PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
・この部屋は「プリキュアオールスターズ 乙女達の集い」の別室です。
【原作キャラ同士のなりきり】を楽しみたい人向けの部屋です。

【注意】
・オリキャラなどはご遠慮ください。名無しなども不可。
・原形を留めない行き過ぎたキャラ崩壊は、オリキャラと同様の扱いでお願いします。
・この部屋の場合、基本的には表部屋でいい雰囲気になった方が移動して使う、といった利用方法を推奨しています。
・メインと分かれて何かを行いたい場合など、二組に分かれて行動する際などにご利用ください。
・同日中、とっかえひっかえキャラ変更を行うのは、その他の参加者様の利用を妨げる行為ですので、控えるようおねがいします。
・プリキュアの敗北陵辱が目的の方は、別の部屋があるのでそちらをご利用ください。成り行きでそうなる分には問題ないです。
・百合とかふたなりはOKだってふたご先生が。
・同時に複数の部屋へ参加しないように。
・何かするときはお互いによく相談してから遊びましょう。

【リンク】
メイン
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=75417&chatter_auth=Vs09n7O6PgsFh5xotlPou

【ブラックリスト】
主に(Android SoftBank openmobile)よりアクセスしている、部屋「プリキュアの世界」管理人のこの部屋の利用を禁止とする。
 [×消]
おしらせ来海ももか ◆GO1/MARINEさん(124.100.***.7)が退室しました。  (6/15 00:15:38)

おしらせ月影ゆりさん(Android 115.163.***.156)が退室しました。  (6/15 00:15:34)

来海ももか【(ぎゅぅぅ)】   (6/15 00:15:20)

月影ゆり【(ぎゅー)】   (6/15 00:15:10)

来海ももか【ありがとうございます。ゆりさんもご自愛くださいませ!おやすみなさいよい夢を…】   (6/15 00:14:58)

月影ゆり【了解です。では、遅くまでありがとうございました!暑くなったと思ったら雨降り出す訳の分からん季節、どうか体調にお気を付けを……】   (6/15 00:14:16)

来海ももか【よろしくお願いします。エッチも可な方向で参りましょう】   (6/15 00:13:08)

月影ゆり【やってましたねそういえば。ではスコーンつまんでだらだらしましょう】   (6/15 00:12:35)

来海ももか【ジャムぺろぺろ!!】   (6/15 00:12:05)

来海ももか【いえ時系列もどってスコーンももゆりの裏番組スコーン持っていったつぼえりをしたいと思いますがいかがでしょうか】   (6/15 00:11:52)

月影ゆり【つぼえりなら……梅雨の時期になんか服のデザインしよーかとかそういうのしますか】   (6/15 00:11:06)

来海ももか【どうしましょう!つぼえりしますかつぼえりするする詐欺】   (6/15 00:09:43)

月影ゆり【いえいえ。再びご馳走されてしまった月影先輩ですがさて次回どうしましょう!】   (6/15 00:08:50)

来海ももか【いつも時間ぎりぎりまでありがとうございます!!ありがとうございました!】   (6/15 00:07:53)

月影ゆり【月影さん再び戦闘不能!(続けられるかと思いましたが時間でした……)】   (6/15 00:07:20)

来海ももかあ…(ゆりのお潮で膝が洗い流される)気持ちよかったね、ゆり……(左手で背中をとんとんしながら絶頂に震えたゆりに頬ずりをする。激しかった右手の動きは緩まり、再び入り口を優しくゆっくり愛撫し始め、右腕でぐしょ濡れの膝から滑り落ちないようゆりの腰を支える)………(優しく頬ずりをしながら、激しい息遣いとまだ耳の奥に反響するゆりの鳴き声に耳を傾け、再び訪れた静かな余韻に2人して浸かった)   (6/15 00:03:10)

月影ゆりんっっ。(軽い絶頂。再び秘部が大洪水を起こす)ふぅ、ふう……。(泡立った皮膚に全ての感覚が持っていかれ、首周りと肩の感触に気付かない)んっ……んぅ、うぅ。(乳首の感触が遅れてやってくると、またも身体がぴくぴく震え、ももかに絶頂を伝えた)っくううっ…………っ…………っ!(……また、絶頂)   (6/14 23:55:40)

