振動だけでも相当腰に来ているだろうと思いながらも、もっともっと身体的にも心理的にも追い詰め、自分が居ないとダメな体にしてやらないとと、電マを陰嚢に当ててスイッチを入れて)   (6/22 02:21:48)

咲坂 正一●1年ふっ、ぅ……くそ、ァ、(相手になんとか悪態をつきたいと言うのに、否定することは出来ず、陰嚢も乳首も両方気持ちよくて喘ぎ声が漏れる。まだ、ためらう気持ちだってある。嫌だとさえ思う。けれど、このままじゃ延々といたぶられる事も分かっていて。もはややけくそに近い感覚で、手に力を込め、尿道の中にずっぷりと、)ぁ"、アァっ、あ、ぁ、あっ、せんせっ、っ、ぅあっ(押し込めれば、その衝撃は分かっていたはずなのに、口からは絶え間なく喘ぎ声が漏れる。こうやって他人がいる状況も不慣れなせいで不安なのか、相手の体を抱き留めるように腕でひしりと掴んでは、腰をがくがくと震わせ、バイブの刺さったチンコを揺らした。)   (6/22 02:15:52)

三嶋孝仁○体育ほーら、イタ気持ちイイんだろう?こんなにカウパートロトロ流して・・・机がグチョグチョじゃねぇか・・・ん?(陰嚢に流れるカウパーで手がドロドロになる中、既に机もネチャネチャした液で光り、咲坂が感じているのがよくわかる)どうした?それを押し込めば、失神しそうな位気持ちよくイけるぞ?(飽くまで自分で挿れさせようと、バイブには一切触れず、掌でもにゅもにゅぷっくりする陰嚢を揉みながら、可愛らしい乳首を口に含みぴちゃぴちゃ音を立てながら舌で転がし、歯列に触れさせ)   (6/22 02:08:45)

咲坂 正一●1年いだぃ、もっ、やだぁ(もう少し気ばるつもりでいたのに、すっかりと尿道を抉られる痛さと快感にやられてしまったのか、子供のようにぐずっては、相手の服を引き、嫌だ嫌だと言いながら、相手の傍に身を寄せた。周囲なんておそらくもう視界にないのか、時折鼻をすする姿は情けない。)ぁっ、せんせっ、っ、ぅ、ふざけ、ンっ、ぅ、いやに、きまって(相手が離れる瞬間、思わず甘えるように、相手を引き止めるような声が漏れた。けれど、前の生徒を相手がどかせば、周囲の人間を改めて認識したのか、先ほどのような威勢はないものの、口先だけで抵抗を口にする。それでも、陰嚢をもまれる度に、自分の手に握らされたこれをあと少し押し込むだけで、全部楽にして貰えるんじゃないかという欲も湧いてでて、とろりとした瞳で、理性と快楽の狭間に迷いながら、相手の手元を見つめて)   (6/22 02:01:15)

三嶋孝仁○体育痛い?にしては腰も動いてっし、声も可愛くなってんぞ?ほら、皆お前を見てんぞ?(鬼島先生も、先生に犯されている生徒も、今まで向うに向っていた多くの視線も、いつもは近寄りがたいこの生徒に釘付けになり、今までに見たこともない大人の玩具を潤んだ瞳で美味しそうに咥え悶える姿を目に焼き付けながら股間を膨らませていた)陰嚢もキュンキュン上に持ち上げて気持ちイイ気持ちイイ、もっとシてって言ってるぞ?(咲坂のしがみ付いてくる片手を離させると、尿道に刺さったバイブに触れさせ)ほら、もう少しで全部入るから、この先は自分でヤんな。(すると、パッと手を離し、邪魔なズボンとパンツを鋏で切って下半身を完全に曝してしまうと自分は前の席に座る生徒をどかし、じっくり正面からヒクヒクモノ欲しそうに開閉するアナルを見つめながらもにゅもにゅ我慢汁でとろとろの陰嚢を揉み解して)   (6/22 01:53:41)

咲坂 正一●1年ちがっ、ぁ"あ"、あ"っ、い"っだぃ、も"っ、ん"ぁあっ(この間とはまるで違う大きさ、形のそれに冷や汗を垂らし、は、は、と浅く息を繰り返しながら、自分の後ろにいる相手に両腕でしがみついた。脳天まで痺れるような感覚がそこにはあって、尿道を突起で擦りあげられ、振動をされれば、やはり出すことは出来ないというのに、尻臀や背まで震わせ、余計に、今度は縋り付くように相手にくっついて。)ふっ、んぅっ、ん、せんせ、やだっ、ぁっ、おっんっ、ン、(もにゅもにゅと陰嚢をもまれるのすら気持がよく、段々と尿道からの刺激にも上擦った涙声な喘ぎ声を上げつつ、相手を見上げ、ヤダヤダと駄々をこねる。先程の衝撃でか、瞳は既に濡れていて、ねだったら何をされるか分かってるからこそ、この気持ちよさにも脅えたように相手を見て)   (6/22 01:48:05)

