チャット ルブル

「”ヴァルハラ”地下闘技場:第二リング」の過去ログ

現在のルーム
過去ログ一覧
タグ ふたなり  シーメール  サイコロ  バトル  格闘


2021年05月16日 23時49分 ~ 2021年05月23日 08時09分 の過去ログ
過去ログでは上から下の方向に発言を表示しています

カナリア/♀/【あ、この後犯したりとかしちゃって大丈夫ですか?】   (5/16 23:49:15)

白狼/♂/…うっ…ぇ…(唯一の体の支えとなっていたカナリアから振り落とされると、ドサリと力なく横たわる。その顔は自らの胃液、唾液に加え窒息から涙も垂れ流しグショグショ。細かく体がひくつき、痙攣を起こしている。壮絶なKO決着。色濃く敗者としての姿を晒してカメラが捉えている)   (5/16 23:49:29)

白狼/♂/【はい、大丈夫ですよー。勝者の権利を行使してしまって下さい!】   (5/16 23:49:58)

カナリア/♀/……じゃ、食べちゃお♡(そう言いながら倒れた白狼の前で下の服を脱ぎ捨て、生まれたままの姿へ。その状態で白狼のズボンを無理矢理脱がし、そのズボンで自分に付いた胃液を拭き取ってから倒れた白狼を仰向けにしてその上に馬乗りになった。おき、ろっ。おき、ろっ。(そして握り拳で白狼の胸を何発かぶっ叩いて無理矢理叩き起こす。)   (5/16 23:55:37)

白狼/♂/うっん…ぐふ…かふっ…!はぁ…はぁ…(失神している状態で衣服を剥ぎ取られ、馬乗りのポジションを取られ。その上で数度拳が胸に叩き込まれて、強引な蘇生を与えられるとむせ返りながら瞳を開き、ぼんやりとカナリアを見上げ)うっ…試、合…   (5/17 00:02:40)

カナリア/♀/もう、試合は、終わり。……私の時間。(そう言いながら自分の腰を浮かせ、白狼に見える様に自分の割れ目と白狼の鈴口をキスさせる。)理解した?アナタは、食べられるしか、ないの。   (5/17 00:04:38)

白狼/♂/んっ…はっ…(試合は終わり、そう告げられると記憶のない自分の敗北を悟る。更にこの状況…カナリアから感じる征服欲とその色気に反応せざるを得ない。自らカナリアの腰に手を回し、腰を軽く浮かせ)食べるなら、食べ残しは無しで…   (5/17 00:15:52)

カナリア/♀/んふっ、良い子♡……全部、吸い取るから。(その答えに満足そうに淫靡な表情を見せ、キスしていた割れ目が肉棒を飲み込み出す。ゆっくり、ゆっくりと自身の下半身を白狼に突き刺しながらも急にまだ赤い自分の乳を両手で持ち上げて白狼の口の前へと差し出した。)どうせなら、癒して?   (5/17 00:20:31)

白狼/♂/はっ、ぅっ…!(肉棒がカナリアの中へとゆっくり飲み込まれていく。内部の熱さと締まりに白狼も思わず声をあげてしまう。そして眼前に乳房が差し出されると下から上へとマッサージでほぐすように掌を当てて摩って)柔らかい…   (5/17 00:26:39)

カナリア/♀/んっ、あんっ♡……ありが、と♡お礼に、もっと、締めるね?(ほぐされる乳房への優しい感覚に目をとろんととろけさせる。そして肉棒が自分の奥まで飲み込みきった時、ここから本気だと言わんばかりに膣でよりキツく肉棒を締め上げていく)   (5/17 00:32:30)

白狼/♂/す、ごい…んっ。(飲み込まれた肉棒がカナリアの中で強く締め上げられていくと、堪らず腰がピクンと浮き上がる。胸への愛撫も熱を帯びて、その先端の乳首を指先で弄りながら揉みしだき)   (5/17 00:37:37)

カナリア/♀/ふぅっ♡ふぅっ♡ん、ぁっ……♡(胸への愛撫で快感で膨れた乳首をくにくにと弄られ、とろけそうな目で白狼を見つめながら甘い声と呼吸を白狼の顔へ吹きかけつつ、ぱちゅ、ぱちゅ、と下半身の方もいやらしい音を立てながら腰を振り始めヒートアップし始める。)   (5/17 00:42:18)

白狼/♂/はぁ…はぁ。んむっ…はむっ。(熱い息と肉棒に伝わる熱。二つが白狼にも強い興奮を与える。腰を振るのもカナリアだけでなく白狼もまた腰を突き上げ、快感を求めていく。愛撫していた胸にもしゃぶりつき、舌先でその硬くなった蕾を小刻みに刺激して)   (5/17 00:51:09)

カナリア/♀/はぁぁっ♡んひゅ、やさ、し、きもち、いっ…………♡(白狼の吸い付きにビクン、と身体を震わせよりしゃぶりやすいように胸を近づけ、ゆっくりとその快感を享受する。……それとは真逆に下半身はお互いの全力の絶頂へ向けて、腰を振るペースをどんどん早め強い快感をお互いの身体に刻んでいき、接続部からはとろとろと透明な液が垂れ白狼に落ちていく。)   (5/17 00:56:55)

白狼/♂/はっんぅ…すごい、気持ちいよ…んっ!(互いの感度が上がり、白狼もそのカナリアの吐息でピクリと反応するほどに。ピストンは激しさを増し、淫靡な後を立てながらカナリアの奥深くを強く突き上げ、絶頂へと誘っていき)   (5/17 01:01:06)

カナリア/♀/ねぇっ、そろ、そろっ、イくから、一緒に、イこ?(そう甘ったるい声で同時に絶頂しようと提案しつつ、ぐりぐりと鈴口を虐め始め、自分の胸を白狼の顔へ少し強めに押し付ける。射精が、射精が恋しい。早く、精液を身体に取り込みたい。)   (5/17 01:05:57)

白狼/♂/そう、だね…イこう。一緒に…。(一層強く先端を搾られるとキュウと狭く感じる。こちらも限界が近い。最後の力でのピストンで突き上げると、遂に先端から熱い白濁した精液を噴き出し)イく、イく…は、はぁぁぁ!   (5/17 01:11:08)

カナリア/♀/んぁぁぁぁっ!?あ、あっ……ん、はぁ♡(射精と同時に下半身を全て持っていくかのような熱い感覚と快感が支配し思わず声を上げ上半身を大きく反らせビクッ、ビクッと跳ねさせる。そうしながらも、なけなしの理性で膣は射精中もずっとキツく締め続けた。全て出し切らせる様に。出てきた精液を一滴も外に溢れさせないように。少しも、食べ残さないように。)   (5/17 01:16:09)

白狼/♂/んぐっ…んぐっ…ぅ。(絶頂で全てを出し切ってビクビクと体を震わせながら、既に出し切った身体でカナリアの腰へと密着を解かずに押しつけ続ける。彼女が全てを喰らい尽くせるように。捕食者と獲物に生まれた歪な愛を示しているようで)   (5/17 01:23:47)

カナリア/♀/……そうね、まだ、上は食べてない……♡(欲しがりな白狼へ応える様に白狼の口にキスをし、その口の中に舌を入れて犯し始める。そして下半身も精液を漏らさないように気をつけながらゆっくりを再び腰を振り始めた。カナリアの食事は、まだ始まったばかりだ……。)   (5/17 01:28:25)

カナリア/♀/【こんな感じで区切りをつけましょうか?それともまだまだ続けちゃいます?】   (5/17 01:30:26)

白狼/♂/【そうですね、今回はここで区切りとしましょうか。時間も遅くなってしまいましたし】   (5/17 01:34:37)

カナリア/♀/【了解しました、対戦ありがとうございました、ヤりたい事やれて楽しかったです!】   (5/17 01:38:21)

白狼/♂/【いえいえ、こちらこそ楽しかったです!ダイスの恐ろしさを痛感しましたw】   (5/17 01:40:33)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、白狼/♂/ ◆2gyya21BDAさんが自動退室しました。  (5/17 02:07:31)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、カナリア/♀/ ◆j8a4MK0Eq9cvさんが自動退室しました。  (5/17 02:07:31)

おしらせ狼谷未来/☆/ ◆sxKTlNdvOMさんが入室しました♪  (5/18 01:16:40)

おしらせカナタ/♀/ ◆5YehBV47xYさんが入室しました♪  (5/18 01:17:49)

狼谷未来/☆/2d6 → (3 + 3) = 6  (5/18 01:18:51)

カナタ/♀/【改めて、宜しくお願いします】   (5/18 01:19:01)

カナタ/♀/2d6 → (1 + 2) = 3  (5/18 01:19:05)

狼谷未来/☆/【お願いします!!】   (5/18 01:19:43)

カナタ/♀/【書き出し、どちらから行きましょうか?】   (5/18 01:20:25)

狼谷未来/☆/【おねがいしてもいいですかっ】   (5/18 01:20:46)

カナタ/♀/【了解です。 お待ち下さい】   (5/18 01:21:22)

カナタ/♀/【待合室、バグって出られなくなりました。 あちらはタイムアウトまで一旦放置しますね…】   (5/18 01:22:19)

狼谷未来/☆/【了解ですー!】   (5/18 01:22:46)

狼谷未来/☆/https://pbs.twimg.com/media/Ez_VgkKVkAkxS94?format=jpg&name=medium  (5/18 01:25:19)

狼谷未来/☆/【一応外見イメージをば…!】   (5/18 01:25:26)

