チャット ルブル

「【描写】匿名全裸乱交会場【100字以上】Ⅳ」の過去ログ

現在のルーム
過去ログ一覧
タグ 長文  中出し  乱交  濃厚  即ハメ

出会い系サイトPCMAX

2015年12月06日 01時51分 ~ 2016年12月08日 00時54分 の過去ログ
過去ログでは上から下の方向に発言を表示しています

ハゲオヤジ♂48えっと・・ここは素性を明かす必要もなく、その場にいる女性と、たっぷりと性行為が楽しめるどころか、中だしし放題だって・・(バスタオルで体を隠しているが、隠れていない綺麗な肌、そして、バスタオル越しでもわかる体をじっくりと見ながら、雑誌モデルさんと同じベットにあがり、隣に座るようにする)   (2015/12/6 01:51:01)

雑誌モデル♀22【are?】   (2015/12/6 01:53:37)

雑誌モデル♀22【nandaka PCga,okasiku gomennnasai ichido,ochimasu nandaka gomennasai】   (2015/12/6 01:55:15)

おしらせ雑誌モデル♀22さんが退室しました。  (2015/12/6 01:55:34)

おしらせハゲオヤジ♂48さんが退室しました。  (2015/12/6 02:07:07)

おしらせ医者♂30さんが入室しました♪  (2015/12/11 19:32:16)

医者♂30【こんばんわー。お邪魔します。】   (2015/12/11 19:32:46)

医者♂30(早く終わる予定だったが…仕事が押してこの時間に。鬱憤が溜まると決まってとある場所に向かうのが恒例だ。ネクタイを緩めながら、街並みを歩く…。帰宅する人波を掻き分けながら歩いた。路地に入り、目的地に足を進めた。いつものようにロビーを通り、エレベーターに乗り込む。ドアが閉まるとボタンを押して、徐々に上がっていくエレベーター。此方も鼓動が高まってくる。ドアが開くとゆっくりと部屋に足を進めた。部屋の前に着くと、軽くノックをして中へ…。所定の位置で鞄を置くと、服を脱いで全裸に。ゆっくりと奥へと進み、全裸で入室…) こんばんわー。失礼します。   (2015/12/11 19:41:07)

医者♂30【少し待機してます…】   (2015/12/11 19:45:43)

医者♂30【お邪魔しました…】   (2015/12/11 19:53:18)

おしらせ医者♂30さんが退室しました。  (2015/12/11 19:53:27)

おしらせ営業♂29さんが入室しました♪  (2015/12/14 10:04:45)

営業♂29(何食わぬ顔で階段を上り、少し身体を温めてから部屋の戸のノブを回して部屋の中に入れば、着ている物を脱ぎ捨てて奥へ、奥へと歩みを進めて)さて、昼間から癒しに来てくれる奥様辺り、居ないもんかね(ダブルのベッドに腰を下ろせば、ぽつりと呟いて)   (2015/12/14 10:11:23)

営業♂29(そのまま、背をベッドに預ければ少しだけ沈む身体、そのまま天井を見上げるが、すぐに飽きたのか目を閉じて)誰も来ないなら、このまま寝ちまうのも手だな、起きたら麗しの美女がいるかもしれないし…(ベッドの上の毛布をひったくるようにして身に纏わせればそのままになり)   (2015/12/14 10:25:35)

おしらせ営業♂29さんが退室しました。  (2015/12/14 10:44:56)

おしらせ雑誌モデル♀22さんが入室しました♪  (2015/12/15 22:09:59)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、雑誌モデル♀22さんが自動退室しました。  (2015/12/15 22:30:01)

おしらせ医者♂30さんが入室しました♪  (2015/12/18 13:49:28)

医者♂30【こんにちはー。お邪魔します。】   (2015/12/18 13:49:55)

医者♂30ふぅっ…。やっと終わったぁ…(長い長い勤務が終わった。夜勤で朝に帰る予定だったが…、突然の仕事が押してこの時間に…。寒さが堪える、コートの襟を立てて、少しながらも寒さを凌ごうと…。街並みを歩きながら、ふと、回りの店やイルミネーション等が目に入って来た。そろそろクリスマス…かぁ、と頭に過る。過ごす相手も居なければ、勿論、予定の無い独身者は仕事だ…。さらに寒さが身に凍みる感じだ。路地に入ると、寒さを凌ぐように足早に歩いた。鬱憤とストレスが溜まれば、決まってこの場所を訪れる。エレベーターに駆け足で飛び込むように乗り込むと、階のボタンを押して徐々に上がっていく。ドアが開き、部屋へと一直線…。軽くノックをして中へ…。所定の位置で鞄を置くと、ゆっくりと服を脱いでいく。全裸になり入室…) こんにちはー。失礼します…   (2015/12/18 14:01:24)

医者♂30(静かな部屋にさらに寒さが身に凍みる感じだ…。空調が聞いて、暖かいけど、何故か寒く感じた。ゆっくりと部屋を見渡すように歩く。さらに奥へと足を進める。シャワールームに入り、軽くシャワーを浴び、全身の水気を拭き取るとバスローブを羽織って、シャワールームを後にした。冷蔵庫からビールを取り出すと、ぶるタブを開けて一気に流し込んだ…) ふぅっ、…美味いっ。仕事終わりのビールは最高だ!(いつもはグラスに注いで飲むが、今日は我慢出来ずに直接だった。大きな窓際のソファーに腰掛けて、綺麗な景色を眺めながら、来客が来るのを気長に待って…)   (2015/12/18 14:11:51)

医者♂30【お邪魔しました…】   (2015/12/18 14:21:10)

おしらせ医者♂30さんが退室しました。  (2015/12/18 14:21:21)

おしらせトラック運転手♂38さんが入室しました♪  (2015/12/18 16:38:07)

トラック運転手♂38(長距離の帰り、向かうは家族が待つ自宅ではなく、溜まりに溜まった性欲を発散させるために訪れたこの部屋。逸る気持ちを抑えながら静かにドアを開けるも、中には誰もいないみたいで、静まり返っている。まぁ、仕方ないか、時間が時間だしな…と思いながら服を脱ぎ全裸になると、室内へ。大きなベッドにダイブし、大の字になれば、すでに興奮で大きくなった肉棒は天井に向かってそそり立つ)はぁ~誰か来てくれないかなぁ~   (2015/12/18 16:42:05)

おしらせトラック運転手♂38さんが退室しました。  (2015/12/18 17:01:48)

おしらせ管理職♂45さんが入室しました♪  (2015/12/19 01:22:06)

管理職♂45【こんばんは。チャレンジしてみます。】   (2015/12/19 01:22:30)

おしらせ^ ^さんが入室しました♪  (2015/12/19 01:29:51)

^ ^かわいそうなくらいに誰も来ないなwwww星野正広はこんなに嫌われ者だったんだwwwww   (2015/12/19 01:29:56)

おしらせ^ ^さんが退室しました。  (2015/12/19 01:30:00)

管理職♂45(冬の夜長、まだ眠気が襲って来る気配もなく…深夜の街に繰り出すもどこか物足りなく、人肌恋しい気持ちに駆り立てられて、この部屋を訪れる。明かりは消えてるが室内の暖房は行き届いているようで…玄関先からリビングへと続く廊下は春の気配を思わせるような温かみに包まれる。玄関脇にある浴室で全裸になると、軽くシャワ-を浴び…全裸の上にガウン1枚だけを羽織りリビングへと向かう) お邪魔します…。(ゆっくりとリビングの扉を開け、誰もまだ居ないことは承知の上で挨拶の声を発するも、当然返事が返ってくるわけもなく…ひとりで片隅に置いてあるキングサイズのベッドの真ん中へと胡坐をかいて座りこむ)   (2015/12/19 01:30:12)

管理職♂45(このまま一人で過ごすのかどうか…一抹の不安を断ち切るような面持ちでベッドから離れると…。キッチンからバ-ボンの瓶を取り出すと、それを温めてホットにする) /// これなら温まるかな?(出来上がった飲み物をすすり、再びベッドへと戻る) /// 誰かとの出会いがあれば嬉しいですが…。(リビングの壁掛け時計に視線を向けると…すでに深夜の25時を過ぎてる) こんな時間に訪ねてきてくれる女性って…。(期待と不安が入り混じった面持ちで待ってみることみする)   (2015/12/19 01:37:00)

管理職♂45【もう少し表現力磨かないと…。】   (2015/12/19 01:38:47)

管理職♂45【失礼しました。】   (2015/12/19 01:38:57)

おしらせ管理職♂45さんが退室しました。  (2015/12/19 01:39:00)

おしらせ医者♂30さんが入室しました♪  (2015/12/23 15:03:06)

医者♂30【こんにちはー。お邪魔します。】   (2015/12/23 15:03:39)

おしらせ体育教師48♀さんが入室しました♪  (2015/12/23 15:09:01)

おしらせ会社員男23さんが入室しました♪  (2015/12/23 15:10:06)

会社員男23こんにちは   (2015/12/23 15:10:15)

体育教師48♀【こんにちは、はじめまして。体育教師です。結婚はしてますが…子供はいません。仲は良いけどセックスレスで…】   (2015/12/23 15:10:24)

医者♂30(休日出勤を終えて、早めの帰宅…。そのまま帰るのは…っと街をブラブラした。鞄…、財布…色々と見て回ったが、お気に入りが見つからずに買わずにお店を後に…。人波を掻き分けながら、暫く歩いた。真っ直ぐ…帰宅する。ーーー筈がなく、向かった先は“秘密の部屋”だった。街から少し路地に入ると見えてくる。いつものようにロビーを通り、エレベーターに乗り込む。ボタンを押して徐々に上がっていく。此方も徐々に鼓動が高まってきた。チンッ…っと音と共にドアが開くと、部屋へと一直線…。軽くノックをして中へ…。所定の位置でゆっくりと服を脱いで全裸になり入室…) こんにちはー。失礼します…   (2015/12/23 15:10:24)

会社員男23体育教師さん   (2015/12/23 15:10:28)

医者♂30【こんにちはー。】   (2015/12/23 15:10:58)

会社員男23体育教師さんとしたいです   (2015/12/23 15:10:59)

