PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
街にある貸しリング
ここでは、プロでもアマでも、男でも女でも自由に対戦できる
プロレスや異種格闘技、客を呼ぶことも、ノーピープルマッチでも可能

プロフィールは可能な限り記入お願いします
・身長と体重、スリーサイズ
・ベースの格闘技
・所属(団体もしくはフリーなど)
・版権は格闘系のゲームやアニメなどならOK(要相談にて)

プロフに書ききれない内容は入ってからご相談ください
・試合展開や形式
・確定ロル(【過度なものは禁止】、程度や原則禁止は相談で)
・エッチの有無(有りでも戦いの流れの中で。【コスチュームの脱がしは厳禁】)

事前相談、試合後の感想などはここでもOKです
PL発言はト書きなどで分かるようにしてください
観戦はOKですが邪魔にならないように

※管理人不在の折は、上記のルール遵守の上、ご使用ください
【管理人 高岡宗佑】

※待機しながらの雑談希望はカフェのほうでお願いします
募集オンリーは今までどおり此方でもOK
【格闘カフェ「ブマイエ」】:http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=73600

※試合の模様や選手のやりとりなどはこちらに…
【格闘スタジオ「ブマイエ」掲示板】
http://bbs7.sekkaku.net/bbs/bumaie.html
では、ファイト!
 [×消]
おしらせ高原裕美さん(111.239.***.97)が退室しました。  (8/17 23:31:22)

高原裕美(ひと月が過ぎて次のシーズンに入る。その間、高原は王者として常にチャンピオンベルトを巻いて入場して、大げさに王者としてアピールをかます。強さを身上とするレイラから見ればそのパフォーマンスや浮かれ具合は…そしてついに決戦の日。大きなホールでの決戦となり会場が期待で盛り上がる。弱小チャンピオンと現時点で最強と言っていいチャレンジャーの試合は話題性があった。挑戦者レイラのテーマ曲が鳴り響いて、歓声が起こる)   (8/17 23:31:18)

おしらせ高原裕美さん(111.239.***.97)が入室しました♪  (8/17 23:31:11)

おしらせレイラさん(121.80.***.64)が退室しました。  (8/16 22:15:39)

レイラ次のシリーズね・・・いいわよ・・・完全回復したチャンピオンをマットに沈めてあげるわ♪(高原が次期挑戦者を早々に指名したことにより近々タイトルマッチが行われると思われたが次のシリーズとなった。今シリーズで行われる思っていたレイラも少し肩透かしを食らったようだった。しかし十分な準備期間があるということはレイラにとってもメリットはあるがデメリットはないと思いタイトルマッチにむけトレーニングをすることにした)   (8/16 22:15:12)

おしらせレイラさん(121.80.***.64)が入室しました♪  (8/16 22:15:04)

おしらせ高原裕美さん(111.239.***.100)が退室しました。  (8/3 23:03:54)

高原裕美(記者からレイラが3本勝負をOKしたを聞いた高原がにやっとする)さすがビッグな人物ね。快く受けてくれるなんてさ。ジャーマンを2回決める?それは無理じゃない?…(高原は挑発的にもう一度笑う)なぜなら…一発もらったら、そこで終わりだから…(まるで人ごとのようにレイラのジャーマンスープレックスの威力を告げる)さあ…後は試合が楽しみ。でも、次のシリーズね。マーリンとのダメージ…簡単には回復しないから(そして時期シーズンのレイラとのタイトル戦が決まった)   (8/3 23:03:46)

おしらせ高原裕美さん(111.239.***.100)が入室しました♪  (8/3 23:03:16)

おしらせレイラさん(121.81.***.177)が退室しました。  (8/2 21:10:25)

レイラへぇ・・・3本勝負・・・面白いこと考えるじゃない・・・OK・・・いいわ・・・私がジャーマンスープレックスを2回決めて勝たせてもらうわ♪(記者達から3本勝負の提案を聞くとなにかまたよからぬ事を考えてるんじゃないかと頭を痛める。しかしレイラも3本勝負は過去に何回も経験しており嫌いなルールではなかったのでわくわく感もあり了承した)じぁね♪(レイラは記者達に勝利宣言をすると練習場の方へと消えていった)   (8/2 21:10:22)