カナタ/♀/(深夜のとある場所、その地下に備わっている六角形の特設リング。鉄柵で囲まれたソレは、まるで檻や鳥籠とでも呼ぶべきか、所々闘技者の凄惨な血痕が残る舞台で、今宵も二人の女が対峙する) へぇ、かなり鍛えられているなァ… (一見戦いに来たようには思えないラフな私服姿。他人事の様に落ち着いた口調で、首を捻ったり入念にストレッチを行なっている。相手の入場に合わせて上着とシャツを脱げば、筋の入った腹筋を露わに、形の良い乳房をスポーツブラで覆い、しかし下はジーンズ姿で試合開始を待つ) けど、…女、なんだよね…?   (5/18 01:34:03)

カナタ/♀/https://www.pixiv.net/artworks/83114061  (5/18 01:35:34)

カナタ/♀/【イメージは色々見た中でこれが近いかなぁ。といった感じです】   (5/18 01:35:56)

狼谷未来/☆/そっちだって、ココのリングじゃなかなか見ないぐらいに鍛えてるよっ(彼女からの言葉を誉め言葉と受け止め、素直に相手の仕上がりも褒め称え。呑気なやりとりをしながら、手首足首をグルグルと回しつつ、つま先でマットを叩いている。蹴りが得意な戦士である事は映像記録からも分かるが、脚周りの筋肉が特に発達しているように感じられ)うーんと、女の子のつもりなんだけど…おちんちんはついてるよ、たまたまも。(顎に手を当て、天井を見上げながら何気なく答える。そのやり取りの呑気さにしびれを切らしたのか、会話中にも関わらず試合開始のブザーが鳴り響いた)   (5/18 01:39:12)

狼谷未来/☆/【ウオーいい仕上がり!!】   (5/18 01:39:44)

狼谷未来/☆/【ではでは、攻撃ダイス振らせていただきまーす!】   (5/18 01:40:03)

狼谷未来/☆/2d6 → (4 + 1) = 5  (5/18 01:40:07)

カナタ/♀/【お互い良い勝負をー。 ダイス行きますね】   (5/18 01:40:48)

カナタ/♀/2d6 → (1 + 3) = 4  (5/18 01:40:54)

狼谷未来/☆/【ではでは!】   (5/18 01:41:04)

狼谷未来/☆/わわー!?(もう少し話し込もうとした矢先に差し込まれた開始の合図。呑気な顔が目を見開いて驚き散らかしているが、すぐに笑みへと変化する)よろしくお願いしまーすっ!!(一気に地を蹴り、踏み込む。といっても、間合いとしてはあと一回ほど踏み込む必要がある。彼女にとって行動の判断の余地があった…はずだった。踏み込みのモーション中に、前脚の膝を折りたたんだ。そして…槍の如くその足先を打ち出す。それでも間合いは足りないだろう…が、アーチが構築された彫りの深い、鍛え上げられた足裏が彼女の顔面へ大写しになる。バチン、と顔面の表面を足裏の肉が打つ。   (5/18 01:45:10)

狼谷未来/☆/【続きます!】   (5/18 01:45:15)

狼谷未来/☆/(打撃としては平手打ち程度の威力だろう、しかし…次の攻撃につなげる目くらましとしては十分な、速攻を意識した行動だった)   (5/18 01:45:59)

カナタ/♀/そりゃどうも (と柔らかく笑みを見せるが、称賛する相手を軽く受け流した。相手ほど鍛え込まれている人物に褒められても、と皮肉られているのではと捻くれた解釈をしている様にも見える) 嘘、ッ…!? (それよりも、警戒するべきは、やはり鍛えられた肉体からの打撃だろうか。特に脚周りは中々見ない鍛え方がされている。そこに警戒を置いて鳴らされた開始の合図、初手は…やはり蹴り技だと、推測は当たっていたが、一つの誤算があった。予想を上回る速度、そしてリーチを持っている。思わず声が漏れた頃には、相手の足裏が顔を弾いており、視線が明後日の方向を向いてしまっていた)   (5/18 01:56:58)

狼谷未来/☆/2d6 → (6 + 5) = 11  (5/18 01:57:49)

カナタ/♀/2d6 → (5 + 4) = 9  (5/18 01:58:01)

狼谷未来/☆/【くらいついてくるっ】   (5/18 01:58:10)

カナタ/♀/【まだ、頑張って欲しいなあ】   (5/18 01:58:37)

狼谷未来/☆/よ、っと!(相手の顔面を足裏で捉えた感触。試合前とは違い、ここで逃がすほど能天気な人間ではない。徹底した顔面狙いを仕掛けていく。蹴り脚を掲げたまま脹脛を引き、蹴りのタメを作る。明後日の方向を向いた彼女の視界を、さらに乱すべく。足指をそらせ、足指の付け根、母指球を当てるように…回し蹴りを放っていく。めくり、と彼女の頬を強かに足先が食い込み、押し飛ばす)   (5/18 02:04:19)

カナタ/♀/あ"っ…!!ぐぅ…っ…!! (目眩しから立ち直る事が出来ない以上、相手の速度に対応する事は出来ない。そのまま相手を視野に入れる前に、二撃目の蹴りが顔を抉る。今まで食らったことのない蹴りである。硬く握った拳の硬い部位が直撃した感覚、加えて間髪入れず同じ脚を用いて蹴ったと思われる。押し飛ばされて鉄柵に強打。次の追い討ちを防ごうと、反射的に腕を顔まで上げて)   (5/18 02:12:19)

狼谷未来/☆/2d6 → (5 + 1) = 6  (5/18 02:12:50)

カナタ/♀/2d6 → (4 + 1) = 5  (5/18 02:13:01)

狼谷未来/☆/【じれったい試合展開が続く…!】   (5/18 02:13:18)

カナタ/♀/【逆転できると信じてますよ】   (5/18 02:13:48)

狼谷未来/☆/よしっ、ほーらっ!(彼女を押し飛ばしたのは続く展開を狙う為。がしゃりと音を立てて背中を打てば、ほんの少し身動きは取れなくなると見て。彼女の腕を上げるのを見ながら…スッ、とそのガードの間に、足首を伸ばした右足が入っていく。あざ笑うかのように見える、未来の足裏。彼女の目にはその皺まで刻まれる距離まで迫り…ゆっくり、ミシvと顔面に足裏を押し付けられ、後頭部は鉄柵で圧迫された。ゴリ、ゴリと不快な痛みが後頭部を占めれば、顔面には…柔らかく、湿って吸い付く、凹凸の大きい熱い肉が張り付く。濃厚な汗の匂い、埃の匂い、…そして、しみ込んだ血の匂い。コレによって、数多の戦士が沈められてきたのだろうと思わせる。屈辱的な顔面攻めは、所謂魅せ技…つまり、ナメているのだと分かる)ほら、ほらほら~っ、逃げなきゃ苦しいぞーっ?   (5/18 02:19:11)

カナタ/♀/んっ…! ん"んっっっ!!(動きを読まれたのか、相手の反射神経が優れているのか、ガードと同タイミングで右足に割り込まれ、柔らかな足裏が顔を押し付ける、その汗や埃の不快な匂いの前に、圧を掛けられて、鉄柵と挟まれたままミシミシと自身の耳元で頭が締め付けられる様に軋んでいるのが分かる。 屈辱は感じるが、相手の思惑通りとはいかない、挑発にも耳をかさず、ただ今は反撃の機会を窺っていて)   (5/18 02:28:13)

狼谷未来/☆/2d6 → (2 + 5) = 7  (5/18 02:28:42)

カナタ/♀/2d6 → (6 + 6) = 12  (5/18 02:28:52)

狼谷未来/☆/【カウンターされてたらあぶなかった!】   (5/18 02:29:04)

カナタ/♀/【微々たる数値で負けてたので、カウンターする余裕がないという…】   (5/18 02:29:45)

狼谷未来/☆/(じれったい挑発を繰り返せば、大きなモーションの抵抗が来る。…と踏んだものの、存外に抵抗しない。これ以上ダメージのない挑発で脚関節でも取られたら割に合わないと判断。ぐりゅ、と足裏で鼻を押しつぶすように顔を押しのけさせ、鉄柵と腹を串刺しにさせんと右の膝蹴りを放つ。勿論、避けられる可能性を考慮して鉄柵と鉄柵の間に膝を通すように…)ぅーりゃっ!   (5/18 02:31:32)

カナタ/♀/ぐう、っ……! (初見ではかなり間抜けた人物に見えたのだが、そういう演技だったのだろうか。技を直ぐに解いたと見せかけて、鼻を押し潰してくる辺り、狡猾でかなりのやり手と見えた。 右の膝蹴り、この瞬間を待っていたと肘で受けては、滑らせる様に相手の蹴る方向の軌道を変えて、捌いて見せると共に、一瞬の隙を突いて回り込んで、鉄柵との挟撃を避ける様に背後に回り込んだ) 君、そうやって何人壊して来たの?(押し潰されて鼻から流れた血を、腕で拭って払い取りながら、構えを取り直した)   (5/18 02:39:49)

カナタ/♀/2d6 → (5 + 2) = 7  (5/18 02:39:58)

狼谷未来/☆/2d6 → (3 + 3) = 6  (5/18 02:40:05)

カナタ/♀/さて、お返し、貰っておくと良いよ (相手が振り返るであろうタイミングでその様に言えば、どの武術にも該当しない、喧嘩慣れした素人のラフな構えから、明らかに叩き慣れしたフリッカージャブに近い一撃。脱力状態からノーモーションで、腕をしならせながら放った一撃は、初手で行った相手の蹴りと同等の威力、顔を弾き飛ばして視界を歪ませようと)   (5/18 02:44:17)