三嶋孝仁○体育おいおい、どうしたんだ?さっきまでの威勢が嘘みたいに俺にしがみ付いて・・・。コレがそんなに気持ちいいのか?ん?(怖いと言いながらもちんぽは美味しそうにぱくぱくとバイブを飲みたそうにしているのでどんどんゆっくり棒を押し進めて行けば、ごりゅごりゅ尿道を突起が擦り、途中でスイッチを入れればブブブブ容赦なくソレを刺激し、まだまだモノ欲しそうにしている顔を見てはパンツに手を突っ込み、もにゅもにゅ陰嚢を揉んで)おぉ、まーた精子溜め込んでんな?俺に言えばたーっぷり出させてやんのによぉ?   (6/22 01:38:56)

咲坂 正一●1年はっ、幻覚でもみえてんのかよっ、っ、(相手の言葉に嘲笑うように言ったが、持ち上げられれば目を見開いた。自分の体は、筋肉だってあるし、そもそもタッパがある。こんな軽々と持ち上げられてしまったことがなく、暴れるまでもなく取らされたポーズに思わず脚を閉じようとしたが、膝裏を押さえる相手の手のせいでそれはかなわず、「ふざけんなっ、」と喚きながら足をばたつかせれば、先端からその中だけは相変わらずピンクな、茶色くなったこの状況でなければ立派なちんぽが揺れた。)ひっ、っ、やだっ、先生、こえぇっ、ぁ"っ、ぐ、ぅあ"っ…!(周りに人がいる状況で逃げるのは恥だと思ったことを後悔した。急所を握られていても逃げればよかったと。相手の取りだしたものに、そんな取り繕う余裕は消え、怖い、と子供のように相手に助けを求めたが、すぐに入れていかれるそれに、声はうめき声にかわり、相手の服を両手で、ぎゅうぎゅうと掴んでは、時折、こわ、やだ、せんせ、と小さい声でうめき声の合間に口にして)   (6/22 01:33:16)

三嶋孝仁○体育やめろって言う割にはチンポの口ひくひくさせてんじゃねぇか。こんなの相当開発された奴だって無理なのに、やっぱお前メスの才能あるな?そんなエロ可愛いお前にはご褒美をやろう。(本当に嫌なら逃げればいいのにと、既に拘束なんてせず、ただ後ろから覆いかぶさっているだけの体を起こすと、咲坂の膝裏に手を回し、軽々とM字開脚させたまま机に座らせるとピンク色の乳首と我慢汁を垂れ流す同じくピンク色の可愛らしいチンポを周囲に曝させながらパクパクモノ欲しそうにしている鈴口に、この前とは違う、少し太い上ぼつぼつと丸い突起のあるステンレス製の尿道バイブをぷつんと挿れるとトクトク我慢汁を溢れさせながら入れて行き)ほーら、もうローションなしでバイブ飲みこんでんじゃんか・・・。本当にお前の体は優秀だな?   (6/22 01:25:03)

咲坂 正一●1年ひ、ぅ、あっ、やめ、ろぉっ…!(人がいるからこそなのか。以前よりもずっとなんとか声を抑えようとするせいで、まるで、子供が泣きそうになってるような声を時折漏らす。相変わらず、口ではやめろと言いながらも、相手のことを覚えているのか、可愛らしい色の乳首は素直に快感にたってぷくりとし、押し広げられれば、先端は、そこに受けいれたものを覚えているとでも言うように、ひくひくと口を開閉させ、乳首と同じく薄い色の部分を晒した。)っ、ぁ、くそっ、いや、だっ、離せっ!(首筋を舐められるだけでわかりやすく背筋が震え、尻臀がビクビクとはねた。けれど、人がいるからこそ強気な抵抗する言葉を放ち、けれど、だからこそ周りに見られたくないのか、相手の腕の中から逃れられず、むしろ、身をぴったりと合わせて隠れようとして)   (6/22 01:19:03)

三嶋孝仁○体育くくっ・・・ほーら、いい感じに体が熱持って来た。乳首もこんなにツンっとして・・・可愛いねぇ?(きゅ、きゅっと小さいがツンと立った可愛い乳首を捏ね繰り回したりつねったりしながら亀頭を押し広げるように親指でグリグリ押し、まだ雄になれていない体を徐々に、しかし確実に開いて行けば、可愛らし声が漏れ)ほら、もっと鬼島先生に可愛い顔見せてやれよ。(れろぉぉ・・・と首筋を舐めながら自分たちの行為を周囲に見せれば、使い物にならなくなった生徒を床に転がし、先程顔面で潮を受け止めてびちょぬれになった生徒の制服を剥ぎ、犯し始める姿を視界に収め)   (6/22 01:12:00)