会社員男23駄目ですか?体育教師さん   (2015/12/23 15:12:00)

おしらせ会社員男23さんが退室しました。  (2015/12/23 15:12:25)

医者♂30【お疲れさまでした…】   (2015/12/23 15:12:47)

体育教師48♀(紫のエースの下着の上下を身に着けて黒いハイヒールを履いてソファーに座っている。紫のガーターベルトを少し持ち上げながら・・すでに股間は熱く湿り、乳首とクリトリスは痛いほど長く勃起している)   (2015/12/23 15:12:53)

おしらせ会社員男=鈴木なおとさんが入室しました♪  (2015/12/23 15:13:00)

おしらせ会社員男=鈴木なおとさんが退室しました。  (2015/12/23 15:13:11)

おしらせ会社員男23さんが入室しました♪  (2015/12/23 15:13:27)

体育教師48♀ふーっ・・・・教師としてこんな場所に来てしまったけど・・・・・(一人ごとを言いながら)あらっ・・誰か来たわ   (2015/12/23 15:13:47)

会社員男23ソーファに座ってる素敵な女性を見て声をかける。こんにちは   (2015/12/23 15:14:16)

おしらせ清掃員♂20さんが入室しました♪  (2015/12/23 15:14:18)

体育教師48♀【すいません、二回に分かれてしまいました。】   (2015/12/23 15:14:18)

医者♂30【体育教師さん…部屋のルーム読まれましたか?】   (2015/12/23 15:14:32)

清掃員♂20【こんにちは】   (2015/12/23 15:14:46)

会社員男23いやらしい下着はいてるんですね?   (2015/12/23 15:14:56)

体育教師48♀【はい、短くてすいません、しっかりと描写しますね】   (2015/12/23 15:15:16)

会社員男23俺は大丈夫です。体育教師さん   (2015/12/23 15:15:37)

体育教師48♀【こんにちは、清掃員さん】   (2015/12/23 15:15:40)

おしらせ清掃員♂20さんが退室しました。  (2015/12/23 15:16:07)

医者♂30【生意気言って、すみません…。一旦、落ちますね。お邪魔しました…】   (2015/12/23 15:16:21)

会社員男23体育教師さん溜まってるんですか?美味しそうな体と下着をいやらしい目で見る。   (2015/12/23 15:16:27)

おしらせ医者♂30さんが退室しました。  (2015/12/23 15:16:33)

おしらせ体育教師48♀さんが退室しました。  (2015/12/23 15:16:53)

おしらせ会社員男23さんが退室しました。  (2015/12/23 15:16:58)

おしらせ医者♂30さんが入室しました♪  (2015/12/23 15:22:49)

医者♂30【お邪魔します。少し待機してます…】   (2015/12/23 15:23:51)

おしらせ医者♂30さんが退室しました。  (2015/12/23 15:33:30)

おしらせ医者♂30さんが入室しました♪  (2015/12/23 20:49:00)

医者♂30【こんばんわー。お邪魔します。】   (2015/12/23 20:49:28)

医者♂30(休日の今日も仕事だった…。早めに終わって、街をブラブラとしていた。新しい鞄…、財布が欲しくて色々と見て回った…。でも、お気に入りが見つからずにブラブラとお店を見て回るだけだった。昼間から、“秘密の部屋”に足を運んだが…突然の電話…。相手は職場の同僚だ。「軽く飲もうよ…」との事…。待ち合わせをして、同僚との楽しかった時間は終わり、別々に帰っていく。真っ直ぐ帰宅…ーーする筈がなく、また“秘密の部屋”へと向かう。ロビーを通り、エレベータに乗り込む。ドアが開くと部屋へと向かう。軽くノックをして中へ…。所定の位置でゆっくりと服を脱いで全裸になり入室…) こんばんわー。失礼します…   (2015/12/23 20:57:10)

医者♂30(部屋に入ると、誰も居なく…自分の声が部屋に響く。静けさの部屋をゆっくりと足を進めた。部屋を見渡すように…) ふうっ…、誰か来ることを信じて…(軽く口にした言葉は願い事を言ってるようだ。彼は寂しかったのだろうか、寂しさを隠す為だろうか…分からないが、小さく呟いた言葉はやはり寂しそう…。進む足は奥へと…。冷蔵庫を開けて、ビールを取り出す。棚からグラスを取り、注いでいく。軽く口にしてグラスを持ちながら、大きな窓際のソファーに腰掛けた。この場所は“お気に入り”の場所だ。綺麗な夜景が見えて、何故か落ち着く場所だ。また、ビールを流し込むとテーブルにグラスを置き、今だ開かぬドアをボーッと眺めて…) 準備万端…っと、後は来客を気長に待ってるかっ…   (2015/12/23 21:07:37)

医者♂30【少し待機してます…】   (2015/12/23 21:11:23)

医者♂30【お邪魔しました…】   (2015/12/23 21:19:34)

おしらせ医者♂30さんが退室しました。  (2015/12/23 21:19:46)

おしらせ医者♂30さんが入室しました♪  (2015/12/29 15:15:44)

医者♂30【こんにちはー。お邪魔します。】   (2015/12/29 15:16:12)

医者♂30(早番が終わり、いつものように仕事場を後にした…。予定も無く、街をブラブラと歩いた。すっかりクリスマスから年末顔を見せた街並み。普段よりも人波は多く、家族連れやカップル…など色々だった。すれ違うカップルを見ると寂しくなり、人恋しさからか、とある場所へと向かった。ポケットに手を入れて、寒さを凌ごうと…。暫く歩くと見えて来た。ロビーをいつものように通り、エレベーターに乗り込んだ。ドアが閉まり、上がっていく。チンッ…っと音と共にドアが開くと部屋へと一直線。軽くノックをして中へ…。所定の位置で鞄を置くと、ゆっくりと服を脱いでいく。全裸になると、少しドキドキしながら入室…) こんにちはー。失礼します…   (2015/12/29 15:25:33)

医者♂30(部屋に入ると、誰も居なかった。少しでも期待してたのだが、予想通りの展開…。まっいっか…独り言を言いながら、奥へと足を進める。ベット…ソファーっと、部屋を見渡すように歩く。シャワールームに向かった。軽くシャワーを浴び、全身の水気を拭き取ると、バスローブを羽織って、シャワールームを後に…。冷蔵庫からビールを取り出すとグラスに注いだ。一口、飲むと窓際のソファーに腰掛けた…。お気に入りの場所だ。ここからの夜景や景色が綺麗で落ち着く。まだ開かぬドアをボーッと眺めて…) 誰か、…来ないかなぁ。まっ、気長に待ってるか。   (2015/12/29 15:35:55)

医者♂30【少し待機してます…】   (2015/12/29 15:38:23)

医者♂30【お相手募集してます…】   (2015/12/29 15:47:15)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、医者♂30さんが自動退室しました。  (2015/12/29 16:31:58)

おしらせ大学生♂18さんが入室しました♪  (2016/1/2 16:41:50)

大学生♂18(このホテルの部屋に来る時は、何時も緊張してしまう。軽く深呼吸した後、ドアを開けて室内に入ると、備え付けのカゴに衣服を脱ぎ入れ、高校時代に水泳部だった引き締まった体躯を露わにした。全裸になると現実とは違う世界に来たような開放感に軽く身を震わせ、今は誰もいないことを確認し、室内の一角にあった横にもなれそうな大きなソファに座って誰かが来るのを待つ)   (2016/1/2 16:42:01)

おしらせ大学生♂18さんが退室しました。  (2016/1/2 17:02:00)

おしらせ執事♂29さんが入室しました♪  (2016/1/4 15:34:16)

執事♂29(やっている店の軌道も乗り、そこそこに忙しい日々。仕事面で充実する分、この場に訪れることも無く、ため込むものはため込む儘に。そんな日常の折、ふと足が向いたのはホテルの一室。もう随分と来ていなかったが、その道だけはよく覚えている。妙な高揚感を覚えつつ、鍵のかからぬ扉を潜れば、中は異空間――のようで、普通の部屋。こんな昼下がりだ、誰もいないこともあるだろう。扉を閉じれば、まずは衣服を脱ぎ捨てる。余分なものとか、責務とか、常識。それらも全て脱ぎ捨てれば、細身だが贅の無い身体を露わとし。そのままの姿で室内に脚を踏めれば、ソファへと腰かける。空調は行き届いており、冬とはいえ寒さは微塵も無い。ということは、誰かいたのは事実だろう。静かな室内、さて、と人を待つとしようか。)   (2016/1/4 15:38:54)

執事♂29【お邪魔しました。】   (2016/1/4 15:57:55)

おしらせ執事♂29さんが退室しました。  (2016/1/4 15:57:58)

おしらせ医者♂30さんが入室しました♪  (2016/1/4 22:15:42)

医者♂30【こんばんわー。お邪魔します。】   (2016/1/4 22:16:09)

医者♂30(年末年始…慌ただしく忙しい日々が続いた…。今日も残業でこの時間に。早く終る予定だったが、時間が押して、職場を後にした。鞄からスマホを取りだし、メールや履歴をチェックする。暫く、スマホとにらめっこしながら歩いた。人波を掻き分けながら…。真っ直ぐ帰る筈がなく…。ーーと“秘密の部屋”へと向かった。いつも通り、エレベーターに乗り込む。ドアが開くと、足早に部屋へと向かう。軽くノックをして中へ…。所定の位置で服を脱ぐと、全裸になり入室…) こんばんわー、失礼します…   (2016/1/4 22:25:53)

医者♂30(部屋に入ると誰も居なく、静かだった。誰も居ない事は予想通りだったが、やっぱり寂しかった。ゆっくりと部屋を見渡すように足を奥へと運ぶ。シャワールームに行くと、軽くシャワーを浴びて…。全身の水気を拭き取るとガウンを羽織ってシャワールームを後に…) ふうっ…、さっぱりしたぁ…(冷蔵庫からビールを取りだし、グラスに注いでいく。グラスを持ち、窓際の大きめソファーに腰掛けた。渇いた喉を潤すようにビールを流し込んで…) 美味いっ♪仕事終わりのビールは最高♪   (2016/1/4 22:38:44)

