PCMAX
ミントC!Jメール
ルーム紹介
「妖怪の山に神社がある…… 犬走神社である」
ルールを改装するかもしれない

レズ、マンガ、アニメ、東方、YouTuber、ホロライブ、オリジナルは、Ok。 被る(一人うち、三人まで)ok『入店禁止、Frandle Scarlet ◆ge1Y.fz/pQ(PS Vita 36.8.***.159) 古明地さとり ◆Sanya.pYGb4Z(Android docomo spモード)風見幽香(Android docomo spモード) 首狩 翅(Android 118.152.***.229)射命丸文 ◆E5FRpVSTCk(←最低な人)」

「2ちゃはok(1日は一人回まで+中身の話は無し)」
禁止→「荒らし行為、個人を中傷する行為、他者のプライバシーを侵害行為、肉便器と奴隷、スカトロ、暴力する、他者を不快にさせる言動,行動 ・他部屋の勧誘を成り済まし、みんなの迷惑かける、男子⇐(キャラ)」 成りきり→「二次創作」 エッチありなし「中身の人が決める」 「家族→ドレミー ◆RuriLg2d4.(iPhone 60.117.***.84) 丁礼田舞 ◆/RChzaFlUA(PS Vita 122.16.***.201) 哉死身リルル ◆gXqgk2gco2(iPod au) 大神ミオ ◆fHUDY9dFJs(◆UFI4WW/.W2)(Android au.NET) 綿月依姫 ◆wdCHKYOEDAさん(Android 211.125.***.85) 真菰 ◆kykUAmAThs(iPhone 126.1.***.164) 部屋主→クロ◆nVZ6p0TCus(Android 27.94.***.106) 副部屋主→エルザ・ベート◆nVZ6p0TCus/副部屋主2→月詠アロエ ◆nVZ6p0TCus
 [×消]
おしらせ獅白 舞さん(iPhone 60.38.***.245)が退室しました。  (12/5 02:52:40)

おしらせ魔乃アロエ ◆nVZ6p0TCusさん(Android au.NET)が退室しました。  (12/5 02:51:15)

魔乃アロエ『お休みなさいッ』   (12/5 02:51:09)

獅白 舞『分かりました!おやすみなさい...!』   (12/5 02:49:39)

魔乃アロエ『そろそろと寝ないといけなくなったので……』   (12/5 02:47:13)

魔乃アロエうん……(とそのままで眠って)Zzz……   (12/5 02:45:53)

獅白 舞鈴鹿「余は力持ちだからね...!お腹キツイかもだけど、あと少しだから我慢してね...」   (12/5 02:44:26)

魔乃アロエ(持ち上げられ)んっ…何がごめんね……(と、少し眠り始め)   (12/5 02:41:21)

獅白 舞鈴鹿「運んであげるよ。よいしょ...(片手で持ち上げる)」   (12/5 02:39:56)

魔乃アロエ吾輩が…ミカを……(だけれど)吾輩…眠い……(一緒に歩きながら神社へ)   (12/5 02:34:51)

獅白 舞鈴鹿「別に気にしてないよ...何があったかは分からないけど...」   (12/5 02:32:22)

魔乃アロエ(深く反省して)……ごめんなさい…ミカ   (12/5 02:28:47)

魔乃アロエ大丈夫……立てる……(泣きながら)鈴鹿……吾輩…罰受ける……鈴鹿の交尾で吾輩を妊娠させて……   (12/5 02:27:15)

獅白 舞鈴鹿「とりあえず戻ろう...ふかふかのベットに寝かせないと...(お姫様抱っこで運ぶ)お母さん立てる?」   (12/5 02:25:32)

魔乃アロエえっ?(と見てながら)ごめんなさい……ミカ…(涙を流し始め)こんなに吾輩の為に……ミカ……(と、回復呪文で、ミカにかけ)吾輩が……   (12/5 02:18:36)

獅白 舞ミカ「はぁはぁ...うっ.....(魔法陣が消えると赤い稲妻がミカの体に纏った後倒れるが、鈴鹿が抑える)」 鈴鹿「ミカ...!やっぱりその魔法は...確実に.....」   (12/5 02:16:31)

魔乃アロエ紅椛「私は、帰る……色々とやること頑張ってねある(とこ言いながら木を足で蹴って森の外に行った)」   (12/5 02:15:30)