来海ももかん、ちゅっ…ちゅっ……(唇でゆりの首回りや肩を愛撫し、吸い付く。左手で包んだ乳首を親指と人差し指で転がす。自分の太ももがびしょ濡れになるほど激しく右手を突き動かし、中指と薬指がゆりの膣内をかき混ぜる)ちゅっ…ちゅぅ…(ゆりの痙攣を全身で感じながら、意地悪に絶頂を与える)   (6/14 23:52:37)

月影ゆりぁあ……ぁう……。(首筋のキス。さっき自分がやったのと同じだ。瞼がいつの間にか開き、暗い天井を見上げるように視界が固定される)っん!(よって、胸元の刺激とクリトリスの刺激が襲って来るのも、予想はつかなかった)あぁ……っあ……!(身体中が痙攣したように震え、またも絶頂に駆け上がっていく)   (6/14 23:45:19)

来海ももかちゅぅ…ちゅっ……んんぅ…(ゆりの唇に、首筋に貪るような口づけを降らせる。左手はゆりの肩に下り、薄い乳房を親指の付け根できゅっと揉み上げる。突き立てた指の動きは激しさを保ったまま、不意に指先でクリトリスを転がし、ゆりに快楽を畳みかける)…ゆり、んっ……離れないでね…ちゅぅ……今、好くしてあげるからね…   (6/14 23:40:48)

月影ゆり……。(キスをされると、瞼が閉じた。太ももも身体もほぼ動かさず、ももかの愛撫を再び受け入れる)んっ。(突き立てる、と言っていいくらいの強い刺激。そして、それがまた身体の芯に届いていく)んん。(こちらもまた抱くようにできる限り、腕に力を入れる。激しい水音が頭の中で反響し、意識を激しくゆさぶっていく)   (6/14 23:34:48)

来海ももか……んっ(ゆりの答えを聞くと抱擁を解いて、左手でゆりの頬をとらえて唇を重ね、右手は再び秘所に伸びる。開かれた太ももの付け根に指を這わせ、中指をゆりの中に突き立てる)…んっちゅ、……もっとゆりの声、聴かせて…(突き立てた指を出し入れしはじめ、ぴちゃぴちゃと激しい水音が立つ)   (6/14 23:26:57)

月影ゆりえ……。(指が止まったのと、声が上がったのはほぼ同じタイミング)ああ……。(濡れた指が腰を抱く。……抜かれたのだろうか。まだ秘部には感覚が残っている)……。(しっかりと抱きしめられ、またも身体にももかの柔肌が沈み込む。また意地悪する。その言葉に自分は)…………いいわ…………。(ちっとも働かない頭で、本能的にそう返すしか無かった)   (6/14 23:22:24)

来海ももかっ…!(ゆりの鳴き声に胸が高鳴る。より重なった身体で高鳴りが伝わってしまいそう。ゆっくりと動かしていた指が止まる)………(濡れた指で撫で上げ腰を抱き締め、頭を寄せ合う)………また、意地悪するわね。ごめんね(そう言ってもう一度ゆりの身体をしっかりと抱き締める)   (6/14 23:17:59)

月影ゆりも…ぉ…か……。(吐息混じりに名前を呼んだが、かすれたような声しか出なかった)ひぅ。(指が出入りしていることにようやく気づくと、かすれた声が甲高くなり、また静まり、また甲高く……)はあ、はあ……。んん。(なんとか、ももかの声に応えようと身体を寄せる仕草をした)   (6/14 23:12:32)

来海ももかあは、ゆりぃ……(ごろごろと猫がじゃれるような頬ずり。ゆりの優しい抱擁でぬくもりが増すような感覚が湧いてくる。ゆりに包まれる感覚。濡れた右手中指の指先が少しずつゆりの膣内へ出入りする度に第一関節、第二関節と少しずつ深く進んでゆく)…ゆり、もっとぎゅぅ…ってできる?   (6/14 23:06:36)