医者♂30【少し待機してます…】   (2016/1/4 22:44:02)

医者♂30【お邪魔しました…】   (2016/1/4 22:53:50)

おしらせ医者♂30さんが退室しました。  (2016/1/4 22:54:13)

おしらせ院生♂25さんが入室しました♪  (2016/1/20 01:04:40)

院生♂25こんばんは..(久しぶりに顔を出したホテルの一室。とりあえず入り口で全裸になり、ゆっくりと奥の部屋へと歩を進めていくと、ソファーに腰を下ろし、一人でボーっとしていると)暇....誰が来るかな....   (2016/1/20 01:06:31)

おしらせ院生♂25さんが退室しました。  (2016/1/20 01:13:59)

おしらせ院生♂25さんが入室しました♪  (2016/1/20 01:14:02)

おしらせ院生♂25さんが退室しました。  (2016/1/20 01:19:01)

おしらせ医者♂30さんが入室しました♪  (2016/1/23 14:31:06)

医者♂30【こんにちはー。お邪魔しますっ。】   (2016/1/23 14:31:42)

医者♂30ふうっ、…寒っ寒っ。(マフラーで顔を覆いなが、ポケットに手を入れて寒さを凌ぎながら、街並みを歩いた…。休日出勤の今日、軽く終わらせての帰宅だった。真っ直ぐ…家に向かう筈ーー、がなくとある場所へと向かった。暫く、歩き路地に入ると見えてきた。この場所は、男女が欲求を満たしにやって来る。日中問わず、夜も満たしにやって来る場所…。そう、今日も溜まった鬱憤を発散したくやって来た。ロビーを通り、エレベーターに乗り込む。徐々に上がってくるエレベーターに此方の鼓動も上がってきた。ドアが開くと、足早に部屋に…。軽くノックをして中へ…。所定の位置で服を脱ぐと全裸になり入室…) こんにちは、失礼します…。   (2016/1/23 14:42:51)

医者♂30(部屋に入ると静かで誰も居なかった…。空調で暖まった部屋の空間は、寒さはなく快適で暖かい。ゆっくりと部屋を見渡しながら歩く。今日も、鬱憤を発散出来ずに…っと頭に一瞬、過った。でも、少しの期待を胸に奥へと足を進める。時折、振り向きドアを確認する。やっぱり誰も来ない…。さらに足を進める。冷蔵庫から、ビールを取りだし、棚からグラスを…。テーブルに置いたグラスにビールを注いでいく…。ゆっくりと溢れないように。一杯になったグラスを持ち、窓際のベットへと向かう。ゆっくりと腰掛けると、大きな窓から見える景色を眺めながら、ゆっくりとグラスを口に運ぶ。ゴクッ…ゴクッ…と飲み、テーブルにグラスを置き、まだ開かぬドアを眺めながら…) 美味いっ♪…ふうっ、誰か来ないなかぁ…。気長に待ってるか。   (2016/1/23 14:54:31)

医者♂30【待機してます…】   (2016/1/23 14:58:16)

医者♂30【お邪魔しました…】   (2016/1/23 15:08:26)

おしらせ医者♂30さんが退室しました。  (2016/1/23 15:08:41)

おしらせトラック運転手♂45さんが入室しました♪  (2016/1/30 14:49:39)

トラック運転手♂45【こんにちは。お邪魔します】   (2016/1/30 14:49:50)

トラック運転手♂45(長距離の帰り。向かうは家族が待つ我が家ではなく、溜まりに溜まった欲求不満を解消させようと、ホテルの一室に…ドアを開けるも中には誰も居る気配はなく、少し落ちこむも、折角だからと、待ってみる事に…全裸になり、何も隠さず部屋に入ると、大きなベッドにダイブ!大の字に横になれば、期待と興奮ですでに勃起している肉棒は天井へ向かってそそり立つ)ふぅ~誰か来ないかなぁ~~   (2016/1/30 14:49:55)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、トラック運転手♂45さんが自動退室しました。  (2016/1/30 15:10:05)

おしらせトラック運転手♂45さんが入室しました♪  (2016/1/30 15:24:33)

おしらせトラック運転手♂45さんが退室しました。  (2016/1/30 15:38:46)

おしらせ微M人妻♀24さんが入室しました♪  (2016/2/7 21:25:09)

微M人妻♀24【こんばんは、お邪魔させていただきます。待機ロルを打ちますので反応遅れるやもしれません、ご了承を。】   (2016/2/7 21:26:07)

微M人妻♀24(募る人恋しさのため、久方ぶりに辿り着いたドアの向こうには、けれど期待した人の気配もなく、しんと静まり返っていた。肩を落としつつも、カーペットの上に衣服を脱ぎ落として室内へと。さながら、とある童話の哀れな兄妹のように。) …さむぅい… (ぽつんと呟きながら、開くのは白いタイルの洗い場もクリーム色の浴槽も広々とした浴室のドア。最後に残った下着を足指からくぐらせてその入り口に脱ぎ捨てる。こういう場所だからか、すでに浴槽にお湯をたたえ、湯気が寒さに縮こまっていた体を緩めていく。軽くシャワーを浴びてから待ちきれないように、ちゃぷん。肩まで、否、いっそ口元までも深く深く浸る温もり。視界がぼんやりに滲み、それだけで幸せ気分だけれども。時折、浴室扉に視線が流れては、そこはかとなく人待ち顔。)   (2016/2/7 21:33:46)

おしらせご報告さんが入室しました♪  (2016/2/7 21:57:15)

ご報告助平♂33 > 【珍しくⅣに人が来てる】 (21:54:05) 助平がわざわざ書くからロムが増えてますね   (2016/2/7 21:57:20)

おしらせご報告さんが退室しました。  (2016/2/7 21:57:24)

微M人妻♀24(結露した天井から落ちたる雫が湯面を叩く水音と体温が上がり早鐘のように打ち続ける己の鼓動だけが鼓膜を震わせる。肺の空気を全て吐き出すほどの大きな大きな溜息にも、反応してくれたのはお湯の漣のみ。うん、このままではのぼせてしまいそうだ。心待ちにした余人はどうやら今宵は訪れないらしい、と意を決してさぶりと立ち上がり。) お湯の暖かさよりも…本当は人肌の温もりが欲しかったのですけれども、ねぇ… (唇歪ませほんのり苦笑い。脱いだ時の逆回しのように、ほかほかの体に冷えた衣服を再び身につけて、玄関口にたつと) いいお湯、でした、っと♪ (せめてもの空元気。願いとは種類が違うながらも温もりくれたには違いない部屋に一礼してから、再び寒風の中へ、と。)   (2016/2/7 22:12:10)

微M人妻♀24【長々とお邪魔いたしました、お部屋汚し失礼。】   (2016/2/7 22:12:53)

おしらせ微M人妻♀24さんが退室しました。  (2016/2/7 22:12:58)

おしらせ医者♂30さんが入室しました♪  (2016/2/9 21:19:38)

医者♂30【こんばんわー。お邪魔します。】   (2016/2/9 21:20:16)

医者♂30(仕事終わりに同僚と一杯と居酒屋に立ち寄った…。色々な話に夢中になり、楽しい時間も終わった。もう、一軒と誘われたが、断って同僚と別れた。暫く、街並みを歩いた。寒さを感じながら、歩く速度も早く、マフラーで顔を覆う感じに、ポケットに手を入れて身を丸めながら、歩く。真っ直ぐ自宅に… 帰る筈がなくーーー。向かった先は、“秘密の部屋”だった。溜まった鬱憤を発散したく…。ロビーを通り、エレベーターに乗り込む。ボタンを押すと徐々に階が上がっていく。此方も徐々に高まってくる鼓動。ドアが開くと、足早に部屋の前に、呼吸を整えて軽くノックをして中へ…。所定の位置で服を脱ぐと全裸になり入室。)こんばんわー。失礼します…。   (2016/2/9 21:29:54)

医者♂30(部屋に入ると静かで誰も居なく、予想通りの展開に納得するも、目の当たりにすると寂しい…。空調が部屋中を暖めて心地良かった。まわりを見渡すようにさらに奥へと足を進めていく。) ふうっ、 来るかなぁ…(思わず口にしてしまった、心の想い。足を進めながも、時折、ドアを振り返って見た。状況は変わらず、シャワールームへと、姿を消して。軽くシャワーを浴びて、全身の水気を拭き取るとガウンを羽織って、シャワールームを後に…。冷蔵庫からビールを取り出すと、ぶるタブを開けて、流し込むように飲んでいく。ゴクッ…ゴクッ、っと二口飲んで、ゆっくりと窓際のベットに腰掛けて、綺麗な夜景を見ながら、未だ開かねドアを…来客を待って。)   (2016/2/9 21:41:01)

医者♂30【待機してますね…】   (2016/2/9 21:42:34)

医者♂30【お邪魔しました…】   (2016/2/9 21:56:00)

おしらせ医者♂30さんが退室しました。  (2016/2/9 21:56:09)

おしらせラーメン店長♂42さんが入室しました♪  (2016/2/10 00:29:12)

おしらせマゾ秘書♀26さんが入室しました♪  (2016/2/10 00:30:12)

ラーメン店長♂42【ご足労感謝です。改めましてよろしくお願いしますね>秘書さん】   (2016/2/10 00:30:47)

おしらせ見学さんが入室しました♪  (2016/2/10 00:31:04)

見学なんでもかんでも入ればよいわけじゃない、先入りの方も見ながら入りなさい、人妻さん萎縮してる   (2016/2/10 00:31:09)

おしらせ見学さんが退室しました。  (2016/2/10 00:31:13)

マゾ秘書♀26【なんだか、見張られてる?】   (2016/2/10 00:31:28)

マゾ秘書♀26【100文字とか書けない気がするし、なんだか……今夜は落ちます。ごめんなさい】   (2016/2/10 00:33:11)

おしらせマゾ秘書♀26さんが退室しました。  (2016/2/10 00:33:15)

ラーメン店長♂42【お疲れ様でした、またの機会に…>秘書さん】   (2016/2/10 00:33:47)

おしらせラーメン店長♂42さんが退室しました。  (2016/2/10 00:34:10)