おしらせレイラさん(121.81.***.177)が入室しました♪  (8/2 21:10:17)

おしらせ高原裕美さん(111.239.***.242)が退室しました。  (8/1 20:46:40)

高原裕美(翌日、高原の誘いにレイラが前向きなことを聞くとにやりとする)チャンピオンと戦うことか…一番話題のある私と戦うことをおいしいと思ったのか…前向きなことはいいことじゃん(相変わらず自分の都合のいいようにしか考えない)せっかくだから、私とレイラの試合を長く楽しんでもらうために3本勝負にしたいな。悪いけれど、レイラに伝えておいてくれる?(記者たちは顔を見合わせる。体格差のある相手と戦うのに長時間となる3本勝負はどう考えても高原のほうが不利。それを自ら提案するとは…相変わらずなにを考えているか分からなかった)   (8/1 20:46:36)

おしらせ高原裕美さん(111.239.***.242)が入室しました♪  (8/1 20:46:31)

おしらせレイラさん(121.81.***.177)が退室しました。  (7/31 22:53:00)

レイラ「ふふ・・・おちびちゃん・・・貴方の持ってるベルトと一緒にぺったんこに潰してあげるから楽しみにしてなさい♪」部屋から出ると前回の試合は北関東だったので男性レスラーなどの介入もありいいようにやられたが次はLadyArmsであり余計な介入もなく久々の大舞台で戦えることにわくわくし笑顔で自宅に帰っていった。   (7/31 22:52:57)

レイラ翌日「あら・・・おはよう・・・何かあったの?」翌日レイラが打ち合わせのためにLadyArms本部を訪れるとスポーツ紙の記者が数名いてあっという間に囲まれたので何事かと聞く。「へぇ・・・あの高原が私を初防衛の相手に指名ね・・・・・・・わかったわかった・・・・とりあえず前向きに考えると言っておくわ・・・」高原がレイラを対戦相手に指名したことを記者から聞く。それで今日打ち合わせに呼び出されたのかと納得する。記者達に考えるわと言うと中に入っていく。そして呼び出された部屋にいると関係者が数名おり打ち合わせをすると、やはり内容はタイトルマッチの話であった。レイラ自身はチャンピオンなんてものには興味はなかったがLadyArmsでの試合は好きだったので快く受けることにした。   (7/31 22:52:42)

レイラ「あ・・・・」それは一瞬の出来事であった。AYUMIがレフリーに喚くと高原以外の全員の視線がAYUMIに向いた瞬間、もう動く力すらないと思われていた高原がマーリンから抜けるとマーリンへローブローを決めてあっという間に形勢を逆転させた。「マーリン・・・油断したわね・・・もしかしたら前哨戦から貴方はYaY'sの罠にはまっていたのかもね・・・」ローブローからのユミ・クラッチで3カウントが入るとゴングがなる。それを見るとレイラは半袖のTシャツに半ズボンを履き帽子をかぶる。「無様ね・・・」自分から招いたことなのにただをごねるようにリングで暴れ回っているマーリンとT.P.Aの姿が映っているのを冷めた目で見るとボストンバックを持つと控え室をでて言った。   (7/31 22:52:28)

レイラ「あ~気持ちよかった・・・お・・・始まってる始まってる・・・」LadyArmsのリングに本格参戦しているフリーのレイラが今日の試合も気持ちよく勝利し控え室でシャワーを浴び出てきて椅子に座る。そしてロッカールームのテレビを見ると高原vsマーリンのタイトルマッチの中継がうつっていた。試合の方は終始マーリンの方が優勢であり選手・マスコミ・観客の考えているような試合展開であった。しかしAYUMI・美咲・高原と対戦したことのレイラは何回も行われる前哨戦や自分が対戦したときの事を思い出すとなにかいやな雰囲気を感じていた。   (7/31 22:52:12)

おしらせレイラさん(121.81.***.177)が入室しました♪  (7/31 22:51:52)