狼谷未来/☆/むーっ!(膝に当たる固い感触。鉄柵ではない…が、それが意図的に蹴りの軌道を変えてくると、読まれていたことに不満を表すかのように唸る。闘争という非日常でありながらも、まるでじゃれ合っているかのようにコロコロと表情を変える辺り…)試合してきた人数っ?えーっと…(目の前で指折りしてみせ。挑発にしてはあまりに間抜けで、指を折る回数が異様に長い。5秒ほど指をパタパタと追っては広げた辺りで、肩を竦めて)わかんないや!!(…つまり、非日常が日常と化すほどに入り浸っているバトルジャンキーなのだろう。恐らく、先ほど見せた狡猾さも意図的でなく無意識下で行ったモノと見えて。…当然この隙を突かれ、飛んできたフリッカージャブに…直撃しなかった。が、彼女の指先には何かを打った感触が残っている。拳が戻った時には…あの一瞬で半歩だけ下がり、鼻に被弾しただけの未来の顔があった。…だらー、と情けなく鼻血を一筋垂らして)…ぁ、鼻血出ちゃった…(違和感に気づくと鼻に指を当て、血がついているのを確認している)   (5/18 02:47:28)

カナタ/♀/2d6 → (1 + 2) = 3  (5/18 02:48:53)

狼谷未来/☆/【カウンターいきまーす!】   (5/18 02:49:02)

狼谷未来/☆/2d6 → (1 + 6) = 7  (5/18 02:49:04)

狼谷未来/☆/【10!】   (5/18 02:49:12)

カナタ/♀/【10ですね、窮地】   (5/18 02:49:27)

狼谷未来/☆/【むふふ、カウンター成功なので攻撃が当たる直前までのロールをお願いします!】   (5/18 02:49:55)

カナタ/♀/イカれてるねぇ… (自身が言えた台詞ではないが、この調子が真性で、こんな血生臭いリングで戦いに身を投じていると言う事は、頭のネジが数本飛んでいるに違いないだろう。血の付着した拳を引き戻し、思わず苦笑を浮かべてしまった) それじゃ、痛いの叩き込ませて貰うかな (後ろ足を蹴ってひと呼吸のうちに、攻撃圏内まで入り込めば、右腕によるボディブローを放つ。助走に合わせて下から上へ弧を描き、狙いは鳩尾に、当たれば痛いでは到底済まされない凶撃であるが…)   (5/18 02:57:59)

狼谷未来/☆/おっ?痛いの来る~?(間抜けな調子によって引き出されたのか、彼女の言葉は未来にとって「カウンターの狙いどころ」だと判断した。早い踏み込む、だが当然痛い一撃というのは、出が遅い…フックのように、弧を描く挙動故に。彼女の着地地点を瞬時に見切ると、彼女が攻撃圏内に入った時点でもう既に未来の右脚は地を蹴っていた。踏み込みの勢いは殺す事が出来ない。…真っ直ぐと、槍のように突き出されたつま先。彼女の逞しい腹筋をぷにゅvと踏む…だけでなく、メリ、メリと筋繊維を引き千切るように、めり込んでいく。そのまま、腹筋という盾に守られた急所…肝臓へと、つま先の圧と衝撃が到達した)だ、ああっ!!   (5/18 03:02:46)

カナタ/♀/嘘ッ………、見切ってソレ、咄嗟に出せる…? (急ぎすぎた一撃だったか、焦りが無意識に現れてしまったのか、相手の反射神経が高かったのか、原因は分からないが、自身の拳が到達する前に腹部を破壊する音が脳に響いた。相手の爪先が、自身の腹部を、繊維を突き破る様に貫いていた、ぐっぽりと足指が腹部に入り込んでいるのが、見て取れる。気付いた数秒後に、額に冷や汗が滲み出る。危険信号を脳が受け取れば、激痛が腹部に走り、胃液ではない別の体液が、逆流するように食道へ、ゴボッと口からオレンジ色の液体が吹きこぼれた。ダウンはしないが、咽せて身体を丸め、小刻みに足を奮わせる。足を引き抜かれた時、自身の蹴られた位置は、まるで槍で貫かれたかの如く、赤黒く変色してしまっていた)   (5/18 03:13:46)

狼谷未来/☆/2d6 → (3 + 6) = 9  (5/18 03:14:19)

カナタ/♀/2d6 → (6 + 3) = 9  (5/18 03:14:28)

狼谷未来/☆/【むふふ、いい出目だ…】   (5/18 03:14:30)

狼谷未来/☆/【ニャッ】   (5/18 03:14:34)

カナタ/♀/【意地が出てますねぇー…】   (5/18 03:15:09)

狼谷未来/☆/へへ~っ、何となくだよ!(嫌味の類ではない、能天気な返事。まるで野生動物を相手にしているような感覚が彼女を襲うだろう。足指をさらに押し込み、体勢を崩させると。…ここは定石通り、貫いたばかりの弱点を狙うような、強烈な右ミドルを振りかぶっていく)でぇえいっ!!   (5/18 03:16:31)

カナタ/♀/ああ、そう…! 何となくで、こんな芸当出来るわけないでしょ…!! (込み上げる、不快感を全て吐き出して、二度、三度とオレンジ色の液体を吐き出し続ける。恐らく血液の混じった体液で、腹部を大きく損傷している事がわかる。 命の危機を与える一撃によって、アドレナリンが分泌されたのか、かえって活気が現れたようだ。 相手のミドルキックを左腕で難なくブロックすれば、身体を再びゆらりと揺さぶらせて、攻撃態勢に切り替わって)   (5/18 03:22:46)

カナタ/♀/2d6 → (1 + 4) = 5  (5/18 03:22:52)

狼谷未来/☆/2d6 → (1 + 2) = 3  (5/18 03:22:57)

狼谷未来/☆/【反撃の兆しっ】   (5/18 03:23:15)

カナタ/♀/これなら、どうかな…? (ブロックした相手の右脚に、自身の左腕を絡み付かせて、そのまま後ろに引っ張る。無理矢理相手の体勢を崩して、此方に引き寄せた所に、右肘を目の前に突き立てた。その一撃は、相手の額を狙っており、鈍い音を立てて脳を揺さぶる。頭をかち割るつもりで放っているのか、流血をも誘発して)   (5/18 03:27:40)

狼谷未来/☆/ありゃっ!?いけると思ったんだけど、なー…!(ミドルキックが直撃した、と思えば…ガード越しでもダメージを通せたはずが、相手に動きを止める様子は見られない。スイッチ入れちゃったかな…と内心反省しつつも、仕掛けてくる攻撃に覚悟を決める)う、わわーッ?!(額にめり込む肘。ぱっくりと額の皮膚が裂けて血こそ垂れるものの…額の骨密度は肘よりも勝っている。打撃としては威力はなかったが、それでも彼女の狙いであった脳への揺さぶりには効果があった模様)   (5/18 03:29:35)

カナタ/♀/2d6 → (6 + 5) = 11  (5/18 03:29:53)

狼谷未来/☆/2d6 → (2 + 2) = 4  (5/18 03:29:59)

狼谷未来/☆/【いいのもらったぁ…!】   (5/18 03:30:09)

カナタ/♀/【追い詰められて本気を出してるパターン?】   (5/18 03:30:40)

狼谷未来/☆/【むふふ、いい流れだぁ】   (5/18 03:30:54)

カナタ/♀/貴女も、盛大にぶち撒けなよ (肘を突き立てている中、左手は親指を折り畳み、指先を突き立てて手刀を作り、一息で相手の腹筋へと突き込んだ。対戦相手に幾度と地獄を見せたその刺突は、相手の腹筋に軽々と指が吸い付き、容易に胃に到達。体内を蠢く様な激痛と嘔吐感は、相手に間抜けたリアクションすらさせてはくれないだろう)   (5/18 03:37:46)

狼谷未来/☆/ん、…ッ、ぐぶッ?!(脳を揺らされている中。腹部に感じる異様な刺激。鍛えた腹筋であるが、それでも押し込まれ…皮膚は破けはしない辺り、鍛えている以上にタフな体質なのだろう。しかし鍛えようのない胃を刺激されると…ごぷvと喉から空気を漏れ出すような音を聞かせた直後、胃液を吐き出していき。目をぎゅっと瞑って苦痛に喘ぐように舌を突き出して…全身に脂汗を滲ませる。すると…ズロッvと何かの水っぽい音が下の方から聞こえてきた。未来のスパッツ型ウェアから垂直に伸びた丸いテント…それが、ヘソ側の裾から、その中身の正体が現れた。赤黒く充血し、血管を浮かび上がらせた、包皮も纏わぬ20cm超の男性器。先ほどの一撃で生命の危機に瀕した為か、子孫を残すべく交尾の準備をしているらしい。胃液を吐き出しながらソレを露出する姿は、滑稽そのものだった)   (5/18 03:44:09)

カナタ/♀/2d6 → (3 + 1) = 4  (5/18 03:44:35)

狼谷未来/☆/2d6 → (5 + 3) = 8  (5/18 03:44:40)

狼谷未来/☆/【よしっ、…次の一手が勝負だなっ】   (5/18 03:45:04)

カナタ/♀/流石に声も出せないか (びしゃりと胃液を身体に浴びながらも尚、攻撃の手は緩めない。元よりこの様な一撃、計算内というより、見込み通りのダメージが与えられたという何よりもの証拠である。 ここから右拳によるストレートのコンビネーションで、再び相手の意識を断ち切ろうとするが) うっわ、君、男…いや、女…? 漫画じゃないんだからさぁ… (その下半身からいきり立った男性器に目を疑った。直接見る事は全くと言って良い程に無く、更にその充血からして、かなりの興奮状態に達していると、女性ながら確信した。獣物を見る様に蔑んだ目で睨み)   (5/18 03:53:57)