おしらせ消防士♂23さんが入室しました♪  (2016/2/10 21:40:57)

消防士♂23【こんばんは。練習がてらロール打ちながら待機してみます】   (2016/2/10 21:41:54)

消防士♂23(非番だった今日は朝から緊急の招集を受けて彼方此方へ出場があり、結局こんな時間まで拘束されてしまった。疲れている時に性欲が高まるのはなぜだろうか…。無性に女が抱きたい、そんな気分だった。全身に乳酸が溜まり身体のあちこちが筋肉痛の状態でとあるホテルへ足を運ぶ。受付を済ませ、部屋へ入ってすぐに身につけていた衣服を玄関に備え付けられている籠へ投げ入れた。どうやら先客はいないらしい。自分の他に埋まっている籠はなく、一応部屋の中を見回して自分一人なのを確認すると、部屋に備え付けられたシャワー室に入る。蛇口をひねり心地よい水温のお湯が自らの肉体を叩き起こしてゆく感覚で少し目が冴えたようで、壁に掛かっていたタオルを手に取って軽く体を拭き、髪の毛をクシャクシャと乾かしながら部屋へ戻る)   (2016/2/10 21:49:21)

消防士♂23(部屋の中には3つのベッドが少し間を空けて並んでいた。定員が6名ということで3つのベッドということなのだろう、端の2つも動かせるようになっており状況によっては大きなベッドで3組が乱れて…ということも考慮されているようだった。殺風景な部屋に「どうぞここで乱れてください」と言わんばかりにベッドだけこうも堂々と置かれていると、気恥ずかしいような、どこか滑稽ささえも覚えてしまう。特に理由もなく何となく真ん中のベッドへ腰掛け、改めて自分が全裸なのだということに気が付いた。シャワー室のガラスに反射して映る自分の姿は、消防士としてはまだ少し線が細いのだろうが、自分では引き締まっていて中々彫りも深い…と思う。そんなことを思いながら時折玄関の方をチラチラ気にして新しい入室者の登場を期待する)   (2016/2/10 21:59:28)

消防士♂23ふぁ~あ…(ベッドの枕側に深く腰掛けて壁に凭れ掛かりながらボーッとしていると、思わず大きな欠伸が出る。退屈を潰そうと、部屋内の申し訳程度に置かれている小さな冷蔵庫を開け、中から瓶のサイダー取り出して不躾にもそのまま口をつける。瓶を片手に定位置へ戻ると、テレビを付けて見慣れたバラエティ番組を流し見る。これで粗方この部屋にある物の機能は使い尽くしたかな…部屋を見回しそう思うと、改めてこの部屋が男女の交わりのみを目的として存在していることを実感する。部屋に来てから何のイベントも起きていないにも拘わらず、不覚にもモノは準備万端と天に向かって主張を続けていた。ベッドで横になると、退屈を紛らわすように男根を手で包むように握りゆるーく上下に這わせていく)   (2016/2/10 22:20:26)

消防士♂23んん…もうこんな時間か…(ふと気が付くと、どうやら少しウトウトしてしまっていたらしく時計の針が進んでいた。下腹部に目を落とすと、そんな状況でも隆起し続けている自分の性欲に呆れ一人笑ってしまう。「どうやらここではお前の出番はなさそうだ」…自分でも馬鹿らしく思いながら心の中で自らの象徴に語りかけると、徐ろに立ち上がり部屋を整える。少し小奇麗になった肉体にこのホテルを訪れた時のままの衣服を身に纏い鍵を受付に返すと、性欲を吐き出す場所を求めて夜の街に消えていった…。)   (2016/2/10 22:32:43)

消防士♂23【お部屋汚し失礼いたしました】   (2016/2/10 22:33:23)

おしらせ消防士♂23さんが退室しました。  (2016/2/10 22:33:37)

おしらせオタ学生♂17さんが入室しました♪  (2016/2/11 21:02:01)

オタ学生♂17【こんばんは。お邪魔します】   (2016/2/11 21:02:13)

オタ学生♂17(どうせ一生、生身の女に縁がないと思い二次元に逃避していたが、性欲は人一倍で実際の女性にも興味はあった。何とかしたいと執念深くネットを調べ回り、このホテルの一室のことを知り、少し緊張しながらも部屋に入って来る)こ、こんばんは…ふぅ、今は一人なんだ…(今のところ暖房の効いた室内に人がいなように見えたので、安堵と残念さが入り混じった溜息を零し、入口近くの指定の場所で衣服を脱いだ。備え付けの加護に衣服を入れたが、小柄で痩せた体型が恥ずかしく、ボクサータイプの灰色の下着だけは身に着け、室内の一角にあった大きめのソファに腰を下ろし…予想よりもフカフカの柔らかな感触に驚き、無精に伸ばした黒髪に隠されがちの目を大きくしてしまう)   (2016/2/11 21:02:31)

オタ学生♂17【お邪魔しました】   (2016/2/11 21:22:32)

おしらせオタ学生♂17さんが退室しました。  (2016/2/11 21:22:35)

おしらせ助平♂33さんが入室しました♪  (2016/2/14 15:03:15)

助平♂33【こんにちわ、お邪魔します】   (2016/2/14 15:03:40)

助平♂33(バレンタインの賑わいを横目に見ながら、たまにわ、違った雰囲気でもと思い立つ)誰もいるわけないよなぁ…夜になれば、知り合いから義理でもいいので、チョコが欲しい。(室内の浴場に入ると、湯船にお湯を溜め、備え付けの入浴剤から七色バブルなるものを見つけ準備を終えると)   (2016/2/14 15:08:36)

助平♂33(ゆっくり、するのもたまにわいいものだと1人言を脳内で呟きながらジャンバー、トレーナー、肌着、ズボン、下着、靴下と順番に脱いでいく)   (2016/2/14 15:11:45)

助平♂33【練習終わり】   (2016/2/14 15:11:58)

おしらせ助平♂33さんが退室しました。  (2016/2/14 15:12:00)

おしらせ大学院生♂24さんが入室しました♪  (2016/2/15 14:01:06)

大学院生♂24【お邪魔します】   (2016/2/15 14:01:19)

大学院生♂24(夜遅く、学校の講義も空いていた彼は噂に聞いていたホテルの一室へと足を向けていた。何度も出来る熱い相手を求めて部屋の扉を開けたのだが、其処にはもぬけの殻ーこの昼間に居るはず無い、と分かっていたが、残念な思いは胸に抱いて。衣服を脱いで部屋に入ると、どうやら暖房が効いているのか思ったより肌寒さは感じられない。誰か来るのを待っていようかと、ベットへと腰を下ろすと体を倒して寝転がった)   (2016/2/15 14:05:38)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、大学院生♂24さんが自動退室しました。  (2016/2/15 14:27:19)

おしらせ助平♂33さんが入室しました♪  (2016/2/17 22:13:08)

おしらせ助平♂33さんが退室しました。  (2016/2/17 22:13:18)

おしらせ現場監督♂26 ◆zUqaAw5p3wさんが入室しました♪  (2016/2/18 22:51:48)

現場監督♂26爆乳派遣さん=長谷川真由さん 2度とこのサイトに来ませんと言ったのに来てます おかしいですね 大人なら約束したのだから守って欲しいものですね   (2016/2/18 22:51:53)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、現場監督♂26 ◆zUqaAw5p3wさんが自動退室しました。  (2016/2/18 23:14:13)

おしらせ医者♂30さんが入室しました♪  (2016/3/1 16:37:52)

医者♂30【こんにちはー。お邪魔します。】   (2016/3/1 16:38:31)

医者♂30【ロル打ちながら、待機してます。】   (2016/3/1 16:39:28)

医者♂30ふうっ…、疲れたぁ。(早番で終わる筈の時間はとっくに過ぎていた。残業だ。帰り支度を済ませると足早にとある場所に向かった。溜まった鬱憤と疲れを発散にとよく訪れる場所だ。吹き抜ける冷たい風を浴びながら、足を進めていく。路地に入り暫く歩くと見えて来た目的地。駆け足でロビーを通るとエレベーターの前に…。ボタンを押して、徐々に降りてくるエレベーター。待ちきれないのかいつもは見ない降りてくる階を示す表示をジーっと眺めていた。ようやく降りてきたエレベーターに乗り込むと、ボタンを押して、徐々に上がっていく。エレベーター内で何故かソワソワしながら、予定の階に着くのを待つ。…事数分、エレベーターが開き、足早に部屋へと向かう。部屋の前に着くと軽くノックをして中へ…。靴を脱ぎ、所定の位置で服を脱いで全裸になり、さらに奥の部屋へと向かった…) こんにちはー。失礼します…。   (2016/3/1 16:52:03)

医者♂30(部屋に入ると予想通りの展開だった…。靴を脱いだ時から誰も居ない事は分かっていた。淡い期待を抱きながら入室したが、裏切られた気分だ。シーンっと、静かな部屋をゆっくりと歩いた。微かに聞こえる空調の音…。まわりを見渡しながら、足を進めていく。さっぱりする為にシャワールームへと向かう。汗ばんだ体を丁寧に洗い、流していく。もしかしたら…っとの期待での事だ。軽く水気を拭き取るとガウンを羽織って、シャワールームを後に…。冷蔵庫に向かい開けて、中を物色する。ビールを取り出すと、ぶるタブを開けて、乾いた喉に一気に流し込んだ…) ふうっ…美味いっ♪仕事終わりのビールは最高だな♪…後は、相手が居たらもっと最高だろうな!(窓際の近くのベットに腰掛けて、まだ開かぬドアをチラッ、チラッ…と見ながら、ビールを飲んで…)   (2016/3/1 17:07:06)

医者♂30【待機してます…】   (2016/3/1 17:09:35)

医者♂30【お邪魔しました…】   (2016/3/1 17:19:21)

おしらせ医者♂30さんが退室しました。  (2016/3/1 17:19:27)

おしらせ絶倫巨根♂38さんが入室しました♪  (2016/3/8 23:50:06)

絶倫巨根♂38【お邪魔しますよ、と。】   (2016/3/8 23:50:18)

