PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
ルールが緩やかな、即ハメ中出し部屋です。

入室自由なワンルームマンションには、綺麗なベッドがメイキングされています。是非濃厚な交尾でどろどろになりながら、盛り上がって下さい。入り口で着衣のままいきなり押し倒すもよし。窓から外に見えるようにハメまくるもよし。ベッドサイドにはおもちゃやソフトSMの道具、クローゼットにはコスプレ衣装も多数揃えております。但し避妊具はありませんw

【入室時】
・男性 名前♂番号(or年齢) プロフ(各種特徴)
・女性 名前♀年齢(or番号) プロフ(各種特徴)
※名前やプロフは任意

【ルールについて】
・複数乱交も可能ですが、通常は2名で。既に部屋にいらっしゃる方の同意を得てください。
・基本は即ハメ中出しですが、雑談もおっけーです。雑談の流れからエロくなっていってください。盛り上がるために色々愛撫もお試し下さい。お互いに雰囲気作りの描写を、しっかりしてあげてください。
・一度だけじゃ昂った気持ちが収まらないようでしたら、そのまま続けてください。
・熱い時間を過ごした後の持ち出し持ち帰り可です。
・荒らしは遠慮なく追い出して下さい。
・合わないな…と思ったら無言落ちもやむ無しです。
・ここで仲良くなった方の逢瀬の場としてもご利用可能です。

【禁止行為】
・入室後即室外へ誘い出す行為
・豆文、短文、擬音のみ
・ガラケーからのアクセス
・多窓
・汚いプレイ、暴力プレイ
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、直哉♂027さんが自動退室しました。  (9/22 08:47:09)

直哉♂027【おはようございます…☆ 久々ですが…♡   (9/22 08:27:00)

おしらせ直哉♂027さん(221.248.***.85)が入室しました♪  (9/22 08:19:05)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、直哉♂027さんが自動退室しました。  (9/21 00:03:04)

おしらせ直哉♂027さん(221.248.***.85)が入室しました♪  (9/20 23:42:51)

おしらせ修一♂42さん(180.15.***.90)が退室しました。  (9/20 23:08:46)

修一♂42(仕事帰り、先日お邪魔したマンションの一室、「交尾部屋」に足を運ぶ。前には美しく淫らな女生徒の邂逅があり、淫らな時間を愉しみ、何度となく絶頂に達しては深い快楽を味わい、注ぎ込んだのだった。…おそらく今日も、同じような淫らな時間を過ごせるだろう。同じ人なのか、違う人なのかはわからないが。…背広の上着を脱いで手近なハンガーへとかけ、ネクタイを緩めると誰か女性が訪れるのを待ちわびて)   (9/20 22:12:18)

修一♂42【こんばんは。お邪魔します。】   (9/20 22:12:05)

おしらせ修一♂42さん(180.15.***.90)が入室しました♪  (9/20 22:11:46)

おしらせ月白♀28さん(Android SoftBank openmobile)が退室しました。  (9/20 14:46:11)

月白♀28【待機じゃなくてだいたい後入りだからこういうロルでいいのかすらわからないけど。もう少しさっくりが良かったかなー。うーん、お部屋ありがとうございましたっ。】   (9/20 14:46:02)

月白♀28(憂鬱な雨の中、ふらふらと彷徨っていると、なんとも緩い誘い文句のお部屋が。興味を惹かれて立ちどまればドアを開けて室内を見回してみて。)……誰もいない?(それならば自由に部屋を見て回ることも出来るだろう。恐る恐る開けた筈の扉から身体を滑り込ませて。所謂そういう部屋らしい、のは大きなベッドくらいだろうか。そのまま歩き回ってはクローゼットの扉を見つけてみて。)そ、そうだよね。こういうのも揃ってるって書いてあった。(呟いて、クローゼットの中に収められたコスプレの衣装や道具を手にとってみる。)   (9/20 14:40:59)

月白♀28【こんにちはー♪雑談混じりで相性合えばー】   (9/20 14:29:22)

おしらせ月白♀28さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (9/20 14:27:53)

おしらせ直哉♂027さん(221.248.***.85)が退室しました。  (9/20 07:54:45)

おしらせ直哉♂027さん(221.248.***.85)が入室しました♪  (9/20 07:54:26)

おしらせゆうき♂21さん(SoftBank openmobile)が退室しました。  (9/19 02:03:43)

