PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介4月の宿の位置、桜と緑の渓流

両性具有の大妖狐が造り上げた幻影の温泉宿。
人外も人間も、両性具有者たちが好き好きに淫蕩に耽る、そんなふたなり淫乱旅館のイメチャです。

・名前は『キャラ名 性別記号 種族or職業』で入室してください。
・性別記号 ☆:ふたなり(推奨)     ♀:女性 
      ★:女装・男の娘・シーメール ♂:男性(※要:掘られる覚悟とお色気)
・版権キャラは禁止、オリキャラで遊んでください。
・プレイ時はある程度の描写を推奨。
・雑談やメタ発言はエロのじゃまにならない程度に。

・楽しく遊べるようお互いに配慮してください。
・(部屋主以外に対して)専属化したキャラは自室を立ててそちらで遊んでください。乱交部屋なので。



避難所
「狐のお宿-大浴場-」 http://ur0.pw/AOqr
「狐のお宿-別館-   http://u0u1.net/ASy7

・宿帳を実装しました(登録自由) 登録認証コードはaya122213です。
http://f020917.s25.xrea.com/x/list/list.cgi
・旧宿帳(しばらく残しておきます)→http://ktnyd.bbs.fc2.com/


・備考
旅館は温泉の旅館のような作りの巨大で混沌とした複合体。
どこともつかない空中に建物ごと浮いているように見えるが、気がついたら着地していたりもする。
式神や子狐も従業員として働いている(NPC)。
意外と電気が使えたりテレビが映ったり。
部屋主:綾子☆妖狐
 [×消]
おしらせ楓華☆妖狐さん(Android 42.148.***.181)が退室しました。  (4/24 01:54:36)

楓華☆妖狐ちゃんと、寝たのじゃな?さて…あちきも。おやすみ、綾子…(ぎゅむ)   (4/24 01:54:31)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、綾子☆妖狐さんが自動退室しました。  (4/24 01:53:47)

楓華☆妖狐ふふ、なら…一緒に寝るのじゃ。(お布団を持ってくれば綾子と横になり、抱き締めて目を閉じて)   (4/24 01:39:15)

綾子☆妖狐んぅー、妾もそしてそろそろ眠気に押されそうじゃ…(お返しに、ほほに当たる楓華ちんぽにちゅっちゅっとご挨拶程度に口づけして)   (4/24 01:33:18)

楓華☆妖狐んふふ、そうかそうか…。(股間に手を伸ばせば、綾子のチンポを掴み軽く撫でて)   (4/24 01:25:19)

楓華☆妖狐【ん、確かに。(笑)】   (4/24 01:24:40)

綾子☆妖狐【ログアウトせずに寝てしまうことを寝落ちというような気もするが…w】   (4/24 01:20:22)

綾子☆妖狐んぅー、今日だけで三発は出した…(くてー、すりすり…)   (4/24 01:20:01)

楓華☆妖狐【ん、おつかれじゃー。】   (4/24 01:19:48)

おしらせ葵♂妖狼さん(iPhone 115.37.***.40)が退室しました。  (4/24 01:19:28)

葵♂妖狼【寝落ちします〜】   (4/24 01:19:21)

葵♂妖狼凄くふさふさで…そこに寝たら気持ちいいだろうなぁ…(お酒を飲み干して綾子さんと楓華さんを見つめ)   (4/24 01:12:45)

楓華☆妖狐ん、そうかそうか。なら、こっちにするのじゃ。(お腹を撫で撫で)最近、ぴゅーってチンポ汁ちゃんと出してるかや?(首傾げ)   (4/24 01:11:58)

綾子☆妖狐んぅ、さすがになめられすぎてひりひりする…(優しくしてくりゃれ、と甘える)   (4/24 01:09:10)

綾子☆妖狐おっと、あちらのペアは寝てしまったか…。 いやいや、大妖怪じゃろうが小妖怪じゃろうが関係ないものじゃ。   (4/24 01:08:51)

楓華☆妖狐くふふ。そうじゃなー?(膝枕をすれば、まだお耳は敏感かな~?っと狐耳を指でなでなでしてみて)   (4/24 01:08:39)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、紫♀毛倡妓さんが自動退室しました。  (4/24 01:07:44)