おしらせ高原裕美さん(111.239.***.88)が退室しました。  (7/28 22:53:24)

高原裕美「そうねえ。あんあたはどう?アホマホ。来てるんでしょう?」会場で観戦していたジャージ姿の礼音寺 真帆に問いかける。すごい形相でゆっくりと立ち上がる真帆「高原…私はここに調子に乗っている3バカ…マーリン、キャティ、峰子の3人を倒しにやってきた。今日の試合を見て、やっぱりマーリンの強さに興味がある。おまえのまやかしなんかに興味ないんだよっ!!」(この試合も結末を胸糞悪く思っていたのか、真帆はチャンピオンベルトなんかに興味がなく椅子を蹴り上げるとさっさと控室は戻っていった「あーあ…チャンピオンに興味ないなんて…愚直なくせして予想外。あんたはやっぱり苦手。勝手にやってちょうだい…格好つけ損ねた」(肩をすくめる高原)「それじゃあ、私がぼろ雑巾にされた、あのでかぶつを指名しようかしらね。大舞台にびびらなければね…」(そして高原はある大物を初防衛の相手に指名する予告をしてリングを降りていった)   (7/28 22:53:07)

高原裕美しかし裁定は覆らない「ふっ…往生際が悪いわね。絶対チャンピオン…マーリン・エンジェル?」高原は裏笑いを浮かべる。マーリンは鬼の形相となり、今度は強引に抱えてスタイルズクラッシュヘ。ゴングが激しく打ち鳴らされる。高原は大の字になるが顔を横に向けて薄ら笑いを浮かべている。AYUMI共々、T.P.Aにリンチされる。そしてさんざんやりつくすと、マーリンは諦めたようにリングを降りて帰っていく。そしてしばらくして、ぼろぼろになったYaYが互いに肩を抱くようにして支えてなんとか立ち上がり、マイクを持つ。「ははっ…、マーリン、よほど悔しかったみたい。最強が最弱に負けたんだから、当然ね。でも、これが現実だからしばらく休んでいてちょうだい。そろそろサマーヴァケーションの季節でしょう?あんたの好きなカリフォルニアのランドに行ってちょうだい…あんたのリマッチはしばらく受けない。しんどいから」(いきなりマーリンのリマッチを拒否する新チャンピオンにざわめく会場)   (7/28 22:52:47)

高原裕美その瞬間に高原が動き出す。手をマーリンの両ひざにあてがい、強引に頭を抜き取る。今まで瀕死のダメージを受けていたようには見えない素早さで…腕を振りかぶり思いっきり拳をマーリンの急所に打ち上げる!!さすがのマーリンも咆哮をあげて前かがみになるとすかさず高原は頭を抱えて脚を絡ませ、変形のキド・クラッチ、ユミ・クラッチへ入る。AYUMIがアピールして慌ててカウントに入る。あわてていた分、少し早く叩いたかもしれない。マーリンがもがくが、きわどいタイミングでカウント3が入る!!高原はマーリンを離して3をアピールする。反対にクラッチから抜けたマーリンは片手で股間を抑えながら、レフリーに3カウントを確認して入ったことを言われると、反則をアピールしたり3入っていないとアピールする。   (7/28 22:52:36)

高原裕美セコンドのほうも高原陣営は大人しく、むしろマーリンのセコンドにちょっかいを出され痛めつけられるというリング上と同様に痛めつけられる展開となる。そして追い詰められた高原はついにマーリンのブラディサンデーをくらい、大の字に。マーリンは高原を引き起こして頭を脚の間に挟んで両手を広げて、フィニッシュのスタイルズクラッシュを予告する。だがその瞬間を待っていたかのように、セコンドのAYUMIがエプロンに上りなにかをレフリーに喚く。この試合初めての積極的な介入だったので、T.P.Aの二人も完全に虚を突かれてしまった。レフリーがそちらに気を取られて出ていくようにジェスチャーをすると、自らの華麗なフィニッシュシーンを汚されたいらつきから、さしものマーリンも一瞬そちらを見て、AYUMIをにらむ。   (7/28 22:52:25)