狼谷未来/☆/ーッ!(貫手が抜かれた瞬間。当然追撃が来るものとして動いた。上半身を筋肉で強引に左右へ振り、コンビネーションを見ずにいなしてしまう)ッ、げほ、ぇふっ、フー、フーッ…(胃液を吐き出した後に見つめる未来の表情は…狼のようなモノだった。手負いの獣となった故、反撃を許せばどうなるか想像はつかない。ファイティングポーズを改めて構えて、彼女の言葉を介さないようにジリジリと詰めていく)   (5/18 03:57:08)

狼谷未来/☆/2d6 → (4 + 2) = 6  (5/18 03:57:13)

カナタ/♀/2d6 → (6 + 2) = 8  (5/18 03:59:04)

カナタ/♀/【ダイスが、粘り出して来た…】   (5/18 04:00:21)

狼谷未来/☆/ッシ!!(短い呼吸。踏み込みの速度は手負いであるが衰えていない。鋭く踏み込み、急激に姿勢を落としながらのローキック。堅実な技を切り出していく)   (5/18 04:00:30)

狼谷未来/☆/【いいお時間なのでシャシャっと決めたり決められたいところ…!】   (5/18 04:00:53)

カナタ/♀/…ッ! いや、軽いね…! (先程までと打って変わってシンプルかつ堅実なローキック。手負とは言え、常人を遥かに上回るスピードに驚くが、足を上げてガードするように受ければ、今までの技がトリッキーかつ強力だったのか難なく対処されて)   (5/18 04:05:12)

カナタ/♀/2d6 → (2 + 1) = 3  (5/18 04:05:17)

狼谷未来/☆/2d6 → (2 + 5) = 7  (5/18 04:05:23)

狼谷未来/☆/【ン粘る!】   (5/18 04:05:37)

カナタ/♀/そろそろ、本性だしなよ。 ド変態… (さて、異様に興奮して来た相手をどう沈めるか、そこでノーモーションで右手を前に突き出す。二本指を立てて、狙うは相手の気管。獣に麻酔銃を放つ様に、此方は喉を狙って呼吸を遮断する事で、動きを強引に止めようと試みる)   (5/18 04:10:22)

狼谷未来/☆/(受けられるのは想定済み。無意識下で戦術のプランを組み立てている。体勢のリカバリーの効きやすいローキック故、蹴りが受けられた瞬間に足を引き、彼女の追撃に備える)!(ノーモーションのソレを…目で捉えていた。皮一枚ほどの差で横軸にズレながら踏み込む事で攻撃の回避と接近を同時に行う)   (5/18 04:11:31)

狼谷未来/☆/2d6 → (3 + 1) = 4  (5/18 04:11:35)

カナタ/♀/【カウンターで賭けます】   (5/18 04:12:36)

狼谷未来/☆/【わーい!】   (5/18 04:12:40)

カナタ/♀/2d6 → (5 + 2) = 7  (5/18 04:12:44)

狼谷未来/☆/【綺麗に打ち取られたっ】   (5/18 04:13:00)

カナタ/♀/【私の勝ちです。 さて、どう致しましょう?】   (5/18 04:13:36)

狼谷未来/☆/【-1なので、ダメージ的にはギリギリダウンが取れたぐらい、ですね】   (5/18 04:14:01)

狼谷未来/☆/【折れたり裂けたりはしない程度かなと!】   (5/18 04:14:20)

カナタ/♀/【了解でーす】   (5/18 04:14:33)

狼谷未来/☆/【個人的には散々試合前に屈辱味わせたので、足裏叩きつけられてで決められたい気分も…でも勝った人におまかせします!】   (5/18 04:15:23)

狼谷未来/☆/【あ、カウンターなのでこちらの攻撃モーションから入りますネ】   (5/18 04:15:57)

カナタ/♀/【はい、お待ちしてますねー】   (5/18 04:16:28)

狼谷未来/☆/(彼女にとっては踏み込まれ、接近されるはずのないタイミングで詰められただろう。勢いそのまま、彼女へ肩口からタックルを仕掛けて距離を無理やり作る。弾いたのを確認してから…踏み込みの勢いで、思いきり身体を横に切る。右脚を振り上げ、彼女の顔面に弧の軌道を描いた足が迫る。後ろ回し蹴り。この一撃がめり込めば彼女も昏倒するだろう。しかし…詰めを誤ったのか。弧の軌道であれば攻撃が遅れるのは、自身も突いた弱点。そして…大きく脚を開いて振り回すその技は、20cm超もある長い弱点を、大胆に晒す技でもあった)   (5/18 04:20:50)

カナタ/♀/(自身の動きに割り込むタックルで、重心が後ろへ、これによりバランスを崩す窮地でありながら、この長期戦でじりじりと追い詰めた事で好機が訪れた。決着を着けようと相手が大技に出たのである。先程まで追い詰められた状況とは異なり、優位な立場である上に平静を取り戻した中で、その大振りの一撃は、最早脅威を失っていた) ふっ…! (そう鋭い息を吐いて放つは、シンプルなローキックによる足払い。軸足をコンパクトに打つ事によって、強制的に転倒させて次の攻撃に備えやすく)   (5/18 04:33:48)

カナタ/♀/暫く、機能出来なくしてあげる…! (そして転倒させた際に、ニ撃目に左足を前に、利き足である右足を振り上げて、掬い上げる様な爪先蹴りを放った。その位置は、相手の20cmの弱点。鍛えようのないその部位は、足によって容易に形を変えて、そして乱暴に弾き上げられた)   (5/18 04:34:27)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、狼谷未来/☆/ ◆sxKTlNdvOMさんが自動退室しました。  (5/18 04:41:05)

おしらせ狼谷未来/☆/ ◆sxKTlNdvOMさんが入室しました♪  (5/18 04:41:39)

狼谷未来/☆/!(軸足ごとかられ、尻餅をつく。彼女を見上げる形になり、急激に低くなった自分の視界に混乱している模様。そうして、叩き込まれるつま先…。彼女のつま先で男性器は歪められたが、あまりの血流の強さによって、ミキッvと彼女の足裏を押し返すように反り立つ。…故に、蹴りの衝撃は全て男性器で受けたようで…ワンテンポ遅れて、震え始める。…びゅばっvと堪えきれず、精液が尿道からひり出されてねっとりと彼女の足裏を熱く、どろりと汚していく。びゅくvびゅくっvと脈打つようにひり出る快感で、本人は白目を剥きつつ舌を垂らし、涎と胃液をこぼしながら…やがて、バタンvと仰向けに倒れ込んで潰れたカエルのような体勢となった。男性器だけは勝ち誇ったように天へと反り立ちながら、貴重な子種を無駄打ちし続ける。…先ほど思った、痛い思いをするこの空間に常に身を置く異常さは、「痛い思いが快感である」為に…本人にとっては、幸せな空間だろうと。その無様な光景をもって、リングに試合終了のブザーが鳴り響いた)   (5/18 04:46:54)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、カナタ/♀/ ◆5YehBV47xYさんが自動退室しました。  (5/18 04:55:11)

おしらせカナタ/♀/ ◆5YehBV47xYさんが入室しました♪  (5/18 04:56:25)

カナタ/♀/うっわ…、サイッテー… (蹴り上げた相手の男性器から、白く強い粘性を持った液体が足裏へ射出されて、驚くように脚を下げて距離を置くが、その際に足裏が床に着けば、その粘性が引き剥がすまいと微弱ながら抵抗を見せる。 床に足を擦らせて、摩擦と共に拭い取ろうとしている傍らで、その白濁とした液と勢い良く無駄打ちし続ける相手。 決着が付いたであろうこの数十秒の間に、二発三発と絶え間なく射ち続けるその哀れな姿に、思わず冷たく呟くと同時に、試合終了の合図が響き渡った)   (5/18 04:56:28)

狼谷未来/☆/【うおーーーお付き合いありがとうございました!!】   (5/18 04:57:42)

狼谷未来/☆/【HPを余すところなく消費してくれたダイス君に感謝を…(船漕ぎ】   (5/18 04:58:15)

カナタ/♀/【こちらこそ、長時間のお相手感謝します!】   (5/18 04:58:16)

狼谷未来/☆/【是非ともまた試合お願いしますうううう】   (5/18 04:58:41)

カナタ/♀/【最後は派手に行きたかった、けど…HP差から中々もどかしい展開が続きましたね…】   (5/18 04:59:03)

狼谷未来/☆/【デスデス】   (5/18 04:59:14)

狼谷未来/☆/【チョト時間が詰まり過ぎたので今日はこれにてっっ】   (5/18 04:59:32)

狼谷未来/☆/【お疲れ様でしたーーっっ】   (5/18 04:59:39)

カナタ/♀/【そうですねー。 また、次回、大味な試合展開が出来る様に頑張ります】   (5/18 05:00:11)

カナタ/♀/【こちらこそ、お疲れ様でした!】   (5/18 05:00:23)

狼谷未来/☆/【(*'ω'*)b】   (5/18 05:00:32)

おしらせ狼谷未来/☆/ ◆sxKTlNdvOMさんが退室しました。  (5/18 05:00:34)

カナタ/♀/【では】   (5/18 05:00:53)

おしらせカナタ/♀/ ◆5YehBV47xYさんが退室しました。  (5/18 05:00:57)

おしらせカノン/☆/ ◆/9mqTT8.OAさんが入室しました♪  (5/18 18:03:37)

おしらせカナリア/♀/ ◆j8a4MK0Eq9cvさんが入室しました♪  (5/18 18:04:08)

カノン/☆/【改めてよろしくお願いします。】   (5/18 18:04:32)

カナリア/♀/【こちらこそ、宜しくお願いします!】   (5/18 18:04:42)