月影ゆりあ……。(息を吐くようにキスを受け、瞼がまた落ちかける。そんな中、力が抜けていた腕が少しだけ動き、ももかをこちらからも包むように回された)っあ……ぁあ……う。(好い。気持ちよさに艶声が出る。愛撫が続けば続くほど、吐息には色が混じっていく)   (6/14 23:00:26)

来海ももか……(優しく微笑むと、言葉ではなくまた小さなキスで話を続ける。キスを一つしては表情を窺い、指の動きを操る)……ン…(はっきりとした言葉を返せないゆりの反応にもキスで応え、ゆっくりとしたペースで好い場所を愛撫し続ける)   (6/14 22:55:05)

月影ゆり!(引き寄せる力が妙に強く感じ、目が見開く。あっという間にももかの腕の中。もう逃げられない)はぁ……う……。(絶頂の余韻がまだ抜けないまま、ももかの手はそこを愛部し続ける)んん……ぅんっ。(痛みはない、けれど痺れるような、じんわりとした刺激は感じ続けている。上手く言葉に出来ず、頷いたり、吐息を漏らすだけだが)   (6/14 22:49:27)

来海ももかそう…(脚を広げるゆりの腰を引き寄せながら自分も姿勢をより密着するように正す。開かれた秘所にまで手の平を伸ばし、まだ濡れそぼったままのそこをゆっくり撫でる)…平気?じんじんしない?(絶頂したばかりのゆりの身体を気遣う、先ほどまでとは少し違う優しい声色。左手は急に沸騰してしまわないようゆりの頭を撫で続ける)   (6/14 22:45:04)

月影ゆりっあ……。(キスを返された。それだけで少し艶っぽい声が上がってしまった)んん…………っ。(背中を辿るぞわぞわとした感覚。肌が泡立つと同時にゆっくり脚を広げた)……こう……?(頬が紅くなり、目尻が下がった表情のまま)   (6/14 22:39:37)

来海ももかン………んぅ…(ゆりの唇の感触を覚えると、またそれに応えるように耳に水音交じりのキスを)…ちゅっ(右手の中指がゆりのお尻の谷間に触れると、それに沿って手の平で上下に大きく愛撫を始める)…脚、広げて?(小さな声で『お願い』する。すでに自分の膝の上にまたがっていてゆりの脚は開かれているけれど、右腕で腰を寄せるように、より密着しようとする)   (6/14 22:35:37)

月影ゆり(素直な言葉に照れを感じながら、ももかに抱かれるがままになる。こめかみにキスをされると、両腕の力もだらりと抜く)最後まで、したいもの。(こちらも少しだけ素直になる。ももかの右手の指先が触れる箇所に、僅かな熱が宿った)ぁ……ん。(身体をさらに擦り寄せると、ももかの鎖骨辺りにそっとキスを落とす)   (6/14 22:29:24)

来海ももか(左腕を背中からゆりの頭に登らせて、汗ばんだ肌に張り付いた髪を梳きながらその頭を撫でる)ん…ちょっと意地悪すぎたかしら、って思ったけど………ちゃんと最後までしてくれるんだから、(こめかみに小さくキスして)好きよ…(右手の指が太ももからお尻まで奏であげて肌の上を踊る)   (6/14 22:21:43)

月影ゆり……?(鼻先で呼吸してるのか、それとも笑ってるのかよく分からず、瞬きを繰り返す。ももかは楽しそうに指で遊んでおり、まだまだ余裕の様子)意地悪、ね……。(荒い呼吸を少しずつ元に戻しながら……)っん。(それでも、膝を刺激されて耳元で囁かれるだけで、また動悸が強まる。首だけを倒し、彼女の首筋に顔を埋めるように)……んん   (6/14 22:16:28)