おしらせゆき♀22さん(iPhone 101.143.***.152)が退室しました。  (9/19 02:03:10)

ゆき♀22【はーい♡向かいますね♡】   (9/19 02:03:04)

ゆうき♂21【ありがとうございます♡待ち合わせに作りました♡】   (9/19 02:02:49)

ゆき♀22【良いですよ♡交尾の続きはあちらでしましょうか♡)   (9/19 02:02:20)

ゆうき♂21【1人で盛り上がってごめん!ね、もしよかったらラブル行きませんか?誘いたくて仕方ないです…!♡】   (9/19 02:01:30)

ゆうき♂21だめじゃないだろ…!♡ほら、弱いとこ…♡(あばれるゆきを抑えながらスコップのようなカリで出し入れのたびに弱いところをカリが削れる勢いでこすりながら腰を振り続ける。使い込まれたカリはそこらの男よりもはるかに硬くて長時間10分でも20分でも緩急つけてそこをこする)…ふぅー…(膣道にどっかり硬くなったちんぽが落ちてそれをずりずり引き抜くとあんなに使い込んだのにまだガチガチで)ゆき…♡(お尻の穴にキスしたあと唾液でそこを舐め回す)   (9/19 02:00:45)

ゆき♀22オ゛ぉおおおッ♡♡♡ァッぁあっ♡♡むりぃっ♡まけりゅっ♡このちんぽだめっまけちゃっァッ♡やっぁっダメだそれ以上ダメッ♡イッ♡イグッ…♡いぐいぐいぐぅ…っ♡♡イッちゃっぁ♡ぁあああっッ♡♡♡(強く強く打ち付けるピストンが開始された途端に上半身がガクンッ♡と崩れ落ち、まんこを差し出すように腰を高く上げる♡♡完全服従のポーズで今にイきそうなおまんこはちんぽの先端に何度も何度も濃厚キッスをする♡♡♡)   (9/19 01:58:19)

ゆうき♂21【本気で負けてください…♡】   (9/19 01:54:34)

ゆうき♂21(波打つくらい自分で強くお尻を打ち付けた瞬間に雄ちんぽを前へ突き出す)フッ!フッ!フッ!(腹筋や筋肉も使いゆきのなかをメタメタにし、ゆきがつかれはじめ打ち付ける力が弱くなった瞬間に高く上げられたお尻を手でがっしり掴みパン!と強めに叩いてから休んでた分を返すように激しい種付け挿入を繰り返す)ゆき、まけて…♡今だけ完全に負けて…!   (9/19 01:54:09)

ゆき♀22ンッ♡んぐっ♡ァッふぁぁっ…♡♡オッ♡…んぅう♡♡(言われるがままにばちゅん♡ぱっちゅん♡と尻を打ち付け波うたせる♡♡ずろろぉ♡と抜かれる瞬間はちんぽに名残惜しそうに吸い付き、押し込む瞬間はじゅぷぷぅっ♡といやらしい水音を響かせながら飲み込んでいく♡)   (9/19 01:52:10)

ゆうき♂21(部屋にお尻の肌がぶつかる音を響かせる。ゆうきのちんぽは普通に咥えようとしたら半分ちょっとがやっとの長さでそれが根元まで休む事なく挿入している)目がチカチカする…!(ベロを噛み、けつの穴を締めて深呼吸しながら、雌穴に持ってかれないように無理やり雄ちんぽを打ち付け続け。夢中に突くものだからゆきの豊満な胸が激しく揺すられる)自分でちんぽいれるのやば…♡ビデオ撮っとくな…♡(動きを止めスマホをかざしその風景を最高画質で収めながらちんぽが根元まで入るとき、器用に先っぽを弱いところへ当たるようにする)もっと、もっと激しく。普段おなってるみたいに激しく…!   (9/19 01:49:09)

ゆき♀22んぉおおおおっ!♡♡♡あっア゛ぁあっ♡♡ンッィギッ♡♡ごっごめんなしゃぁ♡♡オッ♡んぉおッ♡!らめっこれっ♡逆らえないっ♡ちんぽ逆らえないのぉお♡♡オ゛ッォオッ♡♡(プルプルガクガク♡♡雄ちんぽにどんどん征服されていく感覚を感じながら自分からも腰を懸命に打ち付けるように動かして♡顔はだらしなく舌を突き出し♡ぱちゅん♡ぱちゅんっ♡♡と大きなお尻が波打つ♡♡)   (9/19 01:47:01)