絶倫巨根♂38(幾つかある部屋の中から適当に決めた部屋へ入ると、入口近くの棚へ自分の着ていた服をすべて入れてしまえば…バスルームにて軽く日焼けした大きくゴツい身体を綺麗に洗っていく)久しぶりに来てみたけど、誰かいるものかな…?(暫くぶりの会場、身体がなまっていないかなと…洗い流した身体を軽くストレッチしてみつつタオルで綺麗に拭き上げれば部屋のベッドの真ん中、全裸で仰向けに寝そべってみる)   (2016/3/8 23:54:11)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、絶倫巨根♂38さんが自動退室しました。  (2016/3/9 00:19:17)

おしらせ管理職♂45さんが入室しました♪  (2016/3/10 00:16:39)

管理職♂45【こんばんは】   (2016/3/10 00:16:53)

管理職♂45(何だか寝つきが良くない今夜、夜風に当たって少し体内の熱を下げようとルブルの街を徘徊する。) これって無理に下げるんじゃなく…発散したほうがいいかな? (…などと都合よく勝手な解釈をして乱交会場のある部屋へと足取りも早く向かう) /// こんばんは…。(入口の玄関先の扉を開け、中の様子を伺いながらも…リビングへと通じる廊下に既に立ってる。廊下途中にある浴室の脱衣所で服を脱ぎ、全裸になると軽くシャワ-を浴び…腰にバスタオル1枚巻き付けると…リビングの広間に…) あらためて…こんばんは…ぁ…。(小声で恐る恐る入ると、まだ誰もいなくて…室内のエアコンの音だけが響いてる。部屋の室温は適温で、シャワ-を浴びたあとの身体には逆に火照りを昂ぶらせてるのかもしれなkった) /// 何か冷たい物でも…。(キッチンにある冷蔵庫からよく冷えた缶ビ-ルを持ち出し、リビング奥にあるベッドへと腰をおろす)   (2016/3/10 00:26:46)

おしらせ管理職♂45さんが退室しました。  (2016/3/10 00:26:55)

おしらせ管理職♂45さんが入室しました♪  (2016/3/10 00:26:57)

管理職♂45【こんな感じで始めました】   (2016/3/10 00:27:24)

おしらせ管理職♂45さんが退室しました。  (2016/3/10 00:37:50)

おしらせジム経営者♂35さんが入室しました♪  (2016/3/13 03:24:41)

ジム経営者♂35【こんばんわ、宜しくお願いします】   (2016/3/13 03:24:51)

ジム経営者♂35(真夜中、以前に何度か来たことのあるホテルの一室に訪れる。部屋には誰もおらず、静けさに少し耳が痛むくらいだった。玄関で服を脱いで全裸になると、そのまま部屋の奥へと…。一つのベッドに腰を下ろすと、そのままスマートフォンを手にし、女性が来るまでしばらく時間を潰してみることにした)   (2016/3/13 03:27:53)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ジム経営者♂35さんが自動退室しました。  (2016/3/13 03:58:28)

おしらせ絶倫巨根♂38さんが入室しました♪  (2016/4/9 00:31:34)

絶倫巨根♂38お邪魔しまっす(扉を開けて玄関に入れば、そこで着ていた服を脱いで全裸になる逞しく非常に大柄な男。その股間にも相当な物になりそうな物をぶら下げたまま…室内のベッド横にあるソファへと向かえばソファを軋ませながら身体を預ける)   (2016/4/9 00:33:28)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、絶倫巨根♂38さんが自動退室しました。  (2016/4/9 00:54:09)

おしらせ陸上選手♂25さんが入室しました♪  (2016/5/3 12:49:49)

陸上選手♂25(午前中に自主練を終え、休憩がてらにホテルに立ち寄る。部屋が無人であることを確認してから浴室に入りジャージと練習着を脱ぎ捨て。肉体に染みた汗をシャワーで洗い流してから軽くボディーソープで身を清めていく)ふぅ…さてと。(身体を洗い終わると、両手で水を掬って顔をつけた。さっぱりしたところで真新しいバスタオルで全身の水滴を拭き取り、腰に巻きつけながらメインルームのベッドに身を落とす。キングサイズの馬鹿でかいベッドの上では、それなりに鍛えて体格の良い男でさえその大きさに不釣り合いなほどの余白が目立っていた。)   (2016/5/3 12:55:48)

おしらせ微M人妻♀24さんが入室しました♪  (2016/5/3 13:09:20)

微M人妻♀24【こんにちは、お邪魔します。スマホからとなりますのでレス遅めではありますがそれでもよろしければお相手いただきたく。ご了承いただければ待機ロルに続けたいと思います(ぺこり)】   (2016/5/3 13:10:17)

陸上選手♂25【こんにちは。私はPCからでも遅いので…もちろん構いません。宜しくお願いします】   (2016/5/3 13:11:32)

微M人妻♀24(GWというのに仕事に出掛けた夫。…ほったらかしにも程がある。優しさにひかれて結ばれたひどく年上のパートナーに対する不満は寂しさと疼きになって我が身に帰ってくる。人混みをかき分けるようにして何度か訪れた一室。ドアを開ければ…ほんのりと漂うソープの香りに、どうやら先客がいるらしいと悟れば、にんまりと唇を釣り上げて。清楚なワンピースと下着を入り口で脱ぎ捨てれば、逸る心を抑えて室内へと入る。) …こんにち、は…? (豊かな胸を申し訳程度に細い腕で隠しつつ…ベットへ横たわる相手へと近づいていく。遠目でもわかる引き締まった肉体がよく見えるベット側へと立てば、片手で乳房を抑えつつ、片手をゆらりと上げて)   (2016/5/3 13:18:24)

陸上選手♂25ふぁ~あ…しかし相手がいないと暇なもんだな。(いつの間にか冷蔵庫から取り出していた缶ビール片手に、ベッド正面のデレビを見つめる。画面の中では女が男の上で腰を振り大きな胸を揺らしていた。いつもならオカズにするには十分なレベルの女優だったが、体は本物の女体を求めているのだろう、股間は少し反応しただけだった)…おっ?こんにちは。(ふと声がした方に視線をやると、小柄な同年代であろう女性の姿が見えた。小さな体には似合わないくらいの豊満な胸が目に入ると、思わずニヤリと口元が歪んだ。ゆっくりと近づいてくる女体を凝視していると、その肉体はすぐ近くのベッド脇にあった。)同い年くらいかな?もっと下かもしれないけど、まあよろしくね(軽い口調で挨拶の後に続けながら、横たえていた身を起こして彼女の前に立った。手を伸ばせば体に触れられそうな位置で、何となく相手の瞳を見つめる)   (2016/5/3 13:27:18)

微M人妻♀24(見下ろしていた時にも感じていた彼我の体格差は彼が立ち上がったことによって更に知覚されるものになる。見つめる視線を合わせるのにも一苦労なその差は軽く30センチほどにはなるであろうか。近づく間にも感じていた視線は無遠慮にも此方を覗き込むように逸らされることはなかったが…それすらも飢えたこの身には心地よい。唇の弓が更に撓んで彼を見返す笑みに媚がのる。) 年は同い年くらいかもしれませんが…人生経験は私が上かも…? ふふ、ねぇ、私も喉が乾きました。そのビールいただけます? (向かい合ったまま、彼へと左手甲を見せ付ければそこに銀の指輪が光るのが見えるだろう。見せびらかすように視線をそちらに集めておいてから…不意打ちに反対の左手でビール缶を握ったままの彼の指先を、さわりと柔らかくなぞってみせて)   (2016/5/3 13:35:48)

陸上選手♂25(じっと瞳を見ていると、その中に吸い込まれるような感覚になってくる。遠目で見た時はどちらかと言えば幼い印象の女性だったが、近くで見つめると目の下の黒子が妙な色気を醸し出していた。)はは、そうだね。人妻は久しぶりかも…(わざとらしく左手を顔の近くに持ってくる女の指には銀の輪がかかっていた。目の前の彼女が人妻であることを認識すると、ドクンと興奮が高まってくるのが分かる。挑発的な視線を投げかけて指に触れてくる彼女の手をその上から重ねて)うん、俺の飲み差しで良ければあげるよ(手を重ねながら、まだ3割ほど残っていた缶ビールの口を女の唇に近づける。見下ろすような位置でビールをそっと飲ませる様は前戯を想像させ、ゴクリと喉を鳴らす彼女の様子を食い入る様に見つめた)   (2016/5/3 13:47:25)

微M人妻♀24あは。「人のもの」をとるのがお好き?趣味が悪いですねぇ…(わざとらしく顰めた眉の下の瞳は、人妻と知っても萎えなかった彼への安堵に柔らかく緩んでいく。重ねられた掌の、その男性特有の骨と筋肉の感触が久しぶりで細く息を吐いたのに気づかれたろうか。おとなしくされるがままに上げられるおとがいは、細い首筋を晒して…) ん、んふ…ぁ…っ (子供がされるような甘い仕草。傾けられた缶から溢れる麦酒が喉を滑り落ちれば顕になった首筋に合わせて上下する。口端から溢れたビールが顎をつたい、上下する喉元から胸元へとまでも雫の道を作り上げて…。) はぅ。ん、ごちそ、さまでした…。お返し、ね?(はふ、と缶から唇を外して息継ぎをした後。再び、麦酒を含めば…彼の首筋に縋り付くように抱きついて唇を重ね、割り開いた舌先から注ぎ込んでいく。半ば以上、零れ肌を伝う感触も心地よいと、開いたままの瞳は楽しげに輝いて)   (2016/5/3 13:56:41)

陸上選手♂25良い飲みっぷり…中々いける口だね。あはは、取ろうなんてまでは思わないけどね?人のものと楽しむのは好きだよ?(母乳を与えられる赤ん坊のようなその様子に加え、口端から零れ落ちる雫に妖艶さを感じ)んんっ…(大げさに息継ぎをした後、お返しとばかりに唇を合わせてくる彼女の積極性に驚くが、それは一瞬の間に淫猥さにかき消されてしまった。舌先をねじ込むようにしてくる蠢きを受け止めると、吸い付くような動きで舌に纏わり付いていた麦酒を掻きだして。ほんのりと苦味の残る口内。目を開いたまま、興奮の悦びを分かち合うような眼差しで舌先での戯れを楽しむ。溢れ出た唾液と混じった液体が互いの肌の間で粘りを増し、それを潤滑油にして体を擦り合わせる。右手は彼女の豊満な胸へと伸び、荒々しい手つきで揉みしだきながら、視線で興奮を伝える)   (2016/5/3 14:08:46)

