PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
【主】創作キャラクター
name:絡(カラメ)
age:19
sex:♂
side:右寄りの両刀
physical:華奢
personality: 卑屈 / 無神経 / 臆病 / 寂しがり

固定×。それ以外なら誰でも歓迎。

_____一夜限り、嫌なことも何もかも、全部忘れたい。
 [×消]
おしらせ無言時間が25分を超えたため、さんが自動退室しました。  (7/3 23:00:12)

おしらせさん(iPhone 60.143.***.219)が退室しました。  (7/3 22:36:47)

ん、……そーする、ごめん……今日はありがと、……良かったら、また、来て。気が向いたらで、良いから……待ってる、から……( 背を叩く手が心地よくて、まだ言いたいことがあるのにどんどん瞼が閉じて行く。おやすみ、も言えないまま、意識を手放した。↓ )   (7/3 22:36:17)

ン、いいえ…、今日はもう寝るか?、( ぽんぽん、と軽く背中を叩きながら問いかけて )   (7/3 22:33:14)

……わかった。俺も、ありがと。俺のこと、気遣ってくれて( 優しい口付けに何故か安心してしまって、少し眠気が襲い来る。彼の体温が心地よくて、ぎゅ、とこちらも抱き締め返して )   (7/3 22:24:45)

……じゃあ、俺は別の日にお願いしようかな、…有難う、絡 ( そっと抱き締めては愛しげに彼を見詰め唇へと口付けを落とし、)   (7/3 22:21:42)

俺、は……無理してない。晩の時間が大丈夫なら、してぇけど。明日とか予定あんなら、また別の日でも、良い……( 困らせてしまった。申し訳無さに思わず目を逸らしてしまう。遠慮がちに予定など確認しては、ちらと彼を見て )   (7/3 22:16:31)

……その、言い方されると…困るな…… ( 眉下げ彼を見詰めては、無理してないか?、と心配げに問いかけて )   (7/3 22:14:42)

……!無理、してない……!ちゃんと、晩にも……気持ち良くなってもらわねぇと、いやだ( 達したばかりの体はまだ力が入り切っていなくて、あっさり押し倒されてしまう。頭を撫でる彼の腕を掴み、悔しげに目を伏せて。……だめか、などと呟く )   (7/3 22:06:55)

……俺はいいよ、無理すんな ( 自分の下着にかけられた手を掴んでは再度彼をソファへ押し倒す。落ち着かせるように片方の手で頭を優しく撫でやり )   (7/3 22:03:56)

っはぁ、はぁ、は……っばか、そんなの、舐め、んな……( 久々に欲を吐き出しては一気に力が抜け、肩で荒く息をする。涙に濡れた瞳で力なく彼を睨めつけ、未だ震える身体を起こす。今度こそ、と彼の下着に手をかけて )   (7/3 21:56:18)

…っ、…いっぱい、出たな… ( 手に吐き出された欲をぼんやり見詰めては興味本位で舐めとって見せ、蕩けきった瞳で彼を見下ろした )   (7/3 21:52:23)

〜〜っ!?ぁっぁ、や、ぁ!?いやだ、晩、ばん、ぃく、イっ……!!( 強すぎる刺激に眉を下げ涙を浮かべた目を見開いて、震える手で彼の服を掴む。ぎちぎちと快感が高ぶっていっぱいになっていく。声にならない悲鳴を上げて、腰を跳ねさせ欲を吐き出して )   (7/3 21:46:00)

……イっていいよ、ほら……イけよ、( 彼の声が耳に響けば脳が刺激されるような感覚に襲われ、ぞくぞくと背筋を震わせる。絶頂を促すように先端を親指でぐりぐりと弄り刺激を与えて )   (7/3 21:41:22)

ん、んぅ、ぐ……!っふ、ぅ、ん……っぁ、は、や、だめ、ぃ、く、……ぃっちゃう、から……!( 嫌だ。嫌だ。まだ俺は何もしてないのに、こんなに早く達しそうになるなんて。どんどん高ぶって、荒くなる呼吸。乱れていく表情を止めることも出来ずにただ喘ぎ声を上げて )   (7/3 21:36:16)