高原裕美そしてついに迎えたチャンピオンシップ。お互いセコンドを連れての試合となり荒れそうな試合となる。試合はオーソドックスな展開となるが、立ち技では高原はもとよりマーリンの敵ではなく受け身のうまさでいなしていくしかなかった。グランドでも技術は互角に近くても、やはり体格やパワー差でどうしても高原が押されることが多く、終始マーリンがペースを握っていく。ラフファイトになっても高原がやればマーリンもやり返すという感じなので、高原が優位に立つことはなかった。   (7/28 22:52:15)

高原裕美AYUMI、美咲が連続して上位陣から星を奪い勢いづいたYaY'sが観客やマスコミの支持を得てついに、高原が王者マーリンに挑戦する王座戦となった。マーリンからすれば周りに押されて仕方なく、というのもあった。挑戦者が一巡して高原が初顔合わせというのもあったが。それからタッグや6人タッグで前哨戦を何度も戦うが一度も勝てずじまい。高原自らマーリンからピンフォールを奪われることも多かった。こんなのに挑戦者の資格はあるの?とマーリンが吐き捨てるのも仕方ない状況だった。   (7/28 22:52:05)

おしらせ高原裕美さん(111.239.***.88)が入室しました♪  (7/28 22:51:52)

おしらせB.R.美咲さん(121.81.***.177)が退室しました。  (7/23 00:46:44)

B.R.美咲「ほら・・・私ってどちらかと言うとパワーファイターじゃない・・・だから燃費が悪くて朝はこれぐらい食べないとだめなのよと♪」笑顔で言いながらペロッとたいらげる)お世話になりました♪(朝食を食べ終えると部屋に戻り着替え荷物をまとめる。そして帰るときにホテルの人たちに軽くおじぎするとバスに乗り込む。最初は赤城がいたのでどうなるかわからなかったが有意義な旅行になって良かったと思い帰宅した)   (7/23 00:46:42)

B.R.美咲あら・・・おはよう・・・峰子さんにキャティさん・・・じゃゆっくりと入らせてもらうは(風呂に行くと峰子とキャティとすれ違うと昨日のおもてなしの時の態度からいつもの態度に戻っていたので罰ゲームから解放されたのねと理解する。そして峰子が最後の方に紫の湖と言ったのが聞こえるがここはリングでないので美咲はスルーすると浴衣を脱ぐと風呂に入る)(そして風呂から上がり部屋に戻ると2人がいなかったので朝食かなと思い美咲も食べに行くことにする。美咲はフルーツ・サラダ・ライス・ヨーグルト・・・・これだけなら少し多く食べるんだぐらいなのだがステーキ1.5人前もとると高原とAYUMIが座っている席へといく。そして2人が朝からそんな食べるのと言う目で美咲を見ていたので・・・   (7/23 00:46:28)

おしらせB.R.美咲さん(121.81.***.177)が入室しました♪  (7/23 00:45:57)

おしらせ赤城和仁さん(111.239.***.199)が退室しました。  (7/22 22:49:45)

赤城和仁(美咲が朝風呂へ行くと先に入っていた峰子とキャティとすれ違う。昨晩は働せられすぎて、風呂にも入れなかったようだ。やっと入れたと喋っていた)「美咲さん…おはようございます」(少しほほ笑んでいたが、その不遜な態度はいつもの紫の湖に戻っていたようだった)今は誰もいないから気持ちいいですよ…でも、次は私の紫の湖に…いや、なんでもないです(うまい言葉が浮かばなかったのか、途中でやめてすごすごと歩いて行った。リングの上以外はやはりダメである)(部屋へ帰るとすでに高原とAYUMIはおらず朝食を食べに行っていた。AYUMIはヨーグルト、グラノーラ、フルーツといかにも。高原は野菜や海藻、豆を大目にした和食といかにも身体を気遣っていそうなメニューだった。赤城は朝から山盛りのメニューでいかにもプロレスラーという感じで食べていた。そしてチェックアウト…)おーい、忘れ物ないか?それじゃあ、帰るぞ。みやげ物は帰りのSAで買ってくれ。お世話になりました~(ホテルの人たちに軽くおじぎする赤城。1泊二日の割には色々あって、いろいろ垣間見えた旅行となった)   (7/22 22:49:39)

