PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
某私立学園。ゆる~い校則に自由に入れる温泉。
カップル(同性、異性)の為に用意した貸切風呂。 屋外には露天風呂もあります。

仲良しカップル、エッチな出会いを求めて来る人など色々な目的で色々な人が、この貸切風呂を訪れる。

*二人用のお風呂です。三人目のご入室はご遠慮ください。
 但し、あらかじめ合意の上での同伴は可とします。

*同伴、待ち合わせの他、待機も可能です。

*24時間ご利用いただけます。生徒のみならず、教師や学校関係者ならどなたでもいらして下さい。

*雑ロル、エロルにご利用下さい。短・中文推奨。PLは【】ロルは()付きの描写必須にてお願い致します。

*レイププレイも可ですが、あくまでロルの範疇で。相手PLが本当に嫌がってる行為は禁止です。
どうしてもやめてくれない場合はPL発言にて拒否することを推奨します。

*学園系ですので、入室の際には「氏名(フルネーム)+性別(♂/♀)+学年or年齢」と記載して下さい。
プロフ欄には部活や容姿等簡単なプロフィールを記入して下さい。
例:佐藤 達也♂2年 175cm/黒髪短髪/野球部
  鈴木 玲子♀28 158cm/85-60-82/D/栗髪ゆるふわウェーブ/養護教諭
 [×消]
おしらせ霧矢 誠人♂2年さん(iPhone au)が退室しました。  (5/21 21:58:10)

霧矢 誠人♂2年【こんばんは】   (5/21 21:49:14)

おしらせ霧矢 誠人♂2年さん(iPhone au)が入室しました♪  (5/21 21:49:07)

おしらせ霧矢 誠人♂2年さん(iPhone au)が退室しました。  (5/21 21:49:06)

霧矢 誠人♂2年【こんばんは】   (5/21 21:35:01)

おしらせ霧矢 誠人♂2年さん(iPhone au)が入室しました♪  (5/21 21:34:54)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、霧矢 誠人♂2年さんが自動退室しました。  (5/21 02:14:07)

霧矢 誠人♂2年【こんばんは〜】   (5/21 01:48:45)

おしらせ霧矢 誠人♂2年さん(iPhone au)が入室しました♪  (5/21 01:48:35)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、三谷 佑磨♂2年さんが自動退室しました。  (5/20 02:12:50)

三谷 佑磨♂2年【こんばんは】   (5/20 01:51:30)

おしらせ三谷 佑磨♂2年さん(iPhone au)が入室しました♪  (5/20 01:51:22)

おしらせ福嶋 優希♂2年さん(iPhone au)が退室しました。  (5/17 01:37:02)

福嶋 優希♂2年【こんばんは。お相手してくださる方お待ちしてます】   (5/17 01:13:34)

おしらせ福嶋 優希♂2年さん(iPhone au)が入室しました♪  (5/17 01:13:11)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、塚本 直樹♂2年さんが自動退室しました。  (5/15 22:05:22)

塚本 直樹♂2年【こんばんは 待機します】   (5/15 21:44:37)

おしらせ塚本 直樹♂2年さん(iPhone 221.91.***.153)が入室しました♪  (5/15 21:44:19)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、霧野 春希♂2年さんが自動退室しました。  (5/9 00:03:04)

おしらせ霧野 春希♂2年さん(iPhone au)が入室しました♪  (5/8 23:39:19)

おしらせ霧野 春希♂2年さん(iPhone au)が退室しました。  (5/8 21:48:22)

霧野 春希♂2年【こんばんは。お相手してくださる方お待ちしております】   (5/8 21:28:32)

おしらせ霧野 春希♂2年さん(iPhone au)が入室しました♪  (5/8 21:28:06)

おしらせ霧野 春希♂2年さん(iPhone au)が退室しました。  (5/8 21:27:54)

霧野 春希♂2年【こんばんは】   (5/8 21:19:36)

おしらせ霧野 春希♂2年さん(iPhone au)が入室しました♪  (5/8 21:19:28)