ゆうき♂21はぁ♡はぁ♡はぁ…♡はっ、はっ、はっ…!♡(緩急つけて先っぽから根元まで何度も打ちつけながらゆきがにげないようにお尻から腰の前まで抱き抱え。四つん這いの彼女の足とお尻が一瞬空中に浮くような激しい挿入をひたすら続ける。ギシギシいやらしい音が部屋に響き)ほら、ほらほら。2人きりだしすけべな吐息も声も我慢しないで。雌まんこ堕ちて…♡ 逃げるな!♡ほら、お尻ビタンビタンて後ろにくっつけて…!(少し強めの口調で彼女の心を無意識に雄に従わせる気持ちにさせようとし、すこしだけつよく、おなかにまわしたゆびでクリを擦り付け体に躾ける)   (9/19 01:42:33)

ゆき♀22んぉ゛ォオッ♡♡アッひぁっぁあっ♡♡♡これっこれしゅごっぉっオッ♡♡このちんぽだめっ♡ダメなやつでしゅっぅ♡んぁっぁああ♡♡!!(だらしなく雌の声を上げされるがまま♡ちんぽを奥に突きつけられると雌子宮が待ってましたとばかりに吸い付き何度も何度もむちゅっ♡じゅちゅんっ♡と子宮口とちんぽの先端がキスをしてしまう♡♡あまりの勢いに上半身が激しく揺すられ、あまりの快楽に段々と前に前に離れそうになる♡♡)   (9/19 01:40:01)

ゆうき♂21えぇ…♡部屋に入ってあなたみた瞬間にこうなっちゃいました…♡(後ろにつき雌まんこのしたにちんぽをずりずりすりつけ愛液と我慢汁を割れ目全体に塗りつけて先っぽを入り口に刺すと)んん、はぁ、はぁ、いくぞ…!(お尻に跡がつくくらい握りながら雄の力で強く引っ張り同時に壊れるくらい腰を前にパン!統治つける。一瞬止まってすぐに引き抜けば何度も彼女のお尻が波打つ勢いで何度もぱんぱんぱんぱん…!と音が響き一方的に彼女を責め立てる)   (9/19 01:36:21)

ゆき♀22あっわぁ…♡♡しゅご…すごい、ですね…?おちんぽ交尾したてなのにこんなバキバキちんぽになって…、私の雌まんこでこんなになってくださったんですか…?♡ぁ、あぁ…♡してください♡交尾っ♡孕ませ交尾で私の孕みたがりな子宮の中を貴方の雄精子で真っ白にドロドロにしちゃってください♡♡(ちんぽに擦り付けるようにお尻をフリフリ♡雄を挑発するように愛液がこぷっ♡と溢れて黒光りちんぽにとトロォ♡とかかってしまう♡言われるがまま服を全て脱ぎ去ると生まれたままの姿になり高く高く腰を上げ広がるように自らもおまんこに手を伸ばし、くぱぁ♡と開いてみせる♡♡)   (9/19 01:32:35)

ゆうき♂21【とても嬉しいです…♡一方的にこのセックス、本気のセックスて受け取るんで、僕裸になりますね…♡ゆきさんもよかったら本気の真夜中の交尾姿になってくれたら嬉しいです…♡】   (9/19 01:25:16)

ゆうき♂21(弱い、ざらりとした部分を確かめればそこを何度かフニフニ、フニと指で押し込み反対の片手でクリに人差し指と中指を添えて素早く何度もこする。彼女に余計に火をつけた後に)素直なメスは大好きだよ…♡はぁ、はぁ、わかる?この匂い?こんなめすまんこはじめてみた…♡さっき孕ませてきたばっかりの雄ちんぽで良かったら、子宮の中が真っ白にぐちゃぐちゃになるまで孕ませてもいーい…?♡(ベルトのかちゃかちゃとした音が響けばそこからおへその下まで反り返ったカリ高の黒光りした血管の浮いた雄ちんぽがあらわになり先っぽが濡れている。カリには今まで使い込まれたような擦り跡が目に見えるくらいあり21歳の若さにしては異様な使い込みよう。ゆきのめをいやらしくみて)こうびなんだからそのふくもぜんぶぬいで…♡   (9/19 01:24:14)