魔乃アロエんっ…ミカ?(痛みとこ疲れが消えたが)いや…鈴鹿……吾輩が悪かったから……罰は受けます……妊娠するくらいにには……ミカに危険な事をしてしまった罰   (12/5 02:12:21)

獅白 舞ミカ「うぐ...うううっ!(魔法陣がさらに光り、アロエの疲れも痛みも傷口も全て治る)」 鈴鹿「余は大丈夫...!でもミカ...その魔法は...」   (12/5 02:07:51)

魔乃アロエミカも   (12/5 02:05:30)

魔乃アロエう、うん……(動かないでと言われても、動けないのよ)\紅椛「まぁ…そう見えたと言う事はッ、色々と反省しないと(と言う)」鈴鹿……ごめんなさい   (12/5 02:05:21)

獅白 舞ミカ「アロエさん...いや、ママ...そこを動かないで...(そういうと、アロエの回りに魔法陣が浮かびあがる)」鈴鹿「そうだったんだ...襲われてたのかと思った...(刀をしまう)」   (12/5 02:02:09)

魔乃アロエハァハァ……(ボロボロ状態)鈴鹿……吾輩がミカを一人にさせてしまった……ごめんなさい…(頭を下げる)罰は受けます……妊娠するくらいになっていても言わない、文句は言わない、   (12/5 02:00:11)

魔乃アロエ紅椛「ようやく分かったのか……(バチを特別な鞘に挿して)ビックリされたのは悪かった……でも…木の上ならねぇ…」   (12/5 01:56:48)

獅白 舞鈴鹿「え...?(揺れが止まる)」 ミカ「そうだよ...!ただミカがびっくりして、襲われるかと思っただけで...何もされてないから...!」   (12/5 01:54:32)

魔乃アロエ悪いのは吾輩だから……(と、二人に言う)もちろん、罰も受けるッ!妊娠されでも文句言わない   (12/5 01:54:23)

魔乃アロエ紅椛「熱い…熱いな(立ち上がって)私は眠いからッ!もう(バチを持ちながら)」あ、あぁ……(身体が痛いが)鈴鹿ー!ミカは大丈夫ッ!何もされていないよッ(と、大きな声で、二人を止める)   (12/5 01:52:30)

獅白 舞鈴鹿「黒姫のように甘くは無いからね...!(目がギラギラと赤く燃え、周辺の大地が強く揺れる)」 ミカ「アロエさんっ...!でもまずはこの2人の戦いを止めないと...!ダメだよ鈴鹿っ!!私は何もされてないっ!!」   (12/5 01:48:22)

魔乃アロエなんで……戦いしているの……?(ハァハァと息が荒く)ミカ……ごめんね……駄目なお母さんで(と、ミカには言う)」   (12/5 01:45:56)

魔乃アロエ紅椛「(服ををそのまま掴み、投げ飛ばしられ)ちゃんと聞けよ!?(木に後ろキックしたが木を割れて落ちる)ッッッ!?なんで日だ(バチを持ちながら地面に刺す)」   (12/5 01:44:19)

獅白 舞鈴鹿「あんたの名前なんか聞いてないっ!!(紅椛の服をそのまま掴み、投げ飛ばす)」   (12/5 01:40:34)

魔乃アロエおぉ………(探し続けた結果は……ようやく見つかった)ミカ……(もう…身体、キズだらけ)見つかった……鈴鹿に紅椛?   (12/5 01:40:27)

魔乃アロエ紅椛「私は、紅椛。犬走 紅椛ッ。犬走軍団で、紅色の椛で呼んでいる!(と、自己紹介をしてながら受け流し)」   (12/5 01:38:22)

魔乃アロエ紅椛「っっっ!?(バチを取り出して、刀を)私は……何もやっていないッ!ただ…この子が迷子になっていたので」   (12/5 01:35:09)

獅白 舞鈴鹿「そんな事聞いてないっ...ミカに...何をした貴様ぁぁぁぁ!!!!(突然紅椛に斬り掛かる)」   (12/5 01:33:12)

魔乃アロエおぉぉぉー!?ミカ……!?とこだ!?(走り続ける……たまに身体に傷がつくが関係ない)   (12/5 01:33:00)