おしらせ矢神 修♂2年さん(Android docomo spモード)が退室しました。  (5/6 02:27:21)

矢神 修♂2年【眠ってしまわれたかな…ご無理はなさらないで下さいね。今日もお相手感謝でした】   (5/6 02:26:55)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、佐山 春乃♀2年さんが自動退室しました。  (5/6 02:25:03)

矢神 修♂2年好きな女の子にはマーキングしたくなるものなんだよな…(頭を小突かれて、へへ…と軽く悪戯な笑みを浮かべて。春乃の手が顔に移ったのを良いことに、タオルをはだけさせ、取ってしまえば。上を向く乳首に口を近付けて…)……ん、る…(今度は舌でぬろ、ぬろと乳首を転がしていく。小粒な可愛い乳首を舌の先で弾けば、ぷる、ぷると可愛らしく動いて。手は春乃のへその下…下腹部を円を描くようにさわ、さわ…撫でながら…股下へゆっくりと降りていき)   (5/6 02:09:41)

矢神 修♂2年【ああ、いえいえ!こちらこそ亀さんだしテンポ悪いしで申し訳ないです。全然気にしてないので、自分のペースで書いて下さいね】   (5/6 02:05:05)

佐山 春乃♀2年【レス遅くてすみません。 時間大丈夫でしょうか? 次からはもう少し早く打ちますね。】   (5/6 02:03:45)

佐山 春乃♀2年っ……でも……(まだもしかしたら止めてくれるかもしれないという希望がまだあるかもしれないと思っている為、まだ懲りていないようで。そして、唇が離れ、頬を紅潮させ、目は潤んでしまったのを恥ずかしく思い片手で顔を隠して。そうしていると、首筋にチクッとした感覚が走り目を開けると意地悪をした後のような表情がで見てくる彼に1発ぺしと頭を叩いて)ひゃっ…ぁ……ん…キスマなんてだめだよ……   (5/6 02:01:51)

矢神 修♂2年……ぷは…抗ってもやめないことは…もう…学習してるんじゃない。ん、るぅー…(春乃の首筋に、く、ちゅ…舌を這わせれば、耳の舌から、顎の下にかけてつうー…と這わせて舐めあげていく。かぷ、と咥えこんでしまえば、そのままちゅううううっ…、吸い上げて赤い痣を作り)……キスマ、な(囁けば、指は乳輪の中心にある乳首をきゅ、とつまみ上げてくり、くりくり…転がしていく)   (5/6 01:55:11)

佐山 春乃♀2年ん……っ……んん……(止まることも無く、逆にヒートアップして行っているのではないかと感じつつ少し力を出して、肩をポンポンと叩く。キスとお風呂の暑さが重なるのは怖いものだ…と感じて)…っ…やだ………ん…っ…ひゃ……(手探りで隙間を見つけられてしまい、焦らすように撫でられ、小さく身体を震わせながら、目を開き、少し潤んだ目で彼を見つめて)   (5/6 01:50:49)

矢神 修♂2年ん、るる……ちゅく…じゅる(舌を絡めると、驚くほど春乃の力が抜けていく。力無く握られる肩の感触すら心地良い。このまま止まることもなく、唾液をとろ…と春乃の口内へ垂らし流し込みながら)………ん、んん…(手探りでタオルの隙間を見付ければ、そこから中へ入り込ませていく。つう…と指先が胸の膨らみへ昇り、乳輪に反ってくる、くる…となぞるようになで上げて)   (5/6 01:44:23)

佐山 春乃♀2年…っ……ん…っん……(求められるように何度も唇が重なり、舌が絡めば力が抜けてしまう…と思うが、それも彼に言えずに、押し倒されてから力が抜けてしまって脱力する。それからは、彼の肩を軽く握って押しては離してもらおうと)…っ…ん…や、だめ……(そして、手が既にタオルの元へ来ていることには気づかず、はだけさせられれば、慌ててタオルを持ち上げて肌を隠して)   (5/6 01:37:23)