おしらせ赤城和仁さん(111.239.***.199)が入室しました♪  (7/22 22:49:34)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、B.R.美咲さんが自動退室しました。  (7/22 17:47:03)

B.R.美咲ふぁ・・・・・・(美咲はあの後特に目を覚ますことなく熟睡し太陽の光がうっすらと部屋に差し込んできたので目を覚ます。ちらっと横を見ると高原とAYUMIがまだすやすやと寝ている)・・・・・・・(周りを見るが赤城やPDの姿はなく寝起きドッキリ等はやらなかった事を確認する)う~ん・・・朝風呂にでも入ってこようかしら・・・(時計をみるとちょうど朝風呂に入れる時間だったので2人を起こさないように布団から出てタオルをとると部屋から出て行き風呂へと向かっていった)   (7/22 17:26:53)

おしらせB.R.美咲さん(121.81.***.177)が入室しました♪  (7/22 17:26:49)

おしらせ赤城和仁さん(111.239.***.119)が退室しました。  (7/20 18:52:29)

赤城和仁げっ…下井に…くそお…(下井広報兼渉外部長に渡されれば、今の赤城では止めようもなかった)わ、分かったよ…ぐっすりと寝てくれ…(密かに考えていた寝起き撮影も断念せざるを得なかった。まあ、撮影の取れ高は充分だから、ここで引くしかなかった)それじゃあ、おやすみ…(赤城も高原にやられた金的攻撃で片手で股間を抑えて、足を引きずりながら部屋を出ていく。峰子たちに後ろ指を刺されて笑われる始末)高原:さて…この映像は有効に使わせてもらうわね…(高原がにやりとほほ笑んだ)   (7/20 18:52:25)

おしらせ赤城和仁さん(111.239.***.119)が入室しました♪  (7/20 18:52:20)

おしらせB.R.美咲さん(121.81.***.177)が退室しました。  (7/17 23:26:54)

B.R.美咲へぇ~なかなかいい絵が撮れてるわよ赤城♪(高原が持っているカメラを覗き込むといつもの赤城との試合での光景とは逆の光景が映っており楽しそうに笑う)あっいいこと思いついた・・・これって試合の日の休憩中に面白いことになると思わない♪(撮影されている光景をみて美咲はこれを試合を見に来た観客に見せ晒し者にして黙って撮影していた仕返しを思いつく)こんど下井広報兼渉外部長にも頼んでおくわね♪じゃ私はそろそろ眠たくなってきたからお先に眠らせてもらうわね・・・そうそう・・・赤城・・・寝顔を撮ったり・寝起きドッキリなんてしようものなら・・・その場でしめおとしすから・・・変なこと考えないようにね♪(流石の赤城も今の現状を考えればこれ以上のことはしてこないだろうと思う。しかし相手は赤城なのでとりあえず釘をさしておいて美咲は隣の部屋で布団に入りすやすやと眠りについた)   (7/17 23:26:37)

おしらせB.R.美咲さん(121.81.***.177)が入室しました♪  (7/17 23:26:33)

おしらせ赤城和仁さん(111.239.***.230)が退室しました。  (7/14 17:41:11)

赤城和仁ゲッ…!!いやあ、これは皆ちゃんと寝ているかなあと気になって見回りに…うごっ!?(もともと正体はばれていたが、美咲に襖をあけられて冷や汗が流れる赤城とPD。そして背後からそっと近寄った高原が二人に同時にローブローを食らわせて、お尻を蹴飛ばして部屋の中央に投げ入れる)や、やめろ…お前たち…いてっ!!!なんだこの固い枕は!!(女5人に取り囲まれ、枕を次々と投げ込まれる赤城達。もともと赤城が用意した枕のくせに、固いなどど文句を言う。峰子やキャティのパワーで至近距離でそば殻枕を顔面に喰らえば、たまったものではない)うーん、いい絵ねえ。これもつかってくれるでしょう?(高原がいつの間にか撮影カメラを手にして二人の男が好き放題にされている様を録画していた)   (7/14 17:41:06)