ゆき♀22【こちらこそです♡とっても素敵でエッチなロルでとても好みです♡たっぷり孕ませ交尾しましょうね♡】   (9/19 01:19:46)

ゆき♀22んぁっ♡あっぁ…っ♡こっこんばんわ…ぁっ♡んぅっんんっ!え、えへへ…♡交尾したくなったのでたまらずちんぽ待ちの雌ポーズをしてしまってました…ぁ…♡ンッんぅうう♡♡(ぐちゅぅ♡といやらしい音と雌の匂いがむわっとひろがって、雄ちんぽを誘惑してしまう♡交尾準備万全な雌まんこは今すぐにでも孕みたいといやらしく肉壁をうねらせ指に絡みつく♡♡腰を誘うようにねっとりと振りちんぽを誘う♡♡)   (9/19 01:18:51)

ゆうき♂21【こんばんは〜♡ ロルも見た目も雰囲気もすごい好みです…♡真夜中なので気に入っていただけたら初めから全力で交尾しましょ…♡】   (9/19 01:14:46)

ゆうき♂21(いつもの交尾部屋へ入ると中の女性を見つけ軽めに笑みを浮かべ側へ。すらっとした雰囲気の中に先ほどまで行為をしていた独特の雰囲気が浮かんでいてベットへ近づけば雌の白くまるみをおびたお尻を遠慮なく撫で回す)こんばんは…♡すごいいやらしいね…♡(中指をずるりと中へ入れれば慣れたようにお腹側の壁の入り口から奥まで弱いところを探るように擦り付け反対の手で下に垂れた胸を抑えるようにその胸元を激しく揉みしだき)   (9/19 01:13:52)

ゆき♀22(ふらふらと発情した様子でベットへ乗り上げると、早速下着を下ろし脱ぎ去りお尻を高く上げて交尾待ちの雌のポーズ♡)…んっ…ふっ…   (9/19 01:11:11)

ゆき♀22【こんばんは〜(*^^*)】   (9/19 01:11:06)

ゆうき♂21【こんばんはー】   (9/19 01:10:27)

おしらせゆうき♂21さん(SoftBank openmobile)が入室しました♪  (9/19 01:10:14)

おしらせゆき♀22さん(iPhone 101.143.***.152)が入室しました♪  (9/19 01:08:45)

おしらせ修一♂42さん(180.15.***.90)が退室しました。  (9/19 00:09:35)

修一♂42(仕事帰り、先日お邪魔したマンションの一室、「交尾部屋」に足を運ぶ。前には美しく淫らな女生徒の邂逅があり、淫らな時間を愉しみ、何度となく絶頂に達しては深い快楽を味わい、注ぎ込んだのだった。…おそらく今日も、同じような淫らな時間を過ごせるだろう。同じ人なのか、違う人なのかはわからないが。…背広の上着を脱いで手近なハンガーへとかけ、ネクタイを緩めると誰か女性が訪れるのを待ちわびて)   (9/18 23:45:15)

修一♂42【再び、お邪魔します。】   (9/18 23:42:11)

おしらせ修一♂42さん(180.15.***.90)が入室しました♪  (9/18 23:41:53)

おしらせ修一♂42さん(180.15.***.90)が退室しました。  (9/18 20:50:58)

修一♂42【こんばんは。中文くらいの方だと嬉しいです。】   (9/18 20:24:12)

おしらせ修一♂42さん(180.15.***.90)が入室しました♪  (9/18 20:23:55)

おしらせ修一♂42さん(180.15.***.90)が退室しました。  (9/14 02:45:44)

修一♂42【お疲れ様でした。では、またお会いしましょう。】   (9/14 02:45:40)

おしらせ愛梨♀23 ◆Honey..mikさん(153.137.***.56)が退室しました。  (9/14 02:45:25)

愛梨♀23【また機会がある際は遊んでやってくださいー♡ではでは、お部屋ありがとうございましたー♡】   (9/14 02:45:17)

修一♂42【こちらこそ、遅くまでありがとうございました。濃厚で素敵でした。また遊びましょうね。】   (9/14 02:44:42)

愛梨♀23【愛梨もこんな感じで〆にさせていただきました♡ 長い時間お相手、ありがとうございましたー♪ご馳走様でした♡】   (9/14 02:44:22)

