PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
名の通りどこかの別部屋、
"あの部屋が人数いっぱいで入れないっ"という方や
"少人数で成りたい"という方の為の(主に主である俺)
別部屋となっています、かといって、元部屋とやる事は変わりませんです(多分主はほぼここにいます(
元部屋を知らない方でも全然ご入室いただいてok
主の俺が居なくとも入室全然okです、!
出来れば一言に版権名&(タチ.ネコ等の)属性を
ご記入くださいますようお願いします、
念の為言っておくと主はネコしかできないので、
そこはあの、ご了承ください…(
それでは、よろしくお願いします( ´ ꒳ ` )


【主が成れるor知ってる版権】
MHA.DC.獄都事変.殺天.デュラララ.銀魂.鬼滅.ワンピ.
メカアク.Detroit.はた細.約ネバ.鬼徹.オレフロ.Re:ゼロ.
ヲタ恋.青エク.ボカロ.ペルソナシリーズ.等々

【更新日】
10月22日
 [×消]
おしらせ無言時間が25分を超えたため、さんが自動退室しました。  (5/20 03:14:26)

モモちゃん寂しいな~……(なんて何も無い所へ言っても意味ないか、と自嘲気味に笑いつつふわぁ……と欠伸をして   (5/20 02:26:56)

冷たっ……けどちょうどいいや(洗面所を見つけて蛇口から水を出せば予想外に冷たい水でビクッ、と肩を揺らして冷たい水に手が慣れてから顔を洗いレッスンの予備に持っていたタオルで顔をふいて先程人がいた部屋に戻り)はぁ……なんか泣いたら甘えたくなっちゃったな……ユキさんは寝てるだろうしもう少しここで人が来るのまってみよう(そのまま自分が住んでいるところに帰っても良かったが、せっかくならもう1人人に会えないかと留まることを選びシュガーを口にして舐めつつソファに座り   (5/20 02:12:19)

……洗面所位はあるよね、モモちゃん顔洗ってこよう(シュガーをポケットに入れ泣き虫のももちゃんはもうおしまい、と立ち上がり洗面所を探して探索し始めて   (5/20 02:04:35)

スゥ…………わ、綺麗〜(何度か深呼吸すれば落ち着きを取り戻しつつ彼が置いていったシュガーを見つめほわ、と目を輝かせて)……うん、人と話して少し元気出た、(立ち去っていく彼を涙で霞む視界でぼんやりと見送りつつ手に置かれたものを眺めて   (5/20 02:01:15)

おしらせフィガロさん(iPhone 210.166.***.144)が退室しました。  (5/20 01:57:22)

フィガロおっと...、ほら、ゆっくり息を吸って、息を吐いてごらん。(苦しげな呻き声に手を離して相手の背を軽く撫でてやりながらできるだけゆっくり、優しげに声をかけてやる。お手本を見せるように己もゆっくりと呼吸を繰り返してみせてから小さく呪文を呟いてころりとした星型のシュガーを相手の手に) あぁ..ごめんね、行かないと。夜は特に気分の浮き沈みが激しいから、あまり考えすぎないで。それは俺からの贈り物。少しは落ち着くといいけど(なんて軽く眉を下げ相手の頭を再度軽く撫でてから立ち上がり退出を、   (5/20 01:57:19)

そこが困りどころなんだよな〜……前にももちゃん、自信をなくして歌えなくなった時期があるんだけど、その時あの人はダレカに毒を盛られたようなドッキリ仕掛けられて、ほんとにモモちゃんが毒を盛られたみたいに超取り乱してモモちゃんにはいて欲しいって言ってくれたんだけどね、やっぱりあの人は優しいから……(ゆる、と眉を下げつつ目を伏せてはここに来る際も泣いていたせいかぅ……と少し苦しげに呻いて喋るのをやめ胸元を押えて固まって   (5/20 01:50:34)

フィガロそう、(癖だろうか、泣いているのに笑おうとするのは。それを咎めることも言及しようとも思わないが、口にする代わりに軽く眉を下げ続く言葉に軽く首を傾げてみせる。水の膜を貼った相手の瞳が部屋の明かりを乱反射するのを眺めながら彼の頭から手を離しする、と頬を撫でてから軽く目元をなぞってみせ) どちらにせよ、君だけで決めるのは惜しいと思うよ。その子達の考えも聞かないとね   (5/20 01:46:14)