カノン/☆/【ここでのバトルは初めてなので間違ってたら言ってくださいね!】   (5/18 18:05:09)

カナリア/♀/【こちらこそうっかり勘違いしてたらお願いします、では先手を決めるダイスを振りましょうか】   (5/18 18:06:23)

カノン/☆/2d6 → (5 + 5) = 10  (5/18 18:06:32)

カナリア/♀/2d6 → (4 + 2) = 6  (5/18 18:06:42)

カナリア/♀/【そちらが先手ですね】   (5/18 18:06:51)

カノン/☆/【わかりました。少々お待ちを】   (5/18 18:07:03)

カナリア/♀/https://www.pixiv.net/artworks/89786537 書いてもらってる内にこちらの見た目イメージ落としときます】   (5/18 18:08:12)

カノン/☆/今日は貴方が相手なの、よろしくね!(絶海の孤島の地下にあるグラズヘイムの地下リングで、今日も猛者2名が激突する。今まで無敗のカノンは自信たっぷりの表情を浮かべて対戦相手を見つめて)   (5/18 18:10:11)

カノン/☆/http://img.moeimg.net/wp-content/uploads/archives13/13250/54_0kq2swnfu1.jpg 遅れました。こちらの見た目イメージです】   (5/18 18:10:34)

カノン/☆/【えっと、ここで攻撃ダイス振るんでしたよね?】   (5/18 18:13:27)

カナリア/♀/ん、こちらこそ、よろしく。(ぐーっ、と身体をを伸ばして柔軟体操をしながら余裕そうな表情で対戦相手を見ている。相手が今まで無敗という事は聞いているがそれでもカナリアの顔に焦りや恐怖といった感情は見えない)   (5/18 18:14:05)

カノン/☆/【あ、ごめんなさい、ダイス振ります】   (5/18 18:14:23)

カノン/☆/2d6 → (6 + 2) = 8  (5/18 18:14:29)

カナリア/♀/2d6 → (4 + 2) = 6  (5/18 18:14:37)

カナリア/♀/【あ、それであってます。攻撃命中でこちらに2ダメージですね】   (5/18 18:15:20)

カノン/☆/行くわよ、覚悟して!(持ち前の軽いフットワークでカナリアに接近して、まずはご挨拶とばかりに顔面に左フック、と見せかけて右拳を脇腹に打ち込もうと)   (5/18 18:15:59)

カノン/☆/【ありがとうございます。】   (5/18 18:16:09)

カナリア/♀/っ!?ぐぇ……(フェイントに見事に引っかかってしまい、両腕で顔を防御したその下に拳が撃ち込まれていきなりキツい打撃を貰ってしまった。)   (5/18 18:18:01)

カノン/☆/2d6 → (5 + 2) = 7  (5/18 18:18:10)

カナリア/♀/2d6 → (6 + 6) = 12  (5/18 18:18:13)

カノン/☆/効くでしょ?(クリーンヒットを奪っても顔色一つ変えず、その勢いで続けて左膝でカナリアのボディを串刺しにしてしまおうと)   (5/18 18:19:44)

カナリア/♀/んっ、させない!(左膝を上げたのを察して自分の右膝をその進行方向へ上げ、膝同士をぶつけてブロックする。)   (5/18 18:21:34)

カナリア/♀/2d6 → (1 + 1) = 2  (5/18 18:21:36)

カナリア/♀/【あっ】   (5/18 18:21:42)

カノン/☆/【何度も聞いてごめんなさい。防御成功時ですけどこちらにはダメージを入れますか?】   (5/18 18:21:51)

カノン/☆/【あっ】   (5/18 18:22:01)

カナリア/♀/【防御側はカウンター時以外はダメージは入りませんね、そしてファンブルしました……】   (5/18 18:22:43)

カノン/☆/2d6 → (5 + 2) = 7  (5/18 18:22:57)

カナリア/♀/【9入りました、攻撃ロルするのでカウンターロルお願いします。】   (5/18 18:23:28)

カノン/☆/【12の次が2、ダイスの神様もやりますね。カウンター了解です!】   (5/18 18:23:44)

カナリア/♀/今度は、私っ!(上げたままの右脚を更に上へ振り上げ、この至近距離からハイキックをカノンの左頬に向けて振り抜こうとするが……。)   (5/18 18:25:39)

カノン/☆/甘いわっ!(両腕を振り上げてカナリアの右足を掴むと、そのまま体を高く持ち上げてから地面に思い切り叩きつけてしまおうと)   (5/18 18:27:23)

カナリア/♀/ん、しまっ……!?んぶぇっ!!??(まさか振った右脚を掴まれるとは思っていなかった。そのままカノンにされるがままに持ち上げられてから、ゴシャ、と危険な音を立てて頭から倒れてしまいカナリアの顔が苦痛と屈辱に歪む。)   (5/18 18:29:29)

カノン/☆/2d6 → (3 + 3) = 6  (5/18 18:29:44)

カナリア/♀/【カウンターしまーす】   (5/18 18:30:08)

カナリア/♀/2d6 → (5 + 2) = 7  (5/18 18:30:11)

カノン/☆/良いザマね、こんなのはどうかしら?(倒れたカナリアの胸を右足で軽く踏みつけて乳首に柔らかな刺激を与えて、力を抜けさせたところで脇腹をサッカーボールキックで蹴り飛ばそうと)   (5/18 18:32:12)

カノン/☆/【ごめんなさい…背後事情で少しだけお待ちいただけますか?】   (5/18 18:33:43)

カナリア/♀/んふぃ……♡ん、ありがと、元気を貰えた。……これはそのお礼。(乳首を軽く弄られた事で甘い喘ぎ声を上げ、すぐに乳首が布越しでもわかる程に盛り上がる。元より性欲に溺れっぱなしの闘いばかりしてきた故か、その感覚で調子を取り戻したらしく蹴りで脚を大きく振り上げた所を狙ってそのカノンの脚以上の速さで脚を振り上げ、カナリアの踵は正確にカノンの股間を撃ち抜いた。)   (5/18 18:37:13)

カナリア/♀/【了解です、用事が終わったらダメージ描写を上げてくだされば反応しますので。】   (5/18 18:38:00)

カノン/☆/あぎぃぇっ!!(本人すら嫌がっているふたなりの股間を蹴り上げられれば、普通の女よりもキツく強烈な痛みを与えられカノンの顔から余裕の表情が消え失せ、変な悲鳴を上げると代わりに苦痛の表情を浮かべて身もだえて)   (5/18 18:43:06)

カノン/☆/【戻りました】   (5/18 18:43:11)

カナリア/♀/【お帰りです】   (5/18 18:43:21)

カノン/☆/【お待たせしてすみませんでした】   (5/18 18:43:24)

カナリア/♀/【いえいえ、お気になさらず】   (5/18 18:43:48)

カナリア/♀/2d6 → (2 + 4) = 6  (5/18 18:43:51)

カノン/☆/2d6 → (5 + 4) = 9  (5/18 18:44:06)

カノン/☆/【カナリアさんが攻撃できない…】   (5/18 18:44:28)

カナリア/♀/【ずっと優位取られてる……】   (5/18 18:44:49)

カナリア/♀/ん、男の子、だったの?(カノンが悶えている間に立ち上がりながら踵に感じた感覚から、カノンに男性器がある事を察し、その疑問の赴くままに右手でカノンの股間を掴み握り潰そうと手を伸ばす。)   (5/18 18:46:26)

カノン/☆/ひぃっ!(男性器があることはカノンにとって知られたくない秘密。男の子だった…の声に体がすくむが、股間に伸びてくるカナリアの両手を押しのけて)   (5/18 18:49:37)

カノン/☆/2d6 → (4 + 5) = 9  (5/18 18:49:43)

カナリア/♀/2d6 → (3 + 2) = 5  (5/18 18:49:55)

カノン/☆/私は女だ!触るな!(カノンを男扱いしてきたカナリアに向けて至近距離から前蹴りをボディに打ち込み、さらに距離を取ろうと)   (5/18 18:52:15)

カナリア/♀/んぐぇ……!?げぇ、けほっけほっ!(腹の中で嫌な音を立てながらカナリアの腹へめり込む脚にえずきながらプルプルと肉体を丸めてしまう。)   (5/18 18:54:26)

カノン/☆/2d6 → (2 + 5) = 7  (5/18 18:54:34)

カナリア/♀/2d6 → (2 + 5) = 7  (5/18 18:54:41)

カノン/☆/【おっ、ようやく】   (5/18 18:54:59)

カナリア/♀/【だけどキッついなぁこの状況……】   (5/18 18:55:17)

カナリア/♀/【兎に角デカい出目出し続けないと負けちゃう】   (5/18 18:56:00)

カノン/☆/ただじゃおかないよ、食らいな!(前蹴りの勢いで少し離れたカナリアに向けて、今度は股間に向けて左の前蹴りを打ち込もうと)   (5/18 18:57:07)

カノン/☆/【まだわかりませんよ……】   (5/18 18:57:26)

カナリア/♀/……っ!(その蹴りに合わせて後ろに大きく飛んで回避。ゴロゴロと地面を転がりながら大きく距離を取って立ち上がった。)   (5/18 18:58:57)

カナリア/♀/2d6 → (5 + 1) = 6  (5/18 18:59:00)

カノン/☆/2d6 → (3 + 1) = 4  (5/18 18:59:08)

カナリア/♀/それはっ、こっちの台詞……!(そこから真っ直ぐに突っ走り加速のままに飛んで膝を突き出す。狙いをカノンの肺……の位置に存在する胸へ右膝を激突させた。)   (5/18 19:01:51)