来海ももか……ふふぅ…(自分の膝の上にまたがるまだ息を荒げているゆりを鼻先で愛撫するような距離でうっとりと眺める。ゆりの膝に右手を添えてピアノを奏でるような指のあそび)…かわいい。やっぱり恥ずかしがらせたくなっちゃう(左腕でくたくたなゆりの身体を優しく支えて耳元でそう囁く)   (6/14 22:10:59)

月影ゆり【はい、お願いします……!】   (6/14 22:04:52)

来海ももか【了解です!では私から参りますね。今夜もよろしくお願いします】   (6/14 22:03:11)

月影ゆり【このままいちゃつく感じで行きましょうか】   (6/14 22:02:23)

来海ももか【ということで前回の続きで同じ姿勢のまましますか?ベッドに移動?】   (6/14 22:01:22)

月影ゆり【お邪魔してます。お待たせしました】   (6/14 22:00:23)

来海ももか【ゆりさんこんばんは。おじゃまします】   (6/14 22:00:20)

おしらせ来海ももか ◆GO1/MARINEさん(124.100.***.7)が入室しました♪  (6/14 21:59:42)

月影ゆり【お邪魔します】   (6/14 21:58:01)

おしらせ月影ゆりさん(Android 115.163.***.156)が入室しました♪  (6/14 21:57:50)

おしらせ月影ゆりさん(Android 115.163.***.156)が退室しました。  (6/14 18:53:49)

月影ゆり【もも姉さんへ。本日は22時に参ります。まったりいちゃつきましょう】   (6/14 18:53:46)

おしらせ月影ゆりさん(Android 115.163.***.156)が入室しました♪  (6/14 18:53:07)

おしらせ来海ももか ◆GO1/MARINEさん(124.100.***.7)が退室しました。  (6/7 18:06:02)

おしらせ月影ゆりさん(Android 115.163.***.156)が退室しました。  (6/7 18:06:00)

おしらせlizaさん(5.18.***.215)が退室しました。  (6/7 18:05:43)

lizahttp://isexy.club/id315.jpg nick:lizasexy url: http://isexy.club/   (6/7 18:05:34)

来海ももか【また来週まで健やかに(ぎゅぅ)】   (6/7 18:05:32)

おしらせlizaさん(5.18.***.215)が入室しました♪  (6/7 18:05:19)

月影ゆり【こちらこそです。それでは、また来週に……(ぎゅー)】   (6/7 18:05:15)

来海ももか【おつかれさまですぎゅうぎゅう。タイミングよく入れてこうして少しお話できてよかったです】   (6/7 18:04:33)

月影ゆり【ありがとうございます!最近のごたごたでやたら予定が変更になってましたがよーーーーーーーーやく固まりそうです……!】   (6/7 18:03:57)

来海ももか【こんばんは!了解です。また14日にお待ちしますね!】   (6/7 18:03:17)

月影ゆり【基本的に2週めと4週めが可能……という形になりそうです。遅れて申し訳ないです……】   (6/7 18:03:01)

おしらせ来海ももか ◆GO1/MARINEさん(124.100.***.7)が入室しました♪  (6/7 18:02:53)

月影ゆり【もも姉さんへ。予定ですが今週は少し難しそうです。14日と21日は可能だと思います】   (6/7 18:02:03)

おしらせ月影ゆりさん(Android 115.163.***.156)が入室しました♪  (6/7 17:59:21)

おしらせ来海ももか ◆GO1/MARINEさん(124.100.***.7)が退室しました。  (5/25 00:05:41)

おしらせ月影ゆりさん(Android 115.163.***.156)が退室しました。  (5/25 00:05:38)

来海ももか【(ぎゅ~~~)】   (5/25 00:04:56)

月影ゆり【一方つぼえりも大胆なことに。遅くまでありがとうございました!(ぎゅー)】   (5/25 00:04:42)

来海ももか【やりのがしたつぼえりはまたおいおい。本日もおつかれさまでした。追いオナニーしておやすみなさいませ】   (5/25 00:03:54)

月影ゆり【また三回くらい跨ぎそうな濡れ場ですね!了解です】   (5/25 00:02:40)