微M人妻♀24(受け入れられた口づけに勢いを増した舌先は彼の歯列と歯茎の間を確かめるようになぞっては相棒の舌先と絡み合って。体に準じて細く小さな舌先はそれを補うように器用に彼の舌腹を擽っては離れていく。上顎をなぞり、頬肉を辿り…。麦酒だけでは飽きたらぬとばかりに唾液を啜り込む。) あふ……んんぅ…っ (濡れた素肌を重ね合わせれば筋肉質の彼の胸板と大きめの私の乳房が擦れて潰れて。ふにゃんと柔らかな肉を纏った体を擦りつければ、硬い感触のお返しが……体の奥の熱を上げていく。はふ。今度は息づきだけではない甘い吐息とともに唇を離し、彼の腰へと己の恥丘を擦り付け…ようとして身長差にそれがなせないことを知る。つま先だちになってようやく合わさるそこにむむっとほんのり不満顔を見せていたが) おや、楽しむだなんて…遊ばれちゃうんでしょうか…。ね。壊れくらい玩具にしてくれます…?(彼の首筋を引き寄せて。注ぎ込む甘い囁きとともに…耳穴にさえもねっとりと嘗めあげてみせよう)   (2016/5/3 14:19:56)

微M人妻♀24【脱字失礼。壊れくらい→壊れるくらい。気をつけますがランぱつしてしまうと思うので…以後ひどいもの以外は脳内補完していただけると幸いです…汗】   (2016/5/3 14:21:36)

陸上選手♂25【誤字は気にならないので、お気になさらず。お互い様ですので…】   (2016/5/3 14:25:19)

陸上選手♂25(舌は口内を飛び出して口元や首筋まで唾液の跡を付けた。下から上から、甘く激しい接吻に夢中になって。両手を臀部に当て掴み引き寄せると、二人の体はピタリと寄り添う。深く刻まれた腹筋の上から、直に乳房の柔らかな感触を味わいながら。)壊れるくらい激しくされるのが好きなんだ…?でも本気になったら困るでしょ?(気持ちを高めるためか、それとも本心か…そんな言葉を添えて。爪先立ちで必死に性器を合わせようとする彼女に、腰を落として手助けをしてやると、丁度自分の肉竿の上に乗りかかるような形に。そのまま腰を前後に動かすと、ヌルっとした感触とともにお互いの性器がイキイキと活力を帯びてくるのが分かった。腰を落とした不格好な体勢で、ゆっくりとした動きを続け擬似セックスを堪能していく)   (2016/5/3 14:31:36)

微M人妻♀24ん、んぅ…あは。いつだって、私は抱きしめて貰うときは本気です、よ…っ?(時折言葉が跳ねると同時に体も揺らぐのは彼の唇が体へと吸いつくから。片眉を上げて余裕を見せようとした思惑は覚束なくなる足元でバレてはいるだろうが精一杯の矜持だ。興奮した脳内はアドレナリンを排出し始め、表皮一枚が剥げたように紅く敏感になっていく。桃尻を引き寄せられて、彼の逞しい怒張を潤み始めた秘裂に感じて)……ただし、それが続くかどうかは…んんぅ、貴方次第ですけ、ども…っ! (ぬちゅくちゅ…っと粘膜の擦れ合う音が室内に響き始める。彼が腰を引けば仮首がクリを擦り上げ、腰を押せば茎全体が淫唇をなめていく。ねっとりとした蜜を吐き出し始めた膣口がそのたびに、やわやわと、時にはひくんっ!と素直な反応を返して。彼に合わせて踊りだす腰使い、挟んだ肉槍が粘膜の潤みと柔らかい肌に触れて熱く膨らんで行くのを嬉しそうに笑って…)   (2016/5/3 14:40:51)

陸上選手♂25へー…それは燃えるね。それじゃあこっちも本気で抱かないとね?(先刻飲んだ麦酒のせいかそれとも…彼女の顔だけでなく、肉体全体が紅潮し始めたのを全身で感じ取る。彼女に呼応するように体の芯が熱く滾り、自らの象徴ははち切れんばかりに膨張を続けていた。ふと、窮屈な体勢での動きに痺れを切らしたのか、彼女を体の中に抱きかかえながら背後のベッドにゆっくりと倒れ込んだ。倒れこむと同時にグルっと体勢を入れ替えて、上に覆いかぶさる。これで自由に動ける、とニヤッと挑発的な笑みを浮かべた後、待てを解かれた犬のような動きで唇に喰らいつく。唾液を垂れ流しながら、下唇を甘噛し、下顎を唇で挟み込み…さらに途中で別れた性器を再会させる。表面を擦り合わせているだけだが、傍から見ればセックスしているようにしか見えないだろう。はぁはぁ…と荒い息遣いを交えながら激しく深い接吻を繰り返して)   (2016/5/3 14:50:09)

微M人妻♀24(ぽふり、と彼の逞しい肉体を下敷きに倒れ込んだ衝撃はほとんどこちらには伝わってこなかった。彼の腕が、腰が柔軟に衝撃を吸収してくれたのだろう。肉体を操ることに長けているであろう、その仕草に…、そして何よりも肉食獣のようなその表情に…期待でごくりと喉が鳴った。見下される、被捕食者の視点。噛みつくような口づけに応える舌先も先ほどまでの技巧を忘れかけそうだ。荒々しい動きに彼の長めの髪をかき混ぜるようにして頭を撫でては、鼻から甘い息を零して。) せめて、今くらい本気で愛してくれなきゃ、泣いちゃいます、よ? ふふ、嬉し涙、を、おねがいします、ね…っ (ほんのりと瞳に浮かんだ寂しげな色など一瞬で掻き消して。残ったのは欲望に潤む飢えた女。粘膜同士の結合を上下で繰り返しつつ我慢できない指先が己の秘所へ肢体を辿ると…はしたなさなど忘れたように膝を大きく開いて、襞を指先で割り開いてみせる。先端が膣口に重なるたびに誘い込むように吸着する肉襞。) んぅっ、んぅ…っ!!あ…ぅっ!やや…このまま、いっちゃうの、は、いや…ぁ…っ! (焦らすような彼の動き。堪えていた唇から思わずと言った感じで漏れた声は懇願の甘さに塗れて。)   (2016/5/3 15:04:19)

陸上選手♂25さすがに男がそそる言葉のツボを抑えてるみたいで…ああ、あんたを愛してる。いっぱい啼かせてやるよ…(腰を前後させてカウパー液と愛液を交換し混ぜ合わせていると、時折先端部分が挿入され、入り口を掻き出す動きになってしまう。彼女はもう我慢の限界を迎え、自分の指で刺激を加えていた。俺ももう我慢できない……突然動きを止め、無言で彼女を見つめる。これだけで何を伝えたいかは分かるだろう…。)んっ…っく…あぁ…っ(右手でそそり勃つ淫棒の根本を掴み、彼女の秘部目掛けて押し当てる。お互いの性器の先端からは一足先に愛液が涙を流して喜んでいるようだった。それが災いし、挿入しようと押し付けても、ニュルンと滑り焦らすような格好になってしまう。より先端部を掴み直し、今度こそと腰を前進させると、少しずつヌプヌプと彼女の中に入り込んでいく)   (2016/5/3 15:14:44)

微M人妻♀24んんぅ…っ、や、意地悪、意地悪しない、で…っ…お願い…っ(じっと見つめられた、その瞳の奥に、真実の愛があるかどうかなどどうでもいい。今はただ、悦楽に溺れたくて。やっと貰えるかと思った熱さは、過敏に震える入り口だけを掠めていった。もはや、羞恥も矜持も消え去った脳内が欲するのは……身のうちを埋めてくれる、熱い脈動。ベットから浮き上がった腰は離れた仮面を頭を求めて彷徨い、伸ばした指先が彼の腰を掠めては擽っては離れていく。…改めて、と押し当てるられた切っ先、ぐにゅりと肉を押し拡げられる感触に…) あ、ァあ…ぁ…ッ…ひ、ぃ…きもち、い、…っ、はいって、くる、の……っ! (ぞくぞくと背筋を駆け上がる快感。求め続けたそれであれど、過ぎる快感に体を捩れば、浮いたままの腰が逃げるように外れかけて…。慌てて元に戻せば…蕩けた表情が彼の眼前に晒されるだろう。久しぶりの侵略者に噛みつく肉壺はきゅっ、きゅっときつくぬめってみせて)   (2016/5/3 15:25:41)

微M人妻♀24【ベットから浮き上がった腰は離れた仮面を頭を求めて→ベットから浮き上がった腰は離れた亀頭を求めて】   (2016/5/3 15:27:03)

陸上選手♂25ぐぅっ…すごい締まってくる…(体が小さいことを差し引いても、彼女の中は人妻のものとは思えないほど締まりが良かった。身を震えさせて身体を捩った際にあわや外れてしまいそうになったが、何とか奥の方まで入れた。しかし快感の反動でキュウキュウと肉襞にガッチリとロックされて捉えられてしまった。後退しようと腰を引くと、襞が絡みつき一緒になって動き出す。)はは、さっきまでの余裕はないみたいだな…(額に一筋の汗が伝う。自分のことは棚に上げ、蕩けた表情で白い喉を晒す彼女の腰を掴んだ。肉付きの良い体にほんのり指が沈み込む。ぱんっぱんっと規則的な乾いた音の中にはくちゅっと湿った水音が混じっていて、それが一層行為の卑猥さを引き立てる様に感じた。背中を反り、腰を掴む力の入った腕に浮き出た太い血管が行為の激しさを物語る)   (2016/5/3 15:38:13)