葵♂妖狼大妖怪様なのに…可愛い所もあるんだ…(お酒をちびちび飲みながらクスクス笑い)   (4/24 01:06:35)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、バレンシア☆デビルさんが自動退室しました。  (4/24 01:03:36)

綾子☆妖狐誰にでもなびくというわけではないぞよ…(なんか説得力ないことを言いながら楓華の膝に頭乗っけてまったり…) 割りと姉上とでも犯してるときのほうが多いし…   (4/24 01:02:34)

葵♂妖狼…////(ふたなりの姉妹を見てると魅力的だなぁと思い頬を染めて)   (4/24 00:58:47)

楓華☆妖狐んふ。(しぇんりゅをお布団に寝かせれば綾子の頭を撫で撫で)   (4/24 00:54:27)

葵♂妖狼綾子さんにも…ビクビクする相手が居るんだなぁ…(お酒をちびちび飲みながら綾子さんを見つめクスクス笑い)   (4/24 00:52:03)

綾子☆妖狐ん、ん、どうした姉上、(シェンリュを寝かしつけるとその反対側から見つめられてビクビク)   (4/24 00:50:11)

紫♀毛倡妓私の全部...あげます...だからっ...(薄いキスだけで焦らさせると我慢できなくなってしまい)...めちゃくちゃに...してください...(   (4/24 00:47:40)

葵♂妖狼【おやすみなさい〜】   (4/24 00:46:07)

楓華☆妖狐【お休みなのじゃ】   (4/24 00:46:03)

おしらせ深緑☆キョンシーさん(123.227.***.229)が退室しました。  (4/24 00:45:49)

深緑☆キョンシー【ん、お休みなさいませ、です!】   (4/24 00:45:37)

深緑☆キョンシーんぅ、綾子が望むなら…もちろん、ね…(そう言って、今度こど本当にね初めて)   (4/24 00:45:22)

楓華☆妖狐……。(そして、綾子の顔をじぃ)   (4/24 00:45:09)

綾子☆妖狐んふふ、そろそろお休みかや…んちゅ…ん、またのぅ、シェンリュ、そろそろ妾の子をはらんでくりゃれ(屍人に無茶苦茶な要求をしながら、一杯キスして)   (4/24 00:44:30)

バレンシア☆デビル悪魔が聞くのは対価を払った交渉の上での願い事だけだよ。(ケタケタ笑って薄く唇を重ねるだけのキスをする   (4/24 00:43:33)

葵♂妖狼〜♪(鼻歌を歌いながら式神さんにお酒を頼みちびちび飲みながら周りを見てツマミにする)   (4/24 00:43:06)

深緑☆キョンシーん、おやすみねー(アムゥ、っと深くキスして返して。もちろん綾子にも。何度もなんどもキスして、そしてそのままくたっと倒れて)   (4/24 00:42:55)

楓華☆妖狐んふ、お休みなのじゃ。しぇんりゅ。(頭を撫でて額や唇にキスをして)   (4/24 00:42:00)

紫♀毛倡妓は、はい...(押し倒されるとそのまま近づいてくるバレンシアさんの顔をポーッと見つめて)   (4/24 00:41:27)

深緑☆キョンシーうふふ、両手に花とはこのことネー(二人のお狐様を抱えご満悦。)んムゥ、お二人の間で眠れるなんて、幸せ、ネ(なんて言ってうつらうつらし始めて)   (4/24 00:39:13)

楓華☆妖狐んふ、姉妹揃ってしぇんりゅの女にされてしまうのぅ?(しぇんりゅに抱きついて)   (4/24 00:38:08)

バレンシア☆デビル…♪(一回り大きい紫をそのまま押し倒して)悪魔に欲しいってだけのおねだりじゃぁ…ダメ(クスクス笑いながら顔を振れるか触れないかまで近づけて   (4/24 00:38:03)

深緑☆キョンシーん、まあ、それもそうネー。今度は、ふふ、いっぱい咥えてあげるネー(なんて言って綾子を撫でて)ふふ、とっても可愛いネ   (4/24 00:38:02)

綾子☆妖狐か、堪忍してくりゃれー妾が貪る暇がなくなるではないかぁ(くてぇー…撫でられ、瞳を細めて、そのままシェンリュの胸に頭をあずけておっぱい枕)   (4/24 00:37:08)