愛梨♀23はっ…はっ…♡(荒い息遣いがやがて緩やかへと変われば、彼の肌と肌を重ね合わせることで、安心感が生まれる)うん…♡(そう返事を紡ぐと、抜けた穴からととり、追いすがるように精子が流れ落ち、一寸、ん♡っと小さく喘ぐ)また、ね♡(汗ばむ額の髪の毛を指先で払いながら、彼に見つめ返せば、疲れきった躰に引きづられるように、瞳閉じて…『ぁぁ、どうやって帰ろう…』衣服の乱れを微かに思いながら闇へと沈んで)   (9/14 02:43:55)

修一♂42【今日はこんな感じで〆ましょうか。続きはまた今度のお楽しみ…ってことで。】   (9/14 02:41:49)

修一♂42ううっ、ううっ…!(深い快楽にうめき声を上げながら、愛梨の奥深くにたっぷりと注ぎ込んでゆく。理性を失ったかのように、二人で言葉にならない絶頂の声を重ねて。びくっ、びくっ、身体が不随意に跳ね、長い絶頂に耐えかねたように二人で脱力し、身体が崩れ落ちる。…二回目の射精にもかかわらず、一度目よりも量が多いかのように二人には感じられた。はーっ、はーっと長く熱い満足の溜息をつきながら、火照る肌を重ねあって。視線を絡ませあい、唇を重ねあってはお互いの唇を唾液で濡らし、ちゅくちゅく舌を絡めあっては余韻を愉しんで。)…ふふ、まだしたくなるね。…っ。(彼女からゆっくりと太い肉棒をぬぷんと引き抜くと、広げられてしまったおまんこからとろとろと精液が零れ出て、彼女のスカートにじわりと広がる。…帰る時も彼女は精液の匂いに包まれ、疼きながら家へと帰ることだろう…)   (9/14 02:41:03)

愛梨♀23ぁあぁッ♡んぅぁぁはぁ♡イ゛っ♡い♡ィ゛♡ぁ゛♡ぉ゛♡(惚けた表情を歪め、緩んだ口元から涎が垂れるのも気にならないほどの絶頂感に支配され、言葉にならない声を叫ぶ)ひろ、げ、ひゃ…や、お゛ぐ♡ぎちゃ…ぅ゛♡♡(充血した襞が動くたびに生き物のように震え、肉棒にむしゃぶりつく音を奏でる。抱えられた足の先が宙で藻掻くように、足の指が震え)だひゃれ、またァぁ~…♡♡(愉悦に歪む笑みを綻ばせると、絶頂を求めるように子宮口が亀頭の先に口を寄せ)ぁ、ぁぁぁ゛♡ァ゛~…♡(舌っ足らずになった娘のように、だらしない間延びした声を喉から絞り出せば、膣穴が竿を喰みながら、ぐうぅぅ…♡っと狭隘に窄まって)―――ッ♡♡(開いているはずの瞳が、白く瞬く…。どこも見ていないような黒目が宙を見上げ、Oの字に開いた口から、時折、イ゛…、イ゛…♡と絶頂していると伝える言葉ならしながら、躰がイキ果て)   (9/14 02:38:22)

修一♂42(お互いのカラダの快楽にのめり込むかのように、ひたすらに腰を動かしあい、繋がりあう感触に酔いしれて。彼女のスカートをめくりあげてゆくと、大きく広げられた脚、蕩けきった秘所とそれを犯す太い肉棒が二人から見える。腰をゆっくりと動かすとおまんこが卑猥な音を立てながら肉棒を受け入れ、しゃぶるように襞がまとわりついているのが見える。掻き出すたびに、白濁して泡立った二人の愛液と精液が糸を引いている。…クリトリスを二人で弄り、締まる秘所から与えられる濃厚な快楽に酔いしれる。彼女の膝の裏に腕を入れて閉じられないようにすると、見せつけるように腰を打ち付ける。思い切り広げられているのに、締め付けてくる。その感触が肉体の相性を示しているかのよう。)…いくよ、愛梨。おまんこの中、また出すからな…んっ、ん、う…!(腰の動きが速くなり、二人の絶頂を醸し出してゆく。もう止まらない。奥に熱いものを突き付け、絶頂を受け入れさせて)…っ、いく…っ…!   (9/14 02:31:33)