咲坂 正一●1年ひっ、っ…うそ、ばっか、んくっ、いうなぁっ…!(相手の言葉の一つ一つに反論できるだけの余裕は、相手からの刺激によって失われる。耳を舐められる感触に、亀頭を揉む手。それだけで簡単に熱を体が持ってしまうのは、この間の怖いぐらいの快感を覚えているからで。勝手にしりの奥の方までビリビリと痺れるような感覚を覚えながら、そのあからさまな言葉への抵抗を見せるように、くそ、くそ、と繰り返し、相手の腕の中で体をよじり、もがいてはいるが、身長、そして、それ以上に、咲坂自身薄い体ではないが、相手にかなうような体でもなく、体格差は歴然としていて)   (6/22 01:07:28)

三嶋孝仁○体育んー?そうか?お前、気付いてねぇの?さっきあの生徒が潮噴きながらアへ顔してんの見てちんぽビクンビクン震わしてたぞ?それに、こないだ俺に抱かれて処女ビッチメスイきしてたのはどこの誰だった?ん?(ぴちゃぴちゃ咲坂の耳の穴に舌を捻じ込んで舐めながら片手で亀頭をくにゅくにゅ揉みながらシャツを肌蹴させていき)ほら、お前のちんぽ俺に触られてびくんびくんしながら涎垂らしてる。   (6/22 01:03:13)

咲坂 正一●1年(プシャァアアと目の前でされる潮吹きに、そもそもそれを初めて見たせいで、は?と戸惑ったような声を漏らす。尿と言うより水に近いそれを吹き出す行為なんて見たことがなくて。)は、っ、ざけんなっ、デマばっかつくんじゃねぇ…!!(相手の言葉にようやく現実に引き戻されては、しかし、暴れたって抵抗をものともしない男に無理やり脱がされかかっているという状況は絶望的で、手を押さえつけようとしたが、やはり何も結果には叶わず、自分のちんぽが晒されてしまった。)ぅっ…っ、そりゃぁ、年頃の男なんて、女の子考えてたつことだってあんだろぉ(相手の言葉にかたくなに、男同士での行為で興奮したことは認めず、鼻で笑うような嘲笑付きでいえば、相手の足を踏みつけようとして)   (6/22 00:59:08)

三嶋孝仁○体育ヘボ教師だって・・・(咲坂が怒鳴ったせいで聞こえたのか、鬼島先生はムスッとしながら生徒を犯す腰を早めながらこちらを睨めば、喘ぎ声が一際大きくなり、ついにその生徒は目の前の席に座る生徒に向ってプシャァァァ・・・!と大量の潮噴きをしてしまう)あーあー、お前が鬼島先生呷ったせいであいつ大変な事になってるぞ?(咲坂の顎を捉え、しっかり目に焼き付かせるよう生徒の痴態っぷりを見せ)でも、確かにあの生徒はまだまだだな。調教が足りてない。でも、お前の体は最高だったぞ?俺の下で喘ぐ姿なんてすっげーエロかったしな?(暴れられても、無駄に鍛えられていない俺には制するのなんて簡単で、簡単に体を覆ってしまうとカチャカチャと咲坂のズボンのベルトを外し、前をくつろげて勃起チンポを曝してしまう)ほら、元気じゃねぇか。(つぅ・・・と指で竿を伝って)   (6/22 00:47:03)

咲坂 正一●1年ひっ…!!?(後ろから回り込んだ相手が自分のチンポをズボンの上から握られれば、ビクリと背中が反った。なんとか相手に抵抗をしようと腕をばたつかせるが、急所を握られてることと、突然の事態に上手い対処が取れない。)はぁ!?ざっけんじゃねぇ、あんなヘボ教師とクソオタクみてぇな三下のセックスに誰が興奮するかよ、気持ちわりぃ、離せっ(ここではこういう行為が肯定されていると分かっているからこそ、うまい抵抗が出来ない。だからこそ、余裕もなく、相手のことを罵りながらも、また前みたく犯されるのかと思えば、緊張でバクバクと心音が騒がしい)   (6/22 00:39:45)

三嶋孝仁○体育ほぉ・・・・ぜんっぜん反省してないと。(ふり払われた手を振ると、咲坂の背後に回り後ろからがばっと覆いかぶさりぎゅむっと半勃ちしている開発途中のちんぽを握り)具合が悪い割にココは元気だなぁ?ん?鬼島先生がヤってるのを見て興奮したのか?お前もこの間メス墜ちしてたもんなぁ?そりゃ体が反応しちまうよな?   (6/22 00:32:24)