……あはは、どうだろう……あの人たちはすっごくやさしいけど………………(撫でられれば泣いているとはいえ無邪気な笑みを浮かべようとしつつ)正直、ファンとしては隣にいるのも嬉しいけどやっぱり元のコンビで歌ってて欲しいじゃん?(ゆる、と眉を下げつつ潤んだままの瞳で彼を上目で見つめ   (5/20 01:40:29)

フィガロなるほど、..君も彼らも優しいね。(小さな呻き声混じりに語られるその物語は当事者では無いものからしたら想像が難しい。ただ彼が分かりやすくまとめて話してくれるものだから大体は把握出来た。彼の相方も、見守っていた人も、勿論彼自身も、多分優しいのだろう、だから思い悩んで自虐して傷ついている。彼の頭に再度手をやりそっと髪に指を通すようにして撫でてやりながら左記を一言。助言や叱責を彼は望んでいないし彼らをよく知らない己が無闇矢鱈にするべきでもないのだろう) 俺がどうこう言うことじゃないけど、似たようなことなら経験があるな(なんて、思い返すように軽く肩を竦めてみせては   (5/20 01:37:39)

それで、最初は期間を決めて、もしその期間で怪我をした元相方が見つかるまでの仮でもいいから……って言ってたんだけど、その元相方が実は超近いところにいてさぁ……素性を隠してずっとモモちゃんたちを見守ってたって話、……なんだけど、その元相方が見つかってからやっぱりただのファンだったモモちゃんなんかより長年探し続けた人とコンビ組み直してステージにたったほうがいいんじゃないかって……モモちゃんはもういらないんじゃないかな〜って…………あの人は優しいからそんな事ないって言ってくれるんだけどやっぱり自信なくてさぁ……(ゥッ……ゥッ……と時折涙声で呻きつつ話しモモちゃん弱いな……と自虐的に呟いて   (5/20 01:30:21)

フィガロ、(ずっとこうして、というのは泣きたい時に我慢してということだろうか。彼の境遇も何も知らないがまだ青年だろう見た目の彼にはキツそうだなと床に座り込んだ彼に視線を投げる。強引にソファーに座らせるのもどうかと思うが流石にこれは見た目的にもなぁ、なんて考えていれば話し出す相手の言葉に一応そちらへと耳を傾ける。どうも複雑そうだなと軽く目を細めてはソファー立ち、相手の傍らにしゃがみこみながら話の続きを待つように彼へと視線を   (5/20 01:22:36)

そう……だよね、でもね、モモちゃんずーーっとこうして生きてきたんだ(スッ……と表情をなくし目もとから流れる涙を止めずにポロポロと零しているままゆっくりと彼の正面で膝を着いて床に座り込んで)あのね、モモちゃん……元々今の相方とはアイドルとファンの関係だったの……それでさぁ、相方が元々組んでた人がライブ中の事故で怪我をして、行方をくらませちゃったから残った方が今のモモちゃんみたいに自信無くしちゃってステージに立つの辞めようとしてたんだけど……どうしても歌い続けて欲しくて、モモちゃんが必死にお願いして今に至るんだけど……(と泣いているとはいえある程度まともに話を進めて   (5/20 01:16:53)

フィガロ泣きたい時に我慢するのは良くないよ、(水の膜を貼っていた瞳からぽろりと零れた雫を救いとるようにして人差し指でそっと拭ってやってから立ち上がり再度ソファーに腰をかけては俯いてしまった相手に優しげな視線を) じゃあ君の話を聞かせてくれる? でもその前に、立ったままだと疲れるだろう、俺の隣が嫌なら向かいでもいいし、座ったらどう?   (5/20 01:10:47)

……あはは、優しくされたらモモちゃん泣いちゃうよ?(ポロ、と涙を零しつつ笑ってはモモちゃん話聞いてくれるだけでいいんだ〜、と撫でられて濡れた頬を隠すように俯いて   (5/20 01:06:47)

フィガロ、(歩み寄っては来てくれたがそれだけ。隣に座るでもなく俯いたまま告げられた言葉にこちらも軽く眉を下げた。礼儀正しい子だ、軽く足を組み直しては考えるように少し間を空けたものの、小さく息をついてから本を傍らに置いてソファーを立ち、己より身長の低い相手に合わせるように軽く膝を曲げてはぽん、と彼の頭を軽く撫、) 君がしたいようにしてご覧、甘えたいのならフィガロ先生が甘やかしてあげるし、話を聞いてほしいなら聞いてあげる。   (5/20 01:04:18)