……ねぇ、きもちいでしょ、絡… ( 言葉に反して敏感に反応する彼にそんな事ないよね、と言いたげな表情で彼に問い掛ける。我慢出来なくしてやろうと、扱く手の動きを徐々に早めていき )   (7/3 21:33:05)

っべつに、焦ってな……っぁ!〜っや、それ、だめ、だ……!( 自身の昂りに触れられ、優しく扱われれば、思わず腰が跳ねる。彼自身のものに触れようとしていた手はずるりと落ち、声を抑えるために口元に当てて )   (7/3 21:26:42)

…っ、…そんな、焦らないで、…触ってあげるから、さ、( 触れられてしまえば耐えるように下唇を噛み、先に彼のズボンや下着を脱がしては今度は直接それを手で包み込みゆっくりと扱いていき彼の様子を眺め )   (7/3 21:23:52)

……っは、ぁ、……余計なこと、言うな……っ( 既に張り詰めているそこに触れられれば、びく、と肩を震わせ唇を噛む。やられてばかりは悔しいからと、まだ覚束無い手付きで彼のそこにも触れて。早く、早く、と急かすように震える手で彼のズボンや下着に手をかける )   (7/3 21:18:12)

…ッ……、余裕なさそうだね、かわい、…( 口付けを受けては瞳を細め思わずぽろりと本心を口に出した。辛そうな彼を見ては興奮気味に熱混じりの息を吐き捨て、待ち望んでいるだろうその膨らみへ布越しに触れては指先で擦り刺激を与えて )   (7/3 21:14:22)

〜〜っ……ば、か、かよ……!やだって言っ……っぁ、んん……ッ!( 優しい声を出すな、耳に響く。内心悪態をつきながら自身の脚を撫でるその腕に手を添えて、びくびくと体を震わせる。もどかしいような快楽に溺れてしまいそうで、怖くなる。震える手で彼の胸ぐらを掴んでは引き寄せ、口付けて。 )……良い、から、はやくしろよ、   (7/3 21:06:22)

……おかしくなってもいいよ、俺が見ててあげる ( 横目で彼を見つめては促すように柔らかな声で囁く。彼の必死の抵抗も可愛く思えてしまい愛しげに様子を眺めながら太股の内側へ手を滑らせ厭らしく撫でやり )   (7/3 21:01:43)

っぁ、や、撫で、んな……!よけい、おかしくなる……!( 耳を舐められ感覚が過敏になっている身体を撫でられ、より声が震える。脳内を淫らな水音に支配されているようで、堪えようとした声が漏れ出てしまう。それでも必死に抑えようと、彼の服を震える手で掴んで止めようとして )   (7/3 20:56:21)

……足、…震えちゃッてる……ン、 ( そう言えば彼の脚に手を滑らせ擽るように優しく撫でやる。可愛い、と内心思いながらくちゅり、水音立て耳中を舐め回し )   (7/3 20:52:32)

っ……!……っぁ、ちょ、待っ……!( 耳の奥まで響く声にびくり、と身体を震わせ、押し倒されるがままにされて。耳の中に舌がいきなり入り込んで来て、思わずより強く彼の服を掴む。がく、がく、と足が震えるのを感じて )   (7/3 20:45:03)

……絡、美味しい、( 耳元で静かに囁いては彼に体重をかけ押し倒しながら舌先を伝わせ耳の中へと滑らせ る。鼓動を高鳴らせ目を伏せ夢中になッて )   (7/3 20:41:00)

……っ、べつ、に、( ああ、また可愛げのないことを。内心溜息を吐くも、触れた唇、首筋をなぞる舌にびく、と肩を震わせて。背中に回した手で彼の服をきゅ、と掴む )   (7/3 20:33:29)