おしらせ赤城和仁さん(111.239.***.230)が入室しました♪  (7/14 17:41:00)

おしらせB.R.美咲さん(121.81.***.177)が退室しました。  (7/14 03:24:22)

B.R.美咲残念・・・まだオチじゃないんだよね♪(襖を開けると赤城とPDに満面の笑みを向けると2人の服を掴み部屋の中へと連れ込む)ねぇ・・・みんなでこの2人に今回のお礼をしようとおもわない・・・特に赤城には普段から色々とお世話なってるし♪(部屋の中に連れ込んだ男性陣2人を女性陣5人で取り囲むと女性陣には魅力的な提案をする)   (7/14 03:24:17)

B.R.美咲へぇ・・・こんなところでローブローの仕返しをされるとは思ってなかったは・・・なんかのドラマの台詞であっわよね・・・「やられたら・・・やりかえす・・・倍返しだ!!!」って・・・だったら私も倍返ししないとね!!!!(美咲の両手にはいつの間にか枕がもたれている。そしてその枕を峰子とキャティそれぞれにめがけて器用に投げる。そしてそこからは美咲も参戦し5人で枕投げが行われる)・・・・・・あそこにも獲物がいるじゃないの♪(美咲が枕投げをしていると不自然にあいている襖に気がつき下の方を見ると2人の人影とカメラで撮影されていることに気づく。するとにやっと笑うと高原に合図をすると高原も2人に気づく。そして2人でばれないように近づく)   (7/14 03:24:04)

B.R.美咲ふう・・・(ラーメンを食べ終え旅館に帰ってくると今日最後の仕事の布団を敷き帰りを待っていた峰子とキャティの出迎えを受け部屋に入る。美咲はまだ飲みたかったのか窓辺で日本酒を1人で飲んでいると残りの4人で修学旅行恒例の枕投げが始まる。美咲は元気ねと横目でチラ見しながら日本酒を飲んでいる)ぶっ!!!!!(なんとキャティはAYUMIに投げ返すのではなく日本酒をくいっと飲もうとおちょこを口に持って行こうとしていた美咲へと投げた。当然美咲の顔には日本酒が盛大にかかる。そして美咲の手はしたに垂れるとおちょこが床に落ち立ち上がると床に落ちた枕を拾う)   (7/14 03:23:51)

おしらせB.R.美咲さん(121.81.***.177)が入室しました♪  (7/14 03:23:46)

おしらせ神村ヒカリさん(iPhone au)が退室しました。  (7/13 22:48:03)

神村ヒカリ【お疲れさまでした。ありがとうございます。】   (7/13 22:47:57)

おしらせ高田孝之さん(111.239.***.52)が退室しました。  (7/13 22:46:54)

高田孝之  (7/13 22:43:16)

高田孝之【お願いします。本日は長時間ありがとうございます。楽しかったです】   (7/13 22:40:37)

神村ヒカリ【了解です。ありがとうございました。ではまた続き時間ある時に書いておきますね】   (7/13 22:39:51)

高田孝之【大丈夫です。僕もこれで終わりにしようと思っていました】   (7/13 22:36:16)

神村ヒカリ【すいません。今日はここまででもいいでしょうか?】   (7/13 22:35:47)

高田孝之よしっ!(自らの両頬を叩いて立ち上がる高田。入場曲「It's My Life」が流れまっすぐに歩いてくる。女性ファンからの声援も多いが、強さに憧れる男性ファンからの声援も多い。リングインすると黙って腕をまっすぐにあげて声援にこたえる。正面から見ればやはり赤城の少しぶよっとした身体と違い、締まって筋肉質だが、厚みもある純粋な総合格闘技者とも違う身体。威圧感のある肉体をさらけ出している。そしてゆっくりとヒカリに近づくと…)ヒカリさん。先日はAYUMIと高原が随分と酷い戦いをして申し訳ない。あいつらも一度しめてやりたいんだが…なんの因果かあなたとの対戦のほうが先のようだ。あいつらの肩を持つ気はさらさらないけれど…全力でいかせてもらうよ(柔和ななかにも鋭い眼光を向けて、大きな右手を前に差し出し握手を求める)   (7/13 22:33:22)