カノン/☆/げほぉっ!!(突っ走ってきたカナリアがまさか飛んで来るとは思わず、胸で膝を受け止めてしまい一瞬呼吸が止まるも、押しつぶされた乳首からなんとも言えない感覚が脳に届き)   (5/18 19:04:35)

カナリア/♀/2d6 → (5 + 3) = 8  (5/18 19:05:16)

カノン/☆/【どうしよう……】   (5/18 19:05:43)

カノン/☆/2d6 → (6 + 5) = 11  (5/18 19:05:49)

カナリア/♀/【カウンターされてたら死んでた……】   (5/18 19:06:17)

カノン/☆/【残念……】   (5/18 19:06:40)

カナリア/♀/これも、さっきのお礼。(膝を突き立てながら片足で着地しつつ、さっきされた様に乳首を擦り上げ刺激を与えてから膝をカノンの顎へ打ち上げる。)   (5/18 19:09:00)

カノン/☆/きゃっ!(乳首から脳に届く甘い刺激に少し股間をぬらしながらも、ギリギリで顎を引いてカナリアの膝を避けて)   (5/18 19:10:53)

カノン/☆/2d6 → (2 + 4) = 6  (5/18 19:10:56)

カナリア/♀/2d6 → (4 + 5) = 9  (5/18 19:11:12)

カノン/☆/チャンス!(膝を高く上げたカナリアの両胸を鷲掴みにしようと両腕を伸ばし、掴めたら右膝を股間に向けてたたき込んでしまおうと)   (5/18 19:13:06)

カナリア/♀/させな、んひっ♡(両腕を伸ばされたのに気付き慌てて再び後ろへ飛ぶが少し反応が遅れてしまい、掴まれこそしなかったもののカノンの指がカナリアの乳首に掠ってビクンと肉体を跳ねさせてしまう。)   (5/18 19:16:42)

カナリア/♀/2d6 → (2 + 1) = 3  (5/18 19:16:46)

カノン/☆/2d6 → (2 + 3) = 5  (5/18 19:17:11)

カノン/☆/うふふ、遠慮しないで?(カナリアを追って前に跳び、一度は掴み損ねた胸に再度手を伸ばして今度はぎゅっと締め付けるように掴んでしまおうと)   (5/18 19:19:13)

カノン/☆/【ごめんなさい、順番間違えました。今のロルは無視してください】   (5/18 19:19:41)

カナリア/♀/【了解です】   (5/18 19:19:49)

カナリア/♀/ん、楽し……♡(お互いに胸ばかり狙って定期的に快感が走りつつ、実力が拮抗し始める状況につい笑みを浮かべながら、乳首を擦るルート取りのハイキックを再び顎へ振りぬこうと脚を振るう。)   (5/18 19:21:32)

カノン/☆/おっと…きゃん!(追撃のハイキックを余裕を持って躱しつつも、疼く体が欲するままにカノンの乳首をわざと擦らせ、脳に響く快感を楽しみ始めて)   (5/18 19:23:42)

カノン/☆/2d6 → (6 + 5) = 11  (5/18 19:23:52)

カナリア/♀/2d6 → (2 + 3) = 5  (5/18 19:24:13)

カナリア/♀/(負けましたー)   (5/18 19:24:29)

カノン/☆/今度こそ!(再度カナリアの胸に両腕を伸ばして乳首を優しくつまみあげ、嬌声が聞こえてくれば股間に向けて必殺の前蹴りを打ち込んでしまおうと)   (5/18 19:27:08)

カナリア/♀/ん、ひぃぃいんっ♡……あがぁあっっ!?(度重なる無理矢理な動きの代償か、両脚に重い疲労がのしかかりとうとう胸を取り押さえられ、嬌声を上げてしまう。快感によって完全に筋肉も感覚も緩まった肉体の股間に前蹴りを撃ち込まれ、悲鳴を上げながら膝を追って倒れてしまった。)   (5/18 19:32:56)

カノン/☆/うーん、私の勝ち!(さらに連勝記録を伸ばして満面の笑みを浮かべつつ倒れたカナリアを見下ろしながら、試合中に受けた刺激でカノンの体は激しく疼いていて)   (5/18 19:34:07)

カナリア/♀/ん、私の、負け……ひぃ……ふぅ……♡(これ以上拳も脚も振るえないと感じ、大人しく負けを認める。……その後に色っぽい吐息を吐いて呼吸を始める。物理的ダメージよりも快感のダメージの方が大きかったのかカナリアの腰は砕けた様にプルプルと震え、股間からはとろとろと愛液が垂れて小さな水溜まりを作り始めている。)ごめんなさい、私、立てない、かも……♡   (5/18 19:38:12)

カノン/☆/せっかく秘密知られちゃったんだし、ちょっとくらい…(汗と愛液でびしょびしょになったパンツを脱ぎ無造作に放り投げると、カナリアのパンツに手をかけて一気に脱がせば妖しく光り香しい芳香を上げるカナリアの股間に顔を埋めて秘所を舐め始める。同時にカナリアの顔の前に大きくはない男性器を見せつけるようにぶら下げて)   (5/18 19:41:45)

カナリア/♀/……ぁ♡んひゅ……あっ……ヤるの?なら私も、はむっ♡(自分のパンツを脱がされ、びちょびちょの割れ目を舐められ、甘ったるい声を上げる。だが性での勝負ならまける訳には行かないとすぐに自分のブラを脱ぎ捨てぶら下げられたカノンの肉棒を大きな胸で挟み、そこから出る先っぽをぺろぺろと舐め始めた。)   (5/18 19:46:31)

カノン/☆/【こちらの勝負は負けてもいいですか?】   (5/18 19:47:10)

カナリア/♀/【これ体勢的にはシックスナインなんですかね?】   (5/18 19:47:13)

カナリア/♀/【了解です、お任せ下さい】   (5/18 19:47:27)

カノン/☆/【身長差をどう見るか、ですけどシックスナインで考えてました】   (5/18 19:47:53)

カナリア/♀/【シックスナイン把握です】   (5/18 19:49:01)

カノン/☆/あんっ……んっ……(生まれて初めて肉棒を初めて舐められればあまりの快感に体をビクンと跳ね上げ、嬌声を上げつつ息が荒くなっていく。負けずにカノンもカナリアのクリを激しく舐め上げていって)   (5/18 19:50:49)

カナリア/♀/れろっ、ちぅ……ちゅるっ♡(しゃぶるのに必死で声こそあまり上げない物の股間がビクビクと震え確実に感じている事が分かるだろう。カナリアも激しく舐め上げられるのに合わせ反撃とばかりにゆっくりと胸を動かし始め肉棒を更なる快感に導いていく。)   (5/18 19:54:08)

カノン/☆/あんっ……あっ……ああっ!(先端を舐められる刺激に加えて柔らかい胸の感触に包み込まれ、カノンの亀頭がパンパンに膨らんでいく。体をピクピク震わせながら必死にこらえつつカナリアを責め続けようとするが、脳に殺到する快感に舌が動かなくなっていって)   (5/18 19:58:19)

カナリア/♀/ん……ぷはっ、そろそろ、限界、なの?(舌からの感覚が足りなくなってきたと感じたらしく途中で肉棒から口を離し、不満げにカノンを睨んでから両脚でカノンをヘッドロックして無理矢理自分の割れ目に口付けさせる。)休んじゃ、駄目……ふふっ、かぽっ♡(そう理不尽に命じながら再び肉棒を咥える。試合の敗者はカナリアだった筈なのに、いつの間にか攻守は逆転していた。)   (5/18 20:03:42)

カノン/☆/むぐぅ……んん……(頭の中がピンク一色になり呻き声を上げた瞬間、カノンの頭がカナリアの両足に絡められ股間に押しつけられ、呼吸困難になりながらも割れ目をチロチロと舐めていく。試合には勝ったはずなのに完全にカナリアの技に飲み込まれて涙を流しながらも肉棒に襲いかかってくる快感にどんどん脳がとろけていって)   (5/18 20:07:51)

カナリア/♀/かぽっ♡かぽっ♡かぽっ♡かぽっ♡(再び咥え直した後はパイズリで責めるのでは無く純粋に頭を前後させてしゃぶり続け、本格的に精液を搾り取りにかかる。)   (5/18 20:09:55)

カノン/☆/んん……むぐ……むん……むぐぅ!!(カナリアの頭が前後に動くたびにカノンは体を大きく跳ねさせ、ついにひときわ大きく体を跳ね上げたと思えば肉棒から大量の白濁液をカナリアの口の中に放出して)   (5/18 20:13:38)

カナリア/♀/んぶ!?……ん、ごきゅ、こきゅっ、んちゅるっ……♡(大量の白濁液を口に吐き出され口と鼻に青臭い臭いが広がる。その感覚にぷしゅ……と愛液とカノンの口に放出しながら美味しそうにゆっくりと味わいながら飲み干し、肉棒も舐めていく……。)   (5/18 20:17:02)

カノン/☆/んむ……(射精と同時にカノンの口にもカナリアの愛液が注ぎ込まれ、窒息しそうになりながらも喉を鳴らして飲んでいく。白濁液を放出後も激しく舐め上げられれば肉棒も萎えることがなく、断続的にびゅっ、びゅっと射精を続けて)   (5/18 20:21:27)

カナリア/♀/んきゅ、んきゅ……♡(その白濁液が断続的に出てくる事が分かったなら、もっとちょうだいとでも言う様に赤ん坊がミルクを飲む様な吸い付き方で肉棒をフェラして次の白濁液を欲しがり、股をぐりぐりとカノンの顔に擦り付けていく。)   (5/18 20:25:26)