…ン、……有難う、絡… ( 口付けを受けてはだらしなく頬を緩ませ、お返しに此方からもちゅ、と首筋へと口付けを落としてはそこへ舌を這わせて )   (7/3 20:30:22)

……良いよ、別に。好きにすれば( 見つめられれば目を逸らし、触れていたいと言われればぶっきらぼうに返す。何とも可愛げのない振る舞いで、本当に嫌になる。代わりに、と自分からも彼の背中に手を回し、首筋にちゅ、と口付けて )   (7/3 20:25:57)

ン、すぐ酔えるからそこは有り難いなッて思ってる。……もッと触れてたい ( 又ぼんやりと彼を見詰めては腰に腕回し抱き締めて、肩に顎を乗せてはぽつり呟き )   (7/3 20:23:22)

そんなに強くないんだな、……酔うために飲むならそれくらいが良いと思う。……うわ、何、もっとやらせろって何だよ。どういう願望だ( 頭を押し付けられては、俺の方が痛いんだけど、と抗議して。やがて諦めたように息を吐き、押し付けられた頭をぽんぽんと叩いて )   (7/3 20:18:18)

んー……俺は、あんまり飲めないしすぐ酔うけど飲む。……いてェ、もっとやらせろよぉ… ( いじけた様子でじと、と相手を見つめてはぐりぐり頭を擦り付けて )   (7/3 20:15:50)

強そう?……どうなんだろうな。そういう晩はどうなんだよ、結構飲めるのか?……別に怒ってねぇよ、つーかそれやめろ( 嫌な訳では無い、ただ少し恥ずかしいだけだ。子供扱いされているような気がして、頬をつつく彼の手をぺし、と払う。まぁ実際ガキだし仕方ないけど、と内心膨れて )   (7/3 20:10:22)

酒は飲んでも呑まれるなッでやつだな。…絡は強そうなイメージある、俺の偏見。……そんな固い事言うなよ、怒らせたンなら謝るけど ( 睨まれてはにぃ、と口角を上げ今度は相手の頬を指先でつんつん突いて )   (7/3 20:06:19)

まぁ、飲み過ぎは良くないって言うからな。……俺も飲むようになったら程々にしねぇと。そもそもどんだけ飲めるのか分かんねぇけど。……そういう問題じゃないだろ、一応来客の前なんだから( 何故か楽しげな彼を軽く睨みつつ、乱れた髪をときほぐして )   (7/3 19:59:07)

一時的な逃げ道を自分で作れるッていうのはやっぱいいよ、流石に長くは居座れねェけど。……何処に行くわけでもないんだし、いいだろ ( 抵抗する彼を見てはは、と笑みを零しては気が済んだのかパッと手を離し )   (7/3 19:56:10)

ふーん……良いな。そういう使い方も出来るんだ。一瞬でも楽になれるならそういう手段も有りだと思う。……ん、分かった。じゃあ遠慮なくタメで、……っわ、何だよ、動きづらいだろ( 嫌なことを忘れられる、というのはとても魅力的だ。良いことを聞いたな、などと思っていると両手で頭を覆われ、今度は少し抵抗して )   (7/3 19:51:01)

酔うと嫌なこと忘れて、そン時だけ良い気分になれるからな。…気遣われた方が俺もやりにくいから、寧ろ敬語よりこっちの方が有難い ( なんか落ち着く。と静かに呟いては彼の言葉に耳を貸す素振りもなく今度は両手でわしゃり、)   (7/3 19:46:49)

……酔うために飲んでるのか、なんか変な感じだな。21……2個上か、確かにそんな変わんねぇかも。ありがと、そう言って貰えるとやりやすい( 頭を撫でられては、崩れるんだけど、などと文句を言いつつも大人しく撫でられて )   (7/3 19:41:49)

俺は味とかは別に気にしてない、たまに酔いたい気分になッた時に飲んでる。…ン?俺は21だよ、歳とか関係なく今まで通り気楽に接してもらえたらいい ( 優しげな声色で伝えながら彼の髪の毛をわしゃり、乱してやり )   (7/3 19:38:37)