神村ヒカリ(先日の勝利もあってか一躍注目の的となったヒカリ。この団体に乗り込んで2戦目はストロングスタイルを得意としてる高田との2戦目。AYUMIとは違い正統派という触れ込みであるが・・・)どんな相手でも関係ないよね!ただ勝つ!!それだけだよ・・・(先日の試合と同じ赤い競泳水着に身を包み入場テーマに合わせて会場入り。先日の試合で少しファンも出来たのか歓声をあげる先には手を振って応えればリラックスしてリングインする)   (7/13 22:25:50)

神村ヒカリ【ありがとうございます。では返していきますね】   (7/13 22:20:38)

高田孝之(LadyArmsのリングで行われた試合で、電光石火の胴締めスリーパーで勝利を収めた神村ヒカリ。相手がそっち方面に不慣れなAYUMIとはいえ、ヒカリの技は本物と注目された。そしてそれは本家の北関東でも噂になり、その手のレスラーには素早く対処するのはストロングスタイルを自負しているせいか…そしてもちろんこの手のことに対処する人間は数人で、やはりこの男が選ばれた。北関東で格闘技戦を一番こなしている高田であった。静かに控室で自分の登場を待っている。AYUMIの敵討ちなどというつもりはこれっぽちもないが、こういう強敵と当たれるのは楽しくてしょうがないのが内心だった。先にヒカリの入場テーマが聞こえてくる)   (7/13 22:19:18)

おしらせ高田孝之さん(111.239.***.52)が入室しました♪  (7/13 22:16:19)

おしらせAYUMIさん(111.239.***.52)が退室しました。  (7/13 22:15:48)

AYUMI【いったん入りなおします】   (7/13 22:14:52)

神村ヒカリ【わかりました〜それでは私の方も触りの部分だけ・・・】   (7/13 22:12:05)

AYUMI【そうですね。とりあえず前振りは書いておきますよ】   (7/13 22:10:03)

神村ヒカリ【では書き出してみてまた時間ある時に返してく感じにします?今日じゃなくても構いませんよ。長時間やってるのでお疲れだと思うのでw】   (7/13 22:08:38)

AYUMI【そうですね。もしくは書き出し程度とか】   (7/13 22:06:28)

神村ヒカリ【わかりました。ではそんな感じで・・・今日はどうしましょう?時間的にも遅いのでまた今度にします?】   (7/13 22:05:52)

AYUMI【そういうのも使っていただいていいですよ。プロレスでもあるので、柔軟にいきたいですね】   (7/13 22:02:56)

神村ヒカリ【流れになるなら多分大丈夫ですが基本的に能力互角でやりたいですね〜体格差とかはあっても構いませんが、技術よりもヒカリだったらスピードとバネとか技術よりも身体能力で差がつく感じにしたいですね〜】   (7/13 22:01:46)

AYUMI【大丈夫ですよ。特徴はありますが、あとは流れとかもありますので】   (7/13 21:56:35)

神村ヒカリ【わかりました。ですがあまり線引きしちゃうと私の方は打撃で攻めにくいですしサブミッションも受けにくいので出来ればその線引き無しの方が有難いのですが・・・】   (7/13 21:54:58)

AYUMI【責めにくい部分があれば、そこは打撃で正面押しとか方法はいろいろあるかなと】   (7/13 21:49:51)

AYUMI【まあ、少し上という意味ですので、その少しの分を体格差で埋めるということです】   (7/13 21:48:45)

神村ヒカリ【そういった感じでしたら大丈夫です。ですが攻める時技術に差があった場合とかってやりにくくないですか?互角の勝負じゃない力関係がある場合でしたら大丈夫だと思いますが・・・】   (7/13 21:46:56)


更新時刻 16:35:35 | 過去ログ | ルーム管理