矢神 修♂2年ん、ちゅ、るっ…(昨日散々味わった春乃の口内。その味を再び求めるかのように、ぐちゅ、ぐちゅ…舌に舌を当てて、舐めあげていく。押し倒そうとする力と抗う力、ずり、ずり…と湯船の縁まで春乃の身体を押してしまえば、そのまま…湯船の外のマットの上へ押し倒してしまおうとして。手は既に春乃の身体を隠すタオルへ。解いてはだけさせ、肌が覗く形にしてしまい)   (5/6 01:26:22)

佐山 春乃♀2年……なんでそうなるんですか……っ…や、待ってください…んっ……(彼の言葉に首を傾げ、一体この人は何を言っているんだろうかと思い。そして、また昨日と同じような言葉をかけられ強引に抱きしめられ、また唇を奪われてしまう。思春期の男の子はこんなにも力が強いのかだとか、欲望に真っ直ぐだなだとか考えつつも、どうやったらこの人を抑えられるのかも考えていて。割と直ぐに舌までもを絡められるとお湯の暑さと、身体が火照ってくる暑さで視界がふわふわとしたものになりつつ、後ろは湯のため、押し倒すようにされれば慌ててそれを阻止してまた同じ体勢に戻ろうと)   (5/6 01:21:40)

矢神 修♂2年………そうか。つまり、春乃が怖いって思わなくなればいいってことだよな。(どちらかと言うとでもなんでいい。好き、という気持ちを貰えればそれで十分なのだから。うず、うず…と湧き上がる衝動は止められる筈もなくて。)…逃がさないぞ?(離れる春乃を再び、少し強引に抱き寄せる。今度は優しさよりも、欲望が上位になる行動。ここからどこにも行かせない、と束縛するように)……ん、る…(体重を預けるようにじっくりと押し倒すようにしながら、春乃の唇を奪う。強めに当てられた唇は、また春乃の口の中へ入り込んでいき、口内を舐め回していく。柔らかい感触…春乃の舌を見付ければ、舌先をくちゅり、と押し当てて唾液の味を感じさせ)   (5/6 01:13:52)

佐山 春乃♀2年……っ……私はどちらかと言うと…すき……ですけど…でも、これはどちらかと言うと…ですから……あと、昨日みたいになっちゃうのちょっと怖いのでやめてください…(帰ってきた返事はどちらにしても止めないと言うようなもの。それじゃ困るのだが…と思いながらもどうにか説得すれば大丈夫か…と安易に考えていて。そして、抱き寄せられ、そのまま抱き返すことも無く、抱きしめられるままの体制で此方の気持ちを素直に伝え、ゆっくりと離れては俯いて)   (5/6 01:06:50)

矢神 修♂2年…おっ…と。…そうだな。言わなかったら、続ける。ここで言ったら……もっと火が付いてしまう、かな。(彼女への問いにくすり、と微笑み混じりに答える。一度火が付いてしまった心は簡単には消えない。唇を離されてしまったのなら、今度は春乃の肩を抱いて、ぐいっ。こちらへ抱き寄せる。きっと、春乃がいくら細やかな抵抗をしても、こうやって何度も求めてしまうだろう。春乃の顔が己の首筋に当たってしまう形に、ぎゅうっ…と。心配そうな気持ちがあるのなら、それも全て受け止めて許容してやる。それを伝えるように)   (5/6 01:01:57)

佐山 春乃♀2年……え……っ……ん……(堪忍してくれたか…と少し思っていたもののそれは逆に彼を煽ったのか違う発想にさせてしまったのか…まぁどちらでもないようだが、不意に顎を掴んで、其方に向けられれば唇が重なる。昨日と同じような状況に一旦無理矢理唇を離して)……っ…な、何するんですか………言ったら…止めてくれるんですか……(また昨日のようにおかしくなり、それを見られるのが恥ずかしく、おかしくなるのが少し怖い。その為、ちらっと心配そうに彼を見てみて)   (5/6 00:55:59)