カノン/☆/んん……んんん!!(肉棒に激しく吸い付かれれば再び体を大きくビクンビクンと震わせたあげく大きく跳ね上げ、体を痙攣させながら再度大量の白濁液をカナリアの口の中に放出する。射精が終わると完全に精気を奪われたカノンはカナリアの股間に顔を埋めたまま白目をむいて気を失ってしまい全身から力が抜けて)   (5/18 20:29:06)

カナリア/♀/きゅぽ……♡(全身から力が抜け、力尽きた事を察すると最後に肉棒に付いた白濁液を丁寧に舐めとってから漸く口を離した。)んふっ♡美味しかった♡……アナタも、私の愛液、おいしかった?(白目を向いたカノンへそう煽りながら気絶したカノンを仰向けにして、顔に股を乗せのしかかる。そして気が済むまで自分の股間をカノンの顔を擦ってオナニーを続けた……。)   (5/18 20:34:08)

カナリア/♀/【こんな感じで一区切り、でしょうか?】   (5/18 20:35:35)

カノン/☆/(試合ではかろうじて勝ったものの、最後には完敗してしまったカノン。とどめとばかりに自分の顔でオナニーまでされてしまい、全身を自分とカナリアの汗と愛液でびしょびしょにされリングに放置され、その醜態をしばらくさらし続けることになった)   (5/18 20:35:55)

カノン/☆/【一応〆を書いておきました。すごく興奮できて楽しかったです】   (5/18 20:36:15)

カナリア/♀/【こちらこそ、エッチな事沢山やれて気持ちよかったです。また機会があったら試合して下さい。】   (5/18 20:38:05)

カノン/☆/【こちらこそありがとうございました。またお相手お願いします!】   (5/18 20:38:25)

おしらせカナリア/♀/ ◆j8a4MK0Eq9cvさんが退室しました。  (5/18 20:39:46)

おしらせカノン/☆/ ◆/9mqTT8.OAさんが退室しました。  (5/18 20:40:06)

おしらせ香奈/♀/ ◆YTjyJLEOiIさんが入室しました♪  (5/23 05:53:36)

おしらせ白狼/♂/ ◆2gyya21BDAさんが入室しました♪  (5/23 05:55:51)

白狼/♂/【お待たせしました。宜しくお願いします】   (5/23 05:56:04)

香奈/♀/【こちらこそよろしくお願いします。HPは軽めでもファイトは派手にやりましょう!】   (5/23 05:56:46)

香奈/♀/http://img.moeimg.net/wp-content/uploads/archives14/14046/5_jma8ep34ce.jpg 私のイメージです。】   (5/23 05:56:53)

白狼/♂/【はい!ボロボロになるまで!!」】   (5/23 05:57:41)

香奈/♀/【それではまず先行決めのダイスから…】   (5/23 05:57:52)

香奈/♀/2d6 → (3 + 6) = 9  (5/23 05:57:56)

白狼/♂/【イメージありがとうございます。こちらも貼りますね。https://www.pixiv.net/artworks/37066739#big_0  (5/23 05:58:04)

白狼/♂/2d6 → (1 + 3) = 4  (5/23 05:58:24)

香奈/♀/【いい腹筋ですねw 書き出しますので少々お待ちを】   (5/23 05:58:51)

白狼/♂/【そちらこそwよろしくお願いしますー】   (5/23 05:59:13)

香奈/♀/あなたが今日のお相手かしら。血反吐吐かせてあげるからよろしくね!(ここは絶海の孤島にあるグラズヘイムの地下リング。水着のような露出の多い出で立ちでリングに上がった香奈は自信ありげな表情を浮かべながら対戦相手を見下すように見つめて)   (5/23 06:02:18)

白狼/♂/あぁ、こちらこそ宜しく。(前回のデビュー戦を黒星でスタートし、公開で犯された。今回は勝つと白狼のマスクの下から闘志をぎらつかせてリングに上がる。体は鋼の様に鍛え上げられ、レスラースパッツ姿が彼のコスチューム)   (5/23 06:05:35)

香奈/♀/2d6 → (4 + 3) = 7  (5/23 06:06:29)

白狼/♂/2d6 → (1 + 5) = 6  (5/23 06:06:43)

香奈/♀/はっ!(試合開始のブザーが鳴り響くと、一瞬間合いを取るようなそぶりを見せたがすぐに駆け出すと、ご挨拶とばかりに右フックを左頬めがけて打ち込もうと)   (5/23 06:08:12)

白狼/♂/ふっ、ん!(最初は様子見か、そう思わせて一気に詰めてくる。右フックが迫るのを咄嗟にガードで防ぐも、衝撃が腕を痺れさせ)鋭いっ。   (5/23 06:10:30)

香奈/♀/2d6 → (3 + 3) = 6  (5/23 06:10:39)

白狼/♂/2d6 → (4 + 1) = 5  (5/23 06:10:54)

香奈/♀/ふっ!(初撃はガードされたものの手応えはあった。続けて顔面をガードする相手の虚を突くように左拳を脇腹に向けて打ち込もうと)   (5/23 06:12:30)

白狼/♂/今度は下…むっぐっ!(顔面への攻撃に意識が向いている所へお手本の様な左ボディ。メシッとめり込む感覚を覚えながらも腹部に力を込めて、ダメージは軽減。後退せずに体勢を保ち)   (5/23 06:15:28)

香奈/♀/2d6 → (2 + 6) = 8  (5/23 06:15:38)

白狼/♂/2d6 → (3 + 1) = 4  (5/23 06:16:00)

香奈/♀/一気に行くよっ!(ボディは腹筋に防がれたものの初めてのヒットを奪いニヤリと表情を緩ませると、あらかじめ引いておいた右拳を勢いよく顎に向けて打ち込んで)   (5/23 06:18:48)

白狼/♂/くっ…あっぐぅ!(恐らく、打撃型のファイターなのだろう。拳の鋭さが違う。白狼もガードを上げるも、それをすり抜ける様に右拳が顎に叩き込まれる。足元がフラつき、ヨタヨタと強制的に後退させられ背後の金網に背中を預ける体勢になり)   (5/23 06:21:47)

香奈/♀/2d6 → (2 + 3) = 5  (5/23 06:22:13)

白狼/♂/2d6 → (4 + 4) = 8  (5/23 06:22:35)

香奈/♀/うふふ…いい格好になってきたね!(背後に金網を背負った白狼に向けてジャンプしながら、跳び蹴りで鳩尾に鋭く足先を突き込もうとして)   (5/23 06:24:40)

白狼/♂/んっ…!(金網を背負わされ、更に追撃の飛び蹴りが迫る。白狼の腹部に伸びるそれは確実に突き刺さっていく。だが、先程までと違うのはその蹴り脚が抜けない)レスラーのタフさ、舐めるなよ?(蹴りを受けながらもその足を捕まえ、ニヤリと笑みを浮かべる)   (5/23 06:28:02)

白狼/♂/2d6 → (5 + 2) = 7  (5/23 06:28:12)

香奈/♀/2d6 → (6 + 4) = 10  (5/23 06:28:18)

白狼/♂/ふっう!(掴んだ足を引き、体をグルリと回すと力強く金網へと香奈の体を叩きつけようと)   (5/23 06:29:18)

香奈/♀/なっ……(右のつま先が白狼のボディに突き刺さっていく…が何かがおかしい。気づいたときには脚を掴まれて体を持って行かれ金網に向けて振られるが、左足で香奈を掴んでいる腕を蹴り飛ばして脱出すると、そのまま金網を蹴ってリングに着地して)   (5/23 06:31:40)

香奈/♀/2d6 → (4 + 6) = 10  (5/23 06:31:44)

白狼/♂/2d6 → (6 + 2) = 8  (5/23 06:32:06)

香奈/♀/食らえっ!(白狼が体勢を立て直す前に、とローリングソバットを頭に向けて打ち込んで、勢いで金網に激突させてしまおうと)   (5/23 06:34:15)

白狼/♂/ぐはぁっ!!(こちらの攻撃を香奈はアクロバティックな身のこなしで不発としていく。更にその場でローリングソバットが頭部に叩き込まれる。その勢いで背中からガシャンと金網に激突。背中に金網がめり込み、表面を抉って薄らと赤く背が染まり、金網を背負わされた状態でガードは上げて備え)くっ、スピードが違い過ぎる…!   (5/23 06:38:17)

香奈/♀/2d6 → (2 + 2) = 4  (5/23 06:38:36)

白狼/♂/2d6 → (6 + 4) = 10  (5/23 06:39:34)

香奈/♀/おまけよ!(足先に手応えを感じて白狼が金網に体を叩きつけられたのを見て、続けてボディを深く抉ってやろうと回し蹴りを金網を抉るような角度で打ち込んでいく)   (5/23 06:41:59)

白狼/♂/お、おぉ…!(このままではサンドバッグの様に嬲られて終わってしまう。被弾覚悟で前に出ると、回し蹴りをかわすタイミングで香奈に迫って、その身に掴みかかっていく)   (5/23 06:44:07)

白狼/♂/2d6 → (6 + 1) = 7  (5/23 06:44:15)

香奈/♀/2d6 → (5 + 6) = 11  (5/23 06:44:20)

白狼/♂/捕まえたぞ…!(打撃からどうにか逃れ、安堵した様子を見せながら掴んだ香奈を体を入れ替えて金網側に投げ飛ばそうと)   (5/23 06:46:41)

香奈/♀/くっ!(回し蹴りのモーションが終わらないうちに体を掴まれ、そのまま強い力で金網に投げ飛ばされるが、慌てる様子もなくひらりと体を捻って金網を蹴り、飛び上がって上空から白狼に飛びかかって)   (5/23 06:49:27)

香奈/♀/2d6 → (1 + 4) = 5  (5/23 06:49:30)