微M人妻♀24………っ、あ、あぅ…っあ、あ…っ。(誂うような彼の言い草に視線に力が篭もり、睨み返そうとした途端に奥を抉られるような動き。ふにゃっときつくなった表情がまた悦楽に歪んで、瞼の端から雫まで流れ落ちていく。掻き混ぜられるたびにほおって置かれた肉壺は女の悦びを取り戻し、きついながらもねっとりと更に茎へと絡みついて。) や、ぅ…こんな、のずる、い…っ、ずる、い…っ、あ、あぐ…ぅ、や、そこ、そこぉ、だめぇ…っ! (浮き上がった腰はがっちりと固定されて。ストロークのたびに視界が白く染まるようだ。激しい動きは出来ないものの、己のイイところを擦り付けるように蠢く腰。言葉とは裏腹の動きで貪りだした快楽は止まらず、たゆんたゆんっと豊かな乳房を揺らしながら、足先が丸まっていって、彼の肩口に爪をたてる)   (2016/5/3 15:48:39)

陸上選手♂25(互いの肌には汗が浮き出、掌にはベトッと張り付いてくる感覚があった。自分を犯す雄を求めるような彼女の乱れっぷりに触発され、何も考えずに目の前の女体をひたすら貪り食う。肩に食い込む足の爪に対しては痛みよりもむしろ快感を感じてしまっていた。踵を肩に乗せて、腰を浮かす格好の彼女は羞恥を忘れ快楽に嬌声を上げている。そんな様子にあてられたのか、突如として射精感が身を襲う)はぁっ…はぁ…そろそろイクぞ…ぐ、あぁっ…っ(前触れ無く訪れた絶頂に戸惑いながらも、肉壷の底へと届くようにと腰を突き出して見を震わせた。力が抜けて腰を掴んでいた手を離す。体を前に落とすと、栄養を補給するかのように接吻を開始し、ねっとりと濃厚に舌を絡めて)   (2016/5/3 15:58:07)

微M人妻♀24(抱き潰されるような感覚。逞しい腕の中で悶えるたびに激しくなる突き上げに肉壁が捩れては下腹部から湧き上がる快感に我を忘れて。) ひ、ひぃ…っ!あ、あ、んん。なか、に、…ィっ!中にだし、て…っいっぱいいっぱい、出して…ェ…っ!!…ひ、ぐ、あ、ぁ……ん、んぅーー…っ!! (はしたなく強請った声音は室内中に響き渡り。絶頂に絞り上げられた襞が最奥に感じる熱さに更に絞まって。はひ、はひ、と呼吸さえもままならないままに受け止めたくちづけは苦しさと甘さに、痺れた。) ふぁ…あ、…あ…   (2016/5/3 16:07:02)

陸上選手♂25はぁはぁ……あー、気持よかった。(遠慮なしに中に出し少々満足したのか、いつの間にか軽い口調に戻って砕けた表情に。ここで肉棒を引き抜くのは惜しい気がして、7分勃ちのそれで栓をしたまま余韻を楽しもうと)…うん、人のものも中々乙なもんだ。(繋がったまま横になって、途切れ途切れの熱い吐息を前に此方も息を整える。ベッドと脇腹の間に手を入れ、もう片方の手で曲線を描く柔肌の上を滑らせる。息を吸い込む度に肩が上がり、吐く度に体が小さくなるのを感じた。唇を突き出して、子供が戯れるようなキスを繰り出す。チュッチュと音を立てて息も絶え絶えの彼女を労うように)   (2016/5/3 16:14:33)

微M人妻♀24(ぐぷ…く、ぷ…っと多少萎えた肉茎は結合部に僅かながら隙間を作った。そこから零れ落ちそうになる白濁の熱ささえも惜しいと、脱力しながらも肉壺が戦慄いて、柔らかくなりかけた熱塊をしごきあげる。ひくひくと余韻に震える体を撫で擦られれば尚更で。呆然と、陶然と蕩けた意識のまま、甘えるように抱きつく体は柔らかく擦り寄って。) あ、ふ……もぉ…、最後まで騙してくれなきゃだめで、しょ…? (終わった途端に「人のもの」発言をする相手を責めるように、腰を揺らめかす。ず、ちゅ…っと垂れた白濁がベットへともに垂れていき。重ね合わせた汗ばんだ素肌全体が混じり合うようだ、なんて煮えたことを思いつつ…。受けるバードキスに機嫌を治していき。) ふふ、どうします?壊れる、まではいかなかったようですが…このまま壊すまで続けてくれるのかなぁ…? (ちゅ、と可愛らしい音がねっとりと絡みつく音に変わり、墜ちてる頃には。始まるときにつけっぱなしの、彼の見ていたAVですらも砂嵐に変わるだろうが、この相手にならその時間を捧げても悪くない、なぁんて考えつつ、至福の笑みを浮かべてみせた)   (2016/5/3 16:25:17)

微M人妻♀24【一先ず勝手ながら〆てしまいましたけれども…どうしましょ?二回戦でも、裏でピロートークでも、解散でも…?】   (2016/5/3 16:26:08)

陸上選手♂25【そこそこ時間も経ちましたし、とりあえずピロートークにしましょうか?場所はこちらのPLかラブルームの待ち合わせでしょうか?】   (2016/5/3 16:28:27)

微M人妻♀24【そうですねぇ、ではこちらのPLにはあまりお邪魔したことがないので待ち合わせにお作りいただいても? 公開非公開はお任せしますー。】   (2016/5/3 16:29:17)

陸上選手♂25【はい。では待ち合わせに作っておきますね】   (2016/5/3 16:30:03)

微M人妻♀24【それでは此方はこれにて。お部屋有難うございました。大変楽しゅうございました。】   (2016/5/3 16:30:41)

おしらせ微M人妻♀24さんが退室しました。  (2016/5/3 16:30:45)

陸上選手♂25【此方も楽しかったです。お部屋ありがとうございました】   (2016/5/3 16:31:12)

おしらせ陸上選手♂25さんが退室しました。  (2016/5/3 16:31:17)

おしらせ営業本部長♂55さんが入室しました♪  (2016/9/3 00:54:53)

営業本部長♂55【あっちも今イチで戻ってきました…】   (2016/9/3 00:55:27)

おしらせ営業本部長♂55さんが退室しました。  (2016/9/3 00:58:48)

おしらせ営業本部長♂55さんが入室しました♪  (2016/9/3 00:58:49)

おしらせ営業本部長♂55さんが退室しました。  (2016/9/3 01:05:48)

おしらせ医者♂30さんが入室しました♪  (2016/10/2 23:03:25)

医者♂30【こんばんわ。お邪魔します。】   (2016/10/2 23:04:21)

医者♂30ふぅっ…(時計を見ると、もうこんな時間。予定より遥かに超えた残業…。デスクまわりを片付けて1つ溜め息を…。帰り支度を済ませると、職場を後にした。ストレッチするように全身を伸ばす仕草を。帰り道を暫く歩いた。自宅に真っ直ぐーーーーな筈がなく、向かった先は“秘密の部屋”だった。少し路地に入り、歩く事、数分…見えて来た部屋に思わず笑みが溢れた。期待をしての笑みだろう。ゆっくりとエレベーター前に立ち、ボタンを押した。降りてくる表示をジーッと見ながら、鼓動は徐々に高まってくる。ドアが開くと乗り込んで、ボタンを押す。徐々に上がっていくエレベーターに先程よりも、此方の鼓動は高まるばかりだ。ドアが開くと足早に部屋の前に。軽くノックをして中へ。玄関には、靴はなく誰も居ない事が確認出来る。靴を脱ぎ、所定の位置に鞄を置くと、ゆっくりと服を脱いでいく。最後の1枚、下着に手をかけると一気に脱いで全裸になり入室。)こんばんわー。失礼しますっ。   (2016/10/2 23:16:32)

医者♂30(勢いよく開けたドア。まわりを見渡し、予想通りの展開に思わず苦笑い。誰も居ない事は、玄関先で分かっていた筈だが、やっぱり残念だ。…でも、夜は長く来客に期待しながらも、奥へと足を進めていく。) 誰か来るといいなぁ…。今日は、帰りたくないし…(切なる想いを口にした。誰も居ないし、聞いてないからいいだろう。汗ばんだ体を流しにシャワールームへと向かう。ガラス張りのシャワールームは、部屋の様子が見える。勿論、シャワーをしながらも、来客が来たのも分かる。シャンプーで頭を洗い、ボディソープを手に取ると全身を丁寧に洗っていく。この後に起きる出来事を期待しながら。泡まみれの全身を流していく。全身の水気を拭き取ると、全裸でシャワールームを後に。冷蔵庫からビールを取り出すと、ぶるタブを開けて、一人で乾杯の仕草を。渇いた喉を潤すように流し込んでいく。) ふぅーっ。…仕事終わりのビール、最高!(近くのベットにゆっくりと腰を降ろした。)   (2016/10/2 23:30:11)

医者♂30【もう少し待機してます。】   (2016/10/2 23:37:54)

医者♂30【お邪魔しました。】   (2016/10/2 23:45:15)

おしらせ医者♂30さんが退室しました。  (2016/10/2 23:45:30)

おしらせ警察官♂27さんが入室しました♪  (2016/11/29 00:46:59)

警察官♂27(この会場にやって来るとすぐに奥へは進まず、浴室の扉を開ける。夜になって下がった気温は確実に体温を奪い、歩いてきた間に震えるほど冷えた身をまずは温めようと――。 汗を流し。ついでに洗髪まですれば。浸かった少し熱めの湯。はぁ、なんて本来の目的も忘れてしまいそうな心地良さに完全にリラックスした顔で吐息を零すも、暫く経てばやっぱり気になる奥の光景。)やべッ。こんなことしに来たんじゃねぇし。(ふと我に返ったよう表情を一変させると、ざばぁッ、と湯を溢れさせながら立ち上がり。身体を拭い。髪を乾かし。そしてベッドルームに向かう。火照った身にはルールに沿って何も纏わないどころか、まるで期待から既に昂ぶった欲情の証と訓練された体つきを見せ付けるようで。)【お邪魔します。レス遅いですが。同程度の文章量で遊んでいただける方をお待ちしてみます。】   (2016/11/29 00:48:18)

おしらせ警察官♂27さんが退室しました。  (2016/11/29 00:50:24)