愛梨♀23ひゃ…ッ♡ひ…っ♡(返事をシているのか、ただ喘いでいるのか…乳首の先端を愛噛され、膣の壁という壁を角度変えられ抉られてゆけば、わななくように全身が小さな麻痺を繰り返す)ぁぁ、や、やだやだ…、だめ♡(指先が出入り繰り返す結合部に触れ、左右に首を振って嫌がるも、どろどろになった肢体の感触に目を見開き)ぁ、すごい、こん…なに♡(自分の意志ではないかのように指先が勝手に蠢くと、彼の竿の根本を指腹がにちにち♡と刺激して)ぁ、指が…どろ、どろ…にぃ♡(自分でしているオナニーを見られるような気持ちになりながら、指先が肉芽に触れる。彼の指と重なり、撫で転がす勃起が、全身に甘美な刺激を与え続け)ぁ、ぁふぁあぁ♡や、いく、逝く♡おちンポすき♡修一さんのおちンポが気持ちいいのー♡(卑賤な言葉繰り返し叫び上げれば、互いの快楽に落ちるように、膣が竿の愛撫を強め)   (9/14 02:24:52)

修一♂42次回も、その次も。二人で満足するまで、やらなかったこと無いっていうまで、するに決まってるだろう?…まだ味わっていないからね。ここも、ここも。…おかしくなって、何度も何度もいかせて、そういうのも好きなんじゃない?何回イクんだろうね、愛梨は。(ぐい、ぐいっと奥を太いもので突き刺し、どろどろと愛液と精液が混じりあう感触に二人で狂い、仰け反る愛梨の乳房に唇を這わせて。尖る乳首にそっとはを立てて噛む。…愛梨の手を取ると、肉棒が突き刺さり出入りを繰り返すおまんこを触れさせて。愛梨の指がとろとろに汚れてゆく。俺もまた彼女の秘所を探ると、二人で愛梨のクリトリスを指先で押しつぶすように撫で転がし、がつがつと腰を打ち付けて貪ってゆく)…俺の太いの、気持ちよくて好きだって言ってるね。愛梨のおまんこ。   (9/14 02:17:31)

愛梨♀23次回…ってことはぁ…(手首の感覚が麻痺してゆく…押さえつけられた肢体が肉棒の刺激で、躰をくねらせ)まだまだ…この先もあるっていう話だよね♡(はぁはぁと荒いでいる吐息を漏らしながらも、紡ぐ言葉)ぁ、ぁ♡んん…♡それ…それシゅきぃ―♡(撹拌される膣が、卑猥に喘ぎ呻く…。黙れとばかりに塞がれた唇。深く絡みつくように舌を伸ばすと)ン゛…ん♡(下腹部に力が篭り、蠕動する襞が竿に刺激を与え続け…)は…はぁ、んく…んく♪(飲み干す唾液に喉が上下に蠢く。上下から貪るように繰り返す弛緩)はふ、はぁ…はっ♡さっき、だし、た、のに…まだ、こんな硬い…よぉ♡♡(濡れ汚れきったスカートが、お尻の下でぐちゃっと皺を寄せる)ぁ、ぁ♡いい…ッ♡(背骨を這い登ってくる快楽の波に、仰け反るように胸元を突き出せば、ブラウスから溢れた乳房が勃起した切っ先を曝け出し)   (9/14 02:10:57)

修一♂42後ろから交尾するのは、次回のお楽しみだよ。したいことがたくさんあるだろう?…バックも、上になるのも、シックスナインも、二人でどろどろになって、朝までヤリまくるのも。(くすくす笑いながら、彼女の脚が俺の腰に巻き付き、深いところから離さないと言わんばかりの仕草に昂ぶって。)…こういうのも交尾だろう?中に出しまくって、種付けして。…愛梨のおまんこ、欲しがってる。俺のを。(快楽に蕩け開いた子宮口に亀頭を擦りつけ、肉棒の先端の鈴口を押し付けると、奥で二人の粘液がくぷくぷと混じりあっているのが感じられる。)…二人で壊れるんだよ。(熱く囁き合い、再び唇を求めあいながら腰を動かしあい、お互い身勝手に弱いところに擦りつけあい、貪りあって)   (9/14 02:02:42)