葵♂妖狼あぁ、大丈夫です…気にしないで下さい(苦笑いしながら頭を搔き)   (4/24 00:36:58)

深緑☆キョンシーすまないネー、お相手してやれず、申し訳ないネー(葵にそう言って)   (4/24 00:35:38)

葵♂妖狼俺の…相手は…今は居ねぇなぁ…(キョロキョロして周りを見つめ苦笑いして頬杖をつき)   (4/24 00:34:56)

深緑☆キョンシーもちろん、楓華にも、いっぱいしてやりたいねぇ(なんて言いつつも、目元こすって)んムゥ、本格的に、ネムィ…うぅ、二人には申し訳ないネ   (4/24 00:33:43)

紫♀毛倡妓ぃ...いじわる...(自分の胸を押し当てるようにギュッとバレンシアさんを抱きしめる)....もっと....ほしぃ...(顔を赤く染めながら)   (4/24 00:33:02)

深緑☆キョンシーふぅむ、綾子には会うたんびにお耳調教してやりたくなってしまったネ(頭を撫でてあげつつ、それもそうねー、と言って)   (4/24 00:32:49)

楓華☆妖狐やっ、あ、吸ったら…イっ……っ!(じゅぅっと吸われる音がし始めれば目をぎゅっと閉じて、手を握る手が震えていけば足先まで愛液がとろとろと垂れていき、軽く果てれば体をひくんひくんと震わせて)んっん。(綾子にキスをされれば、女の子の顔で笑ってみて)   (4/24 00:32:22)

綾子☆妖狐体が2つあっても操作が追いつかんじゃろうに(くすくす、んふ、ちゅむ、ちゅむ…二人に交互にキスをして、耳は両方共だけいまみれにされてしまっている)   (4/24 00:32:03)

深緑☆キョンシーふぅむ、しかし、さすがに、二日寝てないと、ネムィネ(二人のお狐様に囲まれながら根を瞬かせ)   (4/24 00:31:47)

葵♂妖狼よろしくです(へらへらしながら頭を下げて)   (4/24 00:30:59)

深緑☆キョンシーうムゥ、よろしく頼むネー   (4/24 00:30:09)

バレンシア☆デビル…♪(くるりと後ろを向いて、意地悪したまま紫の胸を枕に寝転がる   (4/24 00:29:10)

葵♂妖狼どうも〜(深緑さんに手を振って挨拶して)   (4/24 00:29:02)

紫♀毛倡妓あっ...ぅ...(指を唇に当てられると物欲しそうな顔でバレンシアさんを見つめて)   (4/24 00:27:37)

深緑☆キョンシーんムゥ、こんばんはネー   (4/24 00:26:15)

葵♂妖狼ふぅ…(フードを取り近くの椅子に座って周りを見てお盛んだなぁと苦笑いして)   (4/24 00:25:59)

バレンシア☆デビル…はいおしまい♡(相手が求めだし抱き寄せてきたところで唇を離し、指を相手の唇に押し付け、意地悪く笑う   (4/24 00:25:23)

紫♀毛倡妓んっぅ...んくっ...(口の中にバレンシアさんの唾液が流し込まれると勢いで飲み込んでしまう)ふっぅ....んっ....(次第に自分からも求めるかのようにバレンシアさんを抱き寄せて)   (4/24 00:24:16)

深緑☆キョンシーんふぅ、可愛いノゥ、愛いのう(二人をギュゥっと抱きしめて、ジュルジュルと耳を吸い、首にキスされればこちらからもお返しにキスして)んムゥ、体がもう一つ欲しくなってしまうネ   (4/24 00:23:38)

葵♂妖狼こんばんはぁ(パーカーのフードを深く被り入って)   (4/24 00:22:48)

深緑☆キョンシーんふふ、あむ、れる、ジュルルッ(刺激を変えて、舐める行為から吸う方に刺激を変えて。)ん、アムゥ、れる、ん、じゅるるっ、ん、ふふ、あく、んむ、ん、じゅずずっ、ん、こく、ンムゥ(にぎにぎと手を握り返して、もっと快感に酔うがいい、と刺激し続けて)   (4/24 00:22:29)