魔乃アロエ紅椛「おぉッ!?(とビックリして)って、あなたは、黒姫と戦いをした……子だったよね?(と鈴鹿に言う)」   (12/5 01:31:05)

獅白 舞鈴鹿「ミカちゃんに...何してるの...?アンタ...(異変を先に察知していた鈴鹿は刀を持ったまま歩いて紅椛に近づく)」   (12/5 01:29:07)

魔乃アロエ紅椛「んっっっ(こっちもびっくりして)こんなにビックリするなの?私は、紅椛……犬走 紅椛だっ」んっ!?ミカの声!?(と、大きな声をした所に走って行く)   (12/5 01:29:00)

獅白 舞ミカ「ひっ...!!?(ビックリして尻もちをつく)ああっ...!?きゃああああっ!!!」   (12/5 01:25:56)

魔乃アロエ紅椛「おや?(木の上から飛んて地面に立って)どうしたの?小悪魔さん?(とミカに言う)」   (12/5 01:24:12)

魔乃アロエミカ……!(大きな声を出しながら探し続け)とこなの?   (12/5 01:22:01)

獅白 舞ミカ「道なりに進んだ筈なのに...どこから来たのかすら分からなくなってきちゃった...!どうしよ...神社ってどっち方面だろ...(辺りをキョロキョロしながら)」   (12/5 01:20:13)

魔乃アロエ……ミカ……(森の中を探し続けるが迷子になり)やばいな……吾輩……迷子だ(汗を出し)もう…迷子だな……青椛が気づいていればいいだけれど…(大きな声で)ミカ……!   (12/5 01:14:48)

獅白 舞この時間帯が、1番危険だからね...(小声で呟く)   (12/5 01:12:56)

魔乃アロエ……そうだね……(と立ち上がって)吾輩……探していく……ごめんね……面倒くさいお母さんで(と、部屋を出て…森の中へ)   (12/5 01:11:37)

獅白 舞何で私なの?こうなったのはあんたのせいじゃないの?自分が悪いことに気づけてないの...?   (12/5 01:09:43)

魔乃アロエ『ミス、妊娠じゃなく、に』   (12/5 01:08:35)

魔乃アロエ『ミス、事頑張じゃなく…が』   (12/5 01:06:56)

魔乃アロエ鈴鹿が連れて来たよ……(と、言う…)心配なら探したら?(と、特別な刀を舞妊娠渡し)その刀は、人を探す事頑張れ出来る刀……   (12/5 01:06:13)

獅白 舞ちょっと待って...ミカって1人で帰ったんだよね...ここに来た時って1人だった?   (12/5 01:03:05)

魔乃アロエでも……(分からなくなって)吾輩……疲れちゃった……(横には寝転んで)………(右手を涙を拭き)   (12/5 00:58:13)

獅白 舞はぁ...(スマホを少し弄る)あ、もしもーし鈴鹿〜。ちょっとヘルプお願いしたいんだけど...すぐ来てくれない?   (12/5 00:55:41)

魔乃アロエでも……会いたかった……みんなと……(少し涙を流し始め)でも……   (12/5 00:52:11)

魔乃アロエでも……吾輩には……(やっぱり分からないと言いながら)   (12/5 00:49:39)

魔乃アロエあっ……ごめんね…舞ちゃん……あんな事をして……(と、呪文で、舞ちゃんには身体を治して、処女を復活してあげ)   (12/5 00:48:44)

獅白 舞本当に嫌がってるようには見えなかったけどね...もぐもぐ...   (12/5 00:48:33)

魔乃アロエ……(右手を涙を拭いて)吾輩は、後で…ミカちゃんの記憶を……(吾輩の出会いを……戸惑いから、迷っている)でも……(と、頭を抑え)ミカちゃんには知らないほうが……やっぱり記憶を……でも…   (12/5 00:47:00)

獅白 舞ミカ「え...?うう...うん...(戸惑いながらも荷物を持って立ち上がり、部屋を出る)」.....(チョコパイ食べながら黙って見ている)   (12/5 00:43:18)

魔乃アロエもう…ミカちゃんには会えない……(仕方ないと思い)鈴鹿に頼んで、帰ってもいいよ……ミカちゃん…   (12/5 00:41:25)