咲坂 正一●1年【ぬけた。サボリだってショーコ。と】   (6/22 00:28:52)

咲坂 正一●1年(ガラッと開いたドアに多少の驚きはあった。けれどそれこそ多少で、それを見開いたのは、こちらに向かってくる足音に、そちらにようやく視線を向けてからで。相変わらずのように顎を掴んでくるその教師に眉をひそめては、睨みあげるような視線を送る。)だぁかぁらぁ?ショーコでもあるんですか、せんせぇ、体調が優れないんですよぉ(明らかに人のことを小馬鹿にしたような煽り口調のままに相手に口にしては、けれど、この間のことを思い出さない訳ではなく、つい、いつものような余裕もないままに、相手の手から逃れようとするように、その手首をつかみ、顔を横に振って相手の手から離れようとして)   (6/22 00:28:28)

三嶋孝仁○体育ったく、またあいつ授業にも出ねぇで!(1年の教室の廊下を足早に過ぎて行けば、入学2月で学校の制度を叩きこまれたのもあり、淫靡な喘ぎ声が授業中だというのに響く中を進み、ガラッと保健の授業を本物の体を使って教える仲のいい教師がいる教室のドアを開けるとずかずか入って行くと、教室の片隅でつまらなそうに顔を背ける咲坂の前に立つと、ぐいっと顎を掴みこちらを見上げさせ)咲坂ぁ、お前またよくも俺の授業サボりやがったな?   (6/22 00:24:26)

咲坂 正一●1年【おかえり】   (6/22 00:19:47)

咲坂 正一●1年(眠たげに、くぁと欠伸をついた。パンパンあんあんと騒がしい教室の片隅、その反応はいつもと大してたがわず、興味もなさげにまだの外に視線を送っていた。しかし、身体自体はこの間の出来事を思い出してもいた。本当に最悪だ、なんて脳内で呪詛のように唱えては、ぎり、と歯噛みをする。本当に腹立たしくて、最悪で。しかし、それを思い出させるような嬌声と、明らかな行為の音がやはり耳につくもので、不機嫌にもチッ、と舌打ちをした。)   (6/22 00:19:41)

おしらせ三嶋孝仁○体育さん(124.100.***.114)が入室しました♪  (6/22 00:16:43)

おしらせ三嶋孝仁・体育さん(124.100.***.114)が退室しました。  (6/22 00:16:29)

三嶋孝仁・体育【名前ルーム規定に沿って変えてくる】   (6/22 00:16:27)

咲坂 正一●1年【あいよ、ちょいまち】   (6/22 00:15:29)

三嶋孝仁・体育【今日は授業中だからお前からで。】   (6/22 00:15:15)

咲坂 正一●1年【りょーかい、じゃあ、保健の授業中だるそうにしてるわ、出だしはどっち?】   (6/22 00:14:43)

三嶋孝仁・体育【あー、じゃあアレだ。保健の授業中乗り込んで性教育叩きこむ。当然、授業中は保健教諭が他の生徒犯し中。】   (6/22 00:13:48)

咲坂 正一●1年【咲坂の教室だったら自分の机でーとかできるし、体育教官室なら先生の玩具とかありそうだし、校庭なら野外プレイ、っとどれがいい?】   (6/22 00:13:22)

咲坂 正一●1年【あ、咲坂の教室でもいい】   (6/22 00:12:08)

咲坂 正一●1年【笑うw放課後校庭に出てるとことっ捕まえてもいいし、体育教官室に呼び出しでもいい、】   (6/22 00:11:17)

三嶋孝仁・体育【むちゃくちゃ犯す。】   (6/22 00:09:51)

咲坂 正一●1年【んじゃ、場所よりしたいプレイとかある?】   (6/22 00:09:33)

三嶋孝仁・体育【確かにな。どうすっかな・・・。】   (6/22 00:08:06)

咲坂 正一●1年【むしろ友達に休むって言っとけって言って顔も出さなさそうだなw】   (6/22 00:07:23)

三嶋孝仁・体育【そうだなー、体育はサボり続けてそうだし・・・】   (6/22 00:06:41)

咲坂 正一●1年【あー、先生はなんかある?】   (6/22 00:05:49)

三嶋孝仁・体育【つか特に保健室でヤる必要もなくなったしな・・・希望あるか?】   (6/22 00:05:32)

咲坂 正一●1年【優しくしてって頼んでもしねぇだろw出だしどうする?】   (6/22 00:04:47)


更新時刻 06:06:15 | 過去ログ | ルーム管理