綾子☆妖狐んぅ、普今宵はシェンりゅが真ん中かや…v(三人でくっつくと、此方は耳ではなく二人の首筋と唇にキスを落としていき、二人に挟まれた小柄なシェンリュはおっぱいに埋まってしまいそう)   (4/24 00:22:10)

楓華☆妖狐綾子、お耳って…気持ちいのじゃなぁ…れる、れる…。(綾子の耳を丹念に舌先で中を撫でるようにしていき、自分のあえぎ声も聞かせていき)   (4/24 00:21:32)

おしらせ葵♂妖狼さん(iPhone 115.37.***.40)が入室しました♪  (4/24 00:20:51)

バレンシア☆デビル…んっジュルッ…グッゴクッ……(唇をそのまま重ねると、相手の舌と唇を吸い上げ、唾液を奪うと、泡状になった自分の唾液を相手の口の中で掻きま和して流し込んでいく   (4/24 00:20:49)

楓華☆妖狐やり、ちん…(恥ずかしさで少し言い返すも、顔は蕩けていて)きも、ちぃ…ふぁ、はぁっんん…(もう呼吸は肩が上がるほどになり、狐耳をどろどろにされれば手をぎゅううっと握りしめて快感に酔えば、つうっと太ももを愛液がつたっていき)   (4/24 00:19:47)

紫♀毛倡妓んっ....(初めは他にも人がいることを気にして唇をキュッと閉じていたが、次第にそれも弱くなっていき)んっ...ふっ....(顔を赤く染めながら、すこしトロンとした顔になり)   (4/24 00:15:41)

バレンシア☆デビル……ん♡(顔が十センチほどの距離になるとにゅるりと舌を出し、ゆっくりと紫の唇に舌を乗せていき、こじ開けるように開いていく。その動作もゆっくり、焦らすようにゆっくりと行う   (4/24 00:11:16)

深緑☆キョンシーん、おやすみネー   (4/24 00:10:31)

深緑☆キョンシーただの乙女じゃないネ。淑女でもあり、熟れた美しさや鍛えられた美しさも兼ね備えたとっても魅力的な女性、ネ。もちろん、楓華も、ネ?(なんて二人に言ってパチリとウィンク)   (4/24 00:10:25)

おしらせ九龍☆竜さん(210.132.***.2)が退室しました。  (4/24 00:10:01)

九龍☆竜【はふ…いきなりだけど後ろ事情で落ちなきゃ…。お邪魔しました~…なの。】   (4/24 00:09:55)

綾子☆妖狐むぅ、恥ずかしいではないか。(二人に乙女乙女言われてうぁーってなりつつ、楓華の舌が耳の中にまで入り込み、獣毛をぐちゃぐちゃに濡らされるとひくひく…)   (4/24 00:08:47)

深緑☆キョンシーんふぅ、可愛いね、姉妹揃って、シェンリューの恋人ネ(なんて言えば綾子のても恋人握り。まさに両手に花の様子。)ふふ、耳、気持ちいかヨ?(ボソロリ、と囁きかければ、ゆっくりと耳しゃぶりを再開する。最初は舌先がチロチロと触れるだけ、でもすぐに下は大胆に動き、耳の縁を舐め、ゆっくりと耳の奥へ。ねちゃ、と唾液の音が響き、熱い吐息が耳朶をくすぐる)んぁぁむ、あむ、ん、クチュクチュ、ンチュ、ねちゃ、あむ、受流、れる、んじゅ、じゅぞぞっ   (4/24 00:08:26)

紫♀毛倡妓...ぇ...ぁ...そ、そういうわけじゃ...(と言いつつもなぜかゆっくり近付くバレンシアさんを避けることができず)   (4/24 00:06:35)

楓華☆妖狐……ぁ。(恋人握りをされるとどくんと、胸が鳴って)…うん…。んんッ♪(綾子の耳をおしゃぶりしてる事もあり、全部聞かれていることに恥ずかしくなるもどんどん耳をしゃぶられれば綾子の耳を舐めるよりも自分の恥ずかしい声を聞かせていく感じになって)   (4/24 00:03:59)

バレンシア☆デビルじゃあ急じゃなきゃいいの?(クスクスと笑って、紫の顔の髪を捲り、ゆっくり、ゆっくりと顔を近づけて   (4/24 00:03:28)


更新時刻 02:43:09 | 過去ログ | ルーム管理