愛梨♀23あは…ぁ…♡(ゾクゾク…っと肌の上を這い回る粟立ち。男の言葉に心の枷が外れてゆく…『ぁーもう…♡』淫乱な雌が頭をもたげ)交尾っていうならぁ…後ろから犯してくれなきゃ…いけないんじゃないの?♡(彼の腰に巻きつけた両足が、ぐっと躰を引き寄せる)ぁ…ぁ♡奥に…当たる♡(半開きの子宮口から注がれた汁が竿に絡んで、押すたびに、ぐぽ♡ぬぷ♡濁音交じる音色を鳴らす)壊れるまで…ってどっちが?♡(首筋の吐息。彼の耳に囁くように伝える言葉は、熱く濡れて)   (9/14 01:56:45)

修一♂42俺の精液の匂いさせて、とろとろ垂らしながら帰ればいいよ。…交尾してきました、って火照った表情、晒して。(首筋に唇を這わせ、彼女の手首を押さえつけ、ベッドに縛り付けるかのように身動きができないようにすると、ぬぷっぬぷっと太い肉棒をおまんこに出入りさせる。深く腰を突き入れてポルチオに亀頭を押し当て、二人で快楽の溜息を漏らして。)…壊れるまで、してみようか。せっかくだからね。   (9/14 01:52:50)

愛梨♀23でちゃう、でちゃ…っ♡(肉棒が膣の中で蠢くと、結合部の隙間から、ぐちゅり♡泡立つ白濁と混じり合う愛液が気泡を作り弾け)ん、もう、服…これ、着てかえるのにぃ…(今更思い出したように、乱れたブラウスを指先でかき合わせ胸元を塞ぐ)これいじょう、したら…愛梨のほうが壊れちゃうよ…?(目の奥で爛々と揺らめく情欲の炎が揺らめいて)   (9/14 01:48:43)

修一♂42たどたどしいのは好きじゃないんだろう?慣れてる男のほうが好みだ…って、ここが言ってる。(中出しした精液を掻き出すように肉棒が出入りし、奥に亀頭を擦りつける。二人の繋がりあったところから、くぷっと精液が漏れ出て、お尻を伝って垂れ、彼女のスカートに染みができる。)…気持ちいいね。愛梨とのセックスは。ふふ、嵌りそう。   (9/14 01:45:34)

愛梨♀23たどたどしいのも…、ぁふ♡ん、だめ、溢れ…ひゃぅ…♡(緩んだ膣穴がきゅっと窄まる。彼の動作に喘ぐように襞壁が緩急してゆけば…)ん、ん♡ だめ、って…、ぁ…や♡また…ぁ…っ(両足がくっと持ち上げられ、彼の腰にまとわりつき)   (9/14 01:43:21)

修一♂42【ん、こういうのは困るな。愛梨のいやらしい姿が見えないじゃないか…どこが感じているのかも手探りになる。(舐められたレンズの側の片目をつぶると笑って。繋がったままの肉棒をぐいっと奥に捩じり込んで)】   (9/14 01:41:30)

愛梨♀23【んもぉ…、えっちだなぁ?修一さんはぁ…♡(そういいながら、顔を近づけ眼鏡ごと、れろぉっと舌で舐めあげ)これじゃ見えない?♡】   (9/14 01:39:53)

修一♂42【濃厚なシチュエーションの欲望発散は、次回以降ってことで…もう一回、します?(つん、と軽く乳首をつついて)】   (9/14 01:38:55)

愛梨♀23【ですよねー。悩ましい…♡】   (9/14 01:38:26)

修一♂42【もう1回…は、あまり時間かけられませんね。せいぜい、多ラウンドでこのままもう1回ってところかな。】   (9/14 01:38:02)

愛梨♀23【それじゃあ、見えないから、お前がかけてろって度数合わなくってクラクラ世界で喘ぐのも悪くないですね 笑】   (9/14 01:37:49)

愛梨♀23【時間…もう1回するには、流石に厳しい時間かなぁ?むぅ…】   (9/14 01:37:00)

修一♂42【ははっ、それだと可愛いイキ顔が見えないじゃないですか。楽しそう。】   (9/14 01:36:41)

愛梨♀23【最後にどろどろにしちゃってごめんね、って涎?かなにかで薄汚れた眼鏡をかけてあげたかったです 笑←変態】   (9/14 01:35:51)


更新時刻 07:18:27 | 過去ログ | ルーム管理