矢神 修♂2年そう…か。…じゃ、無理矢理聞き出すまで、だな。ほら、顔…こっちに向けな?(軽く顔を離せば、片手は繋いだまま、もう片方の手は春乃の顎を掴み、ぐい、とこちらへ向けさせて…)……ん(唇を奪う。先日のように、やはり強引な行為。しかし、我慢できない物は仕方ない。行為の中で春乃の感情を昂ぶらせ、本当の気持ちを吐き出させてやる、と。ぐ、に…と軽く唇を押し込むキス。二人きりの浴室に、ちゃぷん…と水音一つ)   (5/6 00:46:13)

佐山 春乃♀2年ち、近いです……(手を握られ、額をくっつけられ、自分には似合わないとても甘い空間。体感したことの無いむずがゆくて、恥ずかしくてそんな空間に今すぐどこかに隠れたくなる。それに、この人には振り回されてばっかりでいつも、想像とは違うことを言われる…等と考え)っ………言いません………   (5/6 00:41:31)

矢神 修♂2年好きな人からどう思われてるか知りたいのは当たり前の感情だろう?…ねぇ、春乃はどう思ってるんだ…?(笑みが消え頬を真っ赤に染めて…どこか動揺している様子の春乃。…やはり、照れている時が可愛いな。そう感じながら、片手で春乃の手を取り、きゅ…。そっと握る。言ってくれないなら、と。更に顔を近付け、額同士をこつん、と当てて)……俺は、お前が。……好き(吐息を当てるように、もう一度自分の気持ちを囁き)   (5/6 00:33:57)

佐山 春乃♀2年……は………?(想像とは全く違った返答が帰ってくれば先程までの表情が消え、ポカーンとしてしまって。てっきり、女の子なら誰でも構わない。なんて、此方の言葉を否定されると思っていた。そんな感じだと思っていた人に好きな人以外とは行為はしないという言葉を聞いて余計に混乱する。どうにかして早く頭の整理をしないと…と思っていると、距離を詰められ、後ろに手を付いて後退りしては、額が触れそうな距離まで近づかれ)な……なんでそんなこと…言わないと……(また近い距離で見られると少しの間は目を離せなかったが慣れたのかぱっと目を逸らし、また頬をほんのりと赤く染めてちいさな声でそう言って)   (5/6 00:28:40)

矢神 修♂2年…ぉ、分かってくれたんだぁ。その通り、俺は好きなんだよ。好きなやつなんていないって、昨日言っただろう?昨日の事で、俺の中で春乃が一番になった(あっけらかんと返答する表情は嬉しそうなもの。)好きでもない相手とはえっちなんかしないからな、俺は。それを昨日伝えたつもりだったんだけど。春乃のさ、そういう表情すげー可愛いんだもん(笑いながらもどこか照れて頬を染める春乃の表情を幸せそうに見つめる。目を合わせたまま、ちゃぷ…と水音を立てながら二人の距離を詰めて)……春乃は、俺の事どう思うの?好き、嫌い。どっちかと言うと…どっち?(髪が触れ合ってしまう程近い距離で、春乃を見下ろす。もう少し頭を近付ければ、額同士がこつんと触れ合ってしまう。そんな距離)   (5/6 00:18:47)

佐山 春乃♀2年……そりゃ…(待ってって言っても待ってくれなかったし、何度もキスはされるし…慣れていない此方からしてみれば、刺激が強いものだった。慣れている其方は気にしていないようだけど…と、この学園のありがちだと聞くことに少しだけため息を吐いて)っ……何するんですか… …こんなんだったら、矢神さんが私を好きって言ってるようなものですよ…?(不意討ちで頬にキスをされ、その場所を慌てて抑えながらちらっと彼を見る。少しだけ頬を赤く染めるが、珍しくくすと笑い、少し意地悪に自惚れているような感じでそう聞いてみて)   (5/6 00:12:24)