うん、むしろモモちゃんのこと知らない人の方がありがたいかも(こんな姿相方やファンの子たちには見せられないもんね、と眉を下げつつ彼に近づきはしたものの隣に座ろうとはせずに少し俯いて)ううん……今のモモちゃんが人に近づくと例えついさっき会ったような人でも抱きついて甘えちゃうかもしれないから、(と少し潤んだ瞳で微笑んで   (5/20 00:56:08)

フィガロ勿論、初対面の俺で良いならね。(どこか遠くを見るような目線は何か思い悩むことでもあるのか、向けられた言葉に一瞬キョトンと目を瞬かせたものの直ぐに優しげな微笑みを浮かべて己の隣をぽんぽんと。こっちへおいでと言うように軽く片手で叩いて示してみせる。) 良かったら隣においで。真正面だと話しにくいだろうし、君の話を聞かせて?   (5/20 00:52:25)

そうそう、……普段はもっと元気いっぱいなんだけどね、モモちゃん最近自信無い期に入っちゃったんだよね〜、(こく、と頷きつつどこか遠くを眺めては)……へぇ~、お医者さんなんだ…ね、先生…初対面で悪いんだけどちょっとだけ話聞いてくれる?(医者、と聞いてどの部門かは分からないが少し安堵したようにふぅ……と息を吐きつつ''ああ、別に話してどうこうしたいって訳じゃないんだけどね、''と眉を下げて   (5/20 00:47:47)

フィガロへぇ、アイドル?っていうのは歌ったり踊ったりするんだっけ?(初対面だし緊張でもしてるのかなとも思ったがへらりと微笑む様子に人の良さそうな子だという印象。自己紹介に緩く首を傾げてからパタンとかわいた音を立てて本を閉じ、己も自己紹介しておこうかと口を開く) 俺はフィガロ。小さな診療所のお医者さんをしてるんだ。フィガロ先生、って呼んでくれても良いよ(ぱち、と方目を閉じて揶揄混じりにウインクをしてみせ   (5/20 00:42:04)

わ……本当に人に会えるんだ……(ピタッ、と停止して中にいる人を確認すればへら、と力なく微笑んで''モモで〜す、アイドルしてるんだ、''と簡単な自己紹介を   (5/20 00:38:36)

フィガロおや、こんばんは(ふと聞こえた控えめな声に本へと落としていた視線を上げると人好きのされそうな笑みを浮かべて見えた人影へ視線を向ける。意外と早く人に会えるんだなと内心にとどめつつ頬杖をついていたのをやめて軽く体を起こし   (5/20 00:35:45)

…………お邪魔しま〜す(どこから迷い込んできたか、人の声がした方に行けば彼のいる部屋にたどり着いて静かに扉を開け   (5/20 00:31:05)

おしらせさん(iPhone au)が入室しました♪  (5/20 00:30:05)

フィガロ((使い回しごめんね、雑談でもなんでも...CCもできるよ(ひら、   (5/20 00:25:53)

フィガロ邪魔するね、(ふありと軽くあくびを零しながら入室。肩にかけていた白衣を軽く揺らしながら灰色の瞳をゆっくり瞬かせては室内へと視線を散らす。まぁこの時間だし話し相手もどうだろうなと軽く肩を竦めながらソファーへと足を向ける。昔は1人でも別に何も思いはしなかったが魔法舎での賑やかさになれてしまったものだから静かな夜は少しばかりもの寂しいもの。肘置きに頬杖をついて誰か来るまでと手にしていた古い本を開いては文字列に視線を落とす。少しの間でも時間が潰せれば良いのだが   (5/20 00:23:58)

おしらせフィガロさん(iPhone 210.166.***.144)が入室しました♪  (5/20 00:23:39)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、モンキー・D・ルフィさんが自動退室しました。  (5/18 04:32:15)

モンキー・D・ルフィあんま長くは居られねェけど邪魔すんぞ~!(ば ~ん!と勢いよく扉を開ければ誰も居ない静かな部屋へと入室 。何やら人が居た形跡が見える。部屋の灯りは付いていたままだった為、腕を組んでは首を横に傾け" ん~ ?誰か居たのか? " なんて。部屋を歩き回りながら" お~い!誰か居ンのか~?"と声を掛けるもしん…と静まりかえる部屋。どうやら誰もいないらしい。" 誰も居ねェじゃねえか " なんて口角を下げるとベットへと大の字になる。" ふあ〜あ、誰か来る前に寝ちまうかもな~ " なんて大きな欠伸を零しながら)   (5/18 04:05:45)