おしらせ警察官♂27さんが入室しました♪  (2016/11/29 00:52:36)

警察官♂27【出たり入ったりすみません。少し回線の調子がおかしかったもので… 失礼しました。】   (2016/11/29 00:53:20)

警察官♂27【お邪魔しました。】   (2016/11/29 01:03:27)

おしらせ警察官♂27さんが退室しました。  (2016/11/29 01:03:33)

おしらせ警察官♂27さんが入室しました♪  (2016/12/7 23:20:51)

警察官♂27【お邪魔します。 先日の待機が残っているようですのでそのまま使い回して。暫く待たせてもらいます。】   (2016/12/7 23:21:55)

おしらせ医療事務♀25さんが入室しました♪  (2016/12/7 23:28:59)

警察官♂27【あ、今晩は。 す、すみません! 続くロールを打ってて気づくのに遅くなりました。 出しても大丈夫でしょうか。】   (2016/12/7 23:35:41)

医療事務♀25【今晩は、はい、大丈夫です。が、此方も置かれていたロルに合わせて打ち始めたので、此方の初回ロルが長くなるやもしれません。どうかご了承ください。】   (2016/12/7 23:37:22)

警察官♂27【あ、では。事務さんのロールを受けて投下いたします。】   (2016/12/7 23:39:05)

医療事務♀25【では、出来次第投下します。もう少しお待ちください。】   (2016/12/7 23:39:45)

警察官♂27【はい。ごゆっくりどうぞー。】   (2016/12/7 23:40:01)

医療事務♀25(男が入浴から上がるのよりも少し前、その会場に近づくひとりの人影があった。日中はまだそうでもないものの、夜が更けるに近づいて冷えていく気温は女の髪も体も冷え込ませて中に入って誰もいなければ少しゆっくりと湯につかろうなどと思っていた。玄関の扉を開ければ先に来ている男の履物が並んでおり、眉根を寄せながら小さくため息を漏らす。男の履物に並べる形で自分の履いていたパンプスを脱ぎ、荷物とともに着ていた上着を纏めると、手慣れた手つきで玄関先で衣服を脱ぎ始める。丁度、鞄を置いた時や上着の中に着ていたワンピースを脱いだ時辺りに立てた小さな物音はもしかすると会場のベッドにいる男の耳に届いたかもしれない。脱ぐ時同様に着るのもこの場所で、というのが多い為か玄関近くにある姿見に映った女の身体は程よく腰の括れと、胸の膨らみがあり、ちらと視界の中で映った自分の姿に口許に薄く笑みを浮かべる。さて、今宵のお相手は、とばかりに奥の方に視線を向け、ゆっくりとそちらにへと歩き始めて。)   (2016/12/7 23:41:01)

警察官♂27そのうち誰か来るだろ…(ふぅ、と息を吐き出しながら零した声は呟きというよりは期待の言葉。喉に渇きを覚え、入ったベッドルームから出ると冷蔵庫から缶ビールを一本手に取り、其の場で、カシュ、と栓を開けた。続けて勢い良く煽り、晒した喉をごくごくッと上下させれば、繋いだ息はとても満足した音を上げる。室温は暖房が効いて程よく、激しく身を動かせば汗が滲むかもしれない。そんな中を全裸でうろつき、物音がすれば視線を部屋の入り口に向け、誰か来たか、などと期待に胸を膨らませるが――、ほとんどが外れ。玄関を隔てた通路を過ぎていく誰かの足音らしく、そんなことを何度か繰り返すうちに逸っていた気持ちは幾分か鎮まっていき。)   (2016/12/7 23:51:47)

警察官♂27んー。(テレビを見たり、部屋の中を見て回ったり。最終的に腰を下ろしたのはやはりベッド。飲み掛けのビールを片手にシーツへ腰を沈めれば、詰まらなそうに口許歪めて喉奥で呻り、帰ろうか、などと思案。そんなとき、また物音が耳に届くけれど前例がある為に顔は向けない。しかし、今度は当たりだったようでやって来た女性に向けた顔は驚きを浮かべていただろう。)あ。ああ… どうも。(不意を突かれ、気の利いたことも言えず、咄嗟に出たのはそんな挨拶で。しかし。無意識に這わせた視線は確りと彼女の肢体を確かめ、思わず頬が綻んでいく。)   (2016/12/7 23:52:12)

医療事務♀25(自分が来る前にあった男の逡巡等は与り知らぬ事。脱ぎ終えたもののうち、下着などは確り服の下の方に入れておいた後、向かった会場の入り口近くで自分へと向けられた視線には、不思議そうな眼差しをもって受け止め、軽く首を傾げた。)――…あら、何か私の顔についてます? 後、誰か知り合いに似てました?(初めて見る相手の何処か狐に摘ままれたかのようなその表情に小さく笑みを浮かべながら、位置的にも角度的にも全てを見ることは出来ない彼の身体へと不躾にならぬ程度に視線を向けた。肉体労働や身体が基本な職業に就いているのだろうか、恰幅の良い肩や自分のものよりも大きな手は実に、――美味しそう。表情にこそ出す事はなかったが、ほんの少し自分の口角が上がりつつあるのはどうしても堪えられなかった。肩にかかっていたゆるく癖のかかった髪を払いのけるように手を動かした後、小さく咳ばらいをして)――…で、出来ればお風呂に入ってからがいいかな、って思うけれど。(興奮してしまっているのか、少し声を掠れさせながらもそう口にしながら、彼とバスルームのある方を交互に見やりながらどちらにも近い辺りまで歩み寄る。)   (2016/12/8 00:06:23)

医療事務♀25でも、貴方がそのままでもいいっていうのならば、(構わない、とばかりに淡い笑みを深めて。)   (2016/12/8 00:06:34)

警察官♂27お、おっぱい……は、顔じゃないけど見える。(呆気に取られた顔を見られたことや、そういった心境に陥っていたことに感じた恥ずかしさ。は、と声を掛けられたことで我に返り、僅かではあるが滲んだそんな羞恥を誤魔化すよう戯けた声を返す。其の表情と声音に笑みを乗せて同じく顔を幾分か傾げれば、近づく姿を目で追いかけ、改めて彼女の身体に舐めるような視線を纏わせた。此方はそんな眼差しを隠すことなく、欲望其の侭、正直に。)ああ、その間に帰っちゃうかもなー… 風呂は終わったら一緒に、ってのはどう――?(此方に伺いを立てる相手を見上げると、待てない、といった意を込めて笑みを深めさせ、其の後で誘うよう手を差し伸べた。表情は笑んでいるが、見上げる形で向けた視線は欲情を色を滲ませて。其れは身体も同じ。広げた膝の間では肉塊が猛々しく反り返り、そんな状態でも逸る気持ちと欲求を伝えているようで。伸ばした手を相手が取れば。ぐッ、と引き寄せて直ぐにでもベッドの上へ組していくだろう。)   (2016/12/8 00:19:00)

医療事務♀25なぁに、それ。(不意に漏らしたというのがよく分かる男の言葉に吹き出し笑み声を漏らしながら肩を揺らす。上から、下から、向けられる視線を受け止めながらも、恥じる事なく身体を晒したまま、色白な頬を赤く染める。言葉で示されていた胸の辺りに視線を感じるとまだ触れられてもいないのに、その頂が軽く尖り始めていて。)あ、それは流石に困っちゃうかなぁ。誰も来なかったら一人で寂しいし? 終わったら……というか第二ラウンドになっちゃうかもだけど一緒に入ることにするー。(自分へと伸ばされた手に自分の手を重ね、ベッドの方に深く歩み寄る。膝をシーツの上に突いた後は膝立ちの姿勢になる。そのままの状態で引き寄せられれば、小さく歓声めいた悲鳴を上げながら、くすくすと笑いながらも男に身を寄せる。勢いが殺せずにベッドの上に転がる形に倒れれば、ふわりと長い髪がシーツの上に広がり、先ほどまでとは逆にこちらが男の事を見上げる事になり。)   (2016/12/8 00:32:58)

警察官♂27(彼女が自身の手を取り、身を寄せてくれば。小さな膝が己の脇へ突いたのを見計らって腕を深く絡めさせ、包んだ其の身ごと身体を捻りながらシーツに倒れこんでいく。見上げる顔に影を落とし、未だ少し冷たい肌に、熱く火照った肌を重ねて瞳を覗くと仄かに目許を細くさせて。)第二ラウンド…? そんな余裕、あるかな…?(俺が、と続けてまた笑う。そんな綻んだ吐息を降り注ぎながら、彼女とシーツの間に挟まった片手で背から首を深く抱き空いた片手で緩やかに其の身を撫でた。掌を腰骨に置くとわき腹を辿って胸元に指を流し、其の指を遠慮なく胸の膨らみへ。柔らかな丘を下から包むよう握ると、持ち上げて幾分か搾る圧を加え、先端を強調させて其処に人差し指と親指を寄せていって。同時に。密着する昂ぶりをなおも押し付け、其の熱と硬さを伝え、興奮した顔で腰を揺らし始め。)ね、ここさ…、もう反応しちゃってんじゃん。 いいよ、敏感な子――、すげぇ…、いい…。(鼻先が触れ合うほどまで顔を寄せると、間近で視線絡ませながら摘んだ先端を、くり、と刺激して。瞳に意地悪く綻びを乗せれば、どうされたい?なんて口を開いて徐々に指の動きを淫らにさせていく。)   (2016/12/8 00:50:46)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、医療事務♀25さんが自動退室しました。  (2016/12/8 00:53:20)

おしらせ医療事務♀25さんが入室しました♪  (2016/12/8 00:53:27)

医療事務♀25【し、しくじりました。…以後、気を付けます。】   (2016/12/8 00:54:12)

2015年12月06日 01時51分 ~ 2016年12月08日 00時54分 の過去ログ
【描写】匿名全裸乱交会場【100字以上】Ⅳ
現在のルーム
過去ログ一覧
▲このページの先頭に戻る


(C)2009-2020 チャット ルブル <info@luvul.net>

【独占】真剣で私に恋しなさい!A-1
紗倉まな 初イキッ!!
ヒメカノ
ツゴウノイイ彼女~Hカップいいなり服従委員長『遥』~