矢神 修♂2年あ、やっぱり怒ってる?(あちゃー、といった顔をすれば。まあ当たり前だよな、とも思い。まあ、もっとも。春乃の方からキスをしていた事も忘れてはいない。少なくとも、多少は春乃自身も俺の事を求めていたと分かれば、まだ自信も持てる)……やっぱり、分かってもらえないかぁ…。(正面を向く春乃の横顔を見ながらんー…と少しだけ考えれば)……ん(不意打ち気味に顔を寄せ、その頬に唇を当ててしまい)……これでも?(にしし、といたずらな笑みを向けて)   (5/6 00:04:08)

佐山 春乃♀2年……でも、昨日のは許さないですけど……(笑いながら話す彼の心の内が少し分かったような気がして、拗ねたように顔をそっぽに向けつつそんな言葉を言い放ってみて。そりゃ、昨日は半ば無理矢理…しかし、此方も求めてしまっていたのも嘘ではなくて…。)…そんな訳ないじゃないですか……。自分で自分の事を可愛いなんて言う女の子がどこにいるんですか… なんて、こんな事を言っちゃったら自分で思ってるように思われますが……違いますからね…(昨日と同じような言葉を言う彼を少し呆れたような目で見つつ、説得するような言葉をぽんぽんとならべて話して。それからは、また正面を向いて)   (5/5 23:56:51)

矢神 修♂2年ふうーん、春乃はもう友達って思ってくれてるのか。そりゃよかった…(くく、と笑いながら春乃へ視線を向ける。以前は半分犯してしまったようなものだったから。嫌われたらどうしようかとも思ったが、どうやら杞憂だったようだ)……それで、少しは自覚できたか?俺が春乃の事可愛いって思ってる…って(先日の話の続き。行為で己の感情を示したつもりだったが、それは春乃にちゃんと伝わったのだろうか。本当に可愛いと思っているので、少しはそれを自覚してくれているとありがたいのだが。……まだ分かっていないようなら、その時はまた…なんて、心の底で考えたりもしながら)   (5/5 23:50:05)

佐山 春乃♀2年いえ、そんな事ないのでどうぞ……(少し気を遣われているのか、その言葉を否定して気を遣わないようにと思って言葉を吐き、隣に座られると少し近いと感じたからか相手に気づかれないように離れて。と言っても、凄いだが)…少なくとも知らない人からお友達へとは変化しましたかね…… あ、はい…先程まで、同じ生徒会の方がいましたが…(昨日会ったばかりだが偶然の出会いで知り合いが増えるなんて思っても見なかった事なので、少しだけ嬉しそうで)   (5/5 23:45:14)

矢神 修♂2年…邪魔したらごめんな。でも、許可してくれるなら遠慮なく(隠しているのか、あまり気にしていないのか。自分と顔を合わせても動揺しているようには見えない春乃の様子に少し安堵すれば、身体を軽く湯で濡らし…ちゃぷん、と浸かる。春乃の隣、肩がぎりぎり触れ合わない位置に腰掛ける。自分にとっては普通の距離だが、春乃にとっては近いと感じてしまうかもしれない。)……なんか、GWで春乃と少し仲良くなれた気がして嬉しいな。…今は、一人でここに来たのか?(空を一度見上げれば、春乃の横顔へ視線を向け何気なく尋ね)   (5/5 23:34:29)

佐山 春乃♀2年………(お湯に浸かっているところは温かく、逆に浸かっていない所は少しだけ吹いている風にあたり、体温がいい感じに調節されている。心地いい…そう感じもう少し一人きりの時間を楽しもうか…と考えていれば露天風呂の扉が開き、昨日保健室であった知り合いが。顔を見た瞬間昨日の事がフラッシュバックし、狼狽えるも何も無かったかのように話しかけてくる彼に慣れている人はこうなのか…と思い、どうにか誤魔化しつつ)…あ、こんばんは… はい、どうぞ…(いつものように敬語で)   (5/5 23:28:41)