白狼/♂/【勝負所へ温存したかったですが、ここはカウンターで…!】   (5/23 06:50:09)

白狼/♂/2d6 → (3 + 2) = 5  (5/23 06:50:20)

香奈/♀/【カウンター了解です】   (5/23 06:50:26)

白狼/♂/【むっ、この場合は防御成功でカウンター成立?不発?】   (5/23 06:51:39)

香奈/♀/【カウンター成功は防御成功時なので、同ダイスは防御成功なので成立ですね…】   (5/23 06:52:38)

白狼/♂/【了解しました!ありがとうございます】   (5/23 06:53:18)

香奈/♀/いくよ!(壁を蹴り飛び上がった香奈は、そのまま白狼に向けてダイブしながら右足を繰り出し、体の勢いと合わせた強烈な蹴りを顔面に打ち込んでしまおうと)   (5/23 06:53:29)

白狼/♂/このまま…やられてたまるかぁ!!(完全に香奈のスピードに翻弄されて防戦一方。勝つには行くしかない!覚悟を決めて香奈の蹴りに合わせて前に出ると蹴り足をかち上げて、空中でバランスを崩させにいく。更にその体に掴み掛かると、逃れる間も与えないと飛びつきながらのパワーボムでリングへ激しく叩きつけにいき)いけぇぇ!!   (5/23 06:56:54)

香奈/♀/なに…しまっ!?(蹴りが白狼にヒットする寸前、かち上げられて姿勢が大きく揺らがされると続けて脚を掴まれて)ごふうぅぅっ!!(飛び込んでいく香奈の勢いはそのままに白狼の力が加わり、激しくリングに叩きつけられ頭に火花が飛んで一瞬ブラックアウトしてしまう)   (5/23 07:01:43)

白狼/♂/2d6 → (1 + 3) = 4  (5/23 07:02:42)

香奈/♀/2d6 → (5 + 3) = 8  (5/23 07:02:54)

白狼/♂/へへっ…どうだ…!(一か八かだったが、功を奏し、香奈をリングへ激しく叩きつけることに成功。レスラーのパワーを見せつける。プロレスの試合の様に髪を鷲掴みとすると引き起こして金網へと放り投げようと腕を引いて)さぁ、次いくぜ!   (5/23 07:04:45)

香奈/♀/いたた……ふざけんじゃないよ!(上半身に受けたダメージに加え頭を打ったことにより朦朧としながらも、髪をつかんで持ち上げられればその痛みで完全に覚醒すれば、引かれた腕をスポンと抜いて後方に跳び間合いを取って)   (5/23 07:07:09)

香奈/♀/2d6 → (5 + 6) = 11  (5/23 07:07:11)

白狼/♂/2d6 → (1 + 1) = 2  (5/23 07:07:32)

香奈/♀/【ふふふ…】   (5/23 07:07:44)

白狼/♂/【う、嘘でしょ…カウンターも使い果たして絶対絶命…w】   (5/23 07:08:50)

香奈/♀/良くもやってくれたわね、お返しよ!(パンチを打つと見せかけて白狼の右腕を掴むと強く手前に引きつつ、鋭い左膝を何度もボディに思い切り打ち込んでいって)   (5/23 07:10:03)

香奈/♀/【右膝の間違い、です。すみません】   (5/23 07:10:28)

白狼/♂/右拳…ガード!あっ!(香奈の右拳が繰り出されるとガードを上げ、防ごうとする。しかし、それはフェイク。こちらの腕を取ると引き寄せられ、ガラ空きのボディへ左膝が突き刺さる。ミチミチと筋肉を抉る様な感覚。それも単発で終わらずに、何度も叩き込まれていく。膝が抉るたびに筋肉が断裂し、内臓へ衝撃が貫通する。胃液を吐き出し、次の一撃で呼吸が困難に。更に次で足から力が抜け、血の混じった胃液を吐き出しながら尻餅をつく様にダウンさせられ)ゲホッ!えぐぁ…は、腹が…破裂…する…えぇぇ…   (5/23 07:16:40)

香奈/♀/2d6 → (4 + 4) = 8  (5/23 07:16:55)

白狼/♂/【ファンブル…こい…!】   (5/23 07:16:56)

白狼/♂/2d6 → (5 + 5) = 10  (5/23 07:17:08)

香奈/♀/【ちっ…】   (5/23 07:17:22)

白狼/♂/【生き延びた…w】   (5/23 07:17:29)

香奈/♀/もう終わりかしら、ね!(何度も白狼の腹を抉るたびに筋肉を抉り内臓に達した感触が膝にもたらされ、聞こえてくる呻き声との饗宴にうっとりとした表情を浮かべる。白狼の力が抜ければ掴んだ右腕を離してダウンさせる。嘔吐しながら苦しむ白狼にむけて右足を上げると腹を踏み抜いてしまう勢いで蹴り下ろして)   (5/23 07:21:17)

白狼/♂/受けたら、死ぬ…はぁはぁ…あぁ!(初めて感じる死への予感。それが限界の体に最後の力を振り絞らせ回避行動を取らせる。直ぐには立てずに四つん這いの状態で香奈を生存本能を剥き出しに睨みつける姿はまるで本物の狼の様。生きる為に喉笛を噛み切ろうとギラギラした眼で見上げ)   (5/23 07:25:16)

白狼/♂/2d6 → (5 + 5) = 10  (5/23 07:25:30)

香奈/♀/2d6 → (4 + 5) = 9  (5/23 07:25:41)

白狼/♂/ふぅぅっ!!(四つん這いから陸上のクラウチングスタートの様に飛び出すと、香奈の腰に腕を回し持ち上げながら金網まで押し込み背中から激突させようと)おぉ!   (5/23 07:27:03)

香奈/♀/なに…!?(悶絶する白狼に打ち込んだトドメのつもりの一撃が回避され目を見開く。気づくと目の前に倒れていたはずの白狼が突進してきていてとっさにガードを固めるが腰に手を回され持ち上げられて)ごふうっ!(そのまま金網に叩きつけられるも反射的に受け身を取ってダメージは軽減して)   (5/23 07:29:46)

白狼/♂/2d6 → (1 + 1) = 2  (5/23 07:30:27)

白狼/♂/【あっ…w】   (5/23 07:30:37)

香奈/♀/【(無言で十字を切って)】   (5/23 07:30:53)

香奈/♀/2d6 → (6 + 2) = 8  (5/23 07:30:55)

白狼/♂/グルル…(殆ど意識は飛んでいて、最早闘志のみで闘う獣。金網に香奈を押し付けると、狩られる前に狩ると乱暴に腕を振り上げた拳を振り上げ、叩きつけにいき)   (5/23 07:33:06)

白狼/♂/【存分に狩って下さい…w】   (5/23 07:33:39)

香奈/♀/はっ…(もはや白狼に意識は感じられない。乱暴に金網に押しつけられ白狼の腕が振り上げられた瞬間、その腕を取れば体を回しながら白狼の背中を香奈の左隣の金網に叩きつけて)終わりよ……(そう呟くと、左右の膝を思い切り打ち込んでボディを抉ってから、体重をかけたボディアッパーをひねりを加えながら白狼の鳩尾の奥深くまで抉り込んで)   (5/23 07:39:23)

白狼/♂/うがっ…!んぶぅっっ…ぇ。(白狼の決死の拳も完全に見切られ、金網へと叩きつけられてしまう。逃げ場のない状態で突き上げられる左右の膝。既に腹筋は破壊され、防御の役を果たしていない。叩き込まれる度に血を吐き出す様子から内臓も痛めている。更に螺旋の回転を加えたボディアッパーが鳩尾へ叩き込まれるとその威力に足が浮き上がり、口から鮮血の飛沫を血霧の様に吐き出しながら金網に背をぶつけ、ゴトンとリングへ倒れ込む。白眼を剥き、ビクビクと体を震わせて香奈の足元に倒れ込み)   (5/23 07:47:03)

香奈/♀/うふふ…最高ね…(うっとりした表情で噴き出される血しぶきを浴びながら倒れ込んでいく白狼を目で追い、痙攣して動けない様子を見下ろしながらニヤニヤと笑みを浮かべて)   (5/23 07:49:50)

白狼/♂/【ありがとうございました!一先ず、こんなところでしょうか?】   (5/23 07:58:17)

香奈/♀/【こちらこそありがとうございました。すみません、最後変な感じにしてしまって。】   (5/23 07:58:53)

白狼/♂/【いえいえ、全然そんな事ないですよー。香奈さんのダイス運が強すぎて普通にボコられた感じになってしまいましたwそして自爆…w】   (5/23 08:00:44)

香奈/♀/【ダイスの神様のなせる技ですね! でもとても楽しかったです。今度は刈られたいな♪】   (5/23 08:01:37)

香奈/♀/【×刈る ○狩る 刈られてきます…】   (5/23 08:02:09)

白狼/♂/【こちらも楽しかったですー!今度は狩り(刈り)ます!w   (5/23 08:02:36)

香奈/♀/【ええ、ぜひ。もう一戦したいところですがあまり時間もないので今日は失礼しますね。ありがとうございました~】   (5/23 08:03:33)

白狼/♂/【ありがとうございました。また宜しくお願いしますー】   (5/23 08:09:39)

香奈/♀/【それではまたー】   (5/23 08:09:52)

おしらせ香奈/♀/ ◆YTjyJLEOiIさんが退室しました。  (5/23 08:09:56)

2021年05月16日 23時49分 ~ 2021年05月23日 08時09分 の過去ログ
”ヴァルハラ”地下闘技場:第二リング
現在のルーム
過去ログ一覧
▲このページの先頭に戻る


(C)2009-2022 チャット ルブル <info@chat.luvul.net>