来海ももか【どうしましょう!しましょうか!濡れた肌を重ねてちゅっちゅしましょう!】   (5/25 00:01:58)

月影ゆり【次回続きやりますか】   (5/25 00:01:07)

来海ももか【ごちそうさまでした!このまま対面座位でちゅっちゅすると思います】   (5/25 00:00:42)

月影ゆり【なんだか続きを匂わせるような〆になっちゃいました。時間です……!】   (5/25 00:00:04)

月影ゆり………っ……!(がくりと膝から力が抜け、ももかの肌に飛び込んでしまった)……恥ずかしいわ、やっぱり……。(そうは言うけれど、を略してそう呟く。幸せそうに微笑まれると、それでも何も言えないが)……も…もう……。(またも抱き寄せられ、胸元の雫が落ちるのを見るとまたまた目が泳ぎ、顔が赤くなってしまった)……まだ終わらなさそうね……?(今夜も長い夜になりそうだ)   (5/24 23:59:28)

来海ももか……はぁ……、んく。………よく我慢できました(ゆりの両手を取ると腕を添えて、今にも崩れ落ちそうな絶頂したゆりの身体を膝の上に受け止める)…すっごく興奮しちゃった。ほんとゆりって大好き(口元を淫らに濡らしたまま幸せそうに微笑む。濡れたままの胸元にゆりの身体を抱き寄せると、谷間に押し寄せた雫がつーっと零れ落ちてゆく)   (5/24 23:51:55)

月影ゆり(目線を下に向けると、案の定淫らに濡れたももかの顔。カリスマモデルのこんな表情を自分で独り占めしている……等とついつい頭の片隅で考えてしまい、頬を染め上げる)……はあ……はあ………。(噴き出したものでみるみるうちに濡れていくももかとシャツ。綺麗な胸元。ここまで綺麗で、かつ妖艶なももかは、ここでしか、しかもこの短い時間でしか見れない。……自分は今絶頂した。親友の顔をあんなにして)   (5/24 23:46:24)

来海ももかん、く…あは……(ジワリと舌先に水気を感じると、舌を添えたまま口を開けてゆりのお潮を受け止める姿勢。といっても、口元からお潮が零れるのもいとわず、うっとりとゆりの羞恥の表情を見上げる。シャツにぱたぱたと先ほどとはまた違った水音がしたたり落ち、胸元には透明な線が幾筋も描かれて薄暗い中に灯りを反射する)   (5/24 23:39:23)

月影ゆりひぅっ……んん…っああ……。っ……うう……。(混ざった蜜がぽたぽたと落ちる度、その音までも自分を刺激しているように感じ、声が漏れ、脚のバランスが崩れ、また立て直すを繰り返した。そしてスパートが掛かったのが解ると)……!(栓から漏れた。そう思わざるを得ないような、明らかな『水気』が、秘部から感じた。……ああ、今私、ももかの顔を汚してるかも……)   (5/24 23:33:51)

来海ももかれゅ…ちぅっ……んずっ………(ついばんでは舐め、ついばんでは舐め…。自分の唾液かゆりの愛液か、2つの混ざった蜜が顎を伝ってはだけた胸元にぽたりぽたりと落ち始める。震えるゆりの太ももを支えるように抑えて、息遣いの荒くなっていくゆりにスパートをかけて)………んっ、ん………   (5/24 23:24:59)

月影ゆり(私が何やってもそう言うじゃない)……〜……!(目を見開く。脊髄にびくびくと刺激が迸り、陰唇の辺りは湿りから濡れに変わっていった)ふぅ……ふ……ふ……ぅ…。(噤んでいた口の間から呼吸が漏れる。そろそろ限界だった)   (5/24 23:20:41)

来海ももか……(一旦唇を離して見上げて)かわいい(そう呟いて再び口づけを始める。今度は陰核めがけて)…ちゅっ、ちゅっ……(小さな口づけではあるけれど、いじわるに強い刺激を与え始める。ゆりのその反応は『正解』だった)   (5/24 23:15:56)


更新時刻 01:39:27 | 過去ログ | ルーム管理