ふーん、……そんなに美味いもんなのか。……そ、ならいいや。俺、あんま敬語得意じゃねぇから助かる。晩はいくつなの、……嫌だったら答えなくて良いけど( ふ、と安堵の息を吐けばこちらも頬を緩め、首を傾げて )   (7/3 19:33:36)

たまにしか飲まないけど、好き。……へェ、そうは言ってもあんまり歳は変わんないと思うけどな ( 敬語じゃなくても気にならないし、と柔らかな表情を浮かべ )   (7/3 19:30:38)

あぁ、なるほどな。酒とか飲むんだ、好きなの?……つーか酒飲めるなら俺より年上だな( 当然のように敬語を抜いて話していたが、不快ではなかったかと今更のように顔を伺う )   (7/3 19:26:29)

……ァ、ごめん、さっき酒飲んで頭がぼんやりしてるだけだから気にしないで ( 視線を床に落とせばぽつり、呟きソファーの背凭れに身体を預け )   (7/3 19:24:34)

どーぞ。……ん、何。なんかついてる?( 隣に座る彼を横目で見ながら頬杖をつく。テーブルに置いた菓子を適当に摘み出せば、視線に気付いて。退屈?などと問う )   (7/3 19:20:45)

ン、じゃあ遠慮なく座らせてもらう ( 隣に腰掛けてはぼんやりと彼を見詰めて )   (7/3 19:18:16)

わざわざありがと。まぁ暇潰しくらいにはなれるように頑張るから( ふ、と笑えば、“とりあえず座ったら?”などと愛想の無い言い草でソファーに座るよう促して )   (7/3 19:15:46)

全然気にしなくていいよ、見掛けたからまた来てみた ( ひらり、手を振り返しては彼の方へ近付いて )   (7/3 19:13:07)

……あ。昨日は途中で落ちてごめん。また来てくれてありがと( ひら、と手を上げて )   (7/3 19:11:34)

おしらせさん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (7/3 19:10:48)

……特定の誰かから愛されたいとか、そういうのは無い。相手なんて誰でも良くて、別に俺じゃなくても困らない。そういう奴こそ、合ってるんだと思うんだよな   (7/3 19:09:05)

……?寒……、エアコン、温度下げすぎてんのかな( ふる、と身体を震わせ僅かに眉を寄せて )   (7/3 19:01:38)

誰でも良いから寂しさを埋めて欲しい、なんて言うのは軽薄過ぎるんだろうな。まぁ、そういう人間性なんだから仕方ねぇけど( ぐぐ、と伸びをして )   (7/3 18:49:49)

あー、……頭痛ぇ、   (7/3 18:37:47)

……雨降ってるからかしんねぇけど、何となく憂鬱だな( ぼう、と窓の外を眺めて )   (7/3 18:32:37)

暇だから待機。適当に待ってるから適当に来て( ふぁ、と欠伸をして )   (7/3 18:31:44)

おしらせさん(iPhone 60.143.***.219)が入室しました♪  (7/3 18:31:18)

おしらせさん(iPhone 60.143.***.219)が退室しました。  (7/3 13:16:06)

……じゃ、そろそろ出ようかな( ふぁ、と欠伸をしながら立ち上がり、部屋を去って )   (7/3 13:16:01)

今は辛くても、いずれ慣れる。どれだけ傷付いても、時間をかければ傷はある程度癒える。……そうと分かっていても、その時は辛いもんだけど( ぼう、と虚空を見つめて )   (7/3 12:53:05)

……失恋した時のこと、思い出すな。いくら想いを伝えても、届かなかった。俺も、理解しようとしなかった。……俺は、あの時から変われたのかな   (7/3 12:50:32)

失いたくなくても、指の間から零れ落ちてしまうことはあるから。……誰が悪いとか、そういう問題でもねぇしな( 誰に語り掛ける訳でもなく、雨音を聞きながら一人呟いて )   (7/3 12:47:46)