おしらせモンキー・D・ルフィさん(iPhone 119.230.***.197)が入室しました♪  (5/18 04:00:29)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、チョッパーさんが自動退室しました。  (5/18 03:35:31)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、フィガロさんが自動退室しました。  (5/18 03:20:10)

チョッパー喋るだけでも驚かれるもんな、(はは、と自嘲気味に笑いつつ慣れているとはいえどこか寂しげな表情で)……驚かせちまったな、俺普段はちっちゃい姿だからな、人の顔あんまり見えないんだ(申し訳なさそうに耳を下げつつ無理に目を合わせようとはせずにその本は医学関係か?と意識をそらせようとして   (5/18 03:00:40)

フィガロまあ、人から見たらそうだろうね(言い方は悪いがそのなりだと確かに驚かれはするだろう。まぁ彼の世界線がどうかは知らないが。隣へよじ登ってきた相手へ軽く困ったように眉下げては軽く視線を逸らし) 観察ね...別に俺はなんの面白みもないただの優しいお医者さんだけど   (5/18 02:55:08)

チョッパー俺は驚かれるけどな、(ゆる、と耳を下げつつ苦笑いしては)もっとよく観察したいからな、ぁ……別に診察する時みたいに触ったりはしないぞ、(ソファの方によじのぼり彼の方を見上げてはピコピコ、と興味を持ったように尻尾を揺らし   (5/18 02:45:45)

フィガロあはは、確かにわかりやすいかもね(首から下げた聴診器も、肩にかけている白衣も確かに医者のそれだ。近づいてきた相手をすきにさせていればよじ登ろうとしてくる彼に少しばかり驚いたように目を見開いた) 船医ね...って、ええ、何? どうしたの(振り払うのも可哀想だ、とはいえ流石に急な行動に理解が出来ないと言わんばかりに   (5/18 02:41:39)

チョッパーそっか、……でも服装でわかるぞ、俺は船の船医なんだ、海に出るまでは町で医者をしてたぞ(こく、と頷きつつ手当が終わればなんとなく彼に近づいて彼によじ登ろうとしていて   (5/18 02:32:37)

フィガロへぇ、奇遇だな、俺も医者だよ。といっても、小さな診療所のお医者さんってくらいだけど(小動物のような見た目をして医者か、とは思ったがまぁ見た目やなんかは関係ないかと手際良く進められる手当を眺めてこれなら手を貸す必要は無いなと立ち上がる。先程座っていたソファー再度座り直しては開いたままにしていた古本をパタン、と乾いた音を響かせて閉、)   (5/18 02:30:28)

チョッパー知らない人はまだ緊張するけどな、……もう大丈夫だ、(ピル、と耳を揺らしつつ無邪気な笑みを見せては)俺は医者だからな、これくらいならちょっと安静にしてたらへいきだ、(彼と話をしつつ手当を進めて   (5/18 02:23:47)

フィガロへぇ、(成程、さっきのは彼のトラウマのようなものか。話せるのなら克服したのは本当なのだろうがとはいえ多少思うところはあるんだろう。)まぁ、人間ってそんなものだよね。よく分からないものは排除しようとしたり(己にも思い当たるところはあるなと、よいしょ、と立ち上がりながら軽く肩を竦めてみせれば手馴れたように手当する相手の目の前にしゃがみこむ。白衣が床につくのも特に気にすることなくその手際を眺めながら) 手際が良いね。足、大丈夫?   (5/18 02:21:07)

チョッパー元々こんな姿で人間に嫌われてたからな、いまは克服してるって言った方が正しいのか、(足をくじいたの何とかしないとな、とカゴを下ろせば慣れた手つきで手当を始めて   (5/18 02:15:29)

フィガロあはは、そう。ごめんごめん、緊張してるみたいだったからさ(ちょこちょこと近寄ってくる小動物の様な相手を眺めながら軽く足を組み直して肘置きに頬杖を着いてはふありと欠伸をひとつ。何となく警戒されているような気はするがそれでも近寄っては来るのかととりあえず様子見でもするように   (5/18 02:13:02)

チョッパーこ……怖くねぇぞ、お、おれは男だからな、(ワタ、としつつ出てくれば部屋に入りちょこちょこと彼に近づいて   (5/18 02:08:53)