矢神 修♂2年……ふぅ(眠れなくて何となく訪れた二人用の風呂場。どうせ誰もいないだろうし、一人でゆっくり入れると思って脱衣場に来れば)あれ、珍しい。先客ありか。…んー…(引き返すか少し迷うが、取りあえず入ってみて、断られたら帰ればいいと。決心すれば服を脱ぎ、腰にタオルを巻いて浴室へ)……あれ、春乃だったか。最近、よく会うな。…一緒、していいか?(露天風呂の扉を開けば、見知った顔を見つけて声をかける。一度保健室で一線を越えてしまった仲だが、それはそれ、これはこれ。二人風呂に入ってもいいか、と尋ね)   (5/5 23:22:24)

佐山 春乃♀2年【はい、お願いします。】   (5/5 23:21:40)

矢神 修♂2年【あ、それなら良かったです…。では、続けさせてもらいますね】   (5/5 23:18:10)

佐山 春乃♀2年【こんばんは。 先日は寝落ちしてしまい申し訳ありません。 はい、構いませんよ。】   (5/5 23:14:37)

佐山 春乃♀2年っ………ふぅ……(先程の生徒会の彼は用事が出来たと言って先に出て行った。咳払いを1度して気持ちを落ち着かせ、タオルをもう一度巻き直せば再び湯に浸かるが暑くなったのか扉を開けて1度露天風呂へ。慣れないこと、それに加えて行為となると余計に身体が火照ってしまい冷めるのも少し次官がかかりそうで…数分縁に座って体を冷ましてからまた湯に浸かってみる)   (5/5 23:13:09)

矢神 修♂2年【こんにちは、昨日はどうもでした。お邪魔してしまってもよろしかったでしょうか?】   (5/5 23:11:59)

おしらせ矢神 修♂2年さん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (5/5 23:11:25)

佐山 春乃♀2年【部屋上げです。】   (5/5 23:09:54)

おしらせ佐山 春乃♀2年さん(iPhone au)が入室しました♪  (5/5 23:09:33)

おしらせ佐山 春乃♀2年さん(iPhone au)が退室しました。  (5/5 23:09:24)

佐山 春乃♀2年【お疲れ様でした。レスが遅く申し訳ないです。】   (5/5 23:09:07)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、塚本 直樹♂2年さんが自動退室しました。  (5/5 23:08:07)

佐山 春乃♀2年ちょっと…待ってください……(少し手を引くも諦める気のない彼にどうしようかと思っていれば、そのうちにタオルをゆっくり取ろうとする相手の手を阻止してタオルを握って上にあげて)……あんまりした事ないのでそんな事ないです……っ…ん…やだ……やめてください……(その間に手を入れられ、胸まで触られ敏感な所を触られれば身体を震わせてしまいながらその触っている手も阻止しようと手を払いのけようと)   (5/5 22:55:17)

塚本 直樹♂2年おやおや…あんまり慣れてなかったかな??(軽く触れただけでもピクピクと反応をする彼女を可愛いと思って…彼女の巻いてるタオルをゆっくりと取り始めて…)春乃ちゃん…エッチとかは好きかな??(耳元で軽く息を吹きながらも…軽く胸を触りつつ…彼女の乳首をコリコリとさせながら触るのであった。)   (5/5 22:47:37)

佐山 春乃♀2年……ん……(彼の言葉に頷き、言葉のままに息を吸っては吐いて、リラックスするような言葉をかけれれば肩の力も抜けてきて。しかし、マッサージで肌に触れられるのは慣れなかったのか少し手を払って)…ごめなさい、触れられるのは慣れてなくて…… あ、はい……ありますけど……(頭を撫でられ、今度は不思議そうに見つめ、また頷いては)   (5/5 22:43:46)

塚本 直樹♂2年(少しは嬉しそうな顔とか取り戻した彼女だったようなので…ひと安心をして)あんまり…明日のことを考えれば考えるほどきつくなるから…今日はゆっくりしよ?(彼女の背後に回って…肩の力をゆっくりと抜いて…息を吸って吐いて…みたいな感じの言い方で彼女には優しい言葉をかけながら…日頃疲れてるんだろうと思ってるので身体を軽くマッサージするのである)そう言えば…今夜は少し時間とかあるのかな??(彼女の頭を撫でながら時間とかあるのかな?あるのであれば…こんな時間帯なのでと思って誘う。)   (5/5 22:36:23)