仕方ないことだと頭では分かっていても、心はついてこないものだよな。……それも仕方ないことだと思う( 目を瞑り )   (7/3 12:42:05)

……形あるものいつかは壊れる、か……( 雨に濡れた窓を見ながら呟いて )   (7/3 12:40:06)

おしらせさん(iPhone 60.143.***.219)が入室しました♪  (7/3 12:39:32)

おしらせさん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (7/2 20:47:13)

少しだけど話せてよかったよ、また見掛けたら来るかもね。じゃ、( 相手を見送った後追いかけるようにして部屋を去り )   (7/2 20:46:37)

おしらせさん(iPhone 60.143.***.219)が退室しました。  (7/2 20:44:03)

ああ、ごめん。そろそろ行かねぇと……せっかく来てくれたのに少ししか話せなかった。良かったらまた来てよ、暇な時待ってるから。……じゃあ、( 時計を見れば慌てて立ち上がり、申し訳無さそうに部屋を出て )   (7/2 20:43:48)

まぁ、大概の人はそう強くは出来てないからな。俺も含めてだけど。他人の意見を聞くにしても、自分の気持ちは大切にしといた方が良いよな、とは思う。……自分を見失ってからじゃ遅いからな( 悔しげにしている彼を見てふ、と笑えば、あんたはちゃんと自己主張してる?などとくだらない事を訊いて )   (7/2 20:38:47)

他人にとやかく言われて自分を見失うくらいなら、最初から他人の言葉に耳貸さなきゃいい……とか言って、嫌でも聞こえてくるのが現状だけど ( 格好つかないが嘘も言えない、何処が悔しげに息を吐き捨てて )   (7/2 20:34:55)

……ふーん、なんか面白いな。ま、他人に何言われようが自分は自分だしな、言えてる( 真っ直ぐ見据えて伝えられた言葉に、虚をつかれたように一瞬目を見開く。自分と似た考え方の人だな、と頬杖をつきながら考えて )   (7/2 20:28:39)

人によって感じ方は変わってくるだろう卦度、俺はそう思った。ま、仮にガキだったとしても気にしないよそれがアンタならそれでいいんじゃない?ッてなる ( じ、と相手を見ながら言葉を並べて )   (7/2 20:25:13)

……余裕?自分ではそんなもんないと思うけど……晩サンからはそう見えるんだな。まだまだフツーにガキだけど、そう見られてんなら悪くないかも( 首を傾げて言う彼の言葉に少し驚く。自分では子供だと思っているので、そう言われると悪い気はしない )   (7/2 20:18:25)

え、そう?俺からしたら絡さんの方が大人っぽく感じるけど、余裕があるッていうか ( 初めて言われた言葉に不思議そうに首を傾げ )   (7/2 20:15:26)

バン、さん、……ね。分かった。ありがと、よろしく。格好良い名前だな、大人っぽくて( おとなっぽい、などと言うと子供らしく見える。が、実際ガキなのだから仕方ないかと開き直ってはちらと相手を見て )   (7/2 20:10:07)

はじめまして、晩 ( バン )ッていいます。どうぞ宜しく ( 目線合わせては会釈返して )   (7/2 20:08:13)

来てくれてありがと。……呼び方だけ教えて貰ってもいい?( 俺はカラメ、よろしく。と再度軽く頭を下げて )   (7/2 20:08:05)

……あ、こんばんは。ども、( スマホに落としていた目線を上げれば少し姿勢を正し、会釈して )   (7/2 20:06:32)

どうも、今晩は ( ちら、部屋覗き込み )   (7/2 20:05:00)


更新時刻 23:49:29 | 過去ログ | ルーム管理 | 文字サイズ変更 初期値 縮小- 拡大+ | 背景色変更 デフォルト 白色
新着発言の通知音を
有効にするために
画面をクリックして下さい