フィガロおや、怖らがらせたかな(それとも驚かせたか。少しずつ見えた影はどうも人では無いらしい。小さな..動物?精霊ではなさそうだと手元の本を開いたまま頬杖をといて観察するように様子を眺めては敵意はないよと示すようににこりと笑みを浮かべてみせた) こんばんは、   (5/18 02:05:28)

チョッパー!!(ビクッ、と耳を立てつつ人間がいる、どうしよう……でも怖そうな印象はないしな……と悩んで無意識に少しずつ部屋に入る体勢で   (5/18 02:02:00)

フィガロうん?(ふありと欠伸をひとつ零してはふと感じた気配に本に落としていた視線をあげる。なんだろうかと軽く首を傾げつつ小さく聞こえた声にそちらへと視線を向けてみた   (5/18 01:59:28)

チョッパーふぅ、静かなところに来たから少し休めそうだな、(大きなカゴを背負い中庭から入って壁に下半身を出し頭を隠して覗き込もうとしていて   (5/18 01:52:59)

おしらせチョッパーさん(iPhone au)が入室しました♪  (5/18 01:51:37)

フィガロ((まぁ雑談でも1夜の相手でも..ああ、俺が話しにくければCCもできるよ(ひら、   (5/18 00:42:38)

フィガロ邪魔するね、(ふありと軽くあくびを零しながら入室。肩にかけていた白衣を軽く揺らしながら灰色の瞳をゆっくり瞬かせては室内へと視線を散らす。まぁこの時間だし話し相手もどうだろうなと軽く肩を竦めながらソファーへと足を向ける。昔は1人でも別に何も思いはしなかったが魔法舎での賑やかさになれてしまったものだから静かな夜は少しばかりもの寂しいもの。肘置きに頬杖をついて誰か来るまでと手にしていた古い本を開いては文字列に視線を落とす。少しの間でも時間が潰せれば良いのだが   (5/18 00:42:06)

おしらせフィガロさん(iPhone 210.166.***.144)が入室しました♪  (5/18 00:40:32)

おしらせギルベルトさん(Android 133.159.***.166)が退室しました。  (5/17 22:35:39)

ギルベルト…よっしゃ、ヴェストに怒られる前に帰るか(しばらくして気が済んだのか立ち上がった。軽く衣服を整えた後退室して)   (5/17 22:35:31)

ギルベルト…誰も来ねぇな…小鳥のようにかっこいい俺様は1人でも平気だけどな(1人楽しすぎるぜー!といつものように笑った後ソファに座り直しいつの間にか頭にとまっている小鳥を撫でて)   (5/17 22:24:39)

ギルベルト_…こんな部屋あったんだな…。とりあえず暇つぶしに邪魔するぜ、ケセセセ!(こっそり家を抜け出しなんとなく見つけた部屋に入って。目が冴えて眠れないし此処ですしばらくゆっくりするかと目を伏せた後ソファを陣取り横になりながら寛ぎ始めて)   (5/17 22:13:12)

おしらせギルベルトさん(Android 202.214.***.134)が入室しました♪  (5/17 22:08:36)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、ソル・バッドガイさんが自動退室しました。  (5/17 03:30:25)

ソル・バッドガイ邪魔するぜ(部屋の中に入ると近くのソファーに腰を下ろし)少しばかり待たせて貰うぜ。まっ、こんな時間に来る物好きなんざいねえだろうな(そのままソファーに寝転がり)   (5/17 03:04:09)

おしらせソル・バッドガイさん(Android 61.205.***.240)が入室しました♪  (5/17 03:02:59)

おしらせフィガロさん(iPhone 210.166.***.144)が退室しました。  (5/17 00:44:27)

フィガロ((おや、来たばかりだけどお部屋感謝、と(ぺこ、   (5/17 00:44:25)

フィガロ((ロルは下のでもいいかな。使い回しごめんね、雑談でも何でも...あぁ、話にくければCCもできるよ(ひら、   (5/17 00:29:29)

おしらせフィガロさん(iPhone 210.166.***.144)が入室しました♪  (5/17 00:28:35)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、フィガロさんが自動退室しました。  (5/16 04:10:50)