佐山 春乃♀2年ありがとうございます……(彼の言葉に副会長も大変だろうに…と思いながら少し嬉しそうな表情を浮かべては。それからは、何を話すべきかと考えながら縁に腕を置いてリラックスして)ですね……あまり散らかってないといいんですけど…(そう言いながらも頭に浮かんでいるのはとりあえず運んできていて、何も考えずに物が置かれている風景しか浮かばなくて眉を下げて)   (5/5 22:31:03)

塚本 直樹♂2年まぁ…無理しないでいいからね〜 多少なことは手伝うからさ…(どうやら彼女は少し諦めのような目をしてるようなので…あらあらと思いながら。慣れないもんな〜とか軽く解釈をし、自分が積極的にフォローするよと伝えて)ん?まぁ…早く終わればいいんだけどなぁ…(軽く湯船のお湯を手ですくっては肩にかけて…ゆっくりと湯船に浸かるのである。)   (5/5 22:26:28)

佐山 春乃♀2年ですね…せっかくのお休みなのに……(横に座るのはあまり気にせず生徒会での話をされれば小さく頷き、少し遠くを見て諦めの目をしながら話して。生徒会は2年目にはなるが中々仕事も慣れず、相変わらずやる事も多い。この学園だからもあるだろうが。)なるほど…なるべく早めの方が良さそうですね…(要件を話されると少しの間考えてからまた頷いて)   (5/5 22:23:30)

塚本 直樹♂2年(暫くして…彼女は気がついて軽く手を振ってきたので自分も答えるように手を軽く振って彼女の横へと座って)いや…今日も流石に疲れましたなぁ…(今日は特に議案書の作成や企画とかの会議があってからの大変だったようなので本当疲れたなと思って言って)そそ、さっきね…会長から電話があったんやけどね〜 生徒会室の隣のところの物置部屋片付けてほしいってさ…(そう言えば…先程のことを彼女に会長からの電話があったので要件を話して。)   (5/5 22:15:43)

佐山 春乃♀2年(やはり、お風呂のお湯の温度も落ち着くと小さく息を吐き少し目を閉じてのんびりとしていれば誰かが入ってきた音。どうやら、脱衣所にあった服の招待は同じ生徒会の彼だったようで軽く手を振りながら)…あ、塚本さんお疲れ様です…(どうやら、慣れていようが無かろうが女友達以外は皆敬語らしく自分自身はあまり気にしていないよう。)   (5/5 22:12:26)

塚本 直樹♂2年(先程まで居たのだが…急遽 携帯の電話が鳴ったので脱衣所に戻って…要件を済ませて もう一度 入り直そうと…腰にタオルを巻いていくのであった)明日だるいな…(要件は会長からだったので…軽く頭をぽりぽりとしながらも…中へと入る)おや?春乃ちゃん…お疲れ様〜(貸切状態だと思って…湯船のところに行くと どうやら同い年の生徒会のメンバーの人に会ったので声をかけて…ゆっくりと湯船に浸かり始める)   (5/5 22:04:11)

佐山 春乃♀2年【こんばんは。】   (5/5 22:01:01)

佐山 春乃♀2年(今日も1日が終わり、1度寮に戻り服等を持って、今日は貸切の浴場へ。以前は人で賑わっていた浴場へ行ったのだが今日は落ち着きたい気分なのか此方を選んで。そして、服を脱ぎさっさとタオルを巻けば浴場内へ。想像通り先客も居らず貸切状態。少しだけ丁寧に体や髪を洗い、再びタオルを巻いては湯に浸かって)……はぁ……   (5/5 22:00:52)

塚本 直樹♂2年【こんばんは】   (5/5 21:53:15)


更新時刻 03:42:57 | 過去ログ | ルーム管理