魔乃アロエ(自分の下着を履いて、ブラを付け、服を着る)だってッ……だってッ……みんなに会えるのは、分からないし……(涙を流し続け)   (12/5 00:34:52)

獅白 舞ミカ「ええっ!?そんな...泣かないで!(寄り添う)」あ〜あ、泣かせちゃったね〜。「泣くとは思わなかったもんっ...!」   (12/5 00:33:08)

魔乃アロエうぅ……(涙が流し始め)こんなにミカちゃん達に会いたかったのに……(抱きしめるを離す)   (12/5 00:28:01)

獅白 舞ミカ「あわわわ...!//離してぇぇ//」   (12/5 00:25:04)

魔乃アロエそうだった//いや…何でもないよッ♥舞ちゃん(と言う)待ってぇぇ(と、ミカちゃんを抱きしめる)吾輩はこんな子だけれど//愛しているよッ♥   (12/5 00:23:21)

獅白 舞ええ?何で私が...(チョコパイを食べる) ミカ「えっと...流石にママが心配してるかもだから今日は帰りますねっ//」   (12/5 00:19:07)

魔乃アロエでも……吾輩はミカちゃんの事が好きぃだから//(そう言う)良かった//舞ちゃんにも言って?ミカちゃんに(   (12/5 00:16:24)

獅白 舞まあ...気持ちよかったよ... ミカ「恥ずかしい思いするぐらいなら、小悪魔の方がマシだよっ///」   (12/5 00:12:21)

魔乃アロエえっ//やらないの?(おチンポがビクビクして)こんなにイベントみたいなはここしかないだよ?小悪魔のままでいいのかな?(頬を赤らめて)舞ちゃん//気持ちよかった?   (12/5 00:09:21)

獅白 舞あっ...//もう終わりか...// ミカ「えっ...ミカもやらないといけないの?//嫌だよ絶対...//」   (12/5 00:05:48)

魔乃アロエそうなのッ♥(頬を赤らめて)だってここは女の子しかしないしッ♥(そう言う)舞ちゃん//気持ちよかったよッ♥(出し切るとゆっくりと抜く)   (12/5 00:03:48)

獅白 舞ミカ「そ...そうなの?」   (12/5 00:01:24)

魔乃アロエ(出し続けて)んっっ//ようやくッ気持ちよくなったねぇ//舞ちゃん(頬を赤らめて)何でっ女の子同士で交尾するのは、当たり前だからッ♥まぁ…ここだけの話だけれどねッ♥ミカちゃんッ♥   (12/4 23:59:06)

獅白 舞ああっ♡///(気持ちよさに舌を出したまま) ミカ「何でそんな当たり前のような言い方してるのっ...///」   (12/4 23:56:31)

魔乃アロエ「中出しをしているのは、舞ちゃんで、話をしているのは、ミカちゃん」   (12/4 23:54:57)

魔乃アロエ何って女の子同士の交尾だけれど?(舞ちゃんの腰を掴みながら犯し続け)逝くよッ♥受け入れっっ//(腰を大きく振って子宮の中を押し込んで)んっっっ//(おチンポから大量なザーメンを子宮の中に流し込む)んっ//   (12/4 23:52:54)

獅白 舞っ...///あん...///ああっ// ミカ「いつ言おうか迷ってたのですが...2人とも何してるの!?///」   (12/4 23:49:59)

魔乃アロエおはよッ♥ミカちゃんッ(舞ちゃんの腰を掴みながら犯して続けている)舞ちゃん//好きぃ//(腰を大きく振ってながら子宮の中を押し込んで)逝くよッ♥   (12/4 23:46:58)

獅白 舞ミカ「.....///(何故か目を閉じたまま赤らめている)」これ起きてんね...   (12/4 23:44:29)

魔乃アロエ知っているッ♥もし欲しかったら吾輩に言ってねッ♥(腰を激しく振り続けながら子宮の中を入れ出し続け)もちろんッ♥吾輩達の女の子達だけッ♥(そろそろとミカちゃんが気づいてしまうかもしれないと思いながらミカちゃんの方を見る)   (12/4 23:41:28)


更新時刻 04:34:14 | 過去ログ閲覧不可 | ルーム管理 | 文字サイズ変更 初期値 縮小- 拡大+ | 背景色変更 デフォルト 白色
新着発言の通知音を
有効にするために
画面をクリックして下さい