フィガロ邪魔するね、(ふありと軽くあくびを零しながら入室。肩にかけていた白衣を軽く揺らしながら灰色の瞳をゆっくり瞬かせては室内へと視線を散らす。まぁこの時間だし話し相手もどうだろうなと軽く肩を竦めながらソファーへと足を向ける。昔は1人でも別に何も思いはしなかったが魔法舎での賑やかさになれてしまったものだから静かな夜は少しばかりもの寂しいもの。肘置きに頬杖をついて誰か来るまでと手にしていた古い本を開いては文字列に視線を落とす。少しの間でも時間が潰せれば良いのだが   (5/16 02:24:48)

おしらせフィガロさん(iPhone 210.166.***.144)が入室しました♪  (5/16 02:20:19)

おしらせドンキホーテ・ロシナンテさん(iPhone au)が退室しました。  (5/16 02:03:33)

ドンキホーテ・ロシナンテ……(ボウッ、と肩が燃えるが、上着を脱げば酷く落ち着いた様子でパンパンと火がついた箇所をたたき火を消して何事も無かったかのようにタバコを吸い始めていて   (5/16 01:57:16)

ドンキホーテ・ロシナンテ……(相変わらず怪我の手当を自分でしていては包帯を巻き終えて使わなかった分を手持ちの応急箱に戻し中庭に近いところでタバコに火をつけ吸い始めようとして   (5/16 01:34:37)

ドンキホーテ・ロシナンテ…………嗚呼、困った(先日と同じところに迷い込んで来ればゆる、と眉を下げつつ人は居ないしとりあえず休むか……と念の為能力で自分の音を消して部屋に入り部屋の隅に座り込んで   (5/16 00:57:20)

おしらせドンキホーテ・ロシナンテさん(iPhone au)が入室しました♪  (5/16 00:56:01)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、ドンキホーテ・ロシナンテさんが自動退室しました。  (5/15 06:22:41)

ドンキホーテ・ロシナンテ……生きてるぞ、少し休んでだいぶ楽になった(感じる視線に顔をあげればゆる、と眉を下げて賑やかなのが苦手なら俺の能力で静かな空間を作ってやることも出来る、と   (5/15 04:20:10)

ドンキホーテ・ロシナンテ……弱ったな、まだしばらく動けそうにねぇ(久々に人と触れ合った代償かはたまた貧血を思い出したせいか視界が揺らぎ壁に背中を預けてはガクッ、と項垂れて動かなくなり人が来ればまだ話し相手くらいはできるだろうと目を閉じて   (5/15 03:59:44)

ドンキホーテ・ロシナンテん……嗚呼、気をつけてな(振りほどこうとする彼を素直に離してやり温もりがなくなれば軽く伸びをしてからくあぁ……と大きな欠伸をして   (5/15 03:53:00)

おしらせフィガロさん(iPhone 210.166.***.144)が退室しました。  (5/15 03:51:40)

フィガロそうなの?(そういえば彼の職業は聞いてなかったな、と思い出しつつも甘えるように擦り寄ってくる相手の頬に軽くてを滑らせてから手を離し抱きしめるように回された彼の手を優しく解いて立ち上がる。) 俺はもう戻るけど、君も眠くなったら寝るんだよ、睡眠は大事だからね。(白衣をひらりと揺らして出入口付近であぁと軽く振り返り"また機会があったらよろしく"なんて軽く手を振り笑みを向けては退出を   (5/15 03:51:37)

ドンキホーテ・ロシナンテまぁ……職業上警戒心が薄いのはあまりよくないがな……(今は長くスキンシップを取れるような者が近くにいないためか撫でる手にすり、とあまえつつゆるゆると微笑んで)はは、まぁオオカミでも構わなかったさ……(仮に狼だったとしても噛みつかれたりしたところで怒りはしないだろうと自負しつつ撫でられて安心したせいかくぁ……と小さく欠伸をして   (5/15 03:44:16)

フィガロ確かに、それなら犬の方が近いのか(猫は警戒心が強いとも言うし、...いや、犬も危機感とかは強くない?とは思ったがまぁどちらにしよ彼が人懐っこいことには違いない。初対面でこれはどうかとも思うけれど。軽く撫でてやりながら伝わってくる体温を感じつつ) 俺がオオカミじゃなくて優しいお医者さんで良かったね、(なんてからかうようにくす、と   (5/15 03:39:27)


更新時刻 09:47:10 | 過去ログ | ルーム管理 | 文字サイズ変更 初期値 縮小- 拡大+ | 背景色変更 デフォルト 白色
新着発言の通知音を
有効にするために
画面をクリックして下さい